キーラン・マーフィー / KIERAN MURPHY

アコースティック・ギター のメニュー画面へ戻る

「お薦めのギタリスト」のページに戻る

 


■弱冠18歳の超絶テクニック!今後に期待!ではない、既に期待していい!アーティスト。 ギターテクニックはもちろん、彼の音楽家としての素晴らしさを堪能できる1枚です。----------- 押尾コータロー (ギタリスト)

2007年6月27日放送のMBSラジオの「ナニワ音楽ショウ 押尾コータローの押しても弾いても」にキーラン・マーフィーがゲスト出演しました。
スタジオ・ライブではキーランがソロで「The Chase」を、押尾コータローとのデュエットで 「Sangria」を演奏。
ゲスト・コーナーの最後には最新アルバムから「Bootleg Escapade」がかかりました。
キーラン・マーフィーのCDが欲しいという方は是非ご注文下さい。ご注文は
メールでお気軽にどうぞ。

 オーストラリアから登場した強力な新人、キーラン・マーフィー。04年にレコーディングし、05年ミニ・アルバム『ソリテア』を発表。キーラン・マーフィーは、録音時は16歳であった。トミー・エマニュエルに「キーランの演奏にはミュージシャンに必要不可欠だと私が思っている自信とグルーヴが(この若さで既に)備わっているんだ」と賞賛され、オーストラリアではトミーと数年前より幾度もステージで共演している。トミーのギター・スタイルを踏襲するキーランは「New Young Tommy」として紹介される事も多いとのこと。04年と05年ナッシュヴィルで行われたチェット・アトキンスのコンヴェンション(Chet Atkins Appreciation Society Convention)にも参加し、その場の聴衆はもちろん、プロ・ミュージシャン達をも驚愕させたそうである。又、既にイタリアなどヨーロッパ・ツアーもしているらしい。
 06年秋ハイスクール卒業を機に、これまで学業との両立でソングライティングやコンサート活動を自ら制限していたが、07年よりプロ・ミュージシャンとして本格的な活動を開始している。その最初の大きな仕事のひとつが、07年夏に2ヶ月にわたって行われるトミー・エマニュエルの全米コンサート・ツアーに参加し、全公演のオープニング・アクトを務めるというものだ。トミーが如何にキーランの実力と才能、そして将来性を期待しているかが解る「大抜擢」である。多くのトミー・ファンが、この才能溢れる若きギタリストに注目するに違いない。
 そして、07年6月初めには初のフル・アルバムも発表。ますます目が離せない07年のキーラン・マーフィーである。(プー横丁店主: POOH: 2007年6月記)
【付記】 初のフル・アルバム『ありのままに (原題 PER SE)』が07年8月に国内発売されることになった。また、それとは別に同アルバムに収録されたキーランのオリジナル作品「The Chase」は、ソニー・ミュージック・エンタテイメントから9月19日に発売されるアコースティック・ギター・インストのコンピレーション・アルバム『GUITAR PARADISE』に唯一の海外アーティスト参加作品として収録されることが決定した。(2007年7月記)
【追記】 その後キーランはアメリカのボストンに単身移り、2年間バークリー音楽院で作曲をはじめ様々な事を学んだ。2009年、20歳の時に『ALWAYS, FRANCESCA』を制作。2011年にニュー・アルバム『Garden of the Light』を発表する。。(2011年12月記)


新譜CD
キーラン・マーフィーの最新アルバム、入荷!!
●KIERAN MURPHY / Garden Of The Light ('11) ≪送料無料≫  ≪オーストラリア盤≫ \2480(会員\2380)

 All music composed, performed, arranged, produced, recorded,mixed and mastered by Kieran Murphy; All 20 tracks: Introduction [Young Love]/ Newbury/ Beginnings/ Uses/ Rolling/ Interlude #1/ At Sea/ Around Me/ Outside/ Interlude #2/ Out Again/ Fedora Of Course/ Close The Blinds/ Interlude #3/ Milanese/ Inside/ Interlude #4/ Chantelle/ Young Love [Reprise]/ Outro/ ■あのキーラン・マーフィーが前作『Always, Francesca』に続いて3枚目のフル・アルバムとなる新作『Garden Of The Light』を発表。すべて書き下ろしの新曲全20トラックが収録されている。ゆったりとしたメロディの「Close The Blinds」、「Inside」、「Young Love」、切れ味鋭いリックスも含みつつ穏やかな曲調の「Uses」、「Out Again」、流れるようなフィンガリングが小気味よい「Rolling」、「Around Me」、「Chantelle」、ちょっぴりファンキーな「Fedora Of Course」や「Interlude」など、様々な味わいの作品が並んでいる。≪全体としては凄く穏やかで、それでいて高揚感に溢れたアルバムになったと思います≫とキーランが説明する通り、本作にはしっとりと落ち着いた中にも現在の彼の持っているパワーや強い意志が窺えるのである。『ありのまま』や前作『Always, Francesca』の雰囲気も受け継ぎながら、更にミュージシャンとしてソングライターとして成長したキーランの「今」を感じることのできる素晴らしいアルバムとなっている。大推薦盤。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、こちらからどうぞ


キーラン・マーフィーが『ありのままに』の次に発表したセカンド・アルバム、入荷!!
●KIERAN MURPHY / ALWAYS, FRANCESCA ≪送料無料≫      ≪オーストラリア盤≫ \2480(会員\2380)

 produced by Kieran Murphy; All music composed, performed, arranged, recorded, mixed and mastered by Kieran Murphy; All 10 tracks: L'introduction/ Quente/ The Dance/ Jawna/ Silk and Cocoa/ Femme Fatale/ Noites de ver/ Belo Horizonte/ Aigre-doux/ Always, Francesca/ ■07年にリリースされたアルバム『ありのままに: Per Se』が、発売当時よりトミー・エマニュエルや押尾コータローをはじめ内外の多くのプロ・ギタリストから絶賛され、フィンガースタイル・ソロ・ギターの傑作アルバムとして高い評価を得たキーラン・マーフィー。その後、アメリカのボストンに移り住み、バークリー音楽院で約2年間学んだ後、オーストラリアに帰国。そんな彼がアメリカ滞在中の09年にレコーディングしたソロ・アルバム『Always, Francesca [オルウェイズ・フランチェスカ]』が遂に正式に発売された。この『Always, Francesca』は以前キーランのHPで紹介されたが、日本ではほとんど出まわることなく今日に至っている≪幻のアルバム≫だ。すべて書き下ろしの新曲で全10トラックを収録。スパニッシュっぽい「Quente」や「The Dance」からファンクっぽい「Silk and Cocoa」や「Femme Fatale」まで、前作『ありのままに』の内容を踏襲しつつも、新たなキーランの魅力が一杯のアルバムとなっている。全面的にお薦めする。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラからどうぞ


キーラン・マーフィーの07年作『PER SE』が『ありのままに』というタイトルで国内発売!!
◆キーラン・マーフィー[KIERAN MURPHY] / ありのままに (原題 PER SE) ≪送料無料≫ SLCD-3001 \2800+消費税

■ジャケットが新しくなりました。 上記が現在のジャケット
下記が以前のジャケットです。

 composed, arranged, produced and performed by Kieran Murphy;  All 15 tracks: Introduction/ The Chase/ Shy/ Bootleg Escapade/ Escapade Outro/ Hope [Green Again]/ Sangria/ Southern Run/ Prelude to East/ East/ First Crossing/ Interlude/ After the Fall/ Firetail/ And Out/ composed, arranged, produced and performed by Kieran Murphy; 15 tracks: Introduction/ The Chase/ Shy/ Bootleg Escapade/ Escapade Outro/ Hope [Green Again]/ Sangria/ Southern Run/ Prelude to East/ East/ First Crossing/ Interlude/ After the Fall/ Firetail/ And Out/ 
■キーラン・マーフィー初のフル・アルバム。トミー・エマニュエルのプレイを彷彿とさせる切れ味鋭く抑揚に富んだダイナミックなプレイの「ザ・チェイス」や「ブートレグ・エスカピード」から、ケルティック音楽の影響が窺える「サザン・ラン」や「ファイアーテイル」まで、様々な作風のオリジナル作品が楽しめる聴き応え充分の素晴らしいソロ・ギター・アルバム。2001年9月11日の同時多発テロのニュースを知り心を痛めた当時13歳のキーランが、その翌日に作った祈りにも似た穏やかな作品「アフター・ザ・フォール」も収録。
 年齢に不釣り合いな程の優れたテクニックだけでなく、様々な作風のオリジナル作品の曲作りにおいても、彼は才能を遺憾なく発揮している。スロー・バラードからパッション溢れる楽曲まで、アコースティック・ギター1本だけで表現されたキーラン・マーフィーの世界を堪能できる1枚。
※買い物カゴでのオーダーはコチラ


"すごいギタリストが出てきた!"と、初めて彼の演奏を聴いた時に感じた。その成熟した音楽性から"18歳"という年齢は想像もつかず、そのことを聞いた時はさらに驚かされた。年齢で言うと"今後に期待できるアーティスト"という紹介になるのが普通かもしれない。しかし彼は違う。すでに"期待して良いアーティスト"なのだ。特に本作に収録されている「ザ・チェイス」は圧巻で、演奏テクニックはもちろん、楽曲の完成度も素晴らしい。他にも、このアルバムにはメロディアスで魅力的な曲がいっぱい詰め込まれている。18歳で、これだけの音楽を聴かせてくれるキーラン・マーフィーの日本デビュー・アルバムともいえるこの作品。日本のギター・ファンの皆さんにもぜひ聴いてほしいです! (押尾コータロー)
                    リットー・ミュージック刊アコースティック・ギター・マガジン34号「CDレビュー」より


"I am very pleased that my new CD is now available in Japan. It's great to know that my music is being listened to by people in other parts of the world. I really hope you enjoy it." Kieran Murphy
日本で僕の新しいCDが入手できるようになった事をとても嬉しく思っています。(オーストラリア以外の)他の国々の皆さんが僕の音楽を聴いて下さるのは、素晴しい事です。是非とも僕のCDを聴いて(お楽しみ)頂きたいです。 キーラン・マーフィー

「お薦めのギタリスト」のページに戻る

ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。



[ギター新譜 CD][A・ギターお薦めCD ][A・ギター関係のCD在庫リスト ][ギター教則本][アコースティック・ギター ビデオ][アコースティック・ギター DVD][日本人ギタリスト][中川イサト][住出勝則][小松原俊][黄家偉][MICHAEL HEDGES][岸部 眞明][押尾 コータロー][下山亮平][CHET ATKINS][TOMMY EMMANUEL][Acoustic Music Records][お薦めのギタリスト紹介][雑誌(フィンガースタイル・ギター誌)]

プー横丁のトップページへ