ロックCD在庫リスト O〜R
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。
※一部、品切れ中の物も含まれています。お問い合せ下さい。◆は国内盤、●は輸入盤です。
在庫リストインデックスに戻る 

O、PR

あのオールド&イン・ザ・ウェイの1973年のライヴ完全版、遂に発売。入荷中です!!
New ●OLD & IN THE WAY / LIVE AT THE BOARDING HOUSE [4枚組CD] ≪送料無料で発送中≫ \4400(会員\4300)
     feat. Jerry Garcia, David Grisman, Peter Rowan, Vassar Clements, John Kahn; ■ガルシア、グリスマン、ピーター、ヴァッサーにジョン・カーン。1973年サンフランシスコ「Boarding House」に於ける彼等の4回の白熱のライヴ・ステージをすべて収録した4枚組CD。1973年10月1日の「ファースト・セット」と「セカンド・セット」、そして1週間後の1973年10月8日の「ファースト・セット」と「セカンド・セット」、つまり2日間の全4回のステージを(演奏曲順も手を加えずに)その日の実演そのまま収録した4枚組CD。14トラックの未発表を含む全55トラック、3時間25分余のヴォリューム。これを50セット限定で大特価の4,400円!! しかも「送料サービス(無料)」で。どうぞ今スグご注文くださいッ!! ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●OLD & IN THE WAY / THAT HIGH LONESOME SOUND('73/'96)  \2480(会員\2380)
  feat. David Grisman, Peter Rowan, Jerry Garcia, Vassar Clements, John Kahn; ■96年リリースされて世界中のファンを狂喜乱舞させた、あのオールド&イン・ザ・ウェイの未発表ライヴ盤、第1弾。73年10月の録音。D・グリスマンやP・ローワン等の若きプレイと歌声に貴方もノック・アウトされる事ウケアイ。ファン必聴盤!!  

●OLD & IN THE GRAY / OLD & IN THE GRAY('02)   CD-51 \2480(会員\2380) 

●OLLABELLE / BEFORE THIS TIME('08)    CD-2193 \2280(会員\2180) 品切れ中
 feat. Amy Helm, Byron Isaacs, Tony Leone, Fiona McBain and Glenn Pascha; with Levon Helm, Larry "Woodstock" Campbell; All 10 tracks: John the Revelator/ See Line Woman/ Brokedown Palace/ Soul of a Man/ Looked Down the Line/ Saints/ Elijah Rock/ Ain't No More Cane/ Troubles of the World/ Before This Time/

◆OPHELIA SWING BAND / SWING TUNES OF 30'S & 40'S('77/'02)    CD-151 \2415

●ORLEANS / WE ARE STILL HAVIN' FUN('07)      \1800(会員特価\1500)
 All 10 tracks: Let There Be Music/ Dance With Me/ Dancin' In The Moonlight/ Mission Of Mercy/ The Walking Wounded/ She's Into Something/ Please Be There/ Love Lead Us/ Love Takes Time/ Still The One/ ■06年夏にライヴ・レコーディングされ、07年に発表した最新ライヴ・アルバム。ヒット曲&代表曲を網羅した選曲も嬉しい。

●ORVILLE JOHNSON, JOHN MILLER & GRANT DERMODY / DECEIVING BLUES('06)     CD-1007 \2600(会員\2500)

 feat. John Miller(guitar/lead vocal on 4 tracks), Orville Johnson(mandolin/dobro/washboard/lead vocal on 4 tracks, 3 tracks on harmony vocal), Grant Dermody(harmonica/lead vocal on 4 tracks/harmony vocal on 1 track); All 12 tracks: Mother Earth/ Springtime Blues/ Stewball/ Some Of These Days/ Witching Hour Blues/ Deceiving Blues/ Soul Of A Man/ Bull Doze Blues/ Polly Put The Kettle On/ Trouble In Mind/ Depot Blues/ I Will Do My Last Singing/ ■ジョン・ミラーの新譜は、朋友オーヴィル・ジョンスンとグラント・ダーマディ等とのトリオによる実に味わい深いアコースティック・ブルース・アルバム。オーヴィル(ドブロ/マンドリン)とグラント(ハーモニカ)にジョンのフィンガースタイル・ギターが絡む全12曲。彼等3人が4曲ずつリード・ヴォーカルを担当するのだけれど、ジョンの「Stewball」でのリード・ヴォーカルはジェフ・マルダーも彷彿とさせるもので、嬉しい驚き。ホワイト・ブルースの伝統を受け継ぐ好アルバム、是非お聴き頂きたい。


●OTTERS / NATURE OF THE BEAT('94)     CD-WBG-0007 \1200(会員\900) 

●PAT ALGER / TRUE LOVE & OTHER SHORT STORIES    CD-SH-1029 \1980(会員\1880) 品切れ中

●PAT ALGER & ARTIE TRAUM / FROM THE HEART('80/'05)   CD-3039 \1980(会員\1880) 品切れ中

●PATTY GRIFFIN / CHILDREN RUNNING THROUGH('07)    \2280(会員\2180)
 ボストン・ケンブリッジのフォーク・シーンから登場したシンガーソングライターの最新盤。

●PATTY LARKIN / STRANGERS WORLD    10335-2 \1980(会員\1880)

●PATTY LOVELESS / MOUNTAIN SOUL II ('09)       \2480(会員\2380)

 with Emmylou Harris, Vince Gill, Al Perkins, Del & Ronnie McCoury; All 15 tracks: Busted/ Fools Thin Air/ A Handful Of Dust/ Half Over You/ Prisoner's Tears/ Working on a Building/ Friends in Gloryland/ [We Are All] Children of Abraham/ Big Chance/ When the Last Curtain Falls/ Blue Memories/ You Burned the Bridge/ Bramble and the Rose/ Feelings of Love/ Diamond in My Crown/ ■パティ・ラヴレスが01年に発表した『MOUNTAIN SOUL』の第1弾は、カントリー界では大御所と言われるようになった彼女が、ナッシュヴィルのブルーグラス系ピカイチ・ミュージシャンのバックアップを得て制作された素晴らしいアコースティックなアルバムだった。本作は、その第2弾。エミルー・ハリス、ヴィンス・ギル、アル・パーキンス等をゲストに極上アコースティック・アルバムとなっている。


●PAUL BUTTERFIELD / RIDES AGAIN    CD-662023 \2480(会員\2380) 

●PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND / THE ORIGINAL LOST ELEKTRA SESSIONS    R2-73505  \1980(会員\1880)

◆PAUL BUTTERFIELD'S BETTER DAYS / IT ALL COMES BACK('73) [紙ジャケット] CD-63723 \2520(会員も同じ価格)
 あの名盤が紙ジャケット(ダブル・ジャケット仕様)で限定リリース。解説付き。お早めにどうぞ!!

◆PAUL BUTTERFIELD'S BETTER DAYS / BETTER DAYS('72) [紙ジャケット]    CD-63722 \2520(会員も同じ価格)
 あの名盤が紙ジャケット(ダブル・ジャケット仕様)で限定リリース。解説付き。お早めにどうぞ!!

●PAUL BUTTERFIELD'S BETTER DAYS / IT ALL COMES BACK('73)  CD-70878 \1980(会員\1880)

●PAUL COTTON [POCO] / CHANGING HORSES     D2-77701 \2480(会員\2380) 

●PAUL COTTON [POCO] / WHEN THE COAST IS CLEAR('04)       \2280(会員\2180) 

●PAUL GEREMIA / LIVE FROM UNCLE SAM'S BACKYARD('97)       \1980(会員\1880) 

●PAUL GEREMIA / LOVE, MURDER & MOSQUITOS('04)       \1980(会員\1880) 

●PAUL GEREMIA / LOVE MY STUFF ('11)       \2280 (会員\2180) 

●PAUL METSA / WHISTLING PAT THE GRAVEYARD    PST-2001-2 \1200(会員\900)

●PAUL MILLNS / AGAINST THE TIDE    HYCD-200138 \1980(会員\1880)

New ◆PAUL PARRISH / SONGS ('71/'13)  ≪国内盤/日本語解説付≫ \1200

◆PAUL SIEBEL / JACK-KNIFE GYPSY ('71)  ≪国内盤/日本語解説付≫ \1200

●PAUL SIEBEL / PAUL SIEBEL         CD-PH-1161 \1980(会員\1880)

◆PAUL SIMON / THE PAUL SIMON SONGBOOK('65/'07)      CD-1541 \1890
 ポール・サイモンが65年に発表した名盤。2004年リマスタリング、解説・歌詞・対訳付き。

 All 14 tracks: I Am A Rock/ Leaves That Are Green/ A Church Is Burning/ April Come She Will/ The Sound Of Silence/ A Most Peculiar Man/ He Was My Brother/ Kathy's Song/ The Side Of A Hill/ A Simple Desultory Philippic (Or How I Was Robert McNamara'd Into Submission)/ Flowers Never Bend With The Rainfall/ Patterns/ *BONUS TRACKS: I Am A Rock/ A Church Is Burning/ ■1965年に英国でレコーディングされたポール・サイモンのソロ・アルバムが、オリジナルの12曲に当時のレコーディングからの未発表ヴァージョン2曲を追加してCD化。彼のフィンガースタイル・ギター1本をバックに歌われる、その後のサイモン&ガーファンクルの初期ヒット曲&代表曲の数々が、ポール1人の若々しくピュアなヴォーカルで堪能できるアルバムとしてS&Gファンは勿論、全ての音楽ファンに聴いて頂きたい名盤だ。ヴォーカル・アルバムだけれど、アコースティック・ギター・ファンにも無限のインスピレーションを与えてくれるアルバムとしてお薦めしたい傑作である。


◆PAUL SIMON / PAUL SIMON ('72)         \1890

 All 14 tracks: Mother and Child Reunion/ Duncan/ Everything Put Together Falls Apart/ Run That Body Down/ Armistice Day/ Me and Julio Down by the Schoolyard/ Peace Like a River/ Papa Hobo/ Hobo's Blues/ Paranoia Blues/ Congratulations/ Me and Julio Down by the Schoolyard (demo)/ Duncan (Demo)/ Paranoia Blues (Unreleased Version)/ ■オリジナル盤に収録の11曲に「ダンカン」や「僕とフリオと校庭で」など3曲のボーナス・トラックを追加した全14曲。歌詞・対訳付きの国内盤。


●PAUL SIMON / THERE GOES RHYMIN' SIMON('73)      \1980(会員\1880)

 All 14 tracks: Kodachrome/ Tenderness/ Take Me to the Mardi Gras/ Something So Right/ One Man's Ceiling Is Another Man's Floor/ American Tune/ Was a Sunny Day/ Learn How to Fall/ St. Judy's Comet/ Loves Me Like a Rock/ Let Me Live In Your City/ Take Me To The Mardi Gras (Acoustic Demo)/ American Tune (Unfinished Demo)/ Loves Me Like A Rock (Acoustic Demo)■オリジナル盤に「American Tune」や「Take Me To The Mardi Gras」などのボーナス・トラックを追加した全14曲。


●PAUL SIMON / STILL CRAZY AFTER ALL THESE YEARS('75)      \1980(会員\1880)

All 12 tracks: Still Crazy After All These Years/ My Little Town/ I Do It for Your Love/ 50 Ways to Leave Your Lover/ Night Game/ Gone at Last/ Some Folks' Lives Roll Easy/ Have a Good Time/ You're Kind/ Silent Eyes/ Slip Slidin' Away (demo)/ Gone At Last (original demo feat Jessy Dixon Singers)■オリジナル盤に「Slip Slidin' Away」と「Gone At Last」のボーナス・トラックを追加した全12曲。


●PAUL SIMON / SONGS FROM THE CAPEMAN('97)    \1980(会員\1880)

All 15 tracks: Adios Hermanos/ Born In Puerto Rico/ Satin Summer Nights/ Bernadette/ The Vampires/ Quality/ Can I Forgive Him/ Sunday Afternoon/ Killer Wants To Go To College/ Time is An Ocean/ Virgil/ Killer Wants To Go To College II/ Trailways Bus/ Shoplifting Clothes (Unreleased)/ Born In Puerto Rico (Demo) - with Jose Feliciano/ Can I Forgive Him(Original Demo)■オリジナルの13曲に未発表曲「Shoplifting Clothes」や「Born In Puerto Rico」のデモ・ヴァージョン等3曲のボーナス・トラックを追加した全15曲。


◆PAUL WILLIAMS / SOMEDAY MAN('70)    WPCR-1958 \2100(会員\2000)

●PEGGY SEEGER / BRING ME HOME('08)   CD-1106 \1980(会員\1880)

●PEGGY SEEGER / THREE SCORE AND TEN [2枚組CD]('07)   2CD-1100 \2800(会員\2700)
 also feat. Billy Bragg, Eliza Carthy, Martin Carthy, James McNally, Mike Seeger, Pete Seeger, Norma Waterson, Kitty MacColl;

●PENELOPE HOUSTON / CUT YOU ('96)    WAR-46148 \2280(会員\2180)

●PENELOPE HOUSTON / WHOLE WORLD    HEY-29 \2280(会員\2180) 

●PETE HUTTLINGER & JIM SALESTROM / TWO FRIENDS-TWO GUITARS: SOME JOHN DENVER FAVORITES('05)   \2280(会員\2180)
 
All tracks 12: Everyday/ Follow Me/ Junk/ Mother Nature's Son/ Ponies, Poems, Prayers and Promises/ Late Winter/ Early Spring/ Tools/ Rocky Mountain High/ Boy From The Country/ Sunshine On My Shoulders/ Around and Around/ ■亡きジョン・デンヴァーのバンド・メンバーとして彼のコンサートやレコーディングに参加していたピート・ハットリンガーとジム・セイルストゥロムが自主制作で発表したデュエット・アルバム。ギター2本と彼等のヴォーカル(ジムがリードVo.)のみで歌われるデンヴァー作品の数々。心に染みます。

●PETE KENNEDY / SHEARWATER('93)    CD-99304 \1980(会員\1880)

●PETER & GORDON / ORIGINAL HITS BA-860922    \1980(会員\1880) 

●PETER CASE / FULL SERVICE NO WAITING('98)    VAN-79504 \1980(会員\1880) 

●PETER CASE / TORN AGAIN    79481-2 \1980(会員\1880)

●PETER ELMAN / RACE POINT    AM-008 \1980(会員\1880)

●PETER HIMMELMAN / LOVE THINKETH NO EVIL('99)    KOC-8033 \1980(会員\1880)

●PETER KIRTLEY / PETER KIRTLEY    HYCD-200119 \1980(会員\1880)

●PETER LA FARGE / SONGS OF THE COWBOYS-IRON MOUNTAIN    BCD-15627 \2800(会員\2700)

●PETER LEWIS / LIVE IN BREMEN('03) with David West;    CD-2071 \2280(会員\2180)

◆PETER, PAUL & MARY / LIVE IN JAPAN 1967 [2枚組CD]      \3990(会員\3890)

ピーター・ローワン!!
●PETER ROWAN BLUEGRASS BAND / LEGACY ('10)     \2280(会員\2180)

 with Bluegrass Band (Jody Stecher, Keith Little, Paul Knight), Del McCoury, Ricky Skaggs, Tim O'Brien, Gillian Welch & David Rawlings; 13 tracks: Jailer Jailer/ The Family Demon/ Father, Mother/ The Raven/ So Good/ The Night Prayer/ Catfish Blues/ Turn The Other Cheek/ God's Own Child/ Don't Ask Me Why/ Let Me Walk Lord By Your Side/ Lord Hamilton's Yearling/ Across The Rolling Hills [Padmasambhava]/ ■待望のピーター・ローワンの新譜。「ピーター・ローワン・ブルーグラス・バンド」としてのリリースだ。これまでのキャリアを大まかに記すと、65年にビル・モンローのブルー・グラス・ボーイズに参加、67年にデヴィッド・グリスマン等とアース・オペラを結成し、69年にリチャード・グリーンとシートレインを結成、73年にはクラレンス・ホワイトやグリスマン、ビル・キース、ヴァッサー・クレメンツを擁したあのミュールスキナー同年にオールド&イン・ザ・ウェイと、70年代前半までの目まぐるしいほどの活躍の後も、弟たちともローワン・ブラザーズ[ローワンズ]としての活動も含め、70年代後半から2000年までの25年間で25枚を越えるアルバムをソロやバンドを率いて発表し続けている。2000年以降は、レゲエのアルバム『REGAEBILLY』をリリースしたり、02年のオールド&イン・ザ・ウェイのリユニオンとしての 『OLD & IN THE GRAY』、04年からトニー・ライスとのコンビでのアルバム発表など、まさに止まることを知らぬ旺盛な活動とそれを裏打ちする枯渇することのない創作意欲を持った稀有なアーティストなのである。そのピーターが自らのルーツを振り返るかのような本作をリリース。
 本作でピーターをガッチリとサポートするそのバンドの顔ぶれは、ベテラン・ギタリスト&マンドリン・プレイヤーでケイト・ブリスリンとの好デュエット・アルバムでも有名なジョディ・ステッチャー(mandolin)、幾度もの来日ですっかりお馴染みのマルチ・プレイヤー、キース・リトゥル(banjo)とポール・ナイト(bass)。既にツアーも開始されており、マール・ワトスン・フェスをはじめ、幾つものBG・フェスに登場し、会場を熱狂の渦に巻き込んでいるという。ピーターの「更に渋みは増したが、決して枯れていない」豊潤なヴォーカルを満喫できる傑作。遺産という意味の『レガシー』をアルバム・タイトルに選んだピーターの、BG音楽に対する深い愛情と畏敬の念も感じる素晴らしいアルバムだ。是非お聴き頂きたい。[プー横丁店主: POOH]
★このCDのご注文は、メールでもお受けしておりますが、買い物かごによるオーダーご希望の方はプー横丁が運営していますネットショップ Shop at Pooh Cornerで受け付けております。


●PETER ROWAN / ALL ON A RISING DAY  \2280(会員\2180)

●PETER ROWAN / AWAKE ME IN THE NEW WORLD('93)  CD-3807 \2280(会員\2180)
 テックス・メックス風味のカントリーでクリス・ヒルマン等からも絶賛されている女性シンガー、ティッシュ・ヒノホサや弟たちクリスとローリン、リチャード・グリーン等が彼をサポート。セダー・フルートやコンガによるエキゾチックなサウンドも魅力な93年作。

●PETER ROWAN / BLUEGRASS BOY('96)  \2280(会員\2180)
 
with Del McCoury, Laurie Lewis, Richard Greene, Charles Sawtelle, Roy Huskey and others; ■ピーター・ローワンが96年に発表したソロ作。コレが凄いのだ。ジャケット写真を見ると、マンドリンを持ち、白いテンガロン・ハットを被っているピーターの姿が印象的。まるでビル・モンローだ。裏ジャケットにはモンローがピーターに告げた言葉「Pete, don't go too far on that limb, there are enough flowers out there already!」が記されている。ここ数年、ステージではギターではなく、マンドリンをプレイしているピーター。本作でも全曲でマンドリンを弾いている。60年代BG・ボーイズのメンバーとなってモンロー直伝のBGを体験し、永遠の名曲「Walls of Time」をモンローと共作したピーターは、70年代のミュールスキナーやオールド&イン・ザ・ウェイ、そしてローワン・ブラザーズを経てBGシーンに復帰し、ある時はナッシュヴィル・BG・バンドと(『NEW MOON RISING』)、ある時はギター1本で(『DUST BOWL CHILDREN』)、ここ10年ほどは毎年のように傑作や話題盤を発表し続けてきた。そして、96年の秋にリリースされた本作だ。R・グリーン(Fiddle)、元ホット・ライズのC・ソウテル(guitar)、若手の注目株M・マンフォード(banjo)、R・ハスキーJr.(bass)または現グラス・イズ・グリーナーのB・ニードゥリンガー(bass)という基本セットに加え、大半の曲でロウリー・ルイスがハーモニー・ヴォーカルを担当。D・マッカリーも1曲でゲスト参加している。収められた全12曲すべてがピーターのオリジナル作品だ。粒揃いの各曲はモンロー作品を1曲もカヴァーしていないのだけれど、その精神性において今までのアルバムとは比較にならない位モンローを意識し、モンローに近づいていると言えはしないだろうか。いや、誤解を恐れずに言い切ってしまうなら、ピーターは本作で遂に「ビル・モンローになった」のだ。だから、アルバム・タイトル『BLUEGRASS BOY』は単なる偶然とは思えない。そんな事を思いながら本作を聴いていると、しかし、前作『YONDER』発表時にはすべての録音を終えていたという本作が、モンローが亡くなった直後にリリースされる事になろうとは誰が予想しただろう。ナッシュヴィルの良心、ジム・ルーニーとの共同プロデュースによる本作は、間違いなくピーターの長いキャリアの中でも特別な意味を持つアルバムとなるだけでなく、90年代を代表する傑作BGアルバムである。カンペキだ。

●PETER ROWAN / DUST BOWL CHILDREN  \2280(会員\2180) 

●PETER ROWAN / MEDICINE TRAIL  \2280(会員\2180)

●PETER ROWAN / PETER ROWAN WITH THE RED HOT PICKERS  \2280(会員\2180)
 
feat. Richard Greene, Tony Trischka, Andy Statman, Roger Mason; ■P・ローワンとレッド・ホット・ピッカーズが来日した際、日本でスタジオ録音したアルバムが遂にCD化。若きピーターのヴォーカルとR・グリーン、T・トリシュカ、A・スタットマンのプレイも見事です。

●PETER ROWAN / REGGAEBILLY('99)  \2480(会員\2380)

●PETER ROWAN / TEXICAN BADMAN  \2480(会員\2380)

●PETER ROWAN / BEST OF THE SUGAR HILL YEARS('07) 《全15曲収録》  CD-4035 \2280(会員\2180)

●PETER ROWAN / THE FIRST WHIPPOORWILL('94)     CD-3749 \1980(会員\1880) 

●PETER ROWAN / WALLS OF TIME  \2280(会員\2180)
 
with Jerry Douglas, Sam Bush, Richard Greene, Ricky Skaggs, Tony Trishka, Alan O'Bryant;

●PETER ROWAN & DRUHA TRAVA / NEW FREEDOM BELL  \2280(会員\2180)

●PETER ROWAN & JERRY DOUGLAS / YONDER('96)  \2280(会員\2180)
 
P・ローワンとJ・ダグラスが96年4月に発表した初デュエット盤がコレ。益々磨きのかかったピーターのヴォーカルをジェリーが歌心あふれる素晴しいドブロ・プレイでサポート。文句ナシの出来ばえだ。

●PETER ROWAN & THE NASHVILLE BLUEGRASS BAND / NEW MOON RISING  \2280(会員\2180)

●PETER ROWAN & THE ROWAN BROTHERS / TREE ON A HILL('94)  \2280(会員\2180)
 
ピーター・ローワンと弟2人(クリスとローリン)の共演盤。3人でのローワン・ブラザーズと言えばアサイラム盤が有名だけれど、本作のアクースティックな音作りや年月を経て深みを増した3人のヴォーカル・ハーモニーの見事さは、まさに格別の味わいがある。全面的にお薦めしたい素晴しいアルバムだ。

●PETER ROWAN & TONY RICE / QUARTET('07)          CD-0579 \2280(会員\2180)

with Sharon Gilchrist(mandolin/vo.), Bryn Davies(bass/vo.); All 11 tracks: Dust Bowl Children/ To Live Is to Fly/ Walls of Time/ Shady Grove/ Moonlight Midnight/ Trespasses/ Sunny Side of the Mountain/ Cold Rain and Snow/ Guardian Angels/ Let the Harvest Go to Seed/ Perfection/ ■前作『YOU WERE THERE FOR ME』でファンを狂喜させたピーター・ローワンとトニー・ライスの共演アルバム第2弾が入荷。ピーターのオリジナル作品「Dust Bowl Children」「Moonlight Midnight」、ピーターとビル・モンローの作ったブルーグラス史に残る名曲「Walls of Time」、お馴染みのスタンダード「Sunny Side of the Mountain」「Cold Rain and Snow」、それにタウカズ・ヴァン・ザント作品のカヴァーなど全11曲収録。最高のヴォーカリスト、ピーターと最高のギタリスト、トニーが共に活動を続け、ニュー・アルバムを届けてくれた。こんなに嬉しいことはない。


●PETER ROWAN & TONY RICE / YOU WERE THERE FOR ME('04)     CD-0441 \2280(会員\2180)

 with Bryn Bright(double bass), Billy Bright(mandolin/mandola), Tony Garnier(double bass), Robert Emery(harmony vo.), Larry Atamanuik(drums); All 10 tracks: You Were There For Me/ Tin Roof Shack/ Shirt Off My Back/ Miss Liberty (Lay My Lonesome Down)/ Cowboys and Indians/ Ahmed the Beggar Boy/ Angel Island/ Ain't That Just Like You/ Come Back to Old Santa Fe/ Wild Mustang/ ■最近のピーター・ローワンのステージではトニー・ライスがテキサスの夫婦デュオ、ブリン&ビリー・ブライトと共にピーターをサポートしていると聞いて以来、早く2人のアルバムが発表されないかなァと首を長くして待っていたけれど、遂にリリースされた。期待を裏切らぬ(というか期待以上の)出来ばえに、世界中のファンが狂喜しているのではないかと思う。素晴らしいオリジナル作品を歌うピーターのヴォーカル、それ自体が「現代のブルーグラス音楽シーンの宝」とも言える彼の歌声をトニーのギターがリードをプレイしてもリズムにまわっている時も、しっかりと支え、語り合い、歌う。彼等と同じ時代に生き、彼等の音楽をオン・タイムで味わえる幸せをしみじみと感じる、そんなアルバムだ。ギルクィストのマンドリンをプレイするビリーも大先輩の前で臆することなく、伸び伸びと弾いている。大推薦盤。聴くしかナイ。


●PETER STAMPHEL [ex-Holy Modal Rounders] / BETTER THAN EXPECTED
 \2480(会員\2380)

●PETER TORK & Shoe Suede Blues / CAMBRIA HOTEL ('07) \2480(会員\2380)
 元モンキーズのピーター・トーク率いるシュー・スエード・ブルース(Blue Suede Shoesじゃなくてネ)名義のアルバム。2007年作だが、HPには初掲載なので便宜上ココにも載っけさせて頂きます。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●PETER TORK / STRANGER THINGS HAVE HAPPENED('94)     \2280(会員\2180)
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●PETER TORK & JAMES LEE STANLEY / LIVE-BACKSTAGE AT THE COFFEE GALLERY('06)  \1980(会員\1880)

●PETER TORK & JAMES LEE STANLEY / TWO MAN BAND('96)  BR-24242 \1980(会員\1880)
 All 10 tracks: Touch Like Magic/ Pirates/ Everyday/ MGB-GT/ Everybody Knows/ Milkshake/ Two Wrongs/ Miracle/ All I Ever Wanted/ Pleasant Valley Sunday/ ■元モンキーズのピーター・トークとジェームス・リー・スタンリーが96年に発表したデュエット盤。

●PETE SEEGER / AT 89('08)   \1980(会員\1880)

All 32 tracks: Nameless Banjo Riff/ False From True/ Now We Sit Us Down/ Pete's greeting/ Visions of Children/ Wonderful Friends/ The Water is Wide/ Pete talks about Clearwater/ It's a Long Haul/ Throw Away That Shad Net (How Are We Gonna Save Tomorrow?)/ Song of the World's Last Whale/ The First Settlers/ The D Minor Flourish〜Cindy/ Pete's intro to If It Can't Be Reduced/ If It Can't Be Reduced/ Spring Fever/ Pete speaks about World War II/ When I Was Most Beautiful/ Bach at Treblinka/ We Will Love or We Will Perish/ The story of Tzena, Tzena, Tzena/ Tzena, Tzena, Tzena/ One Percent Phosphorous Banjo Riff/ Pete speaks about involvement/ Or Else! (One-a These Days)/ Waist Deep in the Big Muddy/ Little Fat Baby/ Arrange and Re-arrange/ Alleluya/ Pete's Extroduction/ If This World Survives/ How Soon?/


●PETE SEEGER / LIVE IN '65 [2枚組CD]       2CD-1118 \3000(会員\2900)

 [DISC1] All 16 tracks: Oh Susanna/ He Lies in an American Land/ Oleanna/ Uh, Uh, Uh/ Never Wed an Old Man/ When I First Came to This Land/ All Mixed Up/ I Come and Stand at Every Door/ Malaika/ May There Always Be Sunshine/ Manyura Manya/ The Freedom Come-All-Ye/ Peat Bog Soldiers/ Los Cuatro Generales/ Turn! Turn! Turn!/ Healing River/ [DISC2] All 15 tracks: This Little Light of Mine/ Old Joe Clark/ Going Across the Mountain/ Praties Grow Small/ Step by Step/ Greensleeves/ I Once Loved a Lass/ Queen Anne Front/ A Hard Rain's A-Gonna Fall/ The Bells of Rhymney/ If I Had a Hammer/ Guantanamera/ This Land is Your Land/ Where Have All the Flowers Gone/ Abiyoyo/ ■ピート・シーガーの65年のライヴ・レコーディング。若きピート・シーガーがロングネック・バンジョーと12弦ギターで弾き語る全31曲。ファン必携アルバム。


●PETE SEEGER / PETE REMEMBER WOODY ('12)   CD-1131 \1980(会員\1880)

●PETE SEEGER / THE COMPLETE BOWDOIN COLLEGE CONCERT 1960 [2枚組CD]  CD-40184 \2480(会員\2380) 品切れ中

●PETE SEEGER & FRIENDS / SEEDS: THE SONGS OF PETE SEEGER VOL.3[2枚組CD] ('03)  2CD-1072 \3400(会員\3300)

●PETE SEEGER & LORRE WYATT / A MORE PERFECT UNION ('12)   CD-1130 \1980(会員\1880)

●PHIL BAUGH / LIVE WIRE!('05)     CD-6222 \2480(会員\2380)
 
フィル・バーが60年代に発表したソロ作が驚愕のCD化。ジミー・ブライアント、ジェイムズ・バートンなど、ギター・ファンは必携。

●PLAINSONG / SISTER FLUTE('96)    BOJCD-005 \1980(会員\1880)

●POCO / DELIVERIN    EK-30209 \1980(会員\1880)

●POCO / THE VERY BEST OF POCO('99) 14 tracks;   EK-65731 \1980(会員\1880)

●POCO / BAREBACK AT BIG SKY('05)     CD-60001 \2280(会員\2180)

 feat. Rusty Young, Paul Cotton, Jack Sundrud, George Lawrence; All 15 tracks: Cajun Moon/ On the Way Home/ Under the Gun/ Nothing Less Than Love/ Every Time I Hear That Train/ Save A Corner Of Your Heart For Me/ Barbados/ If Your Heart Needs A Hand/ Never Loved…Never Hurt Like This/ Midnight Rain/ What Do People Know/ Shake It/ Find Out In Time/ Too Many Nights Too Long/ Bareback/ ■ポコの05年作。新曲「Bareback」やヒット曲「Under the Gun」のニュー・ヴァージョン、それにJ.J.ケール「Cajun Moon」やニール・ヤング「On the Way Home」などのカヴァーも含む全15曲。闘病中のジョージ・グランサムの穴をジョージ・ロウレンスが好演。ファン大満足のアルバムだ。下記の傑作ライヴ盤[CD+DVD]も再入荷中。


●POCO / LAST ROUNDUP       \1980(会員\1880) 品切れ中

●POCO / LIVE AT COLUMBIA STUDIOS, HOLLYWOOD 9/30/71 ('10)     \2280(会員\2180)

●POCO / RUNNING HORSE('02) produced by Mike Clute & Rudty Young;  CD-DC-0003 \2280(会員\2180)

●POCO / THE WILDWOOD SESSIONS('07)   \2280(会員\2180)
 feat. Rusty Young, Paul Cotton and Jack Sundrud; All 10 tracks: Grand Junction/ Cajun Moon/ Save A Corner Of Your Heart For Me/ If Your Heart Needs A Hand/ Cain's Blood/ Magnolia/ Father's Day/ For The Love Of Mary/ Do What You Do/ On The Way Home/ ■ポコが07年に発表したアルバムで、ラスティ・ヤング、ポール・コットン、ジャック・サンドラッドの3人によるアコースティックなライヴ・アルバム。あの「オン・ザ・ウェイ・ホーム」をクロージング・ナンバーに全10曲収録。

●PRISCILLA HERDMAN / DARKNESS INTO LIGHT    FF-70420 \2280(会員\2180)

●PRISCILLA HERDMAN / FOREVER & ALWAYS    FF-70637 \2280(会員\2180)

●PRISCILLA HERDMAN / FORGOTTEN DREAMS    FF-70230 \2480(会員\2380)
 
with Guy Van Duser, Billy Novick;

●PRISCILLA HERDMAN / SEASONS OF CHANGE    FF-70309 \2280(会員\2180)

●PROFESSOR "LOUIE" & THE CROWMATIX / OVER THE EDGE[CD Single]  RD-06 \1980(会員\1880)

●PUNCH BROTHERS / PUNCH('08)    \2280(会員\2180)

 feat. Chris Thile(mandolin/vo.), Chris Eldridge(guitar), Greg Garrison(bass), Noam Pikelny(banjo), and Gabe Witcher(fiddle); All 8 tracks: Punch Bowl [3:29]/ The Blind Leaving the Blind Mvt 1 [12:13] The Blind Leaving the Blind Mvt 2 [9:21]/ The Blind Leaving the Blind Mvt 3 [11:58]/ The Blind Leaving the Blind Mvt 4 [8:32]/ Sometimes [4:41]/ Nothing, Then [3:02]/ It'll Happen [3:06]/ ■クリス・シリーが06年に発表した『HOW TO GROW A WOMAN FROM THE GROUND』でのレコーディング・セッションがきっかけとなり、同アルバムに参加したメンバー5人によって結成されたパンチ・ブラザーズのデビュー・アルバム。セルダム・シーンのバンジョー奏者、ベン・エルドリッジの息子、クリス・エルドリッジ(guitar)、ヴァッサー・クレメンツやジョン・スコフィールド等とのセッション経験がありレフトオーヴァー・サーモンのメンバーでもあるグレッグ・ギャリスン(bass)、同じくレフトオーヴァー・サーモンのメンバーで、ジョン・カウワン・バンドでも活躍のノーム・ピケルニー(banjo)は、ベラ・フレック以降の次世代を代表するバンジョー奏者、ゲイブ・ウィッチャー(fiddle)は、ウィッチャー・ブラザーズ、ハーブ・ペダースン率いるロウレル・キャニオン・ランブラーズ、ジェリー・ダグラス・バンドのメンバーとして大活躍してきたマルチ・プレイヤーでもある。そんな1980年代生まれの若き天才たちが創り出すニュー・アコースティック・サウンド。4楽章からなる組曲も圧巻。


●PURE PRAIRIE LEAGUE / ALL IN GOOD TIME...    CD-0008 \2280(会員\2180)

 produced by Mike Reilly & Craig Fuller; feat. Craig Fuller, All 12 tracks: Gettin' Over You[3:49]/ I Sure Do Miss You Now[3:35]/ Don't Go Confessing Your Love[3:14]/ Walking In My Sleep[3:08]/ Nothing Like The Lonely[3:46]/ Here Tomorrow, Gone Today[3:28]/ Meant To Be[3:09]/ That Changes Everything Again[4:01]/ One Of Those Things[3:46]/ Cajun Girl[4:06]/ The Cost Of Doing Business[4:50]/ BONUS LIVE TRACK: If You Could Say What I'm Thinking[4:19]/ ■ピュア・プレイリー・リーグのオリジナル・メンバー、というよりもその後のアメリカン・フライヤーのメンバーとしてや更にその後のエリック・カズとのデュエット・アルバム『CRAIG FULLER - ERIC KAZ』での方が有名かも知れないシンガー・ソングライター、クレイグ・フラー。故ロウェル・ジョージの後釜としてリトル・フィートのリード・ヴォーカルを担当したりもした事は、ご存じの通り。ここ数年、クレイグはマイク・ライリーと共にピュア・プレイリー・リーグとしてコンサート活動を続けていて、素晴らしいライヴ・ステージを繰り広げているとのこと。「昔の名前で出ています」なんていう"後ろ向きな姿勢"は皆無で、近年のポコと同様、その現役バリバリのパフォーマンスで昔のファンを喜ばせるだけでなく、新たなファンも獲得しつつあると聞いている。ファンとしては嬉しい限りだ。2枚看板のリード・ヴォーカル、クレイグとマイクの歌いぶりの素晴らしさ。ボーナス・トラックとして「If You Could Say What I'm Thinking」のライヴ・レコーディングも収録した全12曲。リトル・フィート時代の「Cajun Girl」の再演も嬉しい。本作は06年にリリースされたピュア・プレイリー・リーグのスタジオ録音アルバム。


New ◆RAB NOAKES / RED PUMP SPECIAL ('73/'13)         CD-15119 \1200

New ◆RAB NOAKES / NEVER TOO LATE ('75/'13)         CD-15120 \1200

●RADIO SWEETHEARTS / LONESOME BLUE      CD-SPITCD-002 \2280(会員\2180)
 All 15 tracks: Lonesome Blue/ Open Up Your Heart/ Bumminユ Around/ Love To Give You/ Heart On The Line/ Look Homeward Angel/ Living Without You/ All I See Is You/ I Must Have Been Out Of My Mind/ Take Me Back To San Francisco/ Sweethearts Hoedown/ Tryinユ To Forget About You/ Let Me Be Your Man Tonight/ Drinkin About You All Night/ Closing Time/ ■英国産カントリー&カントリー・ロック・バンド、レイディオ・スウィートハーツのCD第1弾。全15曲収録。

●RADIO SWEETHEARTS / NEW MEMORIES('98)      CD-SPITCD-003 \2280(会員\2180)
 All 17 tracks: Lonely Footseps/ Every Other Song/ Beer And Whisky/ Is anybody Going To San Antone/ A House Of Gold/ I Saw The Light/ New Memories/ Headin' On Down The Highway/ Red Cadillac And A Black Moustache/ Don't Make Me Wait/ We've Fallen Out Of Love Again/ Out In The Darkness/ Lone Star/ Rambling Man/ Found A New Love/ Tossin' An' Turnin'/ I Been To Georgia On A Fast Train/ ■そのレイディオ・スウィートハーツの第2弾。98年リリース。全18曲収録。

●RADNEY FOSTER / ANOTHER WAY TO GO('02)    CD-1128 \1980(会員\1880) 

●RAMBLIN' JACK ELLIOTT / A STRANGER HERE('09)        \2480(会員\2380)

 produced by Joe Henry; All 10 tracks: 1. Rising High Water Blues/ Death Don't Have No Mercy/ Rambler's Blues/ Soul of a Man/ Richland Women Blues/ Grinnin' in Your Face/ New Stranger Blues/ Falling Down Blues/ How Long Blues/ Please Remember Me/


●RAMBLIN' JACK ELLIOTT / KEROUAC'S LAST DREAM('80/'97)    APPLESEED-1021 \1980(会員\1880)

●RAMBLIN' JACK ELLIOTT / SOUTH COAST    RHR-CD-59 \1980(会員\1880) 

●RAMBLIN' JACK ELLIOTT / LONG RIDE('99)    HIG-8107 \1980(会員\1880)

●RANCH ROMANCE / BLUE BLAZES('91)   \1980(会員\1880)

●RANCH ROMANCE / WESTERN DREAM('89/'92)   \2280(会員\2180)

●RANDY BLACK / A MAN CARRYING A BAG('92) ≪送料無料≫    LIM-CD-004 \1980(会員\1880)

●RANDY MEISNER / LIVE IN DALLAS('03)    CD-114254 \2800(会員\2700)

●RANDY MEISNER / RANDY MEISNER    CD-3812 \2280(会員\2180)

●RANDY NEWMAN / LIVE('70)    6459-2 \1980(会員\1880)

●RANDY NEWMAN / RANDY NEWMAN('69)    6286-2 \1980(会員\1880)

●Various Artists / SAIL AWAY: THE SONGS OF RANDY NEWMAN('06)    \1980(会員\1880)

 feat. Tim O'Brien [Sail Away], Sonny Landreth [Louisiana 1927], The Del McCoury Band [Birmingham], Reckless Kelly & Joe Ely [Rider In The Rain], Allison Moorer [Marie], Steve Earle [Rednecks], Bela Fleck [Burn On], Sam Bush [Mr. President (Have Pity On The Working Man)], Guster [Memo To My Son], The Duhks [Political Science], Marc Broussard [You Can Leave Your Hat On], Kim Richey [Texas Girl At The Funeral Of Her Father], ■ルーツ系アーティストよる話題のランディ・ニューマン作品集。個性豊かなシンガーやミュージシャン12組によって新たな息吹きを与えられたランディ・ニューマンの名曲&代表曲、全12曲。


●RANKINS / UPROOTED('99)    CD-7027 \1980(会員\1880)

●RANK OUTSIDERS / CHECK POINT('96)    RR-02 \1980(会員\1880)

●RANK STRANGERS / RANK STRANGERS('04)     \2280(会員\2180)

●RAY FLACKE / UNTITLED ISLAND('91/'00)            CD-7008 \2600(会員\2500)
 All 12 songs: Squeeze The Weasel/ Untitled Island/ Wring That Neck/ Devotion To The Dog/ Main Street Breakdown/ Bandits On Bourbon/ South Downs Gallop/ Raison D'Detre/ Templar Treasure/ Going On After The Theatre/ Blarneystoned/ New Land Shining - A Suite/ ■その昔、ザ・バンド等のアメリカン・ミュージックの影響も窺えるイギリスのロック・バンドでミール・チケット(Meal Ticket)というグループがあった。レイ・フラッキーは、そのミール・チケットのリード・ギタリストだった男。でも、一般的な知名度は、彼がリッキー・スキャッグスが新人カントリー・シンガーとして次々とヒット曲を飛ばしていた頃、リッキーのバック・バンドのギタリストとして活躍し始めてからではないだろうか。限定再入荷中。

●RB MORRIS / ...TAKE THAT RIDE...('97)    OBR-016CD \1980(会員\1880)

◆R.CRUMB / PARY RECORD [紙ジャケ]   CD-1344 \1575(会員も同じ価格) 品切れ中

●R.CRUMB & HIS CHEAP SUIT SERENADERS / CHASIN' RAINBOWS    \2280(会員\2180)

●R.CRUMB & HIS CHEAP SUIT SERENADERS / SINGIN' IN THE BATHTUB    \2280(会員\2180)

◆R.CRUMB & HIS CHEAP SUIT SERENADERS / R.CRUMB & HIS CHEAP SUIT SERENADERS [紙ジャケ]('74)   \2730(会員も同じ価格) 品切れ中

◆R.CRUMB & HIS CHEAP SUIT SERENADERS / R.CRUMB & HIS CHEAP SUIT SERENADERS 2 [紙ジャケ]('76)   \2730(会員も同じ価格) 品切れ中

◆R.CRUMB & HIS CHEAP SUIT SERENADERS / R.CRUMB & HIS CHEAP SUIT SERENADERS 3 [紙ジャケ]   \2730(会員も同じ価格) 品切れ中

●RECKLESS FINGERS / BELOW SEA LEVEL('90)    SCR-23 \1200(会員\900) 

●RECKLESS KELLY / UNDER THE TABLE & ABOVE THE SUN('03)   CD-3968 \1980(会員\1880) 

●RECKLESS KELLY / WICKED TWISTED ROAD('05)    CD-3992 \1980(会員\1880) 

●REDBIRD / LIVE AT THE CAFE CARPE, FORT ATKINSON, WISCONSIN - DECEMBER 2008 & 2009 \1980(会員\1880)

 feat. Kris Delmhorst, Jeffrey Foucault, Peter Mulvey & David Goodrich; All 14 tracks: I'm Beginning to See the Light/ Strangers/ What Made Milwaukee Famous [Has Made a Loser Out of Me]/ Come All Ye Fair and Tender Ladies/ For the Turnstiles/ Ships/ Snowed In/ Let the Mermaids Flirt With Me/ Silver Wings/ Ooh La La/ Phonebooth of Love/ Stewart's Coat/ Sad, Sad, Sad, Sad [And Far Away From Home]/ 4 & 20 Blues/


◆RHINESTONES / THE RHINESTONES ('75) 《紙ジャケット・完全限定盤》    CD-3540 \2625
 紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

●RICHARD BUCKNER / BLOOMED('95)    CD-340 \1980(会員\1880)

●RICHARD DOBSON / AMIGOS: RICHARD DOBSON sings TOWNES VAN ZANDT   199450-2  \1200(会員\900) 

●RICHARD DOBSON / ONE BAR TOWN('95)    199568-2 \1980(会員\1880)

●RICHARD DOBSON / BLUE COLLAR BLUES('92)    199239-2 \1980(会員\1880) 

RICHARD JULIAN / GIRLS NEED ATTENTION('10)    \1980(会員\1880)

●RICHARD MEYER / A LETTER FROM THE OPEN SKY    CD-SH-8012 \1980(会員\1880)

●RICHARD MEYER / THE GOOD LIFE    CD-SH-8003 \1980(会員\1880) 

●RICHARD SHINDELL / BLUE DIVIDE('94)    CD-SH-8014 \1980(会員\1880) 品切れ中

●RICHARD SHINDELL / NOT FAR NOW('09)   \2280(会員\2180)
 All 11 tracks: Parasol Ants/ A Juggler Out in Traffic/ Gethsemane Goodbye/ タQue Hago Ahora?/ Bye Bye/ Mariana's Table/ State of the Union/ One Man's Arkansas/ Get Up Clara/ The Mountain/ Balloon Man/ ■シンガー・ソングライター、リチャード・シンデルが09年に発表したアルバム。

●RICHARD SHINDELL / REUNION HILL('97)    CD-SH-8027 \1980(会員\1880)

●RICHARD SHINDELL / SPARROWS POINT    CD-SH-8002 \1980(会員\1880)

●RICHARD SHINDELL / VUELTA('04)    CD-9538 \2280(会員\2180)

RICHARD THOMPSON / DREAM ATTIC('10)      CD-12112 \1980(会員\1880)

●RICHARD THOMPSON / FRONT PARLOUR BALLADS('04)    CD-4725 \2280(会員\2180)

●RICHARD THOMPSON / HENRY THE HUMAN FLY('72/'04)    CD-3045 \2280(会員\2180)

RICHARD THOMPSON / WALKING ON A WIRE: 1968-2009 [4枚組CD]   4CD-11087BOX \6400(会員\6300)

 [CD 1] All 18 tracks: Time Will Show the Wiser/ Meet on the Ledge/ Genesis Hall/ Crazy Man Michael/ Sloth/ Roll Over Vaughn Williams/ The Poor Ditching Boy/ The Angels Took My Racehorse Away/ The Great Valerio/ When I Get to the Border/ Withered and Died/ I Want to See the Bright Lights Tonight/ Down Where the Drunkards Roll/ The Calvary Cross/ I'll Regret It All in the Morning/ Old Man Inside a Young Man/ For Shame of Doing Wrong/ Night Comes In/ [CD 2] All 17 tracks: Dimming of the Day / Dargai/ A Heart Needs a Home/ Don't Let a Thief Steal Into Your Heart/ Strange Affair/ Sunnyvista/ Sisters/ Rockin' in Rhythm/ Did She Jump or Was She Pushed/ Man in Need/ Shoot out the Lights/ Wall of Death/ Walking on a Wire/ Tear Stained Letter/ How I Wanted To/ Hand of Kindness/ Beat the Retreat (live)/ I Ain't Going to Drag My Feet No More/ [CD 3] All 20 tracks: Little Blue Number/ She Twists the Knife Again/ Valerie/ Turning off the Tide/ I Still Dream/ Waltzing's for Dreamers/ Read About Love/ I Feel So Good/ I Misunderstood/ 1952 Vincent Black Lightning/ Put Your Trust in Me/ From Galway to Graceland (live)/ I Can't Wake Up to Save My Life/ MGB-GT/ Mingus Eyes/ Beeswing/ Taking My Business Elsewere/ King of Bohemia/ Don't Roll Those Bloodshot Eyes at Me/ Razor Dance (Voltage Enhanced)/ [CD 4] All 16 tracks: Hide It Away (Voltage Enhanced)/ Last Shift/ Big Chimney/ Lotteryland/ Persuasion (live)/ Cooksferry Queen/ Bathsheba Smiles/ Hard on Me (live)/ Gethsemane/ A Love You Can't Survive/ A Legal Matter (live)/ Main Title from Grizzly Man/ Al Bowlly's in Heaven (live)/ I'll Never Give It Up/ Dad's Gonna Kill Me/ She Sang Angels to Rest/ ■4枚組CDに全71トラック。リチャード・トンプスン自身が選曲した1968年から2009年までのキャリアを集大成したロング・ボックス。フェアポート・コンヴェンションからリチャード&リンダ・トンプスン時代、そして20年余に及ぶソロ・アーティストとしての活動を俯瞰できる。60ページのブックレットには、リチャード・トンプスン研究家パトリック・ハンフリーズの書き下ろしライナー、ディスコグラフィーやセッション・ノートも掲載されている。


New RICHARD THOMPSON / RICHARD THOMPSON: Acoustic Classics  \2200

●RICHIE FURAY / HEARTBEAT OF LOVE('07)      CD-1060 \2480(会員\2380) 品切れ中

 produced by John Macy & Richie Furay; with Jesse Furay Lynch (vo.), Dan Dugmore (guitar/steelguitar); Guests: feat. Timothy B.Schmit (vo.), Neil Young (vo.), Kenny Loggins (vo.), Paul Cotton (guitar/vo.), Stephen Stills (vo.), Al Perkins (guitar), Rusty Young (dobro), Jim Horn (sax); All 12 tracks: Forever With You (with Jeff Hanna)/ My Heart Is Cryin' Tonight (with Timothy B. Schmidt )/ Crazy For You/ Kind Woman (with Neil Young and Kenny Loggins)/ Heartbeat Of Love (with Paul Cotton)/ Dean's Barbecue (with Al Perkins & Rusty Young)/ Only To You/ Callin' Out Your Name (with Stephen Stills)/ Real Love (with Mark Volman)/ You And Me/ In The Still Of The Night (with Paul Cotton)/ Let's Dance Tonight/ ■リッチー・フューレイのソロ最新作。ニール・ヤングとスティヴン・スティルスのバッファロー・スプリングフィールド仲間に、ティモシー・シュミットとラスティ・ヤングのポコ仲間、それにケニー・ロギンスやジム・ホーン、ダン・ダグモアも加わってのニュー・レコーディング。「Kind Woman」や「Let's Dance Tonight」の再録音も素晴らしいけれど、新たなオリジナル作品が凄く良くて本当に嬉しくなる。大推薦盤。


●RICHIE FURAY / I AM SURE('05)    CD-1014 \2280(会員\2180)
品切れ中

●RICHIE FURAY / IN MY FATHER'S HOUSE: THE DELUXE EDITION('97)    CD-1012 \2280(会員\2180) 品切れ中
 
ボーナス・トラックとしてライヴ・レコーディング3曲を追加収録。

●RICHIE FURAY BAND / ALIVE [2枚組CD]     \3000(会員\2900)

 Disc 1: When it all Began/ Pickin up the Pieces/ Buffalo Springfield Medley(Flying On The Ground〜Do I Have To Come Right Out....〜Clancy)/ Forever with You/ Go and Say Goodbye/ Child's Claim to Fame/ So Far To Go/ Satisfied/ Through it All/ Kind Woman/ Just for Me and You/ A Good Feelin to Know/ Disc 2: Sad Memory/ Heartbeat of Love/ Make me a Smile/ You Better Think Twice/ Baby Why/ Rise up/ Believe Me/ Just in Case it Happens/ Poco/SHF Medley(Settlin' Down〜Hurry Up〜Fallin In Love〜C'Mon)/ Callin Out Your Name/ Lets Dance Tonight/ In My Father's House/ ■リッチー・フューレイが08年に発表した2枚組ライヴ・アルバム。ポコサウザー・ヒルマン・フューレイ・バンド、ソロ時代と全キャリアをカヴァーした選曲。「彼の健在ぶりを示した」なんて控え目なパフォーマンスではなく、現役バリバリで「今まさに絶好調」のライヴ・ステージが楽しめるファン必聴アルバム。 


●RICK DANKO / AT DYLAN'S CAFE, WASHINGTON D.C. DECEMBER 8, 1987[2枚組CD] 2CD-1480 \2800(会員\2700)

●RICK DANKO / IN CONCERT    RD-02 \2280(会員\2180)

●RICK DANKO / TIMES LIKE THESE('00)    RD-04 \1980(会員\1880)

produced by Aaron L. Hurwitz & Rick Danko; with Levon Helm, Garth Hudson, Jim Weider, Richard Bell, Randy Ciarlante, Tom Pacheco, Terry Danko, Joe Walsh, Tom Malone, Leslie Ritter, Larry Packer, Prof. "Louie", and others; ■今は亡きリック・ダンコ(ザ・バンド)のラスト・アルバム。最後のスタジオ・レコーディングによる新作である。1曲目のアルバム・タイトル曲の自然体のリックのヴォーカルに涙が出そうになった。続くG・デッドの「Ripple」、E・クラプトンとリックの共作「All Our Past Times」やボブ・ディランとの共作「This Wheel's On Fire」の再演を初め、サム・クックやデイヴ・バーソロミューのナンバー、更にはトム・パチェコの作品やT・パチェコとリックの共作「You Can Go Home」も含まれた全10曲。


●DANKO-FJELD-ANDERSEN / ONE MORE SHOT [2枚組CD]    2CD-1062 \3000(会員\2900)

●RICK NELSON / GARDEN PARTY('72)    CD-31364 \1980(会員\1880)

◆RICK NELSON / GARDEN PARTY - WINDFALL('72/'74)    VSCD-2758 \2940(会員\2840)

●RICK NELSON / THE BEST OF RICK NELSON: 1963-1975    MCAD-10098 \1980(会員\1880)

◆RICK NELSON / THE VERY SORT OF YOU-SPOTLIGHT ON RICK('64)    VSCD-1445 \2940(会員\2840)

●RICK NELSON / LONESOME TOWN (ALL-TIME GREATEST HITS)    CDLL-57250 \1980(会員\1880)

●RICKIE LEE JONES / RICKIE LEE JONES    3296-2 \1980(会員\1880)

●RICKY SKAGGS-BRUCE HORNSBY / RICKY SKAGGS-BRUCE HORNSBY('07)    CD-06686 \2480(会員\2380)

 produced by Ricky Skaggs & Bruce Hornsby; All 11 tracks: The Dreaded Spoon/ Gulf Of Mexico Fishing Boat Blues/ Across The Rocky Mountains/ Mandolin Rain/ Stubb/ Come On Out/ A Night On The Town/ Sheep Shell Corn/ Hills Of Mexico/ Crown Of Jewels/ Super Freak/ ■リッキー・スキャッグスとブルース・ホーンズピーの初共演アルバム。でも、ステージでは2002年のライマン音楽堂でビル・モンローを讃えるコンサートで既に共演しており「Darlin' Corey」をデュエットしていて、その映像はベストセラーDVD『ALLSTAR BLUEGRASS CELEBRATION』でも収められている。ブルース・ホーンズピーの大ヒット曲「Mandolin Rain」の再演も含む全11曲。ケンタッキー・サンダーのバッキングも素晴らしい超話題作である。


●ROBBIE FULKS / COUNTRY LOVE SONGS('96)    CD-011 \1980(会員\1880)

●ROBBIE DUPREE / WALKING ON WATER    BEV-871003 \1980(会員\1880)

●ROBERT EARL KEEN / A BIGGER PIECE OF SKY    CD-SH-1037 \1980(会員\1880)

●ROBERT EARL KEEN / GRINGO HONEYMOON('94)    CD-SH-1044 \1980(会員\1880)

●ROBERT EARL KEEN / NO.2 LIVE DINNER    CD-SH-1051 \1980(会員\1880)

●ROBERT EARL KEEN / NO KINDA DANCER    CD-SH-1049 \1980(会員\1880)

●ROBERT EARL KEEN / PICNIC('97)    ARI-18834 \1980(会員\1880)

●ROBERT EARL KEEN / THE LIVE ALBUM    CD-SH-1024 \1980(会員\1880)

●ROBERT HUNTER / TALES OF THE GREAT RUM RUNNERS    RCD-10158 \2280(会員\2180) 

●ROBERT PALMER / PRIDE    CD-9720 \1980(会員\1880)

●ROBERT PLANT & ALISON KRAUSS / RAISING SAND('07)    \2280(会員\2180)

 produced by T-Bone Burnett; with Norman Blake(guitar), Mike Seeger(autoharp), Dennis Crouch(bass), Marc Ribot(guitar), T-Bone Burnett(guitar), Riley Baugus, and others; All 13tracks: Rich Woman/ Killing the Blues/ Sister Rosetta Goes Before Us/ Polly Come Home/Gone Gone Gone (Done Moved On)/ Through the Morning, Through the Night/ Please Read the Letter/ Trampled Rose/ Fortune Teller/ Stick with Me Baby/ Nothin'/ Let Your Loss Be Your Lesson/ Your Long Journey/ ■ソロ・アーティストとしての活動よりもプロデューサーとしての顔の方が有名になってしまった感のあるTボーン・バーネット。でも、それはそれだけ多くのアルバム制作に関わり、優れた作品を世に出してきた事の証しでもあるだろう。「オー・ブラザー効果」と言われるほどの社会的現象にもなり、カントリーやブルーグラスも含めたトラディショナル・ミュージックへの関心を市井の人々に集めさせるきっかけとなった映画『オー・ブラザー』のサントラ盤を手がけたバーネットは、その後も映画『コールド・マウンテン』のサントラ盤(主題歌はアリスン・クラウスが歌っていた)などを手がけ、多くの音楽ファンに支持される良質の仕事をしてきた。そのバーネットが「再び凄い事をやらかした」と話題になっているのが本作、アリスン・クラウスとロバート・プラント(ハイ、レッド・ツェッペリンのヴォーカリストのロバート・プラントです)の初デュエット・アルバムだ。ジーン・クラーク、トム・ウェイツ、タウンズ・ヴァン・ザント、サム・フィリップス(バーネットの奥方でもあるシンガー・ソングライター)、エヴァリー・ブラザーズ(「Gone Gone Gone」カッコいいです)の作品カヴァーするなど、その確かな美意識に裏付けられた趣味の良い選曲に先ず脱帽。又、2曲目にはウッドストック産の傑作アルバム『MORE MUSIC FROM MUD ACRES: WOODSTOCK MOUNTAINS』に収録されていた、ロリー・サリーが書いた名曲「Killing the Blues」をカヴァーされていて狂喜している。テキサス・カントリー、フォーク・ロック、アーリー・アーバン・ブルースと様々な音楽を内包しつつ、マイク・シーガーとノーマン・ブレイクを招いたアルバムのクロージング・ナンバーにトラディショナル作品「Your Long Journey」を配して、トラディショナルな余韻を残して締めくくられる全13曲。アリスン・クラウスとロバート・プラントの出会いが各々の新たな魅力を更に多くのファンにアピールする事に成功しているといえるだろう。お薦めしたい。
付記: ロリー・サリーオリジナル作品「Killing the Blues」が本作に取りあげられている事を早速ロリーに伝えたら、彼も当然その事を知っていて「(自分の作品がカヴァーされた事を)本当に光栄に思っているんだ」とのことだった。


●ROBIN & LINDA WILLIAMS / BUENA VISTA('09)   \1980(会員\1880)

 produced by Tim O'Brien; with Jerry Douglas, Tim O'Brien, Dennis Crouch, Kenny Malone, John Jarvis; A11 12 tracks: Going, Going Gone/ Tied Down, Home Free/ Buena Vista/ Maybelle's Guitar And Monroe's Mandolin/ That's The Way Love Goes/ Visions Of Mother And Dad/ I'm Invisible Man/ When A Thread Gets Caught/ Pretty Polly Williams/ All Broken Hearts Are The Same/ For Better Or Worse/ Southern Shores/ ■ベテラン夫婦デュオ、ロビン&リンダ・ウィリアムスの新譜。ティム・オブライエンのプロデュースのもと、ティム、ジェリー・ダグラス、デニス・クロウチによる手堅いサポートをバックにロビン&リンダのヴォーカル・ハーモニーが心地よい。4曲目の「Maybelle's Guitar And Monroe's Mandolin(メイベルのギターとモンローのマンドリン)」も含む全12曲。


●ROBIN & LINDA WILLIAMS / GOOD NEWS('95)   CD-SH-3832 \1980(会員\1880)

●ROBIN & LINDA WILLIAMS / IN THE COMPANY OF STRANGERS('00)   CD-SH-1064 \1980(会員\1880)

●ROBIN & LINDA WILLIAMS / LIVE IN HOLLAND('92)    SCR-31 \1980(会員\1880) 

●ROBIN & LINDA WILLIAMS / RHYTHM OF LOVE    CD-SH-1027 \1980(会員\1880)

●ROBIN & LINDA WILLIAMS / SUGAR FOR SUGAR    CD-SH-1052 \1200(会員\900) 

●ROBIN & LINDA WILLIAMS / TURN TOWARD TOMORROW('93)    CD-SH-1040 \1980(会員\1880)

●ROBIN GREENSTEIN / SLOW BURN    199238-2 \1980(会員\1880)

●ROCKWELL CHURCH / TROUGH THE FALL('98)    COM-4256 \1980(会員\1880)

●ROD McKUEN / MR. OLIVER TWIST    CD-114-2 \1980(会員\1880)

●RODNEY CROWELL / JEWEL OF THE SOUTH('95)    MCAD-11223 \1980(会員\1880)

●RODNEY CROWELL / LET THE PICTURE PAINT ITSELF('94)    MCAD-11042 \1980(会員\1880)

●RODNEY CROWELL / THE HOUSTON KID('01)    CD-SH-1065 \1980(会員\1880)

●RODNEY MILLER / AIRPLANG: AMERICAN INSTRUMENTAL FIDDLE TUNES('97)  CD-0193 \1980(会員\1880)
 with Russ Barenberg, Molly Mason, Peter Barnes, Tim Jackson;

●ROD MacDONALD / BRING ON THE LIONS    198908-2 \1980(会員\1880)

●ROD MacDONALD / THE MAN ON THE LEDGE    CD-SH-8011 \1980(会員\1880)

●ROD MacDONALD / WHITE BUFFALO('91)    199129-2 \1980(会員\1880)

●ROD STEWART / EVERY PICTURES TELLS A STORY    822385-2 \1980(会員\1880)

●ROGER BUSH, BILLY RAY LATHUM & CLARENCE WHITE / BUSH, LATHUM & WHITE: LEGENDARY KENTUCKY COLONELS' TRIO    \2480(会員\2380)

 All 16 tracks: 1. Shucking the Corn/ Chug-a-Lug/ She's No Angel/ Salty Dog/ Just Stay Around/ Dixie Breakdown/ Mocking Banjo/ Once More/ Green Corn/ Ruebin's Train/ Don't Let Your Deal Go Down/ Flop Eared Mule/ Black Eyed Susie/ Sally Ann/ Cumberland Gap/ Shady Grove/ ■クラレンス・ホワイト、ロジャー・ブッシュ、ビリー・レイ・レイサムの3人、つまりローランド・ホワイト抜きのケンタッキー・カーネルズによる1964年の録音。ローランドのいない分、いつもならローランドがマンドリン・ソロを弾くパートでクラレンス(やビリー・レイ)がソロをやったりするのでクラレンス等が「いつもより多くソロやってます」という曲が幾つもある音源なのだ。03年に『RARE PERFORMANCE』というタイトルのもと、(ロジャー・)ブッシュ、(ビリー・レイ・)レイサム&(クラレンス・)ホワイト名義でリリースされたアルバムと本作の16曲は重複するのであるが、同アルバムが入手困難となっている今、ジャケットも新たにリイシューされたことに狂喜するファンは多いだろう。


●ROGER McGUINN / BACK FROM RIO('91) [カットアウト盤]    ARCD-8648 \1980(会員\1880) 

◆ROGER McGUINN / CARDIFF ROSE [紙ジャケ] 紙ジャケットで限定リリース  CD-1546 \1890(会員も同じ価格)

◆ROGER McGUINN / PIECE ON YOU [紙ジャケ] 紙ジャケットで限定リリース  CD-1544 \1890(会員も同じ価格)

●ROGER McGUINN / ROGER McGUINN('73)    COL4683552 \1980(会員\1880)

●ROGER McGUINN / TREASURES FROM THE FOLK DEN('01)    CD-1046 \1980(会員\1880)

 also feat. Pete Seeger, Joan Baez, Eliza Carthy, Josh White Jr., Judy Collins, Jean Ritchie, Odetta; All 18 tracks: Wagoner's Lad/ Dink's Song/ Bonnie Ship The Diamond/ Cane Blues/ Reel/ Fair Nottamun Town/ John The Revelator/ Alabama Bound/ Finnegan’s Wake/ In The Evenin/ Willie Moore/ The Brazos River/ Sail Away Lady/ John Riley (P. Belmonte/B. Gibson/R. Neff)/ Trouble In Mind/ Whiskey In The Jar/ The Virgin Mary/ Pete's Song (Pete Seeger)/ ■ロジャー・マッギンが01年に発表したソロ・アルバム。


◆ROGER NICHOLS & THE SMALL CIRCLE OF FRIENDS / FULL CIRCLE('07) 紙ジャケ  CD-64023 \2520(会員も同じ価格)
 40年目のセカンド・アルバム。紙ジャケットで発売。ポール・ウィリアムスとの書き下ろし作品も含む全12曲収録。

◆RONNIE LANE / SEE ME [紙ジャケ]('79)   \2730(会員も同じ価格)

◆RORY BLOCK / I'M IN LOVE [紙ジャケ]('74)   \2730(会員も同じ価格)

●RORY BLOCK / HIGH HEELED BLUES('89)    CD-3061 \2480(会員\2380)

●RORY BLOCK / HOUSE OF HEARTS    CD-3104  \1980(会員\1880)

●RORY BLOCK / LAST FAIR DEAL('03/'04)    CD-83593  \2280(会員\2180)

●ROSALIE SORRELS / BE CAREFUL, THERE'S A BABY IN THE HOUSE    GLCD-2100 \1980(会員\1880) 品切れ中

●ROSALIE SORRELS / NO CLOSING CHORD('00)    CD-143 \1980(会員\1880)

●ROSALIE SORRELS / STRANGERS IN ANOTHER COUNTRY('08)    CD-214 \1980(会員\1880)

●ROSANNE CASH / THE LIST('09)  CD-96576 \2280(会員\2180)

 produced by John Leventhal; with Bruce Springsteen, Elvis Costello, Rufus Wainwright, Jeff Tweedy [Wilco]; All 12 tracks: Miss the Mississippi and You/ Motherless Children/ Sea of Heartbreak/ Take These Chains from My Heart/ I'm Movin' On/ Heartaches By The Number/ 500 Miles/ Long Black Veil/ She's Got You/ Girl From The North Country/ Silver Wings/ Bury Me Under the Weeping Willow/


●ROSE MADDOX / $35 AND A DREAM('94)  \1980(会員\1880)
 
with Herb Pedersen(guitar/banjo), Byron Berline(fiddle/mandolin), John Jorgenson(guitar/mandolin), Jay Dee Maness(steel guitar), Bill Bryson(bass), Merle Haggard(harmony vo); ■ローズ・マドックスの94年作。ハーブ・ペダースンや彼が率いるローレル・キャニオン・バンド やバイロン・バーライン、元デザート・ローズ・バンドのメンバー等が全面参加した好盤。スタンダード作品中心に全16曲。カントリー界の大御所、マール・ハガードもハーモニー・ヴォーカルで共演。

●ROSIE FLORES / DANCE HALL DREAMS('99)    CD-3150 \1980(会員\1880)

●ROWAN BROTHERS / CRAZY PEOPLE('02)    CD-005 \2280(会員\2180)

●ROWAN BROTHERS / NOW & THEN [2枚組CD]   2CD-3023 \3400(会員\3300)
 feat. Chris & Lorin Rowan; with Jerry Garcia, Peter Rowan, Jim Keltner and many others; DISC1-All 17 tracks: Circle Of Friends/ Heart Of A Woman/ Pathways/ Burn It On Down/ Cold War/ I'll Be There/ As Much As I Do/ Arms Of The One I Love/ Don't Forget To Cry/ You're Running Wild/ Lonely Nights/ Swims With Dolphins/ How I Think Of You/ Angelina/ Childish Love/ Soldier's Cross/ Circle Of Friends/ DISC2-All 22 tracks: Free/ Run To The Wind/ Climbing Up The Mountain/ Don't You Worry/ It Grows & Grows/ Waiting In The Garden/ All In The Way She Moves/ Speedway Driver/ If I Only Could/ Livin' The Live/ Guardian Angel/ Can't Stop Lovin' You/ Feel The Spirit/ Peace & Happiness/ Laura My Love/ Only You/ After All Is Said & Done/ Hickory Day/ Better Off Dead/ Peace & Happiness/ Livin' The Life/ Move On Down/ ■ローワン・ブラザーズのコンピレーション・アルバム。DISC2の「Hickory Day」「Better Off Dead」「Peace and Happiness」「Livin' the Life」「Move On Down」の5曲は、71年フィルモア・ウェストでのライヴ音源で、このドイツ盤2枚組にのみ収録されているボーナス・トラック。

●ROWANS / THE ROWANS('75/'02)           CD-265 \2280(会員\2180)
 feat. Peter, Chris & Lorin Rowan; with Russ Kunkel, Jack Bonus; ■クリスとローリン2人だけの『ROWAN BROTHERS』に続いて、長兄ピーターを含めた3人で75年に発表された本作はローワンズ名義でリリースされた。そのアルバムがリイシュー。「ミッドナイト・ムーンライト」ほか全10曲収録。

●ROWLAND SALLEY / KILLING THE BLUES('05)       CD-RS-2005 \2280(会員\2180)

 produced by Rowland Salley; with Mike Kalanj(organ/piano), Jerry Adolf(drums), Robbie Steininger(el. guitar/slide guitar/gut string acoustic guitar), Lenny Castro(percussion), Joe Moreli(accordion) and others; ■これは凄い。あのロリー・サリーが(本名のロウランド・サリー名義で)ソロ・アルバムを発表したのだ。ロリー・サリーといえば、マッド・エイカーズの2作目として77年にリリースされた大名盤『WOODSTOCK MOUNTAINS: MORE MUSIC FROM MUD ACRES』に収録された「Killing the Blues」での渋いヴォーカルで音楽ファンの心をワシ掴みにした男。同曲がロリーのペンによるオリジナル作品であった事から、その素晴らしいソングライティングの才能にも大いに注目され、そのソロ・アルバム発表を待ち望まれたが、実現には至らなかった。1985年以降はクリス・アイザックのバンド・メンバーとして活躍し続けていた彼が、満を持して発表したのが本作だ。フォーク、ブルース、R&Bなど、彼が影響を受けた音楽的バックグラウンドが窺えるサウンド。アルバム・タイトル『KILLING THE BLUES』からも分る通り、同曲のニュー・ヴァージョン(これが良いのだ!!)も含んだ全12曲すべてが彼のオリジナル作品。すべての音楽ファンの皆さんにお聴き頂きたい素晴らしいアルバム。まさに「待った甲斐があった」と言える大満足盤である。必聴!!


◆ROY BOOKBINDER feat. FATS KAPLIN / RAGTIME MILLIONAIRE [紙ジャケ]   \2730(会員も同じ価格)

◆ROY BOOKBINDER & FATS KAPLIN / GIT-FIDDLE SHUFFLE [紙ジャケ]   \2730(会員も同じ価格) 品切れ中

●ROY BUCHANAN / BEFORE AND AFTER    3034 \2280(会員\2180)

●ROY HARPER / DEATH OR GLORY?    HYCD-200127 \1980(会員\1880)

●ROY ROGERS / SLIDE ZONE('94)    CDP-29417 \1980(会員\1880)

●RUN C&W / INTO THE TWANGY-FIRST CENTURY - ROW VS. WADE ('93/'94)  \2480(会員\2380)
 feat. Benie Leadon (ex-EAGLES); All 20 tracks: Ballad Of The Burns Brothers/ Walkin The Dog/ Unchained Medley: Flint Hill Special/ My Girl/ Sweet Soul Music/ Hold On Im Comin/ Opustaylor: Working In The Coal Mine〜I Feel Good/ Suite T: Wildwood Flower〜In The Midnight Hour〜Please, Please, Please/ Bills Medley: Cant Turn You Loose/Ive Been Loving You Too Long/ Itchy Twitchy Spot (Parody Of Achy Breaky Heart)/ Let Me Inmedley: Hot Corn, Cold Corn〜I Like It Like That/ Reach Out, Ill Be There/ Hold What Youve Got/ Signed, Sealed, Delivered (Im Yours)/ Papa Was A Rolling Stone/ Spanish Harlem/ I Second That Emotion/ Chain Of Fools/ Bring It On Home To Me/ Bring It On Home To Me/ ■元イーグルスのバーニー・レドンを擁する3人組が架空の兄弟バーンズ・ブラザーズを名乗って1990年代にリリースしたアルバム2枚をCD1枚に収録したお買い得アルバム。R&B名曲の数々をメインにブルーグラス/カントリー・アレンジで聴かせる彼等。コミック・バンドのようで、サウンドはマジ以外の何物でもない感じが興味深い。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●RUSTY KERSHAW / NOW AND THEN('92)    DOM-8002-2 \2280(会員\2180)
 with Neil Young, Ben Keith, Art Neville;

●RUTLES / THE RUTLES('78/'90)    R2-75760 \2280(会員\2180) 

●RY COODER / BORDERLINE    3489-2 \1980(会員\1880)

●RY COODER / BUENA VISTA SOCIAL CLUB('97)    NON-79478 \1980(会員\1880)

●RY COODER / TRESPASS    45220-2 \1980(会員\1880)

 ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL

 


 

プー横丁のトップページへ