ロックCD在庫リスト J〜K
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。
※一部、品切れ中の物も含まれています。お問い合せ下さい。◆は国内盤、●は輸入盤です。
在庫リストインデックスに戻る 

J、K

●JACK HARDY / CIVIL WAR('94)  スイス盤  199454-2 \1980(会員\1880)

◆JACK HARDY / THE NAMELESS ONE ('78) 《紙ジャケット・完全限定盤》 CD-2244 \2625
 
紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

●JACK SUNDRUD / BY MY OWN HAND('05)   \2280(会員\2180)
 ポコのサポート・メンバーから正式メンバーとなって久しいジャック・サンドランドが05年に発表したソロ作。

New ●JACK TEMPCHIN / LEARNING TO DANCE ≪送料無料≫ \2280(会員\2180)
     ジャック・テンプチンの最新アルバム、最高です。特に5曲目の「The End of the Affair」のギター1本による弾き語りが心に沁みます。尚、本作は2015年リリースのアルバムですが、当店HP初掲載につき、このページにも掲載つせて頂いております。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●JACKIE LEVEN / FORBIDDEN SONGS OF THE DYING....   CKV-CD-090 \1980(会員\1880)

●JACKIE LOMAX / IS THIS WHAT YOU WANT?('91)      CDP-7975812 \1980(会員\1880)

●JACKIE LOMAX / THE BALLAD OF LIVERPOOL SLIM....PLUS('01)    \1980(会員\1880)

 All 14 tracks: Pawn In Your Game/ There’s A Woman In It Somewhere/ Spank Yourself/ Before the Teardrops Start/ Free At Last/ Divorce Blues/ I’m Gonna' Be There/ The Blues Made Me Do It/ The Rabbit And The Gun/ Baby Slow-Down/ lues In The Blood/ Love Will Find A Way/ Bonus Tracks: Sour Milk Sea [live]/ Friend-A- Mine/ ■ボーナス・トラックを追加してリイシューされたジャッキー・ロマックスの01年作。ジョージ・ハリスン作の「Sour Milk Sea」のライヴ・ヴァージョンも収録。


ジャクスン・ブラウン&デヴィッド・リンドレーのライヴ盤!!
◆JACKSON BROWNE & DAVID LINDLEY / LOVE IS STRANGE [2枚組CD] ('10)    CD-2683 \3780(会員\3680)

 収録曲: アイム・アライヴ/ コール・イット・アローン/ ルッキング・イースト/ ザ・クロウ・オン・ザ・クレイドル/ マーキュリー・ブルース/ エル・ラーヨ・エキス/ テイク・イット・イージー/ フォー・テイキング・ザ・トラブルズ/ フォー・エヴリマン/ ユア・ブライト・ベイビー・ブルース/ レイト・フォー・ザ・スカイ/ 青春の日々/ 孤独なランナー/ ザ・ネクスト・ヴォイス・ユー・ヒアー/ 他; ■ジャスクン・ブラウンとデヴィッド・リンドレーのライヴ・アルバムが遂に発売。ずっと以前にレコーディングされたものかと予想していたら、06年にスペインで行われた2人のライヴを2枚組CDに収めたものだという。現在(4年前なのだけれど)の彼等が再び顔をあわせてのパフォーマンスということで、大昔の発掘音源よりも期待感は更に増幅する。歌詞・対訳・解説付き。8面ソフトパック仕様の完全限定盤。ご注文はお早めに。


◆JACKSON BROWNE / TIME THE CONQUEROR: 時の征者 [初回生産限定デジパック仕様] ('08)    \2520(会員も同価格)
 Songs: Time The Conqueror/ Off Of Wonderland/ The Drums Of War/ They Can't Bring You Down/ The arms Of Night/ Where Were You?/ Going Down To Cuba/ Giving That Heaven Away/ Live Nude Cabaret/ Just Say Yeah/ ■02年の『THE NAKED RIDE HOME』以来のジャクスン・ブラウンのスタジオ録音アルバムが完成。この6年間の彼の「心のありよう」が窺える内容。これは歌詞・対訳付きの日本盤。日本盤のみボーナス・トラックとしてデヴッド・リンドレー参加による「Late For The Sky」が収録されている。別売の輸入ソングブック『TIME THE CONQUEROR』も発売され、お取扱い中。

◆JACKSON BROWNE / SOLO ACOUSTICS: VOL.2           CD-1767 \2520

 All 13 tracks: Never Stop(『Naked Ride Home』2002年)/ The Night Inside Me(『Naked Ride Home』2002年)/ Enough Of The Night(『World In Motion』1989年)/ Something Fine(『Jackson Browne』1972年)/ Sky Blue And Black(『I'm Alive』1993年)/ In The Shape Of A Heart(『Lives In The Balance』1986年)/ Alive In The World(『Looking East』1996年)/ Casino Nation(『Naked Ride Home』2002年)/ All Good Things(『I'm Alive』1993年)/ Somebody's Baby(『The Next Voice You Hear:The Best Of Jackson Browne』1997年)/ Red Neck Friend(『For Everyman』1973年)/ My Stunning Mystery Companion(『Naked Ride Home』2002年)/ Shadow Dream Songs (未発表作品)/ ■2005年に第1弾が発表され、ファンから大好評を得たジャクスン・ブラウンの『SOLO ACOUSTICS』シリーズの第2弾。今回も世界各地で精力的に行われたソロ・アコースティック・コンサートから厳選された名曲の数々が収録されている。幾人もの他のアーティストにカヴァーされながら、ジャクスン本人によるレコーディングは発表されていなかった「Shadow Dream Songs」が今回04年に来日時のジャパン・ツアーの音源を使用し、国内盤のみに追加収録されている。音源が前もって届いたので全曲聴いてみたけれど、これがメチャメチャ良い。個人的には「My Stunning Mystery Companion」は歌詞の内容がしみじみ伝わってきて、このソロ・ヴァージョンの方がスタジオ盤のバンド・ヴァージョンより更にグッときてしまった。聴きモノ多し。ステージでのトーク部分も訳が付いているので、これはもう国内盤を買うしかない。


◆JACKSON BROWNE / SOLO ACOUSTICS: VOL.1('05)        CD-895 \2520

 All 21 tracks: The Barricades Of Heaven/ Intro/ These Days/ Intro/ The Birds Of St. Marks (never before released!)/ Intro/ Fountain Of Sorrow/ Your Bright Baby Blues/ For A Dancer/ Too Many Angels/ Intro/ For Everyman/ Intro/ Lives In the Balance/ Intro/ Looking East/ Intro/ The Pretender/ Intro/ Take It Easy/ The Rebel Jesus [Bonus track]/ ■完全未発表曲「The Birds Of St. Marks」を収録した『SOLO ACOUSTICS』シリーズの第1弾。ファン必携。


●JACKSON BROWNE / LATE FOR THE SKY    1017-2 \1980(会員\1880)

●JACKSON BROWNE / LAWYERS IN LOVE    60268-2 \1980(会員\1880)

●JACKSON BROWNE / ON STAGE 1976           \2480(会員\2380)

●JACKSON BROWNE / WORLD IN MOTION    60830-2 \1980(会員\1880)

●JAKE SHIMABUKURO / TRAVELS ('15)        \2480(会員\2380)

◆JAKOB DYLAN / WOMEN + COUNTRY ('10)    CD-2683 \2520

●JAMES BURTON & RALPH MOONEY / CORN PICKIN' AND SLICK SLIDIN'('68/'93)       SEECD-377 \2480(会員\2380) 品切れ中

ドアーズのジョン・デンスモアとジム・クリーガーも参加したアコースティックなドアーズ・カヴァー集。
●JAMES LEE STANLEY & CLIFF EBERHADT / ALL WOOD AND DOORS ('11)   CD-20103 \1980(会員\1880)

 with Timothy B Schmit (Eagles), Laurence Juber (Paul McCartney & Wings), Paul Barrere (Little Feat), Peter Tork (Monkees), John Batdorf (Batdorf & Rodney), Scott Breadman (Rippingtons, Lindsay Buckingham), Chad Watson (David Arkenstone, Janis Ian), Rick Ruskin; also feat. John Densmore and Robby Krieger; All 12 tracks: Break On Through / Love Me Two Times / Take It As It Comes / Strange Days / Light My Fire / Touch Me / Crystal Ship / Soul Kitchen / People Are Strange / Moonlight Drive / Riders On The Storm / The End/ ■西海岸のシンガーソングライター、ジェイムズ・リー・スタンリーとジョン・バドーフ(元バドーフ&ロドニー)が08年に発表したアルバム『ALL WOOD AND STONES』は、アコースティックなサウンドをバックにローリング・ストーンズの作品をカヴァーするというコンセプトのもと、参加したゲスト・ミュージシャンたちの豪華な顔ぶれと共に大いに話題となったが、本作はその続編としてリリースされたアルバムだ。ジェイムズ・リー・スタンリーが今度はクリフ・エヴァーハットとコンビを組んで発表したドアーズ作品集がコレ。クリフはShanachieレーベルから好アルバムを発表しているシンガー・ソングライターで、声質も2人はよく似ているようだ。今回もティモシー・シュミット(Eagles)、ポール・バレア(Little Feat)、ロウレンス・ジュバー(ex-Paul McCartmey & Wings)、ピーター・トーク(ex-Monkees)、ジョン・バドーフ等、アルバム『ALL WOOD AND STONES』に参加したミュージシャンがリード・ギターやバック・ヴォーカルを担当。それに加え、何と元ドアーズのジョン・デンスモアとロビー・クリーガーもスペシャル・ゲストとして参加しているのだ。事の発端は、偶然にジョン・デンスモアと同じレストランに居合わせたジェイムズ・リー・スタンリーが自己紹介をして挨拶をしたらデンスモアが開口一番「貴方が『ALL WOOD AND STONES』でやったストーンズの曲は大好きだよ」というものだったとか。それがきっかけで親しくなり、「同じようにドアーズのカヴァー集を作るんなら、その時は喜んでパーカッションを演奏するよ」などという話になったらしい。レコーディングを覗きに来たロビー・クリーガーにも手伝ってもらい、2人が参加することになったそうだ。『ALL WOOD AND STONES』と同様、アコースティック・ギターを中心にしたアレンジに心が和む。


●JAMES LEE STANLEY & JOHN BATDORF / ALL WOOD AND STONES('07)   \1980(会員\1880)

 with Timothy Schmidt, Paul Barrere, Laurence Juber, Peter Tork, All 11 tracks: Paint It Black/ Ruby Tuesday/ Satisfaction/ Under My Thumb/ Let's Spend the Night Together/ Mother's Little Helper/ Backstreet Girl/ Last Time/ Have You Seen Your Mother, Baby/ 19th Nervous Breakdown/ As Tears Go By/ ■西海岸のシンガーソングライター、ジェイムズ・リー・スタンリーと元バドーフ&ロドニーのジョン・バドーフの初デュエット・アルバムとなる本作は、ローリング・ストーンズ作品のカヴァー集。先ずティモシー・シュミット(Eagles)、ポール・バレア(Little Feat)、ロウレンス・ジュバー(ex-Paul McCartmey & Wings)、ピーター・トーク(ex-Monkees)等が要所でゲスト参加している事が話題になるのは当然かも知れないけれど、注目して頂きたいのはジョン・バドーフの素晴らしいヴォーカルである。「2人のCSN&Y」と言われ、アトランティックとアリスタにアルバムを残したバドーフ&ロドニーでリード・ヴォーカルと主なソングライティングを担っていたジョン・バドーフの歌声に「久しぶりに会った友人のような」懐かしさと親近感を覚えてしまうのは私だけではないだろう。ハモッた時のジェイムズのヴォーカルとの相性も抜群だ。「ルビー・チューズディ」「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」「黒くぬれ」「サティスファクション」など、どれもお馴染みのストーンズ初期ナンバーをアコースティック・サウンドとコーラス・アレンジで聴く者を魅了する。お薦めアルバム。


JAMES LUTHER DICKINSON / DINOSAURS RUN IN CIRCLES('09)    \1980(会員\1880) 品切れ中

●JAMES LUTHER DICKINSON / JUNGLE JIM & THE VOODOO TIGER('06)    CD-215 \2480(会員\2380)

●JAMES LUTHER DICKINSON / KILLER FROM SPACE('07)    CD-0220 \2280(会員\2180)

●JAMES McMURTRY / CHILDISH THINGS('11)    CD-28391 \2280(会員\2180)

●JAMES McMURTRY / JUST US KIDS ('08)    \2480(会員\2380)
 with Ian McLagan, All 12 tracks: Bayou Tortous/ Just Us Kids/ God Bless America (Pat MacDonald Must Die)/ Cheney's Toy/ Freeway View/ Hurricane Party/ Ruby and Carlos/ Brief Intermission/ Fireline Road/ The Governor/ Ruins of the Realm/ You'd a'Thought (Leonard Cohen Must Die)/ ■映画『ブロークバック・マウンテン』でも知られる高名なシナリオ・ライター、ラリー・マクマートゥリーを父に持つテキサスのシンガー・ソングライター、ジェイムズ・マクマートゥリーの新作。通算8作目。デビュー以来、孤独感や荒涼とした人間ドラマを朴訥としてヴォーカルで歌い続けてきた彼の魅力は、万人に受け入れられるものではないかも知れないが、是非お聴き頂きたい。

●JAMES McMURTRY / LIVE IN EUROPE('09)     \2280(会員\2180)

●JAMES McMURTRY / WALK BETWEEN THE RAINDROPS('98)    CD-1060 \1980(会員\1880)

●JAMES TAYLOR / AT CHRISTAMS ('12)         \1980(会員\1880)

●JAMES TAYLOR / FEEL THE MOONSHINE ('76/'12)         \2800(会員\2700)

◆JAMES TAYLOR / MUD SLIDE SLIM('71/'10)  《紙ジャケット・完全限定盤》 \2500

◆JAMES TAYLOR / ONE MAN DOG('72/'10)  《紙ジャケット・完全限定盤》 \2500

◆JAMES TAYLOR / WALKING MAN('74/'10)  《紙ジャケット・完全限定盤》 \2500

◆JAMES TAYLOR / GORILLA('75/'10)  《紙ジャケット・完全限定盤》 \2500

◆JAMES TAYLOR / IN THE POCKET('76/'10)  《紙ジャケット・完全限定盤》 \2500

●JAMES TAYLOR / IN THE POCKET    2912-2 \1980(会員\1880)

●JAMES TAYLOR / JT    CK-34811 \1980(会員\1880)

●JAMES TAYLOR & CAROLE KING / LIVE AT THE TROUBADOUR [CD+DVD]  \2800(会員\2700)

●JAMIE O'HARA / RISE ABOVE IT    66297-2 \1980(会員\1880)

●JANE GILLMAN / JANE GILLMAN    GLCD-2101 \1980(会員\1880)

●JANE GILLMAN / PICK IT UP(86)    GLCD-1068 \1980(会員\1880)

●JANE SIBERRY / TEENAGE....    KOC-CD-7939 \1980(会員\1880)

●JANETTE CARTER / DELIVERANCE WILL COME('04) ドイツ盤 CD-16335 \2480(会員\2380)

 All 31 tracks: Bury Me Beneath The Willow/ Lonesome Street/ Listen To The Mockingbird (instrumental)/ I Ain't Gonna Work Tomorrow/ Sinking In The Lonesome Sea/ I Found Jesus/ Storms Are On The Ocean/ 'Neath The Shade Of A Beautiful Pine/ Red Wing (instrumental)/ Little Moses/ In The Shadow Of Clinch Mountain/ Joy, Joy, Joy/ Howdayado!/ Little Rosewood Casket/ Wayworn Traveller/ Take-Me-Back Blues/ Johnny Doesn't Live Here Anymore/ Waltz, Kitty, Waltz/ Lonesome Pine Special/ Give Him One More As He Goes/ Heartbreaking Waltz/ Dark And Stormy Weather/ My Native Home/ Little Moses/ Kissin' Is A Crime/ My Dixie Darlin'/ Sea Of Galilee/ I'm Leaving You/ I'm Missing You (& J.E. MAINER)/ Johnny Doesn't Live Here Anymore/ The Storms Are On The Ocean/ ■ジャネット・カーターの72年と73年の貴重な録音28曲を含む全31曲を収録したアルバム。オリジナル盤は72年にリリースされたバーチ・レーベルの12曲と73年にリリースされた16曲、それにライヴ音源も追加してCD化されたファン必携盤。


●JANETT & JOE CARTER / LAST OF THEIR KIND('04)    \2480(会員\2380) 

●JANGO / CLOSER TO HOME('00)    GCE-0213 \2480(会員\2380)

 feat. Steve Nieves(saxphone/vo.); All 13 trcaks: Soul Casserole/ Joyful Caravan (For Curtis)/ Sweet and Low Down/ Under the Influence of Love/ Diamond Drive/ What Your Heart Tells You to Do/ Score Pt. 2/ Closer to Home/ Pink Flamingos/ Nightside Express/ Beard/ Kool Down Ez / Soul Casserole (2nd Helping)/ ■デビュー・アルバム『DREAMTOWN』に続くジャンゴの2作目。LAのスタジオ系ミュージシャンで結成されたジャンゴは、トム・スコットあたりのフュージョン・ジャズの影響と共にスティーリー・ダンの影響がもろに表れているトラックも多く、そのサウンドとヴォーカルといい、もう本当にスティーリー・ダンにそっくり。勿論、スティーリー・ダンに対するリスペクトも感じさせる落ちついた演奏ぶりは、熱心なファンも唸らせるほど聴き応え充分。既に入手困難となっていて、あるオークションでは5000円以上の高値がついているとか。下記のデビュー・アルバムと同様、限定入荷につき、お早めに。


●JANGO / DREAMTOWN('99)    GCE-0160 \2400(会員\2200)

 feat. Steve Nieves(saxphone/vo.); All 12 trcaks: Dreamtown Intro./ City of the 2nd Chance/ With Your Love (Victor's Song)/ How Long/ 7th Journey/ Dreamtown/ Driftin'/ Too Much Time/ Kings Road/ Message to Ramona/ Sunset to the Sea/ Golden Fool / ■そのジャンゴが99年に発表したデビュー・アルバム。既に入手困難となっていて、あるオークションでは3500円以上の高値がついているとか。限定入荷につき、お早めに。


●JANO / CERTAIN THINGS    WBG-0021 \1980(会員\1880)

●JASON EKLUND / JASON EKLUND    FF-70617 \1980(会員\1880)

●JASON EKLUND / LOST CAUSEWAY    FF-70645 \1980(会員\1880)

●JAY FARRAR / TERROIR BLUES('03)    \2280(会員\2180)

 with Eric Heywood(pedal steel), Mark Spencer(lap steel/acoustic slide guitar), Mike Martin(bass), John Horton(el. guitar), Jon Wurster(drums) and others; All 23 tracks: No Rolling Back/ Space Junk I/ Hard is the Fall/ Fool King's Crown/ Space Junk II/ Hanging On to You/ Cahokian/ Heart On the Ground/ Out On the Road/ All of Your Might/ Space Junk III/ California/ Walk You Down/ Space Junk IV/ Dent County/ Fish Fingers Norway/ Space Junk V/ Hanging On to You II/ Hard Is the Fall II / Jam/ Heart On the Ground II/ No Rolling Back II/ Space Junk VI/ ■元アンクル・テュペロのメンバーで、その後サンボルトのリーダーとして活躍したジェイ・ファーラーは、ルーツ・ロック&オルタナ・カントリーの音楽シーンを代表するアーティスト&シンガー・ソングライターとして絶大な人気を誇っている。2001年にソロ・デビュー作『SEBASTOPOL』を発表し、続く2002年には前作の姉妹編というべき5曲入りEP『THIRDSHIFTGROTTOSLACK』をリリースした彼が、自らのレーベルを立ち上げ、ファン待望の2作目のフル・アルバムとなる本作をリリースした。元々そのヴォーカル・スタイルやソングライティングにおいてニール・ヤングからの多大な影響が窺えるジェイだが、本作リリースに際し、サウンド面におけるニール・ヤングの『TONIGHT'S THE NIGHT』やビートルズの『リヴォルヴァー』からの影響を公言している。全23トラック中「Space Junk」と題された短いサウンド・コラージュ6トラックや「Fishing Fingers Norway」や「Jam」といった短いインストゥルメンタル曲が含まれている事も、収録時間59分14秒という収録時間の本作に程よいアクセントを加えていると言えよう。アコースティック・ギター中心の音作り、彼が作り出すシンプルで心に残るメロディ・ライン。本作のリリースによって、ジェイ・ファーラーは日本でも更に幅広いファンを獲得するに違いない。大推薦盤。


●J.D.SOUTHER / IF THE WORLD WAS YOU('08)      \2280(会員\2180)

●JEAN RITCHIE & DOC WATSON / AT FOLK CITY('63/'90)    SF-40005 \2480(会員\2380)

●JEDD HUGHES / TRANSCONTINENTAL('04)    CD-0001903 \1980(会員\1880)

●JEFF COFFIN & JEFF SIPE / DUEST ('11)         CD4554 \2280(会員\2180)

 All 13 tracks: Reintroduction/ Once Again Together/ Mr. Lloyd and Master Higgins/ In the Folds/ Concurrent Events/ Smiling Faces/ From East to West/ Should I Stand/ Quiet Arrival/ Nearly/ Scattering/ First Light (Reprise)/ Koty Blue/ ■1997年よりベラ・フレックフレクトーンズに加入、2008年からはデイヴ・マシューズ・バンドのメンバーとして活躍するジェフ・コフィンズ(sax)とジェフ・サイプ(drums)のデュエット・アルバム。


●JENNI MULDAUR / JENNI MULDAUR('93)    26962-2 \1980(会員\1880)

●JEREMY KITTEL / CHASING SPARKS('10)    CD-4530 \1980(会員\1880)

 also feat. Chris Thile(mandolin), Mike Marshall(mandolin), Edgar Meyer(bass), Brittany Haas(fiddle), Natalie Haas (cello); All 11 tracks: The Curious Beetle Medley/ The Golden-Plover Set/ Remember Blake/ The Chase/ The May Morning Dew/ Disconnect/ Biting Reel / Lost Time/ F Chunes/ Woods/ Bear Island Reel/ The Napkin Tune/ ■若手ケルティック・フィドラー、ジェレミー・キッテルのソロ作。クリス・シーリー、マイク・マーシャル、エドガー・マイヤー等が参加。


●JERRY BYRD / MASTER OF THE STEEL GUITAR: VOL.1('05)     CD-95980 \2480(会員\2380)

●JERRY GARCIA ACOUSTIC BAND / RAGGED BUT RIGHT('87/10)     \2480(会員\2380)

●JERRY REED / GUITAR MAN('96)    \2800(会員\2700)

●JERRY REED / JERRY REED LIVE: STILL    \2800(会員\2700)

●JERRY REED / LET'S GIT IT ON    \2800(会員\2700)

●JERRY REED / PICKIN'('99)    \2800(会員\2700)

●JERRY REED / WHEN YOU'RE HOT, YOU'RE HOT - KO-KO-JOE('73/'93)    \2800(会員\2700) 品切れ中

●JERRY JEFF WALKER / LIVE AT GRUENE HALL('89)    RCD-10123 \2280(会員\2180)

●JERRY JEFF WALKER / VIVA LUCKENBACK('94)    RCD-10268 \1980(会員\1880) 品切れ中

●JESSE COLIN YOUNG / LIVING IN PARADISE ('04)         \2280(会員\2180)

●JESSE COLIN YOUNG / JESSE COLIN YOUNG & THE YOUNGBLOODS...PLUS    EDCD-476 \2280(会員\2180)

●JESSE ED DAVIS / JESSE DAVIS('70/'98)    CD-80772-2 \1980(会員\1880)

◆JESSE ED DAVIS / ULULU('72/'98)    CD-AMCY-2584 \1785

◆JESSE FREDERICK / JESSE FREDERICK ('71)  ≪国内盤/日本語解説付≫ \1200

●JESSE WINCHESTER / A REASONABLE AMOUNT OF TROUBLE ('15) ≪送料無料≫ \2280(会員\2180)
    2014年4月にこの世を去った不世出のシンガー・ソングライター、ジェシー・ウィンチェスターのラスト・アルバム。闘病中にレコーディングしたとは思えない穏やかなヴォーカル、いつもながらの彼のヴォーカルである。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●JESSE WINCHESTER / GENTLEMAN OF LEISURE('99)    CD-SH-1062 \1980(会員\1880)

●JESSE WINCHESTER / HUMOUR ME    CD-SH-1023 \1980(会員\1880)

◆JESSE WINCHESTER / JESSE WINCHESTER ('71)  ≪国内盤/日本語解説付≫ \1200

●JESSE WINCHESTER / LIVE AT THE BIJOU CAFE, PHILADELPHIA, MAY 26, 1977 ('77/'06)   \1980(会員\1880)

●JESSE WINCHESTER / LOVE FILLING STATION('09)   \1980(会員\1880)

 with Jerry Douglas, Russ Barenberg, Claire Lynch; All 12 tracks: O What a Thrill/ Bless Your Foolish Heart/ Wear Me Out/ Stand by Me/ It's a Shame About Him/ Sham-A-Ling-Dong-Ding/ I'm Gonna Miss You Girl/ I Turn To My Guitar/ Lonely for a While/ Eulalie/ Far Side Bank of Jordan/ Loose Talk/ ■ジェシ・ウィンチェスターの新譜。ジェリー・ダグラス、ラス・バレンバーグ、クレア・リンチ等のサポートも光るアコースティックな音作り。あの「Stand by Me」をカヴァーしているのだけれど、これが驚くほど彼の唄いぶりにフィットしていて思わず和んでしまった。良いです。


●JESSE WINCHESTER / TALK MEMPHIS('81/'06)   \1980(会員\1880)

●JIM CROCE / BAD BAD LEROY BROWN    845012 \1980(会員\1880)

●JIM CROCE / TIME IN A BOTTLE: JIM CROCE'S GREATEST LOVE SONGS    CLACD-117  \1980(会員\1880)

●JIM HENRY / INTO THE BLUE    SSRC-1229 \1980(会員\1880)

●JIM HENRY / JACKSONVILLE    SSRC-1230 \1980(会員\1880)

◆JIM HORN / THE BEATLES TRIBUTE('03)    CD-SRCD-5001 \3150
 with Duane Eddy, Delbert McClinton, Eddie Bayers, John Hobbs, Michael Rhodes, Louie Shelton, Brent Mason, and others; All 14 tracks: You've Got To Hide Your Love Away/ Let It Be/ We Can Work It Out/ Something/ I Feel Fine/ Yesterday/ And I Love Her/ In My Life/ Ob-La-Di-Ob-La-Da/ Mull of Kintyre/ From Me To You/ Don't Let Me Down/ Eleanor Rigby/ The Ballad Of John And Yoko/ ■ビートルズの後期アルバムは勿論、解散後もメンバー全員のソロ・アルバムに参加しているサクソフォン奏者、ジム・ホーンがビートルズに捧げたインスト・アルバム。エディ・ベイヤーズやマイケル・ローズ等、ナッシュヴィルの超ピカイチの売れっ子スタジオ・ミュージシャン達の手堅くも味わい深いサポート・プレイを得て、御大ジムも余裕の好演を披露。音楽以外の内容でも超話題となっているのは、CD盤とは別に付いているCD-ROMにジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン、リンゴ・スター、ジェフ・リンが「ジムの為なら」と使用を快諾したという彼等の未発表映像が含まれているから。本作は輸入盤に帯を付けて国内版仕様にしたものだが、そのCD-ROM映像には日本語字幕入りとなっている。

●JIM KWESKIN / ENJOY YOURSELF [IT'S LATER THAN YOU THINK]('09)   \2280(会員\2180) 品切れ中
 with Jim Kweskin Band; All 11 tracks: Some of These Days/ Blues My Naughty Sweetie Gives to Me/ Enjoy Yourself (It's Later Than You Think)/ John Henry/ Blue Skies/ C Jam Blues/ Brother Can You Spare a Dime?/ Junko Partner/ Choo Choo Ch'Boogie/ Exactly Like You/ Sweet Sue/ ■ジム・クウェスキンの新譜は、新録音4曲にジム・クウェスキンのソロ作『Now and Again』から4曲、サモア・ウィルスンのアルバム『Live The Life』から3曲を収録した編集盤。 次回再入荷分ご予約受付中!!

●JIM LOUDERDALE / CAROLINE MOONRISE ('12)   CD-459028 \2480(会員\2380)

JIM LOUDERDALE / PATCHWORK RIVER('10)    \2280(会員\2180)

●JIM LOUDERDALE / REASON AND RHYME('11)    CD-4070 \2480(会員\2380)

 produced by Randy Kohrs; with Mike Compton, Randy Kohrs, Jay Weaver; All 11 tracks: Cruel Wind and Rain/ Love's Voice/ Don't Tempt The Devil (With Your Love)/ Tiger & The Monkey/ Not Let You Go/ Fields of the Lord/ Jack Dempsey's Dream/ Don't Give a Hang/ Reason and Rhyme/ Doin' It On My Own/ Janis Jones/ ■ジム・ラウダーデイルがグレイトフル・デッド作品の作詞家ロバート・ハンターと組んで作り上げた作品の数々。


●JIM LOUDERDALE / THE HUMMINGBIRDS ('02)    CD-011212 \2480(会員\2380)

●JIM MORGAN / ORDINARY TIME('98)   D2-24945 \1980(会員\1880)

●JIMMY BUFFETT / FRUIT CAKES   MCAD-11043 \1980(会員\1880)

●JIMMY BUFFETT / HOT WATER('88)   MCAD-422093 \1980(会員\1880)

◆JIMMY CRAWFORD / CHICKEN PICKIN' GOO!('77/'02)   CD-141 \2100(会員も同価格)

●JIMMY LaFAVE / BLUE NIGHTFALL('05)     \1980(会員\1880)

 All 12 tracks: Revival/ Sweet, Sweet Love/ River Road/ Music From The Motor Court/ Blue Nightfall/ Shining On Through/ Rain Falling Down/ Bohemian Cowboy Blues/ It's Gone/ I Wish For You/ When You Were Mine/ Gotta Ramble/


●JIMMY LaFAVE / CIMARRON MANIFESTO('07)     \1980(会員\1880)

 All 12 tracks: Car Outside/ Catch The Wind/ This Land/ Truth/ Lucky Man/ Hideaway Girl/ That's The Way It Goes/ Not Dark Yet/ Walk A Mile In My Shoes/ Don't Ask Me/ Home Once Again/ These Blues/


●JIMMY LaFAVE / TRAIL    CD-0009 \1980(会員\1880)

●JIMMY LaFAVE / HIGHWAY TRANCE    BOH-CD-0022 \1980(会員\1880)

●JIMMY MESSINA / OASIS('79/'91)    CD-26560-2 \1980(会員\1880)

●JIMMY MURPHY / ELECTRICITY('78/'99)       CD-3890 \1600(会員\1500)

◆JIM WEIDER / BIG FOOT('98/'99)    YDCD-0003 \2625(会員\2525)

●JIMMIE DALE GILMORE / AFTER AWHILE('88)    CD-61148-2 \1980(会員\1880)

●JIMMIE DALE GILMORE / BRAVER NEWER WORLD    61836-2 \1980(会員\1880)

●JIMMIE DALE GILMORE & THE FLATLANDERS / UNPLUGGED    SRC-CD-7011-2 \1980(会員\1880)

●JIMMY MURPHY / ELECTRICITY('99)    CD-SH-3890 \1980(会員\1880)

●JIMMY WEBB / TEN EASY PIECES('96)    52826-2 \1980(会員\1880)

●JIM ROLL / READY TO HANG('98)    OMC-0010 \1980(会員\1880)

●JIM ROONEY & ROONEY'S IRREGULARS / FAREWELL TO THE TRACK   \2480(会員\2380)
 also feat. Pat Alger, Pat McLaughlin, Richard Bailey, Dave Pomeroy, Pat McInerney, Shawn Camp, Dan Dugmore, Kirk "Jellyroll" Johnson, Bill Kenner; with Sam Bush, Tim O'Brien, anci Griffith, Jack Clement;

●J.J.CALE / #8     811152-2  \1980(会員\1880)

●J.J.CALE / ANYWAY THE WIND BLOWS: THE ANTHOLOGY[2CD's]   532.901-2 \2800(会員\2700)

●J.J.CALE / GRASSHOPPER('82)    800038-2 \1980(会員\1880)

●J.J.CALE / REALLY('72)    810314-2 \1980(会員\1880)

●J.J.CALE / SPECIAL EDITION('84)    818633-2 \1980(会員\1880)

◆JO MAMA / JO MAMA('71)    AMCY-2768 \1785(会員\1685)

●JOAN BAEZ / DAY AFTER TOMORROW ('08)    CD-83002 \2280(会員\2180)

●JOAN BAEZ / RING THEM BELLS('95)    CAP-34989 \1980(会員\1880)

◆JO ANN KELLY / KEY TO THE HIGHWAY: RARE & UNISSUED RECORDINGS 1968-1974   CD-2778 \2625(会員も同じ価格)

◆JO ANN KELLY / WITH JOHN FAHEY, WOODY MANN, JOHN MILLER, ALAN SEIDLER [紙ジャケ]      CD-1022 \2730(会員も同じ価格)

●JODY STECHER & KATE BRISLIN / SONGS OF THE CARTER FAMILY('00)  \1980(会員\1880)

●JOE & JANETTE CARTER / LAST OF THEIR KIND('04)     CD-1186 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 12 tracks: A Few More Years/ Stern Old Bachelor/ Close of a Day/ Through the Eyes of an Eagle/ The Poor Orphan Child/ If Only I Were a Child Again/ Little Darling Pal of Mine/ Pole it Reba/ Kitty Waltz/ Morning Sunlight/ Right at Home/ Living with Memories/ ■サラとA.P.カーターの2人の子供であるジャネット&ジョー・カーターのニューレコーディングによる新譜。ジャネットとジョーはヴァージニア州ヒルトンズで1974年より毎土曜日夜に父親A.P.の残したドラッグストア内(現在はその隣に併設された木造り納屋)を「カーター・ファミリー・フォールド」と呼び、約800席のシートを埋めるファンと共にカーター・ファミリーの伝統を世に受け継ぐコンサートを続けている。81歳と77歳の2人が、そのコンサートそのままに歌いあげたカーター・ファミリー・ソング全12曲を収録。聴き逃してはならない。


●JOE ELY / JOE ELY('77)    CD-10219 \1980(会員\1880)

●JOE ELY / DIG ALL NIGHT('88)   イギリス盤 CD-130 \1980(会員\1880)

●JOE ELY / HONKY TONK MASQUERADE('00)    CD-10220 \1980(会員\1880)

●JOE ELY / LIVE AT ANTONE'S('00)    CD-3171 \1980(会員\1880)

●JOE ELY / LIVE SHOTS('80)    CD-10816 \1980(会員\1880)

●JOE ELY / STREETS OF SIN('03)    CD-3181 \1980(会員\1880)

●JOE ELY / TWISTIN' IN THE WIND('98)    CD-70031 \1980(会員\1880)

●JOEL ZOSS / LILA('07)      CD-184701 \2480(会員\2380)

JOE WALSH / THE SMOKER YOU DRINK, THE PLAYER YOU GET('73)    CD-31121 \1980(会員\1880)

●JOHN BATDORF & JAMES LEE STANLEY / ALL WOOD AND STONES 2('13) \1980(会員\1880)
 元バドーフ&ロドニーのジョン・バドーフとシンガー・ソングライターのジェイムズ・リー・スタンリーのデュオによるローリング・ストーンズのカバー・アルバム。アコースティック・サウンドのストーズ作品集をご賞味ください。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●JOHN BATDORF & JAMES LEE STANLEY / ALL WOOD AND STONES('07)     \1980(会員\1880)

 with Timothy Schmidt, Paul Barrere, Laurence Juber, Peter Tork, All 11 tracks: Paint It Black/ Ruby Tuesday/ Satisfaction/ Under My Thumb/ Let's Spend the Night Together/ Mother's Little Helper/ Backstreet Girl/ Last Time/ Have You Seen Your Mother, Baby/ 19th Nervous Breakdown/ As Tears Go By/ ■西海岸のシンガーソングライター、ジェイムズ・リー・スタンリーと元バドーフ&ロドニーのジョン・バドーフの初デュエット・アルバムとなる本作は、ローリング・ストーンズ作品のカヴァー集。先ずティモシー・シュミット(Eagles)、ポール・バレア(Little Feat)、ロウレンス・ジュバー(ex-Paul McCartmey & Wings)、ピーター・トーク(ex-Monkees)等が要所でゲスト参加している事が話題になるのは当然かも知れないけれど、注目して頂きたいのはジョン・バドーフの素晴らしいヴォーカルである。「2人のCSN&Y」と言われ、アトランティックとアリスタにアルバムを残したバドーフ&ロドニーでリード・ヴォーカルと主なソングライティングを担っていたジョン・バドーフの歌声に「久しぶりに会った友人のような」懐かしさと親近感を覚えてしまうのは私だけではないだろう。ハモッた時のジェイムズのヴォーカルとの相性も抜群だ。「ルビー・チューズディ」「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」「黒くぬれ」「サティスファクション」など、どれもお馴染みのストーンズ初期ナンバーをアコースティック・サウンドとコーラス・アレンジで聴く者を魅了する。お薦めアルバム。
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


ドアーズのジョン・デンスモアとジム・クリーガーも参加したアコースティックなドアーズ・カヴァー集。
●JAMES LEE STANLEY & CLIFF EBERHADT / ALL WOOD AND DOORS ('11)   CD-20103 \1980(会員\1880)

 with Timothy B Schmit (Eagles), Laurence Juber (Paul McCartney & Wings), Paul Barrere (Little Feat), Peter Tork (Monkees), John Batdorf (Batdorf & Rodney), Scott Breadman (Rippingtons, Lindsay Buckingham), Chad Watson (David Arkenstone, Janis Ian), Rick Ruskin; also feat. John Densmore and Robby Krieger; All 12 tracks: Break On Through / Love Me Two Times / Take It As It Comes / Strange Days / Light My Fire / Touch Me / Crystal Ship / Soul Kitchen / People Are Strange / Moonlight Drive / Riders On The Storm / The End/ ■西海岸のシンガーソングライター、ジェイムズ・リー・スタンリーとジョン・バドーフ(元バドーフ&ロドニー)が08年に発表したアルバム『ALL WOOD AND STONES』は、アコースティックなサウンドをバックにローリング・ストーンズの作品をカヴァーするというコンセプトのもと、参加したゲスト・ミュージシャンたちの豪華な顔ぶれと共に大いに話題となったが、本作はその続編としてリリースされたアルバムだ。ジェイムズ・リー・スタンリーが今度はクリフ・エヴァーハットとコンビを組んで発表したドアーズ作品集がコレ。クリフはShanachieレーベルから好アルバムを発表しているシンガー・ソングライターで、声質も2人はよく似ているようだ。今回もティモシー・シュミット(Eagles)、ポール・バレア(Little Feat)、ロウレンス・ジュバー(ex-Paul McCartmey & Wings)、ピーター・トーク(ex-Monkees)、ジョン・バドーフ等、アルバム『ALL WOOD AND STONES』に参加したミュージシャンがリード・ギターやバック・ヴォーカルを担当。それに加え、何と元ドアーズのジョン・デンスモアとロビー・クリーガーもスペシャル・ゲストとして参加しているのだ。事の発端は、偶然にジョン・デンスモアと同じレストランに居合わせたジェイムズ・リー・スタンリーが自己紹介をして挨拶をしたらデンスモアが開口一番「貴方が『ALL WOOD AND STONES』でやったストーンズの曲は大好きだよ」というものだったとか。それがきっかけで親しくなり、「同じようにドアーズのカヴァー集を作るんなら、その時は喜んでパーカッションを演奏するよ」などという話になったらしい。レコーディングを覗きに来たロビー・クリーガーにも手伝ってもらい、2人が参加することになったそうだ。『ALL WOOD AND STONES』と同様、アコースティック・ギターを中心にしたアレンジに心が和む。


●JOHN COUGAR MELLENCAMP / AMERICAN FOOL    814993-2 \1980(会員\1880)

●JOHN COUGAR MELLENCAMP / SCARECROW    824865-2 \1980(会員\1880)

●JOHN DENVER / ALL ABOARD('97)    COL-63412 \1980(会員\1880)

●JOHN DENVER / FOREVER, JOHN('98)    RCA-67668 \1980(会員\1880)

◆JOHN DENVER / SPIRIT('76/'97)    BVCP-7495 \1835(会員\1735)

◆JOHN DENVER / TAKE ME TO TOMORROW('70/'97)    BVCP-7487 \1835(会員\1735)

◆JOHN DENVER / WHOSE GARDEN WAS THIS('70/'97)    BVCP-7488 \1835(会員\1735)

●JOHN DOYLE / WAYWARD SON('05)    CD-4408 \1980(会員\1880)

JOHN FOGERTY / BLUE RIDGE RANGERS RIDES AGAIN: Deluxe Edition [CD+DVD]  \2800(会員\2700)

 arranged & produced by John Fogerty; with Don Henley, Timothy B. Schmit, Bruce Springsteen; [DISC 1-CD] Paradise (John Prine)/ Never Ending Song of Love (Bonnie Bramlett/Delaney Bramlett)/ Garden Party featuring Don Henley and Timothy B. Schmit (Rick Nelson)/ I Don't Care (Just As Long As You Love Me)(Buck Owens)/ Back Home Again (John Denver)/ I'll Be There [If You Ever Want Me] (Ray Price/Rusty Gabbard)/ Change in the Weather (John Fogerty)/ Moody River (Gary Bruce)/ Heaven's Just a Sin Away (Jerry Gillespie)/ Fallin' Fallin' Fallin' (D. Deckleman/J. Guillot/J.D.Miller)/ Haunted House (Robert L. Geddins)/ When Will I Be Loved featuring Bruce Springsteen (Phil Everly)/ [DISC 2-DVD] The Making of The Blue Ridge Rangers Rides Again/ Acoustic performances/ Trailer for upcoming DVD release "Live from the Royal Albert Hall"/ ■ジョン・フォガティーが73年に発表して話題となった『BLUE RIDGE RANGERS』の第2弾。ゲストにイーグルスのドン・ヘンリーやティモシー・シュミット、ブルース・スプリングスティーンも参加。


●JOHN GORKA / SO DARK YOU SEE('09)  CD-223 \1980(会員\1880)

 All 16 tracks: A Fond Kiss/ Whole Wide World/ Can't Get Over It/ Fret One/ Ignorance & Privilege/ Utah/ I Think of You/ Where No Monuments Stand/ Night Into Day/ Fret Not/ Live By The Sword/ Trouble in Mind/ The Dutchman/ Mr. Chambers/ That Was The Year/ Diminishing Winds/ ■ジョン・ゴーカ、3年ぶりのアルバム。


●JOHN GORKA / TEMPORARY ROAD   10315-2 \1980(会員\1880)

◆JOHN HALL / ACTION [紙ジャケ]      CD-1506 \1890(会員も同じ価格)
 あの名盤が紙ジャケットで限定リリース。2007年リマスタリング、新解説・歌詞・対訳付き。お早めにどうぞ!!

◆JOHN HALL / LOVE DOESN'T ASK('99)    YDCD-0016 \2625(会員\2525)

◆JOHN HALL / RECOVERED('99)    YDCD-0005 \2625(会員も同じ価格)
 邦題『スティル・ザ・ワン〜ジョン・ホール・クラシックス』、歌詞・対訳付き、解説はジョアンナ・ホール。

●JOHN HAMMOND / PUSH COMES TO SHOVE('07) produced by G.Love;    \2280(会員\2180)

◆JOHN HARTFORD / JOHN HARTFORD('69)       CD-35616 \1890(会員も同じ価格) 品切れ中

 All 14 tracks: 弦楽、金管と五弦バンジョーのためのダスティ・ミラー・ホーン・パイプとフーガ イ長調/ 涙に濡れたモノローグ/ ザ・コレクター/ 短くて感傷的な間奏曲/ 手持ち無沙汰なジャクソン氏/ オープン・ロード・オード/ Dの小品/ 哀れな性的関心のブルース/ ザ・ウォート/ レイルロード・ストリート/ 再び短い(しかしそれほど感傷的ではない)間奏曲/ 第二次世界大戦の孤児/ ちっぽけで古くて物悲しい小さな円の歌/ 世界がこんなに続くなんて/ ■ジョン・ハートフォードのRCA時代にリリースされたアルバムのうち、自らの名前をタイトルにした69年作のアルバムが、国内盤で発売。お早めにどうぞ。


●JOHN HARTFORD / NATURAL TO BE GONE: 1967-1970    CD-138 \2280(会員\2180)
 ジョン・ハートフォードのRCAレーベル時代、つまり67年〜70年の貴重な音源がCD化。全28曲収録。オーストラリア盤。

●JOHN HARTFORD, TONY RICE, & VASSAR CLEMENTS / HARTFORD, RICE & CLEMENTS    \2480(会員\2380)

 feat. John Hartford, Vassar Clements, Tony Rice, Roy Huskey Jr., Mark Howard; All 13 tracks: 1. Bound to Ride/ If I Should Wander Back Tonight/ I Know You Don't Love Me No More/ My Baby's Gone/ The Wings of a Song/ Sweet Sunny South/ We Can't Be Darlings/ Long Journey Home/ Love Grown Cold/ Love Please Come Home/ Heavenly Sunlight/ Poor Ellen Smith/ Where Is Your Heart Tonight/ ■1988年、ジョン・ハートフォード、トニー・ライス、ヴァッサー・クレメンツ、そしてロイ・ハスキーJr.とマーク・ハワードがハートフォードの自宅地下で行った貴重なセッション音源がリリース。勿論、全くの未発表の発掘音源である。この顔ぶれで繰り広げられたBGクラシック曲の数々、全13曲。


●JOHN HARTFORD STRING BAND / MEMORIES OF JOHN('10)    \2480(会員\2380)

●JOHN HERALD / JUST ANOTHER BLUEGRASS BOY       CD-JH-2005 \2480(会員\2380)

 with Bill Keith, Eric Weissberg, Jay Ungar, Cindy Cashdollar, Caroline Dutton, George Quinn, John Sebastian, Happy Traum, and others; All 13 tracks: Bluegrass Boy/ Single Life/ Moneyland/ Hats Off To The Cajun Moon/ Working It Out By Walking It Off/ Still Got It Bad/ The Bond/ Don'cha Cadillac Me/ Martha (The Last Passenger Pigeon On Earth)/ Queen Of Spoons / Flock Of Flamingos/ Special Magic/ Jon The Generator/ ■05年7月に亡くなった後にインディーズより発表されたアルバム。ジョンの未発表音源9曲に加えて、ソロ作やジョン・ヘラルド・バンドの旧作から選曲された4曲(初CD化)を収録した全13曲を収録。ジョンは90年代半ばにスタジオで幾度もレコーディングをしていたとのことで、発表音源9曲中6曲はウッドストックのベアズヴィルで録音されたもの。残る3曲は、2005年6月に録音されたものだ。歌詞の一節がアルバム・タイトルになっている「Bluegrass Boy」は、アルバムのトップを飾る曲。その軽やかで飄々としたヴォーカルを聴いていると、彼がもうこの世にいないとはとても思えない。生気に満ちた力強さと明るさで一杯なのだ。彼の思いを吐露したともいえる「Single Life」、他のアーティストにもカヴァーされている「Martha (The Last Passenger Pigeon On Earth)」や「Jon The Generator」など、味わい深い彼のオリジナル作品が並んでいて、一気に聴き終えた。ジョン・ヘラルドは、間違いなく我々の時代における最高のシンガーの1人であり、優れたソングライターだった。亡きジョンの素晴らしい作品を収録した本作、是非とも多くの方に聴いて頂きたいと思う。


◆JOHN HERALD / ROLL ON JOHN('00)    SLCD-1008 \2625(会員\2525)

●JOHN HIATT / TERMS OF MY SURRENDER ('14)          CD-6284 \2280(会員\2180)

●JOHN HIATT / THE OPEN ROAD('10)          CD-6182 \2280(会員\2180)

●JOHN JORGENSON QUINTET / ULTRASPONTANE          CD-7050 \2800(会員\2700)

●JOHN JORGENSON / Franco-American Swing('04)      CD-2190 \2800(会員\2700)

 All 15 tracks: F.A Swing/ Mirror in Blue/ Man of Mystery/ Snowflake Waltz/ In Memory of Danny Gatton/ J'Attendrai/ Valse de Samois/ Smoldering Ashes/ Swing Junction/ Waltz for Mary/ Cher Jaqueline/ Crimson / F.A. Swing Alt./ Blue Drag/ Minor Swing/ ■ジョン・ジョーゲンスンのソロ最新作。ジャンゴ・ラインハルトに代表されるジプシー・ジャズ・ギター音楽にインスパイアされたオリジナル作品の数々が素晴らしい。この種の音楽に対する愛情と敬意が感じられる彼のプレイ。ギターは勿論、クラリネットやテナー・サクソフォンでも極上の演奏を披露するジョン、本当にマルチ・プレイヤーにもホドがあるゾ。エレクトリック・ギター中心の99年作『EMOTIONAL SAVANT』も在庫中。


●JOHN JORGENSON / EMOTIONAL SAVANT    JJCD-7005 \2480(会員\2380)

●JOHN KIRKPATRICK / EARTHLING    MWCD-4006 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / FAMILY GARDEN    CD-8026 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / GONNA RISE AGAIN    CD-0222 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / LIVE AT WOLF TRAP    CD-0283 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / MAIL MYSELF TO YOU('88)    CD-8016 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / NOTHING TO LOSE    CD-0358 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / SPROUT WINGS AND FLY('97)    CD-0406 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / STEP BY STEP    CD-0216 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / STORIED GROUND('99)    CD-0467 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / SUMMERSONGS('95)    CD-8036 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / THE GREATEST STORY NEVER TOLD('02)     \1980(会員\1880)

 produced by John McCutcheon & Bob Dawson; with Tim O'Brien(harmony vo./fiddle/mandolin), Pete Kennedy(electric guitar), JT Brown(bass), Tom Chapin(vo.), Michael Mark(vo.) & others; All 13 songs: Dancing in the Street/ Not In My Name/ Ghost of the Good Old Days/ etc. ■ジョン・マッカチェオンの新譜。その昔はバンジョー、ギターそしてハマーダルシマーをプレイし、オールドタイム&トラディショナルなナンバーを歌っていた彼だが、長年所属していたラウンダーを離れ、新たに発表した本作は、フォーク・シンガーとしての面影も残しつつ、本作のような素晴らしいシンガー・ソングライター・アルバムを発表してくれた事は本当に嬉しい驚きだ。全13曲すべてが彼のオリジナル作品(共作含む)。ティム・オブライエンやピート・ケネディ(聞かせどころを知っているギター・ソロやバッキング。ダン・フォーゲルバーグのそれをイメージするフレーズやサウンドも)の好サポートも見逃せない。特に3曲目の「Dancing in the Street」と「Not In My Name」はファン必聴。もうコレばっかり聴いている。


●JOHN McCUTCHEON / WATER FROM ANOTHER TIME    CD-11555 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / WHAT IT'S LIKE    CD-0271 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON / WINTER SOLSTICE    CD-0192 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON & SI KAHN / SIGNES OF THE TIMES    CD-4017 \1980(会員\1880)

●JOHN McCUTCHEON & TOM CHAPIN / DOING OUR JOB: LIVE IN CONCERT('97)    CD-0411 \1980(会員\1880)

●JOHN McSHERRY / SOMA('10)    \1980(会員\1880)

●JOHN McVEY / CIRCLE OF FRIENDS('97)    BWE-120 \1980(会員\1880)

●JOHN MICHAEL TALBOT / COLLECTION: A LIBRARY 0F 35 FAVORITE SONGS [2枚組CD]    2CD-SPD-1512 \3000(会員\2900)

ジョン・ミラーのソロ作としては4年ぶりのニュー・アルバム入荷!!
●JOHN MILLER / THIS OLD HAMMER ('08)  CD-1010 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: This Old Hammer/ New Cairo Blues/ My Easy Rider/ Smooth Blues for E. H./ Rolling Log Blues/ Wild About My Lovin'/ Walking Boss8 Keep It Clean/ Cool, Baby, Cool/ I'm Getting Wild About Her/ Milky White Way/ When We All Get Home〜Ginny's Frolic/ ■ジョン・ミラーのジニー・スノウとのデュエット・アルバム『YOU FASCINATE ME SO』に続くニュー・アルバム。ソロ作としては04年に発表した『HEY THERE』以来だから、4年ぶりの新作。しかも、ジョン自身がライナーに記しているように70年代半ば以来のカントリー・ブルース・アルバムとなっており、彼のソロ・ギターとヴォーカルが堪能できる。「Wild About My Lovin'」はジェフ・マルダーが『BEAUTIFUL ISLE OF SOMEWHERE』で、ジョン・セバスチャンが『TARZANA KID』などでレコーディングしているナンバーやジャジーな雰囲気も漂う「Milky White Way」など、彼のアコースティック・ソロ・ギターをフィーチャーした全12曲(うち2曲がインスト作品2曲)収録。カントリー・ブルースといってもジョンならではの軽やかなウキウキ感が伝わってくるター・プレイとヴォーカル。これは絶対のお薦めアルバムだ。尚、使用ギターは、マーティンのOM-28CHとOM-18V、それに2曲入っているインスト作品のうち「Smooth Blues for E. H.」では1〜3弦が複弦のフロウリニ(Fraulini)の9弦ギターで演奏され、「Walking Boss」ではフレットレス・バンジョー・ギターも使っている。


アコースティック・スウィング・ブームの立役者、ジョン・ミラーの25年ぶりのソロ・アルバム!!
●JOHN MILLER / HEY THERE ('04)      CD-ORB-1005 \2600(会員\2500)

 All 12 tracks: Hey There/ Wonder Why/ Old Folks/ Namely You/ Baltimore Oriole/ Bye Bye Blackbird/ The Very Thought Of You/ When I See You/ I Could Write A Book/ The Nearness Of You/ I Thought About You/ Moon River/■ジョン・ミラーのソロ作としては25年ぶりの新譜、通算6作目のアルバムが遂に発売された。彼が長年慣れ親しんだジャズのスタンダード曲を中心にオリジナル新曲も1曲含めた全12曲。更に渋みを増した彼のヴォーカルと超絶テクでスウィングしまくるフィンガースタイル・ギター演奏の心地良さ。2曲のインストゥルメンタルは、いずれも彼が特に好きな作曲家としてあげているホーギー・カーマイケル作品だ。そして永遠の名曲「Moon River」でアルバムは幕を閉じる。聞き終えた時の至福感が余韻として残る優れたアルバムである。愛用のマーティン・ギターのリッチなトーンによるフィンガースタイル・ギター・プレイは、本当に素晴らしいの一語。アコースティック・スウィング・ファンだけでなく全ての音楽ファンに全面的にお薦めする。


JOHN MILLER / BIDING MY TIME('79/'06)    CD-3034 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 13 songs: I Got Rhythm/ Lady Be Good/ Liza/ Our Love Is Here To Stay/ Fascinating Rhythm/ Biding My Time/etc. ■フィンガースタイル・ギターの名手ジョン・ミラーが79年に発表した名盤が輸入盤でもCD化され、入荷。ガーシュウィンの名曲を見事なアレンジで聴かせる全13曲。フィンガースタイル・ギター・ソロのインストとしてアレンジされた「 Lady Be Good」 をはじめとする5曲が素晴しいのはモチロンだが、他の曲で聴かせる彼の弾き語りにおけるヴォーカルも和みものだし、そのバッキングでの心地よくスウィングするギター・プレイは、まさに凄いの一語だ。 


JOHN MILLER / FIRST DEGREE BLUES      CD-1021 \2730 品切れ中

◆JOHN MILLER / HOW ABOUT ME [紙ジャケ]('74/'04)   CD-1023 \2730 品切れ中

●JOHN MILLER / SAFE SWEET HOME('77/'05)     CD-3016 \2480(会員\2380) 品切れ中
 77年にリリースされたジョン・ミラーのソロ作が遂にアメリカでもCD化。※「Rounder Archive Series」の1枚としてCD-R盤で限定発売されたもので、ライナーや写真はPDFデータで収められているのでPCでご覧下さい。

●JOHN MILLER & GINNY SNOWE / YOU FASCINATE ME SO('08)    \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: You Fascinate Me So/ Devil May Care/ It Might As Well Be Spring/ E Luxo So/ Agua De Beber/ Quilombo, O El Dorado Negro/ Ill Wind/ Skylark/ From This Moment On/ The Look of Love/ Alfie/ I'll Remember April/ ■04年に発表したソロ作『HEY THERE』が今もロングセラーを続けているジョン・ミラー。06年にORVILLE JOHNSON, JOHN MILLER & GRANT DERMODY名義で発売した渋い『DECEIVING BLUES』のアルバム以来の新譜となる本作は女性ヴォーカリスト、ジニー・スノウとのデュエット・アルバム。本作はジャズ・スタンダードをジョンのギター1本のバッキングで軽やかなジニーのヴォーカルをフィーチャーした好アルバムとなっている。


●JOHN MILLER & JOHN REISCHMAN / BUMPY ROAD('02)     CD-009 \2600(会員\2500)
 All 10 tracks: The Bumpy Road(4:04)/ Kenny's Gone(5:05)/ Pacoca(3:44)/ Danza(3:32)/ The Path Downhill(4:01)/ Wind Song(4:00)/ Snake Eyes(4:21)/ Three Lions(4:30)/ Pedro Padilla Medley(5:53)/ Don't Wake Me UP(2:39); ■前作『THE SINGING MOON』が大評判だったジョン・ライシュマン(mandolin)とジョン・ミラー(guitar)のWジョン・コンビが発表した2作目のデュエット・アルバム。女性ヴォーカリスト、コラリー・トナックをゲストに招いた「The Path Downhill」の1曲のみヴォーカルが入るが、それ以外は全てマンドリンとギターによるデュエット・インスト集。とにかく、2人が奏でる音の1粒1粒が、この上なく美しいのだ。特にライシュマンのギブスン・ロイドロアー・モデルのトーンの素晴らしさは、その良さを理解するプレイヤーを得て、楽器が最高のサウンドを自ら鳴らしている、といった感じ。有名ジャズ・トランペット奏者、ケニー・ドーハムに捧げられた「Kenny's Gone」をはじめ、収録された2人各々のオリジナル作品も文句なし。

●JOHN MILLER & JOHN REISCHMAN / THE SINGING MOON('99)     CD-004 \2600(会員\2500)

●JOHN MILLER & RUTHIE DORNFELD / NOCHES DE FIESTA('98)     CD-1001 \2800(会員\2700)

●JOHN MILLER & REBECCA KILGORE / IT'S EASY TO REMEMBER('97)     CD-1002 \2800(会員\2700)

●JOHN MILLER-RUTHIE DORNFELD-PATRI HAKALA-TAPANI VARIS / FRESHET('04)  \2800(会員\2700)

●JOHN MILLER, ORVILLE JOHNSON & GRANT DERMODY / DECEIVING BLUES('06)  \2600(会員\2500)

 feat. John Miller(guitar/lead vocal on 4 tracks), Orville Johnson(mandolin/dobro/washboard/lead vocal on 4 tracks, 3 tracks on harmony vocal), Grant Dermody(harmonica/lead vocal on 4 tracks/harmony vocal on 1 track); All 12 tracks: Mother Earth/ Springtime Blues/ Stewball/ Some Of These Days/ Witching Hour Blues/ Deceiving Blues/ Soul Of A Man/ Bull Doze Blues/ Polly Put The Kettle On/ Trouble In Mind/ Depot Blues/ I Will Do My Last Singing/ ■ジョン・ミラーの新譜は、朋友オーヴィル・ジョンスンとグラント・ダーマディ等とのトリオによる実に味わい深いアコースティック・ブルース・アルバム。オーヴィル(ドブロ/マンドリン)とグラント(ハーモニカ)にジョンのフィンガースタイル・ギターが絡む全12曲。彼等3人が4曲ずつリード・ヴォーカルを担当するのだけれど、ジョンの「Stewball」でのリード・ヴォーカルはジェフ・マルダーも彷彿とさせるもので、嬉しい驚き。ホワイト・ブルースの伝統を受け継ぐ好アルバム、是非お聴き頂きたい。


●FRESHET / FRESHET('04)      CD-1006  \2800(会員\2700)

 feat. Ruthie Dornfeld(fiddle), John Miller(guitar), Petri Hakala(mandolin),Tapani Varis(bass/overtone flute); All 14 tracks: Hominaje a mi Pueblo (Venezuelan waltz)/ Cranberry Hill (Tapani Varis)/ Orpolasten Polska (traditional Finnish)/ East End (John Miller)/ A Slip of Blue (John Miller)/ Hannuland (Ruthie Dornfeld)/ Halki Kirkkomaan (Petri Hakala)/ Purple Sea (Timo Alakotila)/ Oikotie (Tapani Varis)/ Plowboy (Petri Hakala)/ Luz (John Miller)/ A Labyrinth (Petri Hakala)/ Raita (Tapani Varis)/ Fancy Squirrel〜The Plover (Ruthie Dornfeld)/ ■ジョン・ミラーとフィンランドのミュージシャンによるアルバム。スカンジナビアの音楽をベースにボサノヴァやサンバやショーロなどラテン音楽の影響も窺えるオリジナル作品が楽しい。ジョン・ミラーの作品「East End」「A Slip of Blue」「Luz」を含む全14曲収録。


●JOHNNY HILAND / ALL FIRED UP ('11)           CD-1209 \2280(会員\2180)
 with Stuart Hamm(bass) and Jeremy Colson(drummer); All 12 tracks: Barnyard Breakdown/ All Fired Up/ Bakersfield Bound/ Forever Love/ Minor Adjustment/ Six String Swing/ Gone But Not Forgotten/ The Gloves Are Off/ Double Stoppin'/ Bluesberry Jam/ BONUS VOCAL TRACKS: Breaker, Breaker, 1-9/ Party Time/

●JOHNNY RIVERS / GREATEST HITS    SCRI-1007 \1980(会員\1880)

●JOHNNY RIVERS / LAST BOOGIE IN PARIS('73)     VCD-5580 \1980(会員\1880)

●JOHNNY RIVERS / REALIZATION    SCRI-4010 \1980(会員\1880)

●JOHNNY RIVERS / THE MEMPHIS SUN RECORDINGS    SCRI-2008 \1980(会員\1880)

JOHN PRINE / IN PERSON & ON STAGE('10)    \2280(会員\2180)

◆JOHN PRINE / JOHN PRINE ('71)     \1200

●JOHN PRINE / A JOHN PRINE CHRISTMAS    OBR-011CD \1980(会員\1880)

●JOHN PRINE / AIMLESS LOVE    OBR-002CD \1980(会員\1880)

●JOHN PRINE / GERMAN AFTERNOONS    OBR-003CD \1980(会員\1880)

●JOHN PRINE / IN SPITE OF OURSELVES('99)    OBR-019 \1980(会員\1880)

●JOHN PRINE / PINK CADILLAC    OBR-007CD \1980(会員\1880)

●JOHN PRINE / SWEET REVENGE    SD-7274 \1980(会員\1880)

●JOHN PRINE / THE MISSING YEARS    OBR-009CD \1980(会員\1880)

●JOHN RENBOURN / ANOTHER MONDAY('66)   \2800(会員特価\2500) 品切れ中

●JOHN RENBOURN / BBC LIVE IN CONCERT('78/'98)     \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOHN RENBOURN / FARO ANNIE('71)   \2800(会員特価\2500)

●JOHN RENBOURN / JOHN RENBOURN('69/'01)   \2480(会員\2380)

●JOHN RENBOURN / JOHN RENBOURN'S SHIP OF FOOLS   \2800(会員特価\2500)

●JOHN RENBOURN / LIVE IN ITALY('98/'06)   \2800(会員特価\2500)

●JOHN RENBOURN / SIR JOHN ALOT....    \2800(会員特価\2500)

●JOHN RENBOURN / THE BLACK BALLOON  \2800(会員特価\2500)

●JOHN RENBOURN / THE HERMIT  \2800(会員特価\2500)

●JOHN RENBOURN / THE NINE MAIDENS  \2800(会員\2700)

●JOHN RENBOURN / TRAVELER'S PRAYER('98) \2800(会員\2700)

●JOHN RENBOURN GROUP / A MAID IN BEDLAM('77/'04)  \2480(会員\2380)

●JOHN RENBOURN & ROBIN WILLIAMSON / WHEEL OF FORTUNE   \2800(会員\2700) 品切れ中

◆JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN / JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN   \2500(会員\2400)

 All 11 tracks: Snap A Little Owl/ Bermuda Triangle Exit/ Theme from Charles Mingus' The Shoes Of The Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers/ Luckett Sunday/ Why A Duck/ The Drifter/ Looper's Corner/ Luke's Little Summer/ Spirit Levels/ The Way She Walks/ Woman From Donori/ ■ジョン・レンボーンとステファン・グロスマンが1978にレコーディングした初のデュエット・アルバム。「Spirit Levels」以外の全10曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


●JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN / THE THREE KINGDOMS('91)    \2800(会員\2700)
品切れ中

●JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN / UNDER THE VOLCANO('79/'98)   \2800(会員\2700) 品切れ中

●DORRIS HENDERSON & JOHN RENBOURN / THERE YOU GO('65/'99)   \2800(会員\2700) 品切れ中

●DORRIS HENDERSON with JOHN RENBOURN / WATCH THE STARS('67/'05)   \2800(会員\2700)

●JOHN RENBOURN GROUP / A MAID IN BEDLAM    \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOHN RENBOURN GROUP / LIVE IN AMERICA   \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOHN RENBOURN GROUP / THE ENCHANTED GARDEN   CD-SH-79074 \2480(会員\2380)

●JOHN SEBASTIAN / JOHN B. SEBASTIAN  ドイツ盤  CD-9.00895 \1980(会員\1880)

◆JOHN SEBASTIAN / JOHN B. SEBASTIAN     \2575(会員\2475)

●JOHN SEBASTIAN / LIFE AND TIMES 1964-1999  オーストラリア盤  CD-249 \2280(会員\2180)

 All 29 tracks: Evolution Mama/ Good Time Music/ Do You Believe in Magic/ Did You Ever Have to Make Up Your Mind?/ Younger Girl/ You Didn't Have to Be So Nice/ Daydream/ Didn't Want to Have to di It/ Jug Band Music/ Summer in the City/ Rain on the Roof/ 4 Eyes/ Darlin' Companion/ Nashville Cats/ Coconut Grove/ Darling Be Home Soon [From You're a Big Boy Now]/ You're a Big Boy Now [From You're a Big Boy Now]/ Six O'Clock/ Money/ She Is Still a Mystery/ Younger Generation/ Pow [From What's Up, Tiger Lily?]/ She's a Lady/ Rainbows All Over Your Blues/ Apple Hill/ Stories We Could Tell/ Welcome Back/ Stealin'/ My Passing Fantasy/ ■ジョン・セバスチャンのコンピレーション・アルバム。64年、イーヴン・ダズン・ジャグ・バンド時代の「Evolution Mama」から99年のジョン・セバスチャン&ザ・J-バンドの「Stealin'」「My Passing Fantasy」まで、ラヴィン・スプーンフル時代の21曲を中心にレーベルも超えた好編集が嬉しい。全29トラック、76分のヴォリューム。


●JOHN SEBASTIAN & DAVID GRISMAN / SATISFIED('07)   CD-67
 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: I'm Satisfied/ Strings of Your Heart/ EMD/ Deep Purple/ John Henry/ Walk Right Back/ Passing Fantasy/ Coffee Blues/ Dawg's Waltz/ Lonely One in This Town/ It's Not Time Now/ Harmandola Blues/ Coconut Grove/ Jug Band Waltz/ ■デヴィッド・グリスマンの新譜はジョン・セバスチャンとの共演アルバム。ジョン・セバスチャンとグリスマン60年代からの親交がある長年の友人同士。彼等2人にマリア・マルダー、ステファン・グロスマン等も加わった伝説のジャグ・バンド、イーヴン・ダズン・ジャグ・バンドと、彼等が64年に発表した唯一のアルバム『EVEN DOZEN JUG BAND』に若き2人のレコーディングが残されている。そんな彼等がマンドリンとギター(セバスチャンはハーモニカも)で奏でるデュオ集で、DGQのファースト・アルバムに収録されていた「EMD」や「Dawg's Waltz」なんかも演奏してしまうのだ。その肩ひじはらないリラックスした演奏の中に彼等のキャリアと余裕が窺い知れて「やっぱり凄いなぁ」と思ってしまう。大推薦盤。


◆JOHN SIMON & FRIENDS / HOAGYLAND('00)    YDCD-0035 \2625(会員\2525)

●JOHN STARLING / LONG TIME GONE    CD-SH-3714 \2280(会員\2180)
 
セルダム・シーンのヴォーカリストと言うよりも、亡きローウェル・ジョージ等のプロデュースでリリースされた本作のアクースティックな音作り。シンガー・ソングライター・ファンの間ではLP時代から既に有名なジョン・スターリング。2作目『WAITIN' ON A SOUTHERN TRAIN』や90年に発表したカール・ジャクスンとのデュエット作『SPRING TRAINING』もお忘れなく。

●JOHN STARLING / WAITIN' ON A SOUTHERN TRAIN('95)    CD-SH-3724 \1980(会員\1880)

●JOHN STEWART / AIRDREAM BELIEVER: A RETROSPECTIVE    CDSH-8015 \1980(会員\1880)

●JOHN STEWART / BANDERA('98)    FE-1436CD \1980(会員\1880)

●JOHN STEWART / BULLETS IN THE HOUR GLASS('92)    CDSH-8005 \1980(会員\1880)

●JOHN STEWART / CANNONS IN THE RAIN-WINGLESS ANGELS    BCD-15519 \1980(会員\1880)

●JOHN STEWART / HAVANA('03)    CD-1070 \1980(会員\1880)

 produced by John Stewart; with Buffy Stewart Ford, John Hoke; All 15 tracks: Davey on the Internet/ Who Stole the Soul of Johnny Dreams/ One-Eyed Joe/ Starman/ Dogs in the Bed/ Rock 'n' Roll Nation/ Cowboy in the Distance/ I Want to be Elvis/ Star in the Black Sky Shining/ Turn of the Century/ Miracle Girl/ Lucky Old Sun/ Waltz of the Crazy Moon/ Rally Down the Night/ Waiting for Castro to Die/ ジョン・ステュワート久々(5年ぶり!!)のスタジオ・レコーディングとなるニュー・アルバム。ジョン自身のプロデュースで、殆どの楽器((guitars, banjo, bass, harmonica, keyboards, percussion)も彼がプレイ。奥方のバフィー・フォードのバックヴォーカルと、長年のサポート・ミュージシャン、ジョン・ホウクのドラムス&パーカッションというシンプルな音作り。ジョンのオリジナル作品14曲を含む全15曲収録。唯一のカヴァー作品「Lucky Old Sun」は、ウィリー・ネルスン、フランク・シナトラ、ジェリー・リー・ルイスをはじめ多くのアーティストもレコーディングしているフランキー・レインが1949年に放ったヒット曲だ。


●JOHN STEWART / LIVE AT THE TURF INN, SCOTLAND    CD-1428 \2280(会員\2180)

●JOHN STEWART / PUNCH THE BIG GUY    CDSH-8009 \1980(会員\1880)

●JOHN STEWART / ROUGH SKETCHES('97)    FE-1437CD \1980(会員\1880)

●JOHN STEWART / THE COMPLETE PHOENIX CONCERTS    BCD-15518 \1980(会員\1880)

●JOHN STEWART / THE DAY THE RIVER SANG('06)     CD-1093 \1980(会員\1880)

●JOHN TOWNSEND / THE ROAD LEADS HOME('03)  CD-60398 \2480(会員\2380)

●JOHN YORK [ex-BYRDS] & YUKIKO MATSUYAMA / KOTO('03)   \2800(会員\2700)

◆JO MAMA / JO IS FOR JAMP ('71)  ≪国内盤/日本語解説付≫ \1200

◆JO MAMA / JO MAMA ('70)  ≪国内盤/日本語解説付≫ \1200

●JONATHAN EDWARDS / MY LOVE WILL KEEP ('11)           CD-1126 \1980(会員\1880)
 with Claire Lynch, Duke Levine, Moondi Klein, Grace Edwards; All 12 tracks: Surrounded/ Johnny Blue Horizon/ My Love Will Keep/ Crazy Texas Woman/ She Loves You/ How Long/ This Island Earth/ Lightkeeper/ Tomorrow's Gonna Come/ Everybody Works in China/ Freewheeler/ Sailor's Prayer/ ■ジョナサン・エドワーズが14年ぶりで発表したニュー・アルバム。71年にリリースしたデビュー・アルバム『JONATHAN EDWARDS』から生まれた全米4位の大ヒット曲「Sunshine」をヴィンス・ギルはライナーで「幼い頃にラジオで聴き、今でも憶えていて歌える曲」と紹介。クレア・リンチ(vo.)、デューク・ルヴァイン(guitar)、ムーンディ・クライン(vo.),愛娘のグレイス(vo.)も参加した全12曲。少しも変わらぬ軽やかなヴォーカルが嬉しい。

●JON HICKS / CHASING THE BEAR('96)    CD-TT-810 \2280(会員\2180)
 All 12 tracks: Big John MacNeil〜Malibu Abu/ Wilds of the World/ Mouth of the Tobique/ Em Jigs/ Harry Bradley's〜Seamus/ Sally Free and Easy/ Dale Russ'〜The Coachman's Whip/ Battering Ram/Dennis of Galway〜Old Tipperary/ Maids of Castlebarr〜James Kelly's/ Never Ever Tried/ Hornpipes/ Chasing the Bear/

●JON POUSETTE-DART / I'M THE MAN FOR YOU('98)    CD-2046 \2280(会員\2180)

●JON RANDALL / WALKING AMONG THE LIVING('05)      CD-92083 \1980(会員\1880)
 
produced by George Massenberg & Jon Randall; ■エミルー・ハリス・バンドやサム・ブッシュ・バンドで活躍したあのジョン・ランドールのソロ・アルバム05年作。

●JON RANDALL / WILLIN'('99)         CD-25020 \2400(\2300)

 produced by Brent Truitt & Jon Randall; with Emmylou Harris, Al Perkins, Sam Bush, John Cowan, Jerry Douglas, Lorrie Morgan, Scott Vestal, Roy Huskey Jr., Larry Atamanuik, Tim O'Brien, Randy Stewart, Harry Stinson, Kim Richey, Kenny Voughan(Patty Loveless Band), DavePomeroy(Suzy Bogguss Band); All 11 tracks: Baby Make the Sun Go Down/ Can't Find the Words/ Willin'/ Can't Hurt Anymore/ Mountain of Regret/ Afraid of the Dark/ Sweet Lorretta/ Blew Me Away/ Walk the Line/ Breaking the Rules/ Lonely Street/ ■20歳の頃からエミルー・ハリスのナッシュ・ランブラーズで活躍したダラス出身のジョン・ランドールが99年に発表したソロ4作目。エミルー・ハリス、サム・ブッシュ、ジェリー・ダグラス、アル・パーキンス、故ロイ・ハスキーJr.をはじめ、キャリア充分の豪華なミュージシャン達がバックアップ。アルバム・タイトルの「Willin'」は、勿論ロウェル・ジョージ作の永遠の名曲「Willin'」をカヴァーし、本作のアルバム・タイトルに選んでいるが、それ以外の10曲は全て彼のオリジナル作品(共作1曲含む)だ。ジョン(guitar)とジェリー・ダグラス(dobro)のみのバックアップ、エミルー・ハリスのハーモニー・ヴォーカルで歌われる4曲目「Can't Hurt Anymore」は、ファン必聴である。ここんとこアメリカで品切れが続いており、久々の再入荷なので再度お知らせする次第。


●JON RANDALL / WHAT YOU DON'T KNOW('95)         CD-66407 \2400(\2300)
品切れ中

●JORMA KAUKONEN / BLUE COUNTRY HEART('02)     \2280(会員\2180) 品切れ中

●JORMA KAUKONEN / MAGIC TWO('95)     CD-2068 \1980(会員\1880) 品切れ中

●JORMA KAUKONEN / QUAH     CD-702582 \1980(会員\1880) 

●JORMA KAUKONEN / RIVER OF TIME('09)   CD-217 \1980(会員\1880)

 produced by Larry Campbell; with Levon Helm, Larry Campbell, Barry Mitterhoff, All 13 tracks: Been So Long/ There's A Bright Side Somewhere/ Cracks In The Finish/ Another Man Done A Full Go Round/ Trouble In Mind/ Izze's Lullaby/ More Than My Old Guitar/ Nashville Blues/ A Walk With Friends/ Operator/ Preachin' On The Old Camp Ground/ River Of Time - Jorma Kaukonen/ Simpler Than I Thought/ ■ラリー・キャンベルのプロデュースによりウッドストックのリヴォン・ヘルムのスタジオで録音されたヨーマ・カウコーネンの最新アルバム。ラリーと元トニー・トリシュカ&スカイラインのバリー・ミッターホフにリヴォン・ヘルム(3曲)等も加わったシンプルな音作り。オリジナル作品6曲のほか、ゲイリー・デイヴィス、ミシシッピー・ジョン・ハート、ロイ・ブック・バインダー、マール・ハガード、デルモア・ブラザーズの作品もカバーした全13曲。


●JORMA KAUKONEN / STARS IN MY CROWN('07)   CD-202 \1980(会員\1880)

●JORMA KAUKONEN / TOO MANY YEARS('98)     \2280(会員\2180) 品切れ中

●JORMA KAUKONEN & TOM CONSTANTEN / EMBRTONIC JOURNEY('95)     \2280(会員\2180) 品切れ中

●JOSEPH SPENCE / BAHAMIAN GUITARIST      \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOSEPH SPENCE / LIVING ON THE HALLELUJAH SIDE     CD-2021 \2480(会員\2380)

●JOSEPH SPENCE / GLORY      CD-2096 \2480(会員\2380)

●JOSEPH SPENCE / THE COMPLETE FOLKWAYS RECORDINGS 1958('59/'92)     \2480(会員\2380)

●JOSEPH SPENCE & THE PINDER FAMILY / THE SPRING OF SIXTY-FIVE    CD-2114 \2400(会員\23s00)

●JUDITH EDELMAN / DRAMA QUEEN('00)   CD-4293 \1980(会員\1880)

●JUDY HENSKE / LOOSE IN THE WORLD   CD-8323 \2280(会員\2180)

●JUDY HENSKE / SHE SANG CALIFORNIA('04)   CD-8393 \2400(会員\2200)

●JULIAN DAWSON with GENE PARSONS / HILLBILLY ZEN('02)    SBR-201 \2280(会員\2180)
 produced by Gene Parsons & Julian Dawson; Gene Parsons(stringbender acoustic & electric guitars/banjo/pedal steel/mandolin/drums/percussion/spoons/bass/ harmonica/hi-strung guitar/harmony vocals); with Meridian Green(harmony vocals); ■英国のシンガー・ソングライター、ジュリアン・ドウスンと、後期ザ・バーズを支えた男、ジーン・パースンズとの友情によって完成した02年作。一応はジュリアンのソロ名義での発売だが、表ジャケットには「WITH GENE PARSONS」と記された上に、ジュリアンとジーン2人が並んだ写真が使われていて「初めはデュエット作として制作されたのでは?」とも思えるほど。実際、共同プロデューサー&ミュージシャンとして全面参加したジーンの存在を抜きには考えられない内容となっている。ジーン・パースンズのマルチ・プレイヤー&アレンジャーとしてのセンスと実力は既に有名だが、本作でも八面六臂の大活躍。ストリングベンダー・ギター、バンジョー、マンドリン、ペダルスティール、ドラムス、ハーモニカ等々、多重録音によってその腕前を遺憾なく発揮している。ジーンの奥方メリッディアンがハーモニー・ヴォーカルで参加している他、デヴィッド・ヘイズ(ヴァン・モリスンが70年代に発表した殆どのアルバムでプレイしているベース奏者)の参加も話題となっている。ジュリアンのオリジナル作品(共作も含む)全15曲は、アコースティックなサウンドを基調に、カントリー・フレイヴァー溢れるものをはじめ、フォーク・ブルース・R&B・ケイジャン・スウィングなど様々な音楽的影響を窺わせる佳曲揃い。あのジーン・ピスティリ(マンハッタン・トランスファーのオリジナル・メンバー。というより更に以前の60年代末よりキャッシュマン・ピスティリ&ウェストとして活躍した事でシンガー・ソングライター・ファンには有名)とジュリアン・ドウスンが共作した新曲が3曲も本作に収められている事も要チェックだ。ポップでアコースティックな音作りは、ジーン関連の既発アルバムも彷佛とさせて実に心地よい。歌詞付き。

◆JULIE MILLER / BLUE PONY('97)   CD-5340 \2625(会員\2525)

●JUNE CARTER CASH / WILDWOOD FLOWER('03)     CD-1142 \2280(会員\2180)

●JUNE TABOR / ANGEL TIGER('92)     CD-3074 \1980(会員\1880)

●JUNE TABOR / AIRS AND GRACES('91)     CD-79055 \1980(会員\1880)

●JUSTIN ROTH / IN BETWEEN('00)                CD-BR-7400 \2480(会員\2380)
 with Billy McLaughlin, Dan Schwartz; All 10 tracks: Seven Sisters/ Fatima's Waltz/ Nothing To Lose/ She Is The One/ Riverside/ Uesterday's Gone/ etc. ■ミネソタ州在住のシンガーソングライター&ギタリスト、ジャスティン・ロスが2000年に自主制作で発表したソロ・アルバム。同じくシンガーソングライター&ギタリストのダン・シュウォーツとは「近隣に住む友人同士」とか。だから、という事もないだろうけれど、本作は好評頂いたダン・シュウォーツのソロ第1弾『ART OF MAKING FAIRE』と酷似した音楽性を持っている。「Fatima's Waltz」と「Seven Sisters」のフィンガースタイル・ギターによるインスト2曲も収録されていて、思わずブルース・コバーンの初期アルバムの構成を連想してしまうのは、私だけではないだろう。良いアルバムだ。

●JUSTIN ROTH & CHRIS CUNNINGHAM / 2 FORMS OF ID('00)     JRCC-001 \2280(会員\2180)

●JUSTIN TAYLOR / FROM TIENIE STREET('07)           CD-JT2007 \2480(会員\2380)

●KAILA FLEXER & THIRD EAR / LISTEN('95)    COM-4226 \1980(会員\1880)

●KAKI KING / JUNIOR ('10)    \2480(会員\2380)

●KALEIDOSCOPE / GREETINGS FROM KARTOONISTAN...('90/'03)    CD-2065 \2280(会員\2180)

●KALEIDOSCOPE / SIDE TRIPS    ED-CD-284 \1980(会員\1880)

●KALEIDOSCOPE / WHEN SCOPES COLLIDE('76/'03)    CD-2076 \2280(会員\2180)

●KAPONO / SPIRIT DANCER     51416-1103-2 \1980(会員\1880)

●KARAN CASEY & JOHN DOYLE / EXILES RETURN('09)    CD-4529 \1980(会員\1880)

●KAREN DALTON / COTTON EYED JOE [2枚組CD+DVD]  \3800(会員\3700)

●KAREN DALTON / GREEN ROCKY ROAD    \2800(会員特価\2500)

●KAREN DALTON / IN MY OWN TIME('71)    \2800(会員特価\2500)

●KAREN DALTON / IT'S SO HARD TO TELL WHO'S GOING TO LOVE YOU THE BEST \2400(会員特価\2100)

●KARLA BONOFF / KARLA BONOFF LIVE[2枚組CD]  \3200(会員特価\2900)

●KASEY CHAMBERS & SHANE NICHOLSON / RATTLIN' BONES('08)    \2280(会員\2180)

 All 14 tracks: Rattlin' Bones/ Once in a While/ Sweetest Waste of Time/ Monkey on a Wire/ One More Year/ The House that Never Was/ Wildflower/ No One Hurts Up Here/ The Devil's Inside My Head/ Sleeping Cold/ Adeline/ Jackson Hole/ Your Day Will Come/ Woe Is Mine/ 
■オーストラリアのシンガー・ソングライター、ケイシー・チェンバースと彼女の夫であるシェーン・ニコルスンとのデュエット・アルバム。ブルーグラスからテキサス・オルタナ・カントリー、アイルランドルーツ、オルカンまで今まで以上に深みにとコクを感じさせる内容の濃い一枚に仕上げている。


●KAT EGGLESTON / SECOND NATURE('94)    WBG-0005 \1980(会員\1880)

◆KATE & ANNA McGARRIGLE / KATE & ANNA McGARRIGLE ('75/'13) ≪解説・歌詞・対訳付き≫ CD-15037 \1200 品切れ中

◆KATE & ANNA McGARRIGLE / DANCER WITH BRUISED KNEES ('77/'13) ≪解説・歌詞・対訳付き≫ CD-15038 \1200 品切れ中

●KATE CAMPBELL / MOONPIE DREAMS('97)    COM-4238 \1980(会員\1880)

●KATE CAMPBELL / SONGS FROM THE LEVEE('95)    COM-4225  \1980(会員\1880)

●KATE McDONELL / BROKEN BONES    WBG-0020 \1980(会員\1880)

●KATE MacLEOD / TRYING TO GET IT RIGHT    WBG-0017 \1980(会員\1880)

●KATE TAYLOR / BEAUTIFUL ROAD('02)      CD-333 \2280(会員\2180)

 with James Taylor, Levon Helm, Mavis Staples, Richard Bell, Arlen Roth, Chuck Leavell, Larry Campbell, Tony Garnier; All 10 tracks: Auld Lang Syne/ I Will Fly/ Beautiful Road/ Blue Tin Suitcase/ The Golden Key/ Rain on the Water/ Flying in the Face of Mr. Blue/ Shanty Song/ He's Waiting/ Shores of Paradise; ■テイラー・ファミリーの末妹ケイト・テイラーが遂にニュー・アルバムをリリース。24年ぶりの通算4作目となる本作は、ジェイムズ・テイラーやリヴォン・ヘルムをはじめ、メイヴィス・ステイプル(Staple Singers)、アーレン・ロス、ラリー・キャンベル(Bob Dylan Band)等、彼女の音楽シーン復帰を祝うかのように素晴らしい顔ぶれが参加。昨年9月に27年間連れ添った夫であり本作のプロデューサーでもあるチャーリーが病死し、その悲しみを越えて、ようやく完成した傑作だ。チャーリーのオリジナル作品で、生前に録音されたトラディショナル・フォークの香り高い1曲目「I Will Fly」には、ジェイムズ・テイラー(vocal)とリヴォン・ヘルム(mandolin)、それにアーレン・ロス(acoustic guitar)等がケイトのヴォーカルをそっとサポートする。オープニング・ナンバーのこれ1曲で「ウム、これは良いアルバムだ」と確信する。メイヴィス・ステイプルとの掛合いヴォーカルもR&B/ゴスペル調の「Rain on the Water」、アレックス・テイラーに捧げられた「Blue Tin Suitcase」は昔の(「That'll Be The Day」あたりをやってる)リンダ・ロンシュタットのイメージとも重なる歌いぶり。それは本作に収録されたケイト唯一のオリジナル作品「He's Waiting」でも同様。しかし、アルバム全体としては、アコースティックでフォーキーなサウンドを中心にまとめられている印象の方が強い。そして、最後は、数年前のクリスマス・シーズンに限定シングルとしてリリースされたJTのアコースティック・ギターが奏でられ、レイトとJTの美しいデュエット作品「Auld Lang Syne」で幕を閉じる。24年のブランクを全く感じさせないケイトのヴォーカルに歓喜するファンも多いことだろう。素晴らしい出来ばえの本作と共に音楽シーンに復帰した彼女に心からエールを送りたいと思う。尚、各曲でのアーレン・ロスによるツボをおさえたアコースティック&エレクトリック・ギター・プレイも聴きモノだ。


◆KATE TAYLOR / KATE TAYLOR'S COOK BOOK [紙ジャケ]('79)      CD-1197 \1890(会員も同じ価格)

●KATE TAYLOR / LIVE AT THE CUTTING ROOM('05)      \2280(会員\2180)

 with Carly Simon(vocal), Sally Taylor(vocal), Taylor Brown(guitar), Tony Garnier(bass); All 11 tracks: I Fell in Love/ Stubborn Kind of Woman/ The Water is Wide/ Crying in the Rain/ He's Waiting/ Harriet Tubman/ You Don't Knock/ Sea Cruise [with Sally Taylor]/ You Can Close Your Eyes [with Carly Simon]/ Too Many Troubles/ Auld Lang Syne/ ■ケイト・テイラーの新譜。02年の前作『BEAUTIFUL ROAD』に続く音楽シーン復帰後の第2弾アルバムとなる本作は、ライヴ・アルバム。ジェイムズ・テイラーとカーリー・サイモンの娘でシンガー・ソングライターのサリー・テイラーが参加した「Sea Cruise」、ジェイムズとの離婚後もケイトと親交が続いているカーリー・サイモンがジェイムズ・テイラー初期の名曲「You Can Close Your Eyes」も聴きもの。その他、エヴァリー兄弟の「Crying in the Rain」やトラディショナル作品「The Water is Wide」を収録した全11曲。シンプルなバッキングは、テイラー・ブラウン(ギター)とボブ・ディランのツアーバンドに1989年から参加し、バンド・リーダーを務めるトニー・ガーニア(ベース)の2人。そして、本作も前作のエンディングと同様に「Auld Lang Syne」で静かに幕を閉じる。紙ジャケット仕様の自主製作盤につき、どうぞお早めに。


●KATE TAYLOR / SISTER KATE      \2280(会員\2180)

●KATE WOLF / GIVE YOURSELF TO LOVE[2枚組CD]    CD-K-3000 \2800(会員\2700)

●KATE WOLF / THE WIND BLOWS WILD('88)    CD-K-30  \1980(会員\1880)

●KATE WOLF / DAISY PEDALS ON MY HEAD('98) あのケイト・ウルフと同名異人 CAKE-70512  \1980(会員\1880)

●KATHY MATTEA / COAL ('08)    \2480(会員\2380)
 produced by Marty Stuart; with Patty Loveless, Marty Stuart, Tim and Mollie O'Brien; All 11 tracks: L&N Don't Stop Here Anymore/ Blue Diamond Mines/ Red-Winged Blackbird/ Lawrence Jones/ Green Rolling Hills/ Coal Tattoo/ Sally in the Garden/ You'll Never Leave Harlan Alive/ Dark as a Dungeon/ Coming of the Roads/ Black Lung〜Coal/ ■キャシー・マティアの新作は、マーティ・ステュアートのプロデュースのもと、ウェスト・ヴァージニア生まれの自らのルーツを顧みたようなフォーク・アルバム。ドック・ワトスンとの共演盤でも知られるジーン・リッチーやジュディ・コリンズの初期アルバム収録作品、マール・トラヴィスの「Dark as a Dungeon」やトラディショナル作品の「 Sally in the Garden」など全11曲。手堅いバック陣の好サポートも光るお薦めアルバム。

●KATHY MATTEA / CALLING MNE HOME ('12)      \2480(会員\2380)

●KATHY MATTEA / ROSES('02)           CD-12485 \2280(会員\2180) 品切れ中
 produced by Ed Cash; co-produced by Kathy Mattea; with Byron House, Mark Stallings, JIM Brock, Ed Cash, John Mock, Tom Laier, Chris Carmichael & others; ■キャシー・マティアの02年作は彼女自身が「contemporary folk with a Celtic twist」と説明する傑作。マンドリン、アコーディオン、ペニーウィッスル、フィドルがサウンドにアクセントを加えた音作りも素晴らしい。ベス・ニールセン・チャップマンとアレン・シャンブリンの共作曲「Who We Are」を含む全12曲収録。歌詞付き。

●KATY MOFFATT / HEARTS GONE WILD    WAT-CD-1030 \1980(会員\1880)

●KEB "MO" / THE DOOR('00)     CD-BK61428 \1600(会員\1500)

●KELLY WILLIS / WHAT I DESERVE('99)     RCD-10458 \1980(会員\1880)

●KELLY WILLIS & BRUCE ROBISON / HAPPY HOLIDAYS('06)         \2280(会員\2180)

●KEN HAMM / EAGLE ROCK ROAD('95)    CD-9501 \1980(会員\1880)

◆KENNY LOGGINS / ALIVE [2枚組CD] 《紙ジャケット/完全限定生産》   \2940
 ソロ活動を開始してからリリースした初のライヴ・アルバム。

●KENTUCKY COLONELS / APPALACHIAN SWING!('64/'05)       \2480(会員\2380)
 
更にボーナス・トラック3曲を追加した全15曲収録で再々リリースされた名盤『アパラチアン・スウィング』。

◆KENTUCKY COLONELS / LIVE IN STEREO('65/'99)    国内盤 \2835 品切れ中

●KENTUCKY COLONELS / LIVIN' IN THE PAST      CD-HS-67003 \2480(会員\2380) 品切れ中

●KENTUCKY COLONELS / LONG JOURNEY HOME('91)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●KENTUCKY COLONELS / NEW SOUNDS OF BLUEGRASS AMERICA [紙ジャケット]     \2480(会員\2380)

◆BUSH, LATHUM & WHITE [from KENTUCKY COLONELS] / RARE PERFORMANCE('64/'03) 国内盤 \3000

●KEVIN GORDON / CADILLAC JACK'S #1 SON('98)    CDSH-6029 \1980(会員\1880)

●KEVIN MAUL / TOOLSHED('97)     \2480(会員\2380)
 夫婦デュオ、ロビン&リンダ・ウィリアムスのメンバーとしても活躍するドブロ・プレイヤー、ケヴィン・モウルが97年に発表したソロ・アルバム。

●KEVIN WELCH / LIFE DOWN HERE ON EARTH('95)    DEAR-0003 \1980(会員\1880)

●KEVIN WELCH & THE DANES / MILLIONAIRE('06)       \1980(会員\1880)

 All 12 tracks: 1. Millionaire/ Blanket of Snow/ Long Cold Train/ Witness/ Choose to Believe/ Glorious Bounties/ Killing Myself/ Sun King and the Winter Moon/ I Can Sure Love You/ Queen of the Slipstream/ When the Sun Shines Down on Me/ Stray Dog/


●KIERAN KANE / SOMEWHERE BEYOND THE ROSES('09)  《歌詞付き》  CD-4518 \1980(会員\1880) 品切れ中

 produced by Kieran Kane; with Richard Bennett, Bruce Kaplin, David Olney; All 11 tracks: Way Down Below/ Why Can't You/ Somewhere Beyond The Roses/ Unfaithful Heart/ Marriage Of Convenience/ Anybody's Game/ More To It Than This/ I Took My Power Back/ Hands Across The Water/ Don't Try To Fight It/ Tell Me Mama/ ■古くはカレッジ・シーンで一世を風靡したデュオ、オーケインズのキーラン・ケインが09年に発表した快心のソロ・アルバム。ルーツ・ミュージックに根ざしたフォーク&カントリー風味のサウンドが心にしみる。リチャード・ベネット(el. guitar)のサポートも光る全11曲。


●KIMBERLY M'CARVER / BREATHE THE MOONLIGHT    CD-PH-1129 \1980(会員\1880)

●KIM PENSYL / UNDER THE INFLUENCE('96)    CD-SHA-5019 \1980(会員\1880)

●KIM RICHEY / KIM RICHEY('95)    526812-2 \1980(会員\1880)

●KING MACKEREL & THE BLUES ARE RUNNING / SONGS & STORIES OF THE CAROLINA COAST        CD-SH-8503 \1980(会員\1880)

●KINGSTON TRIO / LIVE AT THE SANTA MONICA CIVIC AUDITORIUM: APRIL 21, 1961('07)      \2280(会員\2180)

●KINKY FRIEDMAN / SOLD AMERICAN: 30TH ANNIVERSARY EDITION('73/'04)      \2280(会員\2180)

●KINKY FRIEDMAN / UNDER THE DOUBLE EGO('03)      \1980(会員\1880)

●KITTY DONOHOE / FARMER IN FLORIDA('86/'99)    CD-RR-001 \2280(会員\2180)

●KOERNER, MURPHY / RUNNING, JUMPING, STANDING STILL('69/'94)    RHR-CD-63 \1980(会員\1880)
 feat. John Koerner and Willie Murphy; includes ptrviously unreleased track, "Some Sweet Nancy";

●KOERNER, RAY & GLOVER / BLUES, RAGS & HOLLERS    RHR-CD-76 \1980(会員\1880)
 feat. John Koerner, Dave Ray & Tony Glover; produced by Paul Nelson; All 20 tracks: Linin' Track/ Ramblin' Blues/ It's All Right/ Go Down Ol' Hannah/ Snaker's Here/ etc.

●KOERNER, RAY & GLOVER / [LOTS MORE] BLUES, RAGS & HOLLERS('63/'99)    RHR-CD-130 \1980(会員\1880)
 feat. John Koerner, Dave Ray & Tony Glover; produced by Jac Holzman & Paul Rothchild with Paul Nelson[assistance]; All 21 tracks: Black Dog/ Black Betty/ Keep Your Hands Off Her/ Duncan & Brady/ Fannin Street/ etc.

●KRIS KRISTOFFERSON / CLOSER TO THE BONE: Deluxe Edition [2CDs] ('09)  2CD-6172 \2800(会員\2700)
 New album plus Bonus Disc [Live at The Olympia Theater Dublin, Ireland: Marcg 21th, 2008]

●KURT HENRY / ONE...    CD-KHCD-1 \1980(会員\1880)

●KYM PITMAN / SAME RIVER, SAME SONG    CD-NS-1431CD \1980(会員\1880)

 

 ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL. 


 

プー横丁のトップページへ