ロックCD在庫リスト E〜I
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。
※一部、品切れ中の物も含まれています。お問い合せ下さい。◆は国内盤、●は輸入盤です。
在庫リストインデックスに戻る 

E、

●EAGLES / ON THE BORDER     7559-60595-2 \1980(会員\1880)

◆EGGS OVER EASY / GOOD 'N' CHEAP ('72/'10)           CD-1570 \2600+消費税
 All 15 tracks: Party Party/ Arkansas/ Henry Morgan/ The Factory/ Face Down In The Meadow/ Home To You/ Song Is Born Of Riff And Tongue/ Don't Let Nobody/ Runnin・Down To Memphis/ Pistol On The Shelf/ Night Flight/ Bonus tracks: 111 Avenue C/ Across From Me/ Bar In My Car/ Scene Of The Crime/ ■メンバー全員がアメリカ人ながら、チャス・チャンドラーに認められたのをキッカケに渡英。ロンドンのパブ、タリー・ホをホーム・グラウンドにし、ブリンズリー・シュワルツ等と共にパブ・ロック・シーンを牽引した4人組、エッグス・オーヴァー・イージーが72年にリリースしたファースト。R&R、カントリー、R&Bなど、リアルでホットなサウンドが楽しめる傑作。プロデュースはリンク・レイが担当。オリジナル紙ジャケット仕様。オリジナル内袋封入。ボーナス・トラック4曲収録。2010年24ビット・リマスター。
※本作と別記のタートルズ『TURTLE SOUP』との2種を一括ご購入頂いたお客様には特製エッグス・オーヴァー・イージーの8センチCDシングル「草原に顔をうずめて」をプレゼント。数量に限りがありますので、ご注文はお早めにどうぞ。 
※買い物カゴでのオーダーコチラからどうぞ

●ELIZABETH LaPRELLE / BIRDS' ADVICE ('11)            CD-014 \2480(会員\2380)
  All 14 tracks: The Bird's Courting Song/ Muleskinner Blues/ The Lover's Return (Maybelle Carter)/ Locks and Bolts/ Corinna, Corinna/ Her Bright Smile Haunts Me Still/ Faded Coat of Blue/ Away Down in the Valley/ Groundhog/ Cold Mountains/ Hop, Old Rabbit/ John Henry/ The Cuckoo/ Will You Miss Me (Maybelle Carter)/ Mathey Groves/ Bully of the Town/ BONUS TRACK: Istanbul/ ■04年、16歳でアルバム・デビューしたヴァージニア州出身の女性シンガー、エリザベス・ラプリールのサード・アルバム。23歳になった今、更に輝きを増した彼女のヴォーカルが素晴らしい。前作『LIZARD IN THE SPRING: OLD SONGS AND BALLADS』、前々作のデビュー盤『RAIN AND SNOW』とも近日再入荷予定。  ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

◆ELIZA CARTHY / HEAT LIGHT & SOUND   VSCD-2720 \2625(会員\2525)

◆ELLIOTT MURPHY / NIGHT LIGHTS('76/'08) [紙ジャケ・ボーナストラック収録]  CD-35258 \1890(会員も同じ価格) 品切れ中

◆ELLIOTT MURPHY / LOST GENERATION('75/'08) [紙ジャケ・ボーナストラック収録]  CD-35257 \1890(会員も同じ価格)

●ELLIOTT MURPHY / MILWAUKEE('86)    ROSE-99 \1980(会員\1880)

●ELLIOTT MURPHY / SELLING THE GOLD    DJD-3224 \1980(会員\1880)

●ELLIOTT SMITH / KILL ROCK STARS    KRS-246 \1980(会員\1880)

●ELLIOTT SMITH / ROMAN CANDLE('94)    CSR-13 \1980(会員\1880)

●EMMYLOU HARRIS / ORIGINAL ALBUM SERIES VOL.2 [5CDs] ('13)      \2680(会員\2580)
 1980年代にリリースされた5枚のアルバム『Roses In The Snow』('80)、『Evangeline』('81)、『Cimarron』('81)、『White Shoes』('83)、『Thirteen』('86)を収めた5枚組CDが、この価格で販売中。しかも、送料サービス(無料)とさせて頂いております。

●EMMYLOU HARRIS / BRAND NEW DANCE ('90)      \1980(会員\1880)

●EMMYLOU HARRIS / LUXURY LINER [EXPANDED & REMASTERED] \1980(会員\1880)

●EMMYLOU HARRIS / PIECES OF THE SKY [EXPANDED & REMASTERED] ('75/'04)  \1980(会員\1880)
 「Hank And Lefty」と「California Cottonfields」のボーナス・トラック2曲を追加し、リマスタリングされた新装リイシュー盤。

●EMMYLOU HARRIS / WRECKING BALL('95)    CD-61854 \1980(会員\1880)

●EMMYLOU HARRIS & CARL JACKSON / LOVE HURTS     CD-604141 \2480(会員\2380)
 All 16 tracks: Gone, Gone, Gone/ Something Else to Keep Your Memory Green/ Under Your Spell Again/ Walk Through This World With Me/ I'll Never Love Another/ Something Draws Me to You/ When My Blue Moon Turns to Gold Again/ You Made a Memory of Me/ I Take the Chance/ Before I Met You/ Always Needed You/ We Must Have Been Out of Our Minds/ Dying on Sorrow's Wine/ Best We Could Do/ Nobody's Darling But Mine/ Love Hurts/

●ENDLESS AVENUE / DIRECTION NASHVILLE('93)    CD-199344-2 \1980(会員\1880)
 with Townes Van Zandt, Richard Dobson, Denise Benson, Dale Stumbo and others;

●ERIC ANDERSEN / BEAT AVENUE[2枚組CD] 2003       2CD-1068 \3000(会員\2900)

 with Garth Hudson, Phoebe Snow, Lucy Kaplansky, Mark Egan; All 14 tracks:{DISC 1] Ain't No Time To Bleed(3:53)/ Before Everything Changed(4:55)/ Salt On Your Skin (4:45)/ Song Of You And Me(6:18)/ Shape Of A Broken Heart(3:52) / Great Pyramid(4:47) / Under The Shadows(3:43) / Rains Are Gonna Come(3:21) / Run Away(4:34) / Stupid Love(3:34) / Still Lookin For You(4:42) / Feel Like Comin’ Home(3:25)/ [DISC 2] / Beat Avenue(26:12) / Blue Rockin Chair(10:34)/ ■『YOU CAN'T RELIEVE THE PAST』に続くエリック・アンダースンの新譜。2枚組のディスク1に12曲、ディスク2に2曲の計14曲を収録。ディスク1の1曲目「Ain't No Time To Bleed」でデュエット・ヴォーカルで参加のフィービ・スノウをはじめ、ガース・ハドスン(accordion/piano/organ/tenor sax)、ルーシー・カパランスキー(vo.)、マーク・イーガン(bass)等が参加。ディスク2に収められた26分余の長さにおよぶアルバム・タイトル曲「Beat Avenue」は、1963年11月23日にテキサス州ダラスでジョン・F・ケネディーが暗殺されたその日の24時間の出来事(当時エリックは20歳でサンフランシスコに住んでいた!!)が語られている。


●ERIC ANDERSEN / BLUE RAIN: ERIC ANDERSEN LIVE('07)        CD-1101 \1980(会員\1880)

◆ERIC ANDERSEN / MEMORY OF THE FUTURE: メモリー・オブ・ザ・フューチャー('99)    SLCD-1005 \2625(会員\2525)

■シンガー・ソングライターの歴史的名盤『ブルー・リヴァ−』で知られるエリック・アンダースンは、68年のデビュー以来、日本でもマニアから若い音楽ファンまで幅広い人気を今も保っている。そんな彼が前作より10年ぶりに発表した傑作。プー横丁のレーベル、スライス・オブ・ライフからリリースした99年作。解説は中川五郎氏。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ
音楽関係雑誌に掲載されたレビュー
 リチャード・トンプスンが参加している99年作。やはりこの人は、永遠のボヘミアン、と再認識。つまり、本作には "移動の気配" を漂わせた曲が並んでいて、良い意味で『ブルー・リヴァ−』の頃と変わっていない。[評価8] 
渡辺亨『ミュージック・マガジン』2001年6月号


●ERIC ANDERSEN / THE STREET WAS ALWAYS THERE('04)        CD-1082 \1980(会員\1880)

●ERIC ANDERSEN / WAVES('05)        CD-1092  \2280(会員\2180)

◆ERIC ANDERSEN / YOU CAN'T RELIVE THE PAST: ユー・キャント・リーリヴ・ザ・パースト('00)    SLCD-1006 \2625(会員\2525)

■エリック・アンダースンが2000年にリリースした最新作。故タウンズ・ヴァン・ザントとのコラボレーションから生まれた未発表作品4曲や、ルー・リードとの共作によるアルバム・タイトル曲にも話題沸騰。ブルージーなミシシッピー録音とフォーキーなニューヨーク録音の中に込められた力強くも無垢なエリックの唄声が、貴方の心を揺さぶる!!
※エリック・アンダースン本人による長文ライナーおよびアンソニー・デュカーティスによるライナー/その日本語訳付!! 歌詞・解説付。解説は小倉エージ氏。  
※買い物カゴでのオーダーはコチラ


●ERIC ANDERSEN / SO MUCH ON MY MIND: THE ERIC ANDERSEN ANTHOLOGY 1969-1980('07)  \2280(会員\2180)

●ERIC BOGLE / SCRAPS OF PAPER    FF-70311 \1980(会員\1880)

●ERIC BOGLE / THE ERIC BOGLE SONGBOOK VOL.2    CDTRAX-051 \1980(会員\1880)

●ERIC BOGLE / VOICES IN THE WILDERNESS    ALC-115 \1980(会員\1880)

●ERIC BOGLE & JOHN MUNRO / THE EMIGRANT & THE EXILE('96)    CDTRAX-121 \1980(会員\1880)

エリック・カズ41年ぶりのニュー・アルバム『エリック・カズ: 41年目の再会』Slice of Lifeより発売!!
New ◆ERIC KAZ [エリック・カズ] / エリック・カズ: 41年目の再会 ('15)       SLCD-1018 \1990+税
 
永遠の名盤『IF YOU'RE LONELY』('72年)と『CUL-DE-SAC』(74年)で知られるシンガー・ソングライター、エリック・カズのスタジオ録音による 41年ぶりのソロ・アルバムをプー横丁のインディーズ・レーベル、スライス・オブ・ライフより国内発売させて頂きました。定価1,990円 + 税 (税込価格2,149円)  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

◆ERIC KAZ / 1000 YEARS OF SORROW: 1000年の悲しみ('02)    SLCD-1014 \2625(会員\2525)

エリック・カズ70年代の未発表トラック集が世界初リリース!!
 永遠の名盤『If You're Lonely』で72年にソロ・デビューし、74年にソロ2作目『カル・デ・サック』を発表したエリック・カズが、その後アメリカン・フライヤー結成までの2年間に自宅やベアズヴィル・スタジオで録音していた10曲。それに78年〜80年の録音3曲と02年1月の最新録音1曲、そして74年のライヴ録音3曲も含んだ全17曲の未発表トラック集。アルバム発売は24年ぶり、ソロ名義では実に28年ぶり。
  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ
 ※エリック・カズ本人およびアーティ・トラウムによる書き下ろし英文ライナー/その日本語訳付!!
 このアルバムに収められた曲こそが、僕が大好きだった曲だ。そして、このアルバムにこそ、最も素晴らしい演奏だと思える私の作品が収められている。
■エリック・カズによる本作のライナーより(抜粋)


◆CRAIG FULLER - ERIC KAZ / CRAIG FULLER - ERIC KAZ [紙ジャケ]      CD-1508 \1890(会員も同じ価格)
 あの名盤が紙ジャケットで限定リリース。2007年リマスタリング、新解説・歌詞・対訳付き。
完売しました!!

◆ERIC KAZ / IF YOU'RE LONELY ('72/'15)  CD-16111 \1234
 エリック・カズが1972年、25歳の時に発表した歴史的名盤『IF YOU'RE LONELY』がリマスタリングされ、廉価盤シリーズで再発売された。誠に嬉しい限りである。初回限定生産商品なので、どうぞお早めに。
蛇足ながら、本作のみエリック・ジャスティン・カズと彼が名乗っている事について2002年9月のツアー中にも彼は幾人かのファンに訊ねられていたが、その理由について彼は「出来上がったアルバム・ジャケットを見たら、あんな風になっていたんで、レコード会社かデザイナーが(勝手に)やったんだと思う。僕自身あのアルバム以外でジャスティンというミドル・ネーム付きで名乗ったことないし、クレジットもされてない筈だ。あれは、あのソロ・デビュー作のアルバム・タイトルの一部のように考えてるんだ」と言っていた。

◆ERIC KAZ / CUL-DE-SAC ('74/'15)  CD-16112 \1234

●ERIC & SUZY THOMPSON / ADAM & EVE HAD THE BLUES('89)   \2280(会員\2180)
 with Laurie Lewis, David Grisman; ■フラットピッキング・ギタリストとしても有名なエリック・トムプスンと奥方スージーのデュエット盤。フォーク、カントリー、ケイジャン、ブルースなど様々な味わいの風味をもった好アルバムだ。

●ERIC TAYLOR / ERIC TAYLOR('95)    CD-WAT1040 \1980(会員\1880)

●ERIC TAYLOR / RESURRECT('98)    KOC-CD-8026 \1980(会員\1880)

●ERIC VON SCHMIDT / LIVING ON THE TRAIL('71/'02)     \2280(会員\2180)

 produced by Jim Rooney; with Bobby Charles, Rick Danko, Garth Hudson,Geoff Muldaur, Amos Garrett, Paul Butterfield, Maria Muldaur, Jim Rooney,Billy Rich, Chris Parker, Jim Colegrove; All 10 tracks: Living On The Trail(4:30)/ Envy The Thief(4:20)/ Lost In The Woods(5:21)/ Thunder Heads Keep Rollin'(4:25)/ The Carpenter's Boy[Icarus](1:15)/ Lightning, They Say(3:47)/ Joshua Gone Barbados(5:04)/ Stick To Run(6:13)/ Stewball(4:55)/ Fast Acne(4:18); ■エリック・フォン・シュミットが1971年にポピー・レーベルから発表したソロ・アルバムが遂にCD化。後にポール・バターフィールドのベター・デイズのメンバーとして73年作『BETTER DAYS』をレコーディングすることになるメンバー、ジェフ・マルダー、エイモス・ギャレット、クリス・パーカー、ビリー・リッチ等が参加している事でも知られる傑作。又、ザ・バンドのリック・ダンコ、ガース・ハドスン、そしてボビー・チャールズ、更にはマリア・マルダー、ハングリー・チャックのジム・コルグローヴ、本作のプロデューサーでもあるジム・ルーニー(ボーダーライン/キース&ルーニー)も参加。素晴らしいロック・アルバムに仕上がった本作は、全てのロック・ファン必携アルバムだ。新たに書き下ろされたJohn Kruthによる長文ライナー(英文)も読み応え充分。


●EVER CALL READY / EVER CALL READY('85/'06)     CD-6025 \2480(会員\2380)

 feat. Chris Hillman, Bernie Leadon, Al Perkins, David Mansfield, Jerry Scheff; All 10 tracks: River Of Jordan (Hazel Houser)/ Livinォ In The Name Of Loveハ(Rushing/Chapman)/ Iォll Be No Stranger There (trad.)/ Boat Of Love (James W. Smith)/ Donォt Let Them Takeハ (McGraw)/ Men Are So Busyハ (Houser)/ God Loves His Children (Flatt/Scruggs)/ Iォm Using My Bible For A Road Map (D.Reno/C.Schroeder)/ Itォs Beginning To Rainハ(Gaither/Wilburn)/ Panhandle Rag (Leon McHuitte)〜Create In Me A Clean Heart (Hillman)/ ■オリジナル盤は85年にA&Mから発表された本作が遂にCD化。クリス・ヒルマン、バーニー・レドン、アル・パーキンス、デヴィッド・マンスフィールド、ジェリー・シェフ等によるグループ、1枚きりのアルバム。


EVIE LADIN / FLOAT DOWNSTREAM('10)     \2280(会員\2180)
 produced by Mike Marshall with Keith Terry;

◆FABULOUS RHINESTONES / THE FABULOUS RHINESTONES ('72) 《紙ジャケット・完全限定盤》    CD-3538 \2625
 紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

◆FABULOUS RHINESTONES / FREE WHEELIN' ('73) 《紙ジャケット・完全限定盤》    CD-3539 \2625
 紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

◆FAIRPORT CONVENTION / HOUSE FULL 《国内盤・生産中止》   MDC6-1110 \2800(会員\2700)

●FELIX CAVALIERE / DREAMS IN MOTION('94)    MCAD-11062 \1980(会員\1880)

●FELIX CAVALIERE / LIVE('01)  \2480(会員\2380)

●FERRON / STILL RIOT    46292-2 \1980(会員\1880)

●FIREFALL / ALIVE IN AMERICA('06)      \2280(会員\2180)

●FIREFALL / FIREFALL('76)     CD-70379 \1980(会員\1880)
 希有のシンガー・ソングライター、リック・ロバーツを擁し、彼を中心にオリジナル作品を発表したバンド、ファイアフォールが76年にリリースしたデビュー・アルバム。ファン必聴盤。

●FIREFALL / GREATEST HITS('92) All 18 songs     CD-71055 \1980(会員\1880)

FLYING BURRITO BROTHERS / AUTHORIZED BOOTLEG ('11)   \1980(会員\1880)

 feat. Rick Roberts, Chris Hillman, Bernie Leadon, Sneaky Pete Kleinow, Michael Clarke; All 12 tracks: Lazy Days/ One Hundred Years From Now/ My Uncle/ Cody, Cody/ Christine's Tune (aka Devil In Disguise)/ I Am A Pilgrim/ Dixie Breakdown/ Willie And The Hand Jive/ Wild Horses/ Feel Good Music/ Hot Burrito #2/ Six Days On The Road/ ■サブ・タイトル「FILLMORE EAST, NY NY LATE SHOW, NOV. 7, 1970」が示す通り、1970年11月7日ニューヨークのフィルモア・イーストでのライヴ。リック・ロバーツ、クリス・ヒルマン在籍時のフライング・ブリトー・ブラザーズであり、ロバーツ・ヴァージョンの「Wild Horses」、BG調の「Dixie Breakdown」や「I Am A Pilgrim」、クラプトンが74年『461 Ocean Boulevard』で取り上げるよりも早く演っていた「Willie And The Hand Jive」にお馴染みの「Christine's Tune」や「Hot Burrito #2」など全12曲収録。ファン必携。


●FLYING BURRITO BROS. / LAST OF THE RED HOT BURRITOS -LIVE with bonus tracks  \2480(会員\2380)

●FLYING BURRITO BROS. / THE RED ALBUM('76/'02)   CD-225004 \1980(会員\1880)
 feat. Gene Parsons, Chris Ethridge, Gib Guilbeau, Joel Scott Hill, Sneaky Pete Kleinow; All 17 tracks: Cannonball Rag/ Building Fires/ Wheels/ Diggy Liggy Li/ Close Up The Honky Tonks/ Sin City/ Take A Whiff On Me/ Faded Love/ Easy To Get On/ Bon Soir Blues/ She Thinks I Still Care/ Dim Lights, Thick Smoke/ Devil In Disguise/ Hot Burrito #3/ White Line Fever/ Why Baby Why/ Chuck Berry Medley: Let It Rock〜Roll Over Beethoven/

◆FOOL / THE FOOL('69/'98)    VSCD-710 \2940(会員\2840)

●FOTHERINGAY / FOTHERINGAY('70)     HNCD-4426 \1980(会員\1880)

●FOTHERINGAY / FOTHERINGAY 2('08)     CD-3066  \2280(会員\2180)

●FOUR BITCHIN' BABES / FAX IT! CHARGE IT!    CD-SH-8018 \1980(会員\1880)

●FOUR BITCHIN' BABES / GABBY ROAD-OUT OF THE MOUTHS OF BABES('97)    CD-SH-8028 \1980(会員\1880)

●FRANKIE MILLER / HIGH LIFE('74/'98)     CD-4724 \1980(会員\1880)

●FRANK PROFFITT / SINGS FOLK SONGS ('62)    \2480(会員\2380)

●FRANK VIGNOLA / BLUES FOR A GYPSY('01)      \2800(会員\2700)

●FRANK VIGNOLA / VIGNOLA PLAYS GERSHWIN('07)   CD-10122 \2480(会員\2380)
 with Tom Kennedy(bass), Corey Christiansen(rhythm guitar), Joe Ascione(drums); Joe Ascione on drums, Tom Kennedy on bass, and Corey Christiansen on All 14 tracks: But Not For Me (3:53)/Embraceable You (4:11)/Facinating Rhythm (4:13)/How Long Has This Been Going On (3:06)/I Got Rhythm (5:38)/Lady Be Good (4:51)/Nice Work If You Can Get It (3:21)/Our Love Is Here To Stay (2:53)/S' Wonderful (2:25)/Somebody Loves Me (3:18)/Strike Up The Band (4:39)/Summertime (5:03)/The Man I Love (5:53)/They Can't Take That Away From Me (3:35)/

●FRED McDOWELL / THE FIRST RECORDINGS('59/'97)     CD-1718 \2480(会員\2380)
 
未発表録音10トラックを含む59年のファースト・レコーディング。オリジナルの音源から20ビット・デジタルにリマスターされ、97年にCD化。

●FRED NEIL / THE MANY SIDES OF FRED NEIL[2枚組CD] 1998 includes 36 tracks   2CD-070 \2800(会員\2700)

●GALLAGHER & LYLE / THE BEST OF GALLAGHER & LYLE('98)    551830-2 \1980(会員\1880)

●GARNET ROGERS / ALL THAT IS('02)    CD-RHR-160  \2280(会員\2180)

●GARY CORNELIUS / FEATHER    OMC-0003 \1980(会員\1880)

●GARY CORNELIUS / MENDING FENCES    OMC-0001 \1980(会員\1880)

●GARY P. NUNN / BORDER STATES('88)    CD-900576 \1980(会員\1880)

●GENE CLARK / THE LOST STUDIO SESSIONS 1964-1982  CD-7001 \2480(会員\2380)

●GENE CLARK / ECHO('91)    CD-48523 \1980(会員\1880)

●GENE CLARK / GENE CLARK('71)    CD-493209 \1980(会員\1880)

●GENE CLARK / NO OTHER    CD-CCM-314-2 \1980(会員\1880)

●GENE PARSONS / IN CONCERT 〜 I HOPE THEY LET US IN('01)    CD-SBR002 \2800(会員\2700)

◆GENE PARSONS / IN CONCERT 〜 I HOPE THEY LET US IN('01)    SLCD-1007 \2625(会員\2525)

 All 17 tracks: SWING DOWN (3:08) (Traditional/Arr. Gene Parsons)/ SWEET SUSANNAH (3:06) (Gib Guilbeau)/ RHUMBA MAN (3:06) (Doug Warner)/ GUNGA DIN (3:56) (Gene Parsons)/ ABILENE (4:31) (Gibson, Brown, Loudermilk, Stanton)/ BUGLER (3:53) (Larry Murray)/ DO NOT DISTURB (2:31) (Skip Battin/Kim Fowley)/ DARK MOON (4:03) (Gene Parsons/Peter Oliva)/ WILLIN' (4:02) (Lowell George)/ TAKE A CITY BRIDE (2:43) (Gib Guilbeau)/ SWEET DESERT CHILDHOOD (4:17) (Gene Parsons)/ STUDEBAKER STORY (4:34) (a monologue by Gene Psarsons)/ BANJO DOG (3:29) (Gene Parsons)/ WAY OUT THERE (3:42) (Bob Nolan)/ I MUST BE A TREE (3:22) (Gene Parsons & Gib Guilbeau)/ BLUE (3:29) (Arr./Adaptation Gene Parsons)/ YOU AIN'T GOING NO WHERE (4:44) (Bob Dylan)/ ■後期ザ・バーズを支えた男、ジーン・パースンズが21年ぶりに発表したファン待望の新譜!! 73年に名盤『キンドリング』でソロ・デビューを果たしたジーンが、そのマルチ・プレイヤーぶりを存分に発揮した初のライヴ・アルバム。全て弾き語りによるアコースティックでピュアなソロ・パフォーマンスは、彼の暖かい人柄そのもの。まさにファン必聴!! ※ジーン・パースンズが日本盤発売の為に書き下ろしたライナーと曲目紹介/その日本語訳付。(収録時間62分余)
※買い物カゴでのオーダーはコチラ 


◆GENE PARSONS / MELODIES('80/'01)    SLCD-1011 \2625(会員\2525)

 with Herb Pedersen, Albert Lee, Bob Warford, Greg Harris, Roger Bush, Pierre Bensusan; ■ジーン・パースンズが自らのプロデュースで1980年に発表した2作目のソロ・アルバム。ハーブ・ペダースン、アルバート・リー、グレッグ・ハリス、ボブ・ウォーフォード、ピエール・ベンスーザン等が参加。1973年に事故死したクラレンス・ホワイトに捧げられたアルバム・タイトル曲を初め、グラム・パースンズやフィル・オクスの作品も含む全10曲収録。ジーン・パースンズが国内盤の為に書き下ろしたライナーと曲目解説及びその邦訳、歌詞・対訳付。解説: 宇田和弘。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


●GENE PARSONS / MELODIES アメリカ盤   \2280(会員\2180)

●GENE PARSONS / THE KINDLING COLLECTION    SXCD-6007 \2200(会員\1900)

◆GENE PARSONS & MERIDIAN GREEN / BIRDS OF A FEATHER('88/'01)    SLCD-1012 \2625(会員\2525)

 ジーンと、奥方であり優れたシンガー・ソングライターでもあるメリッディアン・グリーンが1988年に発表した初のデュエット・アルバム。2人の共作をはじめ、ドノヴァン、スティーブ・グッドマン、サンディ・デニー、マイケル・スミス、ジミー・ロジャーズの作品をカヴァー。ほとんどの楽器を多重録音で演奏するジーンのマルチ・プレイヤーぶりも楽しめる傑作。ジーンとメリッディアンが国内盤の為に書き下ろしたライナーと曲目解説及びその邦訳、歌詞・対訳付。解説: 中川五郎。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


●GENE PARSONS & MERIDIAN GREEN / BIRDS OF A FEATHER('88/'01)
 アメリカ盤 SBR-101  \2280(会員\2180)

●GENE PARSONS & MERIDIAN GREEN / LIVE FROM CASPAR('01/'02)    SBR-003  \2280(会員\2180)

 All 12 tracks: Coast Hotel/ Sin City/ Just Away/ California Blues/ Cowboy Girl/ Chief Seattle/ Sweet Desert Childhood/ Banjo Dog/ Drunkard's Dream/ Lookin' For Trouible/ Life Carries On/ Get Up Blues; ■2001年に初のソロ・ライヴ盤『IN CONCERT: I HOPE THEY LET US IN』を発表したジーン・パースンズ(元バーズ/元フライング・ブリトー・ブラザーズ)の02年作は、音楽的パートナーであり奥方でもあるメリッディアン・グリーンとのデュエット・アルバム第2弾だ。しかも、ライヴ・アルバムである。メリッディアン(guitar/vocal)とジーン(guitar/12-string guitar/slide guitar/banjo/vocal)の2人のみの演奏だが、そのライヴ・パフォーマンスはシンプルかつピュアな魅力で一杯。ジーンのアコースティック・ギター(6弦・12弦・スライド)とバンジョーによる変幻自在のバックアップも見事で、2人のハーモニー同様、そのサウンドには豊かな拡がりが感じられるのだ。今回のライヴ盤では、既発アルバムからの作品だけでなく、彼等が初めてとりあげた作品が幾つも収録されているが、その中でも特に注目すべきは、何といってもグラム・パースンズの名曲「シン・シティ」を彼等がカヴァーした事である。グラム・パースンズ作品はジーンのソロ・アルバム『メロディーズ』で「Hot Burrito #1」を既に録音しており、これが2度目。この曲でのジーンのリード・ヴォーカルに絡むメリッディアンのハーモニーも絶妙だ。歌詞付き。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


プー横丁のオープンした1973年にちなんで、特価の1973円!!
●JULIAN DAWSON with GENE PARSONS / HILLBILLY ZEN('02)    SBR-201 
特価\1973

 produced by Gene Parsons & Julian Dawson; Gene Parsons(stringbender acoustic & electric guitars/banjo/pedal steel/mandolin/drums/percussion/spoons/bass/ harmonica/hi-strung guitar/harmony vocals); with Meridian Green(harmony vocals); ■英国のシンガー・ソングライター、ジュリアン・ドウスンと、後期ザ・バーズを支えた男、ジーン・パースンズとの友情によって完成した02年作。一応はジュリアンのソロ名義での発売だが、表ジャケットには「WITH GENE PARSONS」と記された上に、ジュリアンとジーン2人が並んだ写真が使われていて「初めはデュエット作として制作されたのでは?」とも思えるほど。実際、共同プロデューサー&ミュージシャンとして全面参加したジーンの存在を抜きには考えられない内容となっている。ジーン・パースンズのマルチ・プレイヤー&アレンジャーとしてのセンスと実力は既に有名だが、本作でも八面六臂の大活躍。ストリングベンダー・ギター、バンジョー、マンドリン、ペダルスティール、ドラムス、ハーモニカ等々、多重録音によってその腕前を遺憾なく発揮している。ジーンの奥方メリッディアンがハーモニー・ヴォーカルで参加している他、デヴィッド・ヘイズ(ヴァン・モリスンが70年代に発表した殆どのアルバムでプレイしているベース奏者)の参加も話題となっている。ジュリアンのオリジナル作品(共作も含む)全15曲は、アコースティックなサウンドを基調に、カントリー・フレイヴァー溢れるものをはじめ、フォーク・ブルース・R&B・ケイジャン・スウィングなど様々な音楽的影響を窺わせる佳曲揃い。あのジーン・ピスティリ(マンハッタン・トランスファーのオリジナル・メンバー。というより更に以前の60年代末よりキャッシュマン・ピスティリ&ウェストとして活躍した事でシンガー・ソングライター・ファンには有名)とジュリアン・ドウスンが共作した新曲が3曲も本作に収められている事も要チェックだ。ポップでアコースティックな音作りは、ジーン関連の既発アルバムも彷佛とさせて実に心地よい。歌詞付き。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


◆GEOFF MULDAUR / 発掘お宝音源! 1963-2008-RARE AND UNISSUED: COLLECTORS' ITEMS 1963-2008 ('08) 
\3000

 All 20 tracks: Boreno [The Jim Kweskin Jug Band; in 1963]/ Ukulele Lady [The Jim Kweskin Jug Band; in 1964]/ Ginger Man [Geoff Muldaur; in 1964]/ Mole's Moon [Geoff Muldaur; in 1964]/ I Can't Stand It [Geoff Muldaur; in 1975]/ Boogie Man/ River's Invitation/ Dance Of The Sugar/ The Way I Feel This Morning/ My Tears Came Rollin' Down/ Brazil/ Minglewood Blues/ Boogie Chillin'/ I Can't See Your Face/ Blue Davil Blues/ Small Town Talk/ Papa's On The House Top/ Sweet Sue/ Guabi Guabi/ Downtown Blues/ ■2008年のジェフ・マルダー・ジャパン・ツアーの会場販売のみだった本作、お取扱い始めました。ジェフにエイモス・ギャレットとロニー・バロンが参加した77年の未発表デモ「Boogie Man」、ジェフとエイモスの79年の米国オハイオ州のライヴ音源「River's Invitation」、ジェフにジム・クウェスキン、ジョン・セバスチャン、デヴィッド・グリスマン、マリア・マルダーが参加した「Sweet Sue」等々「お宝音源」のタイトルそのままにファンなら必聴・必携のアルバムです。


●GEOFF MULDAUR / BEAUTIFUL ISLE OF SOMEWHERE('03)  ドイツ盤    \2280(会員\2180)

 All 16 tracks: The Common Cold(2:39)/ My Tears Came Rolling Down(3:16)/ Wild About My Lovin'(4:10)/ Downtown Blues(2:52)/ Gee Baby Ain't I Good To You(3:50)/ Motherless Child(3:18)/ Just A Little While To Stay Here(4:54)/ The Wild Ox Moan(5:43)/ I Can't See Your Face Anymore(6:08)/ Trouble Soon Be Over(5:19)/ Drop Down Mama(4:00)/ Tennessee Blues(3:51)/ Got To Find Blind Melon Part 1(4:49)/ Sloppy Drunk(4:22)/ Beautiful Isle Of Somewhere(3:15)/ ■03年にリリースされたジェフ・マルダー初のソロ・ライヴ盤。1997年ジェフが音楽シーンに復帰して、2年ほど経った99年5月にドイツのブレーメンでライヴ録音されたものである。問答無用の「Gee Baby Ain't I Good To You」「Tennessee Blues」「Prairie Lullabye」など、一昨年の来日ソロ・ツアーのステージを彷佛とさせる好選曲も嬉しい全15曲。「The Wild Ox Moan」での素晴しくコントロールされた絶妙のファルセット・ヴォーカルを聴くと誰しも原初的な感動に打ちのめされ、メロメロになってしまうだろう。ギター1本で弾き語るジェフのヴォーカルのカッコいいったらナイ。とにかく、聴いてい凄く心熱くなり、気持ち良く、しかもリラックスできるのだ。


●GEOFF MULDAUR / IS HAVING A WONDERFUL DAY('75)    CD-2220 \2200(会員\1900)

●GEOFF MULDAUR / PASSWORD('01)    HIGH-8125 \1980(会員\1880)

●GEOFF MULDAUR / TEXAS SHEIKS('09)      \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: The World is Going Wrong/ All By Myself/ Poor Boy/ Fan It/ Hard Time Killin' Floor/ Sweet to Mama/ Don't Sell It, Don't Give It Away/ Cairo/ Under the Chicken Tree/ Please, Baby/ Blues in the Bottle/ Right Now Blues/ Travellin' Riverside/ Yellow Dog Blues/ ■ジェフ・マルダーが09年に発表したアルバム。


●GEOFFREY RUTLEDGE / THE BIG TOP     \1980(会員\1880)

●GEORGE HARRISON / BEST OF DARK HORSE 1976-1989('89)  CD-25726 \1980(会員\1880)

●GEORGE JONES / BURN YOUR PLAYHOUSE DOWN: UNRELEASED DUETS('08)  \2480(会員\2380)

◆GERRY GOfFFIN / IT AIN'T EXACTLY ENTERTAINMENT: Demo & Other Sessions 《紙ジャケット・完全限定盤》 CD-2260 \2625
 
紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

●GIB GUILBEAU / CLASSIC GUILBEAU: 1968-1986('01)   CD-225001  \2280(会員\2180)
 with Clarence White, Gene Parsons, Wayne Moore, Mel Tillis, Eric White, Ronnie Guilbeau, Thad Maxwell, Randy Scruggs, Jerry Douglas, John Beland, Roger Hawkins, David Hungate and others; All 14 tracks: She's Got a Honky Tonk Heart/ I Ain't Worth the Powder/ New Shade of Blue/ Sailor/ She's Single Again/ Home of the Blues/ Blue and Broken Hearted Me/ My Abandoned Heart/ Lodi/ You Made a Grown Man Cry/ Ain't Love Just Like the Rain/ Baby Lock the Door/ She's Loving Him/ Careless Lover/ ■ギブ・ギルボーの68年〜88年のレコーディングを集めたベスト盤。全14曲中、5曲の未発表トラックを含み、その中には、ランディ・スクラッグス&ジョン・トンプスンが82年に制作し、メル・ティリスがゲスト参加したギブとジョン・ビランドの共作「She's Got a Honky Tonk Heart」も収録。その他の未発表曲は「My Abandoned Heart」「You Made a Grown Man Cry」「She's Loving Him」「Careless Lover」。2001年リリース。

●GIB GUILBEAU / SONGS I LIKE('03)   CD-225005  \2280(会員\2180)
 with Sneaky Pete Kleinow (Flying Burrito Brothers), Eric White (New Kentucky Colonels), Wayne Moore (Nashville West), Ronnie Guilbeau(Palomino Road, Copperline), Del Gray (Little Texas), Darrell Cotton (Castaways), Stan Pratt(Swampwater), Carmine Sardo, Mark Winkle, Tim Moore, Alex Palao, Hans Ram, Ray Tapia, Troy Hope, Dennis "Boomer" Morse & Leo Davis; All 24 tracks: No Matter Where You Go (Gib Guilbeau)/ That's How People Are* (Gib Guilbeau/Ronnie Guilbeau)/ My Robin (Gib Guilbeau)/ In The Bahamas* (Gib Guilbeau/Frank Dycus)/ Red Mountain Wine (Gib Guilbeau/Thad Maxwell)/ It's Your Game Mary Jane (Gib Guilbeau)/ Sweet Rosie (Gib Guilbeau)/ Gentle Way Of Loving Me (Gib Guilbeau)/ Walk On The Water (Gib Guilbeau/Joel Scott Hill)/ Moma Had No Place To Go* (Gib Guilbeau)/ In The Morning (Gib Guilbeau)/ River People (Gib Guilbeau)/ Nickels And Dimes* (Gib Guilbeau/Ronnie Guilbeau/Troy Hope)/ Jump Frog* (Gib Guilbeau)/ A Woman's Disgrace - duet with Wayne Moore (Gib Guilbeau/Wayne Moore)/ Long Gone World Of Mine* (Gib Guilbeau)/ A Quarter Till Two (Gib Guilbeau)/ Caroline Gives (Gib Guilbeau)/ You'll Just Have To Trust Me* (Gib Guilbeau)/ You're Mine*(Gib Guilbeau)/ If I Were You - duet with Troy Hope* (Gib Guilbeau/Ronnie Guilbeau/Troy Hope)/ I'll Live Today (Gib Guilbeau)/ I Can't Believe It's Me* - duet with Darrell Cotton (Gib Guilbeau)/ Miles And Cities (Gib Guilbeau); ■ファン待望のギブ・ギルボー久々の新録音によるニュー・アルバムがリリースされた。全てニュー・レコーディングによる全24曲。うち11曲は新曲(上記の* 印)で、残る13曲はフライング・ブリトー・ブラザーズやケイジャン・ギブ&ジーン時代に録音された作品、それらゴスディン・ブラザーズといった他のアーティストにカヴァーされた作品のニュー・ヴァージョンである。スニーキー・ピートやブラザーズ(Brothers)の面々、息子ロニーなど、気心の知れた仲間がサポート。そうそう、参加ミュージシャンの中には、あのニュー・ケンタッキー・カーネルズのエリック・ホワイト(bass)の顔も見える。彼等をバックにした極上のカントリー・ロック・サウンドに乗って歌われるギルボーさんの溌溂としたヴォーカルに思わず目頭が熱くなってしまった。そして、期待以上に素晴らしい新作なので、ファンとしては小躍りしたくなるくらい聴いていて嬉しくなる、そんなアルバムだ。収録時間、全73分16秒。タップリとお楽しみ下さい。

●GIB GUILBEAU & GENE PARSONS / LOUISIANA RAIN('02)   CD-219  \2280(会員\2180)

 All 25 tracks: Your GentleWays Of Loving Me(1968年録音)/ Louisiana Cottonfields(1970)/ Workin' On A Tugboat(1970)/ Into The Darkness Of Your Mind(*)/ Louisiana Rain(1967)/ Sweet Sugar Blues(1970)/ Walk With Sam(1970)/ Sweet Suzannah(1967)/ Miles & Cities(1970)/ Young Country Girl(1970)/ Multiple Heartaches(1970)/ Two People(1970)/ Deseration's Back Again(*)/ Happy Cajun Man(1970)/ Mr Somebody(*)/ Sweet Rose(1968)/ I Get A Hurt On Inside(1970)/ Woman's Disgrace[home demo](*)/ There's Still A Little Something On Your Mind[home demo](*)/ Louisiana Woman(*)/ Home Of The Blues[Gib Guilbeau](1969)/ Lodi[Gib Guilbeau](1969)/ World Of Dreams[Gib & Wayne](1965)/ If It's Me I'm A Fool[Gib & Darrell]][home demo](*)/ On Pins & Needles[Bruce E. Oakes(1968)]; ■カントリー・ロック&バーズ・ファン驚愕の凄いアルバムが英国で発売された。ギブ・ギルボーとジーン・パースンズ名義でリイシューされた本作は、68年にベイカーズフィールド・インターナショナル・レーベル(いずれもゲイリー・パクストン制作)で録音された「Your Gentle Ways Of Loving Me」でスタートする。のちにザ・バーズの『DR. BYRDS & MR. HYDE』に収録されたギブ・ギルボーとジーンの共作曲だ。クラレンス・ホワイトも参加した70年録音のギブ・ギルボーの『CAJUN COUNTRY』からの7曲が収録されているのをはじめ、1965年から1970年の音源がリマスタリングにより素晴らしくクリアーな音で聴ける。それだけでも嬉しいのだが、ナント当時レコーディングされたホーム・デモも含む完全未発表音源7曲も収録されているのだ。未発表曲以外にも、ギブ・ギルボーが提供したストロベリー・レーベルからの1969年の録音2曲など、レアな音源満載で、まさにファン狂喜のアルバムである。全面的にお薦めしたい。 


●GIBSON & CAMP / GIBSON & CAMP...REVISITED   FE-1413CD \1980(会員\1880)

●GILLIAN WELCH / THE HARROW & THE HARVEST ('11)      CD-1109 \1980(会員\1880)
  produced by David Rawlings; All 10 tracks: Scarlet Town/ Dark Turn of Mind/ The Way It Will Be/ The Way It Goes/ Tennessee/ Down Along the Dixie Line/ Six White Horses/ Hard Times/ Silver Dagger/ The Way the Whole Thing Ends/ ■ギリアン・ウェルチ8年ぶりのニュー・アルバム。プロデューサーで相棒のデヴィッド・ロウリングスとギリアンそれぞれがギター、バンジョー、ハーモニカを持ち替えてプレイする。そんな2人のデュエットはシンプルこの上ないが、味わい深く心に沁みんで来る。ロサンジェルスに在る小さな印刷屋さんに依頼して製作されたというジャケットも素晴らしい。  ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●GLENN FREY / STRANGE WEATHER('92)    MCD-10599 \1600(会員\1500)

●GLENN FREY / THE ALLNIGHTER    MCD-01893 \1600(会員\1500)

●GLENN YARBROUGH / ALL TIME FAVORITES[2枚組CD]    2CD-FE-1707CD \3000(会員\2900)

●GLENN YARBROUGH / BABY THE RAIN MUST FALL    FE-1708CD \1980(会員\1880)

●GOOSE CREEK SYMPHONY / THE GOOSE IS LOOSE('95)    GCR-016 \1980(会員\1880)

●GORDON BOK / BAY OF FUNDY    \1980(会員\1880)
 also feat. featuring Ann Mayo Muir(Vocal); Original album was released in 1975.

●GORDON GILTRAP / GORDON GILTRAP - PORTRAIT('97)    ESMCD-526 \1980(会員\1880)

●GORDON LIGHTFOOT / DON QUIXOTE('72)    CD-45687-2 \1980(会員\1880)

●GRAM PARSONS / WARM EVENING, PALE MORNINGS, BOTTLED BLUES: 1963-1973      \2280(会員\2180)
 63年Shiloh〜International Submarine Band時代、Byrds〜Flying Burrito Bros.時代を経てソロ・アルバムまでの約10年のグラム・パースンズのキャリアを俯瞰できる好コンピレーション・アルバム。オーストラリア盤。全21トラック、収録時間75分。

●GRAM PARSONS / BIG MOUTH BLUES: A CONVERSATION WITH GRAM PARSONS('02)    CD-6024 \1980(会員\1880)

●GRAM PARSONS / THE COMPLETE REPRISE SESSIONS[3枚組CD]    2CD-2.74669 \4800(会員\4700)

 DISC 1: All 15 tracks: Still Feeling Blue/ We'll Sweep Out The Ashes In The Morning/ A Song For You/ Streets Of Baltimore/ She/ That's All It Took/ The New Soft Shoe/ Kiss The Children/ Cry One More Time/ How Much I've Lied/ Big Mouth Blues/ GP Radio Promo [Bonus Track]/ Gram Parsons Interview: How Did You Meet Emmylou Harris?, What Is The Story Behind "A Song For You?", What Is The Story Behind "The New Soft Shoe?", WBCN Interview With Maxine Sartori [Bonus Track]/ Love Hurts [Bonus Track) with Emmylou Harris/ Sin City [Bonus Track] with Emmylou Harris & N.D.Smart/ DISC 2: All 12 tracks: Return Of The Grievous Angel/ Hearts On Fire/ I Can't Dance/ Brass Buttons/ $1000 Wedding/ Medley Live From Northern Quebec: Cash On The Barrelhead〜Hickory Wind/ Love Hurts/ Ooh Las Vegas/ In My Hour Of Darkness/ Return Of The Grievous Angel (Instrumental) [Bonus Track]/ Gram Parsons Interview: Did You Sing "Hickory Wind" At The Grand Ole Opry?, What Differences Do You See Between Pure Country And Country Rock (Bonus Track)/ DISC 3: All 17 tracks: She (Alternate Version)/ That's All It Took (Alternate Version)/ Still Feeling Blue (Alternate Version)/ Kiss The Children -- Duet With Barry Tashian/ Streets Of Baltimore (Alternate Version)/ We'll Sweep Out The Ashes In The Morning (Alternate Version)/ The New Soft Shoe (Alternate Version)/ Return Of The Grievous Angel #1 (Alternate Version)/ In My Hour Of Darkness (Alternate Version)/ Ooh Las Vegas (Alternate Version)/ I Can't Dance (Alternate Version)/ Sleepless Nights (Alternate Version)/ Love Hurts (Alternate Version)/ Brass Buttons (Alternate Version)/ Hickory Wind (Alternate Version)/ Sleepless Nights/ The Angels Rejoiced Last Night/


●GRAM PARSONS & THE FALLEN ANGELS / LIVE 1973: 24kt Gold CD ('73/'94) CD-6002G \2480(会員\2380)
 also feat. Emmylou Harris, Jock Bartley, N.D.Smart II, Kyle Tullis;

●GRAM PARSONS & THE FLYING BURRITO BROS. / ARCHIVES VOL.1: LIVE AT THE AVALON BALLROOM 1969[2枚組CD] \3200(会員特価\2900)

 DISC 1: Close Up the Honky Tonks/ Dark End of the Street/ Medley: Undo the Right〜Somebody's Back in Town/ She Once Lived Here/ We've Got to Get Ourselves Together/ Lucille/ Hot Burrito #1/ Hot Burrito #2/ Long Black Limousine/ Mental Revenge/ Sin City/ Thousand Dollar Wedding [Demo Recording]/ When Will I Be Loved/ DISC 2: Medley: Undo the Right〜Somebody's Back in Town/ She Once Lived Here/ Mental Revenge/ We've Got to Get Ourselves Together/ Lucille/ Sin City/ You Win Again/ Hot Burrito #1/ Hot Burrito #2/ You're Still on My Mind/ Train Song/ Long Black Limousine/ Dream Baby (How Long Must I Dream)/ Do Right Woman/ ■グラム・パースンズの未発表音源をリリースする「アーカイヴ・シリーズ」の第1弾。ボーナス・トラックとしてグラムのピアノ弾き語りによる「Thousand Dollar Wedding」と「When Will I Be Loved」のデモも含む全27曲収録。ハード・カヴァーのブック・スタイルの豪華パッケージ仕様。 ファン必携。


●GRAM PARSONS NOTEBOOK: THE LAST WHIPPOORWILL(00)    CD-1223 \1980(会員\1880)
 Produced by: Carl Jackson, Mike Ward, Allen Reynolds, Eddie Cunningham, Jim Lauderdale; feat. Carl Jackson, Ricky Skaggs, Marty Stuart, James Burton and The Elvis Band, Jim Lauderdale, The Woodies, Larry Cordle, Leslie Satcher, Barry Tashian, Leona Heins, Rebecca Lynn Howard, Mike Ward, and others; All 13 tracks: Hickory Wind Intro/ L.A. Customs Blues/ The Last Whippoorwill/ Blurry Slurry Night/ Cash On The Barrelhead/ Barefootin'/ Jesus Is More Than A Name/ The Button/ Blessing For Being/ Dead Flowers (Jagger/Richards)/ A Song For You/ No One Knows I'm Lonesome/ Hickory Wind/ ■72年〜73年にかけて綴られたグラム・パースンズのノートブック。それに残されたグラム自身による歌詞やフレーズを元に上記のアーティスト達が作り上げたアルバム。カール・ジャクスンを中心にしたこのプロジェクトは、グラム自身と彼の音楽を愛したナッシュヴィルのミュージシャンの熱い思いが込められた秀作だ。

●GRATEFUL DEAD / AMERICAN BEAUTY    1893-2 \1980(会員\1880)

●GRATEFUL DEAD / WORKINGMAN'S DEAD    1869-2 \1980(会員\1880)

●GREAT SPECKLED BIRD / GREAT SPECKLED BIRD('70)   CD-702  \2280(会員\2180)

◆GREAT SPECKLED BIRD / GREAT SPECKLED BIRD('70) 《紙ジャケット・ボーナストラック1曲追加の13曲収録》 \1500(会員も同じ価格)
 あの名盤が紙ジャケット(ダブル・ジャケット仕様)で限定リリース。解説付き。お早めにどうぞ!!

●GREENBRIAR BOYS / BIG APPLE BLUEGRASS: ALL SONGS RECORDED 1961-1966('03)   \2480(会員\2380)
 feat. John Herald; All 17 tracks: Love Bug/ Darby Ram/ Methodist Pie/ Mississippi Sawyer [Instrumental]/ Danville Girl/ Coot from Tennessee/ Great Assembly/ Take a Whiff on Me/ Cabin in Gloryland/ Honky Tonk Girl/ Gotta Travel On/ Way Down in the Country/ Ain't No Grave Gonna Hold My Body Down/ Rambling Round/ Stay All Night/ Shine on Me/ Roll on John/

●GREENCARDS / MOVIN' ON('03)    CD-01196 \2200(会員\2200) 品切れ中

●GREENCARDS / WEATHER AND WATER('05)    CD-01203 \2200(会員\2200)
 若手バンド注目株の1つ、グリーンカーズの2作目。ニックル・クリーク等にも通じる音楽性で人気も急上昇。

●GREG BROWN / DREAM CITY [2枚組CD]('09)    2CD-218 \2480(会員\2380)

 [DISC1] All 16 tracks: Dream City/ Rexroth's Daughter/ Evening Call/ Vivid/ Whatever It Was/ Your Town Now/ Lull It By/ Joy Tears/ Samson/ Summer Evening/ Blue Car/ Living in a Prayer/ Mattie Price/ Kokomo/ Never So Far/ Why Don't You Just Go Home/ [DISC2] All 4 tracks: Lull It By (unreleased alternate version)/ Verona Road (unreleased studio track)/ Gallery (unreleased studio track)/ Christmas Song (unreleased live track)/


●GREG BROWN / IN THE HILLS OF CALIFORNIA [2枚組CD] 2004   2CD-180 \2800(会員\2700)

●GREG BROWN / THE EVENING CALL('06)   RHR-CD-198 \1980(会員\1880)

●GREG BROWN / SLANT 6 MIND('97)   RHR-CD-98  \2280(会員\2180)

●GREG HARRIS / THINGS CHANGE('90)    AP047-2 \1980(会員\1880)

●GREG HAWKES / THE BEATLES UKE('08)     \2800(会員特価\2500)

 All 15 tracks: 1 Penny Lane/ And I Love Her/ Strawberry Fields Forever/ Here Comes the Sun/ Eleanor Rigby/ Being for the Benefit of Mr Kite/ Fool on the Hill/ Yellow Submarine/ Piggies/ She's Leaving Home/ Honey Pie/ For You Blue/ Yesterday/ Blue Jay Way/ Goodnight/ ■元カーズのメンバー、グレッグ・ホウクスのソロ・アルバム。ウクレレによるビートルズ作品集のインスト・アルバム。様々な種類のウクレレを多重録音し、ウクレレ・バンド的なサウンドになっているのが面白い。


●GREG TROOPER / MAKE IT THROUGH THIS WORLD('05)    CD-1083 \1980(会員\1880)

●GUY CLARK / COLD DOG SOUP('99)    CD-SH-1063 \1980(会員\1880)

●GUY CLARK / HINDSIGHT 21/20: THE ANTHOLOGY 1975-1995  \2280(会員\2180)

●GUY CLARK / KEEPERS('97)    CD-SH-1055 \1980(会員\1880) 品切れ中

●GUY CLARK / OLD FRIENDS('88)    CD-SH-1025 \1980(会員\1880)

●GUY CLARK / OLD NO.1-TEXAS COOKIN'   CD-232804  \2280(会員\2180) 品切れ中
 あの名盤2作が2on1で再リリース。

GUY CLARK / SONGS & STORIES ('11)      CD-1533 \1980(会員\1880)
 with Shawn Camp, Verlon Thompson, Bryn Davies, Kenny Malone; All 23 tracks: Introduction/ L.A. Freeway/ Story: Sometimes They Come Easy/ Maybe I Can Paint Over That/ Story: Townes' Road Keets/ If I Needed You/ The Cape/ Homegrown Tomatoes/ Shawn and Verlon/ Story: The Legend of Sis Draper/ Sis Draper/ Magnolia Wind/ Story: I'm From Greasy Bend/ Darwettia's Mandolin/ Story: Hang In There/ Joe Walker's Mare/ A Nod to Rodney Crowell/ Stuff That Works/ Out in the Parkin' Lot/ Intro: The Randall Knife/ The Randall Knife/ Curtain Call for the Cast/ Dublin Blues/ ■75年にデビューしたガイ・クラークは今やキャリア35年の大ベテラン・アーティストになり、誰からも尊敬されるシンガー・ソングライターの大御所である。その彼がデビュー以来の足跡を振り返るかのように行われたコンサートのライヴを収めたのが本作だ。気心の知れたサポート・ミュージシャンをバックに語るように歌う。ファースト・アルバムをリリースした後(セカンド・アルバムの日本盤が発売される前の)76年4月に実現した初来日ツアーの京都公演は、プー横丁と拾得の共同主催で西部講堂で行われた。あの時、ガイ・クラークや奥さんのスーザンは「是非また日本に来たい」と言っていたけれど、それは叶わぬままとなっている。でも、その後、ずっと好盤を発表し続けた彼は、昨今のメディアで取り上げられる際は「Legendary」という言葉を冠するほどの存在にまでなっているのである。素晴らしいことだ。そんな彼に心から敬意を表したいと思う。彼の思いも我々の思いも1つになるような味わい深いライヴ・アルバムである。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●GUY CLARK / SOMEDAYS THE SONG WRITES YOU('09)     \1980(会員\1880) 品切れ中

 All 11 tracks: Somedays You Write The Song/ The Guitar/ Hemingway's Whiskey/ The Coat/ All She Wants is You/ If I Needed You/ Hollywood/ Eamon/ Wrong Side of the Tracks/ One Way Ticket Down/ Maybe I Can Paint Over That/


●GUY CLARK / THE DARK(02)         CD-1070 \1980(会員\1880)
 produced by Guy Clark, Verlon Thompson, Darrell Scott & Chris Latham; with Darrell Scott, Verlon Thompson, Gillian Welch, Tim O'Brien, Shawn Camp, David Rawlings; All 12 tracks: Mud/ Arizona Star/ Magnolia Wind/ Soldier's Joy, 1864/ Dancin' Days/ Homeless/ Off The Map/ Bag Of Bones/ She Loves To Ride Horses/ Rex's Blues/ Queenie's Song/ The Dark; ■前作より3年ぶりに発表されたガイ・クラークの02年作。99年の前作『COLD DOG SOUP』と同様の感触を覚える、聴き応えあるアルバムだ。97年の初ライヴ盤『KEEPERS』以降の彼は、アコースティックでシンプルな音作りに更に磨きがかかり、ダレル・スコット等の良きコラボレイターを得て、70年代の半ばに発表した初期の傑作アルバムと同質の優れたアルバムを発表し続けている。「Rex's Blues」のみ故タウンズ・ヴァン・ザントが72年に書いた作品で、他の11曲はガイと他のアーティスト達との共作によるものだ。ガイは「Rex's Blues」に関して「タウンズが作曲した時からずっと好きだった曲だ。私は死ぬまでずっと彼の作品を必ず1曲は自分のアルバムに入れると決めたんだ。彼は私の友達だったし、素晴らしいソングライターだからね」と話している。タウンズ・ヴァン・ザントがオリジナル作品を2曲しか書いていなかった60年代に彼等は知り合い「タウンズの存在こそが、私が曲を作り始める最大の理由の1つだった」とガイが話す、それ程の親友同志だったのだ。本作は幾人ものアーティストと共作した作品が含まれているが、その中でも前作で「Sis Draper」をガイと共作しているショーン・キャンプ(95年にリリースしたソロ作『SHAWN CAMP』も発売中)とは、本作で「Magnolia Wind」と「Soldier's Joy, 1864」の2曲を共作している。「作曲は99.9%(自宅)のテーブルで座ってする。ツアーに出てる時には、他にやる事がありすぎて作曲なんて出来ない。他の事を全部放っておいて、このイスに座って窓の外をぼんやり眺める(事から始める)のさ」というガイ。曲作りのこだわりは、少しも変わっていないようだ。大推薦盤。

●GUY CLARK / THE SOUTH COAST OF TEXAS('81/'07)    CD-533  \2280(会員\2180) 品切れ中
 ガイ・クラークが81年にリリースしたアルバムがオリジナル・ジャケットで再リリース。

●GUY CLARK / WORKBENCH SONGS('06)    CD-1239 \1980(会員\1880) 品切れ中

●Various Artists / THIS ONE'S FOR HIM: A TRIBUTE TO GUY CLARK [2CDs]  \2800(会員\2700)
 豪華アーティストが参加したガイ・クラークへのトリビュート・アルバム。

●GUY DAVIS / BUTT NAKED FREE('00)    CD-RHR-142 \1980(会員\1880)

●HANK WILLIAMS / THE GREATEST HITS LIVE: VOL.2            \2280(会員\2180)
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●HAPA / HAPA('92/'00)       CD-2080  \2280(会員\2180)

ハッピー・トラウム10年ぶりのソロ新作アルバム入荷!!
New ●HAPPY TRAUM / JUST FOR THE LOVE OF IT ('15) ≪送料無料≫ CD-LNM-2015 \2400 (会員\2300)
 produced by Happy Trau with Larry Campbell; with John Sebastian, Larry Campbell, Teresa Williams, Byron Isaacs, Jerry Marotta, Abby Newton, Martin Simpson, David Amram, Adam Traum,and many others;
 ■今年 (2015年)4月の来日ツアーでの素晴らしいソロ・ライヴを披露してくれたハッピー・トラウムのニュー・アルバムが入荷。ウッディ・ガスリーの「I Ain't Got No Home」、レッドベリーの「In the Pines」、ピート・シーガーの「Sailing Down My Golden River」、ボブ・ディランの「Crash On the Levee」をはじめ、幾つものトラディショナル曲、故ジョン・ヘラルドを擁したグリーンプライア・ホーイズのアルバム『Better Late Than Never』に収録されていた「High Muddy Water」、来日ツアーでも歌った「The Water is Wide」、ピー・ウィー・キングの「Tennessee Waltz」など全14曲を収録。ハッピーがブルース・ギターを師事したブラウニー・マッギー直伝の1曲「Careless Love Blues」でハッピーが使用したギブスンのJ-200は、ブルース&ラグタイム・ギターの祖ともいうべきレヴァランド・ゲイリー・デイヴィスが所持していたギターの1本である。
 何よりもレコーディング・スタジオでのライヴ感を大切に考えて制作されたという本作は、ハッピーならではの長年のキャリアに裏うちされた揺るぎなぃシンガー&ギタリストとしての自信と、そこから生まれた豊かな歌の表情だ。ラリー・キャンベルのサポートを受け、自らプロデュースしたソロ新作は聴き込むほどに「ハッピーからの大きなプレゼント」だという気がしてきた。必聴である。
  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●HAPPY TRAUM / AMERICAN STRANGER [CD+DVD]    \3000(会員\2900)

 All 11 tracks: The American Stranger/ The Eighth of January/ Buckets of Rain/ When I Was a Cowboy/ I Am a Pilgrim/ Doney Gal/ Golden Bird/ Sheebeg and Sheemore/ Dark Road Blues/ Delia's Gone/ I'll Fly Away/ ■ハッピー・トラウムが1977年に発表した2枚目のソロ・アルバム『AMERICAN STRANGER』のCDに、ハッピーの1981年のソロ・コンサートのDVDをセットにした2枚組。尚、CDにはPDFファイルでCDに収録された全11曲のタブ譜も収められている。


◆HAPPY TRAUM / BRIGHT MORNING STARS('80/'01)    SLCD-1001 \2625(会員\2525)

■ハッピー&アーティのハッピー・トラウムが1980年に発表したソロ3作目。故リチャード・マニュエル(ザ・バンド)を初め、豪華ゲストと共に作り上げたフォーキーでブルージーなサウンドが素晴らしい。まさにウッドストック音楽シーンの良心が宿った傑作!!
■[参加ミュージシャン]リチャード・マニュエル、ジョン・セバスチャン、アーティ・トラウム、ジョン・ヘラルド、パット・アルジャ−、マリア・マルダ−、マール・ワトスン、ロリ−・サリー、ビリ−・マンディ他/[プロデューサー] ハッピー・トラウム&アンディ・ロビンスン 
※ハッピー・トラウム本人による解説および日本のファンへの書き下ろしメッセージ/その日本語訳付!!


●HAPPY TRAUM / I WALK THE ROAD AGAIN('05)         CD-RS-HT05  \2280(会員\2180)

 produced by Artie Traum; with John Sebastian, Jay Ungar, Molly Mason, Cindy Cashdollar, Artie Traum, Mike Dowling, Larry Campbell, Scott Petito, Leslie Ritter, Amy Fradon, Russ Cashdollar, Brian Melick, Mindy Jostyn, Abby Newton, Pete Levin, Adam Traum; All 13 tracks: Blues Ain't Nothin'/ Danville Girl/ It's Good to See You/ I Walk the Road Again/ Betty & Dupree/ Step It Up and Go/ Times A- Getting Hard/ Empty Pockets Blues/ Sporting Life Blues/ Fare Thee Well/ Marianne/ Pinto Pony/ Tonight I'll Be Staying Here with You/ Friends And Neighbors/ ■ハッピー・トラウムが久々に発表したソロ・アルバムが入荷。弟アーティのプロデュースによるニュー・レコーディングだ。これが素晴らしいアルバムで、小躍りしたくなるくらい大満足の出来ばえである。ハッピーのアコースティック・ギターとヴォーカルに、ジョン・セバスチャンをはじめとする旧知のミュージシャン達が(中には写真家としても活躍中のハッピーの息子、アダムも)参加。ハッピーが慣れ親しんだトラディショナル曲を中心に何の衒いも迷いもなく歌い綴る全13曲。その味わい深いヴォーカルと「腕に歳はとらさない」と言わんばかりのギター・プレイに親しい音楽仲間達がサポートする。これは「ひとりマッド・エイカーズ」セッションではないか!! と一瞬思ったりするほど、コクのある芳醇な音楽で満ち溢れているのだ。全面的にお薦めしたい。


●HAPPY TRAUM / RELAX YOUR MIND   CD-110 \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: Relax Your Mind/ Gypsy Davey/ Worried Blues/ John Henry/ Peggy Gordon/ When First Unto This Country/ Poor Howard/ Fair and Tender Ladies/ Boat's Up the River/ Willie Moore/ Weave Room Blues/ ■ハッピー・トラウムが1975年に発表したファースト・ソロ・アルバム。全曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。これはアメリカ盤。


ハッピー・トラウム・バンドのライヴ盤『フレンズ・アンド・ネイバーズ』が世界初CD化!!。只今ご予約受付中!!
New ◆HAPPY TRAUM BAND / フレンズ・アンド・ネイバーズ: Live in Woodstock ≪送料無料≫ \2500+税
 All 12 tracks: RABBIT'S LUCK (Artie Traum)/ GYSPY DAVEY (Trad.*)/ YOUNG HUNTING (Trad.*)/ MORNING BLUES (Trad.*)/ ROSIE (Dave Evans)/ Sixteen Tons (Merle Travis)/ LINK IN THE CHAIN (John Sebastian)/ SAILOR'S PRAYER (Rod MacDonald)/ SAIL AWAY LADIES (Trad.*)/ JUST THE MOTION (Richard Thompson)/ JACK HAMMER BLUES (Woody Guthrie)/ FRIENDS AND NEIGHBORS (Trad.*)
 ■ハッピー・トラウム・バンド名義で1982年にカセット・テープのみで発表したライヴ・アルパムをプー横丁のインディーズ・レーベル、スライス・オブ・ライフ(Slice of Life Records)から世界初CD化させて頂く事になりました。一時期ドイツのFold FreakというところからLPで発売されていたこともありますが、CDでのリリースは世界初であります。
 ハッピー以外のメンバーは、名盤『WOODSTOCK MOUNTAINS』に収録された「Killing the Blues」で音楽ファンの心を鷲掴みにしたロリー・サリーがベースとヴォーカル。ギター、フィドル、ペダル・スティール、マンドリンとマルチ・インストゥルメンタリスぶりを遺憾なく発揮、その後のボブ・ディランやリヴォン・ヘルムを支える存在となり、 多くのアーティストから信頼されるプロデューサーとしても大活躍することになるラリー・キャンベル。ゲストにはシンディ・キャッシュダラー(dobro)と問答無用のポール・バターフィールド(harmonica)も参加。82年だからハッピーが44歳の頃。そのライヴ・パフォーマンス全12曲が堪能できるのです。是非お聴きください。★日本語解説: 片山明 ★ハッピー・トラウムの書き下ろしライナーと対訳付き。どうぞ今スグご注文ください!! [2014年5月プー横丁店主 POOH]
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

◆HAPPY & ARTIE TRAUM / HAPPY & ARTIE TRAUM ('70) 《紙ジャケット・完全限定盤》  CD-2238 \2500+税
 
紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

◆HAPPY & ARTIE TRAUM / DOUBLE-BACK ('71) 《紙ジャケット・完全限定盤》    CD-2239 \2500+税
 
紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

◆HAPPY & ARTIE TRAUM / 未発表ライヴ集: LIVE RECORDINGS 1970's-1980's    \2500+税

 Produced by Artie Traum and Happy Traum; Transferred, edited, sequenced and mastered by Tom Mark; with Eric Kaz (piano/harmonica), Cindy Cashdollar (dobro);
 とにかく、凄いライヴ・アルバムだ。ザ・バンドのリヴォン・ヘルムが自著『THIS WHEELS ON FIRE』の中で「ウッドストックの音楽社会における要のような存在」と称しているハッピー&アーティ・トラウム。彼等が70年と71年にキャピトルから、75年にラウンダーから発表した、いわば「トラウム兄弟3部作」は、今も名盤の誉れ高いアルバムだが、本作は彼等が70年代〜80年代にかけてステージに立った幾つものコンサートからの発掘ライヴ音源の中より、選りすぐりの16曲を収めた傑作ライヴ集だ。
 演奏は、彼等2人のアコースティック・ギター2本が中心。シンプルでストレートだが、奥行きの深い心温まるもの。どの曲も彼等の力強いヴォーカルとギター・プレイが印象的である。そこに時折エリック・カズ(ピアノとハーモニカ)やシンディ・キャッシュ・ダラー(ドブロ・ギター)が加わる。特にエリック・カズがバッキングを努めるトラックが6曲も入っており、一時期ハッピー&アーティのバンド・メンバーだった頃のエリック・カズのレア音源が本作によって世に出た訳で、その意味でも意義深い、ファン狂喜のアルバムだ。収録曲は、前述の「トラウム兄弟3部作」からのもの以外にも聴きモノがズラリと揃っている。中でも2作目のアルバム・タイトルに使われながら同作には収録されなかった幻のオリジナル曲「ダブル・バック」とボブ・ディランの「傑作を描く時(When I Paint My Masterpiece)」はファン必聴だろう。そして、ボーナス・トラックとして本作の為に昨年ウッドストックでスタジオ録音されたニュー・レコーディング3曲も含まれており、全部で19曲(収録時間75分余り)。まさに聴き応え充分。これを聴き逃すテは無いだろう。

【付記】本作は下記の音楽雑誌2006年ベスト・アルバムに選ばれました。
これもひとえに皆様方の応援のおかげです。ありがとうございました。
◆ミュージック・マガジン社刊
「レコード・コレクターズ」誌
 2006年ベスト・フォーク/カントリー・アルバム第4位
◆シンコー・ミュージック刊
「THE DIG」誌
 全ジャンル対象の2006年ベスト・リイシュー・アルバム50選の第23位

■収録曲■ 全19トラック
1. Rabbit's Luck (4:29)
2. Hungry Dogs of New Mexico (4:37)
3. Farmers Almanac (5:22)
4. Golden Bird (3:43)
5. Double Back (3:18)
6. Bessie (3:49)
7. Earl's Crab Shack (3:17)
8. Monday Morning Blues (2:48)
9. Deep River Blues (3:32)
10. Blow Your Whistle, Freight Train (2:19)
11. Relax Your Mind (5:30)
12. Buckets Of Rain (5:38)
13. Gypsy Davey (7:07)
14. Gambler's Song (2:44)
15. When I Paint My Masterpiece (3:41)
16. Jackhammer Blues (3:16)
ボーナス・トラック:
17. Stack-o-lee (2:45)
18. Riptide (4:15)
19. Sporting Life Blues (4:21)

■ハッピー・トラウムの書き下ろしライナーより(抜粋)■
 ....大切なことは、これらの歌にはアーティと私や仲間のミュージシャンたちがコンサートで発揮した情熱、興奮、ユーモア、そしてエネルギーが捕らえられていることです。
....ここで聴くことのできる演奏は、私たち二人の歴史を撮影したスナップ写真のようなものです。

■アーティ・トラウムの書き下ろしライナーより(抜粋)■
 ....私たち自身が書いた「ラビッツ・ラック」「ハングリー・ドッグ・オブ・ニュー・メキシコ」「ゴールデン・バード」などの歌については、ギターやバンジョーのパートにしろ、ヴォーカル・アレンジにしろ、とても熱い思いを注ぎ込んでいました。
....ここに収められている歌は、フォーク・シーンで果たした私たちの役割を垣間みる貴重な録音と言えるでしょう。素晴らしい思い出を蘇らせるとともに、一つの時代のエネルギーと汗と感動を解き明かしてくれているのです。

---------------------------------------------------------------------
■鈴木カツ氏による解説より(抜粋)■
 本盤は、二人が円熟期を迎えた1970年から1980年代に行われた心温まるコンサートのライヴ音源(ゲストは、あのエリック・カズ)から成り立ち、いわばハッピー&アーティ・トラウムの「ロスト・テープの発見!」と大袈裟に叫んでもいいくらいの内容を備えた作品集。ウッドストック・ロック・ファンとしては絶対に見逃せないアルバムの登場だ。


●HARRY TAUSSIG / FATE IS ONLY ONCE('06)    \2480(会員\2380)

●HARRY TAUSSIG / FATE IS ONLY TWICE('12)    \2480(会員\2380)

●HARRY TUFT & FRIENDS / TREASURES UNTOLD

●HAYWIRE / BLUEGRASS CHRISTMAS       CD-BGC-01 \2480(会員\2380)
 feat. Gene Parsons,

●HEATHER MASSE / BIRD SONG('09)       \1980(会員\1880)

 All 13 tracks: I Don't Wanna Wake Up/ Bird Song/ Our World/ Chosen/ Over the Mountain/ Bathtub/ High Heeled Woman/ Mornings Breaking the Rules/ Orphan Girl/ Time's a Hoax/ Hollywood/ Be My Sailor/ Mittens/


●HEIDI TALBOT / DISTANT FUTURE('04)       \1980(会員\1880)

●HEIDI TALBOT / THE LAST STAR('10)       \1980(会員\1880)

◆HENRY GAFFNEY / ON AGAIN OFF AGAIN ('78) 《紙ジャケット・完全限定盤》 CD-5012 \2625
 
紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

◆HENRY GAFFNEY / WAITING FOR A WIND ('76) 《紙ジャケット・完全限定盤》 CD-5011 \2625
 
紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

●HENRY GROSS / I KEEP ON ROCKIN'    SNTCD-990 \1980(会員\1880)

●HENRY KAISER & DAVID LINDLEY / THE SWEET SUNNY NORTH('96)     CD-64061 \1980(会員\1880)

●HERB PEDERSEN / LONESOME FEELING    CD-SH-3738 \1980(会員\1880)

●HERB PEDERSEN / SOUTHWEST - SANDMAN ('76/'77)   CD-6040 \2480(会員\2380)

●HIGH NOON / LIVE IN TEXAS AND JAPAN    WAT-CD-1063 \1980(会員\1880)

●HILL COUNTRY REVUE / MAKE A MOVE('09)
 All 10 tracks: Alice Mae/ Hill Country Revue/ Dirty Shirt/ You Can Make It/ Let Me Love You/ Let's Talk About Me and You/ Georgia Women/ Highway Blues/ Ramblin'/ Growing Up in Mississippi/

●HILLMEN / THE HILLMEN     CD-3719  \2280(会員\2180)
 feat. Chris Hillman, Don Parmley, Rex and Vern Gosdin,

●HILLMEN / THE HILLMEN [紙ジャケット]     CD-M101 \2480(会員\2380)
 feat. Chris Hillman, Don Parmley, Rex and Vern Gosdin,

◆HIRTH MARTINEZ / I'M NOT LIKE I WAS BEFORE [夢の旅人]('98)    YDCD-0001 \2625(会員\2525)

●HOAGY CARMICHAEL / THE FIRST OF THE SINGER SONGWRITERS[4枚組CD]    \4800(会員\4700) 

●HOLLY NEAR & RONNIE GILBERT / LIFELINE EXTEDED[2枚組CD] ('83/'02)    \2800(会員\2700)

◆HONEYBUS / STORY [紙ジャケ]('70/'06)   CD-010 \2730(会員も同じ価格)
 その
コリン・ヘアを擁したハニーバスが70年に発表した唯一のアルバム。ボーナス・トラック13曲収録。06年24ビット・リマスター、紙ジャケットで限定リリース。

●HOT CLUB OF COWTOWN / WHAT MAKES BOB HOLLER    CD-014 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: She's Killing Me/ It's All Your Fault/ Time Changes Everything/ Maiden's Prayer/ Oklahoma Hills/ Big Ball In Cowtown/ Keeper of My Heart/ Smith's Reel/ Devil Ain't Lazy/ Along the Navajo Trail/ Faded Love/ What's the Matter With the Mill/ Osage Stomp/ Stay a Little Longer/


HOT CLUB OF COWTOWN / WISHFUL THINKING('09)      \2280(会員\2180)

 All 14 tracks: Can't Go On This Way/ Reunion/ If You Leave Me/ Cabiria/ Heart of Romain/ Georgia/ What You Meant to Me/ Carry Me Close/ The Long Way Home/ The Magic Violin/ (Intro) One Step Closer/ One Step Closer/ Columbus Stockade Blues/ Someone to Watch Over Me/


●HOT CLUB OF NAPTOWN / ALL SWINGS CONSIDERED('04/'05)     \2480(会員\2380)

●HOT TUNA / STEADY AS SHE GOES ('11)           CD-241 \1980(会員\1880)
 produced by Larry Campbell; Recorded at Levon Helm Studios; All 12 tracks: Angel of Darkness/ Children of Zion/ Second Chances/ Goodbye to the Blues/ A Little Faster/ Mourning Interrupted/ Easy Now Revisited/ Smokerise Journey/ Things That Might Have Been/ Mama Let Me Lay It on You/ If This Is Love/ Vicksburg Stomp; ■1990年以来21年ぶりでリリースされたホット・トゥナのスタジオ録音アルバム。ラリー・キャンベルのプロデュースのもと、リヴォン・ヘルムのスタジオで録音された全12トラック。アコースティックもエレクトリックもホット・トゥナのどちらの面のも味わえる、まさに待った甲斐のあるアルバムだ。

●HOYT AXTON / LESS THAN THE SONG-LIFE MACHINE      CD-259  \2280(会員\2180)

●HUGH MOFFATT / THE LIFE OF A MINOR POET    WAT-CD-1047 \1980(会員\1880)

●HUGH MOFFATT TRIO / THE WOGNUM SESSIONS('92)    SCR-32 \1980(会員\1880)

◆HUNGRY CHUCK / HUNGRY CHUCK('72) 《紙ジャケット・ボーナストラック2曲追加の14曲収録》 \1500(会員も同じ価格)
 あの名盤が紙ジャケット(ダブル・ジャケット仕様)で限定リリース。解説付き。お早めにどうぞ!!

●IAIN MATTHEWS / GOD LOOKED DOWN('96)       \2280(会員\2180)

●IAIN RANKIN / OUT OF NOWHERE('93) with Aly Bain;   CDTRAX-069 \1980(会員\1880)

●IAN MATTHEWS / WALKING A CHANGING LINE('88)    CD-WD1070  \2280(会員\2180)

●IAN McLAGAN & THE BUMP BAND / BEST OF BRITISH('00) with Ronnie Wood; CD-GAD-260 \1980(会員\1880)

◆IAN TAMBLYN / CLOSER TO HOME [紙ジャケ]('77)   \2730(会員も同じ価格)

◆IAN TAMBLYN / IAN TAMBLYN [紙ジャケ]('76)   \2730(会員も同じ価格) 品切れ中

●IAN TYSON / YELLOWHEAD TO YELLOWSTONE AND OTHER LOVE STORIES('09)    \2280(会員\2180)

 produced by Harry Stinson; All 10 tracks: Yellowhead to Yellowstone/ Fiddler Must Be Paid/ Lioness/ Ross Knox/ Blaino's Song/ Estrangement/ My Cherry Colored Rose/ Bill Kane/ Go This Far/ Love Never Comes at All/


●IAN TYSON / ALL THE GOOD 'UNS('96)    79495-2 \1980(会員\1880)

●IAN TYSON / AND STOOD THERE AMAZED('91)    79471-2 \1980(会員\1880)

●IAN TYSON / LOST HERD('99)    CD-VAN-79533 \1980(会員\1880)

●IRIS DeMENT / MY LIFE('94)    45493-2 \1980(会員\1880)
 All 10 tracks: Sweet Is the Melody/ You've Done Nothing Wrong/ Calling for You/ Childhood Memories/ No Time to Cry/ Troublesome Waters/ Mom and Dad's Waltz/ Easy's Gettin' Harder Every Day/ Shores of Jordan/ My Life/

●IRIS DeMENT / SING THE DELTA('12)       \2280(会員\2180)

●IRIS DeMENT / THE WAY I SHOULD('96)    46188-2 \1980(会員\1880)

 

 ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL. 


 

プー横丁のトップページへ