ロックCD在庫リスト C〜D
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。
※一部、品切れ中の物も含まれています。お問い合せ下さい。◆は国内盤、●は輸入盤です。
在庫リストインデックスに戻る 

C、D

●CANTRELLS / A NEW LANGUAGE('91)     CD-TR-5081 \1200(会員\1100)

●CAPERCAILLIE / AT THE HEART OF IT ALL ('13) ≪送料無料≫   \1980(会員\1880)

●CARLA SCIAKY / AWAKENING       GLCD-2115 \1980(会員\1880)
 produced by Pete Sutherland; with Tim & Mollie O'Brien, Pete Wernick, Claudia Schmidt, ■カーラ・シアーキー(という表記が英語の発音に近い)が95年に発表したグリーン・リネットでの3作目。彼女のフォーク&トラッド風味のオリジナル作品が抜群。ティム&モウリー・オブライエンやC・シュミットも参加。歌詞付。良い!!

●CARLA SCIAKY / THE UNDERTOW('91)   GLCD-2103 \1980(会員\1880)
 produced by Pete Sutherland; with Tim & Mollie O'Brien; ■カーラ・シアーキー(という表記が英語の発音に近い)の91年作。彼女のフォーク&トラッド風味のオリジナル作品を初め、クライヴ・グレッグスン、ティム・オブライエン、ジェーン・ギルマンの作品も含む全13曲。ティム&モウリー・オブライエン等が参加。とても良い!!

●CARLA SCIAKY / SPIN THE WEAVER'S SONG('92)   GLCD-2106 \2600(会員\2500)

 All 30 tracks: Sheep Shearing Toast/ Sheep Shearing Toast/ The Sheep Shearers/ Sheep Shearing/ Click, Click, That's How The Shears Go/ Shearing The Sheep/ The Band Of Shearers/ The Flax In Bloom/ Jog Along Till Shearing/ MEDLEY: Spinn Spinn〜La Filadora/ Snosti E Dobra Dotsna Sedela/ Pukala Sam Lenek/ Viragos Kenderem/ The Spool/ Song For The Spinning Wheel/ Spinning Wheel Song/ La Tejedora De Nanduti/ Cotton Picker's Rag/ The Weaver's Glee/ I Can Weave Linen/ Weaver Is Handsome, The/ Paddy The Weaver/ The Weaver/ MEDLEY: The Weaver's March〜 The Gallant Weaver/ The Weaver's Daughter/ The Weaver And The Chambermaid/ Sweet Becky At The Loom/ Waulking Song/ Song Of The Sky Loom/ Weaving Lilt/ ■米国コロラド州デンヴァー在住のシンガー・ソングライター、カーラ・シアーキー(Carla Sciaky)が92年に録音した本作は、彼女の長いキャリアの中でも特筆すべき優れたアルバムだ。ケルティック音楽シーンでは知らぬ者のないマルチ・プレイヤー、ピート・サザーランド(guita/banjo/fiddle/vocals)をプロデューサーに迎えて、彼女自身は、ヴォーカルの他にギター、ヴァイオリン、コンサーティナなどを演奏し、歌う。アルバム・タイトルが示す通り、羊毛などの紡ぎ手や織り手たちの為に作られたトラディショナル作品が集められており、その元となった歌や曲はアメリカだけでなく、アイルランドやスコットランドをはじめ、ハンガリー、ドイツ、ブルガリアなどのヨーロッパ各国や、オーストラリア、南米のパラグアイにまで及ぶ。アコースティック楽器で奏でられるインストゥルメンタル作品や彼女の清楚なヴォーカルをフィーチャーしたヴォーカル作品が長短とりまぜ30曲(メドレー作品が2トラック含まれているので、曲数としては32曲)収録されている。70年代から活躍してきた彼女のアルバムは、常に「うた」に対する真摯な態度が感じられるものばかりだが、本作は特に彼女の長年のアーティストとしての思いが込められたアルバムと言えるだろう。


●CARLENE CARTER / HIMDSIGHT 20/20   CD-24655-2 \1980(会員\1880)

●CARL JACKSON & JOHN STARLING / SPRING TRAINING('90)  \2480(会員\2380)

◆CAROLE KING / TAPESTRY [紙ジャケ]   CD-842 \1890(会員も同じ価格)

●CAROLE KING & JAMES TAYLOR / LIVE AT THE TROUBADOUR [CD+DVD]  \2800(会員\2700) 品切れ中

●CAROL NOONAN BAND / NOONAN BUILDING & WRECKING ('96)  CD-PH1196 \1980(会員\1880)

●CARTER FAMILY / THE CARTER FAMILY VOL.2: 1935-1941[5枚組CD]   5CD-7708 \4800(会員\4700)

●CATHY FINK & MARCY MARXER / AIR GUITAR('93)    CD-HW-1254D \1980(会員\1880)
 All 13 tracks: Air Guitar/ Make New Friends/ Hands/ Take good Care/ Rock & Roll Polka/ Bird Medley: Red, Red, Robin〜Bye Bye Blackbird/ Peace Will come/ Whole Earth Anthem/ The Mountain May Be Higher/ Harriet Tubman/ Wiggle, Wiggle, Wiggle/ One Glass of Water/ Wherever You Go/ ■キャシー・フィンク&マーシー・マークサーが93年に発表したチルドレン・アルバムの好アルバム。

●CATIE CURTIS / HELLO, STRANGER('09)   CD-4517 \2280(会員\2180)
  produced bt Garry West; with Alison Brown(banjo/guitar), Stuart Duncan (fiddle/claw-hammer nanjo/mandolin), Darrell Scott(guitar/vo.), Kenny Malone(drums/percussion), George Marinelli(guitar/mandolin/dobro), Todd Phillips(bass), Mary Gauthier(vo.); All 11 tracks: 100 Miles/ Walking on a Wire/ Hello Stranger [duet with Mary Gauthier]/ Tuesday's Dead/ Be Sixteen With Me/ Don't Want to Know (No Evil)/ Dad's Yard/ I Wish I Knew How It Would Feel to Be Free/ Passing Through/ Deliver Me/ Saint Lucy/ ■ナッシュヴィルの歌姫、ケイティ・カーティスが09年に発表したアルバム。自らのオリジナル作品のほか、リチャード・トンプスンの「Walking on a Wire」、ジョン・マーティン「Don't Want to Know (No Evil)」、キャット・スティーヴンスの「Tuesday's Dead」、67年にニーナ・シモンが録音したのをジョン・デンヴァー、マリー・トラヴァースからソロモン・バーク、アーマ・トーマス、最近では09年にリヴォン・ヘルムも『エレクトリック・ダート』で取り上げている「I Wish I Knew How It Would Feel to Be Free」など、他のソングライターの作品もカヴァーした全11曲。アルバム・タイトル曲は、勿論カーター・ファミリー作品である。

◆CHAD & JEREMY / OF CABBAGES AND KINGS('67/'06)   CD-MHCP-978 \1890

●CHARLIE DANIELS / SONGS FROM THE LONGLEAF PINES('05)     CD-9823 \2480(会員\2380)
 with Earl Scruggs, Mac Wiseman, Ricky Skaggs, The Whites, The GrooveGrass Boyz;

●CHARLIE McCOY / HARPIN THE BLUES('75/'91)     \2280(会員\2180)

●CHAS & DAVE / YOURS SINCERELY: 20 SENTIMENTAL SONGS FROM CHAS 'N' DAVE('92)   CCSCD-334 \1980(会員\1880)

◆CHICAGO / CHICAGO V      CD-13638 \2500

◆CHICAGO / CHICAGO VI: 遥かなる亜米利加      CD-13639 \2500

◆CHICAGO / CHICAGO VII: 市俄古への長い道      CD-13640 \2500

●CHIP TAYLOR & CARRIE RODRIGUEZ / THE NEW BYE & BYE('10)  CD-0036 \2280(会員\2180)
 2011年1月にヴァン・モリソンの初期ギタリスト、ジョン・プラタニアを伴って初来日が決定したチップ・テイラーの最新アルバム。

●CHIP TAYLOR / THE LIVING ROOM TAPES('97)   CD-GAD-220 \1980(会員\1880)
 with David Mansfield, Jon Sholle;

●CHRIS DARROW / A SOUTHERN CALIFORNIA DRIVE('80)   CD-2055 \2280(会員\2180)

●CHRIS DARROW / COYOTE('97)   CD-2028 \2280(会員\2180)

●CHRIS DARROW / FRETLESS('79/'93)   CD-2012 \2280(会員\2180)

●CHRIS DARROW / SLIDE ON IN('02)   CD-2058 \2280(会員\2180)

●CHRIS DARROW & MAX BUDDA / HAREM GIRL('98)   CD-2039 \2280(会員\2180)

●CHRIS HILLMAN / DESERT ROSE   CD-SH-3743 \2280(会員\2180)

●CHRIS HILLMAN / LIKE A HURRICANE('98)   CD-SH-3878 \2280(会員\2180)

CHRIS HILLMAN & HERB PEDERSEN / AT EDWARDS BARN ('10)   CD-0652 \2280(会員\2180)

 All 15 tracks:  Going Up Home/ Love Reunited/ Turn Turn Turn (To Everything There Is A Season)/ If I Could Only Win Your Love/ Tu Cancion/ Our Savior's Hands/ Wheels/ Have You Seen Her Face/ Eight Miles High/ Together Again/ Desert Rose/ Sin City/ The Cowboy Way/ Wait A Minute/ Heaven's Lullaby/ ■クリス・ヒルマンとハーブ・ぺダースンのデュエット・アルバムで、09年カリフォルニアのライヴ・レコーディングされたものだ。「Turn Turn Turn」「Wheels」「Eight Miles High」「Sin City」「Desert Rose」「Turn Turn Turn」「Wait A Minute」などを含む全15曲を収録。彼等2人のアコースティック・セットによるお馴染みのナンバーの素晴らしさ。バック・オウエンズの大ヒット曲「Together Again」も聴きモノの1つだ。本作を聴いて2008年5月に来日した際の2人の最高のパフォーマンスを思い出す方も多いだろう。全面的にお薦めする。


●CHRIS JAGGER / CHRIS JAGGER'S ATCHA    NEXCD-258 \1980(会員\1880)

●CHRIS KNIGHT / THE TRAILER TAPES('07)    CD-10 \2280(会員\2180)

●CHRIS KNIGHT / THE JEALOUS KIND('03)     \2280(会員\2180)

●CHRIS SMITHER / HUNDRED DOLLAR VALENTINE ('12)      \2280(会員\2180)

●CHRIS SMITHER / LEAVE THE LIGHT ON('06)    CD-2001 \2280(会員\2180)

CHRIS SMITHER / TIME STANDS STILL('09)     \2280(会員\2180)
 All 11 tracks: Don't Call Me Stranger/ Time Stood Still/ Surprise, Surprise/ I Don't Know/ Call Yourself/ Old Man Down/ I Told You So/ It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cr/ Miner's Blues/ Someone Like Me/ Madame Geneva's/

●CHRIS THILE / DECEIVER('04)     CD-3976 \2280(会員\2180)

 All 10 tracks: The Wrong Idea/ On Ice/ Locking Doors/ Waltz For Dewayne Pomeroy/ Empire Falls/ I'm Nowhere And You're Everything/ Jessamyn's Reel/ The Believer/ This Is All Real/ Ready For Anything/ ■米国では知らぬ者の無いほど絶大な人気を誇るニックル・クリーク(NICKEL CREEK)の天才マンドリン奏者、クリス・シリーのソロ第4弾。初のヴォーカル・アルバム(2曲のインスト作品含む)となる本作は、マンドリンをはじめ全ての楽器(acoustic guitar/electric guitar/fiddle/banjo/piano/keyboards/drums)およびリード・ヴォーカルやバック・コーラスに至るまで、このアルバムで聴ける「音」の全てを彼1人で演奏し、歌っている。収録された全10曲も全て彼のオリジナル作品という、まさに「全部1人でやっちゃいました」ってアルバムなのだ。その音作りはヴォーカル・スタイルも含め、現代のロック/ポップの若さあふれるバンド・サウンドそのもので、それは今年リリースされたニックル・クリークとグレン・フィリップスとのコラボレーション作『MUTUAL ADMIRATION SOCIETY』を聴いた時にも予感したのだけれど、ここまで凄い事をやらかすとは誰も思わなかったのではないか。ソロ・デビュー作『LEADING OFF』を10年前の1994年、10代半ばで発表した小柄な野球好きの少年が、天才マンドリン・プレイヤーと騒がれながらのこの10年間で、ありとあらゆる音楽を吸収し、オリジナルな音楽を作った。それらは現代に生きる20代半ばの若者が才能のありったけを注ぎ込んだオリジナル作品群な訳で、とびきりのイキのよさ・パワー・切れ味が漲っていて、どの曲を聴いても「とても気持ち良い」。こんな芳醇な音楽を作れるクリス・シリーの姿をデビュー10年後に見れるとは思わなかった。これから先どこまで彼が自らの音楽を進化&深化させていくのか、本当に楽しみだ。前述の『MUTUAL ADMIRATION SOCIETY』(下記にご紹介済み)をまだお聴きでない方は、そちらも是非どうぞ。

●CHRIS THILE & MICHAEL DAVES / SLEEP WITH ONE EYE OPEN('11)      \2480(会員\2380)
 All 16 tracks: 1. Rabbit in the Log/ Cry, Cry Darling/ Loneliness and Desperation/ Tennessee Blues/ 20/20 Vision/ You're Running Wild/ Ookpik Waltz/ My Little Girl in Tennessee/ Sleep with One Eye Open/ Rain and Snow/ Mississippi Waltz/ Bury Me Beneath the Willow/ Roll in My Sweet Baby's Arms/ Billy in the Lowground/ It Takes One to Know One/ If I Should Wander Back Tonight/

●CHRISTOPHER CROSS / WALKING IN AVALON[2枚組CD] 1998   2CD-BCIR-86248 \3800(会員\3500)

●CHUCK BRODSKY / A FINGERPAINTER'S MURALS('95)    WBG-0011 \1980(会員\1880)

●CHUCK BRODSKY / LAST OF THE OLD TIME('00)  RHR-CD-141 \1980(会員\1880)

CHUCK MEAD / JOURNEYMAN'S WAGER('09)   \2280(会員\2180)
 BR-49のリード・ヴォーカリストチャック・ミードがソロ・アルバムを発表。プロデューサーはレイ・ケネディ。

●CHUCK PROPHET / HOMEMADE BLOOD   CKV-CD-114 \1980(会員\1880)

●CHUCK PYLE / DRIFTER'S WIND   SB-1001-2 \2280(会員\2180)

●CHUCK PYLE / ENDLESS SKY    BNF#1003-2 \2280(会員\2180)

●CHUCK PYLE / STEP BY STEP  BNF-1002-2 \2280(会員\2180)

●CINDY CASHDOLLAR / SLIDE SHOW('04)    CD-9481 \2280(会員\2180)
 
with Sonny Landreth, Mike AUldridge, Herb Remington, Marcia Ball, Steve James, Johnny Nicholas, Lucky Oceans & Redd Volkaert;

◆CITY / THE CITY [紙ジャケ]('68/'07)      CD-1541 \1890(会員も同じ価格)
 feat. Carole King, Danny Kortvhmar, ■邦題『夢語り』あの名盤が紙ジャケットで限定リリース。99年リマスタリング、解説・対訳付き。お早めにどうぞ!!

●CLAIRE LYNCH / WHATCHA GONNA DO('09)     \2280(会員\2180)
 feat. Jim Hurst(guitar/banjo/mandolin/vo.), Jason Thomas(mandolin/fiddle/vo), Mark Schatz(bass/clawhammer banjo); with Jesse Winchester; All 12 tracks: Great Day in the Mornin'/ Highway/ The Mockingbird's Voice/ Face To Face/ That's What Makes You Strong/ Whatcha Gonna Do/ Crazy Train/ A Canary's Song/ My Florida Sunshine/ Widow's Weeds/ Barbed Wire Boys/ Woods of Sipsey/ ■スペシャル・ゲストとしてジェシ・ウィンチェスターが参加し、彼のオリジナル曲「That's What Makes You Strong」をデュエットしていることでも話題のクリア・リンチのニュー・アルバム。クリアのクリスタル・ヴォーカルとジェシ・ウィンチェスターのヴォーカルの相性もピッタリで、本作の聴きモノの1つとなっている。

クラレンス・ホワイトのお宝音源集CD、入荷。
●CLARENCE WHITE / WHITE LIGHTNIN' [CD]    \2480(会員\2380)

 全18トラック収録。
●現在は映画サントラ盤としてリリースされている『DELIVERANCE』は、元々『NEW DIMESIONS IN BANJO AND BLUEGRASS』というエリック・ワイズバーグとジム・ブリック・マンのアルバムで、クラレンスがギターで参加している事でも知られているアルバムだが、その時の音源LPにもCDにも収録されていない「No Title Yet Blues(まだタイトルの付いていないブルース)」という曲でクラレンスの素晴らしいリード・ギターとリズム・ギターが聴けるという、この曲が初収録。
●ナッシュヴィル・ウェスト(a.k.a.REASONS)と同じ時期にクラレンスが在籍していたバンド、ザ・ラウスタバウツによる1967年のライヴ音源でカリフォルニア州エル・モンテにあったナッシュビル・ウエスト・クラブでライヴ録音された「Buckaroo」「Tango For A Sad Mood」「Tuff and Stringy」の3曲。それに同バンドによる未発表のスタジオ録音ヴァージョンの「Tuff and Stringy」。これらのトラックでクラレンスはエレクトリック・ギターを弾いている。
●クラレンスがザ・バーズ在籍していた頃の未発表スタジオ音源で、ストリング・ベンダー・ギターを使った極上イントス曲「Around the Barn」。アコースティック・ヴァージョンの「Yesterday's Train」。身内の間では「Sally (Goodin) meets the Byrds」と呼ばれていたインスト曲を「White's Lightning」として収録。


●CLARENCE WHITE / 33 ACOUSTIC GUITAR INSTRUMENTALS     CD-26023-2 \2480(会員\2380)
 All 33 tracks: Wildwood Flower/ Masters Bouquet/ Bury Me Beneath The Willow/ Black Mountain Rag/ Billy In The Low Ground/ I'm So Happy/ He Will Set Your Fields On Fire/ Sugar Foot Rag/ Nine Pound Hammer/ Cripple Creek/ Under The Double Eagle/ Farewell Blues/ I Am Pilgrim/ Country Boy Rock & Roll/ Forsaken Love/ Falsehearted Lover/ Black Jack Davy/ Banks of the Ohio/ Jimmy Brown The Newsboy/ Sally Goodin/ Buckin' Mule/ Shady Grove/ Pike County Breakdown/ Old Joe Clark/ Arkansas Traveller/ Footprints in the Snow/ In the Pines/ Journey's End/ Pretty Polly/ Cotton Eyed Joe/ Clinch Mountain Backstep/ Randy Lynn Rag/ Mandolin Medley/

●CLARENCE WHITE / FLATPICK('06)           CD-1024 \2480(会員\2380)

●CLARENCE WHITE / TUFF & STRINGY: SESSIONS 1966-68 イギリス盤    \2280(会員\2180)
 既に以前よりマニアの間では話題騒然となっているクラレンス・ホワイトのアルバムが遂にリリースされた。それは、クラレンス・ホワイトがスタジオ・ミュージシャンとして活躍した1966年〜1968年の未発表&超貴重レコーディングを収録したファン垂涎のアルバムだ。ザ・バーズ・ファン&カントリー・ロック・ファンそしてフォーク・ロック・ファンの方には、絶対に本作は聴いて頂きたい。もう、ビックリされる事ウケアイだから。
 アルバム・タイトルにもなっている「Tuff And Stringy」は「Tango For A Sad Mood」とのカップリングでクラレンス・ホワイト名義でシングル盤として1967年に発売された超レアな音源2曲なのだ。同じくクラレンス・ホワイトのソロ・シングル盤として1968年に発売された「Grandma Funderbunks Music Box」と「Riff Raff 」も収録。このクラレンスのソロ名義シングル4曲が含まれる事に、まず驚かされる。  
 クラレンスがザ・バーズに正式加入(68年11月)する直前の約3年間に残したレコーディング・セッションでの演奏は、後のザ・バーズでのレコーディングで使用する(『アンタイトルド』のライヴでは弾きまくりの)ストリングベンダー・ギターはまだ開発&完成しておらず、本作に収録されたエレクトリック・ギターは(ストリングベンダーがマウントされていない普通の)テレキャスターなのだ。にもかかわらず、本作で聴ける彼のプレイはストリングベンダーを駆使したかのような素晴しいリックス&フレーズが随所に登場するのだ。それは、言い換えればペダルスティール・プレイに酷似したクラレンス独特のギター・フレーズは、ストリングベンダーという便利な「装置」がその後に発明されたからこそ初めて可能になったのではなく、既にそれ以前にクラレンスの頭の中でほぼ完成されていて、自在にプレイできていた事が本作で更に明確になった訳だ。ストリングベンダーは、彼が考えたリックスの数々をより簡便に(そしてギター弦の張力を変化させるというペダルスティールと同じ方式を採用することで更にペダルスティール・サウンドに酷似させる事で)よりリアルにさせるというクラレンスの発案をジーン・パースンズが具体化したという事実が、本作を聴いて更によく解るのである。
 そして、本作でのクラレンスのヴォーカルにも注目頂きたい。ケンタッキー・カーネルズによる「Everybody Has One But You」と「Made Of Stone」はマンドリンの名手でもある兄のローランド・ホワイトとのデュエットが聴けるのだが、(下の)リード・パートを歌う若きクラレンスの少し鼻にかかったロンサムな雰囲気タップリのヴォーカルは、その後にザ・バーズで「Bugler」や「Jamaica Say You Will」といった(彼のヴォーカルがあったればこその)永遠の名曲を残すことになる彼を予感させるに充分だ。
 又、多くのトラックではクラレンスを擁したナッシュヴィル・ウェストの他のメンバーも参加しており、ジーン・パースンズと思われるハーモニカやバンジョーがフィーチャーされた曲も含まれているのである。
曲目などはクラレンス・ホワイトのページをご覧下さい。

●COAL PORTERS / CHRIS HILLMAN TRIBUTE CONCERTS      \2280(会員\2180)

●COAL PORTERS / LOS LONDON   SID-004 \1980(会員\1880) 

●COCO MONTAYA / DIRTY DEAL('07)   CD-4913 \2480(会員\2380)
 All 11 tracks: 1. Last Dirty Deal/ Three Sides to Every Story/ Love Gotcha/ How Do You Sleep at Night?/ It Takes Time/ It's My Own Tears/ Coin Operated Love/ Clean Slate/ Put the Shoe on the Other Foot/ It's All Your Fault/ Ain't No Brakeman/

◆COLIN HARE / FREE TOGETHER [紙ジャケ]('04/'08)   CD-009 \2625(会員も同じ価格)
 元ハニーバスのコリン・ヘアが05年に発表したソロ3作目。08年24ビット・リマスター、紙ジャケットで限定リリース。

●COLIN LINDEN / RAISED BY WOLVES('98)   CD-4284 \1980(会員\1880) 

●COSY SHERIDAN / GRAND DESIGN('99)   CD-WR-4005 \2280(会員\2180)

●COTTARS / FEAST('10)     CD-7068 \2280(会員\2180)
 All 12 tracks: Overture/ Fare Thee Well, Northumberland〜The Purple Wave/ Seagull/ The Munster Suite: My Darling Asleep〜The Munster Buttermilk〜The Frieze Britches/ Your Love's Return (Song for Stephen Foster)/ Young Munro/ The Contradiction Set: Carter MacKensie's〜The Hurricane〜The Contradiction/ Leave Tomorrow Till It Comes/ On a Pier/ The 23rd of June/ Hymn for N/ Goodnight to You (Oidhche Mhath Leibh)/

●COWBOY JACK CLEMENT / GUESS THINGS HAPPEN THAT WAY('04)    CD-1187 \2280(会員\2180)
 with Johnny Cash; All 12 tracks: No Expectations/ Guess Things Happen That Way [with Johnny Cash]/ There Ain't A Tune/ It'll Be Me/ S-E-R-I-O-U-S-L-Y/ Dreaming My Dreams With You/ Every Place I've Ever Been/ Trapped In An Old Country Song/ Ballad Of A Teenage Queen [with Johnny Cash]/ Drinking Carrot Juice/ Leavin' Is The Lovin' Thing/ Off To See The World/ ■伝説のソングライターであり、一時代を築いたプロデューサーでもあるカウボーイ・ジャックことジャック・クレメント。現在はナッシュヴィルで長らくプロデューサーとして活躍しているジム・ルーニーもウッドストックからナッシュヴィルに移ってからかなりの間ジャックのバンドに在籍していた。そのジム・ルーニーもカヴァーしているローリング・ストーンズの「No Expectations」をはじめ、ジャックのオリジナル作品も含む全12曲。「Ballad of A Teenage Queen」と「Guess Things Happen That Way」では、今は亡きジョニー・キャッシュがゲスト参加。長年のキャリアに裏打ちされたいぶし銀のヴォーカルは格別の味わいだ。
■ジャック・クレメント・ミニ・バイオ■ 1931年メンフィス生まれの彼は、10代の頃にブルーグラス・バンドやハワイアン・バンドを結成、10代の頃のエルヴィスと同じステージに立った経験もある。56年にサン・レコードのサム・フィリップスに雇われ、片腕としてチャーリー・リッチ、ロイ・オービスン、ジョニー・キャッシュ、ジェリー・リー・ルイス(「Whole Lotta Shakin' Goin' On」の録音含む)等のプロデュースを担当。59年にナッシュヴィルに移り、チェット・アトキンスのアシスタントとして勤務し、(レーベルお抱えではない)独立プロデューサーとしてメジャー・レーベルのRCAで活躍。チャーリー・リッチの初期20枚のアルバムをプロデュースし、数々のビッグ・ヒットを放つ。その間にも彼は多くのアーティスト(Johnny Cash, Sheb Wooley, John Hartford, Doc Watson, Townes Van Zandt, Don Williams, Waylon Jennings, Louis Armstrongなど)をプロデュースした。 1988年にはU2がアルバム『RATTLE AND HUM』のプロデュースを依頼。ナッシュヴィル・ソングライターズ・ホール・オブ・フェイムのメンバーとして彼の作品はグラム・パースンズやジョン・プラインをはじめ多くのアーティスト(Hank Snow, Cliff Richard, Ray Charles, Tom Jones, George Jones, Porter & Dolly, Gerry & The Pacemakers, Garth Brooks, Johnny Cash, Charley Pride, Jim Reeves, Foghat)達にカヴァーされ、レコーディングされている。自らの音楽出版社やレーベルを立ち上げ、録音スタジオを建設し、カルト・ホラー映画の制作をするなど、ナッシュヴィルのトップ・ソングライターやプロデューサーの指導者的な存在となっている。

CPR
■デヴィッド・クロスビ−がベテラン・ギタリスト、ジェフ・ピーヴァ−(Jeff Peavar)と、息子であり優れたシンガー・ソングライターでもあるピアノ&キーボード奏者のジェイムズ・レイモンド(James Raymond)と共に新たに結成したバンド、CPR。ベースとドラムス担当のサポート・メンバー2人を加えた5人編成のCPRは、98年の公式デビュー・アルバムを発表した時から、プ−横丁界隈では大評判となっていました。続く2作目の2枚組ライヴ盤では、完璧なアンサンブルとメンバーの5人全員がヴォーカルをとれる強みを生かした見事なコーラス・ワークで、ライヴ・バンドとしても並はずれたセンスと実力をもっている事も我々に示してくれたのです
●CPR [CROSBY, PEVAR & RAYMOND] / CPR('98)    GC-0145 \2280(会員\2180) 品切れ中
 CPRの98年作。収録された全11曲はすべて(共作を含む)クロスビ−のオリジナル作品。リード・ヴォーカルもクロスビ−が殆どで担当していますが、息子のレイモンドのリード・ヴォーカルも素晴らしい。本作がリリースされた当時は、彼等のコーラス・ワークに全盛期のCS&NやCSN&Yをイメージしたファンの方も多かったようです。リランド・スクラ−(bass)とラス・カンクル(drums)も参加しています。歌詞付き。

●CPR [CROSBY, PEVAR & RAYMOND] / JUST LIKE GRAVITY    GC-20002-2A \2200(会員\12100)

 収録された全12曲は、全てがCPRのメンバーによるオリジナル作品。クロスビー単独によるオリジナル作品はアルバム・タイトル曲も含み、3曲。その他はレイモンドの単独、クロスビーとレイモンド、クロスビーとピーヴァー、クロスビーとピーヴァーとレイモンド、CPRのメンバー全員、そしてクロスビーとレイモンドとグレアム・ナッシュ3人によるオリジナル作品も収められており、いずれも粒揃いの佳曲。その中でも、息子レイモンドの成長著しいソングライティングとヴォーカルが素晴らしく、彼の単独によるオリジナル曲「Jerusalem」が、その事を如実に物語っていると言えます。勿論、御大クロスビーの精気に満ちた力強いヴォーカルは、本作でも長年のファンを唸らせるカッコ良さ。CPRをまだお聴きでない方は、先ずこの最新作をお聴きになって度胆を抜かれて下さい!! 歌詞付き。


●CPR [CROSBY, PEVAR & RAYMOND] / LIVE AT THE WILTERN[2枚組CD]  2CD-GC-0148 \3400(会員\3100)

 そして、こちらは99年にリリースされた2枚組CD。実際のコンサートの順番通り、オーヴァーダビングは一切しなかったという、自らのステージ・パフォーマンスへの自信が窺える強力なライヴ盤です。前作『CPR』のライヴ・ヴァージョン作品は勿論、「Almost Cut My Hair」「Deja Vu」「Long Time Comin'」「Ohio」などCS&NやCSN&Yの大ヒット曲もカヴァー、極め付けは「Hero」で、ゲスト・ヴォーカリストにフィル・コリンズが登場し、見事なデュエット・ハーモニーをクロスビ−と共に聴かせてくれます。又、クロスビーがザ・バーズ時代に作った大ヒット曲「Eight Miles High」がCPRの素晴らしいニュー・アレンジで演奏され、「現在(いま)の歌」となって見事に甦っているのも大きな話題となっています。


●CRAIG BICKHARDT / BROTHER TO THE WIND ('11)    CD-1003 \2280(会員\2180)
 with Tim O'Brien, Janis Ian, Beth Nielson Chapman, Terri Hendrix, Lloyd Maines, Darrell Scott, Maura O'Connell, Andy Leftwich and others; All 12 tracks: Life With the Sound Turned Down/ Carrying a Dream/ Brother to the Wind/ Even a Cowboy Can Dream/ A Day Well Spent/ If He Came Back Again/ This Old House/ Lord Franklin/ The Real Game/ Donald and June/ Prayers For You/ Where in the World/ ■ナッシュヴィルのベテラン・シンガー・ソングライター、クレイグ・ビックハートのニュー・アルバム。ティム・オブライエン、ジャニス・イアン、ベス・ニールセン・チャップマン、ロイド・メインズ、モウラ・オコーネル等、豪華ゲスト・ミュージシャン達が参加している。

◆CRAIG FULLER - ERIC KAZ / CRAIG FULLER - ERIC KAZ [紙ジャケ]      CD-1508 \1890(会員も同じ価格)
 あの名盤が紙ジャケットで限定リリース。2007年リマスタリング、新解説・歌詞・対訳付き。

●CROSBY, STILLS & NASH / CS&N BOX SET [4枚組CD]       \3980(会員\3880)
 CS&Nの新装盤BOX。各自のソロやCSN&Yのモノは勿論、マナサスやC&Nとしての録音も含めた内容。すで既発レコーディングだけでなくアウトテイク、デモ録音、未発表ライヴ・トラックスなど、数多くの貴重音源を収録た4枚組CD。まず「DISC 1」の1曲目、未発表アルタネイト・ミックスの「組曲: 青い眼のジュディ」に続く未発表ヴァージョンの「Helplessly Hoping」、そしてCS&Nとしての初めてレコーディングした時の録音「You Don't Have to Cry」と3曲の未発表トラックを聴いただけで完全にKO。圧巻はオリジナル長尺ヴァージョンの「Almost Cut My Hair」で『デジャ・ヴ』のアルバムではフェイドアウトして途中まで終わっているこの曲のオリジナル録音のまま、最後まで収められているのだ。長らく入手困難だっただけにこの新装発売は嬉しい限り。全77トラック中25曲が未発表トラックという4枚組CDボックスが新装リリース。これは見逃せません!!  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●CROSBY & NASH / LIVE('00)    CD-MCA-2052 \1980(会員\1880)

●DAKOTA DAVE HULL / TIME MACHINE('07)      CD-12 \2480(会員\2380)

●DAN FOGELBERG / LIVE: SOMETHING OLD, SOMETHING NEW, SOMETHING BORROWED...SOME BLUES('00)  \2280(会員\2180)
 with Timothy Schmidt, Jim Photoglo, Mark Andes, Mike Botts, Joe Vitale, Robert McEntee,  All 14 tracks: Magic Every Moment (L.A.-1993)/ Songbird (Tucson-1995)/ The Innocent Age (Chicago-1993)/ As The Raven Flies (Ft. Worth-1995)/ Hard To Say (San Antonio-1995)/ Make Love Stay (Ft. Worth-1995)/ Changing Horses (Chicago-1993)/ Looking For A Lady (Chicago-1993)/ You Better Think Twice (Chicago-1993)/ Don't Let That Sun Go Down (Knoxville-1994)/ Statesboro Blues (Kansas City1992)/ Blow Wind Blow (Knoxville-1994)/ She Don't Look Back (San Antonio-1995)/ Here Comes The Sun (Atlanta-1993)/ ■6曲にティモシー・シュミットがハーモニー・ヴォーカルなどで参加しているほか、ジム・フォトグロ、マーク・アンデス(ex-FIREFALL), マイク・ボッツ(ex-BREAD)等が参加した90年代半ばのライヴ・レコーディングを集めたファン必携のアルバム。興味深いカヴァー曲が彼の音楽的バックグラウンドを窺わせる。

◆DAN FOGELBERG / CAPTURED ANGEL [紙ジャケ]('75)   CD-811 \1890
(会員も同じ価格)

●DAN FOGELBERG / FIRST CHRISTMAS MORNING('05)    CD-8005 \2480(会員\2380)

●DAN FOGELBERG / HIGH COUNTRY SNOWS ('85)    CD-39616 \1980(会員\1880)

◆DAN FOGELBERG / HOME FREE [紙ジャケ]('72)   CD-1477 \1890(会員も同じ価格)

◆DAN FOGELBERG / NETHER LANDS [紙ジャケ]('77)   CD-812 \1890 品切れ中

●DAN FOGELBERG / PHOENIX EK-35634    \1980(会員\1880)

●DAN FOGELBERG / WISHING ON THE MOON('05)    CD-93746 \2280(会員\2180)

●DAN HICKS & THE HOT LICKS / LAST TRAIN TO HICKSVILLE('73) CD-MCAD-31188 \1980(会員\1880)

◆DAN HICKS & THE HOT LICKS / TANGLED TALES('09)    CD-UICP-64673 \2625

●DAN HICKS & THE HOT LICKS / WHERE'S THE MONEY?('71)     CD-MCAD-31337 \1980(会員\1880)

●DANIEL MOORE / LIMITED PARKING('08)      CD-10026 \2280(会員\2180)

●DANKO-FJELD-ANDERSEN / ONE MORE SHOT [2枚組CD]    2CD-1062 \2800(会員\2700)

●DANNY SCHMIDT / INSTEAD THE FOREST ROSE TO SING('09)   CD-216 \2280(会員\2180)
 produced by Mark Hallmark & Danny Schmidt; All 10 tracks: Better off Broke/ Swing Me Down/ Grampa Built Bridges/ Southland Street/ Two Timing Bank Robber's Lament/ Firestorm/ Serpentine Cycle of Money/ Oh Bally Ho/ Accidentally Daisies/ Night's Beginning to Shine/

●DANNY [GATTON] & THE FAT BOYS / AMERICAN MUSIC    NCD-3422 \2480(会員\2380)

●DAN PENN / DO RIGHT MAN('94)    CD-45519 \2280(会員\2180)

●DAN PENN / JUNKYARD JUNKY('07)     \2600(会員\2500)

●DAN SCHWARTZ / THE ART OF MAKING FIRE('96) CD-1625 \2800(会員\2700)
 All 10 tracks: All These Things/ Dancing inside of me/ Sad Little Girl/ Face the Sun/ Yalta/ Joyride etc.; ■ ギタリスト&シンガー・ソングライター、ダン・シュウォーツ。'96年にリリースされた自主制作アルバムだが、ご紹介するのは初めて。少し憂いを秘めたようなダンのヴォーカルが「ジャクスン・ブラウンに似てる」と、もっぱらの評判。フィンガースタイル・ギターの若き名手でもある彼は、本作でインストゥルメンタル作品も演奏しており、そんな事も含めて「初期のブルース・コバーンを彷佛とさせる」との声も聞くが、私はマイケル・ヘッジスのヴォーカル作品の幾つかを思い浮かべたりする。あなたはどんな感想をお持ちになるだろうか。歌詞付き。

●DALA / BEST DAY('12)              \1980

●DARRELL SCOTT / MODERN HYMNS('08)   CD-1111 \2280(会員\2180) 品切れ中
 produced by Darrell Scott; with Sam Bush, Alison Krauss, Del McCoury, the Fisk Jubilee Singers; All 12 tracks: All the Lovely Ladies/ Urge for Going/ Out Among the Stars/ Jesus Was a Capricorn/ The Devil/ James/ Frisco Depot/ American Tune/ Nobody Eats at Linebaugh's Anymore/ Joan of Arc/ I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)/ That Old Time Feeling/ ■ダレル・スコットの最新作。ジョニ・ミッチェル、ポール・サイモン、ガイ・クラーク、ゴードン・ライトフット、レナード・コーエン、ボブ・ディラン、ジョン・ハートフォード、クリス・クリストファースン、ホイト・アクストンなどの作品をカヴァー。

●DAR WILLIAMS / THE HONESTY ROOM(93)    CD-WBG-0010 \1200(会員\900)

●DAVE APOLLON / THE MAN WITH THE MANDOLIN[2枚組CD]   2CD-27 \2480(会員\2380)
 デイヴ・アポロンが56年に発表したアルバム『LOTS OF LOVE』を含む30年〜56年の全レコーディング。15曲の未発表トラックを含む全46曲収録。ファン必携のアルバム。

●DAVE CROSSLAND / FIELDS OF PROMISE('00)    APRCD-1037 \1980(会員\1880)

●DAVE GERSHEN & JON GERSHEN / FADED GLORY('03)   \2280(会員\2180)

 produced by Jon Gershen; feat. Dave Gershen(acoustic guitar/vocals), Jon Gershen(acoustic guitar/vocals), with Arlen Roth(electric guitar), Eric Parker(drums), Albert Rogers(bass), Dan McKinney(keyboards); All 11 tracks: Lost The Race/ Faded Glory/ Unfinished Business/ I'd Rather Live In The Past/ Don't Play With Love/ Wild & Free/ Victoria/ Christine/ Liberty Avenue/ Carla/ Cabana Moon/ ■70年代ロックやシンガーソングライター・ファンに今なお圧倒的な支持を受ける伝説のグループ、あのボーダーラインのメンバーであったデイヴとジョンのガーシェン兄弟が、初のデュエット・アルバムを発表!! しかも、すべて新録音による彼等のオリジナル新曲を収めたニュー・アルバムである。今年の夏中かけてレコーディングされた本作には、彼等の旧友アーレン・ロスのリード・ギター、エリック・パーカー(クリス・パーカーの弟)のドラムス、そして現ジム・ウィーダー・バンドの2人、ダン・マッキニーのピアノとオルガンにアルバート・ロジャースのベースという布陣でバックアップされた全11曲が収録されている。デイヴ(6曲)とジョン(5曲)のソングライティングによる個性の違いも際立っていて、カントリー・フレイヴァーあふれるものから、ブルースっぽいもの、心にしみるバラードなど、彼等の音楽性の懐の深さが窺い知れる内容だ。そんな多彩な音楽性に対応できるアーレン・ロスの千変万化のリード・ギターを軸とした彼等4人の力量とセンスには驚くばかり?アルバム・タイトルにもなっている「Faded Glory」は、一聴してヴァン・モリスンがカヴァーしてもおかしくないような作品で、本作の聴きモノの1つである。その「Faded Glory」を歌うジョン・ガーシェンは、ボーダーラインが72年に発表した傑作アルバム『SWEET DREAMS AND QUIET DESIRES』に収録の名曲「Please Help Me Forget」などを歌っていた当時の彼の渋いヴォーカルを彷佛とさせる歌いぶりで、本当にゾクゾクッときてしまう。70年代のウッドストック・ミュージックの伝統を今に受け継ぐガーシェン兄弟の新作『FADED GLORY』。全面的にお薦めする。


◆DAVE LEWIS / OF DAVID LEWIS ('70) 《紙ジャケット・完全限定盤》 CD-6007 \2625
 
紙ジャケットで限定リリース。ご希望の方は、お早めに。

●DAVE LOGGINS / THE GOOD SIDE OF TOMORROW: 1971-1984    CD-109 \2280(会員\2180) 品切れ中
 デイヴ・ロギンズの71年から84年までのレコーディング・キャリアを俯瞰できる好コンピレーション・アルバム。全22曲、収録時間75分のお買い得盤だ。オーストラリア盤。

◆DAVE MASON / IT'S LIKE YOU NEVER LEFT('73/'10)  《紙ジャケット・完全限定盤》 \1995

●DAVE MASON / 26 LETTERS - 12 NOTES('08)       CD-500 \2400(会員特価\2100)

 All 12 tracks: Good 2 U/ 2. Let Me Go/ One Day/ Pink Lipstick/ How Do I Get to Heaven/ Ain't Your Legs Tired Baby/ You're Standing in My Light/ Passing Thru the Flame/ That's Love/ Toro/ World of Hunger/ Full Circle and Then/


●DAVE MATTHEWS BAND / BEFORE THESE CROWDED STREETS    BMG-67660 \1980(会員\1880)

●DAVE RAWLINGS MACHINE / A FRIEND OF A FRIEND('09)  CD-908 \2280(会員\2180)

 with Gillian Welch, Ketch Secor, Willie Watson, Kevin Hayes, Morgan Jahnig, Benmont Tench [Tom Petty & The Heartbreakers]; All 9 tracks: Ruby/ To Be Young [Is To Be Sad, Is To Be High]/ I Hear Them All/ Method Acting〜Cortez the Killer/ Sweet Tooth/ How's About You/ It's Too Easy/ Monkey and the Engineer/ Bells of Harlem/ ■ギリアン・ウェルチとのミュージカル・パートナー、デイヴ・ロウリングスのアルバム。ギリアン・ウェルチとの共作を含む全9曲。


●DAVE SWARBRICK / FLITTIN'('89)    \1980(会員\1880)

●DAVE TARRAS / YIDDISH-AMERICAN KLEZMER MUSIC: 1925-1956   CD-7001 \1600(会員特価\1300)

●DAVE VAN RONK / INSIDE DAVE VAN RONK('64)   \1980(会員\1880)

●DAVID BEAUDRY / ALIEN MAN(97)    TND-9016 \1980(会員\1880)

◆DAVID BLUE / STORIES ('71)  ≪国内盤/日本語解説付≫ \1200 品切れ中

◆DAVID BROMBERG / DAVID BROMBERG [紙ジャケ]('68/'07)      CD-1541 \1890(会員も同じ価格) 品切れ中
 デヴィッド・ブロムバーグのファースト・アルバムが紙ジャケットで限定リリース。2007年リマスタリング、新解説・歌詞・対訳付き。

●DAVID BROMBERG / DAVID BROMBERG-DEMON IN DISGUISE       \2800(会員\2700)

●DAVID BROMBERG / MY OWN HOUSE - YOU SHOULD SEE THE REST OF THE BAND       \2480(会員\2380)

●DAVID BROMBERG / RECKLESS ABANDON - BANDIT IN A BATHING SUIT       \2480(会員\2380)

●DAVID BROMBERG / TRY ME ONE MORE TIME('07)       \2000(会員\2000)

 All 16 racks: Try Me One More Time/ Kind Hearted Woman/ Big Road/ It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry/ Buck Dancer's Choice/ Belong to the Band/ Moonshiner/ Shake Sugaree/ Hey Bub/ Love Changing Blues/ When First Unto This Country/ Levee Camp Moan/ Trying to Get Home/ East Virginia/ Windin' Boy/ Lonesome Roving Wolves/ ■デヴィッド・ブロムバーグが音楽シーンに復帰後に制作し、2007年に発表したスタジオ録音アルバム。


●DAVID BROMBERG / USE ME ('11)           CD-1127 \1980(会員\1880)
 with Levon Helm, John Hiatt, Tim O'Brien, Dr. John, Keb' Mo', Los Lobos, Linda Ronstadt, Vince Gill; All 11 tracks: Tongue (with Levon Helm)/ Ride On Out a Ways (with John Hiatt)/ Bring It With You When You Come (with Levon Helm)/ Blue is Fallin' (with Tim O'Brien)/ You Don't Wanna Make Me Mad (with Dr. John)/ Diggin' in the Deep Blue Sea (with Keb' Mo')/ The Long Goodbye (with Los Lobos)/ Old Neighborhood (with Widespread Panic)/ It's Just a Matter of Time (with Linda Ronstadt)/ Lookout Mountain Girl (with Vince Gill)/ Use Me (produced by Phil and Joe Nicolo - The Butcher Bros.)/ ■デヴィッド・ブロムバーグが発表した豪華ゲスト参加のアルバム。、リヴォン・ヘルム、ドクター・ジョン、ジョン・ハイアット、ヴィンス・ギル、リンダ・ロンスタット、ロス・ロボス、ティム・オブライエン等、ゲスト・ミュージシャンの個性も各トラックで程良く加わった全11曲。コレは強力盤。

●DAVID BROMBERG BAND / LIVE: NEW YORK CITY 1982('08)   \2280(会員\2180)

 also feat. Gene Johnson(mandolin/fiddle/vo.), Robert "Butch" Amiot(bass/vo.), Jeff Wisor(fiddle/mandolin/vo.); All 13 tracks: Don't Let Your Deal Go Down [including fiddle tune medley](10:21)/ Wallflower(3:25)/ Stay All Night(3:15)/ Ookpik Waltz(5:38)/ When I Was A Cowboy(3:54)/ Dark Hollow(5:47)/ Creeper's Blues(5:49)/ Midnight Hour Blues(4:44)/ Medley: Sally Gooden〜Old Joe Clark〜Wheel Hoss(4:35)/ On Our Last Date(5:05)/ airfax Country(6:17)/ New Lee Highway Blues(7:42)/ Workin' On A Building(4:20)/ ■デヴィッド・ブロムバーグ・バンドの82年のライヴ・アルバムがリマスターされて再リリース。1曲目の「Don't Let Your Deal Go Down」に含まれたフィドル・チューン・メドレーで演奏される「Red Apple Rag」「Blackberry Blossom」「Turkey in the Straw」「Dixie Hoedown」「Bill Cheathem」「June Apple」の10分を超える熱演に今から25年以上も前の若きDBBの面々のホットなプレイに思わず引き込まれる。ボブ・ディラン、ファリー・ルイス、リロイ・カー、フロイド・クレマー、ラルフ・マクテル、デヴィッド・マッセンギルの作品も含み、フォーク、ブルース、ブルーグラス、カントリーなど、アメリカン・トラディショナル・ミュージックに根ざした「何でもアリ」のライヴ・パフォーマンスが楽しい。


●DAVID CROSBY / IN CONCERT('96)    CD-1467494 \2280(会員\2180)
 89年4月にフィラデルフィアで録音されたライヴ。CSNのナンバーも含む全14曲。

●DAVID CROSBY / LIVE('96/'00)    CD-24498 \2280(会員\2180)

●DAVID CROSBY / TRACK IN THE DUST: LIVE IN PHILADELPHIA ('15)    CD-1022 \2480(会員\2380)
 with Mike Finnigan, Dan Dugmore, Davey Daragher, Jody Cortez;

●DAVID CROSBY-GRAHAM NASH / DAVID CROSBY-GRAHAM NASH('72/'98)    CD-80770 \2280(会員\2180)
 デジパックCD、ヨーロッパ盤。

●DAVID HALLEY / STRAY DOG TALK('90/'94)    DOS-7007 \1980(会員\1880)

●DAVID HOLT / DAVID HOLT & THE LIGHTNING BOLTS('06/'07)   CD-1260 \2480(会員\2380)
 feat. Laura Boosinger, David Cohen, Josh Goforth, Zeb Holt;

◆DAVID LEWIS / SONGS OF DAVID LEWIS () ≪紙ジャケ限定盤≫   CD-6007 \2625 (会員\2525) 

●DAVID LINDLEY & WALLY INGRAM / TWANGO BANGO DELUXE    UTCD-003 \2600(会員\2500) 

●DAVID MALLET / AMBITION    FF-674 \1980(会員\1880)

●DAVID MALLETT / INCHES & MILES: 1977-1980('90)    FF-70110 \1980(会員\1880)

●DAVID MASSENGILL / COMING UP FOR AIR('92)    CD-FF-70590 \1980(会員\1880)

デヴィッド・ネルスン・バンド(DAVID NELSON BAND)
 also feat. Barry Sless(Kingfish, Cowboy Jazz), Mookie Siegel's(Ratdog,Kingfish) , Bill Laymon(NRPS, Jefferson Starship, Big Brother and the Holding Company), Arthur Steinhorn; ■ジェリー・ガルシアがファースト・アルバムでペダルスティールを担当するなど、デッド・ファミリーの一員としてデビューしたカントリー・ロック・バンド、N.R.P.S.(ニュー・ライダース・オブ・ザ・パープル・セージ)。そのニュー・ライダースの中心人物だったデヴィッド・ネルスン率いるデヴィッド・ネルスン・バンドの自主制作によるアルバム3種とビデオ1種が入荷した。デヴィッド・ネルスンは、グレイトフル・デッドの『AOXOMOXOA('69)』『WORKINGMAN'S DEAD('70)』『AMERICAN BEAUTY('71)』のアルバムへの参加や、ジェリー・ガルシア・アコースティック・バンドのメンバーとして活躍するなど、ジェリー・ガルシアとの深く長い親交でも有名だし、彼がメンバーだったグッド・オール・ボーイズの好アルバム『PISTOL PACKIN' MAMA』も忘れられない。そのデヴィッド・ネルスンが1994年に結成したのが、デヴィッド・ネルスン・バンドである。ギター&ペダルスティールのバリー・スレスをはじめ、実力&キャリア充分のメンバーが余裕綽々のプレイが素晴らしい。

スタジオ録音とライヴ録音の両方が収められた95年の記念すべきデビュー盤『LIMITED EDITION』、97年作『KEEPER OF THE KEY』は70分を超えるフル・ライヴ・アルバム。そして、99年作の『VISIONS UNDER THE MOON』には最新スタジオ・レコーディングを収録。又、ライヴ映像を中心にツアー中の彼等の様子も収めたファン必見のビデオ『WIRES, HEARTS & MAGIC』も同時入荷中。いずれのアルバムもバリー・スレスの、トーンといいフレーズといいジェリー・ガルシアを彷佛とさせるプレイと、御大デヴィッド・ネルスンの渋く深みのあるヴォーカルとのコンビネーションが抜群で、この心地良さはちょっと尋常じゃない。

■アルバム『VISIONS UNDER THE MOON』とビデオ『WIRES, HEARTS & MAGIC』では、新メンバー、チャーリー・クレイン(Cowboy Jazz, Uptown Rhythm Kings)が加わり、ダブル・ドラムスとなって、演奏も更にスケール・アップしている。カントリー・ロック&ロック・ファン、お見逃しなく。 

●DAVID NELSON BAND / LIMITED EDITION('95)   CD-95001 \2280(会員\2180)

All 7 tracks: Yvonne(3:38)/ John Hardy's Wedding(5:30)/ Born Sidestepper(4:51)/ The Wizard's Son(9:30)/ Freight Train Boogie(3:21)/ Extra Sox(4:46)/ Four: Fifty-One(7:17); *Track 4〜7 were recorded live at the Fillmore, San Francisco, California.
スタジオ録音とライヴ録音の両方が収められた95年の記念すべきデビュー盤。


●DAVID NELSON BAND / KEEPER OF THE KEY('97)   CD-DNB-97001 \2280(会員\2180)

All 8 tracks: John Hardy's Wedding(6:00)/ Wicked Messenger(6:04)/ Impressionists Two-Step(7:43)/ The Wizard's Son(12:38)/ Four: Fifty-One(8:30)/ See So Far〜Sage & Egg(15:59)/ The Wheel(7:16)/ Kick In The Head(6:42); *Total Time: 70:52


●DAVID NELSON BAND / VISIONS UNDER THE MOON('99)  CD-HAR-99001 \2280(会員\2180)

 produced by Aaron Hurwitz & DNB; All 10 tracks: Long Gone Sam(9:54)/ No Souvenirs(4:24)/ Fable of a Chosen One(5:42)/ Road to Armageddon(8:38)/ Edge of the Wire(5:48)/ Absolutely Sweet Marie(5:22)/ Snakebit(10:58)/ Haunted Man(4:17)/ Kerouac(5:26)/ Vision Under the Moon〜Penumbra(8:39); *Total Time: 69:08
最新スタジオ・レコーディング盤。


●DAVID NELSON BAND / WIRES, HEARTS & MAGIC[60分]   ビデオ VT-9904 \3200(会員\3100)

 All 12 songs: Long Gone Sam/ Wizard's Son/ Fable of a Chosen/ Haunted Man/ No Souvenirs/ The Wheel/ Edge of the Wire/ Kerouac/ Travelin' Man/ Snakebit/ Vision Under the Moon〜Penumbra/ Pretty Little Miss; ■ライヴ映像を中心にツアー中の彼等の様子も収めたファン必見のビデオ。DVDでの発売予定は、今のところ無いようです。


●DAVID OLNEY / DEEPER WELL('88/'91)    PH-1117 \1980(会員\1880)

●DAVID OLNEY / HIGH WIDE AND LONESOME('95)    PH-1177 \1980(会員\1880)

●DAVID OLNEY / LIVE IN HOLLAND('94)    CD-SCR-35 \1200(会員\900)

●DAVID RODRIGUEZ / LANDING 92    199235-2 \1200(会員\900)

●DAVID RODRIGUEZ / THE FRIEDENS ANGEL('94)    CD-199459-2 \1980(会員\1880)

●DAVID WEST / BROKEN DOWN BELIEVERS('01)    CD-3018 \2280(会員\2180)

●DAVID WHITSEL / WIND IN MY SOUL('97)    RR-1220 \1980(会員\1880)

●DEAD RECKONERS / A NIGHT OF RECKONING('96)    DEAR-0007  \2280(会員\2180)

●DEBI SMITH / MORE THAN ONCE('98)    CD-SHA-8032 \1980(会員\1880)

●DEE CARSTENSEN / THE MAP('98)    CD-BTD-7015 \1980(会員\1880)

●DEIGHTON FAMILY / ROLLING HOME(91)    GLCD-1116 \1980(会員\1880)

●DELANEY BRAMLETT / SOUNDS FROM HOME('98)    DEL-CD-001 \2480(会員\2380)

●DELEVANTES / LONG ABOUT THAT TIME('95)    CD-9041 \1980(会員\1880)

●DEL SHANNON / SINGS HANK WILLIAMS    CD-R2-70982 \1980(会員\1880)

◆DENNIS WILSON / PACIFIC OCEAN BLUE [2枚組CD]    CD-1024 \3780(会員も同価格)
 完全限定生産盤の国内盤。歌詞・対訳付き。

●DEREK TRACKS BAND / ALREADY FREE('09)    CD-32781 \1980(会員\1880)

●DERROLL ADAMS / 65TH BIRTHDAY CONCERT    WP-9101  \2480(会員\2380)

●DESERT ROSE BAND / PAGES OF LIFE('90)    CD-42332 \1200(会員\900)

●DE STROATKLINKERS / VLAIGENDE GRUNNEGER('95)    CD-SCR-A3 \1200(会員\900)

●DEVIL MAKES THREE / DO WRONG RIGHT('09)      CD36426 \2280(会員\2180)

●DICK WALKER & TOM MACOMBER / SUMMER CHURCH('94)    CD-WALK-001 \2280(会員\2180)

●DILLARDS / EARLY RECORDINGS: 1959    \2480(会員\2380)

●DILLARDS / ROOTS & BRANCHES-TRIBUTE TO THE AMERICAN....   BGOCD-306 \2480(会員\2380)

●DILLARDS / THE BEST OF THE DARLIN' BOYS  \2480(会員\2380)

●DIRE STRAITS / DIRE STRAITS    3266-2 \1980(会員\1880)

●DIRK HAMILTON / TOO TIRED TO SLEEP    CD-AP-061 \1980(会員\1880)

●DIRK HAMILTON / YEP!    CD-AP-107 \2280(会員\2180)

●DISAPPEAR FEAR / DISAPPEAR FEAR('94)    CD-PH-1171 \1980(会員\1880)

●DISAPPEAR FEAR / SEED IN THE SAHARA('96)    CD-PH-1180 \1980(会員\1880)

●DON EDWARDS / CHANT OF THE WANDERER    CD-BTDE-104 \2280(会員\2180)
 All 14 tracks: Chant Of The Wanderer / Gal From Abilene / Ages And Ages Ago / The Girl I Left Behind Me / Lolita / Saddle Tramp / You Don't Know What Lonesome Is / The Night Herder / Cowboy Blues / The Long Road West / A Song Of The Range / You're The Only Star In My Blue Heaven / Ragged But Right / Night Time On The Desert / The Habit/ ■92年にリリースされたワーナー盤で一躍注目された生粋のカウボーイ・シンガー、ドン・エドワーズのインディーズ時代のアルバム。オリジナル作品のほか、彼のアイドルであるマーティ・ロビンスの作品も含む全14曲。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●DON EDWARDS / DESERT NIGHT AND COWTOWN BLUES    CD-BT-103 \2280(会員\2180) 

●DON MICHAEL SAMPSON / SHADOW HORSES     \2280(会員\2180)

●DONNA HUGHES / GAINING WISDOM('07)    CD-0554 \2280(会員\2180)

 produced by Tony Rice; with Alison Krauss, Sam Bush, Rhonda Vincent, Alecia Nugent, Carl Jackson, Tim Stafford, Sonya Isaacs, Mary Chapin Carpenter, Rob Ikes, Mike Bub, Ron Stewart, Wayne Benson, Rickie Simpkins, Scott Vestal, and others; All 14 tracks: One More Time/ What I'm Looking For/ Father Time/ Time After Time/ Scattered to the Wind/ Not Anymore/ Sad Old Train/ Find Me out on a Mountain Top/ Bottom of a Glass/ Letters/ Too Many/ Hold On/ Where Are You Darlin'?/ Talking to the Wind/ ■トニー・ライスが電話し、自らアルバム・プロデュースを申し出たという話題のドナ・ヒューズのアルバム。グラミー賞を獲得したアリスン・クラウスの04年作『LONELY RUNS BOTH WAYS』に収められた印象的なナンバー「My Poor Old Heart」の作者として一躍注目を浴びたドナ・ヒューズは、既に250曲を越えるオリジナル作品を持つシンガー・ソングライターだ。才能溢れる新たな女性のソングライターの登場に豪華なアーティスト達が顔を揃えた本作は、ドナのリード・ヴォーカルに絡むハーモニー・ヴォーカル陣にアリスン・クラウス、メアリー・チェイピン・カーペンター、カール・ジャクスン、ロンダ・ヴィンセント、アリシア・ニュージェント、ソニア・アイザークス等が参加し、彼女の素直なヴォーカルをしっかりとをサポートしているのである。彼女のオリジナル作品を中心にシンディ・ローパーの大ヒット曲「Time After Time」やティム・スタッフォードの作品「Find Me out on a Mountain Top」を含む全14曲。上記の豪華プレイヤー達の歌心あるバッキングやソロも聴き逃せない。勿論、トニー・ライスも要所でソロ・ギターを弾いている。


DONNA ULISSE / WHEN I LOOK BACK('07)    CD-143185 \2480(会員\2380)
 produced by Keith Sewell & Donna Ulisse; with Andy Leftwich, Randy Kohrs, Scott Vestal, Byron House, Keith Sewell, Jesse Cobb, Curtis Wright, Larry Cordle, Carl Jackson;

DONNA ULISSE / WALK THIS MOUNTAIN DOWN('09)    CD-104 \2480(会員\2380)
 All 13 tracks: In My Wildest Dreams [3:26]/ Poor Mountain Boy [3:22]/ Dust To Dust [4:17]/ Love's Crazy Train [3:09]/ Walk This Mountain Down [2:47]/ The Trouble With You [3:56]/ Child Of The Great Depression [3:22]/ The Key [3:08]/ Lovin' Every Minute [4:19]/ I Lied [3:03]/ These Troubles [4:05]/ Everything Has Changed [2:50]/ Levi Stone [4:00]/

●DONNIE FRITTS / ONE FOOT IN THE GROOVE('08)    \2600(会員\2500)

 produced by Dan Penn; with Spooner Oldham(keyboards), Scott Boyer(guitar), David Hood(bass), Kelvin Holly(lead guitar), Mike Dillon(drums); All 12 tracks: One Foot in the Groove/ She's Got a Crush on Me/ Chicken Drippings/ Across the Pontchartrain/ Don't Beat Around the Bush/ Robin in the Rain/ Nothing But the Blues/ My Friend/ Huevos Rancheros/ Jesus Was All I Had/ Heart/ Nothing Stays the Same [Except the Changes]/ ■ダン・ペンのプロデュースによるドニー・フリッツの最新アルバム。心に染みる。


◆DONNIE FRITTS / PRONE TO LEAN ('74)  ≪国内盤/日本語解説付≫ \1200

●DONOVAN / BEAT CAFE('05)         CD-1081 \2280(会員\2180)

●DONOVAN / DEFINITIVE COLLECTION [2枚組CD]    4805529 \1980(会員\1880)
 ライヴ・トラック6曲を含む全27曲収録。

●DON ROSS / ANY COLOUR('09)        CD-20091 \2280(会員\2180)
 produced by Don Ross; All 8 songs: If I Could (Ross/Erb)/ Any Colour But Blue (Ross)/ Spirit Wars (Geoff Bartley)/ Love Will a Way (Ian Tamblyn)/ Head and Heart (John Martyn)/ Brand New Day (Rebecca Campbell)/ Wave From Your Window (Ross)/ Don't Feel Your Touch (Bruce Cockburn)/ ■アコースティック・ギタリストとして2度の全米フィンガースタイル・ギター・チャンピオンに輝くカナダ人アーティスト、ドン・ロスのニュー・アルバムは、初のヴォーカル・アルバム。これがスゴく良いのだ。ドンの来日コンサートに行かれた方は勿論、06年に発表したライヴ・アルバム『LIVE IN YOUR HEAD』を聴いたり、ライヴDVD『DON ROSS LIVE』をご覧の方はご存じの通り、コンサートのステージではいつも1、2曲ヴォーカル作品を披露している。ライナーにドン自身が書いている通り「歌うのは好きだ。ライヴでヴォーカルものを1曲やると、皆んなから『もっと歌ったらいいのに』とよく言われる」とのことで、私もドンのギターだけでなく、深みのある伸びやかな彼のヴォーカルも大好きである。
 さて、収録作品に目を向けると、同じカナダ出身のブルース・コバーンの「Don't Feel Your Touch」やイアン・タンプリンの「Love Will a Way」、09年1月に急逝した英国のシンガー・ソングライター、ジョン・マーティンの名曲「Head and Heart」など、アコースティック・ギターの弾き語りから、ベース、パーカッションなど全ての楽器を多重録音でドン1人によるアンサンブルのアレンジされた曲までドンの幅広い音楽性を堪能できる1枚だ。又、本作で初めて世に出る作品で現在48歳のドンが19歳の時に友人と共作したオープニング・ナンバー「If I Could」や、本作のアルバム・タイトルともいうべきドンのオリジナル作品「Any Colour But Blue」も収録。95年に発表の『This Dragon Won't Sleep』に収録されて以来、今に至るまでライヴでの定番曲の1つになっている名曲だ。そして「Wave From Your Window」も97年作の『Loaded, Leather, Moonroof』に収録されていて、これら2曲はどちらもアルバムが既に廃盤のために入手困難となっていた屈指の名曲を本作で再レコーディングしたものである。「多くのコンサート・ツアーを続けながら、このアルバム制作に没頭していた」ドンが06年10月から2年半の歳月をかけて完成させた本作。是非お聴き頂きたいと思う。尚、CDは見開きダブル・ジャケットの紙製パッケージのカナダ盤である。

●DOUGIE MacLEAN / INSIDE THE THUNDER('06)   CD-10084 \2280(会員\2180)

●DREGS / DIVIDED WE STAND: THE BEST OF THE DREGS('89)   ARCD-8608 \1980(会員\1880)

●DR. JOHN / GOIN' BACK TO NEW ORLEANS('92)     \1980(会員\1880)

●DR. JOHN / IN A SENTIMENTAL MOOD('89)     \1980(会員\1880)

●DR. JOHN / LOSER FOR YOU BABY    2610182 \1980(会員\1880)

●DR. JOHN / THE CRAZY CAJUN RECORDINGS    EDCD-607 \1980(会員\1880)

●DUHKS / DUHKS('05)               CD-3977 \2280(会員\2180)
 produced by Bela Fleck & Gary Paczosa; All 14 tracks: Death Came A Kinckin'/ Mists Of Down Below/ Gene's Machine/ Four Blue Walls/ The Wagoner's Lad/ True Religion/ The Magnolia Set/ You And I/ Everybody Knows/ Dance Hall Girls/ The Dregs Of Birch/ Du Temps Que J'etais Jeune/ Dover, Delware/ Love Is The Seventh Wave/ ■オールドタイムとコンテンポラリー・ミュージックの新しい出会い。ベラ・フレックとゲイリー・パチョーザ(アリスン・クラウスのアルバム・エンジニアとしても有名)の共同プロデュースでデビューした若手男女5人組グループ、ダックス。2人の女性ヴォーカリストがソウルフルに歌い、それに絡むフレイリング・バンジョーとフィドル。時にポップに時にトラディショナルに、若い感性が輝く今一押しのバンドだ。

●DUHKS / MIGRATIONS('06)          CD-4014 \2280(会員\2180)
 produced by Tim O'Brien & Gary Paczosa; All 11 tracks: Ol' Cook Pot/ Mountains Oユ Things/ Heaven's My Home/ The Fox And The Bee/ Down To The River/ Who Will Take My Place/ Moses Donユt Get Lost/ Three Fishers/ Domino Party!/ Out Of The Rain/ Turtle Dove/ ■更に進化を続けるダックスの新作、通算3作目。


●DUHKS / YOUR DAUGHTERS & YOUR SONS('07)          CD-3991 \2280(会員\2180)

◆DUST / KURETARU    LMCD-1301 \2500

●DWIGHT YOAKAM / DWIGHT LIVE('95)       CD-45907 \1980(会員\1880)

 

 ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL.

 


 

プー横丁のトップページへ