アコ−スティック・ギター関係CDリスト 3
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。
前のページに
戻る

アコースティック・ギター のメニュー画面へ戻る

R,  S,  T,  Various Artists,  日本人ギタリスト

◆REV. GARY DAVIS / LIVE AT GERDE'S FOLK CITY [3枚組CD]     CD-4012 \3150(会員\3050)

 《Disc 1》12 tracks: You Got To Move/ Intro to Come Down And See Me Sometime/ Come Down And See Me Sometime/ Wouldn't Say Quit/ Oh Lord/ Announcing Guitar lessons/ People That Use to See, Can't See No More/ Thereユs Destruction In This Land/ Intro to Soon My Work Will Soon Be Over/ Soon My Work Will Soon Be Over/ Intro to Oh Glory, How Happy I Am/ Oh Glory, How Happy I Am/ 《Disc 2》11 tracks: I Want To Be Saved/ Just A Closer Walk With Thee/ Death Don't Have No Mercy/ Lord I Won't Go Back In Sin/ Candyman/ Buck Dance/ Samson & Delilah/ Working On The Building/ I'll Fly Away/ Sun Goinユ Down/ Fox Chase/ 《Disc 3》13 tracks: God's Gonna Separate/ Lord Search My Heart/ Jesus Met The Woman At The Well/ Say No To The Devil/ I Am A Pilgrim/ All Night Long/ Trying To Get To Heaven/ Thank You Jesus/ Twelve Sticks/ Intro to Tesse/ Tesse/ Lord They Tell Me/ Right Or Wrong/ ■ゲイリー・デイヴィスの1962年2月3日から10日までニューヨークはグリニッチ・ヴィレッジの有名ライヴ・バー、フォーク・シティに出演した際の演奏を当時16歳だったステファン・グロスマン少年が持参した録音機を使って記録した貴重な音源だ。日本語解説付き。


RICHARD SMITH (リチャード・スミス)
 2001年度の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン、リチャード・スミス。1971年イギリス生まれというから、全米チャンピオンを獲得した時は、まだ29歳だった。チェット・アトキンスやマール・トラヴィスのファンで自らギターも弾く父親からの影響により、幼少時よりギターを学んだ彼は、11歳の時にチェット・アトキンスのコンサートのステージで「ギターの神様」と1000人の観客の前で「Whispering」を何とチェットにバッキングしてもらって演奏。大歓声によるアンコールを受け「Little Rock Getaway」を続けてソロ演奏したという。それがきっかけで、20代初めの頃にはチェット(とジェリー・リード)から「リチャード・スミスは我々の(若き)ヒーローだ」と言われるまでになった。多くのギタリスト達(特にジャンゴ・ラインハルトやレニー・ブロー等)らの影響を受けつつ、自らのギター・スタイルを確立していく一方で、多くのコンサート活動を続けた。そして99年にアメリカ人チェロ奏者、ジュリー・アダムスと結婚し、ナッシュヴィルに移住。その2年後に全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオンなった、という訳だ。チェット・アトキンスは彼の事を「ギターに関して私が知っている最もアメイジングな男だよ。私の知ってる曲なら彼は何だってプレイできる、ほんの少し(私より)上手にね/ The most amazing guy I know on the guitar. He can play anything I know, only better.」とユーモアを交えて語り、トミー・エマニュエルは「もしもあなたが僕の演奏を気に入っているのなら、あなたはリチャード・スミスを聴くべきです/ If you like my playing, you should hear Richard Smith.」と彼を絶賛している。チェットやトミー・エマニュエルのファンの方は勿論、多くのアコースティック・ギター・ファンの方に彼のアルバムをお聴き頂きたいと思う。
●RICHARD SMITH / REQUESTS               CD-110 \2800(会員\2700)

 with Charlie Chadwick(bass), David Burch(drums/percussion), Jacob Lawson(violin), Julie Adams(cello); All 14 tracks: Hungarian Dance No.5(Brahms)/ Swingin' 69 (Hubbard)/ All Thumbs (Casstevens)/ Semper Fidelis(Sousa)/ When You Wish Upon a Star (Harline)/ A Little Bit of Blues(Hubbard)/ Bouree (Bach)/ Cheek to Cheek (Berlin)/ Mr. Bojangles (Walker)/ Black Mountain Rag (Trad)/ Vincent (McLean)/ Petite Waltz (P.D.)/ Bye Bye Blackbird (Henderson)/ Stars and Stripes Forever (Sousa)/ ■リチャード・スミスの(今のところ唯一の)ソロ作で、彼の永遠のヒーロー、チェット・アトキンスにトリビュートされたアルバムだ。 「ハンガリアン舞曲」「星に願いを」「チーク・トゥ・チーク」「ミスター・ボージャングル」「ブラック・マウンテン・ラグ」「星条旗よ永遠なれ」など、チェット・アトキンスのアレンジそのまんまという演奏で、誰だか知らせずにチェット・ファンにお聴き頂けば「チェットの若い頃の録音?」と思われる事だろう。「オリジナリティが無い」と批判するのは簡単な事だが、チェットの存在が無ければプロ・ミュージシャンになっていなかった筈の、リチャード・スミスにとって神様であるチェットが亡くなり、初のソロ作をチェットに捧げる内容にしたいと彼が思ったのは当然の事だろう。そして、そのプレイがチェット自身にも認められたテクニックとセンスと、チェットへの敬意が込められた結果として「まるでチェットが乗り移ったような」そのまんまのプレイだったとしても、それはそれで良いじゃないかと私は考える。「全く問題ナシ」と思うのだ。実際、その素晴しいアレンジとガット・ギターの「音」は何度聴いても飽きないし、「2001年の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン」を獲得しただけの事はある、と納得するのである。本作を聴いてチェットの偉大さを再認識したし、この才能あふれる若きギタリストを是非とも多くのファンの方に聴いて頂きたいとも思った。リチャード・スミス、どうぞお聴き逃しなく。


●RICHARD SMITH & JULIE ADAMS / LIVING OUT A DREAM('01)  CD-100 \2800(会員\2700)

 feat. Richard Smith(guitar) and Julie Adams(cello); with Holly Yarbrough(vocals), Charlie Chadwick(bass), Tom Roady(percussion); All 13 tracks: Living Out A Dream/ Blue Rondo ala Turk/ Badinerie/ Ave Maria/ Arrow/ Spanish Eyes/ Two-Part Intervention/ Blue Angel/ Stardust/ Flight of the Bumblebee/ I Only Have Eyes For You/ Blackberry Blossom/ Somewhere Over The Rainbow/ ■そのリチャード・スミスと彼の奥方ジュリー・アダムス(cello)が2001年に制作したデュエット盤。まず、本作のベスト・トラックの1つと思われるD・ブルーベックの作品「Blue Rondo ala Turk」の2人のコンビネーションの妙に心奪われた。ベースやパーカッションも加わった演奏だが、作品を特徴づけている力強いリズムの繰り返しと、後半のソロ・アドリブの掛け合いが素晴しい。又、チェロという「音の伸びる楽器」の特性を活かしたスローなナンバー「Stardust」や「Somewhere Over The Rainbow」では、コンサートでも頻繁に共演するという2人の息の合ったプレイが味わえる。それは「熊ん蜂の飛行(Flight of the Bumblebee)」や「Blackberry Blossom」といったアップ・テンポの作品でも同様で、一糸乱れぬ演奏を軽々と披露してくれる爽快さがある。彼等の友人であるホリー・ヤーブロー(vocals)が加わった2曲「Arrow」と「I Only Have Eyes For You」では、時にジョン・ミラーにも通じるバッキングをプレイしてみせるリチャード・スミスのプレイも見逃せないでほしい。尚、アルバム・タイトル曲「Living Out A Dream」はムーリエル・アンダースンの作品である。


●RICHARD SMITH & AARON TILL/ OUT OF NOWHERE('04/'06)          CD-110 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Out of Nowhere/ Snowflake Reel/ I'll See You in My Dreams/ Humouresque/ Sunny Side of The Street/ Nashtown Ville/ Schon Rosemarin (Fair Rosemary)/ Dixie Hoedown/ Festival Waltz/ Back to My Old Smokey Mountains/ My Window Faces the South/ Whiskey Before Breakfast/ ■プー横丁ではすっかりお馴染みのリチャード・スミスの最新アルバム。2001年の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオンの彼は、前作『REQUEST』がロングセラーを続ける中、フィドラー、アーロン・ティル(Aaron Till)とのデュエット・アルバムを04年にレコーディングし、06年にリリース。ジャンゴ・ラインハルトからジャズ・スタンダード、ブルーグラス&カントリーの有名曲など、様々なスタイルを披露する全12曲。


●RICHARD SMITH & JIM NICHOLS / LIVE FROM BOULEVARD MUSIC('03)   CD-014 \2800(会員\2700)
品切れ中
 
All 17 tracks: Cascade/ Back Up And Push/ Moonglow/ Ochi Chornya (Dark Eyes)/ Django's Castle/ AfterYou've Gone/ Autumn Leaves/ Sweet Georgia Brown/ Nuages/ Honeysuckle Rose/ Jerry's Breakdown/ Stompin' At The Savoy/ Main Sneet Breakdown/ ■ソロ作『REQUEST』が好評のリチャード・スミス。そして、トミー・エマニュエルとの共演アルバム『CHET LAG』やギター教則本の著者としても知られるジム・ニコルズ。2人の初共演ライヴが本作である。「Autumn Leaves(枯葉)」「 Honeysuckle Rose」「Stompin' At The Savoy」などのスタンダード作品を中心にした選曲による全17曲を収録。「After You've Gone」と「Honeysuckle Rose」の2曲ではジムの奥方モーニングさんが伸びやかなヴォーカルを披露している。「Sweet Georgia Brown」での2人同時にソロを応酬し合う時のスリルに満ちたプレイは鳥肌モノである。

RICK RUSKIN / HOW TO BE SMARTER THAN YOUR GUITAR [CD-R]     CDR-971 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: 7 Come 11/ All Tapped Out/ Right Into The Arms/ Home Is Where The Heart Is/ Jekyll & Hyde/ D.I.B.S./ Old Fashion Passion/ Under The Big Top/ Till The Pillow Meets My Head/ Delilah/ The Miller's Wheel/ A Queensland On The Loose/ Short Subjects/ Hazardous To Your Health/ ■リック・ラスキンのニュー・アルバム。リック自身のレーベルから発売されたCD-Rでのリリース。ヴォーカル作品もあるものの、アコースティック・ギターは、長年親しんだ「あのサウンド」だ。


RICK RUSKIN / THE SIX STRING CONSPIRACY('76/'08)     \3000(会員も同じ価格)

RICK RUSKIN / PERFECT PITCH('06)         CD-9711 \2480(会員\2380)

RICK RUSKIN / THE GOSPEL ACCORDING TO RICK RUSKIN AND VIVIAN WILLIAMS('05)  \2480(会員\2380)

RICK RUSKIN / WORDS FAIL ME('97)          CD-LD-9708 \2480(会員\2380)

RICK RUSKIN / ONCE UPON A TIME('03)                   \2800(会員\2700)

●ROBBIE BASHO / BASHOVIA('01)             CD-8913-2 \2800(会員\2700)
 60年代〜70年代にタコマ・レーベルからソロ作をリリースしていたロビー・バショーの同レーベルからの3作『THE FALCONER'S ARM 1』『THE FALCONER'S ARM 2』『SONG OF THE STALLION』から選曲され、2001年にリマスターされ、リイシューされたアルバム。収録時間72分余り。

●ROB EBERHARD YOUNG / STICKS & STONES('96)             \2800(会員\2700)

●ROBERT TAYLOR / THE RABID PETTING ZOO('05)      \2480(会員\2380)

All 14 tracks; Phobos [2:13]/ Little Darlin' [2:34]/ Gorthon [4:12]/ Full of Riley Beans [1:45]/ The Rabid Petting Zoo [1:37]/ Escape From the Rabid Petting Zoo [1:00]/ The Animals Feast [0:45]/ Zelienople [1:45]/ Baghdad [2:19]/ Don't Make Me Go To the M.T.O. [2:07]/ Liza's Tune [3:10]/ The Hillbilly Song [2:27]/ Despondent Hope [2:33]/ Deimos [10:29]/ ■04年のカナディアン・フィンガースタイルギター・コンテストで優勝したロバート・テイラーが05年に発表した記念すべきデビュー・アルバム。


ロドリーゴ・イ・ガブリエーラの初ライヴ・アルバム発売中!!
◆RODRIGO Y GABRIELA / 激情セッション: LIVE IN JAPAN [DVD付き初回限定盤CD]   CD-1987 \3150
完売しました
 ロドリーゴ・サンチェスとガブリエーラ・クインテーロの男女ギター・デュオ。08年3月に来日した際のコンサートをレコーディングしたライヴ・アルバム。これは、「Ixtapa」「Viking Man」「Tamacun」DVD付きの初回限定生産盤。完売しました。

●RODRIGO Y GABRIELA / LIVE IN FRANCE      \2480(会員\2380)

●RODRIGO Y GABRIELA / LIVE IN JAPAN [DVD付き初回限定盤CD]     CD-21638 \2800(会員\2700)
 ロドリーゴ・サンチェスとガブリエーラ・クインテーロの男女ギター・デュオ。08年3月に来日した際のコンサートをレコーディングしたライヴ・アルバムの輸入盤。これは、「Ixtapa」「Viking Man」「Tamacun」DVD付きの初回限定生産盤。お早めにどうぞ。

◆RODRIGO Y GABRIELA / 格闘弦 [CD+DVD]    初回生産限定盤      \3150(会員も同じ価格)

◆RODRIGO Y GABRIELA / RODRIGO Y GABRIELA ('08)            \2520(会員も同じ価格)
 ロドリーゴ・イ・ガブリエーラの本邦デビュー・アルバム。邦題は『激情ギターラ』。

●ROGER SUTCLIFFE / C-BREEZE BLUES                  \2480(会員\2380)

●DOUBLE TAKE [ROGER WANG & MIA PALENCIA] / DOUBLE TAKE('00)       RAM-2000 \2800(会員\2700)
 All 12 tracks: Baby I Need You Now/ My Baby/ Bunyi Gitar/ Tidurlah Sayangku/ Love Scale/ While She Sleeps/ Finger Dance/ Dahil Sayo/ Love Always/ Mona Lisa/ Getaran Jiwa/ Mengapa Kasih/ ■そのロジャー・ワンが女性ヴォーカリスト、ミア・バレンシアと組んだデュオ、ダブル・テイク唯一のアルバム。温かみのあるミアのヴォーカルとロジャーのギターとのコンビネーションは、タック&パティをお手本にしているのは明らかだが、若さあふれる溌剌としたプレイには心惹かれる魅力がある。2人の共作「 Baby I Need You Now」からスタートする本作は、ヴォーカル作品が7曲、インスト作品が5曲の全12曲を収録。そのうちロジャー単独のオリジナル作品5曲である。

●ROLLY BROWN / THIS VAGRANT HEART('05)     CD-2752 \2800(会員\2700) 品切れ中
 All 13 tracks: This Vagrant Heart/ Darn That Dream/ Freyda's Little Waltz/ One Of These Days/ My One And Only Love/ Joe & Julie Get Married/ You Are Too Beautiful/ Come In My Kitchen/ Round Midnight/ Unchained Melody/ I Should Care/ Jordu/ Every Time We Say Goodbye/ ■1980年の全米フィンガースタイル・ギター・チャンピオン、ロリー・ブラウン唯一のアルバム。オリジナル作品のほか、コール・ポーター、ロバート・ジョンスン、モーズ・アリスン等の作品のカヴァーも含む全13曲収録。

●RORY BLOCK & STEFAN GROSSMAN / COUNTRY BLUES GUITAR [タブ譜付き(PDFファイル)] CD-103 \2480(会員\2380)

 All 32 tracks: Crow Jane/ I'm So Glad/ Pony Blues/ Walking Blues/ Devil Got My Woman/ Yonder Comes The Blues/ Guitar Blues/ Ragged and Dirty/ Patton Blues in G/ Stagolee/ Special Rider/ New Pony Blues/ Shuffle for the Perls/ Canned Heat/ [from THE 1964 HOW TO PLAY BLUES GUITAR album] Old Country Rock/ Future Blues/ Turn Your Money Green/ God Moves On The Water/ Monday Morning Blues/ M & O Blues/ Whistlin' Blues/ Candyman/ Banty Rooster/ Save Up Your Money, John D. Rockerfeller Put The Panic On/ Canned Heat/ Vestapol/ Brownsville Blues/ Police Dog Blues/ You Got The Pocket Book, I Got The Key/ Mississippi Blues/ [Out takes from THE 1964 HOW TO PLAY BLUES GUITAR album] Kokomo Blues/ Belzona Blues/ ■サブ・タイトル「RARE ARCHIVAL RECORDINGS 1963-1971」とある通り、ロリー・ブロックとステファン・グロスマンが63年から71年に録音した貴重かつ重要な音源がファン狂喜のCD化。1964年にリリースされた歴史的アルバム『HOW TO PLAY BLUES GUITAR』に収録された16曲に同アルバムのアウト・テイク2曲も収録された全32曲、収録時間71分。ソロやデュエットで披露される若きロリーとステファン2人によるギターとヴォーカルは、今聴いても新鮮。『HOW TO PLAY BLUES GUITAR』に収録された曲のタブ譜は、PDFファイルとしてディスクに収められている。

※タブ譜付き(PDFファイル)と記してある物はタブ譜がCDの中にpdfファイルで収められていますので、タブ譜はPCでご覧下さい。

●RORY BLOCK / HIGH HEELED BLUES('89)            CD-3061 \2480(会員\2380) 品切れ中

●ROSENBERG TRIO / GYPSY SWING('95)                  \2800(会員\2700)

●ROY BOOKBINDER / TRAVELIN' MAN('97)      \2800(会員\2700) 品切れ中

●SAM BLIGHT / THE LOST CHORDS('99) 《オーストラリア盤》   CD-SMACD-33 \2480(会員\2380)
 知る人ぞ知るフィンガースタイル・ギタリスト、サム・ブライト唯一のソロ・アルバム。日本に滞在していた事もあり、90年に行われた石橋楽器さん主催のアコースティック・ギター・コンテスト(審査員に中川イサト氏もいた)で見事優勝したという経歴の持ち主だ。本作に収録された彼のオリジナル作品の中には、その時の優勝作品「Emma Rag」と「Desert Rainbow」も含まれている。聴き易いメロディラインのオリジナル作品は、貴方にもきっと気に入って頂けると思う。全16曲中、4曲で弾いているフィンガースタイルによる12弦ギター・プレイもユニーク。現在はオーストラリア在住。

●SAM MITCHELL / BOTTLENECK/SLIDE GUITAR     CD-123 \2480(会員\2380)

 All 19 tracks: Ambidextrous March*/ Roll and Tumble*/ Laguna Luna*/ Paddlin' Madeline*/ Hambone*/ Earl Blues/ Pile Driver*/ Dark Was The Night Cold Was the Ground/ Crossroad Blues/ Livingston Blues/ Let Me Play It First Before I Aloha*/ Come On In My Kitchen/ Tribute to Elmore/ Sunshine in Houston*/ Two Step Swing Thing*/ 《BONUS TRACKS》Nobody's Fault But Mine*/ Jubilee Jamboree*/ Motherless Children*/ Rainy Day Blues*/ 
■1976年に録音されたサム・ミッチェルのファースト・アルバム。アコースティック&エレクトリック・ギターで奏でられるボトルネック/スライド・プレイが美味しい。*印の曲はPDFファイルでタブ譜が収められている。


●SANDOR SZABO / DREAMS WITHIN DREAMS               \2800(会員\2700)

●SANDOR SZABO / GAIA AND ARIES: SOLO 1998('98)          \2800(会員\2700)

●SANDOR SZABO / SOUL OF THE TREE('98) ハンガリー盤         \2800(会員\2700)

●SANJAY MISHRA / BLUE INCANTATION                 \2480(会員\2380)

●SEAN McGOWAN / RIVER COFFEE                   \2480(会員\2380)

 All 13 tracks: All Blues/ My Friend Tyrome/ I Mean You [#1]/ Single Petal of a Rose/ Mexican Bird/ The Hugbuggy/ August/ Circle/ Damariscotta/ East 7th Street/ I Mean You [#2]/ October/ River/ ■注目の新人フィンガースタイル・ギタリスト、ショーン・ミッガウワン(本人に確認したところ、こう表記するのが実際の発音に最も近いそうです。覚えにくいけれど、覚えて下さいね)のデビュー・アルバム。アメリカの音楽雑誌の2002年度「HOMEGROWN CD AWARDS」を本作『RIVER COFFEE』が受賞し、米国のアコースティック・ギター・シーンで一躍「時の人」となっている彼。両手タッピング(正確に言うと、普通に想像するタッピングではなくて、左手でコードを押さえて、同時にハイ・ポジションでキーボードのように自由で幅広いヴォイシングを得る為に右手人差指&中指で弦を押さえたまま残りの右手親指&薬指でピッキング)による彼の多彩な超絶ギター・テクニックと、それにも拘らず実際のサウンドやメロディは(これみよがしなテクニックは全く感じられず)あくまで美しく、理屈抜きに楽しめるという高い音楽性は、間違いなく貴方を魅了する事だろう。セロニアス・モンクやデューク・エリントンのジャズ作品のカヴァーもあれば、彼のオリジナル作品ではファンキーでポップなものもあり、叙情的なスロー・バラードもありと、ヴァラエティーに富んだ作品全13曲(54分余り)は、聴く者をジックリと静かな感動に誘う。
【追記】完売の為に永らく品切れしていましたが、追加プレスされて再入荷中。今回の入荷分は、紙ジャケット仕様です。

■ショーン・ミッガウワンに贈られたタック・アンドレスからの賛辞
"Sean McGowan is the most promising young solo guitarist I have ever heard. His first CD, River Coffee, paints a broad, beautiful picture of his enormous virtuosity, unrelenting musicality, playful sense of humor, and remarkable knowledge of musical history. These thirteen performances show his amazing range: he captures the spirit of Thelonious Monk literally for the first time ever on solo guitar, while he effortlessly plays American fingerstyle in the tradition of Ackerman and DeGrassi; and that is only on two songs! Guitarists will weep yet laugh with delight as they try to figure out what he is doing, and history will remember Sean as one of the most important guitarists of his generation."
- Tuck Andress (Tuck & Patti)


SERGIO ALTAMURA / ARIA MECCANICA('09)        \2480(会員\2380)
 アンディ・マッキーやアントゥワン・デュフール等のアルバムをリリースしているアコギ・ファン注目のレーベル、キャンディラットからデビューしたセルジオ・アルタミュラのアルバム。映像がYouTubeにアップされ、ジワジワと名前が知られてきている。全13曲すべて彼のオリジナル作品。

セルジオ・アルタミュラのアルバム、入荷!!
New ●SERGIO ALTAMURA / BLU ('04/'11)     \2480(会員\2380)

 produced by Will Ackerman & Sergio Altamura; with Will Ackerman; All 12 tracks: 4C/ Villaggio Globale/ Milles Lumi res d'Anita/ Fog/ Luna/ Mr. Art Valnades/ Before the Sea/ Petit Cadeau Pour Amy/ Name of the Rose/ Octopus Man/ Viandanti/ Breakfast with the Sun/ ■イタリア出身のフィンガースタイル・ギタリスト、セルジオ・アルタミュラ。アンディ・マッキーやアントゥワン・デュフール等のアルバムをリリースしているアコギ・ファン注目のレーベル、キャンディラットからのリリースされたばかりのアルバムなのだが、彼のディスコグラフィーを見ると04年にファースト・ソロ・アルバム『BLU』を発表したと記されているので、実際には入手困難となっていたデビュー・ソロ作の再発売(アメリカでは初リリース)ということになる。彼が09年に発表した『ARIA MECCANICA』では、ギターをチェロのように足の間に立てて弓で弾く、というような奏法でのプレイをYouTubeにアップして「ちょっと特異なスタイルのアコースティック・ギタリスト」といったイメージも持たれたようにも思うが、本作が発表されたことで、ずいぶん彼に対する印象が変わった。あのウィル・アッカーマンとの共同プロデュースによる本作は「非常にアッカーマン的なもの」が深く内包されている。しっとりと落ち着いたメロディに少しずつ変化をつけ、彩りを加えていくかのようなプレイ。それは、アッカーマン自身も参加した2曲のオリジナル作品で更に際立つ。■※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、こちらからどうぞ


●SHIN / TSERULI                         \1800(会員\1700)

●SHINOBU SATO / RED DRAGONFLY('88)               \2800(会員\2700) 品切れ中
 シカゴ在住の日本人フィンガースタイル・ギタリスト、佐藤忍さんがアメリカのレーベルから88年に発表したソロ・デビュー盤。アルバム・タイトル曲に童謡の「赤とんぼ」を選んだ彼の本作に対する意気込みと愛着を感じる好盤。

●SOL HOOPII / MATERS OF HAWAIIAN STEEL GUITAR: VOL.1   CD-1024 \2600(会員\2500)

●STEFAN GROSSMAN / AUNT MOLLY'S MURRAY FARM - THE GRAMERCY PARK SHEIK   \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Aunt Molly's Murray Farm/ Foregone Conclusion/ Religious Trainfare Blues */ See See Rider */ Delia */ Sideways Nowhere Bound/ Special Rider */ Wall Hollow Blues/ Cow Cow's 4/4 Waltz/ Dallas Rag */ All My Friends Are Gone */ Number One/ Boys, My Money's All Gone */ Big Road Blues/ Roberta */ ■1969年に発表された『AUNT MOLLY'S MURRAY FARM』と1970年の『THE GRAMERCY PARK SHEIK』に収録の15曲を1枚にまとめたお買い得CDでリイシュー。*印の付いた曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


●STEFAN GROSSMAN / BOTTLENECK SERENADE('75/'98)                \2800(会員\2700) 品切れ中

●STEFAN GROSSMAN / COUNTRY BLUES GUITAR FESTIVAL ('77/'12)       \2480(会員\2380)

◆STEFAN GROSSMAN / FRIENDS FOREVER('08)   CD-4001 \2480(会員\2380)

 with John Renbourn, Larry Coryell, Mickey Baker, Sam Mitchell, Duck Baker, Rory Block, Mike Cooper and Tokio Uchida; All 18 tracks: Idaho Potato/ The Shoes Of The Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers/ Spirit Levels/ Sunset On Soweto/ Bottleneck Blackout/ Tightrope/ Tomorrow/ Juicy Lucy/ Ragtime Mama Blues/ Big Bill's Shuffle/ From Berne To Perth/ Kicking Up The Dust/ Triubute To Lonnie Johnson/ Shining Shadows/ Crow Jane/ Pony Blues/ Bottleneck Serenade/ Friends Forever/ ■キャリア40年のステファン・グロスマンが上記のギタリスト達と共演した音源を収録したコンピレーション・アルバム。


◆STEFAN GROSSMAN / FRIENDS FOREVER('08)   CD-4001 \2500

 with John Renbourn, Larry Coryell, Mickey Baker, Sam Mitchell, Duck Baker, Rory Block, Mike Cooper and Tokio Uchida; All 18 tracks: Idaho Potato/ The Shoes Of The Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers/ Spirit Levels/ Sunset On Soweto/ Bottleneck Blackout/ Tightrope/ Tomorrow/ Juicy Lucy/ Ragtime Mama Blues/ Big Bill's Shuffle/ From Berne To Perth/ Kicking Up The Dust/ Triubute To Lonnie Johnson/ Shining Shadows/ Crow Jane/ Pony Blues/ Bottleneck Serenade/ Friends Forever/ ■キャリア40年のステファン・グロスマンが上記のギタリスト達と共演した音源を収録したコンピレーション・アルバム。日本語解説付き。


●STEFAN GROSSMAN / LOVE, DEVILS AND THE BLUES             \2800(会員\2700)
品切れ中

●STEFAN GROSSMAN / MY CREOLE BELLE ('76/'12)        CD-150 \2480(会員\2380)
 All 11 tracks: Tribute to Blind Lemon */ Oh Babe, Ain't No Lie */ Mabel's Dream */ Heliotrope Bouquet */ Turn Your Money Green */ John Henry/ Glory of Love */ Medley: My Creole Belle *〜Katz Rag */ The Entertainer */ Down South Blues/ Mississippi Swamp March Number Two */ ■ステファン・グロスマンが1976年に発表したソロ・アルバムで、20世紀初頭の黒人ミュージシャンに影響を受けた作品を収録。エンハンスドCDで*印の付いた曲のタブ譜がpdfファイルで収録されている※買い物カゴでのオーダーはこちら

●STEFAN GROSSMAN / SHAKE THAT THING: FINGERPICKING COUNTRY BLUES GUITAR('98) \2800(会員\2700)

●STEFAN GROSSMAN / SHINING SHADOWS('84/'10)    \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: Blues For The Mann/ Requiem For Patrick Kilroy/ Logan's Water/ Lemon's Jump/ Ms. Josephine Ayres/ Beyond The Pleasure Principle/ Sparkling On The Wind/ Shining Shadows/ Capricorn Five/ Just a Closer Walk With Thee/ Lament For A Goodman/ ■1984年にロンドンのBBCスタジオでレコーディングされたステファン・グロスマンのソロ・ギター・インストゥルメンタル作品集。


●STEFAN GROSSMAN / THOSE PLEASANT DAYS [2枚組CD]          2CD-36217 \3400(会員\3300) 品切れ中
 All 44 tracks: So They Say/ The Birthday Son/ Odyssey/ The Alibi/ A Prairie Song/ Waterfalls/ Bye and Bye/ Fat Man/ Orphan Sunday/ Little Sally Walker/ Roseberry Hill/ A Pretty Little Tune/ Rise Up Lazarus/ Blues Jumped The Rabbit/ Man's Cofidence/ Song For A Brother/ River Of Jordan/ Those Pleasant Days/ My Travelling Song/ I'm So Glad/ Avalon Blues/ Roll and Tumble Blues/ Shake Sugaree/ Morning Comes/ Martin's Joy/ Promised Land/ Morning Comes/ The Do It All Over You Boogie/ Blues For Mr Sam/ Medley: Vestapol〜That's No Way To Get Along/ Those Lazy Blues/ (Flying On A) Tightrope/ Lullaby For Anna/ The First Time Ever I Saw Your Face/ Tomorrow [Part 1, 2 & 3]/ Concrete Parachute/ Down South Blues/ Heliotrope Bouquet/ John Henry/ Danish Drone/ Matesa/ Lena Anne/ Whistlin' Blues/ New Stone Pony Blues/ ■ステファン・グロスマンがトランスアトランティック・レーベルから発表した8枚のアルバムから選曲された全25曲。若きグロスマンのプレイ&シンギングを俯瞰できる好編集アルバム。

●STEFAN GROSSMAN / THUNDER ON THE RUN      CD-129 \2480(会員\2380)

 with Duck Baker, Sam Mitchell, Tony Roberts; All 12 tracks: Thunder On The Run/ The Assassination of John Fahey/ From Berne To Perth/ Medley: Sergeant Early's Dream & Red Haired Boy/ Blind Mary/ Callahan's Hornpipe/ Pretty Girl Milking A Cow/ Flute and Recorder/ Peak's Puzzle/ Kicking Up The Dust/ Medley: St. Andrews & The Fiddler's Contest/ Silver Swan/ Medley: Billy In the Lowgrounds & Greenfields Of America/ ■1980年にリリースされたステファン・グロスマンのソロ・アルバム。ダック・ベイカー、サム・ミッチェル、トニー・ロバーツ等とのデュオ演奏のほか、ソロ・ギター・プレイ6曲も収録。全曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


●STEFAN GROSSMAN / YAZOO BASIN BOOGIE                  \2800(会員\2700) 品切れ中

●STEFAN GROSSMAN, DANNY KALB & STEVE KATZ / PLAYED A LITTLE FIDDLE  CD-SGG-102 \2480(会員\2380)

◆STEFAN GROSSMAN, DANNY KALB & STEVE KATZ / PLAYED A LITTLE FIDDLE   CD-4009 \2500(会員\2400)
 
日本語解説付き。

STEFAN GROSSMAN & DUCK BAKER / NORTHERN SKIES-SOUTHERN BLUES('97)   CD-1002 \2940(会員も同じ価格)

●STEFAN GROSSMAN & JOHN RENBOURN / UNDER THE VOLCANO('79/'11)   \2480(会員\2380)

●STEFAN GROSSMAN & JOHN RENBOURN / THE THREE KINGDOM ('87/'12)  CD-149 \2480(会員\2380)
 All 11 tracks: The Three Kingdoms/ 'Round Midnight/ Dollartown/ Catwalk, Cherry/ Rites of Passage/ Medley: Kiera's Dream & Parson's Mud/ Keeper of the Vine/ Minuet in D Minor (from the Anna Magdalena Notebook)/ Farewell to Mr. Mingus/ Medley: Abide With Me & Old Gloryland/

●RORY BLOCK & STEFAN GROSSMAN / COUNTRY BLUES GUITAR [タブ譜付き(PDFファイル)] CD-103 \2480(会員\2380)

 All 32 tracks: Crow Jane/ I'm So Glad/ Pony Blues/ Walking Blues/ Devil Got My Woman/ Yonder Comes The Blues/ Guitar Blues/ Ragged and Dirty/ Patton Blues in G/ Stagolee/ Special Rider/ New Pony Blues/ Shuffle for the Perls/ Canned Heat/ [from THE 1964 HOW TO PLAY BLUES GUITAR album] Old Country Rock/ Future Blues/ Turn Your Money Green/ God Moves On The Water/ Monday Morning Blues/ M & O Blues/ Whistlin' Blues/ Candyman/ Banty Rooster/ Save Up Your Money, John D. Rockerfeller Put The Panic On/ Canned Heat/ Vestapol/ Brownsville Blues/ Police Dog Blues/ You Got The Pocket Book, I Got The Key/ Mississippi Blues/ [Out takes from THE 1964 HOW TO PLAY BLUES GUITAR album] Kokomo Blues/ Belzona Blues/ ■サブ・タイトル「RARE ARCHIVAL RECORDINGS 1963-1971」とある通り、ロリー・ブロックとステファン・グロスマンが63年から71年に録音した貴重かつ重要な音源がファン狂喜のCD化。1964年にリリースされた歴史的アルバム『HOW TO PLAY BLUES GUITAR』に収録された16曲に同アルバムのアウト・テイク2曲も収録された全32曲、収録時間71分。ソロやデュエットで披露される若きロリーとステファン2人によるギターとヴォーカルは、今聴いても新鮮。『HOW TO PLAY BLUES GUITAR』に収録された曲のタブ譜は、PDFファイルとしてディスクに収められている。

※タブ譜付き(PDFファイル)と記してある物はタブ譜がCDの中にpdfファイルで収められていますので、タブ譜はPCでご覧下さい。

◆STEFAN GROSSMAN & 打田十紀夫 / BERMUDA TRIANGLE EXIT('07)   CD-9002 \2940(会員も同じ価格)

 All 18 tracks: Bermuda Triangle Exit/ F Rag/ Dance of the Man Who Ate Raw Chicken/ Pig Meat Strut/ Jesse James/ Struttin' Rag/ Crow Jane/ Black Eye Blues/ Blues For Clifford/ Keep It Clean/ Tribute to Lonnie Johnson/ Candyman/ Banty Rooster/ Kawazu/ Shining Shadows/ Freight Train/ Special Rider Blues/ My Creole Belle/ ■ステファン・グロスマンと打田十紀夫による初デュエット・アルバム。2007年1月にアメリカ・ニュージャージーのスタジオで録音されたフィンガースタイル・ギター・インスト18曲を収録(デュオ14曲・ソロ4曲)。日本語解説付きの輸入盤。


●STEFAN GROSSMAN & TON VAN BERGEYK / HOW TO PLAY RAGTIME GUITAR ('73/'12) タブ譜付き(PDFファイル) CD-144 \2480(会員\2380)
 All 18: Struttin' Rag/ Blake's Breakdown/ Kinklets-Two Step/ Little Boy Little Boy Who Made Your Britches/ Haag City Dance/ See That Girl Sitting on the Fence/ Georgia Camp Meeting/ Bill Bailey/ Hard Hearted Hannah/ St. Louis Tickle/ Twelve Sticks/ Powder Rag/ A Salty Dog Rag/ Ton of Blues/ Sister Kate's Syncopated Dance/ Slippin' 'til My Gal Comes in Partner/ Jealous, Franklin Blues/ ■ステファン・グロスマン&タン・ヴァン・バーゲイクによるラグタイム・ギターの歴史的名盤『HOW TO PLAY RAGTIME GUITAR』が再リリース。しかも全曲タブ譜付き[PDFファイル]。※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方はこちらからどうぞ

ステファーノ・バローン、待望のニュー・アルバム!!
STEFANO BARONE / DANZE ALTALENANZE ('12)        CD-SB2012 \2480(会員\2380)

  All 7 tracks: Chemistry Must Be Respected [3:54]/ Live Zoe 9/11 [5:28]/ Madrid [4:33]/ Danze [4:06]/ Altalenanze [3:55]/ System Up [7:55]/ Lab4Kids [4:43]/ ■イタリア出身のフィンガースタイル・ギタリスト、ステファーノ・バローン、3年ぶりのアルバム。1978年生まれというから、今年34歳。23歳でローマに移り、ソロ・ギタリストとして活動を開始。25歳に聴いたマイケル・ヘッジスのアルバム『エアリアル・バンダリーズ』に衝撃を受け、同じイタリア人のフィンガースタイル・ギタリスト、ピノ・フォラスティエーレ(フォラスティエーレの名で既にソロ・アルバム『WHY NOT』などを発表。在庫中)に師事し、ヘッジス・スタイルを学ぶ。ヘッジスの音楽的遺産を受け継ぐそのオリジナル作品が注目を浴び、08年の前作『PARTICOLARE #UNO』でアルバム・デビューを飾った。本作『DANZE ALTALENANZE』でステファーノは、両手タッピング、ヒッティング・ハーモニックス、ボティ・ヒッティッグなど、多様なテクニックを駆使しながらも、囁くようなメロディからパンチの利いた作品までな様々な彩りとエモーショナルをもったギター・サウンドを披露している。個人的なお薦め曲は「madrid」と「altalenanze」。是非お聴き下さい。※買い物カゴでのオーダーは、コチラ


●STEFANO BARONE / PARTICOLARE #UNO('08)              \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Intro/ Particolare#uno/ Spankie/ Syberia/ Batman/ Alexander Supertramp/ The Return/ TCLD/ Metronix/ 22,30/ Minimalaction/ Andata/ ■イタリア出身のフィンガースタイル・ギタリスト、ステファーノ・バローンのデビュー・アルバム。1978年生まれというから、今年31歳。23歳でローマに移り、ソロ・ギタリストとして活動を開始。25歳に聴いたマイケル・ヘッジスのアルバム『エアリアル・バンダリーズ』に衝撃を受け、同じイタリア人のフィンガースタイル・ギタリスト、ピノ・フォラスティエーレ(フォラスティエーレの名で既にソロ・アルバム『WHY NOT』などを発表。在庫中)に師事し、ヘッジス・スタイルを学ぶ。ヘッジスの音楽的遺産を受け継ぐそのオリジナル作品が注目を浴び、アルバム・デビューとなった。本作に収録されている「TCLD」が既に話題となっており、ヘッジス・ファンには見逃せない新人である。


●STEFFEN SCHACKINGER / ELECTRIGUITARTISTRY('08)    \2800(会員\2700)

スティーヴン・ベネットの新譜2枚のうちの1枚。こちらはビートルズ作品集の第2弾!!
New ●STEPHEN BENNETT / MORE BEATLES ('14) ≪送料無料≫   CD-SB2014B \2800(会員\2700)
   
 まさに待望のという言葉がピッタリの、スティーヴン・ベネットによるビートルズ作品のカヴァー・アルバムが発売され、入荷中。コリンズの6弦ギターとキャシー・ウィンガート製作によハープギターのふくよかなサウンドがとても心地良い。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

スティーヴン・ベネットの新譜2枚のうちの1枚。こちらはオリジナル作品中心のアルバム!!
New ●STEPHEN BENNETT / STILL ON THE LINE ('14) ≪送料無料≫   CD-SB2014S \2480(会員\2380)
    
スティーヴン・ベネットが2014年に発表したアルバム2枚のうちの1枚。本作は主に彼のオリジナル作品を中心にしたアルバムである。彼の周囲で起こった様々な出来事や友人に捧げる作品を多く作るスティーヴン・ベネット。今回も奥さんのナンシー捧げた「Nancy B.」や昨年結婚した大親友のトミー・エマニュエルへは「Tommy & Clara Got Married (トミーとクララが結婚した)」など多くの新しいオリジナル作品を収録している。それに加え、スコット・ジョップリンのラグタイムの名曲「Maple Leaf Rag」やエルヴィス・プレスリーのヒット曲「Jailhouse Rock (監獄ロック)」、グレン・キャンベルが歌って大ヒットしたジミー・ウェブの名曲「Wichita Lineman」などもカヴァー。アルバム全体から聴こえるコリンズの6弦ギターとキャシー・ウィンガート製作によるハープギターのふくよかなサウンドが本作でも心地良く、今スティーヴン・へネットと同時代に生き、彼の作品をオンタイムで聴くことの出来ている幸せを感じるのである。全面的にお薦めしたい好きアルバム。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

スティーヴン・ベネットの新譜2枚のうちの1枚。こちらはビートルズ作品集の第2弾!!
New ●STEPHEN BENNETT / MORE BEATLES ('14) ≪送料無料≫   CD-SB2014B \2800(会員\2700)
   
 まさに待望のという言葉がピッタリの、スティーヴン・ベネットによるビートルズ作品のカヴァー・アルバムが発売され、入荷中。コリンズの6弦ギターとキャシー・ウィンガート製作によハープギターのふくよかなサウンドがとても心地良い。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

スティーヴン・ベネットの新譜2枚のうちの1枚。こちらはオリジナル作品中心のアルバム!!
New ●STEPHEN BENNETT / STILL ON THE LINE ('14) ≪送料無料≫   CD-SB2014S \2480(会員\2380)
    
スティーヴン・ベネットが2014年に発表したアルバム2枚のうちの1枚。本作は主に彼のオリジナル作品を中心にしたアルバムである。彼の周囲で起こった様々な出来事や友人に捧げる作品を多く作るスティーヴン・ベネット。今回も奥さんのナンシー捧げた「Nancy B.」や昨年結婚した大親友のトミー・エマニュエルへは「Tommy & Clara Got Married (トミーとクララが結婚した)」など多くの新しいオリジナル作品を収録している。それに加え、スコット・ジョップリンのラグタイムの名曲「Maple Leaf Rag」やエルヴィス・プレスリーのヒット曲「Jailhouse Rock (監獄ロック)」、グレン・キャンベルが歌って大ヒットしたジミー・ウェブの名曲「Wichita Lineman」などもカヴァー。アルバム全体から聴こえるコリンズの6弦ギターとキャシー・ウィンガート製作によるハープギターのふくよかなサウンドが本作でも心地良く、今スティーヴン・へネットと同時代に生き、彼の作品をオンタイムで聴くことの出来ている幸せを感じるのである。全面的にお薦めしたい好きアルバム。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ
スティーヴン・ベネットの新譜2枚のうちの1枚。こちらはビートルズ作品集の第2弾!!
New STEPHEN BENNETT / MORE BEATLES ('14) ≪送料無料≫   CD-SB2014B \2800(会員\2700)
   
 まさに待望のという言葉がピッタリの、スティーヴン・ベネットによるビートルズ作品のカヴァー・アルバムが発売され、入荷中。コリンズの6弦ギターとキャシー・ウィンガート製作によハープギターのふくよかなサウンドがとても心地良い。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

スティーヴン・ベネットの新譜2枚のうちの1枚。こちらはオリジナル作品中心のアルバム!!
New STEPHEN BENNETT / STILL ON THE LINE ('14) ≪送料無料≫   CD-SB2014S \2480(会員\2380)
    
スティーヴン・ベネットが2014年に発表したアルバム2枚のうちの1枚。本作は主に彼のオリジナル作品を中心にしたアルバムである。彼の周囲で起こった様々な出来事や友人に捧げる作品を多く作るスティーヴン・ベネット。今回も奥さんのナンシー捧げた「Nancy B.」や昨年結婚した大親友のトミー・エマニュエルへは「Tommy & Clara Got Married (トミーとクララが結婚した)」など多くの新しいオリジナル作品を収録している。それに加え、スコット・ジョップリンのラグタイムの名曲「Maple Leaf Rag」やエルヴィス・プレスリーのヒット曲「Jailhouse Rock (監獄ロック)」、グレン・キャンベルが歌って大ヒットしたジミー・ウェブの名曲「Wichita Lineman」などもカヴァー。アルバム全体から聴こえるコリンズの6弦ギターとキャシー・ウィンガート製作によるハープギターのふくよかなサウンドが本作でも心地良く、今スティーヴン・へネットと同時代に生き、彼の作品をオンタイムで聴くことの出来ている幸せを感じるのである。全面的にお薦めしたい好きアルバム。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ
STEPHEN BENNETT / THE NUTCRACKER: Complete Ballet Score for Guitar Orchestra [2枚組CD] ('13) ≪送料無料≫ 2CD-SB2013 \3600(会員\3500)

スティーヴン・ベネットが同時に発表した2枚のニュー・アルバム!!
STEPHEN BENNETT / HIGH ST ('12)    CD-48 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Mamanita/ Adventure Dog/ Harp Guitar Guy/ High Street/ Chocolate Mo/ Honey Bee's Lament/ Song For Michael/ Sacagawea/ Buster's Verklempt/ Cemetery Ridge/ Down A Kansas Road/ Welcome To New Rome/ Tres Padres/ Tipping Point/ ■スティーヴン・ベネットが同時に2枚発表したアルバムの1枚で、彼のオリジナル作品を中心にしたアルバム。彼の友達の娘さんでアンディ・マッキーの事を(何故そう呼ぶか理由は分からないとのことだが)「チョコレート・モー(Chocolate Mo)」と呼ぶことにちなんで作られた「Chocolate Mo」や前足を1本失い3本足になっているスティーヴンの愛犬ベンに捧げられた「Adventure Dog」、08年に腎臓移植手術をした際ドナーとなってくれた義理の兄弟マイケルに捧げた「Song For Michael」など、いつものように彼の日常生活から生み出されたオリジナル作品の数々が心に沁みる。もう1枚のアルバムは、ハープ・ギターによるカヴァー集『COOL TUNES FOR HARP GUITAR』。そちらもお忘れなく。 ※買い物カゴでのオーダーはこちら


STEPHEN BENNETT / COOL TUNES FOR HARP GUITAR ('12)    CD-50 \2480(会員\2380)

  All 12 tracks: The Rohan Theme (from The Two Towers - Part 2 of the Lord Of The Rings)/ Theme from the Magnificent Seven/ Not Fade Away/ Peggy Sue/ Do Not Forsake Me (Theme from High Noon)/ Inchworm/ Nature Boy/ Cause We've Ended As Lovers/ Someone To Watch Over Me/ Lullaby (by George Gershwin)/ Theme from To Kill A Mockingbird/ Gymnopedie #1 (by Erik Satie)/ ■スティーヴン・ベネットが同時に2枚発表したアルバムの1枚で、本作はハープ・ギターによるカヴァー作品集。スティーヴィー・ワンダーの作品でジェフ・ベックがカヴァーしたヴァージョンが有名な「Cause We've Ended As Lovers」、バディ・ホリーの「Not Fade Away」と「Peggy Sue」、映画「Theme from The Magnificent Seven [荒野の7人]」のテーマ曲、映画「High Noon」のテーマ曲や「Lord of The Rings」のテーマ曲、ジョージ・ガーシュウィン作品の「Someone To Watch Over Me」と「Lullaby」や、エリック・サティの「Gymnopedie #1」など、スティーヴンが「Cool Tune [カッコいい曲]」と思ったものを「片っ端から集めてアレンジしましたーッ」という感じ。凄く楽しんで演奏しているのが伝わってきて嬉しくなってくる。腎臓移植をして長年の持病を克服し、今まさに「生まれ変わって第二の人生を歩んでいる」と彼自身が言っているように、喜びと遊び心に溢れたアルバムだ。
もう1枚のアルバム、彼のオリジナル作品集の『HIGH ST』もお忘れなく。 
※買い物カゴでのオーダーはこちら


STEPHEN BENNETT / IN-A-GADDA-DA-STEPHEN('10)      \2800(会員\2700)

 All 15 tracks: Light My Fire/ Incense and Peppermints/ The Wind Cries Mary/ A Whiter Shade Of Pale/ Born To Be Wild/ White Room/ Honky Tonk Women/ Can't Find My Way Home/ The Court of the Crimson King/ Teacher/ Behind Blue Eyes/ Theme For An Imaginary Western/ Time-Breathe/ Soon/ You Really Got Me [baritone guitar]/ ■これは素晴らしい。スティーヴン・ベネットのニュー・アルバムは、ハープ・ギターによるロックの名曲カヴァー集だ。アンディ・マッキーをはじめアントゥワン・デュフール、ドン・アルダー等、この10年ほどの間にアコースティック・シーンに登場したギタリスト達もハープ・ギターによる作品を幾つかレコーディングしているが、スティーヴンのハープギターにおける思いは特別であるようだ。100年前に制作されたDyer社のハープ・ギターを曾祖父から譲り受け、彼はハープギターに楽器としての大きな可能性を見出した。20作を越えるソロ・アルバムを発表しているスティーヴンだが、毎回1曲はハープ・ギターによる作品を入れているし、全篇ハープギターのアルバムも(ベスト盤を含めると)本作で4枚目となる。そんなスティーヴンが10代だった60年代から70年代初めにかけて大好きだった曲(「そして、今も大好きで聴き続けている」と彼はライナーに記している)を選んで演奏した本作には、ドアーズの「ハートに灯をつけて」、クリーム「ホワイト・ルーム」、プロコル・ハルム「青い影」、ステッペン・ウルフ「ワイルドで行こう」、ブラインド・フェイス「Can't Find My Way Home」、ローリング・ストーンズ「ホンキー・トンク・ウィメン」、マウンテン「想像されたウエスタンのテーマ」、キング・クリムゾン「クリムゾン・キングの宮殿」等々、まさに王道のロック・ヒット曲の数々。ハープギターのふくよかな重低音が実に心地良く、その魅力に酔いしれることができる。ボーナス・トラックとして収められている最後15曲目のキンクス「ユー・リアリー・ガット・ミー」のみバリトン・ギターによる演奏である。
■蛇足: アルバム・タイトル『
IN-A-GADDA-DA-STEPHEN』は1968年にロック・バンド、アイアン・バタフライ[Iron Butterfly]が発表したアルバムのタイトル『IN-A-GADDA-DA-VIDA [インナ・ガダ・ダ・ヴィダ』のパロディである。60年代なので、当然オリジナル・アルバムはLPレコードでの発売だ。同アルバムには全6曲が収録されており、A面に5曲、B面には17分を越える長さのアルバム・タイトル曲「In-A-Gadda-Da-Vida」1曲だけが収められていたのだが、3分弱に編集されたシングル盤は、当時の米国ビルボード誌のシングル・チャート13位を獲得する大ヒット曲となった。そして多くのラジオ局が長尺ヴァージョンのアルバム・トラックの方も番組でオン・エアしまくった。そして、スティーヴンの本作のアルバム・タイトルのロゴもアイアン・バタフライのアルバムの書体を真似ているのだが、当時のサイケデリック・ロックといわれたアーティストやバンドのアルバムやコンサート・ポスターなのには頻繁に使われた書体の1つである。また、ジャケットのハープギターが燃えて炎が上がっているイラストは、27歳の若さで亡くなった天才ロック・ギタリスト、ジミ・ヘンドリックスが1967年の夏に米国カリフォルニアで行われたロック・フェス「モンタレー・ポップ・フェスティヴァル」のステージ上で自分のエレキ・ギター(ストラトキャスター)に油をかけマッチの火をつけて燃やした伝説的パフォーマンスに由来するパロディである。


STEPHEN BENNETT / GOOD WOOD ('09)    \2480(会員\2380)

 All 18 tracks: Beale Street Blues (2:03)/ Cielito Lindo (2:58)/ We Shall Overcome (2:57)/ Nobody Knows The Trouble I've Seen (2:45)/ Down By The Old Mill Stream (2:22)/ On The Trail Of The Lonesome Pine (2:03)/ Londonderry Aire (3:06)/ Home On The Range (2:41)/ Shenandoah (2:32)/ Gentle Annie (2:15)/ Aunt Lu's Waltz (3:18)/ Simple Gifts (2:04)/ Whiffenpoof Song (1:35)/ Hard Times (3:24)/ Star Spangled Banner (1:14)/ I've Got To Powder My Nose (0:34)/ Rolling To The Sea (1:55)/ The Bachelor (2:31)/ Reprise[bonus Unlisted Track] (0:42)/ ■スティーヴン・ベネットのニュー・アルバムは、彼が曽祖父(ひいおじいさん)から譲り受けた1909年製ハープ・ギターを全曲でプレイしたインスト中心のアルバム。スティーヴンのギター音楽を語る上で欠かせないハープ・ギターだが、普段ツアーで使用しているものは、メリル・ギターがその1909年に作られたダイヤー製のものを忠実に再現したレプリカ・モデルである。生まれてちょうど100年目となる今年、彼の音楽人生に多大な影響を与えたこの1909年製ハープ・ギターを実際に使ってアルバムを作ろうと決心したのだそうだ。全18曲(とボーナス・トラック1曲)の収録作品から聴くことのできるギター・サウンド、その素晴らしいこと!! 聴く者を包み込むような深く温かみのある「音」にびっくりしてしまった。このギターの「良い木材 [GOOD WOOD]」が100年の時を過ぎても味わい深い音の響きを持続させているということか。収録作品も19世紀から20世紀初めに作られたものが殆どで「この楽器に相応しい曲を」と考えたスティーヴンの思いが選曲にも感じられる。そんな古い曲の中に彼が2007年に作ったオリジナル作品が1曲含まれているのだけれど、前後の作品と何の違和感も感じさせない味わいを持った曲で、ソングライティングにおける彼のセンスの良さも窺えるのだ。素晴らしい。是非お聴き頂きたいと思う。


STEPHEN BENNETT / ALERT THE AUTHORITIES ('08)    \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / BEATLES ACOUSTIC GUITAR SOLOS('05)   CD-036 \2800(会員\2700)

STEPHEN BENNETT / CHRISTMAS('05)         CD-038 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / EVERYTHING UNDER THE SUN('04)       \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / GUITAR TOWN('94) 《16曲収録》    CD-RR-010 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / HARP GUITAR('98) 《15曲収録》    CD-RR-016 \2480(会員\2380) 品切れ中

STEPHEN BENNETT / HARP GUITAR: A COMPILATION [2枚組CD] 2004      \3800(会員\3700)

STEPHEN BENNETT / MUSIC FROM TSENACOMMACAH('04)     CD-RR-030 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / NO NET('99) 《14曲収録》   CD-RR-018 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / PICTURES('96) 《21曲収録》   CD-RR-012 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / REFLECTIONS('06)         CD-040 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / RIVER('01) 《13曲収録》   CD-RR-022 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / SLIDE AREA AHEAD('02) 《14曲収録》   CD-RR-026 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / SOLOS & DUETS('92) 《13曲収録》   CD-RR-008 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / TEN('02) 《13曲収録》   CD-RR-024 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / TUNES('00) 《14曲収録》   CD-RR-020 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT / THE NUTCRACKER SUITE FOR GUITAR ORCHESTRA('91) 《14曲収録》 CD-RR-004 \2480(会員\2380)

STEPHEN BENNETT & BILL GURLEY / BENNETT & GURLEY('97) 《12曲収録》   CD-RR-014 \2480(会員\2380)

●JIM & STEPHEN BENNETT / BROTHERS ('08)     \2480(会員\2380)

●STEVAN PASERO / A NEW WORLD CHRISTMAS              \2480(会員\2380)

●STEVE BAKER & CHRIS JONES / SLOW ROLL('95)             \1800(会員\1700)

●STEVE BAUGHMAN / A DROP OF THE PURE('98)              \2800(会員\2700) 品切れ中

●STEVE BAUGHMAN / LIFE IN PRISM('10)              \2800(会員\2700)

●STEVE BAUGHMAN / OLD WORLD CHRISTMAS('03)              \2800(会員\2700)


●STEVE BAUGHMAN / THE ANGELS' PORTION('01)              \2800(会員\2700)

 All 14 tracks: Roslyn Castle/ Two French Country Dances: Danses des Deux Pomme Frittes/ Hickory Jack/ Jer the Rigger/ One Draft Too Many/ Set of Jigs: Going Bach to Ireland/ Planxty Placebo/ Flower of the Quern/ John Kelly's Reel〜Saint Anne's Reel/ Planxty Pegeen/ Skalarna/ Polska Efter Pelle Fors/ Breton Dance/Le Funque Trunk/ Bonnie Wahine/


●STEVE BAUGHMAN & ROBIN BULLOCK / CELTIC GUITAR SUMMIT: GROOVEMASTER VOL.9('02) \2800(会員\2700)

 All 11 tracks: Lady Blayney/ Conset Y Peipar Coch/ Breton Dance〜Kas Ha Baarh〜McMichen's Reel/ Lord Inchiquin/ Entre Chien et Loup〜the Peeler's Jacket/ Hewlett/ Eine Kleine Breton Waltz/ Rambutan Lady/ Captain Sudley [Carolan's Dowry]/ Fanny Power/ The Banshee/


●STEVE HACKETT / BAY OF KINGS('94)                     \2480(会員\2380)

●STEVE HACKETT / MOMENTUM                       \2480(会員\2380)

●STEVE HACKETT / TILL WE HAVE FACES('94)               \2480(会員\2380)

●STEVE MANN / ALIVE AND PICKIN'('05)    CD-110 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 19 tracks: Ash Grove Announcer/ If You Live/ Jelly Roll/ Soldier's Drill/ Elephant Song/ Amazing Gospel Tune/ Charlie James/ Rag Mama/ East Colorado/ Two Nineteen Train/ Trouble in Mind/ Winin' Boy/ Here I am Again/ Holly/ Mopper's Blues/ Hasta Luego/ Medley for David/ Prison Cell Blues/ Seven Foot Freakout/ ■60年代よりアメリカ西海岸で活躍してきたスティーヴ・マンのソロ作。「Two Nineteen Train」「Trouble in Mind」「Winin' Boy」の3曲にジャニス・ジョプリンが参加。


●STEVE MANN / LIVE AT THE ASH GROVE('75/'08)    CD-111 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 10 tracks: 99 Year Blues/ Drown in My Own Tears/ Pallet on the Floor/ Buddy Brown's Blues/ Walking Blues/ Another Man Done Gone/ Titanic/ Parchman Farm/ She Caught the Katy/ Green, Green Rocky Road/ ■1975年にハーフ・ブラインド・チョイス(Half Blind's Choice)からリリースされたスティーヴ・マンの伝説のライヴ・アルバムが初CD化。モーズ・アリスンの「Parchman Farm」、マディ・ウォーターズのヴァージョンでの「Walking Blues」など全10曲収録。


●STEVE MANN / STRAIGHT LIFE('67/'09)              CD-112 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 14 tracks: Vietnam Blues/ Cocaine/ Highway 61/ 44 Blues/ If You Live/ Driftin' and Driftin'/ Elephant Song/ She Caught the Katy/ 99 Year Blues/ Pallet on the Floor/ Here I Am Again/ 1912 Shipwreck Blues/ BONUS TRACKS: Brother Can You Spare a Dime/ The Letter/ ■1967年にカスタム・フィデリティ(Custom Fidelity)レコードからリリースされたスティーヴ・マンの伝説のアルバムが初CD化。ボーナス・トラック2曲を追加した全14曲。オリジナル作品3曲に「Cocaine」などトラディショナル作品3曲に、モーズ・アリスンの「If You Live」、フレッド・マクダウェルの「Highway 61」、ジョン・リー・フッカーの「Driftin' and Driftin'」、ブラインド・レモン・ジェファスンの「99 Year Blues」、ウィーリー・ジョンスンの「1912 Shipwreck Blues」などを収録。


●STEVE WARINER / GUITAR CHRISTMAS('10)          \2480(会員\2380)

●STEVE WARINER / GUITAR LABORATORY('11)          \2480(会員\2380)

●STRUNZ & FARAH / HEAT OF THE SUN('94)           SV-CD1001 \2480(会員\2380)


“天才少年”から“アーティスト”へ。チョン・スンハの無限に広がる未来を予感させる傑作アルバム!!
New チョン・スンハ [Sungha Jung] / ペイント・イット・アコースティック: Paint It Acoustic ≪国内盤≫ CD-SLCD-3016 \2730(会員も同価格)
  produced by チョン・スンハ&田中彬博; ≪収録曲≫ Felicity (4:53)/ The Phantom of the opera (4:34)/ Sorry 4:52)/ Friends 4:32)/ On a Brisk Day 4:27)/ I Remember You 4:16)/ Nostalgia 4:54)/ With or Without You [with Trace Bundy] (4:43)/ Opening-Jinseino Merry Go Round (5:03)/ Gravity (4:13)/ Hot Chocolate (4:34)/ Monster BIGBANG (4:19)/ Fanoe [with Ulli Bogershausen] (3:32)/ Coming Home [with Ulli Bogershausen] (3:59)/ 
■韓国の天才ソロ・ギタリスト、チョン・スンハくん(16歳)が5人の日本人ソロ・ギタリストと共演した『ザ・デュエッツ: 夢の共演』が2月に国内発売されたばかりですが、その次の新譜で彼のソロ・ギターをフィーチャーしたニュー・アルバムが早くもリリース。アルバム・タイトルは『ペイント・イット・アコースティック』。ローリング・ストーンズの大ヒット曲「Paint It Black」の邦題は「黒くぬれ」でしたが、それと同様に訳すなら「アコースティックにぬれ」「アコースティックに彩りなさい」ってことになるのでしょうか。8曲の新しいオリジナル作品と6曲のカバー作品を収録した全14曲。カバー作品の中には去年6月の来日コンサートでも披露した「オペラ座の怪人」やスタジオジブリの映画『ハウルの動く城』の劇中曲「人のメリーゴーラウンド」やU2の「With or Without You」(この曲にはトレース・バンディもゲスト参加)なども含まれています。オリジナル作品も粒揃いの作品ばかりで、本当に素晴らしいアルバムです。そして、本作の共同プロデューサーとしてスンハと一緒にアルバム制作するという大役を日本のソロ・ギター音楽シーンを代表する若手ギタリスト田中彬博くんが務めました。只今「送料無料」でご予約受付中です。全面的にお薦めします。ぜひお聴きになって下さい。 [プー横丁店主POOH]
---------------------------------------------------------------------------------------------------
≪追記≫ この『ペイント・イット・アコースティック』もこれまでのチョン・スンハの国内盤と同様、プー横丁のレーベル、Slice of Life Recordsから発売されます。それで、このソロ・ギター・シリーズの国内盤のための日本語解説はずっと私(プー横丁店主POOH)が書かせて頂いていましたが、本作は違います。スンハとの共同プロデューサーとしてこのアルバムに関わった若手ソロ・ギタリスト、田中彬博くんに国内盤のための日本語解説をお願いしました。彼らしい筆致でスンハのソロ・ギターの魅力や曲目紹介などが詳しく記されています。この解説もお楽しみになさってください。国内盤の発売日は5月29日です。 [プー横丁店主POOH]
 ※これは日本語解説付きの国内盤です。
■このアルバムをオーダー頂いた方には、送料無料(当店負担)で発送させて頂きます。※発送方法はこちらで選ばせて頂きます。代引の場合は代引手数料350円をご請求させて頂きます。
日本語解説付きの国内盤『ペイント・イット・アコースティック: Paint It Acoustic』の買い物カゴでのオーダーはコチラ


チョン・スンハと日本のフィンガースタイル・ソロ・ギタリスト5人との夢の共演アルバムが完成!!
New チョン・スンハ [Sungha Jung] / ザ・デュエッツ: 夢の共演 THE DUETS ('13) ≪国内盤≫ CD-SLCD-3015 \2520(会員も同価格)

 also feat. 岡崎倫典、住出勝則、小松原俊、田中彬博、Aki Miyoshi; produced by 岡崎倫典、住出勝則、小松原俊、田中彬博、Aki Miyoshi and Sungha Jung; All 9 tracks: Change the World [with 田中彬博]/ Wayfaring Stranger [with 小松原俊]/ Ob-La-Di, Ob-La-Da [with 住出勝則]/ Perfect Blue [with 岡崎倫典]/ La Belle Dame Sans Regrets [with Aki Miyoshi]/ Hazy Sunshine [with 田中彬博]/ Shape of My Heart [with 小松原俊]/ Kokomo [with 住出勝則]/ Irony [with 岡崎倫典]/ 
■16歳になったチョン・スンハと日本のフィンガースタイル・ソロ・ギタリスト5人との夢の共演アルバムが完成。ベテラン岡崎倫典、住出勝則、小松原俊の3氏に若手実力派の2人、田中彬博くんとAki Miyoshiくんが参加。各曲をスンハと共にデュエット演奏した全9曲を収録。お馴染みのスンハのオリジナル作品「Perfect Blue」「Hazy Sunshine」「Irony」をはじめ、エリック・クラプトンの「Change the World」、ビートルズの「Ob-La-Di, Ob-La-Da」、ビーチ・ボーイズの「Kokomo」、スティングの「Shape of My Heart」と「La Belle Dame Sans Regrets」などメロディの美しいカバー作品が収められています。※日本語解説付きの国内盤は2月8日に定価2520円にて発売します。
日本語解説付きの国内盤『ザ・デュエッツ: THE DUETS』の買い物カゴでのオーダーはコチラ


チョン・スンハのセカンド・アルバム、国内盤!! 只今、送料無料でお送りしています!!
チョン・スンハ [Sungha Jung] / アイロニー: IRONY ('11)   ≪国内盤≫    SLCD-3010 \2940(会員も同価格)


≪収録作品、全14曲≫
1. For You [スンハのオリジナル曲]
2. Irony [スンハのオリジナル曲]
3. Been Already a Year [Yoon Gunのカヴァー]
4. Fly Like the Wind [スンハのオリジナル曲]
5. Waterfall [スンハのオリジナル曲]
6. They Don't Care About Us [Michael Jacksonのカヴァー]
7. Fragile [Stingのカヴァー]
8. The Winner Takes It All [ABBAのカヴァー]
9. Songbird [スンハのオリジナル曲]
10. Farewell [スンハのオリジナル曲]
11. Tree in the Water [スンハのオリジナル曲]
12. Beat it [Michael Jacksonのカヴァー]
13. River Flows in You [Irumaのカヴァー]
14. Lonely [2NE1のカヴァー]

■チョン・スンハ衝撃のデビュー・アルバム『パーフェクト・ブルー』から1年。早くもセカンド・アルバムがリリース。プロデューサーはデビュー作に引き続きドイツ出身のベテラン・フィンガースタイル・ギタリスト、ウーリ・ブーガースハウセンと本作のマスタリングも担当しているトーマス・ケスラーの2人。レコーディングは今年の8月、ドイツのMosella Music Studioで行われた。本作には、スンハのオリジナル作品7曲と、スンハ自身がアレンジしたカヴァー作品7曲の全14曲が収録されている。オリジナル作品にはスンハを応援してくれるファンの方々や友達たちに感謝の気持ちを込めて捧げられた「For You」や実妹に贈った「Tree in the Water」、ソウル出身の女性シンガー・ソングライター、ユンナために書いた「Songbird」など、スンハらしい優しく美しいメロディをもった作品が並ぶ。一方、CGDGA#Dのチューニングでプレイされるアルバム・タイトル曲は「これまでとはちょっと雰囲気の違った曲」とスンハ自身が言う通り、彼のソングライティングにおける別の一面を窺わせるクールな作品で、この1年間でミュージシャンとして作曲家として大きな成長を遂げたスンハの「今」を感じるのである。また、スンハのアレンジによるカヴァー作品は、スティングやアバ、マイケル・ジャクスンなどの欧米のロックやポップスのヒット曲に加え、ユンゴン、イルマ、2NE1といった韓国のアーティストの作品も取り上げられていて興味深い。わずかな期間に著しく成長したチョン・スンハ。アコースティック・ギタリストとして作曲家としてパフォーマーとして更なる高みに到達した彼のニュー・アルバム『アイロニー』。是非お聴き下さい。
------------------------------------------------------------------------------------
■もしも、私が孤島にたった3枚のCDを持って1年間行かなければならないとしたら、このCDは間違いなくその1枚になるだろう。 ウーリ・ブーガースハウセン
------------------------------------------------------------------------------------
■彼の年齢、その若さとは無関係にチョン・スンハくんは本物です。こんなにクォリティの高いCDを発表した彼に心から敬意を表したいと思います。 住出勝則 [Masa Sumide]
------------------------------------------------------------------------------------
■このチョン・スンハのニュー・アルバムをオーダー頂いた方には、送料無料(当店負担)で発送させて頂きます。※発送方法はこちらで選ばせて頂きます。代引の場合は代引手数料350円をご請求させて頂きます。
■この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、こちらからどうぞ


チョン・スンハのデビュー・アルバム!! 只今、送料無料でお送りしています!!
チョン・スンハ [Sungha Jung] / パーフェクト・ブルー: Perfect Blue ('10) <日本語解説付き>  \2625

チョン・スンハ
『パーフェクト・ブルー』
2010年7月21日リリース

 produced by Ulli Bogershausen; All 14 tracks: Hazy Sunshine (4:40)/ Billie Jean (3:37)/ One Of Us (3:57)/ California Dreaming (2:37)/ Love Of My Life (3:44)/ Fields Of Gold (3:20)/ Superstition (4:30)/ Perfect Blue (3:12)/ More Than Words (3:14)/ Livin' On A Prayer (3:30)/ A Whiter Shade Of Pale (3:21)/ Wake Me Up When September Ends (4:58)/ Twist In My Sobriety (3:32)/ I Believe I Can Fly (4:04)/ ■遂に発売されたチョン・スンハのデビュー・アルバム。日本語解説付き国内盤である。全篇アコースティック・ギター1本によるインストゥルメンタル作品で、プロデューサーは早くから彼の才能に注目していたドイツ人フィンガースタイル・ギタリスト、ウーリ・ボウガーシャウゼン。ドイツの彼のホーム・スタジオにスンハを招いてレコーディングが行われた。既に10曲を越えるオリジナル作品のあるスンハだが、このファースト・アルバムはYouTubeでアップした動画を通じて彼を応援してくれた世界中の人々に感謝の意味を込めて、人気の高かったカヴァー曲を中心の内容にしたそうだ。
 スティーヴィー・ワンダーの「迷信」、マイケル・ジャクスンの「ビリー・ジーン」をはじめ、ママス&パパスの「夢のカリフォルニア」、プロコル・ハルムの「青い影」、クィーンの「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」、スティングの「フィールズ・オブ・ゴールド」、ポン・ジョヴィの「リヴィング・オン・ア・プレイヤー」など、ポップス/ロック史における珠玉の名曲・大ヒット曲12曲にスンハのオリジナル曲「パーフェクト・ブルー」と「ヘイジー・サンシャイン」の2曲も含む全14曲収録。真っ青な空や海をイメージしたというアルバム・タイトル曲「パーフェクト・ブルー」は伸びやかでスケールの大きい曲、そしてクールなメロディ・ラインが魅力の「ヘイジー・サンシャイン」と全く作風の異なるオリジナル作品にスンハのソングライティングにおける図抜けた才能を感じるのは私だけではないだろう。9月に決定した
来日コンサートも楽しみだ。全面的にお薦めしたい。[プー横丁店主 POOH]
 尚、本作はプー横丁のレーベル、スライス・オブ・ライフ(Slice of Life Records)より日本語解説付きで国内盤として2010年7月21日に発売されました。
■この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラ
■只今このチョン・スンハのデビュー・アルバム『パーフェクト・ブルー』ご注文の方には、送料無料(当店負担)でお送りしています。※発送方法はこちらで選ばせて頂きます。代引の場合は代引手数料350円をご請求させて頂きます。


●TEJA GERKEN / POSTCARDS('05)     CD-001 \2800(会員\2700) 品切れ中

●TERRACOTA / SAVIA('99)                      \1800(会員\1700)

●TERRACOTA / TRES ELEMENTOS('96)                   \1800(会員\1700)

●TERRACOTA (VERONIQUE GILLET & FERNANDO FREITEZ) / TERRACOTA('94) \1800(会員\1700)

■トーマス・リーブ(Thomas Leeb)
 オーストリア出身で現在は米国カリフォルニア在住のフィンガー・スタイル・ギタリスト、トーマス・リーブ。アンディ・マッキーを筆頭に90年代後半からミュージシャン活動を開始してきた新しい世代のアーティストの1人である。実際、トーマスはアンディとも親交があり、最近ジョイント・ツアーもしており、お互い敬意を払いつつ良きライヴァルとして切磋琢磨し合っている間柄のようだ。2007年3月、同じカリフォルニア在住の日本人ギタリストでトーマスとは同じ音楽学校の仲間だったという黒澤豪(Goh Kurosawa)さんとの日本ツアーがあり、コンサートに行かれた方やその噂を聞きつつも会場には足を運べなかった方から沢山のご注文やお問い合せを頂戴した。当店HPには初掲載となるので、このコーナーで彼のCD2種をご紹介させて頂く。

●THOMAS LEEB / DESERT PIRATE('07)    \2800(会員\2700)

 All 10 tracks: Grooveyard/ Jebuda/ Nai Nai/ Oachkatzlschwoaf/ Isobel/ No Woman, No Cry/ Desert Pirate/ Ladzekpo/ Oft Geht Bled/ Quicksilver/ ■若手フィンガースタイル・ギタリスト、注目株の1人、トーマス・リーブのニュー・アルバム。オリジナル作品の他、ボブ・マーリーの「No Woman, No Cry」も収録。


●THOMAS LEEB / RIDDLE('99)    CD-TL-1999 \2800(会員\2700)
品切れ中

 with Eric Roche (guitar), Gottfried David Gfrerer (slide guitar); All 10 tracks: Riddle/ Springtime Groove/ Winds are Changing/ Charlie Hunter's/ Sled Dog Racing/ Almbleamal Landler/ The Shearing/ The Hard Can/ Akaskero/ So Do I/ ■トーマス・リーブの名を一躍世界に知らしめた99年作。7曲のオリジナル作品をはじめ、彼の故郷オーストリアのトラディショナル作品1曲にケルティックのトラディショナル作品も収録した全10曲。今は亡きエリック・ローチェ(トーマスは「ローシュ」って言ってました)も参加。


●THOMAS LEEB / SPARK('87)    CD-TL-1987 \2800(会員\2700)
品切れ中

●THOMAS LEEB / UPSIDE DOWN('05)    CD-TL-2005 \2800(会員\2700) 品切れ中

 All 12 tracks: Albino/ The Hard Can 2005 Remix/ Erzherzog Johann Jodler/ I Shot The Sheriff/ Upside Down/ Spark/ While My Guitar Gently Weeps/ The Boys Of Blue Hill/ Sweet Child O' Mine/ Muss I Denn〜Twinkle/ Jovka/ Sleepless/ ■トーマス・リーブが2005年に発表した最新作。オリジナル作品やケルティックのトラディショナル作品のほか、ビートルズ(ジョージ・ハリスン)の「While My Guitar Gently Weeps」、ボブ・マーリーの「 I Shot The Sheriff」のカヴァー作品は、タッピングやハーモニックスなどを交えながらも原曲のメロディ・ラインの素晴らしさを見事に引き出したアレンジが素晴らしい。尚、ボーナス・トラック「Sleepless」は、彼が95年に発表したアルバム『Reveller』に収録されていたもの。


●THOM BRESH & BUSTER B. JONES / GUTS & STEEL: GROOVEMASTERS VOL.5('01)    \2480(会員\2380)

 チェット・アトキンスはトム・ブレッシュとバスター・B・ジョーンズのデュオ演奏を聴いて「彼等のプレイを聴くほど楽しいことはない。誰にも真似できない(素晴らしい演奏だ)よ」と言ったとか。マール・トラヴィス〜チェット・アトキンス直系の彼等のプレイを堪能できる1枚である。


●TIM PACHECO / A GATHERING OF GUIDES: SOLO ACOUSTIC GUITAR      \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: Moonstone [EBEG#BF-capo 2nd fret]/ Domatilia [DGDGBE-no capo]/ Christa's Song [C#G#C#G#C#F#-capo 2nd fret]/ Abe and Ed [F#BEbF#C#F#-capo 2nd fret]/ Satie [F#BEbF#C#F#-capo 2nd fret]/ Birds on Paper [F#BEbF#BF#-capo 2nd fret]/ Backroad to Valhalla [EBEG#BF#-capo 2nd fret]/ Shaman's Dance [DAGF#AD-no capo]/ Rosy's Place [EBEG#BE-capo 2nd fret]/ Van Tassell's Vision [DBbDABbF-capo 2nd fret/ Fallen Angel [FCFACG-capo 3rd fret]/


●TIM SPARKS / GUITAR BAZAAR('95)                  \2800(会員\2700)

●TIM SPARKS / NESHAMAH('99)                 \2800(会員\2700) 品切れ中

●TIM SPARKS / ONE STRING LEADS TO ANOTHER('99)          \2800(会員\2700)

●TIM SPARKS / SIDEWALK BLUES [CD]        CD-009 \2480(会員\2380)

 All 17 tracks: Mississippi Blues (Willie Brown)/ Sidewalk Blues (Jelly Roll Morton)/ Oriental Blues (Eubie Blake)/ Potato Head Blues (Louis Armstrong)/ In a Mist (Bix Beiderbecke)/ The Alligator Crawl (Fats Waller)/ How Great Thou Art (Traditional)/ There Ain't No Sweet Man That's Worth the Salt O' My Tears (Fred Fisher)/ The Pearls (Jelly Roll Morton)/ Maple Leaf Rag (Scott Joplin)/ This Great Caravan Keeps On Rolling Along (Vep Ellis)/ Goin' Back to Mississippi Blues (Willie Brown, Arrangement by Tim Sparks)/ Carolina Shout (James P. Johnson]/ I'll Fly Away (Albert Brumley)/ Victory Rag (Maybelle Carter)/ Jelly Roll Blues (Jelly Roll Morton)/ Amazing Grace (Traditional)/


●TIM SPARKS / TANZ('00)                        \2800(会員\2700)

●TIM SPARKS / THE NUTCRACKER SUITE('92)             \2800(会員\2700) 

●TIM THOMPSON / REVVED UP: SOLO ACOUSTIC GUITAR             \2800(会員\2700) 

●TODD GREEN / AWAKENING('94)                 CD-TRGLP-31001 \2480(会員\2380)

●TODD HALLAWELL / BEFORE MY TIME('99)                \2480(会員\2380)

 All14 songs: Leola Kay/ Jiffy Jam/ Cydney/ The Last Steam Engine Train/ Flat Foot Floogee/etc. ■97年度の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン、トッド・ハラウェルの初ソロ。98年1月にロスで行われたNAMMショウのブースで彼がデモ演奏しているのを偶然見つけた中川イサトさんが、その直後にピーター・フィンガー達のコンサートのオープニング・アクトで彼のギター・プレイを間近に見てすっかり惚れ込んだという逸材。テクニック、センスとも文句ナシ。オリジナル作品も含む全14曲を収録。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●TODD HALLAWELL / FROM NASHVILLE & BACK('05)         \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Windy Bill/ Gladrags/ Steeplechase Lane/ And Why Not?/ Undersea/ Slide Fest/ 10/8/ Heliotrope Bouquet/ Rialto Ripples/ All Thumbs/ From Nashville & Back/ Because We Can![And Why Not? Reprise]/ ■97年度の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン、トッド・ハラウェル。遂にリリースされたトッド・ハラウェルの新譜、2作目。 99年にリリースされ、大評判となった前作『BEFORE MY TIME』をも凌駕する優れたオリジナル作品群。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●TODD HALLAWELL & ROBIN KESSINGER / EAR CANDY('09)         \2480(会員\2380)

 All 13 tracks: Vinton's Hornpipe/ Russian Rag/ Hoodoo Hoedown/ Eleanor/ Campground Medley [Big Liza Jane〜Whiskey Before Breakfast〜St. Anne's Reel〜Butterfly Hornpipe]/ Dizzy Fingers/ Davy Jones Hornpipe/ The Third Eyebrow/ Sidh Beag Sidh Mor/ Harvest Home/ Maple Leaf Rag/ Turkey Knob/ Elzic's Farewell/ ■97年の全米フィンガースタイル・ギター・チャンピオン、トッド・ハラウェルと85年の全米フラットピッキング・ギター・チャンピオン、ロビン・キッシンジャーによるデュエット・アルバム。トラッド作品中心に2本のギターで奏でられるインスト作品13曲。ケルティック作品「シーペック・シーモア」やラグタイムの「メイプル・リーフ・ラグ」、有名フィドル曲「ターキー・ノブ」など、そのデュオ・プレイの美しさに心打たれる。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●TOM BALL / 18 PIECES FOR SOLO STEEL STRING GUITAR('03)  ドイツ盤      CD-3022 \2800(会員\2700)

●TOM BALL / GUITAR MUSIC                   CD-3906 \2480(会員\2380)

●TOM LONG / MONKEYS VIOLATE THE HEAVEN PALACE('95)        \2480(会員\2380)

●TOM LONG / LIVE AT McCABE'S('99)                   \2800(会員\2700) 

●TOM LONG / SATIS VERBORUM                      \2800(会員\2700)

●TOMASZ GAWOREK-SCHODROK / ON THE ROAD('99)           \2800(会員\2700)

●TOMASZ GAWOREK-SCHODROK / FOUND IN THE FLURRY OF THE WORLD('95)    \2800(会員\2700)

トミー・エマニュエルの新譜CDが入荷しました!!
New ●TOMMY EMMANUEL / IT'S NEVER TOO LATE ('15) [CD] ≪送料無料≫ CD-CGP002 \2480(会員\2380)
 
  買い物カゴでのオーダーはコチラからどうぞ

New ●TOMMY EMMANUEL / JUST PASSING THROUGH ('15) [CD] ≪送料無料≫【限定入荷】\2980(会員\2880)
 
  買い物カゴでのオーダーはコチラからどうぞ

TOMMY EMMANUEL / LITTLE BY LITTLE [2枚組CD] ('10)          \3800(会員\3700)



★このトミー・エマニュエルのニュー・アルバム『LITTLE BY LITTLE』ご注文は、メールでもお受けしておりますが、買い物かごによるオーダーご希望の方はプー横丁が運営していますネットショップ Shop at Pooh Cornerで受け付けております。

 produced by Kim Person; with Doyle Dykes, John Knowles cgp, Rick Price, Pam Rose, Anthony Snape, Victor Wooten, and the Endless Road String Quartet [Joanna Binford, Rebecca Kiekenapp, Julie Lastinger, Tina Simpson]; All 24 tracks: [DISC 1] Half Way Home/ The Jolly Swagman/ Locomotivation/ Haba Na Haba [Instrumental]/ Tears For Jerusalem/ Waiting For A Plane/ The Fingerlakes/ The Welsh Tornado/ He Ain't Heavy, He's My Brother (with John Knowles)/ Mighty Mouse/ Ruby's Eyes/ Moon River [Instrumental]/ [Disc 2] Jack Magic/ Papa George/ Haba Na Haba/ Tapestry (with Doyle Dykes)/ Mountains of Illinois/ The Tennessee Waltz (with John Knowles)/ Countrywide/ Moon River/ Willie's Shades/ Smokey Mountain Lullaby/ Guitar Boogie/ The Trails/ 
■ファン待望のトミー・エマニュエルのニュー・アルバムが遂に発売された。前作は09年のフランク・ヴィニョーラとのデュエット盤『JUST BETWEEN FRETS』で、その前は08年のライヴ盤『CENTER STAGE』だったから、スタジオ録音によるソロ・アルバムは06年の『THE MYSTERY』以来となる実に4年ぶりの新作なのだ。で、本作は何と24曲入りの2枚組。勿論、全て新たにスタジオ・レコーディングされたものである。
 アルバムは、一聴してトミーと判る軽快なナンバー「Half Way Home」で始まる。メジャー調の明るいメロディからサビでマイナー調になる「The Jolly Swagman」。昨年の来日コンサートでも新曲として演奏されていた「The Fingerlakes」、アップ・テンポな「Mighty Mouse(あのTVアニメのマイティ・マウスをタイトルにしたのだろうか!!)」、ゆったりとした「Ruby's Eyes」、ジャジーな雰囲気の「Jack Magic」、明るい作風の「Papa George」、スロー・バラード「Mountains of Illinois」等々、様々な曲調のオリジナル作品がズラリと並ぶ。トミーと同じくチェット・アトキンスから「CGP (Certified Guitar Player)」の称号を授かったジョン・ノウルズ(ソロ・アルバム2種『CAFE OF DREAMS』と『SITTIN' BACK PICKIN'』も好評発売中!!)とのデュエット曲「He Ain't Heavy, He's My Brother」と「The Tennessee Waltz 」や、ドイル・ダイクスとデュエットで披露するキャロル・キングの名曲「Tapestry」、カヴァー作品は他にもチェット・アトキンスの「Smokey Mountain Lullaby」やアーサー・スミスの「Guitar Boogie」、スタンダード作品の「Moon River」なども収録されている。
 タイトル曲の「Haba Na Haba」はアフリカのスワヒリ語で、英語に訳すと「Step by Step」とか「Little Little」になり、「一歩一歩」「少しずつ」の意味。そこから「Little by Little」がタイトルに選ばれたという訳である。「少しずつでも確かな歩みでより良い未来に向かっていこう」というトミーの願いがタイトルに込められた彼のオリジナル作品である(その当たりのことは、トミーが最近思うこととして彼自身の書き下ろしライナーに記されている)。この「Haba Na Haba」はディスク1にインスト・ヴァージョンが、ディスク2にはヴォーカル・ヴァージョンが収められている。シンプルなメロディが心に染みる印象的な作品だ。
 本作『LITTLE BY LITTLE』はソロ・ギターによるインスト中心のアルバムだが、「Willie's Shades」のようにトミー自身がヴォーカルをとったり、ゲスト・ヴォーカリストを招いたりしている曲や、アコースティック・ギターに多重録音でテレキャスターのエレクトリック・ギター(またコレもカッコいいのだけれど)も弾いているトラックも幾つか含まれている。ゲスト・ミュージシャンの中で特筆すべきは、ベラ・フレック&フレクトーンズのメンバーにしてテクニックもセンスも抜群のヴィクター・ウートゥンだ。彼のベースとトミーのアコースティック・ギターが絡む「Guitar Boogie」は鳥肌モノである。
------------------------------------------------------------------------
《蛇足》 トミーが愛用しているオーストラリアのギター・メイカー、メイトンのギターは本作では10曲ほどしか使われておらず、あとは1940年製Martin 0017、Larrivee、1934年製Gibson Kalamazoo、Wayne Henderson dreadnought、Gretsch Synchromatic acoustic jazz guitar、Gibson J45などが、曲によって使い分けられている。使用ギターは1曲ごとに記載されているので、それぞれの曲でのトミーのギターの音を聴き比べるのも一興だろう。また、熱心なトミー・ファンは既にお気づきとも思うが、本作にはライヴ盤『CENTER STAGE』に「新曲です」と紹介され演奏されている作品が幾つか含まれている。「Ruby's Eyes」「The Jolly Swagman」「The Fingerlakes」「Papa George」などだが、要するに当時からニュー・アルバムのために新しい作品を書きためていたという訳で「たまたまライヴ・ヴァージョンがスタジオ・ヴァージョンよりも先に出た」というだけのことなので、これらの作品も充分に楽しんで頂きたいと思う。(プー横丁店主: POOH)


TOMMY EMMANUEL / CENTER STAGE [2枚組CD] ('08)    \2800(会員\2500)

  All 24 tracks: [DISC 1] The Finger Lakes/ Papa George/ Train To Dusseldorf/ I Go To Rio/ Nine Pound Hammer/ Old Town/ And So It Goes/ Jolly Swagman/ Sukiyaki/ Happy Hours/ Ruby's Eyes/ Beatles Medley/ Mombasa/ [DISC 2] All 11 tracks: Workin' Man Blues/ Georgia On My Mind/ House of the Risin' Sun/ Amazing Grace/ Story of Little Boy/ Tall Fiddler/ Cowboy's Dream/ Morning Aire/ Initiation/ Lenny Bro'/ Questions/ ■トミー・エマニュエルのニュー・アルバムは、アメリカ盤としては初のライヴ・アルバムで2枚組CD。収録曲目は上記の通り。既発のオーストラリアでのライヴ2枚組『LIVE ONE』にも収録されていない「Tall Fiddler」(トミーと仲良しの長身のフィドル・プレイヤー、バイロン・バーラインに捧げられた超絶早弾きの曲でスタジオ・ヴァージョンは『ENDLESS ROAD』に収録)や「Here Comes The Sun」も追加された「Beatles Medley」、ゲストが加わる「 Georgia On My Mind」など、全24トラック。DISC1が47分50秒、DISC2が52分36秒と、合わせて100分を超える収録時間。それにこれまでのアルバムには全く収められていない未発作品4曲「Ruby's Eyes」「The Jolly Swagman」「Lenny Bro」「Papa George」も含まれている。


TOMMY EMMANUEL / CAN'T GET ENOUGH - COLLABORATION [2枚組CD] ('96/'98/'04) \3600(会員\3500) 品切れ中

 96年作『CAN'T GET ENOUGH』と98年作『COLLABORATION』の2枚のオリジナル・アルバムが2枚組としてリイシュー。各アルバムについては、下記のオリジナル・アルバムのご紹介文をご参照下さい。
CAN'T GET ENOUGH』について.....with Chet Atkins(on "How Many Sleeps?"), Larry Carlton, Robben Ford, Nathan East, Randy Goodrum, Warren Hill & others; All 13 songs: How Many Sleeps?/ Can't Get Enough/ No More Goodbyes/ Song For Nature/ Stay Close To Me/ Change For Good/ Midnight Drive/ The Inner Voice/ Reggie's Groove/ Red Velvet Cake/ Fields of Gold/バッキングはあるが、全編アコースティック・ギターによる96年作。スティングのカヴァー曲「Fields of Gold」以外は彼のオリジナル作品で、ハードなものからソフトなものまでヴァラエティに富んだ内容となっている。
COLLABORATION』について.....with Chet Atkins(on "Smokey Mountain Lullaby"), Randy Goodrum(on "Change For Good") & others; All 12 songs: Smokey Mountain Lullaby/ After The Love Is Gone/ Imagine/ Change For Good/ Fiesta/ Mary Had A Little Jam/ Workin' Man Blues/ For The First Time/ Reminiscing/ Last Time I Saw You/ ■アルバム・タイトルが示す通り、ゲスト・アーティスト達とのコラボレーションを収めた98年作。ヴォーカル作品も入っているが、そこでフィーチャーされるギターも素晴らしい。チェットとの共演曲「Smokey Mountain Lullaby」はアルバム『THE DAY FINGER PICKERS TOOK OVER THE WORLD』に、ランディ・グッドラムとの共演曲「Change For Good」はアルバム『CAN'T GET ENOUGH』に収録されていたものである。T・エマニュエル、37歳の時のアルバムだ。


TOMMY EMMANUEL / ENDLESS ROAD('04)          \2480(会員\2380)

 All 17 tracks: Endless Road/ Tall Fiddler/ (The Man With The) Green Thumb/ Bella Soave/ Morning Aire/ Angelina/ Windy & Warm/ Chet's Ramble/ Son Of A Gun/ Sanitarium Shuffle/ La Visita/ Mona Lisa/ Christmas Memories〜Wheels/ Old Town/ Somewhere Over The Rainbow/ I Still Can't Say Goodbye/ Today Is Mine/ ■00年にリリースされた傑作『ONLY』に次ぐ4年振りの新譜。まぁ、結論から言うと本作も凄いッ。彼のオリジナル作品のほか「虹の彼方へ(Somewhere Over The Rainbow)」や「モナ・リザ」などのスタンダード作品も含む全17曲。彼の場合、超絶テクはミュージシャンの技量をひけらかす為では全くなく、オリジナル作品の素晴らしさだったり、カヴァー作品の彼ならではのアレンジの妙だったりする訳で、インストゥルメンタルでありながら「歌心あふれる」フレーズや音使いに、ウットリしてしまう。又、本作では終盤には本人の朴訥としたヴォーカルも披露し、ファンを和ませてくれるのだ。文句ナシ。聴くしかナイ。尚、本作はオーストラリア盤より後でリリースされ、ボーナス・トラックとして2曲のライヴ音源が追加された全19曲収録のアメリカ盤だ。


TOMMY EMMANUEL / FROM OUT OF NOWHERE('90/'04)       CD-CPR0001 \2800(会員\2700)

 with Pee Wee Clark and Friends; All 10 tracks: Limehouse Blues/ Dixie Breakdown/ Orange Mountain Special/ Steel Guitar Rag/ Roly Poly/ Out of Nowhere/ Big Beaver/ String of Pearls/ Canadian Sunset/ Dixie McGuire/ ■1990年にリリースされたトミー・エマニュエルのファースト・アルバムが再リリース。当時はLPとして発売されたものなので、全10曲のうち前半の5曲(A面)が「ピッキング・トラック」、後半の5曲(B面)が「スウィング・トラック」と名付けられている。ジャケットに名前もクレジットされたペダルギター奏者、ピー・ウィー・クラーク等との共演によるバンド・サウンドのインスト・アルバムで、上記のカントリーのスタンダード作品が味わい深く演奏されている。トミーのソロ・ギターで始まるチェット・アトキンスの有名曲「Limehouse Blues」は「トミーのアコースティック・ギター命」の方に是非お聴き頂きたい1曲。ペダルスティール以外にバンジョーもフィーチャーされたトラックもあるけれど、本作の最後に収められている「Dixie McGuire」は、トミーがチェットとの共演を果たした97年のアルバム『THE DAY FINGERPICKERS TOOK OVER THE WORLD』の7曲目に収録された曲で、今もチェットとの思い出を披露しつつステージで演奏される名曲。この曲のオリジナル・レコーディングが本作に入っているというだけでもトミー・エマニュエル・ファンを自認している方には聴き逃して頂きたくないアルバムであります。


TOMMY EMMANUEL / LIVE ONE [2枚組CD] 《オーストラリア盤》      2枚組CD 2CD-CPR-2005 \4800(会員\4700)

 All 28 tracks: [DISC 1] Beatles Medley [Day Tripper〜Lady Madonna〜When I'm 64〜With a Little Help From My Friends〜Taste of Honey〜Day Tripper]/ Peter Allen Medley/Waltzing Mathilda/ Classical Gas/ Old Fashioned Love Song/ Son Of A Gun/ Dixie McGuire/ Country Wide/ Saltwater/ Borsalino/ Up From Down Under/ Morning Aire/ Those Who Wait/ Michelle/ Questions/ Angelina/ Precious Time〜That's The Spirit/ Mona Lisa/ Mombasa/ [Disc 2] Amazing Grace/ House Of The Rising Sun/ Guitar Rag/ Blue Moon/ Mozzarella Tarantella/ Guitar Boogie/ Train To Dusseldorf/ One Mint Julep/ The Hunt/ Initiation/ ■トミー・エマニュエルの『ENDLESS ROAD』に続く新譜が入荷。初の2枚組ライヴ盤だ。あの2時間DVD『LIVE AT SHELDON CONCERT HALL』を何度も観ている者にとって、トミーのモノ凄い演奏にもある意味「慣れっこ」になっている筈で、冷静にすんなりと聴けると予想していたのだが、イヤハヤそれは甘かった。ビートルズ・メドレー(Day Tripperなど5曲)から始まる本作のトミーの演奏に、いきなりヤラレてしまった。映像ナシの「音だけ」でもトミーは、いとも簡単に聴く者の心をワシづかみにし、感動の嵐の中に引きずり込むのだ。お馴染みの曲から本作で初めてライヴ・トラックが聴ける作品まで全28曲、トミーのこれまでのキャリアを総括するような選曲も文句なし。収録時間1時間40分余り。彼の故国オーストラリアのメルボルンで録音されたライヴで、客席のファンの興奮も並じゃない。さぁ、貴方もその感動の嵐の中にお入り下さい。大推薦盤。
蛇足: 勿論、本作に収録された音源は、あの2時間DVD『LIVE AT SHELDON CONCERT HALL』や最新ライヴDVD『LIVE AT HER MAJESTY'S THEATRE: BALLARAT, AUSTRALIA』ともライヴ・レコーディングされた場所も録音年も別の、内容の異なるライヴ盤です。


あの名盤『ONLY』がボーナス・トラック5曲追加のスペシャル・エディション盤で再発売。入荷しました!!
TOMMY EMMANUEL / ONLY: Special Edition [CD]        CD-TE-90985 \2800(会員特価\2500)

 All 19 songs: Those Who Wait/ I've Always Thought of You/ Mombasa/ Timberlake Roas/ Questions/ Padre/ Luttrell/ Since We Met/ Drivetime/The Robin/ Train to Dusseldorf/ Biskie/ Stay Close to Me/ Ol' Brother Hubbard/ THE HUNT [BONUS TRACK]/ CANTINA SENESE [BONUS TRACK]/ MOZARELLA TARANTELLA [BONUS TRACK]/ ENDLESS ROAD [BONUS TRACK]/ CHET'S RAMBLE [BONUS TRACK]/ ■これはビッグ・ニュース。2000年にリリースされた大名盤『ONLY』がボーナス・トラック5曲を追加した全19曲収録で再リリースされた。ボーナス・トラック5曲のうち「Cantina Senese」は99年に『ONLY』制作時にレコーディングされた未発表曲。他の4曲も、作品そのものはその後のアルバムで発表されているが、このボーナス・トラックは既発アルバムに収録されたものとは、録音場所も録音日も異なる全く別のレコーディング音源である。
アルバム『ONLY』とは...
全篇アコースティック・ギター1本のみで録音されたもので、アコギファンには堪らないアルバム。リードもベース・パートもリズム・カッティングも全て同時に1本のギターで演奏してしまう彼の超絶テクと見事なアレンジとチェットゆずりのギャロッピッング・プレイ。美しいスロー・バラードからアップ・テンポのものまで、ヴァラエティに富んだ彼のギター音楽を満喫できるアルバムである。


TOMMY EMMANUEL / THE GREAT TOMMY EMMANUEL [3枚組CD] 《オーストラリア盤》 3枚組CD 特価3000(会員\2900) 品切れ中

 with Glenn Shorrock, Troy Cassar-Daley, Human Nature, Rick Price, Slava Gregoryan, James Morrison;
All 40 tracks: [DISC 1]: Countrywide/ Amanda's Room/ Classic Gas/ Don't Hold Me Back/ Fiesta [feat. Slava Grigoryan]/ Guitar Boogie/ Imagine [feat. Human Nature]/ Mary Had A Little Lamb [feat. James Morrison]/ Mountain Of Truth/ Stay Close To Me/ The Journey/ Villa De Martin/ Workin Man Blues [Troy Cassar-Daley]/ White Picket Fences/
[DISC 2]: Detremination/ Blue Moon/ Day Tripper〜Lady Madonna/ Drivetime/ For The First Time [feat. Rick Price]/ Heart Grows Fonder/ Initiation/ Michelle/ No More Goodbyes/ Since We Met/ The Hunt/ The Sweetest Love/ Up From Downunder/
[DISC 3]: Reminiscing [Glenn Shorrock]/ Can't Get Enough/ Don't Argue/ Fear Of Rain/ From The Hip/ Hello's & Goodbyes/ Last Time I Saw You/ Midnight Drive/ Reggie's Groove/ Tailin' The Invisible Man/ The Rise & Fall Of Flingel Blunt/ When You Come Home/ Villa Anita/ ■オーストラリアだけでリリースされているトミー・エマニュエルの3枚組CDボックス・セット。トミーがオーストラリア時代に残していた様々なレア音源からの選りすぐりと色々な共演アーティストとのレコーディングを集めたアルバム。3枚組でコノ価格。トミー・ファン必携モノ。


TOMMY EMMANUEL / THE JOURNEY - CLASSICAL GAS [2枚組CD] ('93/'95/'04)   \3600(会員\3500)

93年作『THE JOURNEY』と95年作『CLASSICAL GAS』が2枚組としてリイシュー。各アルバムについては、下記のオリジナル・アルバムのご紹介文をご参照下さい。
THE JOURNEY』について.....with Chet Atkins(on "Villa Anita"), Joe Walsh(on "Tailin The Invisoble Man"); All 12 songs: Villa Anita/ Tailin The Invisoble Man/ Big Brother/ Somethin' Goin' On/ Hellos & Goodbyes/ The Journey/ If Your Heart Tells You To/ Like Family/ Don't Hold Me Back/ White Picket Fences/ The Big Swell/ Amy/■93年にリリースされたロック色の強いアルバム。チェット・アトキンス、ジョー・ウォルシュ、カルロス・ヴェガ等がゲスト参加。チェット参加の「Villa Anita」は必聴。
CLASSICAL GAS』について.....with Australian Philharmonic Orchestra; All 12 songs: Classic Gas/ The Journey/ Run A Good Race/ Concierto De Aranjuez/ She Never Knew/ Gollywogs Cake Walk〜English Country Garden/ Who Dares Wins/ Intiation/ The Hunt/ Countrywide/ Pan Man/ Padre/■アコースティックとエレクトリックの両方でオーケストラをバックにT・エマニュエルが弾きまくる95年作。彼の代表曲をライヴで聴けるのも嬉しい。アコースティック・ギターによるスタジオ録音4曲も収録。観客の熱狂ぶりに彼の母国オーストラリアでの絶大な人気が窺える。


TOMMY EMMANUEL / THE MYSTERY('06)     \2480(会員\2380)

 produced by Kim Person; All 12 track: Cantina Senese/ Gameshow Rag〜Cannonball Rag/ Mystery/ Cowboy's Dream/ Walls/ Lewis & Clark/ Diggers' Waltz/ Antonella's Birthday/ And So It Goes/ That's the Spirit/ Footprints/ Keep It Simple/ ■お待たせしました。トミー・エマニュエルの新作『THE MYSTERY』がアメリカ盤で遂に発売され、入荷しました。最新DVDにも収録されているトミーのオリジナル作品「Cowboy's Dream」「Walls」「Lewis & Clark」「Antonella's Birthday」をはじめ、自身の作品とマール・トラヴィスの作品をメドレーにした「Gameshow Rag〜Cannonball Rag」も入れると全10曲。それに2曲のカヴァー作品。1曲はビリー・ジョエルの「And So It Goes」でビリー・ジョエルのボックスセットに収録された未発表曲。もう1曲は、本作にもハーモニー・ヴォーカルで参加しているパム・ローズがマリー・アン・ケネディと組んでいた女性デュオ、ケネディ・ローズの94年作『WALK THE LINE』に収録されていた作品だ。こういうのを選んでくるあたり、プロデューサーのキム・パースンズ、あるいは「よし、入れよう」と判断したトミーのセンスの良さが窺い知れてファンとしては嬉しくなってしまう。下記にご紹介しているリジーとの新たな生活・人生の中から生まれたと思われるニュー・ソングスには、ここ数年のトミーの漲るパワーだけではない、優しさやしっとりとした落ち着きまでもが反映されているようだ。全面的にお薦めする。


TOMMY EMMANUEL / THE VERY BEST OF TOMMY EMMANUEL [2枚組CD]     2枚組CD \3600(会員\3500)

 2001年夏にオーストラリアでリリースされた2枚組ベスト盤。2000年作の『ONLY』からは1曲も収録されていませんので、とりあえず本ベスト盤と『ONLY』を合わせてお聴きになれば《チェット・アトキンス自らが認めた真の後継者》と言われている類い稀な天才ギタリスト、トミー・エマニュエルの全体像をアコースティックとエレクトリック両面でざっと(あくまで「ざっと」ですが)俯瞰して頂くのに「ウッテツケ」のベスト盤だと思います。CD2枚合わせて2時間を超えるタップリの収録時間も嬉しい。是非どうぞ。
各曲がどのアルバムに収録されたものかは、タイトル名の後の( )内にアルバム名を記載しています。
[DISC 1: ELECTRIC] Don't Hold Me Back(THE JOURNEY)/ The Journey(THE JOURNEY)/ Fear Of Rain(THE JOURNEY CONTINUES)/ Who Dares Wins(DETERMINATION)/ Big Brother(THE JOURNEY)/ Stevie's Blues(DETERMINATION)/ Hearts Grow Fonder(DARE TO BE DIFFERENT)/ Guitar Boogie(DARE TO BE DIFFERENT)/ When You Come Home(DETERMINATION)/ Determination(DETERMINATION)/ Don't Argue(THE JOURNEY CONTINUES)/ From The Hip(DETERMINATION)/ Tailin' The Invisible Man(THE JOURNEY)/ The Rise And Fall Of Fingle Bunt(DARE TO BE DIFFERENT); 《収録時間: 61分40秒》
[DISC 2: ACOUSTIC] Amanda's Room(COLLABORATION)/ Classical Gas(CLASSICAL GAS)/ Hellos And Goodbyes(THE JOURNEY)/ Countrywide(DARE TO BE DIFFERENT)/ Up From Down Under(UP FROM DOWN UNDER)/ Villa De Martin(CAN'T GET ENOUGH)/ Fiesta(DETERMINATION)/ Midnight Drive(CAN'T GET ENOUGH)/ Since We Met(THE JOURNEY CONTINUES)/ Mountain Of Truth(DETERMINATION)/ Initiation(THE JOURNEY)/ Last Time I Saw You(COLLABORATION)/ Blue Moon(DARE TO BE DIFFERENT)/ Change for Good(CAN'T GET ENOUGH); 《収録時間: 59分57秒》


TOMMY EMMANUEL / UP FROM DOWN UNDER - DARE TO BE DIFFERENT [2枚組CD]('87/'90/'04) 2CD-5139572 \3600(会員\3500)

 All 23 songs: Michelle/ Lady Madonna/ Up From Down Under/ Raindance/ Daybreak/ Soul Search/ Initiation/ Turning Point/ Times Change/ Night Sky/ The Rise and Fall of Flingel Bunt/ Daybreak Again/ Jacaranda/ Countrywide/ Games of Love and Loneliness/ Run A Good Race/ Guitar Concierto De Aranjuez/ Tequila Slammer/ Heats Grow Fonder/ Guitar Boogie/ Encore: Up From Down Under/ Raindance Teaser/ ■87年の2作目『UP FROM THE DOWN UNDER』と90年の3作目『DARE TO BE DIFFERENT』を2枚組として再リリースしたもの。チェット・アトキンスの影響を感じさせつつもビートルズの「ミッシェル」や「レディ・マドンナ」での優れたアレンジによるプレイを一聴すれば、T・エマニュエルのズバ抜けた才能とセンスは誰にも容易に解るだろう。


TOMMY EMMANUEL & PHIL EMMANUEL / TERRA FIRMA-DETERMINATION[2枚組CD]('97/'91/'04) \3600(会員\3500)

  All 29 tracks: (Back On The) Terra Firma/ Love Gone West/ Nashville Express/ Rondo Ala Turka/ Theme From "Missing"/ Happy Go Lucky Guitar/ Bendin' It/ Optimism Part One/ Shinding/ Town Hall Shuffle/ Last Post/ Ashoakan Farewell/ Rise And Shine/ Optimism Part Two/ The Shaker/ AC/DC Meldley: Riff Raff〜Let There Be Rock/ Imazine/ Who Dares Wins/ Mountain of Truth/ Determination/ 'Cross the Nullabor/ Intiation/ From The Hip/ When You Come Home/ Fiesta/ Precious Time/ The Sweetest Love/ Stevie's Blues/ Nu Shoos Blues/ ■97年にリリースされ程なく廃盤になった為に長らく入手困難となっていたトミー・エマニュエルと実兄フィル・エマニュエルとのデュエット盤『TERRA FIRMA』が、91年作『DETERMINATION』とのカップリングで2枚組CDとして再発売された。3歳上の兄フィルとは、トミーが4歳の頃から「エマニュエル・カルテット」というファミリー・バンドでプロとして活動していたのだから、息もピッタリなのは当然と言えば当然。それでも、本作での2人の一糸乱れぬ超絶早弾きプレイによるギター・デュエットには驚愕するしかないだろう。特に「Rondo Ala Turka(トルコ行進曲)」は、ちょっと「人間業では無い」と誰もが思うのではないだろうか。とにかく物凄いプレイなのだ。しかも、ただ「必死で早弾きしてる」なんて感じじゃなくて、とてもリラックスして楽しみながらデュエット演奏しているのが伝わってきて、呆気にとらわれるのであります。『TERRA FIRMA』ではエレクトリックとアコースティック半々ぐらいで演奏している。エレクトリックを弾いている作品はバンド・アンサンブルだったりするので、アコースティック・ソロ・ギター・アルバム『ONLY』しかお聴きでない方は驚かれるかもしれないけれど、彼のエレクトリック&アコースティック・ギターにおける変幻自在のプレイをお楽しみ頂きたい。


トミー・エマニュエルのニュー・アルバム!!
TOMMY EMMANUEL & FRANK VIGNOLA / JUST BETWEEN FRETS('09)  \2800(会員\2700)

 All 12 tracks: Tenderly (3:53)/ Clouds (4:57)/ How High the Moon (4:23)/ I've Got a Crush on You* (1:00)/ Young at Heart* (3:23)/ Swing 39/Swing 42 (6:18)/ Sweet Dreams (3:33)/ Paper Moon (5:36)/ Django's Castle (4:20)/ Swing 09 (3:29)/ NatureBoy (4:31)/ Just Us 4 All (7:34)/ *medley ■09年10月来日コンサートの興奮も冷めやらぬ中、トミー・エマニュエルのニュー・アルバムがリリース。今回のアルバムは若手ジャズ・ギタリストNo.1の呼び声も高いフランク・ヴィニョーラ(これまでヴィグノーラと記していたが、正しくはこのように発音するようだ)との共演アルバム。コレが素晴らしいのだ。ベテランのトミーからすれば多分10歳以上年下のヴィニョーラとのレコーディング・セッションが「いかに刺激的で楽しく素晴らしい経験だったか」とか「素晴らしいアルバムの出来ばえに凄く満足している」といった話を来日時のトミーから幾度となく聞いていたが、ここまで凄いとは正直思わなかった。リード・ギタリストとしてデヴィッド・グリスマン・クィンテットのメンバーとしての活躍やサポート・ギタリストとしてもレス・ポールから絶大な信頼を寄せられていたフランクが、トミー・エマニュエルという「大きな存在」を相手に「ジャンゴ・ラインハルト命」のジャズ・ギタリストとしての本領を発揮した熱演を披露。一方、トミーはオランダの友人からプレゼントされたというギブスンのカラマズー(Kalamazoo)・ギターを使用し、ステキなオモチャを手に入れた子供のように「美しいカラマズー・トーン」が奏でられる喜びに満ちたソロでフランクに応える。その2人のデュエット演奏は気心の知れた友人同士の楽しい会話のような響きを聴く者に与え、こちらまでウキウキしてくるのだ。多くのミュージシャンと共演してきたトミーにとってもまさにベストな顔合わせといえるだろう。「Swing 42」「How High the Moon」「Paper Moon」などのスタンダード作品に彼等のオリジナル作品も含む全12曲を収録。大推薦盤。[プー横丁店主: POOH]
★このトミー・エマニュエルの新譜『JUST BETWEEN FRETS』のオーダーは、メールでもお受けしておりますが、買い物かごによるオーダーご希望の方はプー横丁が運営していますネットショップ Shop at Pooh Cornerで受け付けております。


トミー・エマニュエルとマーティン・テイラーの初デュエット・アルバム!!
New ●TOMMY EMMANUEL & MARTIN TAYLOR / THE COLONEL & THE GOVERNOR ('13) ≪オーストラリア盤≫     \2800(会員\2700)
 トミー・エマニュエルとマーティン・テイラーの初共演アルバム『The Colonel & The Governor』が入荷。1曲目はカーペンターズのカバーでも有名なポール・ウィリアムズ作品「I Won't Last a Day Without You(愛はの中に)」。これを実に楽しげにプレイするトミーとマーティン。その嬉々とした演奏ぶりはアルバム全体にわたっていて、聴いていてマァ気持ちの良い事といったらナイ。収録曲など詳細はこちら
★なお、これは世界に先がけて発売されたオーストラリア盤です。今現在(2013年3月)ヨーロッパやアメリカでもまだリリースされていません。アメリカ盤が入荷すれば、これより安く販売させて頂けると思いますが、リリースは5月になるとのこと。オーストラリア盤はちょっと高いですが「今スグ聴きたい!!」とおっしゃるファンの方のために、この『The Colonel & The Governor』オーストラリア盤は「送料無料」とさせて頂きます!! なので、今スグどうぞ!!
■※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、こちらからどうぞ

TOMMY EMMANUEL with JIM NICHOLS / HAPPY HOUR [formerly known as CHET LAG]('06)  オーストラリア盤   \3200(会員\3100)

 All 11 tracks: Happy Hour/ Nine Pound Hammer/ Avalon/ Who's Sorry Now/ Trambone/ Mom's Rag/ Lover Come Back to Me/ Birth of the Blues/ I'll See You in My Dreams/ Stompin' at the Savoy/ Sanitarium Shuffles/ ■もともと『CHET LAG』というタイトルでリリースされたトミー・エマニュエルとジム・ニコルズとの傑作デュエット・アルバム。それが廃盤になった為に長らく入手困難になっていたのだけれど、遂に再リリースされて入荷した。で、オリジナル・アルバムには13曲収録されていたものが4曲オミットされ、その代わりに2曲新たに追加された全11曲になっての新装発売だ。アルバム・タイトルも『HAPPY HOUR』となり、1曲目の「Happy Hour」と最後の「 Sanitarium Shuffles」の2曲が今回のリイシューで追加された作品。超絶テクとセンスによるギター・デュオの醍醐味をタップリ味わえる傑作。これは聴くしかない。


●CHET ATKINS with TOMMY EMMANUEL / THE DAY FINGER PICKERS TOOK OVER THE WORLD('97)  \2480(会員\2380)

with Johnny Gimble, Randy Goodrum, Terry McMollan; All 11 tracks: Borsalino(3:10)/ To B or Not to B(3:20)/ Day Finger Pickers Took over the World(3:39)/ Tiptoe Through the Bluegrass(3:07)/ News from the Outback(3:07)/ Ode to Mel Bay(2:55)/ Dixie McGuire(3:50)/ Saltwater(3:33)/ Mr. Guitar(2:52)/ Road to Gundaghi〜Waltzing Matilda(3:01)/ Smokey Mountain Lullaby(3:28)/ ■今は亡きミスター・ギター、チェット・アトキンスの97年作。『フィンガーピッカー達が世界を征服する日』と題された、トミー・エマニュエルとの共演盤。トミーの超絶テクニックとチェットの余裕シャクシャクのプレイが印象的。タイトル曲や「メルベイ教則本残酷物語」といったジョークの効いた唄もの2曲も含む全11曲。


●LIZZIE WATKINS / SOMEHOW('05)      CD-LIZ-2005 \2480(会員\2380)

 produced by Tommy Emmanuel; also feat. Tommy Emmanuel (acoustic guitars/electric guitars/drums/percussion/bass/background vocals); All 9 tracks: Agree to Disagree/ Waitin' For You/ Somehow/ Together Alone/ I Did It For You/ Brothers And Sisters/ Goodbye Indiana/ Lesson/ Water Is Wide/ ■トミー・エマニュエルの最新ライヴDVDの中盤に登場し、トミーのギターをバックに歌う美形シンガーが、このリジー・ワトキンスだ。清楚なヴォーカルにうっとりさせられたファンの方もも多く、「あれは誰ですか」「ソロ・アルバムは出てないのですか」というお問い合せをかなり頂いていた。で、これが彼女の唯一のアルバム。トミー・エマニュエルのプロデュースで、上記の通りアコースティック・ギター以外にもドラムスやベースなどトミーのマルチ・プレイヤーぶりを発揮しての全面参加となっている。リジーのシンガー・ソングライターとしての才能に惚れ込んだトミーが彼女のCDデビューに協力したのである。彼女のヴォーカルは前述のトミーのDVDをご覧の方は既にご存じと思うが、本作に収められた彼女のオリジナル作品はポップ・カントリー・フレイヴァーを感じさせるヴァラエティに富んだもの。オーストラリアはカントリー・ミュージックの盛んな国で、そこでスタジオ・ミュージシャンとしての長い経験も積んでいるトミーなのだから、本作で聴くことのできる演奏も「水を得た魚のように」伸び伸びとしたプレイなのは、当然と言えば当然なのだ。唯一のカヴァー曲として名曲「ウォーター・イズ・ワイド」を選び、彼女の素直なヴォーカルの素晴らしさをトミーのフィンガースタイル・ギター1本のバッキングで聴かせ、余韻を感じさせつつアルバムの幕を閉じるあたり、プロデューサーとしてのトミーのセンスも素晴らしいなぁ、と感心する。勿論、本作はギター・インスト・アルバムではないし、トミーのソロ作でもない。だから、アコースティック・ギター・ファンに無理にお薦めはしないが、トミー・エマニュエルという類い稀なミュージシャンを多角的に捉えたいと思うファンならば、避けて通れないアルバムに違いない。歌詞付き。■蛇足: リジー・ワトキンスはトミーのフィアンセ(もう正式に入籍したのかな)で、トミーの新作『THE MYSTERY』にも参加し、トミーとのデュエットとして共演している。05年ウィンフィールドで2人に会った時もその熱々ぶりに当てられっぱなしだったのだけれど、06年11月の来日時には彼女も同行し、ステージで2人のデュエットも披露していた事も記憶に新しい。


●TOM PALEY / HARD LUCK PAPA: Old Time Picking Styles & Techniques    CD-117 \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Franklin Blues [2:08]/ Browns Ferry Blues* [3:18]/ Little Rabbit [1:49]/ Jimmy Sutton* [ 1:45]/ Mississippi Heavy Water* [2:38]/ Wreck of the Tennessee Gravy Train* [3:27]/ Early Morning Blues* [3:10]/ Mourning Blues* [3:09]/ The Road To Austin* [1:45]/ Salty Dog* [2:08]/ Medley: Mississippi Sawyer & Rocky Mountain Goat [2:11]/ Louis Collins [2:37]/ Roll On The Ground [1:35]/ Rev. Gary Davis Medley: Light Of This World & I Belong To The Band [1:30]/ Sad and Lonesome Day [3:53]/ ■ニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのオリジナル・メンバーでマルチ・プレイヤーでもあるトム・ペイリーが1976年に発表したアルバムがリイシュー。*印の付いた曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


●TON VAN BERGEYK / LULU'S BACK IN TOWN    \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Junk Man Rag/ Mustard Swing/ Zither Melodies/ From Soup To Nuts/ Kansas City Stomp/ Rondo Caprice/ Ragtime Medley: Bantam Step & Springtime Rag/ Notoriety Rag/ Medley: If I Had You & Moonlight Serenade/ Jazz Me Blues/ Divertisement/ Georgia Grind/ Coconut Dance/ Florida Rag/ ■トン・ヴァン・バーゲイクの名盤が、遂にCD化。全曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


●TON VAN BERGEYK / FAMOUS FINGERPICKING GUITAR SOLOS    \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Junk Man Rag/ Mustard Swing/ Zither Melodies/ From Soup To Nuts/ Kansas City Stomp/ Rondo Caprice/ Ragtime Medley: Bantam Step & Springtime Rag/ Notoriety Rag/ Medley: If I Had You & Moonlight Serenade/ Jazz Me Blues/ Divertisement/ Georgia Grind/ Coconut Dance/ Florida Rag/ ■1976年にリリースされたトン・ヴァン・バーゲイクの名盤が、遂にCD化された。「Jazz Me Blues」1曲を除く全13曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


◆TON VAN BERGEYK / FAMOUS RAGTIME GUITAR SOLOS   CD-4007 \2500(会員\2400)
 
日本語解説付き。

●TON VAN BERGEYK / FAMOUS RAGTIME GUITAR SOLOS [タブ譜付き(PDFファイル)]  CD-104 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Buffalo Rag/ Atlanta Rag/ Felicity Rag/ Blake's Breakdown/ Grizzly Bear/ Ragtime Nightmare/ Silver Swan/ King Porter Stomp/ Pineapple Rag/ Skokey Mokes/ Powder Rag/ Original Rags/ Harlem Rag/ American Beauty Rag/ ■1973年に録音され、イギリスでは1974年(アメリカでは1975年)にリリースされたトン・ヴァン・バーゲイクのクラシック・ラグ作品集『FAMOUS RAGTIME GUITAR SOLOS』が、遂にCD化された。LPで発売されていた頃に「アコースティック・ギターのインストゥルメンタル・ギターの傑作&ベストセラー・アルバム」の1枚として大推薦し、本当に多くのファンの方々に聴いて頂いた。まさに嬉しいCD化である。今、再び本作を大推薦アルバムとして全面的にお薦めしたいと思う。尚、収録された曲のタブ譜は、PDFファイルとしてディスクに収められている。
※買い物カゴでのオーダー方はコチラ

※タブ譜付き(PDFファイル)と記してある物はタブ譜がCDの中にpdfファイルで収められていますので、タブ譜はPCでご覧下さい。

●TONY McMANUS / MYSTERIOUS BOUNDARIES ('13) ≪送料無料≫      \2480(会員\2380)
 
前作『THE MAKER'S MARK』('09)に続くトニー・マクメイナスの4年ぶりのアルバム!! ※このCDを買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラからどうぞ

●TONY McMANUS / CEOL MORE ('02) ≪送料無料≫                   \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: Sliabh Gal Cua/Kishor's Tune/ Lady Ann Montgomery's Reel〜Eilish/ Brogan/Paddy Fahey's/ The Lament For The Viscount Of Dundee〜Dr. MacPhails Reel/ Goodbye Pork Pie Hat/ The King Of The Pipers, The King Of The Pipers/ Exile/Le Reve du Queteux Tremblay〜Pierre's Right Arm/ An Droichead Bheag〜The Chandelier/ Ye Banks And Braes/ The Old Bush/ Suite de Ridees/ Shalom Aleichem/ 
■トニー・マクメイナスが02年に発表した傑作。フィンガースタイル・ギターにアレンジされたケルティック・アルバムの名盤である。


●TONY McMANUS / THE MAKER'S MARK('09) ≪送料無料≫              \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Inveran〜The Devil In The Kitchen〜Locheil's Away To France/ Donal Og〜The Lea Rig/ Chanlaneru/ The Maids Of Mitchelstown/ N'Kosi Sikelel Afrika/ The Rolling Waves〜Martin Wynne's/ Lochaber Dance/Chloe's Passion/ The Laird Of Drumblaire〜The Margaree Reel/ An Ciarraioch Mallithe〜Muirerann's Jig/ Parov's Daichevo〜Doina/ Si Dolce e'l Tormento/ Reel De La Sauvagine/ Sliabh Na mBan/ Coast River/ Valse De Belugas/ ■08年に初来日し、圧倒的なテクニックとセンスでファンを唸らせたトニー・マクメイナス(実際の英語の発音はマクマナスではなく、マクメイナスが正しい)のニュー・アルバム。既に入荷中。ケルティックやトラディショナルを中心に全15曲を収録。彼の美しいアレンジと華麗なテクニックやソロ・ギター・サウンドにうっとりする訳だが本作の聴きどころはそれだけでなく、収録された各曲で異なったギター製作家の手工ギターを使って演奏していることだ。これは、ノース・キャロライナにあるギター・ショップ「ドリーム・ギター」のオーナー、ポール・ヒューミラーとトニーとのコラボレーションにより実現したもので、ポールが提供した15名のルシアーたち(Randy Lucas, James Traugott, Paul Reed Smith, Bill Tippin, Linda Manzer, Michael Greenfield, Lance McCollum, Charles Hoffman, Michihiro Matsuda, William C. Kelday, Marc Neneteau, Paul Daniel McGill, Brian Applegate, Joe Veillette, Kathy Wingert)による15本のギターが各曲で使用されているのである。最後のトラック「Valse De Belugas」では多重録音により15本全てのギターを弾くという「快挙」を披露してくれてもいる。


●TONY McMANUS / TONY McMANUS('95)                 \2800(会員\2700)

●TONY McMANUS / POURQUI QUEBEC?('98)                \2800(会員\2700)

●TONY McMANUS & ALAIN GENTRY / SINGING SANDS('05) ≪送料無料≫        \2480(会員\2380)

トレース・バンディの新譜『Elephant King』CDとDVDの2枚組発売中。只今、送料無料で発送しています!!
●TRACE BUNDY / ELEPHANT KING [CD+DVD] ('12) ≪送料無料  CD+DVD-2012 \3400(会員\3300)

≪Studio CD≫ All 11 tracks: Elephant King/ Joy & Sorrow/ Traverse/ Tres Capos/ Timepiece/ Adventures in Sawyerland/ Be Still/ Overtime/ Bongolo/ Coronation/ Anchor/ 
≪Live DVD≫ All 9 songs: Elephant King/ Bongolo/ Traverse/ Tiny Lolf's Journey/ Overtime/ Joy & Sorrow/ Hot Capo Stew/ Dueling Ninjas/ Becca and the Blue Capo/
■トレース・バンディが4年ぶりで発表した待望のニュー・アルバムである。04年に発表した『ADAPT』で一躍注目され、08年のCD付きDVD『ミサイル・ベル: MISSILE BELL - The DVD 』をリリース後に初来日ツアーが実現。その圧倒的なライヴ・パフォーマンスで日本のソロ・ギター・ファンを大びさせたことも記憶に新しいトレース・バンディ。スタジオ録音のCDとライヴDVDの2枚組アルバムである、この最新作『ELEPHANT KING』でも基本的には『ADAPT』以降のスタイルを踏襲していて、2曲目「Joy & Sorrow」では2本のギターをDメジャーとDマイナーにそれぞれチューニングし「喜び(Joy)」と「悲しみ(Sorrow)」を表現している。この曲はライヴDVDにも収められており、曲中でギターを取り替えたりしつつも、紡ぎ出される音はあくまでもリリカルな、いつものトレースのサウンドを目でもお楽しみ頂けるだろう。また、昨年に長男が生まれ父親となったトレースがその息子ソウヤーに捧げた「Adventures in Sawyerland」も収録。ライヴDVDには本作からの新しい作品5曲のライヴ映像のほか、5個のカポをネックに付けて演奏する「Hot Capo Stew」と超絶両手タッピングを駆使して2人の忍者の戦う様を表現した「Dueling Ninjas」という有名&人気曲も新たに録画された今回のコンサート・ヴァージョンでによる全9曲が収録されている。8面(四つ折り)のスペシャル紙ジャケット・パッケージも話題となっているスレース・バンディのニュー・アルバム、是非お聴き頂きたい。
※買い物カゴでのオーダーはコチラ
■尚、このトレース・バンディの『ELEPHANT KING』をオーダー頂いた方には、送料無料(当店負担)で発送させて頂きます。
※発送方法はこちらで選ばせて頂きます。代引の場合は代引手数料350円をご請求させて頂きます。


トレース・バンディの話題作[DVD+ボーナス・ライヴCD]、絶賛発売中!!
プー横丁のレーベル、スライス・オブ・ライフから発売。
TRACE BUNDY / ミサイル・ベル: MISSILE BELL - The DVD [62分DVD+ボーナス・ライヴCD] DVD/CD-3003 \3800 今だけ特価 \2800

 Filmed live at the Boulder Theater, November 24th, 2007; [DVD] All 9 songs [plus 2 bonus songs] Porch Swing/ Liturgy/ Communion/ Stone's Serenade/ Missile Bell/ Love Song/ Refugee/ Hot Capo Stew/ Retroverse/ Plus Bonus Features: Fount Thou Come/ Joy to the World/ Carol of the Bells/ and more [Photo album]; [CD] All 10 tracks: Porch Swing [3:57]/ Liturgy [4:54]/ Communion [4:46]/ Stone's Serenade [4:30]/ Fount Thou Come [3:12]/ Missile Bell [5:30]/ Love Song [5:27]/ Refugee [5:36]/ Hot Capo Stew [3:06]/ Retroverse [7:07]/ ■トレース・バンディの最新作は、彼の地元であるコロラド州ボールダーのボールダー・シアターで行われたコンサートを収録したライヴDVDとそのライヴCDをセットにしたもの。DVDには9曲収録とあるがボーナスとして「Fount Thou Come」と「Christmas Medley」2曲の映像と演奏が収められているので実際は11曲収録ということである。ライヴCDには「Carol of the Bells」以外の同コンサートのライヴ10曲が収録されている。幾つものカポを使っての両手タッピングや手だけでなく肘でもギターのボディ・ヒッティングをやったりと、自由な発想と豊かな音楽的バックグラウンドを窺わせる音作りで、聴く者に深く静かな感動を与える。タッピング・プレイというとアップテンポのものばかりを想像しがちだが、本作のタイトル曲「Missile Bell」や「Liturgy」「Love Song」「Refugee」、ボーナス・トラックのクリスマス・メドレーの「Carol of the Bells」などに顕著なようにトレースのオリジナル作品は流麗なメロディの中にタッビッグによるフレーズが違和感なく見事に溶け合ってプレイされており、サスガだなぁと思う。CDとDVDがセットになった『ADAPT』発表から4年が経った今「更に進化したトレース・バンディ」を是非お聴き頂きたいと思う。日本語解説付き。
【Player誌08年9月号に掲載された『ミサイル・ベル: MISSILE BELL - The DVD』レビューより(抜粋)】DADGADチューニングと特殊なカポを使った斬新な演奏は、ソロギタリストとしての可能性を最大限追求したとてもユニークな内容。アコースティック・ニンジャと呼ぶに相応しい超テクニカルで個性的なパフォーマンスの連続だ。もしも故マイケル・ヘッジスが彼の演奏を観たら、きっと驚きの声を上げるに違いない。


TRACE BUNDY / MISSILE BELL Part 2: THE STUDIO CD('08)     CD-HN-2008 \2800(会員\2500)

TRACE BUNDY / ADAPT [CD+DVD]      CD-HN-5463 \4200(会員\4100)

TRACE BUNDY / A FEW SONGS FOR CHRISTMAS('07)       \1800(会員\1700)

TRACE BUNDY / O NIGHT DIVINE      CD-HN-5572 \2800(会員\2700)

TRACE BUNDY / SOLOMON'S SPLENDOR      CD-HN-5573 \2800(会員\2700)

TRACE BUNDY / THE COLLECTION('01)                 \2800(会員\2700)

●TRACY MOORE / THE COLLECTION       CD-2016 \2800(会員\2700)


New ●TREVOR GORDON HALL / MIND HEART FINGERS ('14) ≪送料無料≫   CD-TGH-2014 \2480(会員\2380)
 
produced by Will Ackerman, Tom Eaton & Trevor Gordon Hall; 
■話題のトレヴァー・ゴードン・ホールのニュー・アルバム、入荷中。ギターのボディー(表面板)に何とカリンバ[親指ピアノ(thumb piano)の名前でも知られるアフリカの楽器]を貼りつけるという「驚きのアイデア」で、フィンガースタイル・アコースティック・ギタとカリンバの「1人共演」のパフォーマンスが世界中のファンの注目を浴びている。両手タッピング・プレイの中にボディ・ヒッティングによるパーカッション・サウンドを取り入れるのは、もう多くのギタリストが行っていることだけれど、カリンバの小さな棒を右手で正確にはじいて全くリズムが乱れることなく、タッピング・プレイの中に組み込む、というのは至難の技だろう。でも、その演奏に奇をてらったところはなく、あくまで楽曲重視というか「そこにカリンバのそのフレーズを入れるのが最も適しているから」という自然な創造性を感じるのである。本作はウィリアム・アッカーマンと録音エンジニアでもあるトム・イートンとトレヴァー3人の共同プロデュースで、ウィルの「IMAGINARY ROADS」スタジオで録音。更に進化・深化したサウンドとオリジナル作品を披露している。彼のことを「トレヴァーは最もユニークでクリエイティヴなギタリストの1人だ [Travor is one of the most unique and creative guitarists]」と言っているアンディ・マッキーをはじめ、ドン・ロス、フィル・キーギーなどのフィガースタイル・ギタリスト達だけでなく、グレアム・ナッシュ(CS&N)や元ジェネシスのスティーヴ・ハケットや女性シンガー・ソングライターのダー・ウィリアムスからも賛辞を寄せられている。収録作品は「Turning Ruts Into Groove」のようなアップテンポのタッピングやボディ・ヒッティングを使ったものもあるが、その多くはメロディの美しい、ゆったりとしたスローなナンバーが多く、思わず聴き惚れててしまうのだ。そんなスローな作品の1曲「The Meeting At The Window」のギター・タブ譜(A4サイズ6ページのものをA3サイズの紙3枚にコピー)をトレヴー自身の厚意によりプレゼント中。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ
前作の『ENTELECHY』や彼の自主制作アルバム2種『FINDING MY WAY』と『LET YOUR HEART BE LIGHT: The Christmas Album』も入荷。

●TREVOR GORDON HALL / LET YOUR HEART BE LIGHT: The Christmas Album ('09) ≪送料無料≫  CD-TGH-2009 \2600(会員\2500)
 トレヴァー・ゴードン・ホールが2009年に自主制作で発表したクリスマス・アルバム。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●TREVOR GORDON HALL / FINDING MY WAY ('08) ≪送料無料≫     CD-TGH-2008 \2600(会員\2500)
 
トレヴァー・ゴードン・ホールが2008年に自主制作で発表したファースト・アルバム。当店で本作お買い上げの方には、本作に収録の「Morning Sidewalk」のギター・タブ譜(A4サイズ14ページのものをA3サイズの紙7枚にコピー)をトレヴァーの厚意によりプレゼント中。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

注目のギタリスト、トレヴァー・ゴードン・ホールのアルバム入荷!!
●TREVOR GORDON HALL / ENTELECHY ('11) ≪送料無料≫     CD-TGH-2011 \2600(会員\2500)
 All 13 tracks: Kalimbatar/ Entelechy/ Pine Trees and Power Lines/ Bach to the Future/ That Old Familiar Pain/ Outside the Lines/ Signposts/ A Severe Mercy/ Whenever it Rains/ Cerebral/ November/ Story/ Missing You/ ■話題のトレヴァー・ゴードン・ホールのアルバム、入荷中。ギターのボディー(表面板)に何とカリンバ[親指ピアノ(thumb piano)の名前でも知られるアフリカの楽器]を貼りつけるという「驚きのアイデア」で、フィンガースタイル・アコースティック・ギターとカリンバの「1人共演」のパフォーマンスが世界中のファンの注目を浴びている。両手タッピング・プレイの中にボディ・ヒッティングによるパーカッション・サウンドを取り入れるのは、もう多くのギタリストが行っていることだけれど、カリンバの小さな棒を右手で正確にはじいて全くリズムが乱れることなく、タッピング・プレイの中に組み込む、というのは至難の技だろう。でも、その演奏に奇をてらったところはなく、あくまで楽曲重視というか「そこにカリンバのそのフレーズを入れるのが最も適しているから」という自然な創造性を感じるのである。カリンバとの1人二重奏が素晴らしい「Kalimbatar」や「Pine Trees and Power Lines」だけでなく、通常の6弦ギターによるオリジナル作品も見事で、ハーモニックスを巧みに絡ませて美しいメロディーを紡ぐ「That Old Familiar Pain」、「Outside the Lines」や「A Severe Mercy」など、是非お聴き頂きたい佳曲揃いの全13曲を収録。尚、トレヴー自身の厚意により本作に収録された「Bach to the Future」のギター・タブ譜(A4サイズ12ページのものをA3サイズの紙6枚にコピー)をプレゼン中。お早目にどうぞ。
 
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方はこちらからどうぞ

●TUCK ANDRES / RECKLESS PRECISION('90)       \2800(会員\2700) 品切れ中

 入手困難と思われていたタック・アンドレスのファースト・ソロ・アルバムがアメリカ盤で入荷。国内盤は既に廃盤。この機会をお見逃しなく。


◆TUCK ANDRES / 賛美歌とキャロルと雪についての歌('91/'05)       \1890(会員も同じ価格) 品切れ中
 
All 13 tracks: Winter Wonderland/ Silent night/ Conventry Carol/ Jingle Bells/ Ave Maria/ Little Drummer Boy/ Santa Claus Is Comin' To Town/ It Came Upon A Midnight Clear/ God Rest Ye Merry Gentlemen/ Deck The Halls/ O Little Town O Bethlehem/ Rudolph The Red Nosed Reindeer/ Angels We Have Heard On High/ ■タック&パティのギタリスト、タック・アンドレスのソロ・アルバム。「聖夜」「赤鼻のトナカイ」「ジングル・ベル」「サンタが町にやってくる」などお馴染みの作品を収録したクリスマス作品集。原題は『Hymns, Carols and Songs About Snow』。

TUCK & PATTI / AS TIME GOES BY('01)       \2480(会員\2380)

◆TUCK & PATTI / BEST COLLECTION('95/'05)       \1890(会員も同じ価格) 品切れ中
 
All 14 tracks: Tears Of Joy/ Time After Time/ Castles Made Of Sand〜Little Wing/ Better Than Anything/ Takes My Breath Away/ Europa/ Dream/ Love Is The Key/ Sitting In Limbo/ Sweet P/ Love Warriors/ As Time Goes By/ ■タック&パティのベスト・アルバム。

◆TUCK & PATTI / DREAM('91/'05)         \1890(会員も同じ価格) 品切れ中
 
All 11 tracks: Dream/ One Hand, One Heart/ Togetherness/ Friends in High Places/ Voodoo Music/ From Now on (We're One)/ I Wish/ Sitting in Limbo/ High Heel Blues/ All the Love/ As Time Goes By/ ■タックの超絶テクによるフィンガースタイル・ギターのみをバックにパティのエモーショナルな深みのあるヴォーカルで人気の高いタック&パティの91年作。

●ULLI BOGERSHAUSEN / AGELESS: GUITAR SOLOS             \2800(会員\2700)
 ※タブ譜(AMB-3011)も発売中。\4000(会員\3900)です。

●ULLI BOGERSHAUSEN / BALLADS('06)             \2800(会員\2700)

●ULLI BOGERSHAUSEN / CHOCOLATE AND WINE('04)            \2800(会員\2700)

●ULLI BOGERSHAUSEN / CHRISTMAS CAROLS('07)    \2800(会員\2700)

●ULLI BOGERSHAUSEN / CRIMSON('07)    \2800(会員\2700)

●ULLI BOGERSHAUSEN / PRIVATE STORIES('02)                \2800(会員\2700)

●ULLI BOGERSHAUSEN / SOLOGUITAR('99)                 \2800(会員\2700)

●ULLI BOGERSHAUSEN / VINYL 81-96   CD-35102282 \2800(会員\2700) 品切れ中

●ULLI BOGERSHAUSEN & REINHOLD WESTERHEIDE / PICTURES('98)     \2800(会員\2700)
 ※タブ譜(AMB-1801)も発売中。\2480(会員\2380)です。

ヴァン・ラーキンズのソロ・アルバム!!
VAN LARKINS / WANDERING HANDS('12)        CD-VL2012 \2480(会員\2380)

  All 12 tracks: Stomp [3:24]/ Gold and Green [3:32]/ Honey [3:47]/ One Way Ticket [4:05]/ Wandering Hands [4:51]/ Path of the Traveller [3:28]/ Shadows [4:08]/ Halloween 2-Step [2:06]/ Mirage [3:34]/ Out Of The Blue [2:51]/ Freyah’s Song [2:03]/ Nullarbor Plains [4:00]/ ■オーストラリアから登場した注目のアコースティック・ギター・デュオ、ハンター・ヴァン・ラーキンズが2010年に発表したアメリカ・デビュー・アルバム『MIRIAD』はデュエットする1人がチェット・アトキンス&トミー・エマニュエル系のギャロッピング・スタイルで、もう1人がマイケル・ヘッジス系のタッピング・スタイルが得意というユニークなコンビだった。で、このヴァン・ラーキンズはヘッジス系スタイルのギタリスト。1弦から4弦まで11フレットにパーシャル・カポを付けて演奏するアルバム・タイトル曲「Wandering Hands」や「Gold and Green」など、流れるようなメロディが印象的だ。※買い物カゴでのオーダーは、コチラ


●Various Artists / 手指的対話: 2010 INTERNATIONAL FINGERSTYLE GUITAR FESTIVAL ('10)  \2800 (会員\2700)

 feat. Don Ross [Afraid to Dance], 住出勝則 [Desire], Peter Finger [Allegro from Sonata No.2 for Violin Solo], 岸部眞明 [Dandelion], Huan Chia Wei [Sunshine], Sungha Jung [Perefect Blue], 城直樹 [The Stranger], Doug Smith [Journey to China], Roger Wong [Dance of the Sugar Plum Fairy], Huan Chia Wei & Jacques Stotzem [Naga]; ■プー横丁ではすっかりお馴染みの台湾出身のフィンガースタイル・ギタリスト、ファン・チア・ウェイ [黄家偉]が主催した『第1回インターナショナル・フィンガースタイル・ギター・フェスティヴァル』という音楽イヴェントが今年7月に中国の北京で行われた。ドン・ロス [カナダ]、ピーター・フィンガー [ドイツ]、ダグ・スミス [アメリカ]、チョン・スンハ [韓国]、ロジャー・ウォン [マレーシア]、日本からは住出勝則、岸部眞明、城直樹が参加し、文字通り各国から参加した有名ギタリスト達によるスペシャル・コンサートが催された。また、「インターナショナル・フィンガースタイル・ギター・チャンピオン」と「ナショナル・フィンガースタイル・ギター・チャンピオン」という世界チャンピオンと中国国内のチャンピオンを決める2つのギター・コンテストも開催され、会場に選ばれた北京大学の構内にある「100周年記念講堂」(2000人余りを収容)は、大いに盛り上がった。実は、このイヴェントに私 [プー横丁店主POOH] もコンテストの審査員として参加したので、その時のコンテストやスペシャル・コンサートの模様は、またHP上でご報告したいと思っている。
 で、本作『手指的対話: 2010 INTERNATIONAL FINGERSTYLE GUITAR FESTIVAL』のCDは、このイヴェントを記念して制作されたもので、上記の参加アーティスト達の既発ソロ・アルバムから選ばれた作品を中心に収められているのだが、ダグ・スミスの「Journey to China」やファン・チア・ウェイとジャック・ストッツェムの「Naga」は、本作の為に録音された未発表曲だ。限定発売なので、ご希望の方はお早めに。
★買い物かごによるご注文をご希望の方はプー横丁が運営していますネットショップ Shop at Pooh Cornerで受け付けております。


◆Various Artists / ACOUSTIC BREATH('98)             CD-9802 \2940(会員も同価格)
 feat. 昌己μ(陣風), 末廣純也(It's Lovely!), 安田守彦(移ろう日々), 佐藤勇次(うさぎの花嫁行列), 北島尚彦(ギターケースに航士郎), 梅里光(10月の歌姫), 安田守彦(スナメリの微笑), 昌己μ(サイレント ランニング), 天野恵司(Watching the TV Rag), 末廣純也(Refugees), 佐藤勇次(働け! サラリーマン諸君(黄昏編), 梅里光(待ち合わせ), 川合ケン, (塩の道), YMO(大空舞う雲に乗って);

●Various Artists / ACOUSTIC CHRISTMAS('04)    CD-2410 \2800(会員\2700)
 feat. Pete Huttlinger (The 25th Day), Pierre Bensusan (Fodere L'Astronome), Peppino D'Agostino (We Pray Sanctus), Johnny Hiland (Home For The Holidays), Andy Timmon (Greensleeves), Adrian Legg (Jingle Bells), Greg Koch (God Rest Ye Merry Gentlemen), The Dillengers (Run Rudolph Run), Mimi Fox (Winter Wonderland), Marty Friedman (Meditation From Thais); ■フェイヴァード・ネイションズからアルバムを発表しているギタリスト達によるクリスマス集。アーティスト名の後の( )内が曲目。
※同名タイトルで内容も発売レーベルも異なる下記のアルバムとまぎらわしいので、ご注文の際はタイトルだけでなくCD番号なども付け加えて頂ければ幸いです。

●Various Artists / ACOUSTIC CHRISTMAS: GUITAR INSTRUMENTALS('04)    CD-1320 \2480(会員\2380)
 feat. Jacques Stotzem, Franco Morone, Eric Lugisch, Dean Magraw, Manfred Dierkes, Ian Melrose, Claus Boesser-Ferrari, Sandor Szabo, and others; All 22 tracks: White Christmas/ Sleighride/ Silent Night/ Happy Christmas-War Is Over/ Hark! The Herald Angels/ Christmas Time Is Here/ Away In A Manager/ Little Drummer/ etc. ■ドイツのレーベル、アコースティック・ミュージック・レコード所属のギタリスト達によるクリスマス作品集。トラディショナル作品の中にジョン・レノンの「Happy Christmas-War Is Over」も収められていたりする全22曲。65分を超えるヴォリュームだ。サブ・タイトルは『GUITAR INSTRUMENTALS BY AN INTERNATIONAL SELECTION OF ACOUSTIC GUITARISTS』。
※同名タイトルで内容も発売レーベルも異なる上記のアルバムとまぎらわしいので、ご注文の際はタイトルだけでなくCD番号なども付け加えて頂ければ幸いです。

●Various Artists / ACOUSTIC GUITAR HIGHLIGHTS: VOL.2 19tracks SACD-9655  \2480(会員\2380) 品切れ中

●Various Artists / ACOUSTIC GUITAR HIGHLIGHTS: VOL.3 20tracks SACD-9701  \2480(会員\2380)

●Various Artists / ACOUSTIC GUITAR HIGHLIGHTS: VOL.3 12tracks           \2480(会員\2380)

●Various Artists / ACOUSTIC GUITAR HIGHLIGHTS: VOL.4('00)  13 tracks CD-1222 \2480(会員\2380)

●Various Artists / ACOUSTIC GUITAR HIGHLIGHTS: VOL.5 ('06) 23 tracks CD-2050 \2480(会員\2380)

 feat. Laurence Juber, Pat Donohue, Ed Gerhard, Wayne Johnson, Nick Charles, Eltjo Haselhoff, Alec Stone-Sweet, Jim Tozier, Brooks Williams, Jim Earp, Masa Sumide & others; All 23 tracks: Tap Your Other Foot [Eltjo Haselhoff]/ 5 to 99 [Ed Gerhard]/ Along The Way [ Laurence Juber]/ Rule Of Thumb [Nick Charles]/ Drive Time [Pat Donohue & Mike Dowling]/ Lady Blayney [Steve Baughman & Robin Bullock]/ Beyond The Clouds [ Doug Smith]/ Baby [Wayne Johnson]/ Mona-Vu [Alec Stone-Sweet]/ Lunes [Jim Earp]/ Monkeyshines [Jim Tozier]/ Bakerloo [Brooks Williams]/ Groove Etude [David Cullen]/ Eureka Hotel [Al Petteway]/ Harry Lime Theme [Lasse Johansson]/ Silly Love Songs [Laurence Juber]/ It Takes Two [Masa Sumide]/ Lightnin' Strikes [Kenny Sultan]/ Tumblin' Gap [Alec Stone-Sweet]/ Paddy O'Carroll [Jim Tozier]/ Bid You Goodnight [David Cullen]/ Rosy's Place (on Lake Thun) [Tim Pacheco]/ O' Little Town of Bethlehem [ Steve Baughman]/ ■ソリッド・エアー・レーベルからリリースされたフィンガースタイル・ギタリストたちのソロ・アルバムから選出された全23曲収録のお買い得CD。ロウレンス・ジュバー、パット・ドノフュー、エド・ガーハード、住出勝則 [Masa Sumide]ほか、アーティストや曲目は上記の通り。※付記: 本作は06年リリースのアルバムですが、HPで一度も掲載していませんでしたので、しばらくこのページにアップさせて頂きます。


●Various Artists / ACOUSTIC GUITAR MADE IN GERMANY VOL.1        \2800(会員\2700)

●Various Artists / ACOUSTIC GUITAR MADE IN JAPAN            \2800(会員\2700)

●Various Artists / ACOUSTIC HEARTS('97)               \2480(会員\2380)
 feat. Lee Ritenour, Peter White, David Hayes, Brian Hughes, Acoustic Alchemy, Fred Hand, Craig Chaquico, Leo Kottke, Eric Tingstad, Peppino D'Agostino, Laurence Juber, PeterFinger, Alex de Grassi, Martin Simpson, Artie Traum; All 15 songs: Waiting For You/ By Candlelight/ Lisdonvarne/ Sleeping Angel/ Theme From Bush House/ Lesley's Song/ Just Friends/ etc. ■フィンガースタイル・ギタリスト15組による15のアクースティック作品収録のオムニバス盤。立案・制作・編集をしたアーティ・トラウムがレーベルの枠を越えて選んだギタリスト達。「アクースティック・ハート」という言葉にピッタリの、美しいインスト作品が収録されている。リー・リトゥナーやリオ・コッケ等ベテランも含まれるが、ピーター・ホワイト、デヴィッド・ヘイズ、ブライアン・ヒューズ、フレッド・ハンド等といった無名に近いギタリスト達の極上の作品が聴けるのが嬉しい。アーティによるライナーノーツも興味深い。トータル・タイム54分余。

●Various Artists / ACOUSTIC ROOTS('93)            \2800(会員\2700)

●Various Artists / A GUITAR FOR ELVIS('10)    CD-2092 \2800(会員\2700)

 All 14 tracks: All Shook Up [Pat Donohue]/ Mystery Train [Al Petteway]/ Can't Help Falling In Love with You [Doug Smith]/ Suspicious Minds [Laurence Juber]/ Don't [Tim Pacheco]/ Heartbreak Hotel [Kenny Sultan]/ Little Sister [Mike Dowling]/ Don't Be Cruel [Benjamin Verdery]/ Love Me Tender [Brooks Williams]/ Loving You [Elliott Easton]/ Hound Dog [Al Petteway]/ Jailhouse Rock [Eltjo Haselhoff]/ Are You Lonesome Tonight? [Jim Tozier]/ Viva Las Vegas [Doug Smith and Mark Hanson]/ ■2004年のグラミー賞でフィンガースタイル・ギターによるヘンリー・マンシーニ作品集『HENRY MANCINI: PINK GUITAR』が「Best Pop Instrumental Album(最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム)」を獲得したのも記憶に新しいが、そのアルバムに参加した顔ぶれを中心に新たなギタリストも加わって制作された、エルヴィス・プレスリーの作品集が本作『A GUITAR FOR ELVIS』である。ロウレンス・ジュバー、パット・ドノフュー、アル・ペタウェイ、ケニー・サルタン、ダグ・スミス、マーク・ハンスン、マイク・ドウリング等、現在のフィンガースタイル・ギター・シーンを代表するアーティスト達が、それぞれの個性を発揮しつつエルヴィスによって録音された珠玉の作品をギター1本にアレンジして聴く者を魅了する。


◆Various Artists / A LONG WAY TO GO: ACOUSTIC BREATH VOL.3(01)     CD-0104 \2625(会員も同価格)
 feat. 安田守彦、昌己μ、AKI、梅里光、川合ケン、浜田隆史、北村昌陽、高山千香夫ほか; All 15 songs: あなたの愛する人はあなたを映す鏡/ Little J/ リンの想い/ Welcoming/ Sunday Afternoon Rag/ Summertime in Vancouver/ No Reason To Cry/ 遥かな道/ アイスバーン/ほか■『アコースティック・ブレス』シリーズ第3集がリリースされた。本作も静岡県浜松市在住のアクースティック・ギタリスト、安田守彦さんがプロデュース。安田さんが声をかけた「アクースティックギターが大好きな」ギタリスト等13組による全15曲。多重録音や編集による修正など一切ナシ、ギターのピックアップを使用しないマイク録音、といったアルバム制作におけるコンセプトは、本作にも生かされている。お聴き下さい。

●Various Artists / AMERICAN FINGER-STYLE GUITAR circa 1999('99)      \2800(会員\2700)
 produced by Tim Snow & Dan Schwartz; feat. Dan Schwartz, Benjamin Woolman, Bill Brenckle, Michael Gruber, Matthew Schroeder; RayJoyce! [Dan Schwartz] Novella [Benjamin Woolman]/ In Her Arms [Bill Brenckle]/ Klangfarben 3 [Michael Gruber]/ Little One [Matthew Schroeder]/ Holandユs Tiltyard [Bill Brenckle]/ Theme Noir [Benjamin Woolman]/ Youユre All Grown Up Now [Dan Schwartz]/ The C-Bop Ramble [Matthew Schroeder]/ She Has Wings [Michael Gruber]/ Jack Fig [All the above] ■そのダン・シュウォーツを初めとする若手フィンガースタイル・ギタリスト5人によるオムニバス盤。といっても、ベンジャミン・ウールマン、ビル・ブレンクル、マイケル・グルーバー、マシュー・シュローダーも含んで全員の収録作品は本作の為にスタジオ録音されたもので、いずれもギター・ソロ演奏である。唯一、アルバム最後を飾るリオ・コッキ作品「Jack Fig」のみ、5人によるコンサートーでのライヴ録音となっている。本作を聴いていると、テクニックもセンスも優れた若手ギタリストがアメリカでも次々と登場している事を実感する。良いです。

●Various Artists / BALLADS ON ACOUSTIC GUITAR('07)      \2800(会員\2700)
 All 13 tracks: Lua [Karim Baggili]/ Ballad For VukovarNeil Stacey]/ Goutte D'Or [Michel Haumont]/ Ballad [David Sick]/ Night Song [Isato Nakagawa]/ Sur Vesdre [Jacques Stotzem]/ Summertimme [Ian Melrose & Chris Jones]/ Memory And Hope [Peter Finger]/ The Flower Of Belfast [Duck Baker]/ Miniature [Falk Zenker]/ The Foggy Dew [Franco Morone]/ Alfonsina Y El Mar [Alain Everts]/ Found In The Flurry Of The World [Tomasz Gaworek-Schodrok]/

●Various Artists / BEYOND SIX STRINGS('06)     CD-HGM-001 \2800(会員\2700)

 All 13 tracks: Don't Give Into Sorrow About Tomorrow [Tom Shinness: 1913 Gibson harp guitar - from "Translucent Harp"], Heavenly Earth Dance [Iwan Hasan: 1991 21-string John Sullivan harp guitar], The Friend I Never Met [Andy McKee: 1998 Ron Spillers harp guitar - from "Dreamcatcher], Brookside Avenue [Dan LaVoie: 2000 Ron Spillers harp guitar - from "Dan LaVoie"], Emmet's Rising [Andy Wahlberg: Dyer harp guitar, circa 1915], Deserted Island [Gregg Miner: Knutsen harp guitar, circa 1899], Theme from Redwood Variations [James Kline: 11-string arch guitar, built by Gary Southwell, 1994 - from "Troubadour's Odyssey"], In John Fahey There Is No East or West [John Doan: 1986 20-string Sullivan-Elliott harp guitar], Scarborough Fair [Stacy Hobbs: Dyer harp guitar, circa 1915 - from "Awakening of the Spirit"], Clarsah [Muriel Anderson: 2003 Mike Doolin harp requinto], The Long Walk Home [Bill Dutcher: 2004 J. Thomas Davis harp guitar], Chin Up [Larry Berwald: 1999 Ron Spillers harp guitar], November [Stephen Bennett: 2001 Merrill Brothers harp guitar - from "Music From Tsenacommacah"]/ ■マイケル・ヘッジスが名曲「Because It's There」などで使用したことで広く知られるようになったハープ・ギター。ヘッジス亡きあとは、スティーヴン・ベネットやアンディ・マッキー、最近ではダン・ラヴォイといったハープ・ギターに魅せられた優れたフィンガースタイル・ギタリスト達によって確実に次世代のアコースティック・ギター・ファンにもその魅力が伝えられてきているように思う。そんなハープ・ギターを愛する有名&無名のギタリスト達による演奏を集めた初のオムニバスが本作である。以前から多くのお問い合せを頂いていたが、ようやく本格的にお取り扱い出来るようになったので、早速ご紹介する次第だ。上記は、収録曲のタイトルの後にアーティスト名と使用楽器を記してある。スティーヴン・ベネットやアンディ・マッキーの作品のように既発アルバムからの収録曲もあるが、多くは本作の為に録音したり、アルバム入手は難しいギタリスト達の作品がズラリと並んでいる。毎年ヴァージニアで開催し大勢のハープギタリスト達が一堂に介するイヴェント「HARPGUITAR GATHERING」ではお馴染みの顔ぶれによる本作。ハープ・ギターを実際に所有している人はアメリカでも珍しい訳だが、ふくよかな重低音を交えた豊かなサウンドに一度酔いしれたなら、あとは「底なし」である。是非このアルバムを通じてハープ・ギターの魅力を味わって頂きたいと思う。


●Various Artists / BLUES GUITAR WORKSHOP('08)   CD-109 \2480(会員\2380)

 feat. Davey Graham (How Come You Do Me Like You Do/ I Just Want To Make Love To You/ When I've Been Drinking/ Panic Room Blues), Duck Baker (Black Monk/ Always/ Turnaround/ The Clown/ Forty Ton Parachute/ The Stroll), Sam Mitchell (Cat's Squirrel/ Keep A Bootin'), Tom Paley (Blake's Rag/ Buck Dance), Mike Cooper (Morning Star Blues); ■1979年に キッキング・ミュール・レーベルからリリースされたブルース・ギターのオムニバス盤。

 


◆Various Artists / BLUES GUITAR WORKSHOP('08)   CD-4003 \2500(会員\2400)

 feat. Davey Graham (How Come You Do Me Like You Do/ I Just Want To Make Love To You/ When I've Been Drinking/ Panic Room Blues), Duck Baker (Black Monk/ Always/ Turnaround/ The Clown/ Forty Ton Parachute/ The Stroll), Sam Mitchell (Cat's Squirrel/ Keep A Bootin'), Tom Paley (Blake's Rag/ Buck Dance), Mike Cooper (Morning Star Blues); ■1979年に キッキング・ミュール・レーベルからリリースされたブルース・ギターのオムニバス盤。日本語解説付き。

 


◆Various Artists / BORN IN THE AIR:ACOUSTIC BREATH VOL.2('99)    CD-9901 \2625
(会員も同価格)
 feat. 司馬 顕(ferocious longing), 安田 守彦(琴引く浜), 小林 清(Big Dipper Breakdown), ラリー・コンガー& 堀内 規行(September on the Mississippi[デュオ]), 浜田 隆史(台湾からの手紙), 昌己μ(Born in The Air), 北村 昌陽(Ramblin' Lingong), YMO(初恋), 山本 和彦(White Night), 鬼塚 仁志(El Carambolo), 梅里 光(悲哀), 高山 千香夫, (High mountain Blues), 犬井 一雄(6弦のエッセイ), 末廣 純也(明日また会える);

有名ソロ・ギタリスト達によるバート・バカラック作品集!!
●Various Artists / BURT BACHARACH: This Guitar in Love with You ('14) ≪送料無料≫  CD-2105 \2800(会員\2700)
 feat. Tommy Emmanuel, Laurence Juber, Doug Smith, Mark Hanson, Wayne Johnson, Greg Hawkes, David Cullen, Al Petteway, Eltjo Haselhoff, Nick Charles, Jim Earp, Mike Dowling, Arlen Roth and Doug Smith & Mark Hanson; ■ちょうど10年前、2004年のグラミー賞でフィンガースタイル・ギターによるヘンリー・マンシーニ作品集『HENRY MANCINI: PINK GUITAR』が「Best Pop Instrumental Album(最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム)」を獲得したのも記憶に新しいが、そのアルバムに参加したローレンス・ジュバー、ダグ・スミス、マーク・ハンスンら6人を中心に、トミー・エマニュエルやニック・チャールズら新たなギタリストも加わって制作された、バート・バカラックの作品集が本作『BURT BACHARACH: This Guitar's In Love With You』である。
 現在のフィンガースタイル・ギター・シーンを代表するアーティスト達が、それぞれの個性を発揮しつつ、バカラックによって作曲された珠玉の美メロ作品をギター1本にアレンジし、聴く者を魅了する。サブ・タイトルの『This Guitar's In Love With You』は、数々のヒット曲を世に送ったバート・バカラック(作曲)とハル・デヴィッド(作詞)でハーブ・アルパート(Herb Alpert)歌い全米No.1ヒットを獲得した「This Guy's In Love With You(邦題: ディス・ガイ)」をモジったもの。
 ローレンス・ジュバーは「Alfie」と「This Guitar's In Love With You」の2曲を披露。トミー・エマニュエルはカーペンターズの大ヒット曲としても有名な「Close To You(邦題: 遥かなる影)」をカヴァーし、最後はボーナス・トラックとして「お約束」のダグ・スミスとマーク・ハンスンによるデュオも収録されている。各ソロ・ギタリストの解釈によるアレンジの妙。それらを通じて同時に稀有のメロディメイカー、バカラックの素晴らしい作品を心ゆくまで楽しめる快作である。
 買い物カゴでのオーダーご希望の方コチラからどうぞ

●Various Artists / CELTIC FINGERSTYLE GUITAR: VOL.1: RAMBLE TO CASHEL  \2800(会員\2700) 品切れ中

●Various Artists / CELTIC FINGERSTYLE GUITAR VOL.2: THE BLARNEY PILGRIM   \2800(会員\2700) 品切れ中

●Various Artists / CLAWHAMMER GUITAR: THE COLLECTION('03)  \2800(会員\2700) 品切れ中

 feat. Steve Baughman, Michael Stadler, Jody Stecher, Alec Stone Sweet;


●Various Artists / COLE PORTER: DELOVELY GUITAR('07)   CD-2062 \2800(会員\2700)

 feat. Laurence Juber, Doug Smith, David Cullen, Mark Hanson, Mike Dowling, Kenny Sultan, Jim Tozier, Lasse Johansson, Jim Earp, Wayne Johnson, Brooks Williams, Tim Pacheco, Nick Charles, Eltjo Haselhoff and Doug Smith (duo); All 15 tracks: Anything Goes (Doug Smith)/ I Get A Kick Out Of You (Nick Charles)/ You'd Be So Nice To Come Home To (Eltjo Haselhoff)/ Night And Day (David Cullen)/ Let's Do It (Mark Hanson)/ I've Got You Under My Skin (Laurence Juber)/ What Is This Thing Called Love (Mike Dowling)/ Begin The Beguine (Jim Tozier)/ Don't Fence Me In (Lasse Johansson)/ My Heart Belongs To Daddy (Jim Earp)/ Love For Sale (Wayne Johnson)/ You're The Top (Brooks Williams)/ Let's Misbehave (Kenny Sultan)/ True Love (Tim Pacheco)/ Delovely (Mark Hanson and Doug Smith)/ ■2004年のグラミー賞でフィンガースタイル・ギターによるヘンリー・マンシーニ作品集『HENRY MANCINI: PINK GUITAR』が「Best Pop Instrumental Album(最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム)」を獲得したのも記憶に新しいところだが、そのアルバムに参加した顔ぶれを中心に新たなギタリストも加わって制作された、コール・ポーターの作品集が本作『COLE PORTER: DELOVELY GUITAR』だ。コール・ポーターはアメリカン・ミュージック史にその名を残す偉大な作曲家で、彼の作品はジャンルを越えて数多くのシンガーやミュージシャンに歌われ演奏されてきた。「Night And Day」「I've Got You Under My Skin」「Begin The Beguine」「You'd Be So Nice To Come Home To」「Love For Sale」など、いずれも既にスタンダード作品として名高いものばかりである。そんなコール・ポーターの名曲を14人のフィンガースタイル・ギタリストが個性豊かにアレンジ。ソロ演奏14曲と1曲のデュオ演奏を含む全15曲が収められている。お馴染みのロウレンス・ジュバー、06年のフィンガースタイル・ギター・チャンピオンに選ばれたダグ・スミス、デヴィッド・カレン、マーク・ハンスン、マイク・ドウリング、ケニー・サルタン等が、それぞれの持ち味を活かしたアレンジと演奏である。また1枚、ギター・ファンに末永く愛聴されるだろうアルバムのリリースを嬉しく思っている。


◆Various Artists / CONTEMPORARY GUITAR WORKSHOP('77/'08)   CD-4004 \2500(会員\2400)

 feat. Duck Baker (Silver Bells/ Walking My Baby Back Home/ Mardi Gras Dance/ Fisher's Hornpipe/ Charles O'Connor), Dave Evans(Jessica/ Cold Feet/ Grey Hills/ Ugly Duckling/ Jolymont), Jim McLennan (Dickie's Blues No. 2/ The Chrysanthemum/ The Easy Winners), Leo Wijnkamp Jr (Flopped Ear Mule/ The Elephant March), ■1979年に キッキング・ミュール・レーベルからリリースされたフィンガースタイル・ギターのオムニバス盤。全15曲。「Walking My Baby Back Home」と「The Elephant March」の2曲を除く全13曲のタブ譜もPDFファイルでディスクに収録。日本語解説付き。


●Various Artists / CONTEMPORARY GUITAR WORKSHOP('77/'08)   CD-105 \2480(会員\2380)

 feat. Duck Baker (Silver Bells/ Walking My Baby Back Home/ Mardi Gras Dance/ Fisher's Hornpipe/ Charles O'Connor), Dave Evans(Jessica/ Cold Feet/ Grey Hills/ Ugly Duckling/ Jolymont), Jim McLennan (Dickie's Blues No. 2/ The Chrysanthemum/ The Easy Winners), Leo Wijnkamp Jr (Flopped Ear Mule/ The Elephant March), ■1979年に キッキング・ミュール・レーベルからリリースされたフィンガースタイル・ギターのオムニバス盤。全15曲。「Walking My Baby Back Home」と「The Elephant March」の2曲を除く全13曲のタブ譜もPDFファイルでディスクに収録。


●Various artists / DJANGO REINHARDT NY FESTIVAL: LIVE AT BIRDLAND('01)    \2480(会員\2380)
 feat. Regina Carter, Bucky Pizzarelli, Babik Reinhardt, Jimmy Rosenberg, Frank Vignola, Bireli Lagrene, and more; All 12 tracks: Swing 49/ Nuages/ Gypsymania/ Limehouse Blues/ Sheik Of Araby/ It Don't Mean A Thing/ Angelo's Song/ etc. ■2000年11月29日と12月2日にニューヨークの老舗ジャズ・クラブ「バードランド」で行なわれた『ジャンゴ・ラインハルト・フェスティヴァル』でのライヴ盤。バッキー・ピザレリ、ビレリ・ラグレーン、バビック・ラインハルト、ジミー・ローゼンバーグ等、お馴染みの顔ぶれのほか、注目のギタリスト、フランク・ヴィグノーラも参加。

あの『EVERYBODY'S PICKIN' ON LEIBER & STOLLER』のCDとタブ譜です!!
●Various Artists / EVERYBODY'S PICKIN' ON LEIBER & STOLLER [タブ譜]  TB-702746 \2400(会員\2300)

 feat. Laurence Juber, Alex de Grassi, Al Petteway, Elliot Easton and others; 収録曲: Bossa Nova Baby (Greg Hawkes)/ Charlie Brown (Arlen Roth)/ D.W. Washburn (Mike Dowling) ? Fools Fall in Love (Doug Smith)/ Hound Dog (Kenny Sultan)/ Jailhouse Rock (Eltjo Haselhoff)/ Kansas City (Mark Hanson)/ Love Me (Elliot Easton)/ Love Potion Number 9 (Al Petteway)/ On Broadway (David Cullen)/ Poison Ivy (Laurence Juber)/ Ruby Baby (Wayne Johnson)/ Searchin' (Alex de Grassi)/ Stand by Me (Nick Charles)/ Yakety Yak (Doug Smith & Mark Hanson)/ ■ベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」やエルヴィス・プレスリーの「ハウンド・ドッグ」などで知られる大ヒット曲を世に出したソングライター・コンビ、リーバー&ストーラーの作品を上記のフィンガースタイル・ギタリスト達がソロ・ギター演奏したカヴァー・アルバム『EVERYBODY'S PICKIN' ON LEIBER & STOLLER』のギター・タブ譜がコレ。アルバムの内容は、下記の通り。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


●Various Artists / EVERYBODY'S PICKIN' ON LEIBER & STOLLER [CD]    CD-2100 \2480(会員\2380)

 feat. Laurence Juber, Alex de Grassi, Doug Smith, Eltjo Haselhoff, Al Petteway, Kenny Sultan, David Cullen, Mike Dowling, Arlen Roth, and others; All 15 tracks: Stand By Me [Nick Charles]/ Kansas City [Mark Hanson]/ Charlie Brown [Arlen Roth]/ Fools Fall In Love [Doug Smith]/ On Broadway [David Cullen]/ Love Me [Elliot Easton]/ Poison Ivy [Laurence Juber]/ D. W. Washburn [Mike Dowling]/ Bossa Nova Baby [Greg Hawkes]/ Searchin' [Alex de Grassi]/ Jailhouse Rock [Eltjo Haselhoff]/ Love Potion No. 9 [Al Petteway]/ Ruby Baby [Wayne Johnson]/ Hound Dog [Kenny Sultan]/ Yakety Yak [Doug Smith & Mark Hanson]/ ■ロウレンス・ジュバーやダグ・スミス、アル・ペタウェイやマーク・ハンスン等、フィンガースタイル・ギタリスト達が各々のアレンジによるソロ・ギター演奏を収録したヘンリー・マンシーニ作品集『PINK GUITAR: HENRY MANCINI』('04) は、2005年度「POPS INSTRUMENTAL ALBUM OF THE YEAR」部門でグラミー賞を獲得した。それをきっかけに、その後も有名作曲家の作品集が、同様の顔ぶれによってレコーディングされ、アルバムとして発表されてきた。コール・ポーター作品集『COLE PORTER: DELOVELY GUITAR』(07年)、ディズニーアニメや映画のテーマ・ソングで有名なリチャードとロバートのシャーマン兄弟の作品集『POPPIN' GUITARS』(09年)などである。そのシリーズの最新作、リーバー&ストーラー作品集がコレ。ジェリー・リーバーとマイク・ストーラーは、彼等が10代だった1950年代後半からヒット曲を生み出したソングライター・コンビだ。そんな彼等のお馴染みの作品15曲が、フィンガースタイル・ギターにアレンジされて収められている。ベン・E・キングのヒット曲でジョン・レノンがカヴァーしたことでも有名な「Stand By Me」、ウィルバート・ハリスンがヒットさせ、ビートルズがカヴァーしたヴァージョンも有名な「Kansas City」、ドリフターズのヒット曲でジョージ・ベンスンがカヴァーしたヴァージョンもヒットした「On Broadway」、コースターズやモンキーズのヒット曲「D.W.Washburn」、クローヴァーズやサーチャーズのヒット「Love Potion No. 9 [邦題: 恋の特効薬]」、エルヴィス・プレスリーのヒット曲「Hound Dog」等々、全15曲収録。
※買い物カゴでのオーダーはコチラ


●Various Artists / FINGERSTYLE GUITAR NEW DIMENTIONS & EXPLORATIONS   \2480(会員\2380) 

●Various Artists / FURTHER BEYOND SIX STRINGS: KILLER FINGERSTYLE HARP GUITAR INSTRUMENTALS('11) \2480(会員\2380)
 feat. Don Alder, James Kline, Andy Wahlberg, Brad Hoyt, Joachim Csaiki, Hirokatsu Takai, Gregg Miner and others; All 13 tracks: Blue Shift Principle [Don Alder]/ Tipping Point [Stephen Bennett]/ The Friends I Finally Met [Gregg Miner with Michael Manring]/ Prayer for You [Hirokatsu Takai]/ The Alchemist's Dance [James Kline with Bardou]/ Slumgullion [Andy Wahlberg]/ Paroxysm [Antoine Dufour]/ Ricochet [Brad Hoyt]/ A Baker's Dozen [Muriel Anderson with Danny Gottlieb]/ Year of the Cicada [Dave Powell]/ Fear [Joachim Caiskl]/ Athenaeum [Philippe Fouquet]/ Total Eclipse [E. T. with M. B. Gordy]/ ■マイケル・ヘッジスが名曲「Because It's There」などで使用したことで広く知られるようになったハープ・ギター。ヘッジス亡きあとは、スティーヴン・ベネットやアンディ・マッキー、最近ではダン・ラヴォイ、アントゥワン・デュフールといったハープ・ギターに魅せられた優れたフィンガースタイル・ギタリスト達によって確実に次世代のアコースティック・ギター・ファンにもその魅力が伝えられてきているように思う。そんなハープ・ギターを愛する有名&無名のギタリスト達による演奏を集めたオムニバス・アルバムが本作である。発売元は、その名もHarp Guitar Music。既に同レーベルからは『BEYOND SIX STRINGS』と『』という同様のオムニバス盤がリリースされており、これはシリーズ第3弾。大勢のハープギタリスト達が一堂に介するイヴェントとして毎年秋に開催され、2012年には10回目を迎える「HGG [HARP GUITAR GATHERING]」でお馴染みの顔ぶれによる全13曲を収録。尚、本作には2004年の「フィンガーピッキング・デイ」決勝大会で最優秀賞 (チャンピオン)を獲得した高井宏勝さんによる演奏「Prayer for You」が含まれていることも話題となっている。

●Various Artists / GUITAR FINGERSTYLE: A NARADA COLLECTION('96)   \2800(会員\2700) 

●Various Artists / GUITAR HARVEST [2枚組CD]            2CD-2042 \3600(会員\3500)

 feat. Pierre Bensusan, Alex De Grassi, Laurence Juber, Ralph Towner, Arlen Roth, Tony McManus, Frank Vignola, David Cullen, California Guitar Trio & Tony Levin, Russell Donnellon, Bill Frisell & Dale Brunning, Joel Harrison, Richard Leo Johnson, Henry Kaiser & Michael Manring, Gary Lucas, Newman & Oltman Guitar Duo, David Patterson, Vernon Reid, David Russell, Andy Summers, Benjamin Verdery; ■ニューヨーク市の学校に通う子供達への奨学金の為に27人のトップ・ギタリスト達が立ち上がり、完成したスペシャル・アルバム。2枚組CDである本作『GUITAR HARVEST』に収録されているのは、いずれのトラックも彼等の未発表の演奏。ピエール・ベンスーザン、アレックス・デ・グラッシ、ロウレンス・ジュバー、ラルフ・タウナー、アーレン・ロス、トニー・マクメイナス、フランク・ヴィグノーラ、デヴィッド・カレン、カリフォルニア・ギター・トリオなど、豪華なアーティスト達が顔を揃えており、アコースティック・フィンガースタイル・ギター・ファンにも喜んで頂けると思う。


*DISC 1: Alex De Grassi: Angel(written by Jimi Hendrix); Ralph Towner: Sarabande for Two Guitars; Benjamin Verdery: Prelude and Wedding Dance; Arlen Roth: Upstate Rag; Tony McManus: A Shepherd's Dream/Onga Bucharesti; Pierre Bensusan: Sui Sios fa mo Dhidean(Irish Slow Air); Newman & Oltman Guitar Duo: Cuba(from the Suite Espanola); Frank Vignola: Micro(Django Reinhardt); Bill Frisell & Dale Brunning: Seven Come Eleven(Charlie Christian); David Cullen: Go Ahead and Play; Laurence Juber: Catch!; David Russell: Sonata for Guitar, 3rd movement(Jorge Morel);

*DISC 2: California Guitar Trio & Tony Levin: Eve; Henry Kaiser & Michael Manring: It's About Those Times; Vernon Reid: Camille; Richard Leo Johnson: John Henry, main theme; David Patterson: White Summer/Black Mountainside(Jimmy Page); Gary Lucas: Dream of the Wild Horses;Andy Summers: Fables of Faubus(Charles Mingus); Joel Harrison: Black Muddy River(Jerry Garcia/Robert Hunter); Russell Donnellon: Amazing Grace; 


●Various Artists / GUITARIST COMPOSER SAMPLER('97)                   \2480(会員\2380) 

●Various Artists / GUITARISMA: 2('98)                   \2800(会員\2700) 

●Various Artists / GUITAR SAMPLER: VOL.2          CD-WD-1106 \2800(会員\2700)

●Various Artists / GUITAR SPEAKS                       \2800(会員\2700) 

●Various Artists / HARP GUITAR DREAMS('08)                      CD-005 \2480(会員\2380)
 
feat. Alex de Grassi, Muriel Anderson, Jeff Titus, Andy Wahlberg, Gregg Miner, John Doan, Andy McKee, Don Alder & others; All 13 tracks: Into the Ocean [Andy McKee: 1998 Ron Spillers Harp Guitar]/ If You Were Here [Tim Donahue: 1986 Tim Donahue Electric Harp Guitar]/ Reverie For Greensleeves [Alex de Grassi: 2006 Fred Carlson "New Dream" 39-string Harp-Sympitar]/ View From Space [Muriel Anderson: 2003 Mike Doolin Harp Requinto]/ Brandywyn [Andy Wahlberg: 2007 Merrill Harp Guitar]/ Dulcitar Dream [Tom Shinness: 1913 Gibson Harp Guitar]/ A Single Moment [Don Alder: 2006 Duane Noble Harp Guitar]/ Mahjabeen [Jeff Titus: 2002 Fred Carlson "Oracle" 24-string Harp-Sympitar]/ Bridge of Verdant Mist [Gregg Miner: c.1912 Knutsen "Zither Harp Guitar"]/ Jubal's Tomb [Carter Lancaster: c.1914 Dyer Harp Guitar]/ Long Distance Call [Dan LaVoie: 2002 Ron Spillers Harp Guitar]/ When We Were Kings [Pete Bradshaw: 2007 Merrill Harp Guitar]/ Harp Guitar Dreams [John Doan: 1986 Sullivan-Elliott 20-string Concert Harp Guitar]/ ■マイケル・ヘッジスが名曲「Because It's There」などで使用したことで広く知られるようになったハープ・ギター。ヘッジス亡きあとは、スティーヴン・ベネットやアンディ・マッキー、最近ではダン・ラヴォイ、アントゥワン・デュフールといったハープ・ギターに魅せられた優れたフィンガースタイル・ギタリスト達によって確実に次世代のアコースティック・ギター・ファンにもその魅力が伝えられてきているように思う。そんなハープ・ギターを愛する有名&無名のギタリスト達による演奏を集めたオムニバス・アルバムの第2弾が本作である。

●Various Artists / Have Fun! 吉聚一堂: 2011 INTERNATIONAL FINGERSTYLE GUITAR FESTIVAL ('11)        CD-1037.8 \2480(会員\2380)
 feat. Justin King [USA], Sungha Jung [Korea], Tomi Paldanius [Finland], Dan La Voie [USA], 小松原俊 [Japan], 下山亮平 [Japan], 谷本光 [Japan], Vitaly Makukin [Ukraine], Chris Liu [Taiwan], Paolo Sereno [Italy], Alex de Grassi [USA], Jacky Lau [Hong Kong], Gu Bing [China], Paolo Sereno [Italy], Vitaly Makukin [Ukraine], Don Alder [Canada ], Dan La Voie [USA]; ■2011年、上海で催された第2回IFSGF [International Finger-Style Guitar Festival]の記念に中国で発売された限定アルバム。同フェスに招かれた世界各国のギタリストたちの既発アルバムからのスタジオ録音を集めた好編集盤だ。アレッ・デ・グラッシ、ジャスティン・キング、ドン・アルダー、チョン・スンハ、ダン・ラヴォイ、ヴィタリー・マコーキン、日本からは小松原俊、下山亮平、谷本光など、全13名のソロ演奏13曲が収められている。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、こちらからどうぞ

●Various Artists / I GOT RHYTHM    \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: I Got Rhythm* [Ton Van Bergeyk; 3:35]/ Under The Moon [John James 2:39]/ Sophisticated Slide [Sam Mitchell 2:03]/ Medley For the Duke: Jubilee Stomp & Take It Easy* [Ton Van Bergeyk [3:25]/ Anno 1926* [Ton Van Bergeyk 1: 56]/ Somewhere Over The Rainbow [Dale Miller 2:33]/ Sugar* [Ton Van Bergeyk 3:04]/ The Cat And The Dog [Ton Van Bergeyk 3:03]/ (Who's That) Knocking At My Door [John James 3:09]/ Frog-I-More Rag* [Ton Van Bergeyk 1:43]/ Dirty Dozens [Sam Mitchell 2:00]/ Ain't Misbehaving [Dale Miller 2:24]/ Stumblin'* [Ton Van Bergeyk 2:28]/ Ballin' The Jack [John James 1:30]/ These Foolish Things [Dale Miller 2:16]/ ■1976年にリリースされたこの名盤が、遂にCD化。*印の付いた曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


◆Various Artists / IN THE SUNLIGHT: ACOUSTIC BREATH VOL.V('05)    CD-0506 \2625(会員も同価格)
 
produced by Morihiko Yasuda; mastered by Seigen Ono; All 14 tracks: あなたの歩いた道 [飯泉昌宏]/ A Pure Heart [中神高宏]/ アルマジロ [昌己μ]/ After Five Blues [高山千香夫&工藤美穂]/ 睡蓮 [湯浅佑一]/ 茜の子守唄 [川合ケン]/ 陽射しの中で [梅里光]/ ゼンノ・モンド(冬) [ノダゴロー&ナカジマヒロシ]/ Prussian Blue[岩橋信之]/ 楽天家になろう [安田守彦]/ あの大空へもう一度 [箕浦博之]/ ねがい[高山千香夫&工藤美穂]/ 小さな頃の思い出[東堤良仁]/ Suite for Two[ソニード・デル・アイレ]/ ■『アコースティック・ブレス』シリーズ、第5弾がリリースされ入荷。

●Various Artists / IRISH REELS, JIGS, AIRS & HORNPIPES       CD-97011 \2480(会員\2380) 

◆Various Artists / IRISH REELS, JIGS, HORNPIPES & AIRS      CD-126 \2480(会員\2380)

 feat. Davey Graham, Duck Baker, Herbie Nichols Dave Evans, Dan Ar Bras; All16 tracks: The Galtee Hunt* [Dave Evans]/ Medley: The West Wind* & The Blackbird* [Duck Baker]/ The Sunny Bank [Dan Ar Bras]/ Lagan Love [Davey Graham]/ Medley: Old Hag You Have Killed Me &The Hag With Money [Davey Graham]/ Hewlett* [Dave Evans]/ Irish Washerwoman* [Duck Baker]/ Leaving Brittany, Going To Ireland [ Dan Ar Bras]/ The March Of The King of Laois* [Duck Baker]/ Shebeg An Shemor* [Dave Evans]/ The Fishermanユs Lilt [Dan Ar Bras]/ Medley: Carrickfergus & The Water Is Wide [Davey Graham]/ Miss McLeod's Reel* [Duck Baker]/ The Donegal Pilgrim* [Dave Evans]/ Boys From Blue Hill [Dan Ar Bras]/ Mawgan Magan* [Dave Evans]/ ■*印の付いた曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


◆Various Artists / JOYOUS REUNION: ACOUSTIC BREATH VOL.4('03)            TROB-0305 \2625
(会員も同価格)

1. New Trad Boogie 池庄(池田 靖司・庄司 聡史)
2. 銀河高原ラグ 北村 昌陽
3. つめあと 高山 千香夫
4. Red Antelope 小川 倫生
5. 木苺の道 中島 裕志
6. Great Bad 昌己μ
7. Ozark Dream Larry Conger&堀内 規行
8. ラグタイム・ホーボー 浜田 隆史
9. 瑞穂伸びたる傍の君 安田 守彦
10. Wild Herb 昌己μ
11. 再会 箕浦 博之
12. Everyday Walkin’Rag 高山 千香夫
13. 中庭の風 梅里 光
14. 天空橋 池庄(池田 靖司・庄司 聡史
15. おやすみ 北村 昌陽
全15曲
プロデュース:安田 守彦
マスタリング:オノ・セイゲン
『アコースティック・ブレス』シリーズの第4弾。


●Various Artists / LA GUITARA: GENDER BENDING STRINGS('05)         \2800(会員\2700)
 
feat. Patty Larkin, Rory Block, Wu Man, Memphis Minnie, Sharon Isbin, Kaki King, Mimi Fox, Badi Assad, Muriel Anderson, Jennifer Batten, Elizabeth Cotten and others; ■パティ・ラーキンからカーキ・キング、メンフィス・ミニーからミューリエル・アンダースンまで、様々なジャンルや年代の女性ギタリストの演奏を集めた話題のアルバム。「LA GUITARA」と銘打ったコンサート・ツアーも行われているそうだ。

●Various Artists / MASTERS OF ACOUSTIC GUITAR('97)         \2800(会員\2700)

●Various Artists / MASTERS OF THE IRISH GUITARISTS('06)         \2800(会員\2700)

●Various Artists / MY FAVORITE MARTIN('08)     \2800(会員\2700)

 feat. Laurence Juber, Jim Earp, Kenny Sultan, Martin Carthy, Steve Howe, Peter Rowan, Pat Donohue, Norman & Nancy Blake, Steve Miller, Elliot Easton, Greg Hawkes, Roger McGuinn, Nancy Wilson, Tony Rice, Don McLean; All 16 tracks: Layla [Laurence Juber]/ Moondance [Jim Earp]/ West Coast Blues [Kenny Sultan]/ The Vandals of Hammerwich〜John Peterson's Mare [Martin Carthy]/ Ram [Steve Howe]/ After the Rain [Peter Rowan]/ Mountain Air [Pat Donohue]/ The Old Grey Mare Came Tearing Out of the Wilderness [Norman & Nancy Blake]/ Steve's Boogie for Lightnin' [Steve Miller]/ You Showed Me [Elliot Easton]/ Eleanor Rigby [Greg Hawkes]/ Singing in the Country [Roger McGuinn]/ Decatur Road [Nancy Wilson]/ Danny Boy [Tony Rice]/ Lovers Love the Spring [Don McLean]/ Slinky [Steve Miller]/ ■マーティン・ギターを愛し、同社からシグネチャー・モデルが発売されているアーティスト達によるオムニバス・アルバム。フィンガースタイル・ギタリストではロウレンス・ジュバー、ジム・アープ、ケニー・サルタン、マーティン・カーシー、パット・ドノフュー、ロック&ポップス界からはロジャー・マッギン、スティーヴ・ハウ(イエス)、スティーヴ・ミラー、エリオット・イーストン(元カーズ)、グレッグ・ホウクス(元カーズ)、ナンシー・ウィルスン(ハート)、ドン・マクリーン、ブルーグラス界からはトニー・ライス、ピーター・ローワン、ノーマン&ナンシー・ブレイク等が参加。アルバムのサブ・タイトル「Legendary Guitarists playing Legendary Guitars」と記されているように、ベテラン・アーティスト達がそれぞれの個性を遺憾なく発揮した16曲を収録。各アーティストが語ったマーティン・ギターへ思いもCDブックレットに掲載されており、興味深い。尚、グレッグ・ホウクスによる「Eleanor Rigby」の1トラックのみマーティン社のウクレレでの演奏。ドン・マクリーンによる「Lovers Love the Spring」のみヴォーカル作品、それ以外は全てインストゥルメンタル作品である。


●Various Artists / NEW STRINGS 1998 - DIE GEWINNER           \2480(会員\2380)
 feat. Thomas Leeb, Julian Skiba, Daniel Oman, Michio Woigardt, Trio van Os;

●Various Artists / NEW STRINGS 1999 - DIE GEWINNER           \2800(会員\2700) 品切れ中

◆Various Artists / Nostalgic Memories: Acoustic Breath VOL.6('06)     CD-0607 \2625(会員も同価格)
 produced by 安田 守彦; feat. 星 文昭 (Taylor PS-10), 昌己μ(ProMartin OY-50), Dan LaVoie(Ron Spillers Harp Guitar 2002), 末廣 純也(Martin OM-18 Custom), 池田 靖司(Lebeda 632-Break), 古舘 賢治(K YAIRI CE-1), 梅里 光(MORRIS S-121R), Antoine Payen(Claude Fouquet Big One 12 string 2005), 東堤 良仁(Albert & Muller special edition), 安田 守彦(Uchida 27 string Terz Harp Guitar), 昌己μ(Lowden D32c), Larry Conger(Magowan Mountain Dulcimer)&堀内 規行(Martin [18KITH] ギターキット自作), 北村 昌陽(Gibson J-45), 宮地 勲(MIYAJI GUITARS No.5), Sketch(TACOMA ECM-38C); All 14 tracks: マスターのつぶやき/ 猫の窓/ Long Distance Phone Call/ Alone by the Sea/ 南海くらげのゆらり旅/ 雪割草/ Fats Fingers / 遠雷の届く庭で/ あなたと二人の星月夜/ Scramble/ Full Circle/ ラグタイム・パレード/ alone/ オレンジ/ ■『アコースティック・ブレス』シリーズの第6弾が発売された。第1弾から参加しているギタリストから今回初めて参加したギタリストまで、フィンガースタイル・ギタリストを中心に全国のアコースティック音楽好きのミュージシャン各人のオリジナル作品を持ち寄られ制作されたアルバムだ。

●Various Artists / NOVELTY GUITAR INSTRUMENTALS    CD-134 \2480(会員\2380)

 feat. Ton Van Bergeyk, Dick Fegy, Lasse Johansson, Tim Nicolai, Bob Evans, Tony Marcus, David Laibman; All 16 tracks: Bowery Buck [Dick Fegy]/ Cataract Rag [Lasse Johansson & Claes Palmquist]/ Circus Time [Tim Nicolai]/ Sensation - A Rag [Bob Evans]/ T.N.T. [Ton Van Bergeyk]/ Junk Man Rag [Lasse Johansson]/ Colored Aristocracy [David Laibman]/ Bohemian Rag [Tony Marcus]/ By A Waterfall [Ton Van Bergeyk]/ Ragtime Nightingale [Lasse Johansson & Claes Palmquist]/ Dallas Rag [David Laibman]/ Plymouth House [Tim Nicolai]/ Fizz Water [Lasse Johansson]/ Harlem Rag [Bob Evans]/ Joe Rag [Jim McLennan]/ Boys, My Money's All Gone [David Laibman]/ ■キッキング・ミュールの再発シリーズの新譜。あのトン・ヴァン・バーゲイクやデイヴ・レイブマン等の作品を収録した1976年に発売された『NOVELTY GUITAR INSTRUMENTALS』がリイシュー。「Bohemian Rag」以外の全15曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。これは嬉しい。


●Various Artists / PINK GUITAR: HENRY MANCINI('04)        CD-2048 \2800(会員\2700)
 feat. Laurence Juber, Ed Gerhard, Pat Donohue, Doug Smith, David Cullen, Al Petteway, Mark Hanson, Mike Dowling, Aaron Stang, Wayne Johnson, William Coulter, Amrit Sond; All 13 tracks: Pink Panther Theme (Laurence Juber)/ Moon River (Ed Gerhard[from the movie "Breakfast at Tiffany's])/ Days of Wine and Roses (David Cullen)/ It's Easy to Say (Doug Smith[from the movie "10"])/ Peter Gunn (Pat Donohue)/ The Thornbirds Theme (Al Petteway)/ The Sweetheart Tree (Mark Hanson[from the movie "The Great Race"])/ What's Happening (Mike Dowling)/ Charade (Aaron Stang)/ Dear Heart (Wayne Johnson)/ Baby Elephant Walk (William Coulter[from the movie "Hatari"])/ Two for the Road (Amrit Sond)/ CD BONUS TRACK[not in the book]: A Shot In the Dark (Mark Hanson & Doug Smith duet)/ ■ヘンリー・マンシーニの生誕80年で没後10年(そして大ヒット・コメディ映画『ピンク・パンサー』制作40周年)に当たるのを記念し、2004年に発表された企画物アルバム。ロウレンス・ジュバー、エド・ガーハード、パット・ドノフュー、アル・ペタウェイ等が、「ムーン・リヴァー」「酒とバラの日々」「シャレード」など、ヘンリー・マンシーニの大ヒット曲や代表曲をフィンガースタイル・ギター作品としてアレンジしたアルバムがコレ。既にご存じの方も多いと思うが、本作は2005年度のグラミー賞「POPS INSTRUMENTAL ALBUM OF THE YEAR」を受賞した。尚、インストラクションCD付きタブ譜(3600円)も発売されている。

コレは楽しい。スゴ腕ギタリスト達がディズニー・アニメの主題歌などをカヴァーしたアルバム発売中!!
●Various Artists / POPPIN' GUITARS('09)          CD-2086 \2800(会員\2700)

 feat. Tommy Emmanuel, Laurence Juber, Doug Smith, Pat Donohue, Mike Dowling, Al Petteway, Kenny Sultan, Greg Hawkes, Mark Hanson, Jim Tozier, Eltjo Haselhoff, Elliot Easton, Nick Charles, Tim Pacheco, Mark Hanson & Doug Smith [duet]; All 15 tracks: Winnie the Pooh [Tommy Emmanuel]/ A Spoonful of Sugar [Laurence Juber]/ Hushabye Mountain [Al Petteway]/ There's a Great Big Beautiful Tomorrow [Kenny Sultan]/ You're Sixteen [Greg Hawkes]/ Feed The Birds (Tuppence A Bag) [Doug Smith]/ Chitty Chitty Bang Bang [Mark Hanson]/ Let's Get Together [Pat Donohue]/ The Slipper and The Rose Waltz [Jim Tozier]/ Supercalifragilisticexpialidocious [Eltjo Haselhoff]/The Age of Not Believing [Elliot Easton]/ I Wan'na Be Like You [Mike Dowling]/ Chim Chim Cher-ee [Nick Charles]/ Stay Awake [Tim Pacheco]/ It's a Small World [Mark Hanson & Doug Smith duet]/ ■ディズニーアニメや映画のテーマ・ソングや挿入歌を多く作曲した事で有名なリチャードとロバートのシャーマン兄弟は08年にアメリカ文化の至宝として「National Medal of Arts」の勲章を合衆国大統領よりホワイト・ハウスで授与された偉大な作曲家チームだ。別にそんな勲章ウンヌンの話でなくても、優れたメロディ・メイカーとして世に出した作品は、今もなお万人に愛されている。本作にもディズニーの「クマのプーさんのテーマ」や「チキ・チキ・バン・バン」やメリー・ポピンズの「チム・チム・チェリー」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」やリンゴ・スターもソロ・アルバムの中でカヴァーしたことのある「ユアー・シックスティーン」など、シャーマン兄弟が作曲したお馴染みのナンバーや何処かで聴いたことのあるメロディがズラリ。上記アーティストの顔ぶれをご覧になって、本作がヘンリー・マンシーニ作品集『HENRY MANCINI: PINK GUITAR』やコール・ポーター作品集『COLE PORTER: DELOVELY GUITAR』といった有名ソングライターのカヴァー集の続編だと気付いた貴方は、サスガである。今回はシリーズの既発アルバムに参加したギタリストに加えて、なんとトミー・エマニュエルも登場し、1曲目で「クマのプーさんのテーマ」のカヴァーをプレイ。トミーは娘さんが幼かった頃「ウィニー・ザ・プー、ウィニー・ザ・プー」と一緒に歌ったこともあったそうで、ギャロッピング・スタイルからハーモニックス、後半は多重録音で切れ味するどいソロ・プレイまで披露するといった楽しくも凝ったアレンジで彼の存在感を発揮している。その他にもロウレンス・ジュバーやダグ・スミスやパット・ドノフュー等をはじめ、14人のミュージシャンがそれぞれの持ち味を活かしたアレンジと演奏を繰り広げている全15曲収録。お薦めアルバム。 


●Various Artists / PORTRAIT OF STRINGS: SOLO GUITAR('99)    CD-AGTM-2 \2800(会員\2700)

 feat. 黄家偉(Huang Chia-Wei), 方實明(Fang Paul), 洪瑞鴻(Hung Vincent), 方世威(Fang Shih-Wei), 處家宏(Lu Allen), 黄怡仁(Huang Yi-Ren), 陳經綸(Chen Jing-Luen), 呉進興(Wu Jing-Shing), 林慧哲 (Lin Huei-Je); All 12 tracks: String Master(time 4:48/チューニング/EBEEBE)/ Country Morning(3:37/DADGAD)/ Jingle Bells(EADGBE)/ Time Chaser(EADGBE)/ Dancing In The Prairie(3:25/DADGAD)/ Images of Childhood(4:52/DADF#AD)/ Far Away From Earth(4:03/FGCGCE)/ Memory(4:27/DGDGBD)/ Another Daybreak(3:37/EADGBE)/ Wish You Godspeed(2:48/EADGBE)/ Under The Shadow of Swords(1:09/EADGBE)/ Footstep On Leaves(4:07/DGDGBD); ■2001年11月の中川イサトさん初の台湾でのコンサート・ツアーをお世話した台湾アコースティック・ギター音楽シーンのオピニオン・リーダーである黄家偉(フアン・チア・ウェイ)さんとファン・ポール(方實明)のプロデュースによるアルバム。9人のギタリストによるソロ・ギター・インスト集である。全12曲中、カヴァー作品が2曲(「Jingle Bells」のクリスマス曲と「Wish You Godspeed」は何と梓みちよのヒット曲「二人でお酒を」をインストにアレンジしている)で他の10曲は各人のオリジナル作品。仕様されたギターもLowden S38、Larrivee 72C、Lakewood M54、Martin HD-28、Taylor 912Cと多種多彩だ。欧米のギター・ミュージックの影響が窺えるがオリエンタルなムードも味わえる一枚。是非アコギ・ファンの皆さんに味わって頂きたいと思う。別売りタブ譜『PORTRAIT OF STRINGS』も発売中。
黄家偉についてはこちらで紹介しています


●Various Artists / ROUGH GUIDE TO GYPSY MUSIC('09)     CD-1220 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Que Dolor [Fanfare Ciocarla feat. Kaloome]/ Guglo Kefava [Mostar Sevdah Reunion and Saban]/ Voz [Boban Markovic Orkstar feat. Marko Markovic]/ Ya-ya [Slavic Soul Party]/ Biav [Dela Dap]/ Del O Brishind [Bela Lakatos & the Gypsy Youth Project]/ I Wish [Stochelo Rosenberg]/ More, Love! 〜Money Mate! [Terne Chave]/ Rom Kaffe [Acquaragia Drom]/ Promesse [Tony Gatlif]/ Un Compromiso〜Toda Una Vida [on de la Frontera]/ Waltz from Masquerade [Taraf de Haidouks]/ Ma Rov [Fanfare Ciocarla feat. Ljiljana Butler]/ Barish [Musafir]/


●Various Artists / SOLO GUITAR('00)             CD-LS-2000-122 \2800(会員\2700)

 produced by Billy McLaughlin; recorded & edited by Billy McLaughlin; feat. Dan Schwartz, Benjamin Wooleman, & Justin Roth; All 10 tracks: Fatima's Waltz(3:33)/ A Months Of Sundays(5:50)/ Yalta(4:26)/ Moonlight Boy(4:52)/ Before The Frost(5:17)/ Sorrow Floats(4:02)/ Grass Grows Blue(3:58)/ Be True(6:24)/ Seven Sisters(6:10)/ See The World(6:24)/ ■話題のオムニバス盤。あのビリー・マクラフリンがプロデュース、録音&編集した2000年作である。ダン・シュウォルツ、ベンジャミン・ウールマン、ジャスティン・タブという3人のフィンガースタイル・ギタリスト達のオリジナル・インスト作品10曲を収録。ダン・シュウォルツ(既に発売中の2枚のソロ・アルバムはプー横丁のカタログでも紹介し、大好評!!)は4曲、ベンジャミン・ウールマンは2曲、ジャスティン・タブは4曲をプレイしているが、いずれの曲も本作の為に用意されたもので、例えば本作でダン・シュウォルツが演奏する4曲は、彼のソロ作には収録されていない。ジャスティン・タブの両手タッピングによるケルティック風の美しい曲「Fatima's Waltz」や、知る人ぞ知るダン・シュウォルツの名曲「Yalta」など、本作におさめられた作品は、いずれも穏やかで人の心を和ませてくれるような曲調のものが多く、彼等の研ぎ澄まされたセンス、洗練された繊細さを強く感じる。別ページで紹介した『AMERICAN FINGER-STYLE GUITAR circa 1999』でも述べた事だが、豊かな才能を持った新しいフィンガースタイル・ギタリストが次々と登場しつつある事を実感する、そんなアルバムだ。全面的にお薦めしたい。


◆Various Artists / SOME PEOPLE PALY GUITAR     CD-4015 \2500(会員\2400)

 feat. Rev. Gary Davis, Stefan Grossman, Woody Mann, Roy Book Binder, Larry Sandberg; All 12 tracks: Tell Me Baby [Stefan Grossman]/ Good Gal [Woody Mann]/ Old Devil [Woody Mann]/ Crosstown Blues [ Woody Mann]/ Bad Luck Blues [Roy Book Binder]/ Delta Swing [Larry Sandberg]/ I Got Mine [Roy Book Binder]/ Bye Bye Baby Blues [Roy Book Binder]/ Swingin' Blues [Rev. Gary Davis]/ Darktown Strutters Ball [Rev. Gary Davis]/ Who's Been Here [Woody Mann]/ Good Morning Little Schoolgirl [Stefan Grossman]/ ■ステファン・グロスマンが1970年代半ばにスタートさせたインディ・レーベル、キッキング・ミュール・レコードの名オムニバス・アルバムの1枚が遂にCD化。日本語解説付き。


◆Various Artists / Sound in The Wind: Acoustic Breath VOL.VII('07)           CD-0709 \2625(会員も同じ価格)

 produced by 安田守彦; mastering by 小野 誠彦(Seigen Ono); feat. 山本泰生(Taylor 812C), Antoine Payen(Claude Fouquet Big One 12 string 2005), 梅里光(Yamaha LL66 Custom), 中島裕志(Pete Daigle/A Different Drummer Cascade), 宮地 勲(The Fields FC-MPL), 杉浦 浩二(Cozzy guitar craft "HOKULANI"), 昌己μ(Lowden D32c), 安田守彦(Uchida 27 string Terz Harp Guitar), 上原真吾(Takamine 500 series custom), ノダゴロー&ナカジマヒロシ(Kosaka Baritone 12 strings,Pete Daigle / A Different Drummer Cascade), Mawari(Martin 000-21); All 14 tracks: 初夏の想い/ Bookshop Woman Rag/ 桜舞/ 羅漢さん風の中(Dear G & M)/ T-rex/ itsumo issho/ 宝島/ 穏やかなる風の如く、そぼふる雨の如く/ グリーンランド/ 詩人の悲しみ/ 泪(Namida)/ French Man In Veradale/ 山/ volatile - ノダゴローに捧ぐ -/ ■「Acoustic Breath」シリーズの第7弾となるニュー・アルバムが完成、リリースされた。


●Various Artists / SOUNDS OF WOOD & STEEL: A WINDHAM HILL COLLECTION('98) \2480(会員\2380)

●Various Artists / THE BLARNEY PILGRIM: CELTIC FINGERSTYLE GUITAR VOL.2('98) \2480(会員\2380)

●Various Artists / THE ENTERTAINER: The Classic Rags of Scott Joplin    \2480(会員\2380)

●Various Artists / THE INTERNATIONAL GUITAR FESTIVAL('94) \2800(会員\2700)

●Various Artists / THE VINTAGE GUITARS: THE HOT CLUB RECORDS VINTAGE GUITARS SERIES('92)
      ノルウェー盤 HCRCD-73 \2600(会員\2500)

大勢のギタリスト達が参加したスティーヴン・ベネットへのトリビュート・アルバムです!!
New ●Various Artists / THE WATER IS WIDE: Tribute to Stephen Bennett ≪送料無料≫ CD-013 \2800(会員\2700)
    
プロ・ミュージシャンとしてのぬ増え年を超えるキャリアを通して、特にハープギターとその音楽の普及と発展に寄与したスティーヴン・ベネット。彼の存在なくしてハープギターの一大イヴェント『Harp Guitar Gathering』も始まらなかった。大勢のハープギター奏者に加えて、長年の親友トミー・エマニュエルやプロデューサーであり、シンガー・ソングライターでもあるキム・パースンズも参加。日本からは、2004年の「FINGERPICKING DAY」で伍々慧くんと共に最優秀賞を獲得した高井宏勝さんも参加している。圧巻は15曲目の「The Water is Wide」でスティーヴンの99年のアルバム『NO NET』に収録の同曲に58人ものギタリスト達が参加し、ハープギターの「wall of harp guitar sound」を実現していることだ。当のスティーヴンには全く内緒で本作は制作され、2012年の『Harp Guitar Gathering』でスティーヴン・ベネット夫妻をゲスト席に招き、感動的なアルバムお披露目がなされたという。感極まってスティーヴンが涙したのは言うまでもない。そんな大勢のスティーヴンとハープギター音楽への想いがつまったステキなアルバムである。
 ※この『THE WATER IS WIDE: Tribute to Stephen Bennett』のCDを買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラからどうぞ

●Various Artists / 醍醐 [Ti-Hu]('00)        CD-AGTM-3 \2600(会員\2500)

 feat. 方世威(Fang Shih-Wei), 黄家偉(Huang Chia-Wei), 柳的志, 陳經綸(Chen Jing-Luen), 紀明程, 洪瑞鴻(Hung Vincent), 蘇建榮; All 10 tracks: 名月寒江(チューニング/DAEGBE)/ 風起雲湧(EBEF#BE)/ 離思(DADF#BD)/ 江波舞影(DADF#BD)/ 暮鼓晨鐘(EADGBE)/ 山林歸逸(DGDGBE)/ 風華絶代 (DADGAD)/ 行雲送懐 (DADGAD)/ 燈影夜話 (EADGBE)/ 念奴嬌(DADGBE); ■2001年11月の中川イサトさん初の台湾でのコンサート・ツアーを、台北在住のフィンガースタイル・ギタリスト、黄家偉(フアン・チア・ウェイ)さんがお世話し、実現した事は熱心なイサト・ファンなら既にご存じと思う。フアンさんはギター・インストラクターであり、台湾でのアコースティック・ギター音楽シーンのオピニオン・リーダーでもある。 台南の大学生だった頃にアコースティック・ギター(それもフィンガースタイル・ギター)を練習し始め、今では彼の門下生のうちの何人かは既にプロとして活動しているという。で、本作は、そのフアン・チア・ウェイさんを含む計7人によるフィンガー・スタイル・ギタリスト達が自主制作したソロ・ギター集だ。これがメチャメチャ良い。初めて聴いた時に受けた感動は、本当に「ちょっとショック」でさえあった。収められた10曲は全て彼等のオリジナル作品。そのサウンドや演奏スタイルに各々のギタリストの個性や音楽的志向がはっきりと表れていて、しかも1曲1曲が素晴らしく、印象的な作品ばかりなのだ。その作品が持つメロディーは、まさに同じアジアに住む我々には理屈抜きで理解できる「優しく懐かしい調べ」だったりする。聴いていて鳥肌が立つような、そんな感じを久しぶりに味わった。例えば、イサトさんも気に入っているという「名月寒江」「江波舞影」「暮鼓晨鐘」、特に「江波舞影」は何の説明も無く聴けば(とても大ざっぱな表現である事を百も承知で言うと)「イサトさんの影響を受けたのではないか」と思えるほどである。そして、繰り返し聴くうちに、アコースティック・ギター音楽に対する彼等の熱い思いや真摯な気持ちも、この自主制作された手作りのCDを通じてジワジワと伝わってくるのだ。イサト氏の話によると今の台湾は「各大学の音楽クラブに部員が200人位いて、全員がフィンガースタイル・ギターを弾いている」といった状況だそうで、その台湾のギター・シーンの「ファン層の厚さ」が本作の7人の優れたギタリストを輩出したという事も大いに納得できるのである。アメリカやヨーロッパに較べれば「お隣り」といってよい台湾のフィンガースタイル・ギター音楽の芳醇な香りを1枚に収めた本作、アコギ・ファンなら聴き逃してはいけません。絶対のお薦め盤。別売りタブ譜『醍醐 [Ti-Hu]』も発売中。
■蛇足ながら....■ アルバム・タイトルはもとより、すべてのクレジットは中国語(漢字)で書かれている。プロデューサーは製作人、レコーディング・エンジニアは録音師、といった具合である。そんな中で、各曲のチューニングのところに「調弦」と記されてあるのを見つけて「一緒や!!」と思い、妙に嬉しくなった。と同時に、日本のギター・ファンはチューニングの事はチューニングと言い、調弦なんて言葉は使わなくなってるなぁと思った次第。又、セットになっているタブ譜の略号は英語で記載されているので何の問題も無いのだけれど、巻末にある略号説明のページには例えばL.H.Tap(Left Hand Tapping)は「左手獨立彈奏音符・右手不須彈奏」と書かれていて、見ていて興味が尽きない。


●Various Artists / WAG - WORLD ACOUSTIC GUITARS VOL.1('06)  \2800(会員\2700)
 feat. Billy McLaughlin, Alex De Grassi, Dominic Frasca, Peter Finger, Forastiere, Luis Salinas & Tomatito, Don Ross, Antonio Forcione, Franco Morone, Steffen Basho-Junghans, Sergio Altamura, Vicen Solsona, Beppe Gambetta & Glen Moore, Del Vezeau, Michele Ascolese, Mats Hedberg & Christer Haggner, Jordi Bonell & Dani Perez;

●Various Artists / WINDHAM HILL HOLIDAY GUITAR COLLECTION('06) \2800(会員\2700)

◆Various Artists / WOMEN'S GUITAR WORKSHOP('78/'08)   CD-108 \2480(会員\2380)

 feat. Gill Burns, Janet Smith, Margo Random, Wendy Grossman, Lynn Clayton; All 17 tracks: Medley: Off She Goes〜Lily Boleiro/ Kemp's Gigue/ Little Creature/ Roxborough Castle/ Green, Green Rocky Road/ Lord And Lady Fitzwater/ Piano Mover's Rag/ Mosquito Song/ Give Me Your Hand/ Gillespie's Hornpipe/ Top Of The Hill/ Atholle Highlanders/ If I'd Have Known/ Cat And Mouse/ Rapid Pips/ Faries' Hornpipe/ Curried Sunflower Seeds/ ■1978年にキッキング・ミュール・レーベルからリリースされた5人の女性フィンガースタイル・ギタリストのオムニバス盤『WOMEN'S GUITAR WORKSHOP』が遂に初CD化。タブ譜もPDFファイルでディスクに収録。

 


◆Various Artists / WOMEN'S GUITAR WORKSHOP('78/'08)   CD-4002 \2500(会員\2400)
品切れ中

 feat. Gill Burns, Janet Smith, Margo Random, Wendy Grossman, Lynn Clayton; All 17 tracks: Medley: Off She Goes〜Lily Boleiro/ Kemp's Gigue/ Little Creature/ Roxborough Castle/ Green, Green Rocky Road/ Lord And Lady Fitzwater/ Piano Mover's Rag/ Mosquito Song/ Give Me Your Hand/ Gillespie's Hornpipe/ Top Of The Hill/ Atholle Highlanders/ If I'd Have Known/ Cat And Mouse/ Rapid Pips/ Faries' Hornpipe/ Curried Sunflower Seeds/ ■1978年にキッキング・ミュール・レーベルからリリースされた5人の女性フィンガースタイル・ギタリストのオムニバス盤『WOMEN'S GUITAR WORKSHOP』が遂に初CD化。タブ譜もPDFファイルでディスクに収録。日本語解説付き。

 


◆Various Artists / WORLD OF FINGERSTYLE JAZZ GUITAR   CD-4010 \2500(会員\2400)
 
日本語解説付き。

●VICKI GENFAN / LIVE    CD-1306 \2800(会員\2700)

●VICKI GENFAN & FRIENDS / UNCOVERED('07)    CD-1402 \2800(会員\2700)

●VITALY MAKUKIN / 魔指: MAGIC FINGER        CD-1035.8 \2480(会員\2380)
 2011年に上海で開催された第2回IFSGF [International Finger-Style Guitar Festival]に出演し、話題となったウクライナ出身の超絶ギタリスト、ヴィタリー・マクーキンのアルバム。バッキング(左手)、ソロ(右手タッピング)と完全に独立したスタンリー・ジョーダンばりの両手タッピングが素晴らしく、本作では「ラ・クンパルシータ」「キャラヴァン」「テイク・ファイヴ」「黒いオルフェ」などのスタンダード作品を中心に収録。アルバム・タイトルに『魔指』と漢字でも記載されているのは、これが中国でリリースされたからで、日本盤ではなく輸入盤である。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、こちらからどうぞ

●WALTER LUPI / SHORTS  \2800(会員\2700)
 イタリア出身のウォルター・ルピ。マイケル・ヘッジス・フォロアーの1人だ。

●WAYNE JOHNSON / ONE GUITAR  CD-2040 \2800(会員\2700)

 


◆WILL ACKERMAN / BEST OF WILL ACKERMAN: RETROSPECTIVE('93/'05)  \1890(会員も同じ価格) 品切れ中
 
All 15 tracks: The Bricklayer's Beautiful Daughter/ Processional/ Ventana/ Santos And The Well-Traveled Bear/ Slow Motion Roast Beef Restaurant Seduction/ Visiting/ Anne's Song/ The Impending Death Of The Virgin Spirit/ Climbing In Geometry/ The Opening Of Doors/ Brother A Teaches/ Seattle / Lago De Montanas[Mountain Lake]/ Hawk Circle/ Region Of Clouds/ ■ウィル・アッカーマンのベスト盤。93年に9作目のアルバムとして発表された本作は、それまでの8枚のアルバムから選曲された全15曲が収録されている。これは解説書付きの国内盤。邦題は『ベスト・オブ・ウィル・アッカーマン〜ウィンダム・ヒル回顧録』。

●WILL ACKERMAN / CHILDHOOD AND MEMORY   \2800(会員\2700) 品切れ中

●WILL ACKERMAN / HEARING VOICES   \2800(会員\2700) 品切れ中

●WILL ACKERMAN / IMAGINARY ROADS('88)   \2480(会員\2380)

●WILL ACKERMAN / IN SEARCH OF THE TURTLE'S NAVEL   \2800(会員\2700) 品切れ中

●WILL ACKERMAN / IT TAKES A YEAR   \2800(会員\2700) 品切れ中

●WILL ACKERMAN / PASSAGE   \2800(会員\2700) 品切れ中

●WILL ACKERMAN / PURE: WILL ACKERMAN   \2480(会員\2380)

●WILL ACKERMAN / RETURNING('04)   \2800(会員\2700)

●WILL ACKERMAN / SOUND OF WIND DRIVEN RAIN   \2800(会員\2700) 品切れ中

●WILL ACKERMAN / THE OPENING OF DOORS   \2800(会員\2700) 品切れ中

●WILLIAM COULTER & BENJAMIN VERDERY / SONG FOR OUR ANCESTORS CD-2024 \2800(会員\2700)


●WILLIAM COULTER & FRIENDS / CELTIC CROSSING \2800(会員\2700) 

●WILLIAM KANENGISER / ECHOES OF THE OLD WORLD('93)  GSP-1006CD \2480(会員\2380)

●WILLIAM KANENGISER / RONDO ALLA TURKA     GSP-1004CD \2480(会員\2380)

●WIND MACHINE / RAIN MAIDEN('89)      \2480(会員\2380) 

●WOODY MANN / STAIRWELL SERENADE('95) \2800(会員\2700)

●WOODY MANN - BOB BROZMAN / GET TOGETHER('99) \1800(会員\1700)

●WOODY MANN - JO ANN KELLY-SON HOUSE / BEEN HERE AND GONE('99) 輸入盤 \2480(会員\2380)

◆WOODY MANN - JO ANN KELLY-SON HOUSE / BEEN HERE AND GONE('99) 国内盤 \2940(会員も同価格)

●YURI NAUMOV / GUITAR STORIES('01)                CD-YN-03 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Sneaky Blues/ Swinging Cat/ Water/ Ping-Pong Blues/ October/ Night Pub/ Night on the Highwa/ To the Angel of St. Petersburg/ Breaking from the Chase/ December Night by the Fireplace/ New York, 5th Avenue/ April Night/ ■中川イサト氏のホームページで紹介され、話題となっているロシア出身(旧ソ連時代にアメリカに亡命し、その後ニューヨーク在住)のフィンガースタイル・ギタリスト。

 

日本人ギタリストはこちらで紹介しています。

 ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。

IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL.

 


[ギター新譜 CD][A・ギターお薦めCD ][A・ギター関係のCD在庫リスト ][ギター教則本][リック・ラスキン][アコースティック・ギター ビデオ][アコースティック・ギター DVD][日本人ギタリスト][中川イサト][住出勝則][小松原俊][黄家偉][MICHAEL HEDGES][岸部 眞明][押尾 コータロー][下山亮平][CHET ATKINS][TOMMY EMMANUEL][Acoustic Music Records][お薦めのギタリスト紹介][雑誌(フィンガースタイル・ギター誌)]

  

プー横丁のトップページへ