アコ−スティック・ギター関係CDリスト 2

ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。

前のページに戻る

アコースティック・ギター のメニュー画面へ戻る

F, H, J, L, M, P,  次のページへ(R〜) 

●FORASTIERE / FROM 1 TO 8 ('12)    CD-2011 \2480(会員\2380)
 All 10 tracks: Studio n.1/ Studio n.2/ Studio n.3/ Studio n.4/ Studio n.5/ Studio n.6/ Studio n.7/ Studio n.8, I movimento/ Studio n.8, II movimento/ Studio n.8, III movimento/ ■イタリアのフィンガースタイル・ギタリスト、フォライティエーレのニュー・アルバムが入荷。

●FORASTIERE / CIRCOLARE('05)          CD-FO2007 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: In. Out.(2:32)/ Intro(1:47)/ Circolare(4:48)/ Lo Gnomo(2:39)/ Nordamerica(3:25)/ Dominic [To Dominic Frasca](7:01)/ Ripresa(3:17)/ Full(1:58)/ Scirocco(1:14)/ Marecorrente(3:11)/ Rifrazioni(5:39)/ Moresco(2:05)/ ■ヘッジス・フォロワーとして有名なイタリア人フィンガースタイル・ギタリスト、フォラスティエーレのが05年に発表したアルバム。


●FORASTIERE / LIVE [DVD/CDの2枚組]('09)          CD/DVD-FO2009 \3000(会員\2900)

  All 15 tracks: Rag Tap Boom [3:21]/ Nordamerica [3:22]/ November [3:34]/ Wild Parking [4:48]/ Carta di fiori [3:16]/ Seagull B [3:41]/ Fase 1 [3:26]/ L'uomo vuoto [3:15]/ Fase 2 [3:38]/ Danza forastiera [3:03]/ For You [4:13]/ Hidden 7 [3:26]/ Ripresa [3:32]/ Dominic [6:41]/ Cammino [4:06]/ ■本名ピノ・フォラスティエーレ。イタリア語で“異邦人・見知らぬ人”という意味の苗字“フォラスティエーレ”を芸名にするイタリア人フィンガースタイル・ギタリスト。ヘッジス・フォロワーとしても有名な彼のニュー・アルバムは、ライヴDVDとライヴCDの2枚組。


●FORASTIERE / WHY NOT('08)   CD-FO2008 \2480(会員\2380)

 ヘッジス・フォロワーとして有名なイタリア人フィンガースタイル・ギタリスト、フォラスティエーレのが08年に発表したアルバム。アルバム・タイトル曲「Why Not」のみライヴ・レコーディングで、彼とオーケストラとの共演が実現したことも話題となっている。彼のタッピング・スタイルに寄り添うように演奏される壮大なオーケストラ・サウンドは、まさに圧巻である。


●FRANCIS DOUGHTY / UNDER THE SKY('01)     \2800(会員\2700)

 All 13 Tracks: Pearl-Streaked Morning(2:04)/ First Impressions(4:15)/ Verendrye(2:52)/ Blue Darter(4:29)/ Sheebeg Sheemore(3:14)/ (We're)Getting Closer(3:04)/ Mole's Moan(3:27)/ Elusive Cranberries(3:16)/ Busted Bicycle(2:52)/ Steve's Pain(3:25)/ Star Spangles on the Pond(5:00)/ Embers(1:39)/ As Clouds Dance with the Moon(3:38); ■フランシス・ダウティが2001年に発表したアルバム。本作には、12弦ギターによる有名トラッド曲「Sheebeg Sheemore」やリオ・コッキ(Leo Kottke)作の「Busted Bicycle」、それにジェフ・マルダーが60年代に作曲した「Mole's Moan」等、他のアーティストの作品も収録。『UNDER THE SKY(大空のもとで)』というアルバム・タイトルが示す通り、本作も大自然の香りを感じさせるオリジナル作品も10曲も素晴らしいの一語。ゆったりと彼のギター・ミュージックに身を任せてのんびり聴くのも良し、シビアに耳を傾けてジックリと聴き込むも良しである。


●FRANCOIS SCIORTINO / FRENCH GUITAR('10)     \2800(会員\2700)

FRANCO MORONE / BACK TO MY BEST (')     \2800(会員\2700)

FRANCO MORONE / GUITAREA('94)     \2800(会員\2700)

FRANCO MORONE / ITALIAN FINGERSTYLE GUITAR: POPULAR SONGS AND TRADITIONAL DANCES('05/'06)  \2800(会員\2700)

FRANCO MORONE / MELODIES OF MEMORIES('98)     \2800(会員\2700)

FRANCO MORONE / RUNNING HOME: ACOUSTIC GUITAR SOLOS('01)     \2800(会員\2700)

FRANCO MORONE / THE FIRST COLLECTION('90/'04)     \2800(会員\2700)

FRANCO MORONE / THE ROAD TO LISDOONVARNA('07)   \2800(会員\2700)

FRANCO MORONE / THE SOUTH WIND('97)  \2800(会員\2700) 品切れ中

●FRANK VIGNOLA / 100 YEARS OF DJANGO ('10)            \2800(会員\2700)

●FRANK VIGNOLA / BLUES FOR A GYPSY('01)      \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 16 tracks: Donna Lee/ Blues for a Gypsy/ Tears/ Cryin'/ Gypsy Bach/ By the Fire/ Laura/ Fishing with Django/ Angel Eyes/ Limehouse Blues/ Misty/ Gypsy Dreams/ Please/ I Surrender Dear/ Train Ride/ Manoir de mes Reves/


●FRANK VIGNOLA / MELODY MAGIC ('13)  CD-72248 \2480(会員\2380)

●FRANK VIGNOLA / VIGNOLA PLAYS GERSHWIN('07)   CD-10122 \2480(会員\2380)

 with Tom Kennedy(bass), Corey Christiansen(rhythm guitar), Joe Ascione(drums); Joe Ascione on drums, Tom Kennedy on bass, and Corey Christiansen on All 14 tracks: But Not For Me (3:53)/?Embraceable You (4:11)/?Facinating Rhythm (4:13)/?How Long Has This Been Going On (3:06)/?I Got Rhythm (5:38)/?Lady Be Good (4:51)/?Nice Work If You Can Get It (3:21)/?Our Love Is Here To Stay (2:53)/?S' Wonderful (2:25)/?Somebody Loves Me (3:18)/?Strike Up The Band (4:39)/?Summertime (5:03)/?The Man I Love (5:53)/?They Can't Take That Away From Me (3:35)/ ■フランク・ヴィニョーラのジョージ・ガーシュウィン作品集。


●FRANK VIGNOLA & DAVID GRISMAN / FRANK'N' DAWG: MELODY MONSTERS \2800(会員\2700)
 All 14 tracks: Till There Was You(2:55) Hello Young Lovers(4:13)/ Wouldn't It Be Lovely?(3:04)/ Stardust(4:01)/ April Showers(3:44)/ Margie(3:52)/ Where Or When(3:24)/ Flamingo(4:09)/ As Time Goes By(3:07)/ We Kiss In A Shadow(2:54)/ For All We Know(3:14)/ Georgia(3:57)/ These Foolish Things(3:12)/ Someday My Prince Will Come(2:19)/ ■フランク・ヴィニョーラとデヴィッド・グリスマンの初デュエットアルバム。フランクはDGQのライヴ・アルバム『AT JAZZ ALLEY』でも聴けるようにDGQのメンバー(guitar)として活躍するほか、自らのグループを率いてソロ活動もしているギタリストだ。現在46歳。20代からジャズ・レーベルCONCORDからソロ・アルバムを発表しており、その才能に惚れ込んだグリスマンは自身のレーベル、アコースティック・ディスクから2001年にフランクのソロ・アルバム『BLUES FOR A GYSPY』をリリースしている。また2010年にはトミー・エマニュエルとのデュエット作『JUST BETWEEN FRETS』を発表。同アルバムではトミーと共にフランクによる「ジャンゴ・ラインハルトへの深い想い」を感じさせるプレイが印象的だった。
 さて、本作だが、収録曲はいずれもお馴染みのスタンダード作品。1曲目からビートルズがカヴァーしたことでも知られるミュージカル主題歌「Till There Was You」の軽やかなデュエットが流れてきて思わず嬉しくなってしまう。「Stardust」と「Georgia [on My Mind]」のホーギー・カーマイケル作品をはじめ、映画『カサブランカ』の挿入曲「As Time Goes By」、ディズニーのアニメ映画『白雪姫』の挿入歌、というより既にジャズ・スタンダード曲として有名な「Someday My Prince Will Come [邦題: いつか王子様が]」、コメディ映画『LOVERS AND OTHER STRANGERS』の挿入歌でカーペンターズのカヴァーでも有名な「For All We Know」、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の挿入歌「Wouldn't It be Lovely?」、ミュージカル『王様と私』の挿入歌「Hello Young Lovers」と「We Kiss In A Shadow」、ミュージカル『BABES IN ARMS』の挿入歌でディオン&ザ・ベルモンツやレターメンのカヴァーでも知られる「Where Or When」など全14曲。2人のコラボによるプレイ、そのアレンジの妙を堪能できる素晴らしいアルバムである。 
※買い物カゴでのオーダーは、コチラからどうぞ

●FRANK VIGNOLA & VINNY RANIOLO / AN EVENING WITH FRANK VIGNOLA & VINNY RANIOLO('12) 2400(会員\2300)

●FRANK VIGNOLA & VINNY RANIOLO / LET'S JAM! PLAY ALOMNG WITH FRANK & VINNY ('12) \2480(会員\2380)

●FRED McDOWELL / MISSISSIPPI DELTA BLUES      ARHCD-304 \2600(会員\2500) 品切れ中

●FRED McDOWELL / THE FIRST RECORDINGS('59/'97)     CD-1718 \2480(会員\2380)
 
未発表録音10トラックを含む59年のファースト・レコーディング。オリジナルの音源から20ビット・デジタルにリマスターされ、97年にCD化。

●FRIEDEMANN / AQUA MARINE('90)      \2480(会員\2380)

●FRIEDEMANN / INDIAN SUMMER      \2480(会員\2380)

●FRIEND 'N FELLOW / PURPLE ROSE('99)      CD-1442 \2600(会員\2500)
 タック&パティ風のギターとヴォーカルの男女デュオ。最近お問い合せをよく頂戴する。なので、このコーナーに掲載させて頂く。

注目の新人、ギャレス・ピアスンの本格的デビュー・アルバムが入荷!!
●GARETH PEARSON / URBAN ECHOES VOL.2('12)     CD-GP2012 \2480(会員\2380)
 All 10 tracks: Such Great Heights Gareth Pearson/ Cold Comfort/ Luna Moon/ Run SB Run/ Room 408/ Clockwork Party/ Jan the Man/ Trails of M&M's/ Kung Fu Staredown/ Skeletor's Wedding Day/ ■キーラン・マーフィーやジョー・ロビンスンに続く若手フィンガースタイル・ギタリストとして注目され、2010年に初のフル・アルバム『URBAN ECHOES VOL.1』をリリースして、一気にその名が世界中に知れわたったギャレス・ピアスンのニュー・アルバム。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●GARETH PEARSON / URBAN ECHOES VOL.1('10)         CD-GP2010 \2480(会員\2380)

 produced by Gareth Pearson; All 12 tracks: Blue Smoke/ Buddy Holly/ Chinese Whispers/ Everytime We Fall/ Thriller/ Little Rogue/ My Fragile Dancer/ Paranoid Android/ Time to Pretend/ Billie Jean/ Adrenaline Rush/ Beauty of Discipline/ ■キーラン・マーフィーやジョー・ロビンスンに続く若手フィンガースタイル・ギタリストが登場した。その名は、ギャレス・ピアスン。06年にミニ・アルバムを発表していたので、以前から噂にはなっていたイギリスは南ウェールズ出身のギタリストだ。チェット・アトキンスやトミー・エマニュエルに代表されるギャロッピング・スタイルのいわゆるカントリー・ギター系のギタリストとして04年頃から注目されていた。1曲目のマール・トラヴィス作品「Blue Smoke」における演奏の完璧さでギャレスが只ならぬテクニックとセンスを持っていることは誰にも容易に解る。初のフル・アルバムとなる本作では、ギャロッピング・スタイルから学んだことを基本としながらも、若い感性で様々なテクニックを吸収し、自らのギター・アレンジに活かし、カントリー・ギターの枠を軽々と越えて独自のスタイルを創造している。それの成果は、オリジナル作品の「Chinese Whispers」や「Everytime We Fall」「Paranoid Android」「Beauty of Discipline」に顕著で、中でも「Beauty of Discipline」はアルバムの最後を飾るに相応しい美しいメロディをもった作品だ。カヴァー作品5曲は、マイケル・ジャクスンの「スリラー」や「ビリー・ジーン」、それにレディオヘッドの「マイ・フラジャイル・ダンサー」、ウィーズラーの「バディ・ホリー」、MGMTの「Time to Pretend」で、若いアーティストならではの選曲が興味深い。特に「ビリー・ジーン」は、既にプー横丁のお客様には人気のアダム・ラファティの同曲と聴き比べるのも一興で、そのエンディングに「テイク・ファイヴ」の1フレーズを挿入するちょっとした遊び心も楽しい。才能あふれる若き新人が持てるモノ全てを注ぎ込んだ本作、是非お聴き頂きたい。
★ギャレス・ピアスンの本作『URBAN ECHOES VOL.1』ご注文は、メールでもお受けしておりますが、買い物かごによるオーダーご希望の方はコチラでどうぞ。


●[REV.] GARY DAVIS & PINK ANDERSON / GOSPEL, BLUES & STREET SONGS    \2480(会員\2380)

●[REV.] GARY DAVIS / THE GUITAR & BANJO OF REVEREND GARY DAVIS    \2480(会員\2380)

◆[REV.] GARY DAVIS / LIVE AT GERDE'S FOLK CITY [3枚組CD]     CD-4012 \3150(会員\3050)

 《Disc 1》12 tracks: You Got To Move/ Intro to Come Down And See Me Sometime/ Come Down And See Me Sometime/ Wouldn't Say Quit/ Oh Lord/ Announcing Guitar lessons/ People That Use to See, Can't See No More/ Thereユs Destruction In This Land/ Intro to Soon My Work Will Soon Be Over/ Soon My Work Will Soon Be Over/ Intro to Oh Glory, How Happy I Am/ Oh Glory, How Happy I Am/ 《Disc 2》11 tracks: I Want To Be Saved/ Just A Closer Walk With Thee/ Death Don't Have No Mercy/ Lord I Won't Go Back In Sin/ Candyman/ Buck Dance/ Samson & Delilah/ Working On The Building/ I'll Fly Away/ Sun Goinユ Down/ Fox Chase/ 《Disc 3》13 tracks: God's Gonna Separate/ Lord Search My Heart/ Jesus Met The Woman At The Well/ Say No To The Devil/ I Am A Pilgrim/ All Night Long/ Trying To Get To Heaven/ Thank You Jesus/ Twelve Sticks/ Intro to Tesse/ Tesse/ Lord They Tell Me/ Right Or Wrong/ ■ゲイリー・デイヴィスの1962年2月3日から10日までニューヨークはグリニッチ・ヴィレッジの有名ライヴ・バー、フォーク・シティに出演した際の演奏を当時16歳だったステファン・グロスマン少年が持参した録音機を使って記録した貴重な音源だ。日本語解説付き。


●GERALD ROSS / ROMANCE & ADVENTURE: SOLO GUITAR('00)    \2800(会員\2700)

●GREGG MINER & FRIENDS / GOOD DOGS, BAD DOGS, BEST FRIENDS('09)    \2800(会員\2700)

●GREG RUBY QUARTET / LOOK BOTH WAYS('10)    \2480(会員\2380)

●GEORGE WORTHMORE / THE RIDICULOUS & THE SUBLIMO: Acoustic Fingerstyle Guitar('08)  \2800(会員\2700)

●GORDON GILTRAP & MARTIN TAYLOR / GILTRAP & TAYLOR('91/'03)    \2800(会員\2700)

●GREG HAWKES / THE BEATLES UKE('08) [ウクレレのアルバムです]    \2800(会員\2700)

 All 15 tracks: 1 Penny Lane/ And I Love Her/ Strawberry Fields Forever/ Here Comes the Sun/ Eleanor Rigby/ Being for the Benefit of Mr Kite/ Fool on the Hill/ Yellow Submarine/ Piggies/ She's Leaving Home/ Honey Pie/ For You Blue/ Yesterday/ Blue Jay Way/ Goodnight/ ■元カーズのメンバー、グレッグ・ホウクスのソロ・アルバム。ウクレレによるビートルズ作品集のインスト・アルバム。でも、発売元がロウレンス・ジュバーやダグ・スミスのアルバムをリリースしているレーベルということもあり、アコギ・ファンの方からもお問い合せ頂いているので、このページでもアップさせて頂くことにした。先に発表されたオムニバス・アルバム『MY FAVORITE MARTIN』に収録されているグレッグの「Eleanor Rigby」でプレイを聴いても分かるように様々な種類のウクレレを多重録音し、ウクレレ・バンド的なサウンドになっているのが面白い。


●GUITAR REPUBLIC / GUITAR REPUBLIC('10)    CD-GP2010 \2480(会員\2380)

 All 9 tracks: GR Airportstop/ Funky Sex Republic/ Republic Avenue/ Radio Republic/ Ghetto Republic/ Luna Park Republic/ GR Station/ TCLD GR/ The Rite of the Republic/ ■イタリアのギタリスト三人衆、フォラスティエーレ、ステファーノ・バローン、セルジオ・アルタミラが結成したギター・トリオ、ギター・リパブリックのデビュー・アルバム。


●GUY VAN DUSER / AMERICAN FINGER STYLE GUITAR    \2800(会員\2700)
※このCDを買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラからどうぞ

●GUY VAN DUSER / LIVE FROM BOULEVARD MUSIC('03)     CD-014 \2800(会員\2700) 品切れ中

 All 15 tracks: Rockin' in Rhythm/ Black Beauty/ Old-Fashioned Love/ Avalon/ She's My Shirley/ Canadian Sunset〜 Soft Summer Breeze/ Semper Fidelis/ Snowy Morning Blues/ Slumber Dance/ Crocus Waltz/ Puppies/ Rotten Tomatoes/ Take Me Out to the Ball Game/ Great Western TV Medley/ Stars And Stripes Forever/ ■プー横丁界隈ではお馴染みのガイ・ヴァン・デューサー。彼が03年に発表したライヴ・アルバム。全編ガット・ギターによる演奏だが、スティール弦の演奏以外は余り聴かないとおっしゃるコアなアコースティック・ギター・ファンにも彼が支持されているのは、ひとえにその演奏の素晴らしさゆえだろう。ジャズのストライド・ピアノをフィンガースタイル・ギターにアレンジした独自の音楽性を「売り」にし、今やベテランとなった彼。そのプレイは、シンコペイトするベースにメロディ・ラインが溶け込み、聴いていて実に気持ちが良い。このライヴでもスタジオ・レコーディングと変わらぬダイナミックスと繊細さを備えた演奏で、貴方もKOされることウケアイ。終盤には「ローハイド」などTV西部劇のテーマ曲のメドレーを披露し、彼のユーモラスな面も窺える。最後は彼の名を一躍有名にした「星条旗よ永遠なれ」で幕を閉じる全15トラック、収録時間68分余りのコンサート・ライヴである。


●GUY VAN DUSER / STRIDE GUITAR('77/'05)      CD-3059 \2800(会員\2700) 品切れ中

自らのフィンガースタイル・ギターを「ストライド・ギター」と称し、1930年代から1940年代のストライド・ピアノのプレイをフィンガースタイル・ギターにアレンジしてきたガイ・ヴァン・デューサーの77年作。※「Rounder Archive Series」の1枚としてCD-R盤で限定発売されたもので、ライナーや写真はPDFデータで収められているのでPCでご覧下さい。


●GUY VAN DUSER & BILLY NOVICK / EVERY LITTLE MOMENT     \2800(会員\2700) 品切れ中

●GUY VAN DUSER & BILLY NOVICK / EXACTLY LIKE US     \2800(会員\2700) 品切れ中

●GUY VAN DUSER & BILLY NOVICK / GUY & BILLY     \2800(会員\2700) 品切れ中

●GUY VAN DUSER & BILLY NOVICK / LOVELY SUNDAY AFTERNOON   \2800(会員\2700) 品切れ中

●HAPPY TRAUM / AMERICAN STRANGER [CD+DVD]    \3000(会員\2900)

 All 11 tracks: The American Stranger/ The Eighth of January/ Buckets of Rain/ When I Was a Cowboy/ I Am a Pilgrim/ Doney Gal/ Golden Bird/ Sheebeg and Sheemore/ Dark Road Blues/ Delia's Gone/ I'll Fly Away/
 ■
ハッピー・トラウムが1977年に発表した2枚目のソロ・アルバム『AMERICAN STRANGER』のCDに、ハッピーの1981年のソロ・コンサートのDVDをセットにした2枚組。尚、CDにはPDFファイルでCDに収録された全11曲のタブ譜も収められている。


●HAPPY TRAUM / RELAX YOUR MIND   CD-110 \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: Relax Your Mind/ Gypsy Davey/ Worried Blues/ John Henry/ Peggy Gordon/ When First Unto This Country/ Poor Howard/ Fair and Tender Ladies/ Boat's Up the River/ Willie Moore/ Weave Room Blues/ ■ハッピー・トラウムが1975年に発表したファースト・ソロ・アルバム。全曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。これはアメリカ盤。


●HARRY TAUSSIG / FATE IS ONLY ONCE('06)    \2480(会員\2380)
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●HARRY TAUSSIG / FATE IS ONLY TWICE('12)    \2480(会員\2380)
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●HARVEY REID / ARTISTRY OF THE 6-STRING BANJO    \2480(会員\2380)

●HARVEY REID / BLUES & BRANCHES('09)    CD-121 \2800(会員\2700)

 All 16 tracks: The Pork Chop Slap/ Raleigh & Spencer/ Let Your Light Shine On Me/ One Kind Favor/ From Where I Stand/ Sly Damsel Serenade/ Fishing Pond Blues/ Fool Me Twice Blues/ St. James Infirmary/ Cryderville Jail/ The Year Clayton Delaney Died/ Walk Through A Graveyard/ The Train That Carried My Girl From Town/ Paddy's Green Shamrock Shore/ Try Mine/ Hollywood/ ■ハーヴィー・リード9年ぶりの09年に発表したアルバム。


●HARVEY REID / CIRCLES('93)    \2480(会員\2380)

●HARVEY REID / GUITAR VAYAGES('00)    \2480(会員\2380)

●HARVEY REID / OF WIND AND WATER    \2480(会員\2380)

●HARVEY REID / OVERVIEW    \2480(会員\2380)

●HARVEY REID / SOLO GUITAR SKETCHBOOK    \2480(会員\2380)

●HARVEY REID / STEEL DRIVIN' MAN    \2480(会員\2380)

●HARVEY REID / THE COMING OF WINTER    \2480(会員\2380)

●HARVEY REID / THE HEART OF THE MINSTREL ON CHRISTMAS DAY     \2480(会員\2380)

●HECTOR IVAN GARCIA / ECOS DEL ANDE    \2800(会員\2700)

●HIRSON / GOODMAN / HUMAN LIVES    \2480(会員\2380)

●HOT CLUB OF NAPTOWN / ALL SWINGS CONSIDERED('04) Django-style guitar   \2480(会員\2380)

●HOT TUNA / BURGERS     CD-2591-1-R \2800(会員\2700)

HUAN CHIA WEI [黄家偉: フアン・チア・ウェイー] / CIRCLE: 迴 [CD] ('07)      CDTB-1032.8 \2800(会員\2700)

HUAN CHIA WEI [黄家偉: フアン・チア・ウェイー] / JOURNEY: 旅 [CD] ('06) CDTB-1027.8 \2800(会員\2700)

 All 12 tracks: 出發/ 背影/ 籤/ 那一天/ 歴程/ 甜蜜-家郷/ 一個人的黒珈琲/ 騎單車的少年/ 上海-夜景-外灘/ 放/ 泛黄的相片/ 回程/ ■台湾のフィンガースタイル・ギタリスト、黄家偉(ファン・チアウェイ)が2006年に発表した最新アルバム。


●HUBERT KAPPEL / BACH KELLNER      \2480(会員\2380)

話題のイアン・イーサン・ケイスの2枚組アルバムが入荷!! 只今≪送料無料≫です!!
New ●IAN ETHAN CASE / RUN TOWARD THE MOUNTAINS [2枚組] ≪送料無料≫ CD-IEC2016 \3200(会員\3100)
 
※このCDを買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラからどうぞ

●IAN MELROSE / A SCOTTISH LEGACY('01)    CD-1249 \2800(会員\2700)

●J.McLAUGHLIN, A.DI MEOLA, P.DeLUCIA / FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO    \2480(会員\2380) 品切れ中

New JACQUES STOTZEM / TO RORY: Acoustic Tribute to Rory Gallagher ('15)    \2980(会員\2880)

JACQUES STOTZEM / ACOUSTIC SPIRIT: THE BEST OF JACQUES STOTZEM ('03)    \2480(会員\2380)

JACQUES STOTZEM / CATCH THE SPIRIT('09)    \2800(会員\2700)

 All 12 tracks: Fire [Jim Hendrix]/ After The Gold Rush [Neil Young]/ One [U2]/ Come Together [The Beatles]/ No Surprises [Radiohead]/ Moonchild [Rory Gallagher]/ The Shape Of My Heart {Sting]/ With Or Without You [U2]/ Voodoo Child (Slight Return) [Jimi Henrix]/ Heart Of Gold [Neil Young]/ Fields Of Gold [Sting]/ Purple Haze [Jimi Henrix]/ ■ジャック・ストッツェムのニュー・アルバムは、初のカバー集。ニール・ヤング、スティング、ビートルズ、U2、ロリー・ギャラガー、ジミ・ヘンドリックス等の有名曲をジャック風味にアレンジした全12曲。


JACQUES STOTZEM / CLEAR NIGHT('90)     \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM / CONNECTIONS('99)     \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM / IN CONCERT ('04)       CD-1310 \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM / FINGERPRINT ('97)     \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM / LONLY ROAD ('13)     \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM / SIMPLE PLEASURE ('07)    CD-1381 \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM / STRAIGHT ON ('93)     \2800(会員\2700) 

JACQUES STOTZEM / SUR VESDRE ('02)      \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM / TWO BRIDGES ('95)     \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM & ANDRE KLENES / COLOURS OF TURNER ('06)      CD-1362 \2800(会員\2700)

JACQUES STOTZEM & THIERRY CROMMEN / DIFFERENT WAYS ('97)     \2800(会員\2700)

●JAMES FILKINS / BORDERLINE NORMAL('07)     CD-07 \2800(会員\2700)

 All 14 tracks: Round Lake Leelanau [A biking tune]/ Front Porch Serenade/ Ambient Noise/ Borderline Normal/ Autrain River/ Early Morning Promises/ Tears for a Princess/ The Passing/ Oreo/ Possibilities/ Compatibility/ Ducks Float/ A Bleak December/ Holding Back the Dawn/ 


●JAMIE FINDLAY / AMIGOS DEL CORAZON('97)    \2480(会員\2380)

●JAN HENGMITH / FUSION FLAMENCA('93)     \2480(会員\2380)

●JAN REIMER / THE POINT OF NO RETURN    \2480(会員\2380) 品切れ中

●JEAN FELIX LALANNE AND YAN VAGH / VOICES SECRETES('01)    CD-1246 \2480(会員\2380)

●JEFF LINSKY / ANGEL'S SERENADE('94)        CD-CCD-4611 \2600(会員\2500)

●JEFF LINSKY / SOLO('92)      \2480(会員\2380)

●JEFF TITUS / WOOD DRAGON('07)    CD-101 \2480(会員\2380)

 with Michael Manring [fretless electric bass on "Just A Position"], Drew Youngs [Wechter Pathmaker Nylon on "Behind Your Eyes" and "The Glass" and Steinberger electric guitar on "A Day Adrift"], Gregg Miner [Traditional Guzheng on "Wood Dragon"], Pete Kelly [Snare Drum on "Padanaram"], Moonmita Ghosh [Vocal Intro on "Ashes"]; All 12 tracks: Wood Dragon/Open Michael/Ashes/Just A Position/Behind Your Eyes/The Glass/Chava's Song/Silent Return/Padanaram/Keep Me Wey Ting/Sunset, New Moon/A Day Adrift/ ■フィンガースタイル・ギターの世界にまた1人「逸材」が登場した。その名はジェフ・タイタス。彼もマイケル・ヘッジスから多大な影響を受けたギタリストだが、アルバム・タイトル作品の「Wood Dragon」での東洋風メロディや「A Day Adrift」でのトロピカルな雰囲気のものなど、そのオリジナル作品の味わいは多岐にわたっており、単なるヘッジス・フォロワーではないことをジェフ本人が強くアピールしているように感じる。とはいえ、テイラーの915CEL7モデル以外にマイケル・ヘッジスのアルバム名「オラクル」にちなんで特注された「カールスン・オラクル・24ストリング・ハープ・ギター」という名付けられたフレッド・カールスン製作のハープ・ギターをメイン・ギターとして使用していたり、「Open Michael」というオリジナル作品を書いていたり、ゲストとしてヘッジスと数多く共演したベース奏者マイケル・マンリングを招いたり、というように本作の随所にヘッジスに心酔している事実も窺えるのだ。極めつけはヘッジスがアルバム『TAPROOT』に収録した「Chava's Song」をカヴァーしていることで、同曲はヘッジスが多重録音によりハープギターと自ら弾く端正で印象的なピアノが絡む名曲だが、これをジェフはハープギターでピアノ・パートも同時に演奏するという凝ったアレンジを試みて、見事に成功している。ヘッジス・ファンなら、この曲におけるアレンジの妙を楽しんで頂けるだろう。まさに「目からウロコ」のニュー・アレンジである。ジェフ・タイタスのデビュー・アルバム、是非とも多くの方に聴いて頂きたいと思う。


●JERRY REED / WHEN YOU'RE HOT...: THE VERY BEST OF 1967-1983    \2480(会員\2380)

 All 28 track: Guitar Man/ U.S. Male/ Tupelo Mississippi Flash/ Remembering/ Alabama Wild Man/ There's Better Things in Life/ Are You from Dixie ('Cause I'm from Dixie Too]/ Talk About the Good Times/ Georgia Sunshine/ Amos Moses/ When You're Hot, You're Hot/ Ko-Ko Joe/ You Took All the Ramblin' out of Me/ Lord, Mr. Ford/ Crude Oil Blues/ Good Woman's Love/ Let's Sing Our Song/ Semolita/ East Bound and Down [From Smokey and the Bandit] / You Know What/ I Love You, What Can I Say/ Gimme Back My Blues/ Second Hand Satin Lady (And a Bargain Basement Boy)/ Sugar Foot Rag/ She Got the Goldmine [I Got the Shaft]/ Bird/ Down on the Corner/ Good Ole Boys/ ■ジェリー・リードの『WHEN YOU'RE HOT...』にボーナス・トラックを追加した全28曲収録(時間なんと78分余り)のお買い得盤がオーストラリアのみでリリース。ナンバー1ヒット「When You're Hot, You're Hot」をはじめ、彼がエルヴィスに捧げた「Tupelo Mississippi Flash」や1970年にポップ・チャートのトップ10入りを果たしたスワンプ・ロック風味の「Amos Moses」、82年のヒット「The Bird」、バート・レイノルズと共演した映画『Smokey and the Bandit』のサントラ盤からのヒット「East Bound and Down」等々、聴きものがズラリ。全面的にお薦めする。オーストラリア盤。


●JERRY REED / EAST BOUND AND DOWN ('92)       \2480(会員\2380)
 All 10 traclks: East Bound and Down/ Lightning Rod/ Bandit/ Bake/ Legend/ Framed/ You Took All the Ramblin' Out of Me/ Rainbow Ride/ Just to Satisfy You/ Don't Think Twice, It's All Right/

●JERRY REED / GUITAR MAN('96)    \2800(会員\2700)
 All 22 tracks: Guitar Man/ Folsom Prison Blues/ Devil Went Down to Georgia/ Down on the Corner/ Thing Called Love/ U. S. Male/ Honkin'/ Wabash Cannonball/ Tupelo Mississippi Flash/ 500 Miles Away from Home/ Struttin' Amos Moses/ Amos Moses/ Sweet Memories/ Sixteen Tons/ When You're Hot, You're Hot/ Blue Moon of Kentucky/ Don't It Make You Wanna Go Home/ Promises/ Bad, Bad Leroy Brown/ Patches/ Mule Skinner Blues/ Ruby, Don't Take Your Love to Town/

●JERRY REED / JERRY REED LIVE: STILL    \2800(会員\2700) 品切れ中
 All 10 tracks:Guitar Man/ Father Time and Gravity/ Amos Moses/ She Got The Gold Mine [I Got The Shaft]/ A Thing Called Love/ Lord Mr. Ford/ When You're Hot, You're Hot/ Jerry's Breakdown Revisited/ A Brand New Me/ East Bound and Down/

●JERRY REED / LET'S GIT IT ON    \2800(会員\2700) 品切れ中

●JERRY REED / PICKIN'('99)    \2800(会員\2700)
 All 10 tracks: Does Anybody Want to Boogie/ My Priscilla/ Pickin'/ My Gypsy Heart/ Blindsided Me/ Reed's Rag/ Talk the Talk & Walk the Walk/ Sassy/ Case of the Blues/ Lottie/

●JERRY REED / WHEN YOU'RE HOT, YOU'RE HOT - KO-KO-JOE('73/'93)    \2800(会員\2700)
 All 20 tracks: When You're Hot, You're Hot/ Thank You Girl/ Don't Think Twice, It's All Right/ She Understands Me/ Turned On [Instrumental]/ Amos Moses/ I'll Be Around (In All the Old Places)/ Big Daddy/ With You (Missing You)/ My Kinda Love/ Ruby, Don't Take Your Love to Town/ Koko Joe/ Another Puff/ Early Morning Rain/ Brand New Day/ Not as a Sweetheart (But Just as a Friend)/ You'll Never Walk Alone/ (Love Is) A Stranger to Me/ Country Boy's Dream/ Seasons of My Mind/ Framed/ Lord, Mr. Ford/

●JIM EARP / BRIGHT STAR...TINY BABE...ONE GUITAR('07)   CD-2067 \2480(会員\2380)

 All 16 tracks: I Saw Three Ships/ Bring a Torch〜Jeanette Isabella - O Tannenbaum/ We Three Kings/ MEDLEY: Joy to the World〜Angels We Have Heard on High/ O Little Town of Bethlehem/ The First Noel / Good King Wenceslas/ Down in Yon Forest / The Wassail Song/ It Came Upon a Midnight Clear / Carol of the Bells/ God Rest Ye Merry Gentlemen/ Away in a Manger/ MEDLEY: O Come, O Come Emmanuel〜What Child is This?/ Go Tell It on the Mountain/ Adeste Fidelis/


●JIM EARP / COLLECTION('04)  CD-2047 \2480(会員\2380)

 All 16 tracks: Lunes/ Vespers/ Clouds Over Mojave/ Jesus Loves Me/ Highland Rain/ The Boys Of Wexford/ The Twins/ MEDLEY: Softly And Tenderly〜Eternal Father / Summers Past / Two Sisters/ Wedding At Cana/ Joyful, Joyful / Borrego Revisited/ Spend My Life With You/ Catherine/ In Christ There Is No East Or West/


●JIM EARP / GUITAR SOLUS('10)    CD-2094\2480(会員\2380)
品切れ中

 All 16 tracks: Global Cooling [2:27]/ The Road Less Traveled [2:55]/ Great Big Sky [2:47]/ The King's Cowboys [3:14]/ Fiddle Creek [1:55]/ Canyonlands [2:52]/ Masada [3:33]/ MEDLEY: Aconcagua〜Carolyn's Draught [4:56]/ When She Was Young [2:15]/ Alexander's Minuet [1:36]/ Mister Tamarack Slack [3:07]/ In Zion's Country [2:47]/ Just A Closer Walk with Thee [2:45]/ Cameron Mckell [1:47]/ Lakota [2:09]/ Global Cooling Reprise (Reprise) [0:34]/


●JIM EARP / GUITAR UNCOVERED('07)       CD-2066 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Eleanor Rigby/ Moondance/ Raindrops Keep Falling on My Head/ Kiss From a Rose/ You Are So Beautiful / You Can't Hurry Love/ Banks and Braes/ Sunflower River / Little Martha/ Gold Dust Woman/ The Water is Wide/ You've Got a Friend/


●JIM HENRY & BROOKS WILLIAMS / RING SOME CHANGES    \2800(会員\2700)

●JIM KAHR / BACK TO CHICAGO    \2480(会員\2380)

●JIMMY WAHLSTEEN / 181ST SONGS('09)     CD-JW-2009 \2480(会員\2380)

●JIMMY WAHLSTEEN / ALL TIME HIGH ('11)     CD-JW-2011 \2480(会員\2380)
 All 10 tracks: Halifaxation/ 12 Rooms/ Trickle-Down FX/ All Time High/ Forehead Slapping/ Mindlessness/ Catenary Curves/ Hitched for Life/ My Three Page Memo/ Efaristo/ ■スウェーデン出身のフィンガースタイル・ギタリスト、ジミー・ウォルスティーンのセカンド・アルバム。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方はこちらからどうぞ

●JIM NICHOLS & RICHARD SMITH / LIVE FROM BOULEVARD MUSIC('03)      CD-014 \2800(会員\2700)
 
All 17 tracks: Cascade/ Back Up And Push/ Moonglow/ Ochi Chornya (Dark Eyes)/ Django's Castle/ AfterYou've Gone/ Autumn Leaves/ Sweet Georgia Brown/ Nuages/ Honeysuckle Rose/ Jerry's Breakdown/ Stompin' At The Savoy/ Main Sneet Breakdown/ ■トミー・エマニュエルとの共演アルバム『CHET LAG』やギター教則本の著者としても知られるジム・ニコルズ。そして、ソロ作『REQUEST』が好評のリチャード・スミス。2人の初共演ライヴが本作である。「Autumn Leaves(枯葉)」「 Honeysuckle Rose」「Stompin' At The Savoy」などのスタンダード作品を中心にした選曲による全17曲を収録。「After You've Gone」と「Honeysuckle Rose」の2曲ではジムの奥方モーニングさんが伸びやかなヴォーカルを披露している。「Sweet Georgia Brown」での2人同時にソロを応酬し合う時のスリルに満ちたプレイは鳥肌モノである。

●JIM & MORNING NICHOLS / LIVE FROM BOULEVARD MUSIC('02)      CD-010 \2800(会員\2700)
 All 16 tracks: St. Louis Blues/ I'll See You In My Dreams/ Chet Medley: Say Si Si〜Vilia〜April in Portugal〜Nagasaki/ Give It Up/ Anytime/ Swedish Rhapsody/ Change The World/ Heartaches/ Drive In/ Do I Ever Cross Your Mind?/ Empty Glass-Taste Of Honey/ Poppa's Knee/ One Mint Julip/ Yankee Doodle Dixie/ Main Street Breakdown/ Down By The Riverside/ ■そのジム・ニコルズと奥さんのモーニングさんとの共演ライヴ・アルバム。スタンダード作品を中心に、チェット・アトキンス・メドレーも含む全16曲。

●JIM & STEPHEN BENNETT / BROTHERS ('08)    \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: A Stomp/ Brother John/ Bear's Tune/ Firetrucks, Kites and Keys/ Oregon/ Long Forgotten Chambers of the Heart/ Atlanta Blues/ Standing Right in Front of Me/ Prayer/ The Old Home Place/ Tom and Sally/ For Blacksburg ■スティーヴン・ベネットのニュー・アルバムは、実弟ジム(piano)とのデュエット・アルバム。これが凄く良いのだなぁ。アコースティック・ギターとピアノによるコラボレーションは、2つの楽器の「音」がまろやかに溶け合って時にスウィングし、時にブルースする。ジムとスティーヴンのもう1人の兄弟に捧げた「Brother John」やスティーヴンの息子が幼かった時に見た夢のことをタイトルにした「Firetrucks, Kites and Keys(消防車と凧と鍵)」など、穏やかな表情をもった佳曲揃いの全12曲。これまでのスティーヴンのソロ・アルバムをお聴きになっている方には勿論、アコースティック・ギターといえばソロ・ギター・アルバムやギター・デュオ・アルバムしかお聴きでなかった方にも是非お薦めしたい素晴らしいアルバムである。


●JIM TOZIER / CASTLEREA('03)             CD-JTCD-0301 \2800(会員\2700) 品切れ中

 produced by Jim Tozier & Al Petteway; All 19 tracks: Owen's March/M'inion Alainn/ Trinity/ Castlerea/ Planxty Irwin/ The Last Keeper/Patuxent/ The Blacksmith〜Passion's Forge/ Idyll Hours/ County Fair/ Furey's Song〜Faire Wind/ Tilting at Windmills/ The Rights of Man〜Brian Boru's March/ Pretty Girl Milking A Cow/ The Courtship/ Rings/ The Ride of the Red Knight/ It Came Upon a Midnight Clear〜God Rest Ye Merry Gentlemen/ O Come, O Come, Emmanuel/ ■フィンガースタイル・ギタリスト、ジム・トウザーが03年に発表したデビュー盤。住出勝則さんから紹介して頂いたのがキッカケで取り扱いを始めたCD。下記のミニ・バイオに記されている通り、アル・ペトゥウェイとの出会いによってフィンガースタイル・ギターによるケルティック音楽に魅了されたジムだが、全19曲中(メドレーが4曲含まれるので作品数としては23曲)トラディショナル曲は僅か6曲で、それ以外は全て彼のオリジナル作品。しかも、そのオリジナル作品には単なるケルティック風味だけでない独特の味わいがあって、一聴して私は気に入ってしまった。ケルティックのダンス・チューンのようなアップテンポのものは殆どなくて、スローなナンバーが中心の彼のオリジナル作品は、ゆったりとしたメロディ・ラインのリリカルなものが多く、特にケルティック音楽に強い関心のないアコギ・ファンの耳も奪うに違いない。各曲目にチューニングも紹介されており、ケルティック・ギターといえばDADGADチューニングで演奏される事が多いけれど、彼はCGCGCDチューニングも好んで使っている。全篇彼のギター・ソロ演奏だが、2曲でアル・ペトゥウェイが、1曲でジョン・スウィートが参加し、ギター・デュエットを披露。本作のレコーディングには4本のテイラー・ギター(714ce/514ce-ab/W14c/714ce-limitedの各モデル)が使用されており、ローズウッド、マホガニー、ウォルナットなど材質までクレジットされている律儀さで、こんなところにも彼の性格が表れているのかもしれない。ギター・インスト・アルバムにも拘わらず、彼のギター・プレイに「歌ごころ」を感じられるのは、幼い頃から聴いていたギタリスト&シンガーソングライター達の「歌」からの影響と無縁ではない気がする。ジャケットに映った彼の姿は、いかにもアメリカの好青年といった感じ。本作で「ギター・シーンにデビューできたんだ」という意気込みも窺える好盤、どうかお聴き逃しなく。
---------------------------------------------------------
■ジム・トウザー・ミニ・バイオ■ ジェイムズ・テイラー、サイモン&ガーファンクル、ジョン・デンヴァー、ジム・クロウチ等の大ファンだった父親の影響で、幼い頃からアコースティック系のシンガー・ソングライターの曲が好きだったジム・トウザー。初めて買ったレコードはジェイムズ・テイラーの「Handy Man」のシングル盤だったそうで、そんなシンガー・ソングライターが嫌いになった訳ではなかったが、その後に初めて買ったギターは安物のエレクトリック・ギターで「ハードロックとヘヴィ・メタルを聴くのに夢中だった」幼年&少年時代を送る。ハイスクール入学してエリック・クラプトンの大ファンになったジムは、当時のクラプトンが持っていたのと同じ黒のボディに白のピックガードのストラトキャスターを買ってクラシック・ロックを聴き、同時にクラプトンの影響でブルース・ギターにも傾倒し、初めてのバンドも結成するが、ほどなくバンドは解散。そんな時にマイケル・ヘッジスのアルバム『エアリアル・バウンダリーズ』を聴き、アコースティック・ギターのインスト作品に魅了される。ストラトキャスターを売って、マーティンのシェナンドー2832モデルを購入。ヘッジス・スタイルを真似ようと試みたそうだが、当時の彼はヘッジスが変則チューニングを使ったり、ハープギターを演奏している事は知らなかったとか。その後、4人編成のフォーク・ロック&オルタナ・ロックのバンド、シヴァー(SHIVER)を組み、一時はゲフィン・レコードのオファーを受けたりもしたが、メンバーのうち2人が結婚し、90年代前半で活動停止となる。テイラー・ギターの510モデルを買って、残りのバンド・メンバーと2人でアコースティック・デュオとして活動を続けた。そんな折り、以前からファンだったギタリスト&シンガー・ソングライター、デヴィッド・ウィルコックスのコンサートを見に行った時、途中でゲストとしてステージに登場したアル・ペトゥウェイのソロ・ギター演奏によるケルティック調の作品を聴き、大きな感動と衝撃を受ける。ペトゥウェイの作品を聴きつつ、同様のスタイルでオリジナル作品を幾つも作曲し、ペトゥウェイにアドヴァイスを受けつつ、2002年4月以降は毎月ペトゥウェイの自宅スタジオに通い、遂に2003年2月にファースト・アルバム『CASTLEREA』を完成させたのである。


■有名ギタリストから贈られたジム・トウザーとアルバム『CASTLEREA』へのコメント
●パット・カートリー「Jim Tozier's debut recording of fingerstyle guitar, featuring a variety of compositions and arrangements, is a fine one. His tone is rich and full, the recording is pristine, and his love and care for the music clearly shows. I tend to like his more traditional-styled pieces, but it's the way everything flows together as a whole, and yields new surprises upon repeated listenings, that makes it special. Jim, you made a good record!」
●ロウレンス・ジュバー「Well-performed and recorded . . . musical and with a pleasing touch」
●ビル・マイズ「A lot of promise in [Jim's] playing」
●アーティ・トラウム「I'm impressed . . . guitar playing is tasteful, inventive, and precise--three qualities I look for in a player.? [Jim's]chops are formidable」
●エル・マクミーン「Good guitar playing . . . very clean and secure-sounding, with good tone and attack. Nice job」
●Masa Sumide(住出勝則)「Castlerea is a lyrical album from a lyrical guitarist.? Jim Tozier takes you where you can't go in person with his music, just like a good novel does」

●JIM TOZIER / CELTIC GUITAR('05)          CD-2046 \2480(会員\2380)

 All 21 tracks: Paddy O'Carroll/ Archibald McDonald of Keppoch/ Slane/ The Rocks of Brae/ The Foggy Dew/ Carolan's Welcome/ Loch Lomond〜Scotland the Brave/ Blind Mary/ Spatter the Dew/ Captain O'Kane/ Believe Me if all these endearing Young Charms/ Such A parcel of Rogues in a Nation/ Star of the County Down/ Carolan's Cottage/ Leezie Lindsay〜ye banks and braes〜Scots Wha hae/ Heather Island/ The Flower of Magherally/ Paddy's Green Shamrock Shore〜The drums of Dawn/ The Rose of Allendale / Pretty Girl Milking a Cow/ Planxty Irwin/


●JIM TOZIER / SOLO GUITAR('05)   CD-2044 \2480(会員\2380)

 All 16 tracks: Monkeyshines/ The Water-Crossers/ Song for Shannon/ Dalliance of the Eagles/ Dragonflies/ the Sheffield Shuffle / The Copper Waltz/ Skylight/ Ripples/ Frenchman Bay/ New York/ The Rakes of Roscomon/ Train Station Blues/ Riverwind/ Trinity/ Sleight of Hand/ the magicians Jig/


◆JO ANN KELLY / KEY TO THE HIGHWAY: RARE & UNISSUED RECORDINGS 1968-1974   CD-2778 \2625
(会員も同じ価格)

◆JO ANN KELLY / WITH JOHN FAHEY, WOODY MANN, JOHN MILLER, ALAN SEIDLER [紙ジャケ]      CD-1022 \2730(会員も同じ価格)

●JOEL MABUS / PARLOR GUITAR('05)     CD-1605 \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOEL MILLER / SEMI-TRADITIONAL GUITAR SOLOS     CD-102 \2800(会員\2700)

トミー・エマニュエル推薦!!
オーストラリアの若きギタリスト、ジョー・ロビンスンのソロ・デビュー・アルバム!!
Slice of Life Records / アコースティック・ギター・シリーズ VOL.5  《 日本語解説付
JOE ROBINSON / ジョー・ロビンスン / バードシード: Birdseed ≪送料無料≫ SLCD-3005 \2500+消費税

 本作『バードシード』はジョーが15歳の時にレコーディングしたアコースティック・ギターのソロ演奏中心のアルバム。全12曲中10曲が彼のオリジナル作品だ。トミー・エマニュエルのギター・スタイルがお好きな方には全面的にお薦めしたいアルバムである。日本語解説付。絶賛発売中!! 詳しくはこちら
プー横丁へのご注文はメールかお電話(075-231-3835)でどうぞ。
※買い物カゴでのオーダーはコチラ
[収録曲] All 12 tracks: Birsa/ Blue Moon/ Blind Hose Rag/ Gogamet/ Blisters/ Birdseed/ Nubeck/ Mowin' That Bluegrass/ Stomp Throb/ Chickin Lickin/ Chatterbox/ The Entertainer/
----------------------------------------------------
「ジョー・ロビンスンはこの年齢にして既に素晴しいミュージシャンであり、誰もが聴くべきグッド・ミュージックの担い手といえる、まさに逸材です」- トミー・エマニュエル


JOE ROBINSON / ジョー・ロビンスン / TIME JUMPIN' ('09)     \2480(会員\2380)
 produced by Frank Rogers; with Tommy Emmanuel; 
 All 12 tracks: Strutting It/ Its Not Easy/ Misty/ Fleabites/ Daddy Longlicks/ Bergeson Fries (Feat. Tommy Emmanuel)/ Royal Flush/ Time Jumpin'/ Dizzy/ Fireflies/ Larry's Blues/ Midnight In Nashville/ ■デビュー・アルバム『バード・シード』がプー横丁のレーベル、スライス・オブ・ライフから発売されたジョー・ロビンスンの2009年に発表したセカンド・アルバム。オーストラリア人であるジョーが昨年米国のナッシュヴィルに行ってレコーディングしたアルバムで、チェット・スタイルで披露するジャズのスタンダード曲「Misty」以外は全てジョーのオリジナル作品。そ中で、トミー・エマニュエルがギターでゲスト参加している話題の「Bergeson Fries」も含む全12曲を収録。※尚、このアルバムはオーストラリア盤で先行発売していた『MIDNIGHT IN NASHVILLE』と同内容で、ジャケットもアルバム・タイトル以外は同じジャケット写真が使用されています。
※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●JOHN FAHEY / AMERICA   \2480(会員\2380)

●JOHN FAHEY / DEATH CHANTS, BREAKDOWNS AND MILITARY WALTZES   CD-8908 \2480(会員\2380)

●JOHN FAHEY / FARE FORWARD VOYAGERS[SOLDIER'S CHOICE]    \2480(会員\2380) 品切れ中

●JOHN FAHEY / OLD FASHIONED LOVE('90)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●JOHN FAHEY / THE DANCE OF DEATH & OTHER PLANTATION FAVORITES  CD-8909 \2480(会員\2380)

●JOHN FAHEY / THE VOICE OF THE TURTLE     CD-6501 \2480(会員\2380)

●JOHN FAHEY / THE NEW POSSIBILITY: JOHN FAHEY'S GUITAR SOUL CHRSTMAS ALBUM   CD-8912 \2480(会員\2380)

●JOHN FAHEY / THE TRANSFIGURATION OF BLIND JOE DEATH   CD-6504 \2480(会員\2380)

●JOHN FAHEY, PETER LANG, LEO KOTTKE / JOHN FAHEY/PETER LANG/LEO KOTTKE   \2800(会員\2700)

◆Various Artists / 涙: ジョン・フェイヒイ・トリビュート('06)    CD-020 \2500(会員も同価格)
 
All 10 tracks: スナッピング・タートル・ブルース#2 [青柳 学]/ レイルウェイ・フォー・J.F. [扇柳 トール]/ウェイル [小川 榎也]/ レクイエミネンス: 2台のエレクトリック・ギターのための種々の響きの研究から [小川 倫生]/ タートル・トーク/ [亀沢 ノリボー]/ 羊水 [ノダ ゴロー]/ バイシクル・ビルト・フォー・ユー [一 卓嗣]/ 舟歌(スコポラミン・ミックス) [浜田 隆史; ミックス:南澤大介]/ 石の高み [masaki μ]/ Dの福音と若しくは杭打ちブルース [渡辺 昭彦]/ ■2001年に亡くなったジョン・フェイヒイのトリビュート・アルバム。このアルバムを制作したオタルナイ・レコードの主宰者でフィンガースタイル・ギタリストの浜田隆史氏の次の言葉が最も本作を雄弁に語っているだろう。「彼の生前の作品にインスパイアされた日本のギタリストたちが、このアルバムを制作しました。今までの日本のフィンガースタイル・ギター界では意図的に無視されがちだった、不快感、怒り、あきらめ、そして未練といった、負の感情を表した作品集です。何か奇妙で、しかしどこか美しい、ギターの迷宮に迷い込んで下さい」

●JOHN HASBROUK / ICE CREAM('02)   \2800(会員\2700)

●JOHN JAMES / DESCRIPTIVE GUITAR INSTRUMENTALS  CD-156 \2480(会員\2380)

●JOHN JAMES / IN CONCERT ('78/'12)  CD-146 \2480(会員\2380)
 All 16 tracks: Picture Rags/ Opus 18/ Silver Swan/ Suitcase Shaped Like That/ Black And White Rag/ Rosebud March/ How Can I Tell You/ Pickles And Peppers/ Ragtime Millionaire/ Head In The Clouds/ Coconut Dance/ Victory Rag/ You And I Across The Water/ B Minor Run/ Tears/ You Got Something There/ ■ブリティッシュ・フォークシンガーとして語られるこの多いジョン・ジェイムズだが、実はフィンガースタイル・ギターの名手であり、本作に収録されたラグタイム作品を聴けば誰もが納得する筈だ。彼が78年にリリースした傑作ライヴ・アルバム。多くのアーティストがカヴァーしている永遠の名曲「Head In The Clouds」も含む全16曲収録。※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方はこちらからどうぞ


●JOHN JORGENSON / Franco-American Swing('04)           CD-2190 \2800(会員\2700) 品切れ中

 All 15 tracks: F.A Swing/ Mirror in Blue/ Man of Mystery/ Snowflake Waltz/ In Memory of Danny Gatton/ J'Attendrai/ Valse de Samois/ Smoldering Ashes/ Swing Junction/ Waltz for Mary/ Cher Jaqueline/ Crimson / F.A. Swing Alt./ Blue Drag/ Minor Swing/ ■ジョン・ジョーゲンスンのソロ最新作。ジャンゴ・ラインハルトに代表されるジプシー・ジャズ・ギター音楽にインスパイアされたオリジナル作品の数々が素晴らしい。この種の音楽に対する愛情と敬意が感じられる彼のプレイ。ギターは勿論、クラリネットやテナー・サクソフォンでも極上の演奏を披露するジョン、本当にマルチ・プレイヤーにもホドがあるゾ。エレクトリック・ギター中心の99年作『EMOTIONAL SAVANT』も在庫中。


●JOHN JORGENSON / ISTIQBAL GATHERING          \2800(会員\2700)

●JOHN JORGENSON / ONE STOLEN NIGHT('10)      \2800(会員\2700)

●JOHN JORGENSON & DAVEY JOHNSTONE / CROP CIRCLES: GROOVEMASTERS VOL.2('98)  \2480(会員\2380)

●JOHN JORGENSON QUINTET / ULTRASPONTANE('07)          CD-7050 \2800(会員\2700)

●JOHN KNOWLES / CAFE OF DREAMS('02)    CD-GS-0202 \2800(会員\2700)

All 13 tracks: Coastin'/ Drakesboro Saturday Night/ Cafe Of Dreams/ Danny Boy/ Los Rios Do Sol/ Amanda From Barbados/ Two Hearts/ Happy Again/ Chihuahua Waltz/ Central City Flyer/ Honolulu Blue/ Waltz Forever/ Remembrance/ ■チェット・アトキンスに「I always enjoy John Knowles' visits to my office. We tell stories, fix what needs fixin', and play the guitar」と言わしめ、CGP(Certified Guitar Player)の称号も与えられたフィンガースタイル・ギタリスト、ジョン・ノウルズは1970年代なかばからチェット・アトキンスを影で支えた実力者だ。そのジョン・ノウルズが2002年に発表した自主制作盤。チェット・アトキンスと共作した「Honolulu Blue」など13曲を収録。


●JOHN KNOWLES / SITTIN' BACK PICKIN'('02)    CD-GS-0201 \2800(会員\2700) 品切れ中

 All 23 tracks: Chihuahua Waltz/ Bridge Over Troubled Water/ Blackbird/ Lady Madonna/ Yesterday/ Eleanor Rigby/ Vincent (Starry, Starry Night)/ Welcome Home, Scott Joplin/ The Cascades/ Solace/ Back Porch Rocker/ Rolls/ My Little Waltz/ Black is the Color/ Ol' Joe Clark/ Reedology/ Blue Finger / Struttin'/ Jiffy Jam/ The Claw/ Mr. Lucky/ The Early Dawn/ Looney Tunes/ ■チェット・アトキンスと共作した「My Little Waltz」、ビートルズ作品「Blackbird」「Lady Madonna」「Yesterday」「Eleanor Rigby」や、スコット・ジョプリン作品「Solace」「The Cascades」、ドン・マクリーンのヒット曲「Vincent」、サイモン&ガーファンクルの「Bridge Over Troubled Water」など、CD化に際して7曲のボーナス・トラックを追加した全23曲収録。尚、表ジャケットに使われたソファーに座るジョン・ノウルズの精緻な絵(ドローイング)は、ガイ・ヴァン・デューサーによるもの。


ジョン・マッコーン (John McKone)
■またまた凄いフィンガースタイル・ギタリストの登場である。その名は、ジョン・マッコーン。アイオワ州生まれのジョンは、10代の時に地元ロック・バンドのメンバーとして活動した後、ミネソタ大学で作曲と音楽理論を学んだ。卒業後は、ギターやキーボードやトロンボーンも弾けるマルチな才能を活かして、ポップ・バンドやジャズのビッグ・バンドに参加したり、映画音楽のスコアやクラシック音楽のオリジナル作品、そしてコンピュータ・ゲームの音楽を作曲するなど、様々な音楽関係の仕事をこなしていった。そうするうちに、彼にとっての音楽的な「初恋の相手」であるギター音楽に再び立ち戻ることになったという。彼がユニークなのは、何とソロ・アルバムの制作に着手する前に、自分のギターを自ら製作してしまったという事だ。正確に言えばマーティンのHD-28の組立てキットを基に、彼がブレイシングやフレットボードに変更を加えたそうだが、完成したそのギターは2枚のソロ作どちらでも使用されていて、なかなかにリッチなトーンである。で、いずれのアルバムにも両手タッピングの超絶テクを駆使した作品が1曲目に選ばれているので、彼の音楽性の中の「マイケル・ヘッジスから影響を受けた部分」がアルバム自体の第一印象として強調され、残ってしまうのは仕方ない事かもしれない(テクニック的にはヘッジスが持っていたものを完全に消化吸収し、更に発展させつつあるようだ)。が、ジョン・マッコーンというギタリストの魅力は「世のヘッジス・ファンを驚かせたり、満足させたりする」だけではない。1曲1曲の彼のオリジナル作品が、とても優れているのだ。それは、音楽理論や作曲法など正式な音楽教育を受けている事や、プロ・ミュージシャンとしてクラシックやジャズやロックをはじめ、種々の音楽に関わってきたという彼のキャリアが功を奏しているのではないか、と思える。とはいえ、彼の作品は「ジャズ風」とか「ロックっぽい」などと一言で説明できるものではなく、前述のヘッジスからの影響ですら彼のオリジナル作品が持つ音楽性の一部である事を強調しておきたい。様々な色合いを持った作品は、(どちらかといえば)明るく弾んだメロディとリズムに満ちたものが多い。聴く者が軽い高揚感を覚える作風と言えば解って頂けるだろうか。要するに聴いていて気持ちが良いのだ。嫌味のないインテリジェンスを感じるのも彼の作品の持つ特徴と言えるだろう。幅広い音楽的経験と自由な発送から生まれたジョン・マッコーンのギター音楽は、きっとあなたを魅了すると確信している。ジョン・マッコーン、是非お聴き下さい。
●JOHN McKONE / TIMES TOO('03)      CD-BMM-2003 \2800(会員\2700) 品切れ中

 All 12 tracks: Tuesday Last(2:33)/ Midnight Moonless(3:11)/ Hey Summertime(3:18)/ And Around Again(3:46)/ Second Hand(3:58)/ Stop the Clock(3:03)/ Too Late(3:49)/ Thirteenth Hour(2:27)/ Times Too(2:15)/ I'm Prompt Too(2:56)/ Five O'Clock Shadow(3:22)/ Last Forever(3:56)/ ■ジョン・マッコーンの2作目。上記でも述べた通り、1曲目のヘッジス色の濃いオリジナル作品「Tuesday Last」は、こんな激しい両手タッピングを2分余りもよくノン・ストップでプレイできるなぁと驚いてしまうナンバーなのだけれど、続く2曲目「Midnight Moonless」では、すぐに彼独特の「音」世界が待っている。まさに「月のない夜」のイメージそのままの、暗く静かな雰囲気を漂わせる私も大好きな曲。通常のプレイから両手タッピングに変わるその入り方やリズムが面白い「And Around Again」、本作中2曲で控え目なパーカッションのバッキングが入る「Second Hand」と「Stop the Clock」も、シンプルながら印象深いメロディ・ラインを持った曲である。聴いていると、ちょっぴり切なくなってくるようなスローなナンバー「Too Late」、そのノリと雰囲気にあの「Anji」を思い起こさせる「Thirteenth Hour」、スパニッシュの香りを含んだ「Five O'Clock Shadow」等々、ヴァラエティに富んだこれらの作品群は、彼がギタリストとしてだけでなく、極上のメロディーを創造できる優れた作曲家である事も証明している。実際、海外の本作レビューでは「ジョン・マッコーンのオリジナル作品は、マイケル・ヘッジスから多くの影響を受けてはいるが、ヘッジスよりも更にバランスのとれたメロディーを持っていると思う」などと紹介されているのである。


●JOHN McKONE / HERE IT IS('00)     CD-BMM-2000 \2800(会員\2700) 品切れ中

 All 10 tracks: Here It Is(3:37)/ Swinging on Kings Bridge(2:51)/Elemenopy(3:37)/ It'll Be Alright(4:21)/ Cuttin' a Chord(2:50)/ The Long Ride Back Home(4:41)/ Steam Time(4:09)/ Minnesota Nice Meets Film Noir(4:23)/ Snow Below Zero(2:27)/ Good Morning, Good Day, Good Night(7:26)/■このソロ第1弾アルバムでも1曲目「Here It Is」や6曲目の「The Long Ride Back Home」、そして7分を超える大作「Good Morning, Good Day, Good Night」でプレストン・リードやビリー・マクラフリン、あるいはマイケル・ヘッジスをも凌駕するかと思えるほどの超絶テクによる両手タッピングを活かしたオリジナル作品を披露しているジョン・マッコーン。最新アルバム共々こちらもお薦めだ。


●ZUMBIDO [John Miller, G.Snowe & J.Litwin] / DOMINGO('11)    CD-1011 \2480(会員\2380)

 feat. John Miller [acoustic guitar], Ginny Snowe [melodica and vocals], Joel Litwin [percussion]; All 13 tracks: Homenagem A Pixinguinha/ Canario do reino/ Toada de Cico - Forro da Feira/ Garota de Ipanema/ Menina amanha de manha/ Domingo no Orfeao Portugal/ Luiza/ Coracao vagabundo/ Carrapato/ Sonho meu/ Eu sei que vou te amar/ Que par seria/ Verde/ ■ジョン・ミラーが新たに結成したアコースティック・ユニット、ズンビード (ZUMBIDO)のデビュー・アルバム。シンプルなアコースティック・サウンドでプラジリアン・ミュージックを楽しげに演奏する3人。メロディカとヴォーカル担当のジニー・スノウーはジョンの奥さん。07年に発表したジョンとジニーのデュエット・アルバム『YOU FASCIONATE ME SO』ではヴォーカルとギターでしっとりとした音楽を聴かせてくれましたが、本作ではトリオでのシンプルな演奏ながらサンバやボサノヴァなど彼等のブラジル音楽への愛情と憧れがひしひしと感じられ、聴く者をウキウキとさせる魅力で一杯だ。
[付記] ギター・ソロ・アルバムではないですが、ジョン・ミラー関係の新しいアルバムとしてこのページでもご紹介させて頂きます。


JOHN MILLER / BIDING MY TIME('79/'06)    CD-3034 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 13 songs: I Got Rhythm/ Lady Be Good/ Liza/ Our Love Is Here To Stay/ Fascinating Rhythm/ Biding My Time/etc. ■フィンガースタイル・ギターの名手ジョン・ミラーが79年に発表した名盤が輸入盤でもCD化され、入荷。ガーシュウィンの名曲を見事なアレンジで聴かせる全13曲。フィンガースタイル・ギター・ソロのインストとしてアレンジされた「 Lady Be Good」 をはじめとする5曲が素晴しいのはモチロンだが、他の曲で聴かせる彼の弾き語りにおけるヴォーカルも和みものだし、そのバッキングでの心地よくスウィングするギター・プレイは、まさに凄いの一語だ。


◆JOHN MILLER / BIDING MY TIME: ガーシュインでスウィング!('79/'04)   CD-097 \2100 完売しました
 All 13 songs: I Got Rhythm/ Lady Be Good/ Liza/ Our Love Is Here To Stay/ Fascinating Rhythm/ Biding My Time/etc. ■フィンガースタイル・ギターの名手ジョン・ミラーが79年に発表した名盤。ガーシュウィンの名曲を見事なアレンジで聴かせる全13曲。フィンガースタイル・ギター・ソロのインストとしてアレンジされた「 Lady Be Good」 をはじめとする5曲が素晴しいのはモチロンだが、他の曲で聴かせる彼の弾き語りにおけるヴォーカルも和みものだし、そのバッキングでの心地よくスウィングするギター・プレイは、まさに凄いの一語だ。

◆JOHN MILLER / COUNTRY BLUES AND OLD TIME MUSIC: LET'S GO RIDING('74/'04) CD-145 \2415 品切れ中

JOHN MILLER / FIRST DEGREE BLUES [紙ジャケ]      CD-1021 \2730 品切れ中

●JOHN MILLER / HEY THERE ('04)          CD-ORB-1005 \2600(会員\2500)

 All 12 tracks: Hey There/ Wonder Why/ Old Folks/ Namely You/ Baltimore Oriole/ Bye Bye Blackbird/ The Very Thought Of You/ When I See You/ I Could Write A Book/ The Nearness Of You/ I Thought About You/ Moon River/■ジョン・ミラーのソロ作としては25年ぶりの新作。彼が長年慣れ親しんだジャズのスタンダード曲を中心にオリジナル新曲も1曲含めた全12曲。更に渋みを増した彼のヴォーカルと超絶テクでスウィングしまくるフィンガースタイル・ギター演奏の心地良さ。2曲のインストゥルメンタルは、いずれも彼が特に好きな作曲家としてあげているホーギー・カーマイケル作品だ。そして永遠の名曲「Moon River」でアルバムは幕を閉じる。聞き終えた時の至福感が余韻として残る優れたアルバムである。いわゆる全編ギター・インスト・アルバムではないが、愛用のマーティン・ギターのリッチなトーンによるフィンガースタイル・ギター・プレイは、全アコースティック・ギター・ファン必聴と申し上げたい。


◆JOHN MILLER / HOW ABOUT ME [紙ジャケ]('74/'04)   CD-1023 \2730 品切れ中

●JOHN MILLER / SAFE SWEET HOME('77/'05)     CD-3016 \2480(会員\2380) 品切れ中
 77年にリリースされたジョン・ミラーのソロ作が遂にアメリカでもCD化。※「Rounder Archive Series」の1枚としてCD-R盤で限定発売されたもので、ライナーや写真はPDFデータで収められているのでPCでご覧下さい。

●JOHN MILLER / THIS OLD HAMMER ('08)  CD-1010 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: This Old Hammer/ New Cairo Blues/ My Easy Rider/ Smooth Blues for E. H./ Rolling Log Blues/ Wild About My Lovin'/ Walking Boss8 Keep It Clean/ Cool, Baby, Cool/ I'm Getting Wild About Her/ Milky White Way/ When We All Get Home〜Ginny's Frolic/ ■ジョン・ミラーのジニー・スノウとのデュエット・アルバム『YOU FASCINATE ME SO』に続くニュー・アルバム。ソロ作としては04年に発表した『HEY THERE』以来だから、4年ぶりの新作。しかも、ジョン自身がライナーに記しているように70年代半ば以来のカントリー・ブルース・アルバムとなっており、彼のソロ・ギターとヴォーカルが堪能できる。「Wild About My Lovin'」はジェフ・マルダーが『BEAUTIFUL ISLE OF SOMEWHERE』で、ジョン・セバスチャンが『TARZANA KID』などでレコーディングしているナンバーやジャジーな雰囲気も漂う「Milky White Way」など、彼のアコースティック・ソロ・ギターをフィーチャーした全12曲(うち2曲がインスト作品2曲)収録。カントリー・ブルースといってもジョンならではの軽やかなウキウキ感が伝わってくるター・プレイとヴォーカル。これは絶対のお薦めアルバムだ。尚、使用ギターは、マーティンのOM-28CHとOM-18V、それに2曲入っているインスト作品のうち「Smooth Blues for E. H.」では1〜3弦が複弦のフロウリニ(Fraulini)の9弦ギターで演奏され、「Walking Boss」ではフレットレス・バンジョー・ギターも使っている。ヴォーカル中心のアルバムだが、ジョン・ミラーのリッチなトーンによるフィンガースタイル・ギター・ソロ・ギター・プレイは、全アコースティック・ギター・ファン必聴である。


●CATWALK / CATWALK('94)        \2800(会員\2700)
 feat. John Miller(acoustic guitar), Tom Moran(mandolin), Paul Elliott(violin);

●JOHN MILLER & SNOWE / YOU FASCINATE ME SO('08)   CD-1009 \2480(会員\2380)

●JOHN MILLER & JOHN REISCHMAN / BUMPY ROAD('02)     CD-009 \2480(会員\2380)
 All 10 tracks: The Bumpy Road(4:04)/ Kenny's Gone(5:05)/ Pacoca(3:44)/ Danza(3:32)/ The Path Downhill(4:01)/ Wind Song(4:00)/ Snake Eyes(4:21)/ Three Lions(4:30)/ Pedro Padilla Medley(5:53)/ Don't Wake Me UP(2:39); ■前作『THE SINGING MOON』が大評判だったジョン・ライシュマン(mandolin)とジョン・ミラー(acoustic guitar)の2人が発表したデュエット・アルバム第2弾。女性ヴォーカリスト、コラリー・トナックをゲストに招いた「The Path Downhill」の1曲のみヴォーカルが入るが、それ以外は全てマンドリンとアコースティック・ギターによるデュエット・インスト集。とにかく、2人が奏でる音の1粒1粒が、この上なく美しい。ジョン・ミラーのスウィングするフィンガースタイル・ギターは、彼が70年代に発表したガーシュウィン作品集『BINDING MY TIME(邦題: ガーシュウィンでスウィング)』が日本盤のみでCD化されたりして、日本のアコギ・ファンの間でもすっかりお馴染みだろう。有名ジャズ・トランペット奏者、ケニー・ドーハムに捧げられた「Kenny's Gone」をはじめ、収録された2人各々のオリジナル作品も文句なし。是非お聴き頂きたい。尚、前作も『THE SINGING MOON』も再入荷中である。

●JOHN MILLER & JOHN REISCHMAN / SINGING MOON('99)     CD-004 \2480(会員\2380)
 with Todd Phillips, Jim Nunally, Scott Nygaard, Rob Ikes, Gabe Witcher, Kathy Kallick, Dennis Caplinger;

●JOHN MILLER, ORVILLE JOHNSON & GRANT DERMODY / DECEIVING BLUES('06)  \2480(会員\2380)

 feat. John Miller(guitar/lead vocal on 4 tracks), Orville Johnson(mandolin/dobro/washboard/lead vocal on 4 tracks, 3 tracks on harmony vocal), Grant Dermody(harmonica/lead vocal on 4 tracks/harmony vocal on 1 track); All 12 tracks: Mother Earth/ Springtime Blues/ Stewball/ Some Of These Days/ Witching Hour Blues/ Deceiving Blues/ Soul Of A Man/ Bull Doze Blues/ Polly Put The Kettle On/ Trouble In Mind/ Depot Blues/ I Will Do My Last Singing/ ■ジョン・ミラーの新譜は、朋友オーヴィル・ジョンスンとグラント・ダーマディ等とのトリオによる実に味わい深いアコースティック・ブルース・アルバム。オーヴィル(ドブロ/マンドリン)とグラント(ハーモニカ)にジョンのフィンガースタイル・ギターが絡む全12曲。彼等3人が4曲ずつリード・ヴォーカルを担当するのだけれど、ジョンの「Stewball」でのリード・ヴォーカルはジェフ・マルダーも彷彿とさせるもので、嬉しい驚き。ホワイト・ブルースの伝統を受け継ぐ好アルバム、是非お聴き頂きたい。


●JOHN MILLER & REBECCA KILGORE / IT'S EASY TO REMEMBER('97)    \2800(会員\2700)

●JOHN MILLER & RUTHIE DORNFELD / NOCHES DE FIESTA('98)    CD-ORB-1001 \2800(会員\2700)
 All 14 tracks: Dorlory Gusto(written by John Miller)/ Riippusillan Hambo(A.Jarvela)/ The Wedding Feast(J.Miller)/ The Singing Moon(J.Miller)/ Cheguei(Pixinguinha/Larcerda)/ Lammentacion(J.Miller)/ Sicilienne(J.Miller)/ Tango Duro(J.Miller)/ Souvenir de Caracas(J.Miller)/ Noches de Fiesta(J.Miller)/ A Slip of Blue(J.Miller)/ The Drumshead(J.Miller)/ Winter Waltz(J.Miller)/ 1x0[Um A Zero](L.Pixinguinha/Larcerda)/ ■ジョン・ミラー(acoustic guitar)とルシー・ドーンフェルド(violin)が1998年に発表したデュエット盤。ゲスト・ミュージシャンの参加はなく、彼等2人のみの演奏がアルバム全篇にわたってピュアーに響く。主にメロディ・パートをプレイするのはルシーの方だが、ジョンのフィンガースタイルでのバッキングの妙は、そのリズムといいタイミングといい筆舌に尽くし難い素晴しさだ。又、ジョンのギター・ソロもフィーチャーされた「The Singing Moon」や「Souvenir de Caracas」等だけでなく、ヴァイオリンの合間にさり気なく挿入されるギター・リックスのカッコ良さは鳥肌モノである。そして、上記の収録曲に記した通り、本作は全14曲中11曲がジョンのオリジナル作品である事もファンにとって大きな魅力だろう。その1曲1曲が、世界中の様々な「グッド・ミュージック」に影響を受けつつ作曲を続けてきた彼の経験豊かなキャリアを窺い知る事のできるもので、彼の芳醇な「音楽世界」をギターとヴァイオリンのデュエットという形で我々に披露してくれているのだ。南メキシコでの祭りでの音楽をイメージというアルバム・タイトル曲「Noches de Fiesta」、ギリシャやトルコの音楽でしばしば見られる8分の9拍子で演奏される「The Wedding Feast」、ジャズっぽいワルツ曲「Winter Waltz」、変拍子によるアイリッシュ・チューン調の「A Slip of Blue」といった彼のオリジナル作品のほか、カヴァー曲ではフィンランド人ヴァイオリニスト(Arto Jarvela)やブラジルのサックス奏者(Larcerda Pixinguinha)による作品も収録。まるで「音楽による世界旅行」といった趣き、それがジョンのスウィング・ギターという極上のフィルターを通して何の違和感もなくリッチなサウンドで聴く者の心を打つ本作、お聴き逃しなく。

●JOHN MILLER-RUTHIE DORNFELD-PATRI HAKALA-TAPANI VARIS / FRESHET('04)  \2800(会員\2700)

●JOHN MORGAN / THE JOURNEY('96)     \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOHN PIZZARELLI / DOUBLE EXPOSURE ('12) CD-33221 \2480(会員\2380)

◆JOHN RENBOURN / ANOTHER MONDAY ('66/'06)   CD-1056 \2800+消費税
  紙ジャケット仕様による国内プレスの限定盤。トラッドにバロックの要素を取り入れ新たなる地平を切り開いたソロ2作目。洗練されたクラシカルなアレンジが冴え渡るペンタングル誕生の鍵を握る重要作が待望の紙ジャケ化。コリン・ハーパーによる英文ライナーノーツの翻訳付。

●JOHN RENBOURN / BBC LIVE IN CONCERT('78/'98)     \2800(会員\2700) 品切れ中

◆JOHN RENBOURN / FARO ANNIE ('71/'06)  CD-1059 \2800+消費税
  紙ジャケット仕様による国内プレスの限定盤。自らのルーツに回帰したソロ5作目。ペンタングルの僚友テリー・コックス、ダニー・トンプソンなどを迎えて制作されたブルース・フィーリング溢れる名作が待望の紙ジャケ化。未発表音源2曲収録!! コリン・ハーパーによる英文ライナーノーツの翻訳付。

●JOHN RENBOURN / FARO ANNIE('71)   \2800(会員特価\2500)

◆JOHN RENBOURN / JOHN RENBOURN('65/'05)  CD-1055 \2800+消費税
  紙ジャケット仕様による国内プレスの限定盤。英国フォーク屈指のギタリストによる愁いをおびたブルース・テイスト溢れるソロ・デビュー作。 アコースティック・ギターの可能性を限りなく追求した珠玉作が待望の紙ジャケ化。コリン・アーウィンによる英文ライナーノーツの翻訳付。未発表音源3曲収録!!

●JOHN RENBOURN / JOHN RENBOURN'S SHIP OF FOOLS   \2800(会員特価\2500) 品切れ中

●JOHN RENBOURN / LIVE IN ITALY('98/'06)   \2800(会員特価\2500)

●JOHN RENBOURN / PALERMO SNOW('11)    CD-78065 \2480(会員\2380)

 All 10 tracks: Palermo Snow/ Dery Miss Grsk/ Bella Terra/ Cirque d'Hiver/ Ugly James/ Sarabande/ Cello Prelude in G/ Weebles Wobble (But They Won't Fall Down)/ Little Niles/ Blueberry Hill/ ■ジョン・レンボーンのニュー・アルバム。オリジナル作品をはじめ、バッハやエリック・サティ作品も含む全10曲収録。


◆JOHN RENBOURN / SIR JOHN ALOT.... [邦題: 鎧面の騎士] ('68/'06)  CD-1057 \2800+消費税
  紙ジャケット仕様による国内プレスの限定盤。ペンタングル結成後に制作され、本格的にクラシックへ挑んだソロ3作目。心を揺さぶる崇高なるギター・アンサンブルが全編にみなぎる比類なき完成度を誇る傑作。未発表音源3曲収録コリン・ハーパーによる英文ライナーノーツの翻訳付。

◆JOHN RENBOURN / THE BLACK BALLOON ('79/'06)  CD-1063 \2800+消費税
  紙ジャケット仕様による国内プレスの限定盤。トラッド、クラシックを昇華し独自のスタイルを確立した円熟のソロ7作目。魂を剥きだしに心の赴くままに奏でられる情熱のメロディで紡がれた格調高い名作が待望の紙ジャケ化。デヴィッド・サッフによる英文ライナーノーツの翻訳付。

◆JOHN RENBOURN / THE GUITAR OF JOHN RENBOURN ('77/'06)  CD-1062 \2800+消費税
  紙ジャケット仕様による国内プレスの限定盤。長い間その存在さえ知られていなかったインストゥルメンタル作品集。 他の作品とは趣きを異にした貴重なライブラリー音源で構成された幻のレア・アイテムが待望の紙ジャケ化。デヴィッド・サッフによる英文ライナーノーツの翻訳付。

◆JOHN RENBOURN / THE HERMIT [邦題: 隠者] ('76/'05)  CD-1060 \2800+消費税
  紙ジャケット仕様による国内プレスの限定盤。ペンタングル解散後、長い沈黙を破って発表されたソロ6作目。大胆にもトラッドにケルト音楽を導入することで自らの可能性を広げ、新機軸を打ち出した意欲作が待望の紙ジャケ化。未発表音源5曲収録。デヴィッド・サッフによる英文ライナーノーツの翻訳付。

◆JOHN RENBOURN / THE LADY AND THE UNICORN ('70/'05)  CD-1058 \2800+消費税
  紙ジャケット仕様による国内プレスの限定盤。トラッドとクラシックの完全なる融合を成し遂げた革新的なソロ4作目。 中世のタペストリーの如く淡麗なる美しさをまとった珠玉のメロディに包まれた金字塔が待望の紙ジャケ化。未発表音源2曲収録。コリン・ハーパーによる英文ライナーノーツの翻訳付。

●JOHN RENBOURN / THE NINE MAIDENS  \2800(会員\2700)

●JOHN RENBOURN / TRAVELER'S PRAYER('98) \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOHN RENBOURN GROUP / A MAID IN BEDLAM('77/'04)   \2480(会員\2380)
 
トラッドの名曲の数々で綴られたジョン・レンボーン・グループの華麗なるデビュー作。 インド音楽との融合による郷愁をいざなうメロディがこだまする名作。

●JOHN RENBOURN GROUP / LIVE IN AMERICA   \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOHN RENBOURN GROUP / THE ENCHANTED GARDEN     \2480(会員\2380)
 
ケルト音楽にもっとも接近したジョン・レンボーン・グループの2作目。中世の細密画を想わせる繊細なメロディに彩られた調べが心に染みわたる不朽の名作。

●JOHN RENBOURN & ROBIN WILLIAMSON / WHEEL OF FORTUNE('93/'06)   \2800(会員\2700)

●JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN / IN CONCERT [2枚組CD+1DVD]   2CD+DVD-135/7 \4000(会員\3900)

 ≪Track Listings≫ CD 1: Looper's Corner/ The Shoes Of The Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers/ Twelve Sticks/ Cocaine Blues/ Pretty Girl Milking A Cow/ Tightrope/ Make Believe Stunt/ Medley: Sheebeg An Sheemore〜Drunken Wagoner/ The Assassination of John Fahey/ Medley:Cincinnati Flow Rag〜New York City Rag〜Hot Dogs/ CD 2: Medley: Judy〜Angie/ Lindsay/ Medley: Lament For Owen Roe O'Neill〜Mist Covered Mountains of Home〜Orphan/ So Early In The Spring/ The English Dance/ Great Dreams From Heaven/ Sweet Potato/ Medley: Bonaparte's Retreat〜Billy In The Lowgrounds/ Goodbye Porkpie Hat/ Candyman/ Midnight On The Water/ Spirit Levels/ Mississippi Blues/ DVD: Looper's Corner/ The Shoes Of The Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers/ Struttin' Rag/ The Assassination of John Fahey/ Tightrope/ Medley: Judy〜Angie/ Whitehouse Blues/ Medley: Trotto〜The English Dance/ Goodbye Porkpie Hat/ Candyman/ Spirit Levels/ Take A Whiff On Me/ *CD 1 & CD 2 recorded in 1982 in Portland, Oregon and CD 2/tracks 1-7 recorded in 1983 in Sydney Australia; Remixed at Livingston Recording Studios ・ Remix Engineer: Nic Kinsey; ■ジョン・レンボーンとステファン・グロスマンの80年代初めのライヴ音源をCD2枚に、映像をDVD1枚に収めたお買い得3枚組。


◆JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN / JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN   \2500(会員\2400) 品切れ中

 All 11 tracks: Snap A Little Owl/ Bermuda Triangle Exit/ Theme from Charles Mingus' The Shoes Of The Fisherman's Wife Are Some Jive Ass Slippers/ Luckett Sunday/ Why A Duck/ The Drifter/ Looper's Corner/ Luke's Little Summer/ Spirit Levels/ The Way She Walks/ Woman From Donori/ ■ジョン・レンボーンとステファン・グロスマンが1978にレコーディングした初のデュエット・アルバム。「Spirit Levels」以外の全10曲のタブ譜がpdfファイルとしてCDに収められている。


●JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN / THE THREE KINGDOM ('87/'12)  CD-149  \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: The Three Kingdoms/ 'Round Midnight/ Dollartown/ Catwalk, Cherry/ Rites of Passage/ Medley: Kiera's Dream & Parson's Mud/ Keeper of the Vine/ Minuet in D Minor (from the Anna Magdalena Notebook)/ Farewell to Mr. Mingus/ Medley: Abide With Me & Old Gloryland/

●JOHN RENBOURN & STEFAN GROSSMAN / UNDER THE VOLCANO ('79/'12)  CD-147  \2480(会員\2380)
 All 9 tracks: Idaho Potato, Medley: Sheebeg An Sheemore & Drunken Wagoner/ Under The Volcano: a) Resurrection of Blind Joe Death b) Four for the Roses c) Montagu's Pact d) Rights of Man/ Medley: Bonaparte's Retreat & Billy In The Lowgrounds/ Swedish Jig/ Water Gypsy/ All Things Parallel Must Converge/ The Blarney Pilgrim/ Mississippi Blues No. 3/

●DORRIS HENDERSON & JOHN RENBOURN / THERE YOU GO('65/'99)   \2800(会員\2700) 品切れ中

●DORRIS HENDERSON with JOHN RENBOURN / WATCH THE STARS('67/'05)≪送料無料≫ \2800(会員\2700)

●JOHN SCOFIELD & PAT METHENY / I CAN SEE YOUR HOUSE FROM HERE  \2480(会員\2380)

●JOHN SHERMAN / SO INCLINED: CELTIC GUITAR('96)   CD-WALH-011 \2800(会員\2700) 品切れ中
 オハイオ州出身と思われるフィンガースタイル・ギタリスト、ジョン・シャーマンのスコティッシュ&アイリッシュ・トラッド作品集。メドレーも含む全13曲。自主制作盤につきお早めに。

●JOHN STANDEFER / CHRISTMAS GUITAR ('10)    \2800(会員\2700)

●JOHN STANDEFER / GOSPEL COOKIN'('96/'04)    \2800(会員\2700) 品切れ中
 All 15 tracks: It Is No Secret/ I Love You, Lord/ Change My Heart O God/ What A Friend We Have In Jesus/ Emmanuel/ Great Is Thy Faithfulness/ Wayfarin' Stranger/ Amazing Grace/ In The Sweet By And By/ Just A Closer Walk With Thee/ Slow, But Sure/ Silent Night/ Thank You/ Oh Lord, You're Beautiful/ Praise God, From Whom All Blessings Flow/

●JOHN STANDEFER / GUITAR CAFE ('10)      \2800(会員\2700)

●JOHN STANDEFER / GUITAR STORIES('98)    \2800(会員\2700) 品切れ中
 John plays guitars, mandolin, mando-cello, ukelele and hand persussion; with Craig Russell(keyboards/bamboo flute/recorder/hand percussion), James Mason(violin), Dennis Cosit(flute), Gerald Webster(classical trumpet), Jim Cheek(flugelhorn/jazz trumpet); All 10 tracks: Badlands/ What Child Is This/ As A Little Child/ His Majesty/ Brand New Life/ The Conflict/ Chaff In The Wind/ In His Arms/ Growing Fruit/ Journey's End/ ■彼のオリジナル作品11曲に、トラディショナル作品「hat Child is This(一般には「Greensleeves」として有名)」を加えた全12曲が収録された98年作。あくまでメインは彼のソロ・ギターであるが、多重録音によりジョン自身がマンドリンなど他の楽器も演奏したり、友人ミュージシャンであるクレイグ・ラッセル等が加わる曲もある。彼のオリジナル作品はバラード系のものが多く、作曲家としても非凡なものを感じる。アコースティック・ギター・ファンとしては、これら全曲を彼の完全なソロ・ギター演奏のみで味わいたいという欲求も同時に感じるのだが、贅沢は言うまい。

●JOHN STANDEFER / TICKET HOME: THE GUITAR OF JOHN STANDEFER('06)   \2800(会員\2700)

 with Tommy Emmanuel(guitar), Guy Van Duser(guitar), Pat Bergeson(guitar), Jim Wallace(harmonica); All 12 tracks: I'll See You in My Dreams/ Deep Elum Blues/ Colorado Sunset/ Dixie McGuire/ Joshua Fit the Battle of Jericho/ When the Roll〜Uncloudy Day/ The Water Is Wide/ A Thing Called Love/ Man of Constant Sorrow/ You Took Advantage of Me/ Don't Know Why/ Once Upon a Western Sky/
■ご要望の多かったジョン・スタンデファーの最新作が入荷。
トミー・エマニュエルやガイ・ヴァン・デューサー等がギターでゲスト参加している事が話題となっているが、収録作品もナカナカに良い。チェット・アトキンスとマール・トラヴィスのデュエット・アルバムにも収録され、聴きモノの1つになっている有名曲「I'll See You in My Dreams」、トミー・エマニュエルのオリジナル作品でトミー自身もゲスト参加している「Dixie McGuire」、もう1曲トミーがゲストでソロの応酬が面白いトラディショナル曲「ジェリコの戦い(Joshua Fit the Battle of Jericho)」、ジョンも大のお気に入りという「The Water Is Wide」、2002年に全米フィンガースタイル・ギタリスト・チャンピオンになった時に演奏した印象深い曲「Man of Constant Sorrow」、ガイ・ヴァン・デューサーをゲストに招いた「You Took Advantage of Me」、ノラ・ジョーンズのグラミー大ヒット曲「Don't Know Why」など、ジョンの好みやセンスが窺える興味深い選曲、全12曲。


●JOHN STANDEFER / TIMELESS GUITAR('02)   \2800(会員\2700)

John plays steel string, f-hole and nylon string guitars and persussion; with Neil Masson(drums); All 16 tracks: To B Or Not To B/ It’s Only A Paper Moon/ I Am A Pilgrim/ Triste/ Blue Finger〜Drive Inn/ As A Little Child/ Wayfarin’ Stranger/ Man Of Constant Sorrow/ I’ve Got My Fingers Crossed/ How Insensitive/ Steeplechase Lane/ Funky Junk/ Greensleeves/ Our Love Is Here To Stay/ I’ll Remember April/ Here’s That Rainy Day/
■ジョン・スタンデファーが3本のギターを使用してレコーディングした最新ソロ・アルバムがコレ。本作にはチェット・アトキンス(とランディ・グッドラム)の作品「To B Or Not To B」やマール・トラヴィスの「I Am A Pilgrim」、アントニオ・カルロス・ジュビンの「Triste」と「How Insensitive」、トラディショナル作品の「Wayfarin’ Stranger」や「Greensleeves」、2002年にグラミー賞を獲得した『O, BROTHER』収録の「Man Of Constant Sorrow」、ガーシュウィン作品の「Our Love Is Here To Stay」などのスタンダード曲、そしてジョン自身のオリジナル作品「As A Little Child」等が収録されており、ヴァラエティに富んだ内容となっている。ジョン自身が多重録音でパーカッションも演奏しているのだが、何曲かで参加しているドラムスも含め、ごく控え目なバッキングなので、ピュアなアコギ・ファンにもそれほど気にならないだろう。チェット(ギャロッピング)・スタイル、ボサ・ノヴァ、アーチトップのフル・アコ・エレクトリックを使ったしスウィングやバラード作品など、ジャズのイディオムをマスターしているプレイヤーならではのアレンジ、演奏が堪能でき、例えばジャズ風に編曲されたトラディショナル作品「Wayfarin’ Stranger」などは、アレンジの勉強にもなるのではないだろうか。ジョン・スタンデファーの他のアルバムは
こちらでご紹介しています。


●BOB BENNETT & JOHN STANDEFER / BOB BENNETT & JOHN STANDEFER ('07) 
 《 送料無料 》 \2800(会員\2700)

●BROOKS ROBERTSON & JOHN STANDEFER / GUITAR SMITHS ('15)  《 送料無料 》  \2800(会員\2700)

●BROOKS ROBERTSON & JOHN STANDEFER / WE CAME TO PLAY ('13)  《 送料無料 》  \2800(会員\2700)

●SELAH [John Standefer, Craig Russell and Tad Suckling] / THE GIFT      \2800(会員\2700)

●JOHN WARSTLER / SOLACE & GRACE('05)     \2800(会員\2700)

●JON GOMM / DON'T PANIC ('09)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●JON LARSEN / THE VINTAGE GUITAR SERIES VOL.10     \2800(会員\2700)

●JORMA KAUKONEN / BLUE COUNTRY HEART('02)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●JORMA KAUKONEN / TOO MANY YEARS('98)     \2480(会員\2380) 

●JORMA KAUKONEN & TOM CONSTANTEN / EMBRYONIC JOURNEY ('95) 《 限定盤 》 \2800(会員\2700)

●JOSCHO STEPHAN / SWINGING STRING('99)     \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOSCHO STEPHAN / SWING NEWS('01)     \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOSEPH SPENCE / BAHAMIAN GUITARIST      \2800(会員\2700) 品切れ中

●JOSEPH SPENCE / LIVING ON THE HALLELUJAH SIDE     CD-2021 \2480(会員\2380)

●JOSEPH SPENCE / GLORY      CD-2096 \2480(会員\2380)

●JOSEPH SPENCE / THE COMPLETE FOLKWAYS RECORDINGS 1958('59/'92)    \2480(会員\2380)

●JOSEPH SPENCE & THE PINDER FAMILY / THE SPRING OF SIXTY-FIVE    CD-2114 \2480(会員\2380)

ジャスティン・キングのライヴ・アルバム『LIVE IN JAPAN』発売!!
JUSTIN KING [ジャスティン・キング] / ライヴ・イン・ジャパン: LIVE IN JAPAN ('15) ≪送料無料≫ CD-3018 \2500 + 税
 All 18 tracks: 1. Paris Morning/ Taps/ Pam & John's House/ Aungust Train/ Cadillac, France/ Northwest of Ju Ju/ Jig/ Square Dance/ Amazing Grace/ Knock on Wood/ Audra/ After the Harvest/ Untitled/ Scrabo Tower/ Locomotive/ Phunkdified/ Hilltop/ With You (Bonus track)/ ■2011年、ジャスティン・キング初来日ツアーのソロ・コンサートがライヴ・アルバムとなって遂にリリース。その名も『ライヴ・イン・ジャパン: Live in Japan』。プー横丁のインディーズ・レーベル、スライス・オブライフ (Slice of Life Records)からの発売です。驚異のソロ・ギター・ライヴ全17曲にボーナス・トラックとしてジャスティンのニュー・バンド『キング・レイディオ (KING RADIO)』のスタジオ録音アルバムからメロディアスな佳曲「With You」も追加した全18曲収録。日本語解説はソロ・ギタリストであり、数々のギター教則本の著者でもある南澤大介氏。只今送料無料です。  ※買い物カゴでのオーダーはコチラ
★尚、ジャスティン・キングの本作『ライヴ・イン・ジャパン』は、ジャスティンの全面協力によってプー横丁のレーベル「スライス・オブ・ライフ (Slice of Life Records)」から国内発売させて頂くことになったもので、輸入盤は存在しません。

ジャスティン・キングの『Le Bleu』に続くインストゥルメンタル・アルバム『I-XII』にボーナストラックを追加したアルバム『丘からの眺め: From The Hill』絶賛発売中!!
JUSTIN KING [ジャスティン・キング] / 丘からの眺め: From The Hill SLCD-3007 \2800 + 税

 All 20 tracks: track 1 - track 12 (Justin King with Michael Manring, Carlos Vamos, James King); track 13 - track 20 (Justin King solo); ■全20曲中、前半12曲はマイケル・マンリング(ベース)、カルロス・ヴァモス(ギター)、ジェイムズ・ウェスト(ドラムス・パーカッション)とのコラボ作品で「アコースティック・ギター進化形」ともいえる音作り。
また、後半7曲(トラック13〜19)はジャスティン・キングのアコースティック・ギタリストとしての魅力が存分に味わえる激レア音源。最終曲(トラック20)は、未発表の新曲。
スラッピング・ギター・プレイに重低音のベースが絡む格好良いトラック2「II」やジャスティンの両手タッピングやハーモニックスによるアコースティック・ギターがフィーチャーされているトラック7「VII」が聴き所。
ボーナス・トラックからはエネルギッシュでパワフルなトラック13「Spring」とケルティック音楽とアメリカっぽいリズムとサウンドの融合ともいえるトラック16「Square Dance」、アコースティック・ギターの流麗なプレイが堪能できるトラック18「Lullaby」がお薦め。

尚、ジャスティン・キングの新譜『丘からの眺め』ご注文の方には、送料無料(当店負担)でお送りします。※発送方法はこちらで選ばせて頂きます。代引の場合は代引手数料350円をご請求させて頂きます。
 
※この『丘からの眺め: From The Hill』は、ジャスティンの全面協力によってプー横丁のレーベル「スライス・オブ・ライフ」から国内発売させて頂くことになったもので、輸入盤は存在しません。
★このジャスティン・キング『丘からの眺め』のご注文は、メールでもお受けしておりますが、買い物かごによるオーダーご希望の方は、こちらで受け付けております。


JUSTIN KING / LE BLEU         CD-JK-2001  \2800(会員\2700)

 with Linh Renken(violin), Troy Sicotte(violin/double bass), James West(tablas/kinjara/udu/water); All 19 tracks: Taps/ Seville/ After the Harvest/ A Saucey Jig/ Scrabo Tower/ Northwest of Ju Ju/ Loco Motives/ Amazing Grace/ Pam And Johns House/ August Train/ Knock on Wood/ Winter on the Hill/ Ashokan Farewell/ Paris Morning/ Phunkdified/ Childs Toy/ Prinsengracht/ The Mill Creek/ Ashes/ ■入荷前より中川イサトさんをはじめ、多くの方からご予約やお問合せを頂いていたジャスティン・キングのアルバムが遂に入荷。本当に素晴らしいアルバムである。「マイケル・ヘッジスのスタイルの全てをマスターし、それを更に発展させつつある超絶テクニシャン」といった評価も海外のレビューでは見かけたりするけれども、彼の持つ音楽性やギター・スタイルは、そんな形容では表しきれない、もっと豊かでヴァラエティに富んだものだ。既に3枚のソロ作を出していて(残念ながら1作目&2作目は廃盤の為に入手困難だ)、コレが3作目。本作では、6弦の普通のアコースティック・ギターのほか、Doolin Guitars製のダブルネック・ギターや7弦ギター、ガット・ギターやスライド・ギターもプレイ。1曲目の「Taps」ではタイトル通り、4分以上も「そんなタッピングやってたら腱鞘炎になるよ」というくらいのタッピング・プレイをフィーチャーした作品。それに彼の友人である打楽器奏者ジェイムズ・ウェストのタブラ(インドの打楽器)が絡んで、独特の「音」世界に入り、アルバムのオープニングから「何かが起きそう」という雰囲気。続く「Seville」は、スパニッシュ風味の切れ味するどいエモーショナルなプレイが印象的な作品。うって変わって3曲目の「After the Harvest」はソロ・ギターによるスロー・バラード。「A Saucey Jig」は、タイトルからも解る通り、アップ・テンポのジグ、等々。様々な輝きと彩りを放つ優れたオリジナル作品17曲に、心にしみる「Amazing Grace」と「Ashokan Farewell」のカヴァー曲も含む全19曲(収録時間63分余)。「The Mill Creek」で聴くスライド・ギター・プレイや、アルバム最後を飾る「Ashes」1曲で披露されるヘッジスを彷佛とさせる彼のヴォーカルも良いなァ。こんなにも色々な味わいのオリジナル作品が生まれた背景には、本作がレコーディングされる前までスコットランド、アイルランド、スペイン、チェコなどヨーロッパ各国を旅行した際、歴史ある様々な音楽に彼が触れたという事があり、そんな芳醇な音楽に影響を受けて本作の収録作品は作られたそうだ。まだ一般のファンには「知る人ぞ知る」という存在の彼だが、ラリヴィー(Larrivee)・ギターやエリクサー(Elixir)弦からエンドースを受けており、既に「業界は彼のギタリストとしての非凡な才能に注目し、行動を起こしている」ことも明らか。ジェイムズ・テイラーやラウドン・ウェインライト3世のコンサートのオープニング・アクトに起用された事もあるそうで、このまま行けば「ブレイク必至の逸材」と早くも申し上げておこう。という訳で、全面的にお薦めしたい。
★このジャスティン・キング『Le Bleu』のご注文は、メールでもお受けしておりますが、買い物かごによるオーダーご希望の方は、こちらで受け付けております。


●JUSTIN ROTH / IN BETWEEN('00)     CD-BR-7400 \2800(会員\2700)

 with Billy McLaughlin, Dan Schwartz, Enrique Toussaint and others; All 10 tracks: Seven Sisters/ Fatima's Waltz/ Nothing To Lose/ She Is The One/ Riverside/ Uesterday's Gone/ etc. ■通販カタログに掲載し、大好評頂いたフィンガースタイルのギター・インスト・アルバム『SOLO GUITARS』でダン・シュウォーツ、ベンジャミン・ウールマン等と共にオリジナリティあふれる演奏を披露していたジャスティン・ロスの自主制作によるソロ・アルバム。その『SOLO GUITARS』のオープニングを飾るケルティック調のオリジナル作品「Fatima's Waltz」で印象的な両手タッピングを披露しているのがジャスティン・ロスである。本作は、ダン・シュウォーツのソロ第1弾『ART OF MAKING FAIRE』と酷似した音楽性を持ったヴォーカル中心のアルバムであるが、「Fatima's Waltz」と「Seven Sisters」の2曲も収録されているので、ブルース・コバーンの初期アルバムのように、ヴォーカル作品中心だけど1、2曲入っているインスト作品にグッとくるアコギ・ファンも多いに違いないと思うので、ここでご紹介している次第。


●JUSTIN ROTH & CHRIS CUNNINGHAM / 2 FORMS OF ID('00)  CD-JRCC-001  \2480(会員\2380)

●JUSTIN TAYLOR / FROM TIENIE STREET('07)   CD-JT2007  \2480(会員\2380)

●KAKI KING / EVERYBODY LOVES YOU('03)      CD-3022 \2800(会員\2700)

●KAKI KING / JUNIOR ('10)          \2480(会員\2380)

●KAKI KING / LEGS TO MAKE US LONGER('04)      CD-92426 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Frame/ Playing With Pink Noise/ Ingots/ Doing The Wrong Thing/ Solipsist/ Neanderthal/ Can The Gwot Save Us?/ Lies/ All The Landslides Birds Have Seen Since The Beginning Of The World/ Magazine/ My Insect Life/ Nailes[Hidden Track]/ ■女性フィンガースタイル・ギタリスト、カーキ・キングの新譜。尊敬するギタリストとしてアレックス・デ・グラッシとプレストン・リードの名を挙げるアトランタ出身の24歳。幼少期よりクラシック・ギターを弾き始めたという彼女は、一時は離れていたものの、TVでエディ・ヴァン・ヘイレンのプレイを観たことをきっかけに再びギター演奏を再開、99年には大学進学のためにNYへ移り住み、曲作りを続けた。両手タッピングにボディ・ヒッティングを組み合わせたスタイルの作品は、(女性ギタリストという事で勝手に想像してしまう線の細さみたいなものは皆無なので、その迫力あるプレイから)実際「プレストン・リードの新曲かな」と思えるような作風だったりするけれど、じっくり聴き込むと彼女の若さや繊細さが収録作品のそこかしこに窺えるのだ。1曲のみで披露される彼女のヴォーカルも和みモノ。


●KAKI KING / UNTIL WE FELT RED('06)      CD-604 \2800(会員\2700)

●KAKI KING / DREAMING OF REV('08)      CD-804 \2800(会員\2700)

●KELLY VALLEAU / KELLY VALLEAU: VOL.2 ('12)    CD-KV-2012 \2480(会員\2380)
 ケリー・ヴァローの前作『MUSICA PARA LA GUITARRA』に続く2作目。彼のオリジナル作品のほか、日本では「運命」の通称で知られるベートーベンの「交響曲第5番」をフィンガースタイル・ソロ・ギターにアレンジし、演奏している。全11曲収録。※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●KELLY VALLEAU / MUSICA PARA LA GUITARRA('08)     \2480(会員\2380)
 All 11 tracks: Fur Ludwig/ Another Brick in the Wall/ Hommage to Barrios/ The Bull Run/ Requiem/ Matador/ We Will Rock You/ Dance of the Dead/ Four Horsemen/ Miss You/ The Duel/

●KEN EMERSON / HAWAIIAN TANGOS, HULAS & BLUES('04)    CD-59000 \2480(会員\2380)

 All 16 tracks: Roselani/ Perfection/ Sitting On Top Of The World/ Natural Fact/ Moonshadows On Coconut Grove/ Tropico Pacifico/ Kalamaula/ Ka Mele NaheNahe O Ke Kai/ Ulupalakua/ Hilo Hanakahi/ Slack Key Uku'/ The Third Man Theme/ Kalihi Blues/ Wahine Ilikea/ Limahuli Dream/ Oli Aloha/


●KEN EMERSON / SLACK & STEEL: ACOUSTIC & ELECTRIC STEEL GUITAR GUITAR WITH SLACK-KEY   \2480(会員\2380)

 All 19 tracks: Moana Chimes/ Puako/ I Kona/ Hanalei Medley/ Ua Kea/ Hotel Street Blues/ Maile Lau Li'i Li'i/ Punahele/ Hula Blues/ Wai'oli Waltz/ Hilo March/ Wai Lehua/ 'Ula Noweo/ Radio Blues/ REISSUE BONUS TRACKS: Hotel Street Blues/ Whinin' Boy Blues/ Puako/ Wai'oli Waltz/ 'Ula Noweo/


●KEN EMERSON & FRIENDS / SLACK & STEEL - KAUA'I STYLE    CD-97000 \2480(会員\2380)

 with Bill Kruetzmann, Todd Rundgren, Charlie Musselwhite, Pancho Graham; All 16 tracks: Miloli'i Slack Key/ Lei Nani/ Sand/ Nani Kaua'i/ Small Axe/ `O Akua/ Sleepwalk/ Ulili E/ Too Much Kava Kava "Ain't Nearly Enough"/ Manuela Boy '07/ Feelin' No Pain/ Sase (Sassy Hula)/ Ka Loke de mi Corazon/ E Lei E/ Endless Summer/ E Kalihiwai/


●KENNY SULTAN / GUITAR BLUES('02)      CD-2037 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Lightnin' Strikes/ Cascade Rag/ If the Shoe Fits/ Suspicious Strut/ Binker's Blues/ Dirty Business Hurts/ Auto Pilot/ Funky Butt/ Nightcrawler/ 'Da Blooze/ Ruff 'N Tuff/ Blake's Blast/ Living in the Country/ Banjo Space Blues/


●KENNY SULTAN / WEST COAST BLUES('01)      CD-2013 \2480(会員\2380)

 All 17 tracks: West Coast Blues/ Honky Tonk/ Slippin and Drippin'/ Dust My Broom #33/ Funky 5/ Pony Up/ Crow Jane/ Cigarrette Blues/ State Street Crawl/ The Nickster/ Mississippi/Arlington Blues/ The Sick Boogie/ Brown Whiskey Blooze/ Ragging the Blues/ Shangri-La/ Buck Dancers Choice/ Read 'em and Weep/


●KEOLA BEAMER / KOLONAHE       \2480(会員\2380)

●KEOLA BEAMER / MAUNAKEA-WHITE MOUNTAIN JOURNAL     \2480(会員\2380)

あのキーラン・マーフィーの最新アルバム、入荷!!
KIERAN MURPHY / Garden Of The Light ('11) ≪送料無料≫ ≪オーストラリア盤≫   \2480(会員\2380)

キーラン・マーフィーが『ありのままに』の次に発表したアルバム、入荷!!
KIERAN MURPHY / ALWAYS, FRANCESCA ≪送料無料≫ ≪オーストラリア盤≫  \2480(会員\2380)

 produced by Kieran Murphy; All music composed, performed, arranged, recorded, mixed and mastered by Kieran Murphy; All 10 tracks: L'introduction/ Quente/ The Dance/ Jawna/ Silk and Cocoa/ Femme Fatale/ Noites de ver/ Belo Horizonte/ Aigre-doux/ Always, Francesca/
■07年にリリースされたアルバム『ありのままに: Per Se』が、発売当時よりトミー・エマニュエルや押尾コータローをはじめ内外の多くのプロ・ギタリストから絶賛され、フィンガースタイル・ソロ・ギターの傑作アルバムとして高い評価を得たキーラン・マーフィー。その後、アメリカのボストンに移り住み、バークリー音楽院で約2年間学んだ後、オーストラリアに帰国。そんな彼がアメリカ滞在中の09年にレコーディングしたソロ・アルバム『Always, Francesca [オルウェイズ・フランチェスカ]』が遂に正式に発売された。この『Always, Francesca』は以前キーランのHPで紹介されたが、日本ではほとんど出まわることなく今日に至っている≪幻のアルバム≫だ。すべて書き下ろしの新曲で全10トラックを収録。スパニッシュっぽい「Quente」や「The Dance」からファンクっぽい「Silk and Cocoa」や「Femme Fatale」まで、前作『ありのままに』の内容を踏襲しつつも、新たなキーランの魅力が一杯のアルバムとなっている。全面的にお薦めする。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


◆キーラン・マーフィー[KIERAN MURPHY] / ありのままに (原題 PER SE) ≪送料無料≫ SLCD-3001 \2800+消費税

 composed, arranged, produced and performed by Kieran Murphy; 15 tracks: Introduction/ The Chase/ Shy/ Bootleg Escapade/ Escapade Outro/ Hope [Green Again]/ Sangria/ Southern Run/ Prelude to East/ East/ First Crossing/ Interlude/ After the Fall/ Firetail/ And Out/ ■キーラン・マーフィー初のフル・アルバム。トミー・エマニュエルのプレイを彷彿とさせる切れ味鋭く抑揚に富んだダイナミックなプレイの「ザ・チェイス」や「ブートレグ・エスカピード」から、ケルティック音楽の影響が窺える「サザン・ラン」や「ファイアーテイル」まで、様々な作風のオリジナル作品が楽しめる聴き応え充分の素晴らしいソロ・ギター・アルバム。2001年9月11日の同時多発テロのニュースを知り心を痛めた当時13歳のキーランが、その翌日に作った祈りにも似た穏やかな作品「アフター・ザ・フォール」も収録。
年齢に不釣り合いな程の優れたテクニックだけでなく、様々な作風のオリジナル作品の曲作りにおいても、彼は才能を遺憾なく発揮している。スロー・バラードからパッション溢れる楽曲まで、アコースティック・ギター1本だけで表現されたキーラン・マーフィーの世界を堪能できる1枚。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


■「弱冠18歳の超絶テクニック!今後に期待!ではない、既に期待していい!アーティスト。  ギターテクニックはもちろん、彼の音楽家としての素晴らしさを堪能できる一枚です。」              押尾コータロー (ギタリスト)


●LAGQ [LOS ANGELES GUITAR QUARTET] / LABYRINTH('95)   CD-DE-3163 \2480(会員\2380)

●LAGQ [LOS ANGELES GUITAR QUARTET] / L.A.G.Q.('98)     \2800(会員\2700)

●LARRY CARLTON / ALONE-BUT NEVER ALONE     CD-5689 \2480(会員\2380)

●LARRY CORYELL / PRIVATE CONCERT('98)    \2480(会員\2380) 品切れ中

●LARRY CORYELL / SHINING HOUR('90)      CD-600632 \2480(会員\2380)

●LARRY CORYELL / SPACES REVISITED    \2480(会員\2380)

●LARRY CORYELL / TWELVE FRETS TO ONE OCTAVE('91) CD-97015 \2480(会員\2380)

●LARRY PATTIS / RANDOM CHANCE('97)     \2800(会員\2700)

●LASSE JOHANSSON / FINGERSTYLE GUITAR CLASSICS('06)   CD-2058 \2480(会員\2380)

 All 20 tracks: Eddie's Twister/ Doctor Jazz/ Dead Man Blues/ Alligator Crawl/ Tears/ Stoptime Rag/ The Man I Love/ Feelin' My Way/ Blue Drag/ Way Down Yonder In New Orleans/ Visa Fran Utanmyra/ All That Meat And No Potatoes/ Singin' the Blues/ Ragtime Oriole/ Dixie Knows/ Basin' Street Blues/ Stuck In a Rut/ Church Street Sobbin' Blues/ Harry Lime Theme/ Prelude No. 2/ ■1970年代あのキッキング・ミュール・レーベルから発売された『Ragtime Guitar Duets 』『Novelty Guitar Instrumentals』『Masters of the Ragtime Guitar』『Advanced Fingerpicking Guitar Techniques』『King Porter Stomp』『The Entertainer 』といった名盤の数々に参加していたスウェーデン出身のフィンガースタイル・ギタリスト、ラッセ・ヨハンスンが06年にギター・シーンに復帰し、発表したニュー・アルバムが本作。まさに全世界のアコースティック・ギター・ファン狂喜の好盤だ。全20曲収録。


●LASSE JOHANSSON / KING PORTER STOMP ('06)      CD-152 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / UNDER AN INDIGO SKY ('13)           \2480(会員\2380)
 
※買い物カゴでのオーダーはコチラ

LAURENCE JUBER / CATCH LJ LIVE [CD+DVD/2枚組] ≪送料無料≫     2CD/DVD-2112 \3600(会員価格\3500)
 
※買い物カゴでのオーダーはコチラ

LAURENCE JUBER / LJ PLAYS THE BEATLES: VOL.2 ('10)   \2800(会員\2700)

 produced by Hope Juber; All 15 tracks: Penny Lane/ Eleanor Rigby/ Drive My Car/ Here, There & Everywhere/ You Cn't Do That/ Blackbird/ I Feel Fine/ Dear Prudence/ When I'm Sixty-Four/ Please Please Me/ No Reply/ I Am The Walrus/ All I've Got To Do/ Michelle/ The Long & Winding Road/ ■ロウレンス・ジュバーが大好評アルバムで超ロングセラーを続けているビートルズのカヴァー集『LJ PLAYS THE BEATLES』の第2弾が発売された。タイトルもシンプルに『LJ PLAYS THE BEATLES: VOL.2』である。多くのミュージシャンにカヴァーされてきた「Blackbird」「I Feel Fine」「 Michelle」などだけでなく、「Dear Prudence」「I Am The Walrus」「All I've Got To Do」などの珍しい作品もカヴァーしているところにLJの選曲センスとこだわりも窺える。前作の第1集『LJ PLAYS THE BEATLES』がリリースされたのが2000年。10年の歳月を経て今再びビートルズ作品(今回はジョージ・ハリスン作品は1曲ものカヴァーされておらず、レノン=マッカートニー作品のみだ)のカヴァーに挑んだLJのアーティストとしての円熟味を感じさせる傑作である。
★ロウレンス・ジュバーのアルバム『LJ PLAYS THE BEATLES: VOL.2』ご注文は、メールでもお受けしておりますが、買い物かごによるオーダーご希望の方はプー横丁が運営していますネットショップ Shop at Pooh Cornerで受け付けております。


LAURENCE JUBER / WOODEN HORSES('09)      \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Enough Is Never Enough/ Guitar Noir/ The Crow's Nest/ Maple Avenue Strut/ The Ornament Waltz/ Rufus / Highway 17/ Being Here with You/ Wooden Horses/ Double Agent/ Shebeg & Shemore/ Around the Block/ Portobello Road/ Bonus Live Track: Green Room Blues/ ■ロウレンス・ジュバーが09年に発表した最新アルバム。ロック、ポップス、ジャズ、ブルース、ケルティックなど、様々な音楽性を内包する彼の音楽が見事に溶けあったオリジナル作品の数々。傑作である。クールな雰囲気の6曲目「Rufus」は、ファン必聴である。


LAURENCE JUBER / ALTERED REALITY('99)     \2800(会員\2700)

LAURENCE JUBER / THE COLLECTION('00)      CD-2003 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / DIFFERENT TIMES('01)    CD-2023 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / GUITARIST('03)      CD-2045 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / GUITAR MAGIC: 吉他魔法師       \2800(会員\2700)

LAURENCE JUBER / I'VE GOT THE WORLD ON SIX STRING: LJ PLAYS HAROLD ARLEN   CD-2060 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / LJ PLAYS THE BEATLES('00)     CD-2001 \2800(会員\2700)

LAURENCE JUBER / LJ: REMASTERED('95)       CD-909-1 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / MOSAIC('98)       CD-909-3 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / NAKED SOLOS [2枚組CD]        2CD-2002 \3800(会員\3700)

LAURENCE JUBER / ONE WING('05)      CD-2051 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / PCH   CD-2065 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / POP GOES GUITAR('08)   CD-2080 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / SOUL OF LIGHT ('12)     CD-2107 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER / WINTER GUITAR('97)     CD-909-2 \2480(会員\2380)

LAURENCE JUBER & PRESTON REED / GROOVE MASTERS: VOL.1('97)   CD-505-1 \2480(会員\2380)

 All 10 songs: Groovemasters/ Commotion/ Shoganal/ Hurricane/ Private Dick/ Bad Attitude/ Airborne/ Ricochet/ Dirty Boy/ Last Train/ ■ロウレンス・ジュバーとプレストン・リードが97年に発表した初共演盤。演奏スタイルやテクニックの異なる2人の絶妙のコンビネーションが素晴しい傑作だ。ジャズ風味の「Private Dick」、2人の個性が際立つ「Ricochet」、ムーディな作風で7/8拍子の「Airbone」も含むなど、ヴァラエティに富んだ作品、全10曲。是非お聴き頂きたい。


●LENNY BREAU / FIVE O'CLOCK BELLS - MO' BREAU('87)    CD-5006/12 \2800(会員\2700)
 
レニー・プロウのソロ作『FIVE O'CLOCK BELLS』と『MO' BREAU』を2on1でスッポリ収めたお買い得盤。

●LENNY BREAU / AT THE PURPLE ONION('04)     CD-1009-2 \2480(会員\2380)

 also feat. Don Francks (vocals), Eon Henstridge(acoustic bass); All 10 tracks: Introduction (2:29)/ A New Electric Chair (3:14)/ The Surrey With The Fringe On Top (5:26)/ The Newspaper Song (9:16)/ Gum Addiction (4:08)/ Tea For Two (13:18)/ A Gentile Sings The Blues (21:04)/ Work Song (5:14)/ Oscar's Blues (1:53)/ Joey's Solo (1:43)/ Recorded live at the Purple Onion in Toronto, Canada in August 1962; ■次々と発掘されるレニー・プロウの未発表レコーディングが、また1つリリースされた。1962年8月、カナダのトロントでのライヴ録音で、レニーのギターにイーオン・ヘンストリッジのアコースティック・ベース、ドン・フランクスのヴォーカルというトリオの演奏。


●LENNY BREAU / GUITAR SOUNDS FROM LENNY BREAU('05)    CD-4076 \2800(会員\2700)

●LENNY BREAU / MOSAIC('06)    CD-0007 \2800(会員\2700)

●LENNY BREAU / SWINGIN' ON A SEVEN-STRING('84/'05)  CD-1013-2 \2480(会員\2380)

 Lenny Breau(acoustic 7-string guitar/electric guitar/vo.); with Buddy Emmons(pedalsteel guitar), Jim Ferguson(acoustic bass), Kenny Malone(drums); All 11 tracks: Back In Indiana/ You Needed Me/ Bonaparte's Retreat/ I Can't Help It If I'm Still In Love With You/ I Love You Because/ Please Release Me/ Blue Moon Of Kentucky/ She Thinks I Still Care/ I'm So Lonesome I Could Cry/ Anytime/ Blue Eyes Crying In the Rain [Bonus Track]/ ■オリジナル盤は82年8月にレコーディングされ、84年に『When Lightn' Strikes』のタイトルでLPとして発売されたアルバムの嬉しいCD化。ペダルスティールで自在にジャズをプレイできるバディ・エモンズとのスリリングな絡みも見事。エモンズ曰わく「これまでレニーとスタジオやライヴ・ステージで何度も共演することが出来た私は幸運だった。しかし、このアルバムが私にとって特別だったのは、彼自らがレコーディングに参加するよう私を招いてくれたからだ。彼は(私にとって)インスピレーションそのものだったし、それは現在も今後もずっと変わらないだろう」。「Bonaparte's Retreat」で披露する素直なヴォーカルも温かみがあって和みモノ。


●LENNY BREAU / THE COMPLETE LIVING ROOM SESSIONS [2枚組CD]      2CD-1004-2 \3800(会員\3700)

●LENNY BREAU / THE HALLMARK SESSIONS('03)      CD-AL1007-2 \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Rick Danko(acoustic bass), Levon Helm(drums); ■フィル・アップチャーチから「ウェス・モンゴメリー以来の最も革新的なギタリスト」と言われ、ミスター・ギター、チェット・アトキンスからは「現在、世界で最も偉大なギター・プレイヤー」賞されたギタリスト、レニー・ブローの未発表レコーディング集。1961年にレコーディングされた初めてのジャズ・セッション・アルバムである本作で、7曲のジャズ・スタンダード作品でバックアップした2人のミュージシャンが、何とザ・バンドのリック・ダンコとリヴォン・ヘルムなのだ。正確には当時ロニー・ホウキンスのバンド、ザ・ホウクスのメンバーだったリックとリヴォンがレニーをサポートした3人だけの演奏。シビレます。心震えます。


●LEO KOTTKE / 6- AND 12-STRING GUITAR('74/'96)  \2800(会員\2700)

●LEO KOTTKE / A SHOUT TOWARD NOON('86)     \2800(会員\2800) 品切れ中

●LEO KOTTKE / GREENHOUSE      \2800(会員\2700) 品切れ中

●LEO KOTTKE / GUITAR MUSIC('81)     \2800(会員\2800) 

●LEO KOTTKE / ICE WATER      \2800(会員\2700) 品切れ中

●LEO KOTTKE / INSTRUMENTAL: THE BEST OF THE CAPITOL YEARS('03)     \2800(会員\2800) 

●LEO KOTTKE / INSTRUMENTAL: THE BEST OF THE CHRYSALIS YEARS('03)     \2800(会員\2800) 

●LEO KOTTKE / LIVE IN EUROPE('80/'95)     \2800(会員\2800)

●LEO KOTTKE / MY FATHER'S FACE      \2800(会員\2700)

●LEO KOTTKE / ONE GUITAR, NO VOCALS('99)     \2800(会員\2700)

●LEO KOTTKE / PECULIAROSO('91)     \2800(会員\2800) 

●LEO KOTTKE / TRY AND STOP ME('04)  \2800(会員\2700) 品切れ中

●LEO KOTTKE & MIKE GORDON / SIXTY SIX STEPS('05)  \2800(会員\2700)

●LEON REDBONE / ANY TIME('01)      \2480(会員\2380)

●LEON REDBONE / NO REGRETS('88)      \2480(会員\2380)

●LEON REDBONE / UP A LAZY RIVER('92)     \2480(会員\2380)

●LES PAUL & MARY FORD / THE WORLD IS WAITING FOR THE SUNRISE  CD-15436 \2480(会員\2380)

●LES PAUL with MARY FORD / THE BEST OF THE CAPTOL MASTERS    CD-99617 \2480(会員\2380)

LUCAS MICHAILIDIS / FRESHWATER ROAD      \2800(会員\2700)

 All 10 tracks: Alia(3:33)/ Dig This(3:23)/ Don't be Alarmed(3:50)/ Freshwater Road(4:30)/ Jewels(1:57)/ Lucky One(3:25)/ See Saw(3:16)/ Strut(2:48)/ Tailor Made(4:56)/ The Muse(3:35)/


LUCAS MICHAILIDIS / THE OFFERING     CD-LM-01 \2800(会員\2700) 品切れ中

●LUCA STRICAGNOLI / LUCA STRICAGNOLI ('15) ≪送料無料≫ CD-LS2015 \2480(会員\2380)
      produce by Stefano Barone;  ■注目のフィンガースタイル・ギタリスト、ルカ・ストゥリカニョーリのデビュー・アルバム。イタリア出身の23歳。本作をプロデュースしたのは、08年に同じ23歳でソロ・ギタリストとして活動を開始し、アルバム『PARTICOLARE #UNO』でアルバム・デビューしたステファーノ・バローン。AC/DCのカヴァー「Thunderstruck」や劇場映画『Braveheart』や『The Last of the Mohicans』や『1492: Conquest of Paradise』のテーマ曲をフィンガースタイル・ソロ・ギターにアレンジして新たな作品として蘇らせることに成功している。「Braveheart」では左手でタッピングしながら右手に持ったリコーダーを吹いたり、両手タッピングしながら(ハーモニカホルダーで固定するのではなく)ギターの側板に貼ったハーモニカを吹いたり、「The Last of the Mohicans」ではイントロで3本のギターを使用したり、エリック・モングレインに捧げられたアルバム最終曲「The Future」ではラップタッピング・スタイルのオリジナル作品(この曲も素晴らしい!!)も披露するなど、その自由な発想によるアレンジに尽きぬ興味をそそられる。お薦めアルバム。※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●LUIZ BONFA / SOLO IN RIO 1959      \2480(会員\2380)


マネリ・ジャマルのニュー・アルバム!!
MANELI JAMAL / THE LAMAJ MOVEMENT ('12)        CD-MJ2012 \2800(会員\2700)

  All 12 tracks: Mov I - Awakening [3:55]/ Mov II - Lamaj [4:49]/ Mov iii - On The Run [3:25]/ Mov IV - Alleviation [3:25]/ Adapt & Accept Pt.1 [5:23]/ Six In Harmony [4:08]/ Nine Years Residence [3:57]/ Homespun [4:10]/ Klingerstrasse [3:14]/ Adapt & Accept Pt.2 [3:21]/ Us Against Them [5:27]/ ■マイケル・ヘッジスの音楽的遺産を受け継ぐ若手フィンガースタイル・ギタリスト、マネリ・ジャマルのアルバム。イラン生まれのドイツ育ち。その後米国のテキサス州オースティンで10代後半を過ごし、現在はカナダのトロントに住んでいる。ヘッジスのギター・スタイルを踏襲している彼は、ジャスティン・キングとも親交があり、そのエモーショナルなプレイとオリジナル作品はジャスティンからも高く評価されていて、一緒にツアーをしたこともあるらしい。本作も前作『The Ziur Movement』同様、淡いトーンが印象的なジャケットである。10代の頃より家族と共に世界を転々とする苦難の生活を余儀なくされた彼の心情を吐露するかのような作品群、全12曲収録。※買い物カゴでのオーダーは、コチラ


話題のフィンガースタイル・ギタリスト、マネリ・ジャマルのソロ・アルバムが入荷。タブ譜2曲付き!!
●MANELI JAMAL / The Ziur Movement ('09)         CD-MJ2009 \2800(会員\2700)

 All 14 tracks: Most Glorious Day/ Movement I - Norym/ Movement II - Vasat/ Movement III - Ziur/ Movement IV - Finale/ Javun/ Southern Magnolia/ Cold Arrival/ Behazin Memorial/ Spirit Lingers/ Morning In Adanac/ 2 am/ Lucid Drawl/ ruiZ/ ■マイケル・ヘッジスの音楽的遺産を受け継ぐ若手フィンガースタイル・ギタリスト、マネリ・ジャマルのアルバムが入荷した。イラン生まれのドイツ育ち。その後米国のテキサス州オースティンで10代後半を過ごし、現在はカナダのトロントに住んでいる。ヘッジスのギター・スタイルを踏襲している彼は、ジャスティン・キングとも親交があり、そのエモーショナルなプレイとオリジナル作品はジャスティンからも高く評価されていて、一緒にツアーをしたこともあるらしい。淡いトーンも印象的なジャケットの本作、1曲目の「Most Glorious Day」からスーッと一気に引き込まれてしまう、そんな魅力を持ったアルバムだ。前述の通り、10代後半までに住まいを転々とし、10代の多感な時期を次々と変わる環境の中で過ごした彼にとって「ギターだけが自分を表現できる唯一のものだった」とのこと。アルバム・タイトルにある「Ziur」は彼のフィアンセの名字「Ruiz」を逆に綴ったものだそうで、作品の殆どは彼女に捧げられている(だから、そんなにエモーショナルなの?)。1985年2月生まれというから、現在26歳。本作のレコーディング時は24歳だった彼の、魂が迸るアルバムである。[プー横丁店主POOH]
 下記にお知らせの通り、マネリの厚意により本作をお買い上げの方には本作に収録の「Most Glorious Day」と「Javun」のタブ譜を無料プレゼント中である。この機会をどうぞお見逃しなく。
※この商品をを買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ
■只今、当店で本作をお買い上げの方には、「Most Glorious Day」と「Javun」のタブ譜を無料でお付けしています。

■下記はマネリ・ジャマルから日本のアコースティック・ギター・ファンへ送られた言葉です。
 カナダから皆さんにご挨拶させて頂きます。私のアルバム『The Ziur Movement』に収められた14のソロ・ギター作品を作曲するに当たっては一生懸命になって取り組みました。それを皆さんにお届けできることとなり、本当に嬉しく思っています。いずれの作品も私自身の経験から生まれたものですが、それらは全ての人々にも関係のあることだと思います。(私からの皆さへのプレゼントである)「Most Glorious Day」と「Javun」の2曲のタブ譜を使って皆さんも練習してみて下さい。プー横丁さんのおかげで日本の皆さんに私の作品が届けられるようになりました。いつか叶えたい私の夢の1つですが、そんなに遠くない将来に日本を訪れて皆さんの前で演奏したいと思っています。その日まで!  マネリ・ジャマル

 I want to give a very warm greeting to you from Canada. I have worked hard on composing these 14 solo acoustic guitar compositions on my CD "The Ziur Movement" and am happy to share it with you. The songs all come from personal experience that I feel are relatable to all humans. I hope you also enjoy 2 free TABS of "Most Glorious Day" and "Javun" to learn and play.
 If it wasn't for Pooh Yokocho I wouldn't have the opportunity to share my compositions with you in Japan. It is still one of my dreams to come to Japan and play for you all in the near future!
 Until then my friends!

 Maneli Jamal


●MARK HANSON / GREAT AMERICAN SONGBOOK FOR GUITAR('09)   \2480(会員\2380)

 All 13 tracs: Take the 'A' Train/ Brother, Can You Spare a Dime/ Zing! Went the Strings of My Heart/ Georgia On My Mind/ In the Mood/ Ain't Misbehavin'/ Angel Eyes/ Swingin' On A Star/ Misty/ Body & Soul/ Come Sunday/ All of Me/ Here's That Rainy Day/


●MARK HANSON / LOVE SONGS FOR GUITAR('09)     \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Something/ Don't Know Why/ Isn't She Lovely/ The Best of My Love/ Wonderful Tonight/ Breakdown/ It's Only Love/ I Only Have Eyes for You/ Mercy, Mercy, Mercy/ (What a) Wonderful World/ Crazy/ I Left My Heart in San Francisco/


●MARK HANSON / YULETIDE GUITAR('95)     \2800(会員\2700)
 『LEO KOTTKE TRANSCRIBED』や『PAUL SIMON TRANSCRIBED』等をはじめとする教則本や教則DVDの著者としても知られるマーク・ハンスンが95年に発表したクリスマス作品集。

●MARTIN CARTHY / MARTIN CARTHY      CD-340 \2480(会員\2380)

●MARTIN CARTHY / RIGS OF THE TIME      \2800(会員\2700) 品切れ中

●MARTIN CARTHY with DAVE SWARBRICK / BUT TWO CAME BY('68/'94)  CD-343 \2480(会員\2380)

●MARTIN CARTHY / SECOND ALBUM      \2800(会員\2700) 品切れ中

●MARTIN CARTHY / OUT OF THE CUT('82/'94)   CD-426 \2480(会員\2380)

●MARTIN CARTHY / RIGHT OF PASSAGE('88)     CD-452 \2480(会員\2380)

●MARTIN CARTHY & DAVE SWARBRICK / BYKER HILL('67/'91)   CD-342 \2800(会員\2700)

●MARTIN CARTHY & DAVE SWARBRICK / LIFE AND LIMB('91)  CD-GLCD-3052 \2800(会員\2700) 品切れ中

●MARTIN CARTHY & DAVE SWARBRICK / PRINCE HEATHEN('69/'94)  CD-344 \2480(会員\2380)

●MARTIN CARTHY & DAVE SWARBRICK / SKIN AND BONE('92)   CD-3075 \2480(会員\2380)

●MARTIN PARIS / TURNING POINT [Delexe Edition] ('11)     CD-2097 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Ever After/ Altered Path/ Turning Point/ Perfect Gift/ Inspired/ Where There Is Hope/ Eleventh Hour/ Still Warm (written by Laurence Juber)/ Little Black Chair/ Along The Narrow/ Remember When/ BONUS TRACKS: From The Heart/Life's Joy/ Come To Me/ ■ロウレンス・ジュバーをはじめ、多くのソロ・アコースティック・ギターのアルバムを出しているソリッド・エア・レーベルから登場したフィンガースタイル・ギタリスト、マーティン・パリスのソロ・アルバム。敬虔なクリスチャンでもある彼はロウレンス・ジュバーから多大な影響を受けているという。本作では、Collings OM2H、Martin OMC-28LJ、Taylor 810などを使用。
 


●MARTIN PARIS / GUITARIST OFF THE VINE ('09)    CD-2088 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Daylight/ Spare Change/ Mean Streak/ Life Of Faith/ Influenced/ On The Beach/ Noche Caliente de Verano/ Letting Go/ That Bluesy Thang/ Dinkey Creek/ Sunday Morning/ Twilight/ ■ロウレンス・ジュバーをはじめ、多くのソロ・アコースティック・ギターのアルバムを出しているソリッド・エア・レーベルから登場したフィンガースタイル・ギタリスト、マーティン・パリスのソロ・アルバム。本作では、Collings OM2H、Martin OMC-28LJ、Martin OMC-LJ Madagascar guitarsなどを使用。


●MARTIN SIMPSON / TRUE STORIES(09)        \2480(会員\2380)

 with Danny Thompson on bass, Radiohead's Philip Selway on drums, B.J. Cole on pedal steel, and Jon Boden; All 13 tracks: Look Up, Look Down/ Sir Patrick Spens/ Greystones/ Home Again/ The Wind & The Rain/ One Day/ Will Atkinson/ Kielder Schottische/ Lord Thomas & Fair Ellender/ Done It Again/ An Englishman Abroad/ Swooping Molly/ Stagolee/


●MARTIN SIMPSON / A CLOSER WALK WITH THEE('94)     \2800(会員\2700)

●MARTIN SIMPSON / COOL AND UNUSUAL('97)    \2480(会員\2380)

●MARTIN SIMPSON / LIVE('97)     \2480(会員\2380)

●MARTIN SIMPSON / PRODIGAL SON('07)     \2800(会員\2700)

●MARTIN SIMPSON / PURPOSE + GRACE('11)     \2800(会員\2700)

●MARTIN SIMPSON / RIGHTEOUSNESS & HUMIDITY('03)     \2480(会員\2380)

●MARTIN SIMPSON / SAD OR HIGH KICKING('85)     \2800(会員\2700)

●MARTIN SIMPSON / THE BRAMBLE BRIAR('01)     \2800(会員\2700)

●MARTIN SIMPSON / WHEN I WAS ON HORSEBACK     \2800(会員\2700)

●MARTIN & JESSICA SIMPSON / BAND OF ANGELS('96)    \2480(会員\2380)

●MARTIN & JESSICA SIMPSON / RED ROSES('95)    \2480(会員\2380)

●MARTIN & JESSICA SIMPSON / TRUE DARE OR PROMISE('87/'00)     \2480(会員\2380)

話題のマーティン・トールストラムのアルバム『ACOUSTICS』入荷!!
●MARTIN TALLSTROM / ACOUSTICS('09)     \2800(会員\2700)

 All 15 tracks: Lost in the Rain [3:15]/ Freight Train [2:00]/ Jesse James [2:18]/ Forever Young [3:07]/ A Whiter Shade of Pale [4:24]/ The Road That Leads Back Home [4:11]/ Jerry's Breakdown [1:57]/ Lyin' Eyes [3:40]/ Man of Constant Sorrow [2:45]/ Marie [3:14]/ Twin Peaks Theme [3:56]/ Falling Leaves [3:38]/ Bluefield [3:40]/ Dueling Banjos [2:38]/ The Rose [3:39]/ ■YouTubeなどで注目を集めているスウェーデン出身のフィンガースタイル・ギタリスト、マーティン・トールストラムが今年リリースしたソロ・アルバム『ACOUSTICS』が入荷。本作に収録された「Twin Peaks Theme [映画『ツイン・ピークス』の主題歌]」や「Man of Constant Sorrow」などの演奏映像がYouTubeにアップされ、話題となっている。その他、イーグルスの「Lyin' Eyes」、プロコル・ハルムの「A Whiter Shade of Pale [青い影]」、ベット・ミドラー主演の映画『ローズ』の主題歌などをギター1本にアレンジしたカヴァー曲も凄く良いのであるが、彼のオリジナル作品である「Marie」の中に感じられる優しさや素晴らしさは格別の味わいだ。彼の(多重録音によるコーラス・)ヴォーカルが曲の一部に挿入された「Lost in the Rain」や「 Bluefield」などの作品も含め、他のフィンガースタイル・ギターをフィーチャーした作品の素晴らしさを日本のAGファンの皆さんに味わって頂きたく、今回お取扱いを開始した。是非お聴き下さい。
※尚、只今、このアルバムお買い上げの方にはマーティンの厚意により「Twin Peaks Theme」と「Man of Constant Sorrow」のギター・タブ譜をもれなくプレゼント中。
★このマーティン・トールストラムACOUSTICS』のご注文は、メールでもお受けしておりますが、買い物カゴによるオーダーご希望の方はコチラでどうぞ。


●MARTIN TAYLOR / ARTISTRY     \2800(会員\2700)
品切れ中

●MARTIN TAYLOR / CHANGE OF HEART('91)     \2480(会員\2380)

●MARTIN TAYLOR / DON'T FRET('96)      \2800(会員\2700)

●MARTIN TAYLOR / DOUBLE STANDARDS('08)      \2800(会員\2700)

●MARTIN TAYLOR / LAST TRAIN TO HAUTEVILLE('10)      \2800(会員\2700)

●MARTIN TAYLOR / MARTIN TAYLOR'S GYPSY JOURNEY('03)   CD-7 \2480(会員\2380)

 with Jermaine Landsberger, Davide Petrocca, Scotty Gottwald; All 9 tracks: Chez Fernand/ True/ Leticia/ Nigloswing/ Une Histoire Simple/ My Vardo/ Tipsy Gypsy/ Hungaria/ Manoir de Mes Reves/


●MARTIN TAYLOR / SKETCHES: A TRIBUTE TO ART TATUM     \2800(会員\2700)
品切れ中

All 13 songs: Blues For Mr. T/ Honeysuckle Rose/ Misty/ It's Only A Paper Moon/ How High The Moon/ I've Got The World On A String/ etc. ■デヴィッド・グリスマンとの共演盤『TONE POEMS 2』などでプー横丁の通販ご利用の方には大人気のフィンガースタイル・ジャズ・ギタリスト、マーティン・テイラー。彼が1983年にLPでリリースしたアルバム『スケッチズ』がファン狂喜のCD化。オリジナルLPに収録の10曲に加え、これも入手困難な彼の1978年のレコーディングから3曲がボーナス・トラックとして追加収録された全13曲。アート・テイタム(ジャズ・ピアニスト)のピアノ・プレイに惚れ込んだマーティン・テイラーが、彼の超絶テクニックを駆使したアレンジで見事なフィンガースタイル・ギター作品に生まれ変わらせています。そのプレイの美しさ、華麗さは、言葉を失うほどです。「ハニーサックル・ローズ」「ミスティ」など、スタンダード作品が幾つも含まれていて、ジャズにそれほど耳馴染みのない方にも親しみ易い選曲になっているのも、本作をお薦めしたい点の1つ。

マーティン・テイラーと会った時の事を世間話コーナーにアップしました。興味がある方は見て下さい。


●MARTIN TAYLOR / SOLO('02)      \3080(会員\2980) 品切れ中
 produced by Steve Buckingham; All 15 tracks: I'm Old Fashioned/ True/ Moose The Mooch/ I Thought About You/ I'm On My Way/ Darn That Dream/ Li'l Darlin'/ In A Mellow Tone/ Tennessee Waltz/ Girl Talk/ My Romance/ Some Day My Prince Will Come/ Joyspring/ Wasabi Greens/ ■マーティン・テイラーのメジャー第2弾となる最新盤。スティーヴ・バッキンガムのプロデュースのもとで制作された久々のソロ。ギター・アルバムだ。カヴァー作品だけでなく、オリジナル作品も3曲含まれているが、中でも「ワサビ・グリーンズ」はレコーディングの前、僅か5分で作ったというオリジナル作品。初めは「ワサビ・ブルース(Wasabi Blues)」というタイトルだったが、ワサビは緑色なので「ワサビ・グリーンズ」にしたという。幾度かの来日で「日本は住んで見たいと思うもう1つの国」と公言するほどで、日本の文化をこよなく愛し、理解してくれている大の親日家でもある。

●MARTIN TAYLOR / SPIRIT OF DJANGO     \2800(会員\2700) 品切れ中

●MARTIN TAYLOR / THE BEST OF MARTIN TAYLOR [2枚組CD]      \3800(会員\3700) 品切れ中

●MARTIN TAYLOR / TWO'S COMPANY('97)     \2480(会員\2380)

●MARTIN TAYLOR / VALLEY('04)      \2480(会員\2380)

●MARTIN TAYLOR & GORDON GILTRAP / GILTRAP & TAYLOR('91/'03)    CD-003 \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Across the Pond/ Shady Tales/ Green Lady/ The Lords Seat/ Ginger/ A Matter of Time/ Empty/ Collins Meadow/ Song for Alex/ G&T Blues/ Down the River/ Collins Meadow[Live]/ Dancing with your Shadow[Live]/ Shady Tales[Live] / Down the River[Live]/
■メジャー・レーベルからリリースされた新譜『SOLO』も好評のマーティン・テイラーは長年の英国ジャズ音楽における貢献が認められ、2002年12月に(あのビートルズに与えられたことでも知られる)MBE勲章をバッキンム宮殿でエリザベス女王から授与されるという栄誉を受けた。その後に彼自身のレーベルから発表された新譜がコレで、マーティン・テイラーとゴードン・ギルトラップとの素晴しいギター・デュエット作である。ジョン・レンボーンやバート・ヤンシュに比べれば、日本での知名度はかなり低いゴードン・ギルトラップだが、もともとは英国フォーク・ロック・シーンで60年代後半から活躍しており、幾つものソロ・アルバムを発表しているベテラン・ギタリスト。一方、マーティンは根っからのジャズ畑のギタリストということで、音楽的バックグラウンドが異なる2人が、それぞれの感性を尊重し合ってコラボレイトした本作は、彼等のスリリングな「アコースティック・ギターによる対話」で一杯だ。元々は廃盤の為に入手困難だった1991年録音のアルバムをリマスタリングしたもので、オリジナル盤に収録の10曲にボーナス・トラックとして4曲のライヴ録音が追加され、リイシューされたもの。スタジオ録音ではギター・シンセも3曲で効果音的な使われ方をしているが、控え目なもので気にならないだろう。そして、ライヴ録音の4曲は、まさにベテランならでは味わい深い演奏で、その一糸乱れぬデュエット・プレイは「音楽の魔法」を目の当たりにしたような気さえするエモーショナルなものである。


●MARTIN TAYLOR-MARTIN CARTHY-MARTIN SIMPSON-JUAN MARTIN / MARTIN4('05)     \2800(会員\2700)

 All 12 tracks: La Pasion del Lamento/ Kwame/ Jasper Songbird〜Spoonful/ Glass of Water/ Rumba Nostalgica and La Feria/ Hymn a L'amour/ Heather Down the Moor/ Vuelo/ Barrack Street Stroll/ Evocacion - de Damascus a Cordoba/ Rose of Allandale Medley/ I Sowed Some Seeds/


●MARTIN TAYLOR & STEPHANE GRAPPELLI / REUNION      \2800(会員\2700) 品切れ中

◆MARTIN TAYLOR & STEVE HOWE / MASTERPIECE GUITARS('03)  \2520

●MARY FLOWER / BRIDGES('09)   \2480(会員\2380)

●MARY FLOWER / INSTRUMENTAL BREAKDOWN('06)   \2480(会員\2380)

●MARY FLOWER / MISERY LOVES COMPANY('11)   \2480(会員\2380)

素晴らしい新人ソロ・ギタリスト、マックス・ローストのデビュー盤『TONEWOOD』入荷!!!
●MAX ROEST / TONEWOOD('12)     CD-MR2012 \2480(会員\2380)
 
All 10 tracks: Augilio/ The J2 Effect/ War Trumpet/ The Day We Understand The Universe/ Tyche's Escape/ Lullaby For Those Who Oversleep/ Sorcerers And Spirits/ Wooden Lumber/ Eric's Kyte/ Tree/ ■オランダから素晴らしい新人ソロ・ギタリストの登場です。マックス・ロースト。4歳の頃から音楽のレッスンを受け、12歳の頃にはオランダ国内の幾つかのクラシック・ギター・コンテストに入賞していたとのこと。自らが公言しているように、アンディ・マッキー、ドン・ロス、アントゥワン・デュフール、プレストン・リード等からインスパイアされたギター・スタイルで、素晴らしオリジナル作品を書いています。メイン・ギターはグリーンフィールド(Greenfield)、アンディも使っているギター・メイカーですね。1991年11月生まれというから、現在まだ21歳。でも、凄いヤツなんです。『TONEWOOD』という本作のような凄いアルバムを引っ提げてデビューしたのですから。すでに幾人かの方から特注で頂戴していましたが、本格的にお取扱いはじめました。個人的に気に入ったのは「Augilio」や「Tyche’s Escape」などですが、アンディ・マッキーのセンシティヴな曲作りからの影響が窺える粒揃いの作品がズラリ。しかも、本作CDお買い上げの方にはマックスの厚意によりアルバムのトップを飾る「Augilio」のタブ譜をプレゼントさせて頂きます。全面的にお薦めします。買い物カゴでのご予約オーダーはコチラ

●MEN OF STEEL [Don Ross, Tony McManus, D.Crary, B.Gambetta] / LIVE: MEN OF STEEL('04) \2800(会員\2700)

 feat. Don Ross, Tony McManus, Dan Crary, Beppe Gambetta; All 16 tracks: (Intro)/ L'Orient Est Grand/ (Intro)/ Loaded. Leather. Moonroof./ (Intro)/ Bagpipe Tunes for Guitar〜 The Lament for the Viscount of Dundee〜 Dr. MacPhail's Reel〜 The Devil in the Kitchen〜 Andy Renwick's Ferret〜 An Drachaid Chliutach/ O'Carolan's Quarrel with the Landlady/ The Titanic/ (Intro)/ In Flagrante/ (Intro)/ Reel de la Sauvagine/ (Intro)/ On the Road with Mama/ Long Journey Home/ Risky Bizz: Risky Bizz〜 The Easy Club Reel〜 Sally Good'n〜 Last Steam Engine Train〜 L'Iride/ ■ドン・ロス(カナダ)、トニー・マクメイナス(スコットランド)のフィンガースタイル・ギタリスト2人とベッピ・ガンベッタ(イタリア)、ダン・クレアリー(アメリカ)のフラットピッキング・ギタリスト2人から成る彼等4人が新たに組んだグループ、メン・オブ・スティールのデビュー盤である、話題のライヴ・アルバムが入荷。グループ名は「鋼鉄の男達」という意味とギターのスティール弦をかけてつけられたようだ。国もギター・スタイルも異なる個性豊かな凄腕のギタリスト4人が繰り広げるアンサンブルの妙は、素晴らしいの一語。各人のソロやデュエット演奏も含めたライヴ・プレイも、格別の味わいである。又、ドン・ロスがレッドベリーの曲「The Titanic」で、ダン・クレアリーとベッピ・ガンベッタがトラッド曲「Long Journey Home」でヴォーカルも披露している。収録時間51分余。


●MEN OF STEEL [Don Ross, Tony McManus, D.Crary, B.Gambetta] / FOUR WAY MIRROR('06)  \2800(会員\2700)
 feat. Don Ross, Tony McManus, Dan Crary, Beppe Gambetta; ■ドン・ロス(カナダ)、トニー・マクメイナス(スコットランド)のフィンガースタイル・ギタリスト2人とベッピ・ガンベッタ(イタリア)、ダン・クレアリー(アメリカ)のフラットピッキング・ギタリスト2人から成るグループ、メン・オブ・スティールのセカンド・アルバム。

●MERLE TRAVIS / THE MERLE TRAVIS GUITAR - WALKIN' THE STRINGS... PLUS       \2480(会員\2380)

 THE MERLE TRAVIS GUITAR(1956): Blue Smoke/ Black Diamond Blues/ On a Bicycle Built for Two/ Saturday Night Shuffle/ Bugle Call Rag/ Tuck Me to Sleep in My Old 'Tucky Home/ Walkin' the Strings/ Memphis Blues/ Sheik of Araby/ Blue Bell/ Waltz You Saved for Me/ Rockabye Rag; WALKIN' THE STRINGS (1960): Walkin' the Strings/ Little David Play on Your Harp/ Saturday Night Shuffle/ Thumbing the Bass/ Cane Break Blues/ Darby's Ram/ Everly Rag/ Rose Time/ Old Aunt Dinah/ My Old Kentucky Home/ Pigmeat Stomp/ Blue Smoke/ Dry Bread/ Louisville Clog/ On a Bicycle Built for Two/ Green Bay Polka/ Jordan Am a Hard Road to Travel/ Travis Trot/ Cannon Ball Stomp/ Fuller Blues/ Blue Bell/ Take My Hand, Precious Lord; [Bonus tracks] Turn My Picture Upside Down/ I'm Knee Deep in Trouble/ Too Fast Past/ Louisiana Boogie/ So Round, So Firm, So Fully Packed/ ■マール・トラヴィスが39歳の時に発表した『THE MERLE TRAVIS GUITAR』と、その4年後に発表した『WALKIN' THE STRINGS』の34曲に貴重なシングル音源など5曲をボーナス・トラックとして追加した全39曲収録のお買い得アルバム。オーストラリア盤。


●MERLE TRAVIS / FOLK SONGS OF THE HILLS     \2800(会員\2700)
品切れ中

●MERLE TRAVIS / GUITAR RETROSPECTIVE    \2800(会員\2700) 品切れ中

●MERLE TRAVIS / HOEDOWN SHOWS & FILMS      RFDCD-14 \2800(会員\2700)

●MERLE TRAVIS / IN BOSTON 1959('03) \2480(会員\2380) 品切れ中

●MERLE TRAVIS / STRICTLY GUITAR('68/'05)        \2480(会員\2380)

●MERLE TRAVIS / WALKIN' THE STRINGS('60/'96)    \2800(会員\2700) 

●MERLE TRAVIS & JOE MAPHIS / COUNTRY MUSIC'S TWO GUITAR GREATS  \2480(会員\2380)

話題のM.Chapdelainのアルバム、入荷しましたーッ!!!
New MICHAEL CHAPDELAINE / The Somogyi Incident ('16)  ≪送料無料≫ CD-MC-2016 \2800 (会員\2700)
    凄いアルバムがリリースされました。詳しくはコチラをお読み頂くとして、ソロ・ギター・ファン垂涎のアコースティック・ギター、ソモジ・ギターのトップ(表面板)のみが異なる3本を使って録音されたマイケル・シャプデュレインのニュー・アルバム。遂に入荷しました。アコースティック・ギターのスペックにまでこだわる知識をお持ちのマニアの方はモチロン、ソロ・ギター音楽ファンの方にもあのセゴビアに師事した、このキャリア40年のベテランにしてイケメンのソロ・ギタリストによる珠玉の名曲集としてもお楽しみ頂けます。買い物カゴでのオーダーはコチラから

●MICHAEL CHAPDELAINE / GRAPEVINE('02)    \2800 (会員\2700)
  買い物カゴでのオーダーはコチラから

●MICHAEL CHAPDELAINE / LAND OF ENCHANTMENT('98)    \2800 (会員\2700)
  買い物カゴでのオーダーはコチラから

●MICHAEL CHAPDELAINE / MEXICO('99)    \2800 (会員\2700)
  買い物カゴでのオーダーはコチラから

●MICHAEL CHAPDELAINE / REPLAY('01)    \2800 (会員\2700)
  買い物カゴでのオーダーはコチラから

●MICHAEL CHAPDELAINE / SPANISH ROSES('99)    \2800 (会員\2700) 品切れ中

●MICHAEL CHAPDELAINE / WITH LOVE [2枚組CD] ('95)    2CD-R138-40 \4800 (会員\4700)
 [DISC A] Wind Beneath My Wings/ I Will Always Love You/ Leaving on a Jet Plane/ Here There and Everywhere/ Scarborough Fair/ Beauty and the Beast/ And I Love Her/ Beau Fleuve/ Three Times a Lady/ Wonderful World/ The First Time Ever/ Spooky/ As Time Goes By/ Right Here Waiting/ If/ Can't Help Falling in Love/ Against All Odds/ Moon River/ El Noy de la Mare/ Today/ [DISC B]?Memory/ Your Song/ The Rose/ Misty/ Killing Me SoftlyHello/ Romanza/ Evergreen/ A Lover's Concerto/ Both Sides Now/ Unchained Melody/ 2000 Miles From Beth/ Love Me Tender/ A Groovy Kind of Love/ Cherish/ Wedding Song (There is Love)/ Ain't No Sunshine/ Yesterday/ More Than Words/ Everything I Do/

●MICHAEL FIX / REWIND('07)   CD-1390 \2800(会員\2700)

●MICHAEL GULEZIAN / CONCERT AT ST. OLAF COLLEGE('05)   TMBR-0704 \2480(会員\2380)

 All 9 tracks: Mile High Country(7:06)/ Watermelon(3:39)/ Little Meggie(5:18)/ Jesu Joy of Man's Desiring(5:23)/ Slugbug(5:01)/ Tumbledweeb(6:16)/ My Trampoline Heart(6:10)/ Whale in the Sky(5:02)/ Meandering Jellique(8:48)/ ■マイケル・グレイジインが05年に発表した初のライヴ・アルバム。彼の真の実力とセンスを存分にお楽しみ下さい。


●MICHAEL GULEZIAN / DISTANT MEMORIES AND DREAMS('90)    TMBR-0701 \2480(会員\2380)

 All 8 tracks: Five Loaves, Two Fish/ Mood Rub a Dub/ Zucchini Beach/ Almost Made It to Guan/ Morning Star/ Owatonna Moon/ Sunrise over Lock and Dam #5a/ Amber Waves Goodbye/


●MICHAEL GULEZIAN / THE DARE OF AN ANGEL('94)    \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 11 tracks: Faith, Hope and Love/ Slugbug/ He Planned to Expand/ House That Blocked Kansas/ Whale in the Sky/ Mile High Country/ Answer Silence With Silence/ Nothing Is Always Anything/ Tumbledweeb/ Love Is as Love Does/ I Remeber Walnut Avenue/
 
次回入荷分のご予約受付中。


●MICHAEL GULEZIAN / LANGUAGE OF THE FLAME('01/'02)    CD-0703 \2480(会員\2380)

 All 9 tracks: "I'm No Seismologist" Chortled The Metrognome(3:12)/ Little Meggie(5:00)/ Undo The Buncombe(4:49)/ The Room Of Doom(5:17)/ Oh Suzannah(8:04)/ Jello Moves(5:10)/ My Trampoline Heart(6:09)/ All We'll Never Be(6:37)/ Michael Hedges Goes To Heaven(8:25)/ ■マイケル・グレイジイン(グレイジアンではなく、グレイジインと発音する事を本人から教えてもらった)が2001年にレコーディングし、2002年後半に自主制作でリリースしたアルバム。発売されていたのを知らず、中川イサトさんから「彼の新譜が出てるようやけど…」と教えて頂いて初めて知った次第(イサトさんに感謝!!)。アメリカでは既にフィンガースタイル・ギタリストとしてこれまで高い評価を得てきた彼だが、自主制作アルバムの3枚目(通算4枚目)となる本作で、遂に「既発アルバムを遥かに凌ぐ傑作を作った」と言えるだろう。2曲でベースとパーカッションが加わっているが、他は全て彼のソロ・ギター。時に激しくシンコペイトするリズム。聴く者の心に突き刺さる陰影のあるオリジナル作品。素晴しいの一言だ。唯一のカヴァー作品であるS・フォスターの名曲「オー・スザンナ」では、ヴォーカルも披露し、誰もが知るあのメロディーをがらりと変えてギター1本で弾き語り、憂いに満ちた歌声と表情豊かでゆったりとしたギターのバッキングによって、8分を越える聴き応え充分の大作に蘇らせてしまっているのである。本作は、グレイジインの事を「A great guitarist. Mykindred sprit」とコメントした故マイケル・ヘッジスに捧げられたオリジナル作品「Michael Hedges Goes To Heaven」で幕を閉じる。ヘッジスが「発明」したタッピッングやハーモニックスを自らの表現法(イディオム)として消化&昇華し、ヘッジスの呪縛や影響から完全に開放されて自身のスタイルを獲得した希有のギタリストである。是非お聴き頂きたい。


●MICHAEL GULEZIAN / UNSPOKEN INTENTIONS('79/'02)    CD-6510 \2800(会員特価\2500) 品切れ中

 All 13 tracks: Wet Hair, Lather, Rinse, Repeat/ Arcosanti/ Cafe on the Rings of Saturn/ Ian and Nisa/ The Moon Under Her Feet/ Without You/ 20 Park Avenue/ Meandering Jelly: A Contraceptive Failure/ A Nice Place to Visit/ Ninth and Main/ Goodbye, My Friend/ Stepping on My Thumbs[bonus track]/ Golgotha[bonus track]/ ■そのマイケル・グレイジインがタコマ・レーベルに残したソロ・デビュー・アルバム。オリジナル盤は1979年に録音され、あのジョン・フェイから「エポックメイキングなアルバム」と評された。ボーナス・トラック2曲を追加して初CD化。


MICHAEL HEDGES / BREAKFAST IN THE FIELD('81)        \2480(会員\2380)

MICHAEL HEDGES / AERIAL BOUNDARIES('84)        \1000+消費

 All 9 tracks: Aerial Boundaries/ Bensusan/ Rickover's Dream/ Ragamuffin/ After the Goldrush/ Hot Type/ Spare Change/ Mage Trois/ The Magic Farmer/ 
■84年にリリースされたセカンド・アルバム。アコースティック・ギター・ミュージックを《『エアリアルバンダリーズ』以前と以後》に分けた歴史的名盤。「Aerial Boundaries」「Ragamuffin」「Bensusan」「Hot Type」など全9曲収録。これは解説書付きの国内盤。


MICHAEL HEDGES / WATCHING MY LIFE GO BY('85) 国内盤。解説書付き。 \1800+消費

MICHAEL HEDGES / TAPROOT('90)        \2480(会員\2380)

MICHAEL HEDGES / THE ROAD TO RETURN('94/'08)  国内盤。解説書付き。 \1800+消費

MICHAEL HEDGES / ORACLE('96/'05)             \2480(会員\2380)

MICHAEL HEDGES / BEYOND BOUNDARIES: GUITAR SOLOS  国内盤。解説書付き。 \1800+消費

MICHAEL HEDGES / TORCHED('99)        \2480(会員\2380)

MICHAEL HEDGES / PURE MICHAEL HEDGES('06/'07)        \2480(会員\2380)

●MICHAEL LANGER / HOMESPUN GROOVE    \2480(会員\2380)

●MICHAEL MANRING / SOLILOQUY('05)     \2800(会員\2700)
 マイケル・ヘッジスとの共演で有名なベース奏者による話題のソロ・アルバム。だから、弾いているのはベースなのだけれど、フィンガースタイルでの超絶プレイで、そのサウンドとフレーズは「バリトン・ギターよりも更に低音のソロ・フィンガースタイル・ギター・プレイ」を聴いている感じなのだ。なので、このページにも掲載させて頂くことにした。1つの楽器を極めると、ここまで出来てしまうのか、という驚きのプレイとフレーズに圧倒されるばかりである。

●MICKEY BAKER / BLUES & JAZZ GUITAR('77/'08)   CD-107 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Corrina, Corrina/ Zanzie/ Belzona Blues/ Got The Blues/ Spoonful/ Lord, Have Mercy/ Hello World/ Stack O'Lee/ Baby, Please Don't Go/ The Town's East End/ Juicy Lucy/ Love In Vain/ ■ミッキー・ベイカーが1977年に発表した『BLUES & JAZZ GUITAR』が再リリース。「Corrina, Corrina」「Spoonful」「Stack O'Lee」「Love In Vain」など、渋いヴォーカルもフィーチャーした全12曲収録。「Got The Blues」「Spoonful」「Lord, Have Mercy」の3曲を除く全9曲のタブ譜もPDFファイルでディスクに収録。


◆MICKEY BAKER / BLUES & JAZZ GUITAR('77/'08)   CD-4006 \2500(会員\2400)
品切れ中

 All 12 tracks: Corrina, Corrina/ Zanzie/ Belzona Blues/ Got The Blues/ Spoonful/ Lord, Have Mercy/ Hello World/ Stack O'Lee/ Baby, Please Don't Go/ The Town's East End/ Juicy Lucy/ Love In Vain/ ■ミッキー・ベイカーが1977年に発表した『BLUES & JAZZ GUITAR』が再リリース。「Corrina, Corrina」「Spoonful」「Stack O'Lee」「Love In Vain」など、渋いヴォーカルもフィーチャーした全12曲収録。「Got The Blues」「Spoonful」「Lord, Have Mercy」の3曲を除く全9曲のタブ譜もPDFファイルでディスクに収録。日本語解説付き。


New ●MICKEY BAKER / JAZZ ROCK GUITAR      \2480(会員\2380)
 
※このCDを買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラからどうぞ

●MICKEY BAKER / THE LEGENDARY       \2800(会員\2700)

●MIKE BLOOMFIELD / AMERICAN HERO       \2800(会員\2700)

MIKE DAWES / WHAT JUST HAPPENED? ('13) ≪送料無料≫   CD-MD2013 \2480(会員\2380)
    
■また新たなソロ・ギタリストの登場である。1989年生まれというから今年24歳になる、初のフル・アルバムをリリースしたばかりのマイク・ドウズ。アンディやドン・ロスにインスパイアーされたテクニックを基にしながらも独自の感性を盛り込んだ優れたオリジナル作が魅力だ。30代前半のアンディ・マッキーやジャスティン・キング、アントゥワン・デュフール等に続く20代のギタリストの中でもマックス・ロースト(Max Roest)と、このマイク・ドウスは傑出している。買い物カゴでのオーダーご希望の方コチラからどうぞ

●MIKE DOWLING / BOTTOMLANDS('01)       CD-2012 \2800(会員\2700)


●MIKE DOWLING / TRACKS ('015)       CD-08 \2800(会員\2700)

●MIKE DOWLING & PAT DONOHUE / TWO OF A KIND: GROOVEMASTERS VOL.8('02)   \2800(会員\2700)

 All 15 tracks: Drive Time/ K.C. Man Blues/ Novocaine/ Last Train Whistle/ Guitar Blues/ My Honey's Lovin' Arms/ Creepin'/ Wild Rose/ Fishin' In the Wind/ Two of a Kind/ World of Hurt/ Blues City/ Java Buzz/ Siboney/ Gee Whitz/ ■アコースティック・ギタリスト2人によるデュオ・アルバムのシリーズとして人気の高い『GROOVEMASTERS』の第8弾は、パット・ドノフューとマイク・ドウリングとの共演盤。パットはケヴィン・ライアンのギター、マイクはスティール・ボディの1928年製のナショナル・ギターを主にプレイ。2人それぞれのオリジナル作品は、ジャンゴ・ラインハルト、ジミー・ロジャーズ、ミシシッピー・ジョン・ハートや、メンフィス・ミニーやピート・ジョンスンのピアノ・ブギーにインスパイアされたと、自らライナーで述べている興味深いもの。又、彼等がカヴァーしたエディ・ラングの「Guitar Blues」は、本作の聴きものの1つ。全15曲収録。


●MIKE GOLAY / ACROSS THE BRIDGE: SOLO ACOUSTIC GUITAR('05)     \2480(会員\2380)

 All 18 tracks: Somewhere I Have Never Travelled/ Damhsa na Saoirse/ A&P/ Lost on the Way to Fingal/ Peggy Gordon/ Reunion March/ Anam Cara/ Between the Rains/ Pukana la Kalalea/ Maine Waltz/ Resolucon/ Across the Bridge/ The Handsome Young Maidens/ We Breathe/ Welcome to Funkstown/ Second Chance/ What Took You So Long?/ Mele Ho'oluluhi/


●MISSISSIPPI JOHN HURT / LEGEND('97)     CD-1100 \2480(会員\2380)

●MURIEL ANDERSON / A JOURNEY THROUGH TIME('02)    CD-2002 \2800(会員\2700) 品切れ中
 All 13 tracks: Owl's Psalm/ Skirts of Mexico/ Clarsah/ Close to You/ Prelude to a New Morning/ Dance for Muriel/ Blues for Macedonia/ Bells for Marcel/ The Journeyman/ Crystal Horizone/ The Sight/ Wadshington Post March/ A Baker's Dozen/ ■限定リリースされたCD-Rによるアルバム。

●MURIEL ANDERSON / ARIOSO('88)    CD-200 \2800(会員\2700)

 with Chet Atkins, Jean-Felix Lalanne; All 14 tracks: The Minstrel's Courtyard/ Along The Seine/ Arioso/ Rondelet/Parisian Waltz/ Why Worry/ Kojo No Tsuki/ Read My Heart To Me/ Etude No. 6/ The Three Sisters/ Campanas Del Alba/ Cory's Tune// RosaLee/ To B Or Not To B/ ■ミューリエル・アンダースンが88年に発表したアルバム。ゲストのチェット・アトキンスは「RosaLee」「 To B Or Not To B」に参加。マーク・ノップラー作品「Why Worry」やミューリエルが好んで取りあげる滝廉太郎の「荒城の月」など全14曲収録。


●MURIEL ANDERSON / HARP GUITAR CHRISTMAS('06)     \2800(会員\2700)
品切れ中

 All 13 tracks: Silent Night/ Greensleeves [What Child is This]/ Jesus Joy of Man's Desiring/ El Noi de la Mare (The Son of Mary)/ I Heard the Bells on Christmas Day/ Angels We Have Heard on High/ In the Bleak Midwinter/ Christmas Hymn/ O Little Town of Bethlehem/ MEDLEY: O Come O Come Emmanuel〜Pat-A-Pan〜God Rest Ye Merry Gentlemen, Away in a Manger [medley of 3 versions]/ Hark the Herald Angels Sing/ O Holy Night/ ■ミューリエル・アンダースンのクリスマス作品集。大半の作品がハープギターで演奏された全13曲。


●MURIEL ANDERSON / HEARTSTRINGS('88)    CD-168 \2800(会員\2700)

 All 13 tracks: Nola/ The Mysterious Barricades/ Sakura/ Irish Medley/ Mr. Bojangles/ Vincent/ Cuban Lullaby/ Danza/ Bach Minuet/ Leyenda/ Simple Gifts/ Hi Lili-Hi Lo/ Peanuts/


●MURIEL ANDERSON / HOMETOWN LIVE!('05)   CD-300 \2800(会員\2700)

 All 16 tracks: Water Is Wide/ Nola/ Mr. Chester/ After Tonight/ Arioso/ Hometown/ Freight Train/ Vivaldi's Concerto in D/ King of the Road/ All Thumbs/ It Never Gets Easier/ Mr. Chester/ Fantasia de Fuego/ Nola/ In Memory of a Friend/ The Three Sisters/ Rumores de la Caleta/ Andante from Symphony for a Country Gentleman/ ■ミューリエルの初期ライヴ・アルバム。リマスタリングされ、「Freight Train」と「Vivaldi's Concerto in D」の2曲が追加されて05年に再リリースされたもの。


●MURIEL ANDERSON / WILDCAT('05)    CD-2005 \2800(会員\2700)

 with Duane Eddy, Satnley Jordan, Stuart Duncan, Danny Gottlieb, Julie Adams & others; All 12 tracks: Wildcat/ Bells for Marcel/ St. Louis Waltz/ Rio de Janeiro/ I'll Never Sing Another Song (Tokyo Lullaby)/ Velzoe's Garden/ Sparro/ Lady Pamela/ Castles in the Sand/ Aftershock/ Owls Psalm/ The Journeyman/ ■幾度もの来日で日本のギター・ファンにもすっかりお馴染みのミューリエル・アンダースンの新譜。彼女のコンサートに足を運んだことのある方ならご存じの通り、いつもコンサート中盤でミューリエルはヴォーカル作品を幾つか披露するのだけれど、本作には彼女がよく歌う「Rio de Janeiro」や「トーキョー・ララバイ」というサブ・タイトルのついた「I'll Never Sing Another Song」など、ヴォーカル作品が幾つも収められている。とはいえ、インスト作品も収録されていて、クラシックな雰囲気の漂う「Velzoe's Garden」「Lady Pamela」「Owls Psalm」や亡きマルセル・ダディに捧げられた「Bells for Marcel」なども収録。全12曲いずれも彼女のオリジナル作品である。ミューリエル・ファンは、お聴き逃しなく。


●MURIEL ANDERSON with JULIE ADAMS / NEW CLASSICS FOR GUITAR AND CELLO('99/'03)     VLT-15173 \2800(会員\2700)

 feat. Muriel Anderson(guitar) and Julie Adams(cello); All 13 tracks:Theme for Two Friends/ Great Blue Heron/ Parisian Waltz/ Arioso/ Minstrel's Courtyard/ Song for Liona/ Living out a Dream/ Calm Before the Storm/ Little Sister's Child/ Waiting for Mathew/ Mazurka-Choro/ Estudio Brillante / Recuerdos/ ■ムーリエル・アンダースン(1989年度の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン)とジュリー・アダムス(cello)のデュエット盤。全13曲中、10曲までがムーリエルのオリジナル作品で、アルバム・タイトルが示す通り全体的にクラシック音楽の香り漂うものだ。99年に『THEME FOR TWO FRIENDS』というタイトルで自主制作で「完全限定盤」としてリリースされた後、完売の為に入手困難となっていたが、03年にこの『NEW CLASSICS FOR GUITAR AND CELLO』と改題されて、再リリースされた。


●MURIEL ANDERSON & JEAN-FELIX LALANNE / A LITTLE CHRISTMAS GIFT    \2800(会員\2700)

 All 10 tracks: Silent Night/ French Christmas Medley/ Sleigh Ride/ The Christmas Song/ Coventry Carol/ Jesu Joy of Mans Desiring/ O Tannenbaum/ White Christmas/ Have Yourself A Merry Little Christmas/ What Child is This/ ■ナッシュヴィル在住の女性ギタリストで、89年の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン、ムーリエル・アンダースンとジャン・フェリックス・ラレーンのギター・デュエットによるクリスマス作品集。


●MURIEL ANDERSON & JEAN-FELIX LALANNE / LE DUET('95)    CD-RR-9502 \2800(会員\2700)

 All 10 tracks: Nola/ Greensleeves/ Vincent/ Nashville Family/ Country Medieval/ Blue Angel/ The Three Sisters/ Wheels/ El Noy de la Mare/ ■ムーリエル・アンダースン(1989年度の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン)の95年作。


●MURIEL ANDERSON & PHIL KEAGGY / UNCUT GEMS('03)    CD-2003 \2800(会員\2700)

 with special guests: Stanley Jordan; A11 8 tracks: Where The Heart Is (Phil & Muriel)/ Tennessee Morning (Phil & Muriel)/ The Fawn (Phil, Stanley & Muriel)/ Corazon De Fuego (Phil & Muriel)/ Owl's Psalm (Phil, Stanley & Muriel )/ Osaka (Phil & Muriel)/ Groove Thing (Phil, Stanley & Muriel)/ Spontaneity (Phil & Muriel)/


●NASSLER & SCHNEIDER / HERE'N THERE     \2480(会員\2380)

●NEIL HOGAN / A CHRISTMAS COLLECTION('89)     \2800(会員\2700)

●NEIL HOGAN / YESTERDAY'S NEWS('92)     \2480(会員\2380)

●NEW ROOTS DUO [DAN SCHWARTZ & BEN WOOLMAN] / ROOTS RUN DEEP  CD-1628 \2480(会員\2380)

  All 10 tracks: Tandoori Hot Dish/ Long Night/My New Friend/ First Waltz/ Blues For Buddy/ Red River Valley/ In the Park/ GLC Click/ Turquoise Horse/ Roots Run Deep/
■あのダン・シュウォーツが朋友ベン・ウールマンと組んだニュー・デュオ。ベンの6弦ギターとダンのラップ・スティール・ギターによるルーツ・ミュージックに根ざしたオリジナルなアコースティック・ギター音楽が快い。全10曲収録。


●NICK CHARLES / THE COLLECTION('06)    \2480(会員\2380)

 


●NICK CHARLES / TRAVELLING FINGERPICKER: ACOUTIC SOLOS('06)   \2480(会員\2380)


●NICK CHARLES / RETURN OF THE TRAVELING FINGERPICKER('10)    \2480(会員\2380)

●OTTMAR LIEBERT / NOUVEAU FLAMENCO    \2480(会員\2380)

●PACO DE LUCIA / ALMORAIMA('76)     CD-832022-2 \2800(会員\2700)

●PAOLO GIORDANO / KID IN A TOYSHOP('00)     CD-1007 \2800(会員\2700)
 with Michael Manring(bass), Jacqueline Perkins(vo./guitar), Alex Acuna(percussion), Lucio D'Alessandro(keyboards), Gianluca Esposito(sax); All 14 tracks: Mosquito Dance/ Queen of Shades/ Incontro Mancato/ Dark Was the Night/ Once Upon a Make Up/ Kid in a Toyshop/ The Gamblers/ Vhug-alug/ etc. ■イタリア出身のフィンガースタイル・ギタリスト&シンガー、パオロ・ジオルダーノ。全14曲中6曲がインスト作品で、他はジョニ・ミッチェル似の声質の持ち主ジャクリーン・パーキンスをフィーチャーしたヴォーカル作品。パオロ自身のギターと共に、マイケル・マンニング(レコーディングおよびコンサートでマイケル・ヘッジスのプレイを支えていたベース奏者)のベースが全面的にフィーチャーされており、特にタッピングを多用したパオロのオリジナル作品「Mosquito Dance」などではヘッジスもかくやと思えるプレイを見せてくれる。晩年のヘッジスと同じくモヒカン刈り(丸坊主)のパオロは、見た目もヘッジスっぽくて、両者のイメージが重なってしまうのは私だけだろうか。

●PAOLO GIORDANO / PAOLO GIORDANO('94)     CD-1001 \2800(会員\2700)
 with Michael Manring(bass), Patti Andress(vo.); All 10 tracks: Radioactive Area/ Lady in the Ghostwind/ Lucky Twice/ First Pint/ Lucky 13/ Waves/ Gravel Road Blues/ etc. ■そのパオロ・ジオルダーノの94年作。本作もマイケル・マンニング(bass)が10曲中4曲に客演しており、マンニング参加の作品ではマイケル・ヘッジス的「音」世界が繰り広げられている。タック&パティのパティ・アンドレスがヴォーカル参加した2曲目や8曲目は、パオロとパティのデュエット・ヴォーカルがからむブギー調の曲だが、全面的にフィーチャーされているパオロの両手タッピングによるプレイが圧巻だ。全10曲中7曲がインスト作品なので、ギター・ファンには本作の方がウケるかもしれないが、前述の最新作『KID IN A TOYSHOP』も聴き逃して頂きたくない。

●PAOLO SERENO / 火山: Vulcano! ('11)         CD-1036.8 \2480(会員\2380)
 イタリア出身のフィンガースタイル・ギタリスト、パオロ・セリーノ。ドン・ロスの「Tight Trite Night」にインスパイアされたと思われるアルバム・タイトルをはじめとするタッピング系のダイナミックで力強いオリジナル作品に加え、スローなオリジナル作品にはフランコ・モローネにも通じる繊細な美しさが感じられる。彼本来の持ち味がストレートに表れているのは、案外ゆったりとした作風の中にこそあるのかも知れない。アルバム・タイトルに『火山』と漢字でも記載されているのは、これが中国でリリースされたからで、日本盤ではなく輸入盤である。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、こちらからどうぞ

●PAPUA NEW GUINEA STRINGBANDS with BOB BROZMAN / SONGS OF THE VOLCANO('05) CD-1040 \2800(会員\2700)

●PAT DONOHUE / AMERICAN GUITAR('00)       CD-927 \2800(会員\2700)
 1983年の全米フィンガースタイル・ギター・チャンピオン、パット・ドノフューの2000年作。

●PAT DONOHUE / BACKROADS('97)       CD-926 \2800(会員\2700)

●PAT DONOHUE / BIG BLIND BLUESY('94)        CD-925 \2800(会員\2700) 品切れ中

New ●PAT DONOHUE / BLUE YONDER ('16) [CD] ≪送料無料≫ CD-935 \2680(会員\2580)

●PAT DONOHUE / LIFE STORIES('91)       \2800(会員\2700)

●PAT DONOHUE / PROFILE('05) CD-928 \2800(会員\2700)
 
All 14 tracks: Caroline/ Buddy the Blues/ Drowning/ Jazz Name/ Blues for Two/ Long Time No See/ Risin' River/ It Could Be Worse/ Do You Love Me?/ Give a Dog a Bone/ I Blew It/ My True Love/ December Waltz/ Step It Up and Go/ ■ 「December Waltz」1曲のみインスト作品で、あとはヴォーカル作品のパットの新譜。勿論、彼のアコースティック・ギターは全篇にフィーチャーされている。

●PAT DONOHUE / TWO HAND BAND('93)       CD-916 \2800(会員\2700)

●PAT DONOHUE & MIKE DOWLING / TWO OF A KIND: GROOVEMASTERS VOL.8('02)   \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Drive Time/ K.C. Man Blues/ Novocaine/ Last Train Whistle/ Guitar Blues/ My Honey's Lovin' Arms/ Creepin'/ Wild Rose/ Fishin' In the Wind/ Two of a Kind/ World of Hurt/ Blues City/ Java Buzz/ Siboney/ Gee Whitz/ ■アコースティック・ギタリスト2人によるデュオ・アルバムのシリーズとして人気の高い『GROOVEMASTERS』の第8弾は、パット・ドノフューとマイク・ドウリングとの共演盤。パットはケヴィン・ライアンのギター、マイクはスティール・ボディの1928年製のナショナル・ギターを主にプレイ。2人それぞれのオリジナル作品は、ジャンゴ・ラインハルト、ジミー・ロジャーズ、ミシシッピー・ジョン・ハートや、メンフィス・ミニーやピート・ジョンスンのピアノ・ブギーにインスパイアされたと、自らライナーで述べている興味深いもの。又、彼等がカヴァーしたエディ・ラングの「Guitar Blues」は、本作の聴きものの1つ。全15曲収録。


●PAT DONOHUE, PHIL HEYWOOD, DAN NEALE / YE OLDE WOODEN GUITAR CHRISTMAS('97)   \2800(会員\2700)
品切れ中

●PAT KIRTLEY / IRISH GUITAR: CELTIC GUITAR SOLOS     CD-97332 \2600(会員\2500)
 SONGS: Blind Mary/ Chase the Weasel/ Fannie Power/ Finn MacCool's Reel/ Lord Mayo/ Moran's Return/ Morgan Magan/ Planxty Irwin/ Rodney's Glory/ Sergeant Early's Dream/ Shi Beg Shi Mhor/ The Blarney Pilgrim/ The Last Pint/ The Pretty Milkmaid/ The Rakes of Waterloo/ The Red-Haired Boy/ The South Wind/ Voyage for Ireland/ ■パット・カートリーが1997年に発表したアルバム『IRISH GUITAR』。オカロラン作品4曲、彼のオリジナル作品2曲や彼のアレンジによるアイリッシュ作品7曲のほか、ピエール・ベンスーザンによるアレンジの「Voyage for Ireland」、ダック・ベイカーによるアレンジの「The Rakes of Waterloo」、デイヴィー・グレアムによるアレンジの「Lord Mayo」など、変則チューニング(DADGAD、EADEAE、DADEADなど)を使用した全17曲。このアルバムのタブ譜『IRISH GUITAR: CELTIC GUITAR SOLOS』(TB-97332)も2400円にて発売中。

●PAT KIRTLEY with JOHN STANDEFER / BRAZILIAN GUITAR('02)     \2800(会員\2700)

◆PAUL SIMON / THE PAUL SIMON SONGBOOK('65/'07)      CD-1541 \1800+消費
 ポール・サイモンが65年に発表した名盤が紙ジャケットで限定リリース。2004年リマスタリング、解説・歌詞・対訳付き。

 All 14 tracks: I Am A Rock/ Leaves That Are Green/ A Church Is Burning/ April Come She Will/ The Sound Of Silence/ A Most Peculiar Man/ He Was My Brother/ Kathy's Song/ The Side Of A Hill/ A Simple Desultory Philippic (Or How I Was Robert McNamara'd Into Submission)/ Flowers Never Bend With The Rainfall/ Patterns/ *BONUS TRACKS: I Am A Rock/ A Church Is Burning/ ■1965年に英国でレコーディングされたポール・サイモンのソロ・アルバムが、オリジナルの12曲に当時のレコーディングからの未発表ヴァージョン2曲を追加してCD化。彼のフィンガースタイル・ギター1本をバックに歌われる、その後のサイモン&ガーファンクルの初期ヒット曲&代表曲の数々が、ポール1人の若々しくピュアなヴォーカルで堪能できるアルバムとしてS&Gファンは勿論、全ての音楽ファンに聴いて頂きたい名盤だ。ヴォーカル・アルバムだけれど、フィンガースタイル・ギター・ファンにも無限のインスピレーションを与えてくれるアルバムとしてお薦めしたい傑作である。


●PAULO BELLINATI / SERENATA      GSP-1005CD \2480(会員\2380)

●PAULO BELLINATI / THE GUITAR WORKS OF GAROTO      \2480(会員\2380)

●PEARL DJANGO / AVALON('00)      CD-005 \2800(会員\2700)

●PEARL DJANGO / MYSTERY PACIFIC      CD-003 \2800(会員\2700)

●PEPPINO D'AGOSTINO / EVERY STEP OF THE WAY('02)      \2800(会員\2700) 品切れ中

●PEPPINO D'AGOSTINO / CLOSE TO THE HEART('93)     \2800(会員\2700) 品切れ中

●PEPPINO D'AGOSTINO / MADE IN ITALY('08)      \2480(会員\2380)
 アメリカの音楽雑誌「Guitar Player Magazine」誌の読者によって選ばれた「Reader's Choice Awards 2007」で「最優秀アコースティック・ギタリスト」に選ばれたペッピーノ・ダゴスティーノが08年にリリースしたアルバム。

ピート・ハットリンガーのニュー・アルバム、CDと一緒にタブ譜も入荷しました!!
PETE HUTTLINGER / THE BLACK SWAN [CD]         CD-1023 \2480(会員\2380)
 All 11 tracks: Drowsy Maggie〜The Morning Dew〜The Cup of Tea/ Lead The Knave〜Paddy's Trip To Scotland/ Highland Morning〜The Big Sciota〜The Wise Maid/ The Black Swan/ The Happy Moat〜The Flowers Of Edinburgh/ Inisheer/ Cleveland Hills/ Josefin's Waltz/ My Love Is In America/ Paddy Fahey's Reel〜The Silver Spear/ Hector The Hero/ ■ピート・ハットリンガーのニュー・アルバム。前作のスティーヴィー・ワンダー作品集『FINGERPICKING WONDER』を発表した後、ピートは重い心不全を患い、心臓の手術も含んだ4ヶ月もの入院生活を送らねばならなかった。幸い手術は成功し、現在は元気にライヴ活動を再開している。そんな大変な経験をした後にリリースするアルバムはどんな内容だろうかと色々と想像していたのだが、それは心に沁み入るようなトラッド作品を中心にしたものだった。軽やかなフラットピッキングで奏でられるケルティック・トラッドの数々は、アコースティック・ギタリストとしてのピートの新たな一面を我々に披露してくれている。「The Black Swan」や「Cleveland Hills」といった単独で収められたオリジナル作品の他、「Highland Morning」という彼の作品は、他のトラッド作品とメドレーで演奏されている。全11曲が掲載された下記のタブ譜も入荷した。見事に音楽シーンにカムバックしたピートの復帰第1作。是非お聴き下さい。※買い物カゴでのオーダーは、コチラ

PETE HUTTLINGER / THE BLACK SWAN [タブ譜]    TB-1024 \2800(会員\2700)
 ピート・ハットリンガーのニュー・アルバム『THE BLACK SWAN』のタブ譜も入荷しました。※買い物カゴでのオーダーは、コチラ

PETE HUTTLINGER / FINGERPICKING WONDER: THE MUSIC OF STEVIE WONDER('09)  CD-1017 \2480(会員\2380)

 All 10 tracks: I Wish/ Isn't She Lovely/ Signed, Sealed, Delivered/ My Cherie Amour/ Sir Duke/ You Are The Sunshine Of My Life/ Overjoyed/ Superstition/ Living For The City/ Lately/ ■ピート・ハットリンガーの新譜はスティーヴィー・ワンダーの作品集。ご存じの通り、ピートは既発アルバムでスティーヴィー・ワンダーの「Superstition(邦題: 迷信)」「Overjoyed」「Sir Duke」の3曲をいずれも素晴らしいソロ・ギターにアレンジし、録音してきた訳だが、本作のライナーに「僕はラジオから流れるスティーヴィー・ワンダーの曲を聴きながら成長しました。子供だったその時の僕に彼の音楽の味わい深さが解るはずもなく、彼の歌を聞き、ただ気に入っていただけで、別にスティーヴィー・ファンでもなかったのです。けれども、(プロ・)ミュージシャンになって『新たな耳で』聴くと、彼のオリジナル作品の持つ別の面やコード進行のカッコ良さが分かると、彼の音楽に対する感謝の気持ちが沸いてきました。スティーヴィーは偉大な作曲家であり、シンガーであり、パフォーマーだ。(1本の)ギターで彼の作品をアレンジし、弾くことは大きなチャレンジでした。このアルバムが制作できたことを光栄に思っています」と彼は記している。スティーヴィー・ワンダー作品の素晴らしさやそのオリジナル曲の持つサウンドの妙が解るピートだからこそ、そのアレンジに要した熱意と苦労は並々ならぬものであったと想像できる。前述の3曲もアレンジをアップデートさせて再録音されたものを収録。本当に聴き応えのあるカバー集だ。全面的にお薦めしたいアルバムである。尚、本作は、紙製の見開きジャケットによるスリムなパッケージになっており、内側クレジットには各曲で使用したギター4本のコリンズ・ギターのモデル名(D-1A、OM-1A、OM-1C、OM-2H)やキーとチューニングも記されている。 ※買い物カゴでのオーダーは、コチラ


PETE HUTTLINGER / CATCH & RELEASE('95)        \2480(会員\2380)

PETE HUTTLINGER / COLORS IN TIME: 1('98)     \2480(会員\2380)

PETE HUTTLINGER / COLORS IN TIME: 2('99)        \2480(会員\2380)

PETE HUTTLINGER / FIRST LIGHT ('07)     \2480(会員\2380)

PETE HUTTLINGER / NAKED POP('02)         CD-5010 \2800(会員\2700)

PETE HUTTLINGER / THE SANTA RITA CONNECTION('04)       \2480(会員\2380)

PETE HUTTLINGER / THINGS ARE LOOKING UP('07)     \2480(会員\2380)

PETE HUTTLINGER & JIM SALESTROM / TWO FRIENDS-TWO GUITARS: SOME JOHN DENVER FAVORITES  \2480(会員\2380)

●PETER CILUZZI / MUSIC WITHOUT WORDS('08)          CD-PC2008 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Abyssal/ Nocturne/ Gospel/ Northern/ Lament/ Sojourn/ Elegy/ Soliloquy/ March/ Aria/ Isola/ Lullaby/ ■自らの苗字を冠した「Ciluzzi」というアコースティック・ギターのブランドを持ち、ルシアーとしても知られるピーター・チルーツィー(本人に確認し、この表記が一番英語の発音に近いと判明)が08年に発表したソロ・デビュー・アルバム。「MUSIC WITHOUT WORDS」とは「言葉(歌詞)の無い音楽」、つまりインストゥルメンタル・ミュージックというシンプルなアルバム・タイトルに収録された彼のオリジナル作品のタイトルも全て一語というもの。どうやらシンプルという言葉は、ミュージシャンとしての彼を知るキー・ワードなのかも知れない。彼に幾つかの質問をしたところ、「音楽好きの大勢の大人に囲まれて育つという幸運な子供時代を過したので、アレックス・デ・グラッシやウィリアム・アッカーマン等といったウィンダム・ヒルのアーティストのアルバムが常に身近に流れていた」とのことで、12歳でギターを始めた86年頃に手に入れたマイケル・ヘッジスの『Aerial Boundaries』は今でも「一番好きなヘッジスのアルバムというだけでなく、現代音楽の歴史における最高のレコーディングの1つ」と語っていた。1曲を除き全ての収録作品は6弦をC#以下にチューニングされており,その低音を活かしたメロディ作りが内省的なヘッジスの作風を受け継いでいると言えるだろう。本作はギター製作家の余技ではなく、フィンガースタイル・ギタリストとしての彼の実力を示した堂々たるデビュー盤なのである。全面的にお薦めする。蛇足ながら、彼自ら描いたアルバム・ジャケットのギターは、まさにチルーツィー・ギターのボディそのものである。


●PETER FINGER / MADE OF ROSEWOOD ('15)      CD-1533 \2800(会員\2700)

●PETER FINGER / FLOW ('10)   CD-1462 \2800(会員\2700)

 All 12 tracks: Prelude/ Crossing Roots/ Passing Clouds/ Vive La Vie/ Night Traveller/ Heading East/ Onkel Frederic/ Intermezzo/ Spice Of Life/ Andante/ Allegro/ Ausklang/ ■ピーター・フィンガーのニュー・アルバム。2010年に『ACOUSTIC ROCK GUITAR』というアルバムが発売されたけれど、同作は元々1977年にLPでリリースされた彼のファースト・アルバムを初CD化したものだった。だから、オリジナルのソロ新譜としては04年の『DREAM DANCER』以来、実に6年ぶりの新作ということになる。オリジナルの新曲を中心にバッハ作品2曲も収録された全12曲が収録されている。


●PETER FINGER / ACOUSTIC ROCK GUITAR('77/'10)    \2800(会員\2700)

 All 10 tracks: Wishbone Ash/ Hope And Memory/ Just A One Man Band/ A Berryman's Tune/ The Elf King/ Sabine/ For Ladies I Couldn't Get/ Petermann's Polka/ The Magician's Apprentice/ Shepard's Pie/ ■ピーター・フィンガーが20代の時にレコーディングした記念すべきファースト・アルバムが初CD化。トラディショナル作品である「Petermann's Polka」1曲以外は全てピーターのオリジナル作品。オリジナル盤は、キッキングミュールから1977年にLPでリリースされたアルバムだ。若きピーター・フィンガーの才気あふれるギター・プレイが楽しめる。


●PETER FINGER / BETWEEN THE LINES('95)     \2800(会員\2700)
 ピーター・フィンガーの95年作。印象深いメロディラインを持ったオリジナル作品が多く彼の充実ぶりが窺える傑作だ。特に1曲目は今も彼のコンサートの1曲目に演奏するほどの「名刺がわりの1曲」になっているほど。別売タブ譜(TB-1079TAB/\2200)も発売中。

●PETER FINGER / BLUE MOON('03)     \2800(会員\2700)

●PETER FINGER / DREAM DANCER('04)    CD-1337 \2800(会員\2700)
 All 12 tracks: Liebeslied/ Abendstimmung/ The Blue Horizon/ Vielleicht im nachsten Leben/ Just Another Day in May/ Memory and Hope/ Hold My Hands/ Ballad for a Princess/ Friends Forever/ Unvergesslich[Unforgettable]/ Dream Dancer/ Il etait une fois/ ■ピーター・フィンガーの新譜は、バラード作品中心のアルバム。レコーディングに使用されたギターにも話題が集まっており、ピーター自身が1986年に製作したギター、マーティンのプリ・ウォー・モデル、それにルシアーが生前に製作した30本のうちの1本などをプレイしている。

●PETER FINGER / INNEN LEBEN('91)     \2800(会員\2700)
 
91年作。3分余りの作品からを9分を超える大作まで含む全10曲。特に3、5、9曲目の叙情的なオリジナル作品は、彼の作風の中でも個人的に最も好きなところ。

●PETER FINGER / NIEMANDSLAND('88)     \2800(会員\2700)
 
ソロまたはヴァイブやパーカッションなどシンプルなバックアップによる全10曲。中には彼自身がギターの他に多重録音でヴァイオリンやピアノ等をプレイする作品もあったりする。フィンガースタイル・ギターの持つ究極の美しさに溢れた素晴しいアルバム。

●PETER FINGER / OPEN STRINGS     \2800(会員\2700)

●PETER FINGER / SOLO('93)     \2800(会員\2700)
 
7曲目のトラッド作品以外はすべてオリジナル曲。2分余の小曲から10分を越える大作まで実に多彩な作品を収録。フィンガースタイル・ギターの魅力で一杯のオリジナル作品を聴かせてくれる。タイトル通りのギター・ソロ演奏。ピーター・フィンガーを聴くなら、まず本作は外せない。

●PETER FINGER / THE COLORS OF THE NIGHT     CD-97007 \2480(会員\2380)
 All 9 tracks: Looking Back/ Secret of a Moment/ For You/ The Colors of the Night/ It's All Over/ No Man's Land/ The Dreamer/ An Evening in August/ Live Your Life/

●PETER FINGER & FLORIAN POSER / BEST OF PETER FINGER & FLORIAN POSER('97) \2800(会員\2700)
 ギター・ファンにはスッカリお馴染みとなったピーター・フィンガー。本作は、80年代初めに録音され入手困難となっていた旧譜LP2枚分の嬉しいCD化。長らく紛失していたマスター・テープをピーターが探し出して今回のCD化となったとか。全11曲のうちピーターのオリジナル作品が9曲を占める事からもアルバムのイニシァティヴをとっているのは明らかにピーターの方。ギターとヴァイブという余り例の無いデュオだけれど、既にお聴きの方からは「すっかりハマッてしまいました」という感想も頂いているほどで、聴くとコレが凄く気持ち良い。今聴いても20年以上前の録音といった古さは微塵もなく、2人の見事なコラボレーションと構成のしっかりしたピーターのオリジナル作品(彼独特の適度な緊張感ただようカッコいい曲が多い!!)に大満足の64分余り。

●PETER LANG / TESTAMENT('08)     CD-1037 \2800(会員\2700)

 All 14 tracks: Freight Train/ Brownsville Road/ Colored Aristocracy/ I'm Satisfied/ Guabi Guabi/ Living in the Country/ Delia/ Buckdancer's Choice/ Can't Feel at Home in This World Anymore/ Guitar Rag/ Nobody's Business But My Own/ That'll Never Happen No More/ Keep Your Hands Off Her/ Payday/


●PETER LANG / THE THING AT THE NURSERY ROOM WINDOW     \2800(会員\2700)

●PETER RATZENBECK / NIGHTFALL      \2800(会員\2700)

●PETER RATZENBECK / OUTREMER      \2800(会員\2700)

◆PETTERI SARIOLA [ペッテリ・サリオラ] / 直感: THROUGH THE EYES OF OTHERS ('13)   CD-1666 \2667+消費税

◆PETTERI SARIOLA [ペッテリ・サリオラ] / PHASES('10)   CD-1469 \2667+消費税

◆PETTERI SARIOLA [ペッテリ・サリオラ] / SILENCE!('08)   CD-530 \2667+消費税

 All 12 tracks: Stomp/ Silence/ Bulb1/ Prime/ Without You/ Bulb2/ Untitled Blues/ Train/ Mothersong/ Where The Street Have No Name [bonus track]/ ■97年12月に自動車事故の為に40代半ばでこの世を去ったマイケル・ヘッジス。彼が亡くなって以後もプレストン・リードやドン・ロスといった今ではベテランともいえる優れたヘッジス・フォロワー達が現れ、彼等の音楽の中にヘッジスのDNAは生き続けている訳である。そして、特にここ数年はエリック・モングレイン、ジャスティン・キング、アンディ・マッキー、トレース・バンディ、アントゥワン・デュフール、ジェフ・タイタスなど、ヘッジスから多大な影響を受けた注目すべきフィンガースタイル・ギタリストが世界中から輩出されている。このペッテリ・サリオラも、その1人。フィンランド出身で本作録音時は22歳で「SLAM奏法」という新テクで話題を集めている。80年代以降に生まれた現在20代の海外の若いミュージシャンに特徴的な、リズムを主体とした楽曲作りは若々しくエネルギッシュで、聴く者を圧倒する。かと思うと、オーソドックなオリジナル・ブルース曲を渋くプレイしてみせたり、北欧の自然を思わせる叙情的な曲もあり、ソングライティングにおいても多彩なものを持っている。英語で歌うヴォーカル作品にはポップな魅力も一杯だ。(4曲を除き)基本的にはアコギ1本での演奏される全12曲を収録。また1人、目を離せないギタリストの登場を嬉しく思っている。


●PHIL HEYWOOD / BANKS OF THE RIVER('03)     CD-CF-09 \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Hoofin' It(2:57)/ Backtracking(3:45)/ Back In Big Horizons(2:49)/ Slippery Slope(4:46)/ Lazy Eights(4:41)/ Country Blues Picnic(3:45)/ Rock Island Line(3:21)/ So Long John(6:35)/ Stompin' Tonight On The Pennsylvania〜Alabama Border(5:46)/ I'm Going to Sit Down On the Banks of the River(2:42)/ Great Gray Water(4:48)/ Ojo(4:11)/ Bucket of Rain(4:20)/ Strange Fate(4:01)/ Sligo River Blues〜Spanish Dance/ ■全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン(1986年)に輝くフィル・ヘイウッドの新譜が入荷した。フィルのオリジナル作品やトラディショナル作品を中心に、全15曲。前作『CIRCLE TOUR』と同様、しっとりと落ちついた味わい深いギター・プレイを披露してくれている。2001年2月に亡くなったジョン・フェイヒーに捧げられたフィルのオリジナル作品「So Long John」が収められていたり、フェイヒーのオリジナル作品「Stompin’ Tonight On the Pennsylvania〜Alabama Border」と「Sligo River Blues〜Spanish Dance」をカヴァーしていたりして、亡きフェイヒーにトリビュートする思いを込めて制作されたようだ。加えて、30年間影響を受けつつもフィルはこれまでアルバムに収録しなかったリオ・コッキ作品(「Ojo」)を本作で初めてカヴァーしているのも興味深い。又、ハッピー・トラウムがカヴァーしている事でも有名なボブ・ディランの「Buckets of Rain」やレッドベリーの「Rock Island Line」で渋いヴォーカルを聞かせてくれてもいる。そして、フィルのオリジナル作品は、いつもながらブルースやフォーク・ブルースの影響とそれらへの深い敬意が感じられる粒揃いの曲。5曲目の「Lazy Eights」でのオクターブ奏法も見逃せない。という訳で、目を見張るような超絶テクや目新しいギター奏法は無くとも、聴く者の心をワシづかみにして感動させるプレイと作品を我々に提供してくれるのが、フィル・ヘイウッドである。彼のギター・ミュージック最新作、是非お聴き下さい。※蛇足: 本作をフィルと共同プロデュースしているダコタ・デイヴ・ハル(Dakota Dave Hull)は、彼と同じ音楽的バック・グラウンドを持つギタリストで、ソロ・アルバムやギター教則ビデオも出しているベテラン・ミュージシャンだ。本作の録音・編集・ミックス・マスタリングも担当。最高の理解者D・D・ハルがアルバム制作に全面協力した事も優れた本作の完成に寄与した事は間違いない。又、渋いジャケット写真は、フィル自身が撮影したものだ。


●PHIL HEYWOOD / CIRCLE TOUR('00)     CD-1146 \2800(会員\2700)
品切れ中

 All 13 tracks: The Thaw/ Fugitive/ Days of Reckoning/ Circle Tour/ Ha Ha This a Way/ Old Man River/ Dark To Dark/ Slow Return/ Manna From Kokomo/ Serenade/ Wind River Ramble/ Gone Too Soon/ Crested Hens; ■86年の全米フィンガーピッキング・ギター・チャンピオン、フィル・ヘイウッドの最新アルバム。96年に発表された前作『LOCAL JOE』(CD-1118)同様、ヴァラエティに富んだ内容だ。ドロップD・チューニングによる1曲目「The Thaw(雪解け)」は、右手のコントロールが余程ウマくないと平板で退屈な曲になりかねないようにも思うが、オープニング・ナンバーとして見事な(「このアルバムは凄そうだぞ」と予感せる)作品に仕上げている。ハワイアン・スラック・キー・ギターにインスパイアされたCGCGCDチューニングによる、ゆるやかな波打ち際の景色を思い起こさせるようなアルバム・タイトル曲。アイリッシュ・アメリカン・バンド、ソーラス(SOLAS)の作品をカヴァーした「Crested Hens」。両親が持っていた古い10インチ盤のレコードで覚えたという黒人フォークシンガー&12弦ギターの名手、レッドベリーの「Ha Ha This a Way」は、彼の朴訥とした歌声が聴ける本作唯一のヴォーカル曲。ジョン・フェイとテリー・ロブのデュエット・ヴァージョンに影響されたというスウィング曲「Old Man River」、そして亡きマイケル・ヘッジスに捧げられた(でも、タッピングとかはやってない)「Gone Too Soon」等々。派手さは無いが、心に残る渋いプレイを堪能できる。


●PHIL HEYWOOD / LOCAL JOE('96)  \2800(会員\2700)

●PHIL HEYWOOD, DAN NEALE, PAT DONOHUE / YE OLDE WOODEN GUITAR CHRISTMAS('97) \2800(会員\2700) 品切れ中

●PHIL KEAGGY / ACOUSTIC SKETCHES('98)    \2800(会員\2700)

●PHIL KEAGGY / BLUE    \2800(会員\2700)

●PHIL KEAGGY / TRUE BELIEVER     \2800(会員\2700)

●PHIL KEAGGY & MIKE PACHELLI / TWO OF US: GROOVEMASTERS VOL.10('07)   CD-2061 \2800(会員\2700)

 All 13 tracks: Maccadocisous/ Bears Den Road/ Westside Talkin'/ Birds/ Remember When/ Beatified/ For John & Val/ Old Friends/ County Down Revisited/ Song Of The Woods/ Self Duet/ Baggend/ The Walk/


●PHIL VOLAN / CHANGING CHANNELS('00)    CD-4 \2800(会員\2700)

●PHIL VOLAN / FAVORITE COLORS('95)    CD-9953 \2800(会員\2700) 品切れ中
 All 14 tracks: Out of the Blue/ Mississippi Blues/ When You Know/Florentine Red/ Pigtown Flin g/ Semicircles/ Blue Cindy/ November/ Scarborough Fair/ Dallas Rag/ Windy & Warm/ Favorute Colors/ Sinple gifts/ Mole's Moan; ■岸部眞明氏が初参加し、最終選考の5名に残った事でも話題になった2001年度の「ナショナル・フィンガーピッキング・ギター・チャンピオンシップ」。その決勝で第2位を獲得し、にわかに注目を集めるコロラド州在住のフィル・ヴォラン。彼が1995年に自主制作で発表したギター・インスト集。これがメチャ良いのだ。本作に収録された「Mississippi Blues」を、その最終選考のステージで演奏し、決勝では「Out of the Blue(ピエール・ペンスーザンのスローなナンバーを彷佛とさせる美しい作品)」をプレイしての2位獲得である。本作では、愛用のラリヴィーOM-5とマーティンの016NYを使用。繊細かつバランスの良いリッチなトーンが、心にしみる。彼のオリジナル作品とトラディショナル曲を彼がアレンジした作品に加え、S&Gの「Scarborough Fair」、ジェフ・マルダー作の「Mole's Moan」、ジョン・ラウダーミルクの「Windy & Warm」、そしてデイヴ・レイブマンのアレンジで有名なトラディショナル曲「Dallas Rag」などもカヴァーしている。「ラグ」や「ブルース」といったタイトルの作品が含まれているし、トラディショナル曲も多いので「それ風の内容」と思われがちだが、アルバム全体の味わいは、もっとコンテンポラリーなもので、彼が住むコロラドの大自然のように爽やかで快い。「Scarborough Fair」はジェフ・ミラーのセカンド・ギターとゴードン・バートによるヴァイオリンも参加しているのけれど、その控えめなバックアップが、フィルのギター・プレイを一層際立たせており、本作の聴きモノの1つにしている。尚、ウィル・アッカーマンから「『FAVORITE COLORS 』は、私がこれまで聴いてきた殆どのアルバムより更に上位ランクに位置するアルバム」と評されている。全てのアコースティック・ギター・ファンにお聴き頂きたい傑作。

●PHIL VOLAN / TOGETHER WE CAN HEAL     \2800(会員\2700)

ピエール・ベンスーザンの最新アルバム!!
●PIERRE BENSUSAN / ENCORE [3枚組CD] フランス盤 ≪送料無料≫   3CD-1013 \4980(会員\4880)
 ピエール・ベンスーザンのニュー・アルバムが入荷。40年間にわたる音楽キャリアを彼自身のライヴ演奏で総括するというスペシャルな内容の3枚組ライヴ盤だ。収録されている全38曲は全て初出のライヴ音源。つまり、作品としては既発アルバムに入っている有名曲&人気曲も含まれているけれど、全て本作によって初めて世に出るライヴ演奏なのだ。
 一番古いものは彼がプロ活動をスタートさせた1975年、ビル・キースとジム・ルーニーと共にスイスの「Eppalinges Folk Festival」に出演した時の5曲(うち3曲で当時17歳だったピエール少年のソロ・ギター演奏が聴ける!!)。一番新しいものは、亡きマイケル・ヘッジスに捧げた名曲「So Long Michael」の2013年3月のロンドンでのライヴが収められており、文字通りデビュー時から今年までの彼の約40年間の道程のそれぞれの時代を彼のライヴ演奏を通じて振り返ったアルバムとなっている。アルバム・ジャケット写真や収録曲目も含め、更に詳しい説明文は
コチラ
※この『ENCORE』の3枚組CDを買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラからどうぞ

PIERRE BENSUSAN / VIVIDLY ('10) フランス盤 ≪送料無料≫  \2800(会員\2700)

 All 14 tracks: Veilleuse/ Le Chien Qui Tourne/ Kiss Landing/ The In Between/ DADGAD Cafe/ La Java Du Concessionnaire/ Astres & Gnomes/ Pas Sage/ Pirogue/ Par Un Beau Soir De Dimanche/ Mille Pattes/ La Blanche Biche/ Coup Dans L'Eau/ Les Places De Liberte/ ■ピエール・ベンスーザン5年ぶりのニュー・アルバム『VIVIDLY』がリリースされた。前作『ALTIPLANOS』ではケヴィン・ライアンのギターをメインに使っていたけれど、その後ロウデン・ギターのジョージ・ロウデンが仕事を再開したことで再びロウデン・ギターのシグネチュア・モデル2本(The Old LadyとThe New Ladyという愛称で呼ばれているそう)を使ってのニュー・レコーディング、全14曲。ヴォーカル作品も含むがサウンドの中心は勿論ピエールのフィンガースタイル・ギター。伸びやかなサウンドの二胡が加わる2曲と幾人ものヴォーカリストが加わる14曲目を除いて、使用される楽器は彼のアコースティック・ギターのみである。ピエールのソロ・ライヴに行かれた事のある方はご存じの通り、あの温かみのあるヴォーカルも彼のアーティストとしての魅力の1つだ。アルバム全体を存分に味わって頂きたいと思う。既に幾度も聴いているが、様々な音楽の影響を受けつつ、それを唯一無二の「ベンスーザン・サウンド」に創り上げた彼のこれまでの歩みを振り返るような豊潤な作品となっている。まさに「孤高のアーティスト」の名に相応しい快心の出来ばえであろう。買い物カゴでのオーダーはコチラ


PIERRE BENSUSAN / A LA CARTE('09) フランス盤 ≪送料無料≫ \2800(会員\2700)
 買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN / ALTIPLANOS('05) フランス盤 ≪送料無料≫      \2800(会員\2700)
 買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN / 2 フランス盤 ≪送料無料≫      \2800(会員\2700)
 
買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN / INTUITE('01) ≪送料無料≫      \2800(会員\2700)
 
 ※買い物カゴでのオーダーは、コチラ

PIERRE BENSUSAN / MUSIQUES フランス盤 ≪送料無料≫    \2800(会員\2700)
 
買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN / PRES DE PARIS フランス盤 ≪送料無料≫    \2800(会員\2700)
 
買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN / SOLILAI フランス盤 ≪送料無料≫    \2800(会員\2700)
 
買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN / SPICES('88) フランス盤 ≪送料無料≫      \2800(会員\2700)
 
買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN / WU WEI('93) フランス盤 ≪送料無料≫      \2800(会員\2700)
 
買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN & DIDIER MALHERBE / LIVE AU NEW MORNING('97) フランス盤 ≪送料無料≫ \2800(会員\2700)
 
買い物カゴでのオーダーはコチラ

PIERRE BENSUSAN, ANDREW YORK, GUINGA, BRIAN GORE / AN EVENING WITH INTERNATIONAL GUITAR NIGHT('04)   \2800(会員\2700) 品切れ中

PRESTON REED / HANDWRITTEN NOTES('01)           CD-1001 \2800(会員\2700)
プレストン・リードの自主制作。01年に発表したアルバム。これまでの彼のビンビンという感じのオヴェイション系の音が押さえられ、よりアコースティックな「生音」で演奏されている。これには本当に驚いた。作品もスローなものもあり、これまでにない大きな変化に話題騒然。今まで「プレストンの超絶テクニックが凄いのは判るけど、聴くのはチョット」と尻ごみしていた貴方にもお薦め。

PRESTON REED / HISTORY OF NOW('06)  CD-1004 \2800(会員\2700)

PRESTON REED / IN HERE OUT THERE ≪イギリス盤≫ ≪送料無料≫     \2600(会員\2500)
 
プレストン・リードの前作『SPIRIT』から7年ぶり、全篇アコースティック・ギターのアルバムとしては前々作『HANDWRITTEN NOTES』からだから実に13年ぶりのニュー・アルバム。
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

PRESTON REED / LADIES NIGHT('97/'04)           CD-OB-1003 \2800(会員\2700)

PRESTON REED / METAL('95/'02)                 CD-1002 \2800(会員\2700)

PRESTON REED / SPIRIT('07)           CD-1005 \2800(会員\2700)

PRESTON REED / THE ROAD LESS TRAVELLED('87)            \2800(会員\2700)

PRESTON REED / TWO COMPLETE ALBUMS('90)              \2800(会員\2700) 品切れ中

PRESTON REED & LAURENCE JUBER / GROOVEMASTERS: VOL.1('97)  CD-505-1 \2480(会員\2380)

 All 10 songs: Groovemasters/ Commotion/ Shoganal/ Hurricane/ Private Dick/ Bad Attitude/ Airborne/ Ricochet/ Dirty Boy/ Last Train/ ■プレストン・リードとロウレンス・ジュバーが97年に発表した初共演盤。演奏スタイルやテクニックの異なる2人の絶妙のコンビネーションが素晴しい傑作だ。3曲目のタイトル「しょうがない: Shoganai」はプレストンが日本で覚えた言葉の1つだとか。大阪や京都で会った時、来日前に覚えた(日本ツアーが決定した直後からプレストンは「貴方も2週間で日本語会話がマスターできる」という教則カセットを買って一生懸命勉強したのです)日本語に関して色々質問された時も「しょうがない」というのが印象的な言葉だとは聞いていなかったのだけれど.....。「しょうがない」の意味は本作の各曲に添えられた彼のコメントによると「The feeling of sadness that sometimes goes with doing what you have to」という事か、ナルホド。で、ジャズ風味の「Private Dick」、2人の個性が際立つ「Ricochet」、ムーディな作風で7/8拍子の「Airbone」も含むなど、ヴァラエティに富んだ作品、全10曲。是非お聴き頂きたい。


 

次のページへ(R〜)

 ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL.

 


[ギター新譜 CD][A・ギターお薦めCD ][A・ギター関係のCD在庫リスト ][ギター教則本][リック・ラスキン][アコースティック・ギター ビデオ][アコースティック・ギター DVD][日本人ギタリスト][中川イサト][住出勝則][小松原俊][黄家偉][MICHAEL HEDGES][岸部 眞明][押尾 コータロー][下山亮平][CHET ATKINS][TOMMY EMMANUEL][Acoustic Music Records][お薦めのギタリスト紹介][雑誌(フィンガースタイル・ギター誌)]

  

プー横丁のトップページへ

SLICE OF LIFE トップページへ