ブルーグラスCD在庫リスト U〜W と日本人アーティスト
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。

BLUEGRASS ブルーグラスのメニュー画面へ戻る

ブルーグラスCD在庫リスト インデックス へ戻る

U、V、日本人アーティスト

●UNCLE DAVE MACON / UNCLE DAVE MACON: THE COUNTRY MUSIC HALL OF FAMES SERIES('92)  \2480(会員\2380)

●UNCLE EARL / SHE WAITS FOR NIGHT('05)     CD-0565 \2480(会員\2380)
 produced by Dirk Powell; feat. Kristin Andreassen, Rayna Gellert, KC Groves, Abigail Washburn; with Dan Rose(bass), Dirk Powell(banjo/accordion), Christine Balfa(triangle); ■ダーク・パウェルのプロデュースでデビューした注目のバンド、アンクル・アール。オールド・タイム・ミュージックをこよなく愛する女性4人組の若さ溢れる歌声とプレイ。最近、次々に登場するオールド・タイム・バンド同様、伝統を大切にしながらも決してそれに縛られない自由な発想と音作りで披露されるグループとしての個性。それが、とてもカッコ良いのだ。

●UNCLE EARL / WATERLOO, TENNESSEE('07)     \2480(会員\2380)

●UNION SPRINGS / HELP ME, LORD('94)  \2480(会員\2380)

●VASSAR CLEMENTS / 20 FIDDLETUNES & WALTZ FAVORITES      CD-236 \2480(会員\2380)

 All 20 tracks: Columbus Rag [1:35]/ Alomo Waltz [2:18]/ Polly Ann [1:11]/ Black Hawk Waltz [2:34]/ Drifting Back to Dreamland [2:23]/ Fast Travelin' [0:59]/ La Golondrina [1:40]/ Gulf Coast Waltz [2:42]/ Katy Did [2:00]/ Rain Drop Waltz [1:45]/ Old Clem [1:38]/ Before I Knew You [1:53]/ Ft Worth Waltz [2:03]/ Duck Hill [1:22]/ Mississippi Waltz [1:49]/ Fifty Years Ago [2:02]/ Londondary Air [1:33]/ Our Last Waltz [1:38]/ Pride of the Ball[1:48]/ Red Rose Waltz [1:25]/ ■1969年〜1972年にかけてヴァッサー・クレメンツが録音したルーラル・リズム・レーベルの音源から選曲された全20曲。70年代初めといえば、ヴァッサーがジョン・ハートフォードの『AEREO-PLAIN』('71)やニッティ・グリッティの『永遠の絆/第1集』('73)のレコーディングに参加した頃だ。 聴き逃すテはない。


●VASSAR CLEMENTS / AN AMERICANA CHRISTMAS('07)      CD-4419 \2480(会員\2380)

●VASSAR CLEMENTS / LIVIN' WITH THE BLUES('04)   \2480(会員\2380)

●VASSAR CLEMENTS / ONCE IN A WHILE('92)   \2480(会員\2380)

●VASSAR CLEMENTS / MUSIC CITY USA  \2480(会員\2380)

◆VASSAR CLEMENTS / NEW HILLBILLY JAZZ('87/'89/'05)     CD-1001 \3150
 
All 14 tracks: Midnight Moonlight/ Oange Blossom Special/ Pan American/ Knee Deep in The Blues/ Gone Gone Gone/ Golden Rocket/ Sweet Kentucky Woman/ Knee Deep In Trouble/ I Hear The South/ Cajun Fiddle/ Kissimme Kid/ etc. ■ヴァッサー・クレメンツが87年秋にレコーディングし、LPのみで発売されていた「ヒルビリー・ジャズ」シリーズの第3弾となる本作が、嬉しいCD化。しかも、この日本盤のみに89年の来日時の東京「Be-Point」でのライヴ3曲をボーナス・トラックとして追加。更にヴァッサーと親交ののあったミュージシャン等へのインタビューを収録したCD-ROM付き。

●VASSAR CLEMENTS / VASSAR'S JAZZ: GOLDEN ANNIVERSARY ALBUM('96)   \2480(会員\2380) 品切れ中

●VASSAR CLEMENTS / THE BOTTOM LINE ENCORE COLLECTION('99)   \2480(会員\2380)

●VASSAR CLEMENTS BAND / LIVE IN TELLURIDE 1979  \2480(会員\2380) 品切れ中

●VASSAR CLEMENTS & TONY RICE / VASSAR CLEMENTS-TONY RICE AND THE LOW COUNTRY ALL-STAR BAND('06)  CD-001 \2480(会員\2380)

 with Tony Williamson(mandolin), Scott Vestal(banjo), Warren Amberson(bass), Carroll Clements(guitar); All 12 tracks: Groundspeed [Earl Scruggs]/ Mountain Girl [Tony Williamson]/ Kissimee Kid [Vassar Clements]/ Billy in the Lowground [Traditional]/ Dark Hollow [Traditional]/ Salt Creek [Traditional]/ Toy Heart [Bill Monroe]/ I Wonder Where You Are Tonight [Johnny Bond]/ Unwound[Dean Dillon-Frank Dycus]/ Lonesome Fiddle Blues [Vassar Clements]/ Wayfaring Stranger [Traditional]/ Wheel Hoss [Bill Monroe]/ ■2005年11月にライヴ・レコーディングされたヴァッサー・クレメンツとトニー・ライスの共演盤。トニー・ウィリアムスン、スコット・ヴェスタル、ウォーレン・アンバースン、そしてヴァッサーのいとこであるキャロル・クレメンツ等がサポートし、ブルーグラス・スタンダードを中心に演奏される全12曲。恐らくヴァッサーのラスト・ライヴ・レコーディングとなるであろう本作、どうぞお聴き逃しなく。


●VASSAR CLEMENTS, NORMAN & NANCY BLAKE, ROY HUSKEY, JR. / AN AMERICAN CHRISTMAS('07)     CD-4419 \2480(会員\2380)

●VERN YOUNG / BY REQUEST  \2480(会員\2380)

●VERN & RAY with HERB PEDERSEN / SAN FRANCISCO 1968('06)     CD-524 \2480(会員\2380)
 feat. Vern Williams (mandolin/vo.), Ray Park(guitar/fiddle/vo.), Herb Pedersen (banjo/vo.), Howard Courtney(bass); All 17 tracks: band intro/ 20 Second Rag/ How Many Times/ Sweet Fern/ intro/ The Leather Britches/ I Wonder Where You Are Tonight/ Little Georgia Rose/ The Buckin' Mule/ The Bottle Let Me Down/ Ode To The Little Brown Shack/ Poor Ellen Smith/ Hard Times/ The Touch of God's Hand/ On My Mind/ Orange Blossom Special/ ■西海岸のブルーグラス・シーンを支えたヴァーン&レイの今から38年前、サン・フランシスコ・フォーク・フェスでの貴重なライヴ音源だ。ハーブ・ペダースン曰く「私は彼等から学んだ事を決して忘れないだろう。そして、彼等と共にいれたことを今もほこりに思っている」。

●VERN WILLIAMS BAND / BLUEGRASS FROM THE GOLDEN COUNTRY  \2480(会員\2380)

●VERN WILLIAMS BAND / TRADITIONAL BLUEGRASS('05)           CD-514 \2480(会員\2380)
 feat. Vern Williams(mandolin/vo.), Del Williams(guitar/vo.), Keith Little(banjo/vo.), Ed Neff(fiddle), Kevin Thompson(bass); All 16 tracks: Roll On Buddy/ Close By/ Montana Cowboy/ I'm On My Way Back To The Old Home/ Happy I'll Be/ Live And Let Live/ Bald Knob, Arkansas/ When The Golden Leaves Begin To Fall/ I Hear A Choo Choo Coming/ Can't You Hear Me Calling/ Traveling The Highway Home/ Love Me Darling Just Tonight/ In Despair/ I'm Going Back To Old Kentucky/ Darling Nellie Across The Sea/ Pig In A Pen/ ■ヴァ―ン・ウィリアムズ・バンド80年代の絶頂期のライヴがリリース。グラス・ヴァレー・フェスのライヴ(82年)の音源を中心にした全16曲。

●VIRGINIA SQUIRES / THE BEST OF THE VIRGINIA SQUIRES('98)  \2480(会員\2380) 品切れ中

●VIRGINIA SQUIRES / VARIATIONS  \2480(会員\2380) 品切れ中

●VW BOYS / RADIO SHOW('99)   \2480(会員\2380) 

●WADE & JULIA MAINER / IN THE LAND OF MELODY('92)   \2480(会員\2380)

●WALT KOKEN / BANJONIQUE    \2480(会員\2380) 品切れ中

●WALT KOKEN / HEI-WA HOEDOWN   \2480(会員\2380) 品切れ中

●WALT MICHAEL / MUSIC FOR HAMMERED DULCIMER('83)  \2480(会員\2380)

●WARRIOR RIVER BOYS / SOUNDS LIKE HOME  \2480(会員\2380)

●WATKINS FAMILY HOUR / WATKINS FAMILY HOUR ('15)  \2480(会員\2380)

●WATSON & HARDY / LOVE HOUNDS ON MY TRAIL('97)  \2480(会員\2380)

●WAYFARING STRANGERS / SHIFTING SANDS OF TIME('01)  \2480(会員\2380)
 feat. Tony Trischka(banjo), Andy Statman(mandolin/clarinet), Matt Glaser(violin/viola), John McGann(guitar/mandolin), Jim Whitney(bass), Jennifer Kimball(vo.), & others; with Darol Anger, Mark Simos; with guest vocalists: Rhonda Vincent, Ralph Stanley, Laurie Lewis, Tim O'Brien, Lucy Kaplanski, Cathie Ryan, Tracy Bonham & others; ■これは面白い。トニー・トリシュカ、アンディ・スタットマン、マット・グレイサー、ジョン・ミゲーン等が結成した新グループ、ウェイフェアリング・ストレンジャーズのデビュー盤。仕掛人はマット・グレイサーのようで「どんなジャンルの音楽でもやれる」ベテラン・ブルーグラス・ミュージシャン仲間を呼び集めて行なわれた楽しいレコーディング・セッションが目に浮かぶ。紅一点のジェニファー・キンボール(vo.)以外にもヴォーカルとしてラルフ・スタンリー、ロンダ・ヴィンセント、ロウリー・ルイス、ティム・オブライエン、ルーシー・カプランスキー等、新旧の実力派を迎えて、ブルーグラス、カントリー、オールドタイム、ジャズ、フォーク、グレズマー・ミュージック等を変幻自在に肩の力をプレイする彼等。オーソドックスなブルーグラスだけが好きな方には無理にお薦めしませんが「楽しい音楽は大歓迎」派のファンには是非ともお聴き頂きたい1枚。

●WAYFARING STRANGERS / THIS TRAIN('03)   CD-0528  \2480(会員\2380)

 feat. Matt Glaser, Tony Trischka, John McGann, Tracy Bonham, Ruth Ungar, Aoife O'Donovan, Laszlo Gardony, Jamey Haddad, Jim Whitney; with Darol Anger, Bruce Molsky, Jay Ungar, Andy Statman, Molly Mason & others; All 11 tracks: This Train/ / Columbus Stockade/ Blues/ When The Golden Leaves Begin To Fall/ Cluck Old Hen/ Don't This Road Look Rough And Rocky/ Lazy John/ Sit Down Servant/ When You Go Walking After Midnight/ Don't Put Off 'Til Tomorrow/ Who'll Sing For Me?/ ■2001年のデビュー盤『SHIFTING SANDS OF TIME』が大好評だったウェイフェアリング・ストレンジャーズの2作目。音楽ディレクターでもあるマット・グレイサー(violin/piano)を中心にトニー・トリシュカ(banjo/slide guitar)やジョン・ミゲーン(guitar/octave mandolin)や3人の女性ヴォーカルをフィーチャーしたご機嫌な音楽。ブルーグラスのスタンダード作品がマットによる素晴しいアレンジで見事なジャズ作品に蘇っているのだ。彼等の音楽が決して企画ものなどではない事は前作でも証明済みだが、本作もブルーグラスやトラディショナル音楽に対する理解とリスペクトが内包されている事が容易に解る。三人三様のヴォーカルやゲストのダロル・アンガー、ブルース・モルスキー、ジェイ・アンガーのトリプル・フィドルの絡む作品もあったりで、聴きどころ&楽しみどころも一杯だ。11曲目の後にアルバム・タイトル曲のライヴ・ヴァージョンも収められている。推薦盤。※蛇足ながら、このグループ名の「Wayfaring」のカタカナ表記は「ウェイフェアリング」が実際の英語の発音に近い。「ウェイファーリング」と読んでしまいがちだが、それは誤りである。「Wayfaring Strangers」は有名曲のタイトルでもあり、グループ名がそれに因んでつけられた事は明らかなので、念の為に記しておきたいと思う。


●WAYNE HENDERSON / LES PIK('01)    CD-1357 \2480(会員\2380)

●WAYNE HENDERSON / MADE & PLAYED('06)    CD-TRR047 \2480(会員\2380)
 All 19 songs: SONG LIST: Sally Anne/ Nothing To It/ Ghost Riders in the Sky/ Take Me Out to the Ballgame/ Temperence Reel/ Buckaroo/ Black Mountain Rag/ Little Moses/ Wheels/ Wheelhoss/ Banks of the Ohio/ Leather Britches/ Cannonball Blues/ Mockingbird Hill/ Jerusalem Ridge/ Steel Guitar Rag/ John Hardy/ Salty/ Lonesome Moonlight Waltz/ ■スティーヴ・カウフマンとの共演アルバムでも知られるギターの名手であり、ヴィンテージ・マーティンのサウンドを探求し作られたヘンダースン・ギターのオーナー&製作家であるウェイン・ヘンダースンが06年に発表したソロ・アルバム。全曲とも彼自身が制作したOM-28タイプのギターで演奏している。

●WAYNE HENDERSON & ROBIN KESSINGER / CONTEST FAVORITES  \2480(会員\2380)

●WAYNE HENDERSON & STEVE KAUFMAN / NOT MUCH WORK FOR SATURDAY('96)  \2480(会員\2380)
 ヘンダースン・ギター社の社長でもあり、既にソロ作も出しているウェイン・ヘンダースンと3度の全米ギター・チャンピオンに輝き、数々のアルバムや教則物を発表しているスティーヴ・カウフマンの初デュエット盤。ファン大満足のギター・スタンダード曲集である。

●WEARY HEARTS / BY HEART \2480(会員\2380)

●WES HOMNER / IT WON'T BE LONG NOW    \2480(会員\2380)

●WES HOMNER & FRIENDS / HIGHER GROUND('97)    \2480(会員\2380)

●WHEELER / WHEELER('09)      \2480(会員\2380)

 feat. Tiffany Wheeler(vo.), Kevin Wheeler(bass/vo.), Mark Jackson (mandolin/harmony vo.), Justin Salyer(guitar), Steven Mounts (banjo); All 15tracks: I Will/ When You're Looking Up/ Thanks to You/ That's God/ In the Morning/ Load `em Up/ I Had to Move/ All and All/ What a Day That Will Be/ Maker of the Storm/ All He Wants to Do/ Solomon's Song [instrumental]/ From the Third Day On/ Turn Back Around/ Lord I Wanna Go/ ■ヴァージニアから登場した5人組の若きBGゴスペル・バンド。彼等のオリジナル作品も含む全15曲収録。


●WHEEL HOSS / FROM NOW ON  \2480(会員\2380)

●WHITES / DOING IT BY THE BOOK('88)    CD-47819 \2480(会員\2380)

●WHITES / GIVE A LITTLE BACK('96)    SOR-0091 \2480(会員\2380)

●WHITETOP MOUNTAINEERS / HOME ON THE MOUNTAIN('08)     \2480(会員\2380)
 feat. Martha Spencer(old-time fiddle) and Jackson Cunningham(guitar); ■フィドルとギターのオールドタイム・デュオ。CD-Rです。

●WHITSTEIN BROTHERS / ROSE OF MY HEART    \2480(会員\2380) 品切れ中

●WILD & BLUE / HEIRLOOM('93)    \2480(会員\2380)

●WILDFIRE / CRASH COURSE IN THE BLUES('11)    CD-034 \2480(会員\2380)

 feat. Robert Hale (vo./guitar), Curt Chapman(bass), Johnny Lewis(banjo/fiddle), Steve Thomas(mandolin), Matt Despain (dobro); All 12 tracks: She Burnt The Little Roadside Tavern Down/ Crash Course In The Blues/ 21 Years/ Used To The Pain/ Oh No/ Lies That You Told/ Daddy Loved Trains/ I Wanna Know Your Name/ In This Town/ Lifetime of Nighttime/ Paint This Town/ When He Reached Down His Hand For Me/


●WILDFIRE / WHERE ROADS DIVIDE('03)     CD-1127 \2480(会員\2380)

●WILDWOOD VALLEY BOYS / BACK COUNTRY ROAD('02)     CD-1781 \2480(会員\2380)
 All 12 tracks: The Long Valley/ Black Dust Fever/ Let Me Be Your Man/ Mom And Dad's Waltz/ Ruby The Beauty/ My World's A Paradise/ She Knew/ Back Country Road/ Paul's Ride/ Paradise/ Sjackles And Chain/ Heartbreakin' Devil; ■バンドのオリジナル・メンバーでありリーダーであるトニー・ホルトのリード・ヴォーカルとソングライティングの素晴らしさで、トラディショナル・BGファンの注目を集めているワイルドウッド・ヴァリー・ボーイズの3作目。

●WILLIE NELSON / COUNTRY MUSIC('10)    \2480(会員\2380)
 produced by R-Bone Burnett;

●WILL PATTON / FLOW ('11)                    CD-511 \2480(会員\2380)
 with Steve Blair(guitar), Clyde Staats(bass), David Gusakov(violin/viola), Dono Schabner(guitar) and Gabe Jarrett(drums); with guests Anna Patton(clarinet), Ninine Garcia(guitar);; All 10 tracks: Cheesecake/ Le Marais/ Charanga/ Waltz for Anna/ Bebop in Pastel/ Sampa/ Big Dawg/ Daydream/ November/ Caporal/Swing / ■ジャズ・マンドリン奏者、ウィル・パトゥンのニュー・アルバム。「Big Dawg」などオリジナル作品のほか、デューク・エリントン、ソニー・スティットの作品も含む全10曲。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●WILSON DOUGLAS & GRUDER MORRIS / HOT FROM THE KITCHEN('73/'97)   \2480(会員\2380)

●WITCHER BROTHERS / YESTERDAY'S NEWS   \2480(会員\2380)

●WPA / WORKS PROGRESS ADMINISTRATION('09)     \2480(会員\2380)

 feat. Glen Phillips, Sean Watkins, Sara Watkins, Luke Bulla, Benmont Tench, Pete Thomas, Davey Faragher; All 12 tracks: Always Have My Love/ Good as Ever/ Cry For You/ Rise Up/ Paralyzed/ Remember Well/ End This Now/ Already Gone/ I Go to Sleep/ Not Sure/ A Wedding or a Wake/ The Price/ ■結成20年余のオルタナ・ロック・バンド「Toad the Wet Sprocket」のグレン・フィリップス、ニックル・クリークのショーンとサラのワトキンス兄妹、トム・ペティ&ハートブレイカーズのベンモント・テンチ、エルヴィス・コステロ&インポスターのピート・トーマスとデイヴィ・ファラガー等によって結成されたWPAのデビュー・アルバム。


●WYATT RICE / NEW MARKET GAP \2480(会員\2380)
品切れ中

●WYATT RICE & SANTA CRUZ / PICTURE IN A TEAR('96)   \2480(会員\2380) 品切れ中
 produced by Ronnie Bowman & Wyatt Rice; with Ronnie Bowman(vo.), Dan Tyminski(mandolin), Jason Carter(fiddle), Aubrey Hanie(fiddle), Rickie Simpkins(fiddle), Kim Gardner(dobro);  ■ワイアット・ライスが自らのグループ、サンタ・クルーズを率いて発表したバンド・デビュー盤。90年に発表したソロ作『New Market Gap』で、大いに実力をアピールしたものの、ややもすると実兄トニー・ライスの陰に隠れている印象もあった彼。以前からの噂どおり、T・ライス・ユニットのようなインスト・バンドではなく、ティミー・メイシーとジュニア・シスクという強力なヴォーカリストをフロントに置いたヴォーカル中心のバンドにしたのは大正解だと思う。従兄弟同士で幼い頃からハモり合っていたというメイシーとシスクにワイアットのスリリングなリード・ギターが絡み、リッキー・リドゥル(mandolin)とエルマー・バーシェット(banjo)がハーモニー・ヴォーカルでもサポートする。そして、J・カーター、A・ヘイニー、R・シムプキンスの3人がフィドルで、K・ガードナーがドブロでゲスト参加。更にプロデューサーでもあるロンサム・リヴァー・バンドのR・バウマンがバック・ヴォーカルも担当している。メンバーやR・バウマンのオリジナル作品の他、ジミー・スキナーの「He Died A Rounder At Twenty-One」やトム・パクストンの作品も含む全12曲。コレは「買い」だ。

●YIANNIS GOUGOURELAS / FLATPICKING GUITAR INSTRUMENTALS      \2480(会員\2380)

●YO-YO MA, EDGAR MEYER, MARK O'CONNOR / APPALACHIAN JOURNEY('00)    CD-66782 \2480(会員\2380)

●KAZUHIRO INABA [稲葉和裕] / DIXIE DREAM('99)   CD-0166 \2480(会員\2380) 品切れ中

●MARO KAWABATA / CAROLINA      CD-CCCD-0186 \2480(会員\2380) 

●MASUO SASABE [笹部益夫] / YOKOHAMA PICKIN' PARTY('97)     CD-TBR-3 \2800(会員\2700) 品切れ中
 produced by Sandy Rothman; with Sandy Rothman(mandolin/banjo/guitar/vo.); All 14 songs: Happy on the Mississippi Shore/ Hobo Bill's Last Ride/ Blow Yo' Whistle, Freight Train/ Blues Stay Away From Me/ etc. ■東京で活躍する笹部益夫さんのソロ作。親日家でも知られるサンディ・ロスマンのプロデュースで、彼自身のレーベルからリリース。ビル・モンロー作品やデルモア兄弟の作品など全14曲。尚、同レーベルから93年にリリースされたサンディ・ロスマンのソロ秀作『THE OLD ROAD TO HOME』もお聴き逃しなく。

◆宮崎 勝之 / MANDO NOVO             CD-0003 \2000(会員も同じ価格) 品切れ中

 produced by Katsuyuki Miyazaki; with Hiroyuki Katoh (Keyboard/Midi Progoramming), Yuji Tanaka ( Guitar); All 5 tracks: Mando Novo/ Shadows And Lights/ Romantic Town/ Around The Fire/ Fry In/ ■幅広い活動で内外のブルーグラス・ファンはもとより、アコースティック・ミュージシク・ファンから幅広い人気を集めている宮崎勝之のニュー・アルバム。デヴィッド・グリスマン・クィンテットを彷彿とさせる軽やかなメロディが印象的なアルバム・タイトル曲をはじめ、全5曲収録のミニ・アルバム。


坂庭省悟 / 坂庭省悟メモリアル・アルバム: 心の旅2 [2枚組CD]   2CD-0901/0902 \4000(会員も同価格)
 All 23 tracks: [DISC1] 漕げよ、マイケル/ Foggy Mountain Breakdown〜綿つみの唄/ ぼくの古いギター〜Black Mountain Rag/ ギター教室その1/ あの娘の瞳/ マンドリン&ギターメドレー [St. Anne's Reel〜Ned Kendall's Hornpipe〜Whiskey Before Breakfast〜The Maid Behind The Bar]/ 解き放たれて/ El Cumbanchero/ 戦争は知らない/ この世に住む家とてなく/ ノコサレタモノタチ/ 子象の行進/ 500マイル/  [DISC2] ギター教室その2/ 谷間の虹/ わらの中の七面鳥/ サンタの贈りもの/ さよならが言えない/ 母のお墓/ せめて今夜だけ/ カーターファミリーメドレー [すずめの唄〜Gold Watch and Chain〜青い海のお墓〜柳の木の下に〜海の嵐〜ワルツを踊りましょう〜海に向かって〜森かげの花]/ あなたが夜明けをつげる子供たち/ 夜汽車/ 2ボーナストラック
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ
≪発売元のコメント≫
前作『坂庭省悟メモリアルアルバム 心の旅』を出版してから、二年の歳月が過ぎようとしています。
当初第二弾を、という考えは持っていなかったのですが、たくさんの方からのご要望もありミュージシャン・坂庭省悟の記録を、もう少しカタチとして残してみたいと思い、このアルバムをリリースします。
今回のアルバムは、坂庭省悟が大好きだった、たいせつな仲間と「聖なる一回性」ともいえる価値ある時を共有した彼の姿を想い出しながら編集しました。


◆坂庭 省悟 / 別れのうた('99)      \2500 品切れ中

◆坂庭 省悟 / ぼくの古いギター('97/'04)   \2500 品切れ中

◆坂庭 省悟 / ホーボーズ・ララバイ: Hobo's Lullaby('02)   \3000 品切れ中

◆坂庭省吾&宮崎勝之 / BATTLE TWO('03)  \3000 品切れ中

 All 11 tracks: Nothing to It/ ノコサレタモノタチ/ つぼみのままで/ Good Night Waltz/ Rodney's Glory 〜 Cooley's Reel 〜 Kitchen Girl/ この世に住む家とてなく/ Octorber Rain/ 忘れられたメロディー/ Hard Times Come Again No More/ 仰げば尊し 〜 Auld Lang Syne/ East Tennessee Blues/ ■宮崎勝之(mandolin)と坂庭省悟(guitar/mandolin/banjo)のデュエット作、第2弾。


◆SAM / YAM YUM: VOL.2  \3000 品切れ中

◆SAM / YAM YUM: VOL.3('98)  \3000 品切れ中

◆松本もんつとヤポネシアン・ジグ / わすれていたにおい  \3000

◆北村 謙 / 桜の島の風の中にいる('01)       CD-K50-0001 \3000 品切れ中
 with Bill Keith(banjo), Byron Berline(fiddle), Bryan Sutton(guitar), Katz Miyazaki(mandolin), Tommy White(pedal steel), John Mock(pennywhistle) and others; All 10 tracks: 雨あがり/ある朝ふと/遥か/風の盆に恋をして/恋唄/風が吹いている/仲間たちよ/桜SAKURA/また逢いましょう/地平の彼方; ■1970年代のフォークブームの頃から活躍を続ける京都在住のミュージシャン、北村謙。本作は彼が50歳の誕生日を機に発表したソロ・アルバム。ナッシュヴィルで行なわれたレコーディングには、現地のブライアン・サットン(guitar)等以外に、ニューヨークからビル・キース(banjo)が、オクラホマからバイロン・バーライン(fiddle)が駆けつけ参加した。北村氏が率いるグループ「少年倶楽部」による作品同様、どこか懐かしくなるオリジナル新曲10作品が収められている。自主制作盤につき、お早めに。

●渡辺敏雄 [TOSHIO WATANABE] / THE FICTION TWINS    \2573
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●Various Artists / KOBE SUPER PICKERS: DUSK AND DAWN('98)     \3000

◆ブラックベリーwith 橋本啓子 / BLUE GRASS SCRAMBLE   \1500
 


1. アーティスト名 A〜B
2. アーティスト名 
C〜D
3. アーティスト名 
E、F、G、H、I
4. アーティスト名 
J、K
5. アーティスト名 
L、M、N、O
6. アーティスト名 
P、Q、R
7. アーティスト名 
S、T
8. アーティスト名 
U、V、W、日本人アーティスト
9. アーティスト名 
Various Artists

   ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL. 


 

プー横丁のトップページへ