ブルーグラスCD在庫リスト J〜K
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。

BLUEGRASS ブルーグラスのメニュー画面へ戻る

ブルーグラスCD在庫リスト インデックス へ戻る

J、

●JACK COOKE / SITTIN' ON TOP OF THE WORLD   CD-1157 \2480(会員\2380)

●JACK HATFIELD / OLD-TIME GOSPEL BANJO SOLOS('98)     \2480(会員\2380)

●JACK LAWRENCE / I DON'T NEED THE WHISKEY ANYMORE('02)     \2480(会員\2380)

●JACK TOTTLE / THE BLUEGRASS SOUND('99)     CD-0165 \2480(会員\2380)

●JAMES ALAN SHELTON / WALKING DOWN THE LINE('07)    CD-1961 \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Adam Steffey, Barry Bales, Steve Sparkman, Dewey Brown, Daniel Grindstaff, Audey Ratliff and Judy Marshall; All 13 tracks: Soldier's Joy/ Fair And Tender Ladies/ Walking Down The Line/ Salt Creek/ Nashville Blues/ Old Toy Trains/ Motherless Children/ Methodist Preacher/ Stephen/ Hard Times Come Again No More/ My Grandfather's Clock/ Fireball Mail/ Sounds Of Silence/ ■フラットピッキング・ギター・リジェンド、ジェイムズ・アラン・シェルトンが07年に発表したアルバム。


●JAMES BAILEY & COMPANY / JAMES BAILEY & COMPANY('98)    CD-398 \2480(会員\2380)
 with Bill Emerson, James King, Rickie Simpkins, Mo Canada;

●JAMES BRYAN / THE FIRST OF MAY('86/'05)     CD-0215 \2480(会員\2380)
 with Norman & Nancy Blake, Tom Jackson, Pattie Bryan; ■86年にリリースされたジェイムズ・ブライアン(fiddle)のソロ作が遂にCD化。※「Rounder Archive Series」の1枚としてCD-R盤で限定発売されたもので、ライナーや写真はPDFデータで収められているのでPCでご覧下さい。

●JAMES BRYAN & CARL JONES / TWO PICTURES('96)     CD-MAR2001 \2480(会員\2380)

●JAMES BRYSON & CARL JONES / CRICKET'S LULLABY ('12)          \2480(会員\2380)

●JAMES KING / BED BY THE WINDOW('98)     CD-0425 \2480(会員\2380)
 with Bobby Hicks(fiddle); ■オーセンティック・ブルーグラス・ヴォーカリスト、ジェイムズ・キングの98年作。ハンク・ウィリアムスやアーネスト・タブといったカントリー黄金時代のアーティストの作品をブルーグラス・アレンジで味わい深く聴かせる傑作。ビル・モンローの「Tall Pines」やジョン・ダッフィーの「Wear A Red Rose」も収録されたファン大満足盤だ。

●JAMES KING / BLUEGRASS STORYTELLER('05)     CD-0511 \2480(会員\2380)
 All 13 tracks: Coldest Day Of Winter/ Echo Mountain/ She Took His Breath Away/ Stumbling In My Father's Footsteps/ Jerusalem Tomorrow/ Flowers In The Dell/ Second Hand Flowers/ Saginaw, Michigan/ Garage Sale/ Carrol County Accident/ Cold Hard Facts Of Life/ Whatever Happend To Julie?/ Just As The Sun Went Down/

●JAMES KING / THIRTY YEARS OF FARMING('02)     CD-0490 \2480(会員\2380)
 All 13 tracks: Here Today and Gone Tomorroe/ Heartbreak Express/ Roy Lee/ Flame in My Heart/ A Faded Rose, a Broken Heart/ Color of the Blues/ etc. ■現在のトラディショナル・BGシーンで大活躍する最高のヴォーカリストの1人、ジェイムズ・キングの02年作。

●JAMES KING / WEBCO CLASSICS: VOL.2('88/'95)     CD-6002 \2480(会員\2380)
 with Bill Emerson, Jimmy Gaudreau, Ernie Sykes, Joe Meadows; All 10 songs: Sophronie/ You're Still To Blame/ I Am Weary/ Sweethearts In Heaven/ etc. ■ジェイムス・キングが88年に発表した「JAMES KING SINGS COLD, COLD WORLD」のCD化が本作。スタンリー・サウンドの担い手としての実力を遺憾なく発揮した素晴しいアルバム。スタンダード作品にオリジナル作品も加えた全10曲。ビル・エマースン、ジミー・グッドロウ等、ベテラン・ピッカー達によるアンサンブルも見事。

●JAMES REAMS / KENTUCKY SONGBIRD     LH-004 \2480(会員\2380)

●JANET BEAZLEY / 5 SOUTH('05)    CD-840 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 12 tracks: Julia Belle/ Run Away, Sally Ann/ Same Old Song/ 5 South/ Sweet Prospect/ Rose of Allandale/ You'll Never Care/ Rufty Tufty/ White [Long Time Travelin']/ Sad Rainy Day/ Last of Our Days/ The Silver Swan/ ■カリフォルニアの若手バンド、クリス・ステュワート&バックカントリーの紅一点、ジャネット・ビーズリー(banjo)のソロ・アルバム。


●JANETTE CARTER / DELIVERANCE WILL COME('04) ドイツ盤 CD-16335 \2480(会員\2380)

 All 31 tracks: Bury Me Beneath The Willow/ Lonesome Street/ Listen To The Mockingbird (instrumental)/ I Ain't Gonna Work Tomorrow/ Sinking In The Lonesome Sea/ I Found Jesus/ Storms Are On The Ocean/ 'Neath The Shade Of A Beautiful Pine/ Red Wing (instrumental)/ Little Moses/ In The Shadow Of Clinch Mountain/ Joy, Joy, Joy/ Howdayado!/ Little Rosewood Casket/ Wayworn Traveller/ Take-Me-Back Blues/ Johnny Doesn't Live Here Anymore/ Waltz, Kitty, Waltz/ Lonesome Pine Special/ Give Him One More As He Goes/ Heartbreaking Waltz/ Dark And Stormy Weather/ My Native Home/ Little Moses/ Kissin' Is A Crime/ My Dixie Darlin'/ Sea Of Galilee/ I'm Leaving You/ I'm Missing You (& J.E. MAINER)/ Johnny Doesn't Live Here Anymore/ The Storms Are On The Ocean/ ■ジャネット・カーターの72年と73年の貴重な録音28曲を含む全31曲を収録したアルバム。オリジナル盤は72年にリリースされたバーチ・レーベルの12曲と73年にリリースされた16曲、それにライヴ音源も追加してCD化されたファン必携盤。


●JANETT & JOE CARTER / LAST OF THEIR KIND('04)    CD-1186 \2480(会員\2380) 

●JASON CARTER / ON THE MOVE('97)    CD-0387 \2480(会員\2380)
 with David Grier(guitar), Del McCoury(guitar), Ronnie McCoury(mandolin), Rob McCoury,(banjo) Don Rigsby(vo.), Randy Howard(fiddle), Mike Bub(bass); All 13 songs: Telluride/ On the Move/ Tacoma Waltz/ Hiding in the Bayou/ Back Up and Push/ Pretty Little Indian/ etc. ■デル・マッカリー・バンドのフィドラーとして10代の頃から活躍しているジェイスン・カーターの初ソロ。デルの傍らで本物のBGに日々浸りながら自らのキャリアを積んできた彼の、実力と才能・センス全開の素晴しさ。デル・マッカリー・バンド全員とデヴィッド・グリア(guitar)、ドン・リグスビー(vo.)、ランディ・ハワード(fiddle)といった強者が参加。ジェイスン自身のオリジナル作品やマッカリー親子のオリジナルをはじめ、デヴィッド・グリスマンの「Telluride」、ベニー・マーティンの「Back Up and Push」、デヴィッド・グリアのオリジナル3曲など全13曲。次代のBGシーンを担う若きBGヒーロー、ジェイスンの見事なソロ・デビュー盤だ。

JASON DAVIS / STEPPIN' OUT('07)  CD-6511 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JASON & PHARIS ROMERO / BACK UP AND PUSH('10)     \2480(会員\2380)

●JAY UNGAR & MOLLY MASON / CIVIL WAR CLASSIC      \2480(会員\2380) 

●JAY UNGAR & MOLLY MASON / THE LOVER'S WALTZ     \2480(会員\2380) 

●J.D.CROWE / BLACKJACK    CD-1583 \2480(会員\2380)
 feat. Larry Rice, Doyle Lawson, Bobby Slone;

●J.D.CROWE / BLUEGRASS EVOLUTION    CD-489 \2480(会員\2380)

●J.D.CROWE / BLUEGRASS HOLIDAY('68/'07)    CD-1598 \2480(会員\2380)
 feat. Red Allen, Doyle Lawson, Bobby Slone; 68年にリリースされた珠玉の名盤。ボーナス・トラック4曲を追加した全16曲収録でCD化。これは聴き逃せない。

●J.D.CROWE / COME ON DOWN TO MY WORLD('99)     \2480(会員\2380)

●J.D.CROWE / FLASHBACK('94)     CD-0322 \2480(会員\2380) 品切れ中

●J.D.CROWE / THE MODEL CHURCH     CD-REB1585 \2480(会員\2380)

●J.D.CROWE & THE NEW SOUTH / HOLIDAY IN JAPAN [2枚組CD]     \4800(会員\4700) 品切れ中

●J.D.CROWE & THE NEW SOUTH / J.D.CROWE & THE NEW SOUTH CD-0044 \2480(会員\2380) 品切れ中

●J.D.CROWE & THE NEW SOUTH / LEFTY'S OLD GUITAR('06)    CD-0512 \2480(会員\2380)

 feat. J.D. Crowe(banjo/vo.), Rickey Wasson(vo./guitar), Dwight McCall(mandolin/vo.), Ron Stewart(fiddle), Harold Nixon(upright bass); with Doug Jernigan(pedalsteel), Cia Cherryholmes(background vo.); All 12 tracks: Mississippi River Raft/ Lefty's Old Guitar/ Just Loving You/ Rovin' Gambler/ In My Next Life/ You Can Be A Millionaire With Me/ I Only Wish You Knew/ Loneliness/ I'm A Hobo/ Too Often Left Alone/ Blue Bonnet Lane/ She Knows When You're On My Mind Again/ ■J.D.クロウ&ニュー・サウスの実に7年ぶりの新作。リード・シンガーにリッキー・ワッセンを配し、ドワイト・マッコールとJ.D.によるトリオでの鉄壁のハーモニーも披露。70年初め、ニュー・サウス結成時は黄金期のフラット&スクラッグスをお手本にトニー・ライス、リッキー・スキャッグス、ジェリー・ダグラスといった当時の若手ピカイチ3人を擁してオリジナル・サウンドを探求していたJ.D.クロウだが、それから30年余りの間に誰もが認める「ニュー・サウス・サウンド」を作り上げ、バンジョー奏者としてだけでなく、優れたバンド・リーダーとしてブルーグラス界に確固たる地位を築いている。本作も、まさに「待った甲斐のあった1枚」である。是非お聴き頂きたい。


●J.D.CROWE & THE NEW SOUTH / LIVE IN JAPAN       \2480(会員\2380)

●J.D.CROWE & THE NEW SOUTH / MY HOME AIN'T IN THE HALL OF FAME('78/'02) \2480(会員\2380)
 feat. Keith Whitley, Jimmy Gaudreau, Bobby Slone, Steve Bryant; All 10 tracks: She's Gone, Gone, Gone/ Tennessee Blues/ Lady/ Will You Be Lonesome/ Sin City/ Railroad Lady/ (I'll Be Your) Steppin' Stone/ Showboat Gambler/ My Window Faces the South/ etc. ■J・D・クロウ&ザ・ニュー・サウスが1978年に発表したアルバムが遂にCD化。キース・ウィットリー(guitar/lead vo.)、ジミー・グッドロー(mandolin/vo.)、ボビー・スローン(fiddle)、スティーヴ・ブライアント(bass)を擁した頃のスタジオ録音である。ドラムスとペダル・スティールがフィーチャーされている為に当時「カントリー・グラス」と呼ばれたアルバムだが、このメンバーによるアンサンブルとキースのリード・ヴォーカルを聴かずにいるというのは「もったいない」というもの。ぜひご一聴下さい。

●J.D.CROWE & THE NEW SOUTH / STRAIGHT AHEAD     CD-0202 \2480(会員\2380)

●J.D.CROWE-DOYLE LAWSON-PAUL WILLIAMS / OLD FRIENDS GET TOGETHER('10)  CD-1292 \2480(会員\2380)

 with Ben and Sonya Isaacs, Cia Cherryholmes, Ron Stewart; All 12 tracks: Prayer Bells of Heaven/ Goodbye/ The Little White Church/ Stormy Waters/ Pray the Clouds Away/ When the Savior Reached Down for Me/ This World Is Not My Home/ Voice of My Savior/ Lord I'm Coming Home/ Give Me Your Hand/ Shake Hands With Mother Again/ Who'll Sing For Me/ ■ジミー・マーティン&サニー・マウンテン・ボーイズのメンバーとして、ジミーの黄金期を支えたJ.D.クロウ、ドイル・ロウスン、ポール・ウィリアムス3人が再び会して作り上げたニュー・レコーディング。


●JEANNIE KENDALL / JEANNIE KENDALL('03)           CD-0401 \2200

All 12 tracks: That's What Your Love Does To Me/ Love Chooses You/ Timeless And True Love [with Alan Jackson]/ I Wonder Where You Are Tonight/ Old Friends/ Smoky Lonesome/ Just A Memory/ Train Of Thought/ Wishing Well Blues/ The Color Of Her Eyes/ Serious Doubt/ Jack And Lucy [with Steve Gulley]/ ■父娘のカントリー・デュオとして70年代半ば〜80年代半ばにヒット曲を連発し、一世を風靡したケンドールズのジーニー・ケンドールのソロ第1弾。父ロイスが98年に亡くなった直後にスタートしたレコーディングである本作は、当時のユニオン・ステーション(アダム・ステッフィ在籍)をバックアップの軸に、ブライアン・サットン、スチュアート・ダンカン、ロブ・アイクス、ロン・スチュワート等を適材適所に配した豪華な顔ぶれによるアコースティック・サウンド。ローリー・ルイス、マーシャル・ウィルボーン等のオリジナル作品のほか、ケンドールズ時代の再録も含んだ全12曲を彼女の爽やかなヴォーカルが歌い上げる。アリソン・クラウス、リッキー・スキャッグス、ロンダ・ヴィンセント等、ゲスト・シンガー達とのハーモニー・ヴォーカルも聴き逃せない。


●JEFF AUTRY / FOOTHILLS('99)     CD-FRC-1090 \2480(会員\2380)
品切れ中

●JEFF WHITE / BROKEN ROAD('99)     \2480(会員\2380)

●JEFF WHITE / THE WHITE ALBUM('96)      \2480(会員\2380) 品切れ中

●JEREMY GARRETT / I AM A STRANGER('09)     \2480(会員\2380)

 with Dennis Crouch, Jamie Dailey, Julie Elkins, Mike Compton, Infamous Stringdusters; All 11 tracks: I Am a Stranger/ Echoes of Goodbye/ What's Good For You/ Give It Up/ Y2K/ Today/ The Fields of My Mind/ End of the Line/ I Knew You Would Love Me/ Peace King/ North and South of the River/ ■インファマス・ストリングダスターズのフィドラー、ジェレミー・ギャレットの初ソロ・アルバム。


●JEREMY KITTEL / CHASING SPARKS('10)    CD-4530 \2480(会員\2380)

 also feat. Chris Thile(mandolin), Mike Marshall(mandolin), Edgar Meyer(bass), Brittany Haas(fiddle), Natalie Haas (cello); All 11 tracks: The Curious Beetle Medley/ The Golden-Plover Set/ Remember Blake/ The Chase/ The May Morning Dew/ Disconnect/ Biting Reel / Lost Time/ F Chunes/ Woods/ Bear Island Reel/ The Napkin Tune/ ■若手ケルティック・フィドラー、ジェレミー・キッテルのソロ作。クリス・シーリー、マイク・マーシャル、エドガー・マイヤー等の参加も話題となっているので、このBGのページにも掲載した。


●JERRY DOUGLAS, RUSS BARENBERG & EDGAR MEYER / SKIP, HOP & WOBBLE    \2480(会員\2380) 品切れ中

●JERRY DOUGLAS / EVERYTHING IS GONNA WORK OUT FINE  CD-11535 \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Ricky Skaggs, Sam Bush, Tony Rice, Russ Barenberg; ■ドブロ奏者として今や人気・実力ともトップの座に君臨しているジェリー・ダグラス。コレは彼のラウンダー時代のソロ作2枚をスッポリ収録した全19曲。収録時間60分余のお買い得盤。朋友リッキー・スキャッグスをはじめ、気心の知れた友人でもあるスゴ腕ミュージシャン達が参加。抜群のインスト・アルバム。尚、1曲でラップスティール、1曲でヴォーカルを披露している。

●JERRY DOUGLAS / GLIDE ('08)        CD-4553 \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: Bounce/ Glide/ Marriage Made in Hollywood/ Route Irish/ Sway Sur La Rue Royale/ Unfolding/ Long Hard Road (The Sharecropper's Dream)/ Home Sweet Home/ Two Small Cars in Rome/ Trouble on Alum/ Pushed Too Far/


●JERRY DOUGLAS / JERRY CHRISTMAS('09)       \2480(会員\2380)

 with Maura O'Connell; All 12 tracks: The First Noel/ God Rest Ye Merry Gentlemen/ All Through the Night/ New Year's Eve/ Do You Hear What I Hear?/ Santa Claus is Coming to Town/ In the Bleak Midwinter/ Christmas Time is Here/ O Holy Night/ Mary, Did You Know?/ Maui Christmas/ Beautiful Star of Bethlehem/ ■ジェリー・ダグラスが初のクリスマス・アルバムをリリース。


●JERRY DOUGLASS / LOOKOUT FOR HOPE(02)     CD-3938 \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: Little Martha/ Patrick Meets The Brickbats/ Lookout For Hope/ Footsteps Fall/ Monkey Let The Hogs Out/ Cave Bop/ Senia's Lament/ The Wild Rumpus/ The Sinking Ship/ In The Sweet By & By/ The Suit; ■ベラ・フレックやマーク・オコナーがそうであるように、ジェリー・ダグラスもブルーグラス界のみならず、全てのアコースティック・ミュージック・シーンを代表するトップ・ミュージシャンとして、多くのミュージシャンに影響を与えている。米国の音楽雑誌『ヴィンテージ・ギター』誌はジェリーを評して「ドブロという楽器におけるジェリー・ダグラスの存在というのは、バスケットボールにとってのマイケル・ジョーダンの存在と同様である」と記した程だ。ここ数年は「スペシャル・ゲスト扱い」でアリスン・クラウス&ユニオン・ステイションの準レギュラー・メンバーとしてもツアーやレコーディングに参加し、大活躍。メガ・ヒット作『O BROTHER』のサントラ盤でもジェリーのドブロは大きくフィーチャーされていた。そのジェリーが満を侍して発表した新作。デュアン・オールマン作の「Little Martha」やビル・フリーゼル作の「Lookout For Hope」を初めとする収録作品11曲は、いずれも極上の作品ばかり。彼のテクニックや参加ミュージシャンが凄いのも当然。そんな事で驚いてはイケナイ。92年の大傑作アルバム『SLIDE RULE』以降のジェリーは、アルバム発表ごとにドブロという楽器の可能性を探求し続ける「孤高の旅人」である。旅の途中の心象風景を綴った彼からの手紙を受け取ったような本作、驚いたり感心したりではなく、心を落ち着けてジックリと聴き込んで頂きたい。


●JERRY DOUGLAS / RESTLESS ON THE FARM('98)       CD-3875 \2480(会員\2380)

●JERRY DOUGLAS / SLIDE RULE('92)     CD-3797 \2480(会員\2380)
 ジェリー・ダグラスが92年春に発表したソロ・アルバム。彼の最高傑作であるばかりでなく90年代を代表する超名盤。ヴォーカル曲ではアリスン・クラウス等が各々フィーチャーされ、インスト曲も涙が出る程の素晴しさ。必聴。

●JERRY DOUGLAS / THE BEST KEPT SECRET('05)          CD-9847 \2480(会員\2380)
 produced by Jerry Douglas; with Alison Krauss, Sam Bush, Bele Fleck, John Fogerty, Bill Frisell; ■ジェリー・ダグラスが満を持して発表した新作。アリスン・クラウス、サム・ブッシュ、ベラ・フレック、ジョン・フォガティ、ビル・フリーゼル等がゲスト参加。

ジェリー・ダグラスのニュー・アルバム!!
●JERRY DOUGLAS / TRAVELER ('12)      \2480(会員\2380)

 with Eric Clapton, Paul Simon, Dr. John, Alison Krauss & Union Station, Bela Fleck, Del McCoury, Sam Bush, Omar Hakim, Viktor Krauss; All 11 tracks: On a Monday/ Something You Got/ So Here We Are/ Boxer/ Duke and Cookie/ High Blood Pressure/ Gone to Fortingall/ Right On Time/ American Tune〜Spain/ Frozen Fields/ King Silkie/ ■話題のジェリー・ダグラスのニュー・アルバム。エリック・クラプトン(!!!)、ポール・サイモン(!!!)、ドクター・ジョン、アリスン・クラウス、サム・ブッシュ、ベラ・フレック、オマー・ハキム、ヴィクター・クラウスをゲストに招いた全11曲。憧れのミュージシャンの1人であるクラプトンと共演したサム・ブッシュ、レコーディング・セッションした時は嬉しかっただろうなぁ。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


●JERRY DOUGLAS / UNDER THE WIRE       \2480(会員\2380)
 
 アメリカ盤CDが縦長の紙ケースに入っていた頃のカット・アウト盤。外装にカットした後がありますが、中身のCD盤には問題のない新品です。

●JERRY DOUGLAS / BEST OF THE SUGAR HILL YEARS('07) 《全15曲収録》    CD-4026 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JERRY DOUGLAS & PETER ROWAN / YONDER('96)       \2480(会員\2380) 品切れ中
 96年に来日もしたジェリー・ダグラスとピーター・ローワンが同年4月に発表した初デュエット盤がコレ。益々磨きのかかったピーターのヴォーカルをジェリーが歌心あふれる素晴しいドブロ・プレイでサポート。文句ナシの出来ばえだ。

●JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN / BEEN ALL AROUND THIS WORLD('04)   CD-57 \2480(会員\2380)

 with Jim Kerwin, Joe Craven, Matt Eakle, John Kahn, George Marsh and Sally Van Meter; All 12 tracks: Been All Around this World/ I'll Go Crazy/ Take Me/ Handsome Cabin Boy/ The Ballad of Frankie Lee/ I'm Troubled / Blue Yodel #9 / Nine Pound Hammer / I Ain't Never / Sittin Here in Limbo / Dark as a Dungeon/ Drink Up and Go Home/ ■グリスマンとジェリー・ガルシアの共演盤の新作。これで7作目(トニー・ライスも加わったカ『THE PIZZA TAPES』も入れると8作目)になるのだろうか。ガルシアとの音源がこれだけ残っているという事は、生前にガルシアとグリスマンが頻繁にセッションを行なっていた(その数は40回以上にもなるそうだ)という事でもあるのだが、本作ではボブ・ディランの「The Ballad Of Frankie Lee And Judas Priest」、ジェイムズ・ブラウンの「I'll Go Crazy」など、ガルシアが既発レコーディングでは歌った事のない作品が収録されている。又、ジョージ・ジョーンズの「Take Me」、ウェッブ・ピアースの「I Ain't Never」、マール・トラヴィスの「Dark As A Dungeon」と「Nine Pound Hammer」、ジミー・マーティンの「Drink Up And Go Home」などカントリーやブルーグラスの曲も収録。アルバム・タイトル曲はグレイトフル・デッドが81年に発表した2枚組ライヴ盤『RECKONING』に収められているトラディショナル曲だ。全12曲中8曲でグリスマン・クィンテットのジョー・クレイヴン(percussion/fiddle)とジム・カーウィン(bass)が、2曲でマット・イークル(flute)がサポート(フルートが絡んだインスト・ヴァージョンのトラディショナル曲「Handsome Cabin Boy」はナカナカ良いぞ)。ガルシアとの最後のセッションから選ばれたジミー・ロジャースの「Blue Yodel #9」にはサリー・ヴァン・ミーター(dobro)、ジョン・カーン(bass)、ジョージ・マーシュ(drums)が参加している。2人の巨匠の様々なルーツ・ミュージックへの深い理解と愛情がビンビンと伝わってくるアルバムだ。


●JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN / DAVID GRISMAN & JERRY GARCIA  \2480(会員\2380)
品切れ中

●JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN / GRATEFUL DAWG('01)       \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Grateful Dawg/ Sweet Sunny South/ Sitting Here in Limbo/ Arabia/ Friend of the Devil/ Jenny Jenkins/ The Thrill is Gone/ etc. ■2001年10月5日からアメリカで劇場公開されるという映画のサントラ盤として制作されたデヴィッド・グリスマン(mandolin/mandola/banjo/vo.)とジェリー・ガルシア(guitar/banjo/vo.)の新譜。2人の揺るぎない友情とミュージシャンシップを示す多くのプライベート・ビデオ映像をもとにD・グリスマンの依頼を受けた実娘、ギリアン・グリスマンによって完成されたプロジェクトとの事。71年に彼等の地元サン・フランシスコでのガルシア/グリスマン・バンドのライヴ5曲を初め、未発表音源も含む全15トラック、収録時間75分40秒。13曲目の「Thrill is Gone」は未発表のミュージック・ビデオからの音源だという。


●JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN / NOT FOR KIDS ONLY('93)     CD-ACD-9 \2480(会員\2380)
 All 12 tracks: Jenny Jenkins/ Freight Train/ A Horse Named Bill/ Three Men Went A-Hunting/ When First Unto This Country/ Arkansas Traveller/ Hopalong Peter/ Teddy Bears' Picnic/ There Ain't No Bugs On Me/ The Miller's Will/ Hot Corn, Cold Corn/ A Shenandoah Lullaby/ ■デヴィッド・グリスマンとジェリー・ガルシアとのデュエット盤の第2弾として93年にリリース。この2人のベテラン・ミュージシャンが、いわゆるチルドレン・ソングのアルバムを作ったという事で、凄く話題となったアルバムである。タイトルが物語っているように、彼等はトラディショナル・ソングを中心にした《子供たちの為だけでなく(Not For Kids Only)》大人も聴いて充分楽しめるアルバムを作りたかったようで、それは見事に選曲やアレンジに表れている。お薦め盤。

●JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN / SHADY GROVE('96)      \3000(会員\2900)
 with Bryan Bowers(autoharp), Joe Craven(fiddle/percussion), Jim Kerwin(bass), Matt Eakle(flute), Will Scarlett(harmonica); All 13 songs: Shady Grove/ Stealin'/ Thew Sweet Sunny South/ Louis Collins/ Down in the Valley/ Casey Jones/ Jackaroo/ etc. ■96年夏にDGQの20年のキャリアを集大成したとも言える3枚組未発表集『DGQ20』をリリースしたばかりのデヴィッド・グリスマン(mandolin/mandola/mandolin-banjo/guitar/banjo)が同年に発表したジェリー・ガルシア(guitar/banjo/vo.)とのデュエット・アルバム。全13曲中5曲は2人のみのデュエットで、うち2曲でガルシアはバンジョー、グリスマンはギター又はバンジョーをプレイしている。別の5曲では2人とDGQのメンバーが参加。残る3曲でブライアン・バワーズやマット・イークル等のゲストを招いたトリオの演奏となっている。種々の編成によりレコーディングされた素晴しいトラディショナル・フォーク・ソングの数々。その曲目解説を添付された44ページのフル・カラー・ブックレットのライナーをニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのジョン・コーエンが書き下ろしている。又、同ブックレットには全曲の歌詞や60年代の彼等を取り巻く貴重な写真や、2人が影響を受けたフォーク・アルバムが紹介されていて興味が尽きない。

●JERRY GARCIA & DAVID GRISMAN / SO WHAT('98) \2480(会員\2380)

●JERRY GARCIA-DAVID GRISMAN-TONY RICE / THE PIZZA TAPES   ACD-ACD-41 \2480(会員\2380)  

●JERRY GARCIA ACOUSTIC BAND / ALMOST ACOUSTIC('87/10)     \2480(会員\2380)

New ●JERRY GARCIA ACOUSTIC BAND / RAGGED BUT RIGHT('87/10)     \2480(会員\2380)

JESSE McREYNOLDS & FRIENDS / SONGS FROM THE GRATEFUL DEAD('10)     \2480(会員\2380)

●JESSIE BAKER / YESSIR!('09)                 CD-196 \2480(会員\2380)

 with Michael Cleveland, Dudley Connell, Marshal Wilborn, Nate Leath, Patric McAvinue, Audie Blaylock; All 13 tracks: Follow the Leader/ San Antonio Rose/ Banjo Fling/ Nine Pound Hammer/ Boston Boy/ Banjo Riff/ Johnson Mountain Chimes/ Bury Me Beneath the Willow/ Yessir!/ Suwannee River Hoedown/ Sugarloaf Mountain Special/ Jesus Savior Pilot Me/ Farewell Blues/


●JETHRO BURNS / JETHRO BURNS('77/'06)     CD-0042 \2480(会員\2380)
 ジェスロ・バーンズが77年にフライング・フィッシュからリリースしたアルバムが限定発売でCD化。お早めに。

●KENNETH "JETHRO" BURNS / SWING LOW, SWEET MANDOLIN     \2480(会員\2380)

●JETHRO BURNS & TINY MOORE / BACK TO BACK [2枚組CD] ('79/'05)    2CD-60 \2600(会員\2500)
 デヴィッド・グリスマンやサム・ブッシュ等にも大きな影響を与えたジャズ・マンドリンの巨匠ジェスロ・バーンズとタイニー・ムーアが79年にレコーディングし、リリースした『BACK TO BACK』が未発表トラックなどを追加して2枚組でリイシュー。特価2600円(会員2500円)。

●JETHRO BURNS & KEN EIDSON / COMPLETE JETHRO BURNS MANDOLIN BOOK [2枚組CD]   \2800(会員\2700) 品切れ中
同名タイトルの教則本に即した2枚組CD。

●JIM EANES / CLASSIC BLUEGRASS     \2480(会員\2380)

●JIM HURST / OPEN WINDOW('98)      \2480(会員\2380) 品切れ中

●JIM LAUDERDALE & RALPH STANLEY / I FEEL LIKE SINGING TODAY('99)  \2480(会員\2380) 品切れ中

●JIM LOUDERDALE / CAROLINE MOONRISE ('12)   CD-459028 \2480(会員\2380)

●JIM LOUDERDALE / REASON AND RHYME('11)    CD-4070 \2480(会員\2380)

 produced by Randy Kohrs; with Mike Compton, Randy Kohrs, Jay Weaver; All 11 tracks: Cruel Wind and Rain/ Love's Voice/ Don't Tempt The Devil (With Your Love)/ Tiger & The Monkey/ Not Let You Go/ Fields of the Lord/ Jack Dempsey's Dream/ Don't Give a Hang/ Reason and Rhyme/ Doin' It On My Own/ Janis Jones/ ■ジム・ラウダーデイルがグレイトフル・デッド作品の作詞家ロバート・ハンターと組んで作り上げた作品の数々。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●JIM LOUDERDALE / THE HUMMINGBIRDS ('02)    CD-011212 \2480(会員\2380)

●JIM MILLS / BOUND TO RIDE('98)      CD-3883 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JIM MILLS / HIDE HEAD BLUES('05)     CD-4004 \2480(会員\2380) 品切れ中
 
with Dan Tyminski(guitar), Stuart Duncan(fiddle), Cody Kilby(guitar), Adam Steffey(mandolin), Andy Leftwich(fiddle), Paul Brewster(vo.), Don Rigsby(vo.), Barry Bales(bass); All 1.The Hide Head Blues/ Gonna Lay Down My Old Guitar/ Pick Along/ I Started Loving You Again/ Standing In The Need Of Prayer/ Cowboys And Indians/ Theme Time/ Black Mountain Blues/ Guitar Rag/ Temperance Reel/ Daddy Frank/ The Old Hen/ ■ジム・ミルズのソロ3作目。ドイル・ロウスン&クィックシルヴァーを経て現在はリッキー・スキャッグス&ケンタッキー・サンダーで活躍する彼のバンジョー・フリークぶりを披露した本作は、幾本もの30年代から40年代のプリ・ウォーのフラットヘッド・ギブスン・マスタートーン・バンジョーがレコーディングに使用されている。各バンジョーの写真が彼の解説と共にジャケ・ブックレットに載っており、彼の愛情のこもったコメントも印象的だ。ダン・ティミンスキ、スチュアート・ダンカン、アダム・ステッフィー等、スゴ腕たちをサポート陣に、ゲスト・ヴォーカリストたちの起用も見事。

●JIM MILLS / MY DIXIE HOME('02)      CD-3951 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JIMMY CAMPBELL / YOUNG OPRY FIDDLER('94)      CD-PRC-1025 \2480(会員\2380)
 with David Grier, Mike Compton, Jesse McReynolds, Richard Bailey, Terry Eldridge, Allen Shelton, Billy Rose, Robert Bowlin, Laura Boosinger; ■ジミー・キャンベルが94年に発表したCDデビュー盤。デヴィッド・グリア、マイク・コムプトン、ジェシー・マクレイノルズ、リチャード・ベイリー、テリー・エルドリッジ、アラン・シェルトン等、豪華なゲストを招いた好フィドル・アルバム。ファン必携。

●JIMMY GAUDREAU / PIECES AND BITS('10)     \2480(会員\2380)

●JIMMY GAUDREAU / IN GOOD COMPANY('06)     CD-8983 \2480(会員\2380)
 with Tony Rice, Bela Fleck, Bill Emerson, Bill Clifton, Wyatt Rice, Sammy Shelor, Robin & Linda Williams, Bill Clifton, The Fox Family, Dan Tyminski, Aubrey Haynie, Wayne Taylor, Rickie Simpkins, Ronnie Simpkins, John Starling, Mike Auldridge, Moondi Klein, Charlie Waller, Randy Waller, Mark Schatz, Jack Lawrence, Emory Lester, Leon Morris, Orrin Star, Eddie & Martha Adcock and others; ■ジミー・グッドロウのソロ新作。通算3枚目。1969年にカントリー・ジェントルメンにジョン・ダッフィーの後任に抜擢され加入して以来、セカンド・ジェネレーション、アラン・マンディやキース・ウィットリー等とのカントリー・ストアー(ニュー・トラディション)、 J.D.クロウ& ニュー・サウス、ベラ・フレック等とのスベクトラム、トニー・ライス・ユニット、チェサピーク、ビル・クリフトンとのデュエット、オールドリッジ・ベネット&グッドロウなどに参加。優れたサイドマンとして素晴らしいキャリアを重ねてきた彼が縁のミュージシャンやアーティストと共に残した音源を集めたもので、貴重な未発表レコーディングも含む全17トラックを収録。特にトニー・ライスのヴォーカルが聴ける未発表ライヴ・トラック収録は嬉しい限りだ。

●JIMMY GAUDREAU / LIVE IN HOLLAND      CD-SCR-21 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JIMMY GAUDREAU & MOONDI KLEIN / 2:10 TRAIN('08)    \2480(会員\2380)

 All 13 tracks: Dreamer Or Believer/ The Last Thing On My Mind/ High Sierra/ Sweet Sunny South/ Arkansas Traveler〜Soldier's Joy/ And The Band Played Waltzing Matilda/ Black Jack Davey/ Colleen Malone/ Evening/ Dixie Hoedown/ Any Old Time/ 2:10 Train/ Shady Grove/ ■ジミー・グッドロウとムーンディ・クラインとのデュエット・アルバムである。ジミーはジョン・ダッフィーの後釜としてカントリー・ジェントルメンに加入して以来、ブルーグラスの第一線を走り続けてきた男。そのジミーやマイク・オールドリッジ、マイケル・T・コールマンと共に90年代半ばに3枚のアルバムを発表して注目を集めたチェサピークのリード・ヴォーカルを務めたのが、ムーンディだ。本作に収められた全13曲は、ジミーのマンドリンとヴォーカル、ムーンディのギターとヴォーカルのみによるピュアな歌と演奏。その豊かな響きが心にしみる。トニー・ライスの『CHURCH STREET BLUES』とリッキー・スキャッグス&トニー・ライスの『SKAGGS & RICE』を聴きまくって歌におけるハーモニーを学んだというムーンディとジミーのヴォーカルは、見事に溶け合ってふくよかなハーモニーを放つ。お薦めアルバム。


●JIMMY MARTIN / SINGING ALL DAY AND DINNER ON THE GROUND     \2480(会員\2380) 品切れ中

●JIMMY MARTIN / THIS WORLD IS NOT MY HOME      CD-70053 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JIMMY MARTIN & RALPH STANLEY / FIRST TIME TOGETHER      \2480(会員\2380)

●JIMMY MARTIN & THE SUNNY MT. BOYS / BIG JAM SESSION [CD-R]  CD-4159 \2480(会員\2380) 品切れ中

 feat. J.D.Crowe, Paul Williams; All 35 tracks: Intro/ Roll in My Sweet Baby's Arms/ Molly and Tenbrooks/ John Henry/ Angel Band/ Paddy on the Turnpike/ Jimmy's Mule/ Ruby/ Little Maggie/ Put My Little Shoes Away/ Gotta Travel On/ Band Intro/ Don't Laugh/ Fire in My Heart/ Dog Bite Your Hide/ Drink Up and Go Home/ Johnson's Old Gray Mule/ Long Gone/ Still Write Your Name in the Sand/ I Cried Again/ Muleskinner Blues/ Home Sweet Home/ When Angels Carry Me Home/ 20:20 Vision/ Dirty Dishes Blues/ Down in the Willow Garden/ They Didn't Know the Difference/ Wildwood Flower/ Salty Dog Blues/ Ho Honey Ho/ Mandolin Swing/ You Gotta Be My Baby/ Slippin' & Slidin'/ Lost to a Stranger/ Banjo Close/ ■J.D.クロウとポール・ウィリアムス在籍時の50年代後半にレコーディングされたジミー・マーティン&サニー・マウンテン・ボーイズの音源がCD化。1984年にLPで発売され、ファンを狂喜させたあの録音です。CD-Rでの再発売、ということは限定発売なんだろうか。いずれにせよ、ご希望の方はどうぞお早めに。※買い物カゴでのオーダーは、コチラからどうぞ


●JIMMY STURR / TOP OF THE WORLD('02)     CD-6104 \2480(会員\2380)
 ジム・スターと彼の楽団はポルカ音楽シーンでは超有名で、12回もグラミー賞を受賞しているそうな。なので、これはブルーグラス・アルバムではないが、何故ここで掲載しているかと言うと、表ジャケットにもスペシャル・ゲストとしてクレジットされているロンダ・ヴィンセント(とアーロ・ガスリー)がフィーチャーされているから。ロンダはアルバム・タイトル曲とワルツ作品「Rocking Alone in an Old Rocking Chair」でヴォーカルをとっている。ちなみにアーロは「City of New Orleans」と「This Land Is Your Land」を歌っている。

●JIM McCOLLEY / FLATPICKING CLASSICS      \2480(会員\2380)

●JIM ROONEY & ROONEY'S IRREGULARS / FAREWELL TO THE TRACK   \2480(会員\2380)
 also feat. Pat Alger, Pat McLaughlin, Richard Bailey, Dave Pomeroy, Pat McInerney, Shawn Camp, Dan Dugmore, Kirk "Jellyroll" Johnson, Bill Kenner; with Sam Bush, Tim O'Brien, anci Griffith, Jack Clement;

●JIM NUNALLY / GLORIA'S WALTZ('07)   CD-FGM123 \2480(会員\2380)

 with Dix Bruce, Judy Forrest, Rob Nunally, Joe Cravens, Buddy Williford, Rob Ickes; All 17 tracks: Hold Watcha Got/ Then I'll Stop Going for You/ Revenuer's Gun/ Tennessee Mountain Home/ Pancho and Lefty/ If Teardrops Were Pennies/ Big Train from Memphis/ Your Tone of the Blues/ Old Paint/ Vincent/ Across the Great Divide/ Arms Full of Empty/ Bluegrass Medley [Clinch Mountain Backstep〜Pike County Breakdown〜Turkey in the Straw]/ What About You/ Dark as the Night/ Gloria's Waltz/ ■現デヴッド・グリスマン・ブルーグラス・エクスペリエンスのギタリストでキャリア30年のベテラン・フラットピッカー、ジム・ニューナリーの初ソロ・アルバム。


JIM VanCLEVE / NO APOLOGIES('06)    CD-1029 \2480(会員\2380)
 
with Bryan Sutton(guitar), Adam Steffey(mandolin), Rob Ikes(dobro), Clay Jones(guitar), Ron Stewart(banjo), Ronnie Bowman(vo.), Sonya Isaacs(vo.), and others; ■マウンテン・ハートのフィドラー、ジム・ヴァンクリーヴの初ソロ・アルバム。

●JODY STECHER / GOING UP ON THE MOUNTAIN      \2480(会員\2380)

●JODY STECHER / WONDERS & SIGNS ('13)       CD-2 \2400(\2300)
 with Kate Brislin, Bill Evans, Eric and Suzy Thompson, Keith Little, Chad Manning and others.
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●JODY STECHER & KATE BRISLIN / OUR TOWN('93)        CD-0304 \2480(会員\2380)

●JODY STECHER & KATE BRISLIN / SONGS OF THE CARTER FAMILY('00)      \2480(会員\2380)

●JODY STECHER & KATE BRISLIN / STAY AWHILE('95)      CD-0334 \2480(会員\2380)

●JOE CARR & ALAN MUNDE / WINDY DAYS AND DUSTY SKIES     \2480(会員\2380)

●JOE CARR & THE TEXAS LONESTAR BAND / LINE DANCE PARTY TEXAS STYLE     \2480(会員\2380)

●JOE CRAVEN / CAMPTOWN      CD-AM-011 \2480(会員\2380)
 
with Todd Phillips(bass), Matt Eakle(piccolo), and othres; All 14 songs: Soldier's Joy/ Hot Turkey/ Kitchen Girl/ etc. ■コレは面白い。D・グリスマン・クィンテットのフィドラー&パーカショニスト、ジョー・クレイヴンの初ソロ。トラディショナル・フィドルなどを様々なアレンジで聴かせる全14曲、60分余り。例えばジャンゴ&グラッペリ風にアレンジされた「Turkey in the Straw」は「Hot Turkey」と名を変えて収録されたり、「Camptown」はサンバ風にアレンジされた「Camptown Races」といった具合い。ジョー自身はマンドリン&フィドル以外にウクレレやマンドラ、バンジョリン(バンジョー型マンドリン。グリスマン&ガルシアの新譜に添付のブックレットに載っている)ほか数々のパーカッションもプレイ。肩ヒジはらない自由な発想で料理されたクレイヴン風味のフィドル&マンドリン集。

●JOE DIFFIE / HOMECOMING: THE BLUEGRASS ALBUM('10)     \2480(会員\2380)

●JOE ISAACS / HEARTFELT PICKIN' & SINGIN' VOL.1('96)   CD-MH-05572 \2480(会員\2380)
 with Ricky Skaggs, Ralph Stanley, Charlie Louvin, Porter Wagonere; ■ジョー・アイザークス(Banjo/Vo.)のBGゴスペル作品集。リッキー・スキャッグス、ラルフ・スタンリー、チャーリー・ルーヴィン、ポーター・ワゴナー等、豪華ゲストが参加。

●JOE MULLINS / RAMBLER'S CALL('10)      CD-1833 \2480(会員\2380)

●JOE VAL / DIAMOND JOE('95)      CD-11537 \2480(会員\2380)

●JOE VAL & THE NEW ENGLAND BLUEGRASS BOYS / LIVE IN HOLLAND  CD-SCR-29 \2480(会員\2380)
 今は亡きジョー・ヴァルのオランダでのライヴ盤。LPには未収録だった3曲を追加してCD化。

●JOE WEED / THE VULTURES('95) with David Grisman, Rob Ikes,   CD-NCD-205 \2480(会員\2380)

●JOE MULLINS / THE'RE ARE PLAYING MY SONG('12)      \2480(会員\2380)

●JOEY & RORY / THE LIFE OF A SONG   CD-4050 \2480(会員\2380)

 produced by Carl Jackson; All 12 tracks: Play the Song/ Sweet Emmylou/ Tonight Cowboy You're Mine/ Cheater Cheater/ Rodeo/ Heart of the Wood/ Tune of a Twenty Dollar Bill/ Loved the Hell/ Free Bird/ Boots/ To Say Goodbye/ The Life of a Song/ ■アコースティックな味わいのカントリー好アルバムを続々と制作しているカール・ジャクスンのプロデュースのもと、また1枚とても良心的な心和むアルバムがリリースされた。MTV系列のカントリーTVステイション、CMTのコンテスト番組”Can You Duet”に参加し、ファイナリストになった事で一躍時の人になった夫婦デュオ、ジョーイ&ロリーのデビユー・アルバムだ。80年代に一世を風靡したザ・ジャッズのナオミ・ジャッドも参加したシングル「Cheater Cheater」やエミルー・ハリスにインスパイアされたオリジナル・バラード曲「Sweet Emmylou」を含む全12曲。


●JOHN & WENDY MACKLIN BAND / MOONLIGHT NIGHT      \2480(会員\2380)

●JOHN CARLINI & BILL ROBINSON / A CHRISTMAS GIFT('98)    CD-GSM-101 \2480(会員\2380)
 元DGQのギタリスト、ジョン・カリーニ(jazz guitar)とビル・ロビンスン(jazz vo.)によるクリスマス集。 

●JOHN CARLINI QUARTET / LIVE AT THE TURNING POINT      \2480(会員\2380)  

●JOHN COHEN / STORIES THE CROW TOLD ME('99)      \2480(会員\2380)

 produced by David Grsiman; with David Grsiman(mandolin/guitar/tenor banjo/autoharp/banjo-mandolin), Jody Stecher(guitar/fiddle/banjo/guitar-banjo), Sue Draheim(fiddle); ■コレは凄い!! ニュー・ロスト・シティ・ランブラーズ(NLCR)のメンバーとして活躍し、現在は『THAT HIGH LONESOME SOUND』のビデオなどを手がけ映像作家としても有名なジョン・コーエン。彼のソロ・アルバムがデヴィッド・グリスマンとの共同プロデュースでリリースされた。ドック・ワトスンも取り上げた事のある1曲目「Rambling Hobo」で始まる本作は、グリスマンのオートハープとのデュエットで聴かせるカーター・ファミリー作品「Cannonball」やウェイド・ワードの「Chilly Winds」など、聴き応え充分の全23曲(64分余)を収録。グリスマンはマンドリンや前述のオートハープの他にギター、テナー・バンジョー、バンジョー・マンドリン等をプレイする熱の入れようだ。NLCRが残してくれた数々の作品同様、ストリング・バンド音楽やオールド・タイム音楽の素晴しさを理屈抜きで楽しませてくれる傑作である。各曲の録音ソースやコメントが記載されているのも嬉しい。


元NGRのジョン・カウワンのソロ新作は驚きの豪華ゲスト陣。大推薦盤です!!
New ●JOHN COWAN / SIXTY: DELUXE EDITION ('14) ≪送料無料≫  CD-4630 \2480(会員\2380)
    
with Alison Krauss, Sam Bush, Josh Williams, Luke Bulla, Victor Krauss, Frank Solivan, Andrea Zonn, Kenny Malone, Chris Hillman, Bernie Leadon, Huey Lewis, Rodney Crowell, Jim Messina, John Jorgenson, Bonnie Bramlett, Leon Russell, Jay Dee Maness, Ray Benson, Victor Wooten;  ※詳細および買い物カゴでのオーダーはコチラ

●JOHN COWAN / 8,745 FEET: LIVE AT TELLURIDE('09)     \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Mississippi Delta Time/ High Above the Powerlines/ Only the Night/ Gotta Get Go/ Singing to the Scarecrow/ Four Days of Rain/ Wichita Way/ Road to Silverton/ Let's Make a Baby King/ The Last Summer Rose/ Dark as a Dungeon/ Ain't Necessarily Love/ ■元ニュー・グラス・リヴァイヴァルの(という説明はもう不要だろうが)ジョン・カウワンのニュー・アルバムは、彼の魅力爆発のライヴ・アルバムだ。


●JOHN COWAN / ALWAYS TAKE ME BACK('02)     CD-3932 \2480(会員\2380)

 produced by Wendy Waldman; with Scott Vestal(banjo/vo.), Jeff Autry(guitars/vo.). Pasi Leppikangas(drums/percussion), Darrell Scott, Randy Kohs, Wendy Waldman, John Bell; All 13 tracks: Sittin' On Top Of The World/ Someone Give Me A Stone/ Long Distance Runaround/ Blood/ 18 Years/ Monroe's Mule/ Call Me/ Love Alone/ Mr. Banjo/ etc.; ■ニュー・グラス・リヴァイヴァルのリード・ヴォーカリスト&ベース・プレイヤーとして70年代〜80年代に大活躍し、その後もソロとして活動の場を拡げてきたジョン・カウワンのソロ・アルバム新譜、通算3作目。彼が率いるジョン・カウワン・バンドのメンバーも、これまで流動的だったが、スコット・ヴェスタルをはじめ、遂に最強の顔ぶれが揃ったようだ。このアルバム制作後に正式メンバーになったというジョン・ベルや、ランディ・コアズ、ダレル・スコットのゲスト陣の好サポートぶりも 見逃せない。それに、ニュー・グラス・リヴァイヴァルのメジャー・レーベルでのアルバムもプロデュースしていたウェンディ・ウォルドマンが本作もプロデュースし、数曲でジョンと共作もしている。ソロ3作目にして「自らの音楽」を更に比類無きものにグレード・アップしたジョン・カウワン。これは聴かなくてはイケマセン。尚、蛇足ながら、ジョン・カウワンは、サム・ブッシュ、デヴィッド・グリスマン、トニーライス等と共に、今夏に行なわれる『JAM GRASS 2002 TOUR』のメンバーとして参加するとのこと。


●JOHN COWAN / COMFORT AND JOY('09)     \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Christmas Everyday/ What Child is This/ The Christmas Song/ Little Match Girl/ O Holy Night/ Good News/ Silent Night/ God Rest Ye Merry Gentlemen/ I'll Be Home for Christmas/ Let's Make a Baby King/ Ave Maria/ Go Tell It on the Mountain/ ■ライヴ盤『8,745 FEET: LIVE AT TELLURIDE』を09年リリースしたジョン・カウワンが更にこの初クリスマス・アルバムも発表。


●JOHN COWAN / JOHN COWAN: SOUL'D OUT('86/'98)     CD-SH-9101 \2480(会員\2380)
 with Sam Bush, Maura O'Connell, Jonell Mosser; All 11 songs: Here I Am/ The Dark End Of The Street/ 991/2/ Groove Me/ I Found A Love/ etc. ■86年に発表した6曲入りミニ・アルバムに新録音5曲を新たに追加してリリースされたジョン・カウワンのソロ作。

●JOHN COWAN / JOHN COWAN('00)      CD-3907 \2480(会員\2380)

●JOHN COWAN / THE MASSENBERG SESSIONS('10)     CD-2304 \2480(会員\2380)

 All 13 tracks: My Time in the Desert〜Maggie Little/ Caldonia/ King of California/ The Lakes of Pontchartrain/ Jesus Gave Me Water/ Long Road Back to You/ Safe Within Your Arms/ Carry On/ Heart of the Country/ Can't You Hear Me Callin'/ Black Blizzard/ Soiled Dove/ Soiled Dove Reprise/


JOHN COWAN BAND / NEW TATTOO('06)     CD-1152 \2480(会員\2380)

 All 11 tracks: Carla's Got A New Tattoo/ Love's Like Rain/ Misery & Happiness/ Hurting Sure/ In Bristol Town/ Six Red Birds In A Joshua Tree/ Working In The New Mine/ Back To Your Arms/ With A Memory Like Mine/ Tomorrow Morning/ Drown/ ■ジョン・カウワン・バンドの06年作。


●JOHN DUFFEY / ALWAYS IN STYLE('00)     CD-3926 \2480(会員\2380)

●JOHN HARTFORD / AEREO-PLAIN - MORNING BUGLE   \2800(会員\2700)

●JOHN HARTFORD / ANNUAL WALTZ     CD-31297 \2480(会員\2380)
 アメリカ盤CDが縦長の紙ケースに入っていた頃のカット・アウト盤。外装にカットした後がありますが、中身のCD盤には問題のない新品です。

●JOHN HARTFORD / DOWN ON THE RIVER      CD-70514 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JOHN HARTFORD / ESSENTIAL RECORDINGS: GOOD'LE DAYS ('09)   \2480(会員\2380)

●JOHN HARTFORD / GOIN' BACK TO DIXIE('92)     CD-SD-292CD \2600(会員\2500)
 ジョン・ハートフォードが92年に自主レーベルからリリースしたアルバム。

●JOHN HARTFORD / GUM TREE CANOE('84/01)       \2480(会員\2380)
 with Sam Bush(mandolin), Mark O'Connor(lead guitar/fiddle/mandolin), Jerry Douglas(dobro), Marty Stuart(mandolin), Mark Howard(lead guitar) and others; All 12 tracks: You Asked Me/ I Wonder Where You Are Tonight/ Our Long Journey/ No Expectations/ I'm Still Here/ etc. ■ジョン・ハートフォードが1984年にリリースしたソロ・アルバム。本作に参加したサム・ブッシュ、マーク・オコナー、ジェリー・ダグラス等は(ベテランではなく)若手のスゴ腕ミュージシャンだった1980年代の、溌溂としたハートフォードの歌声が聴ける傑作。しかも、未発表の2曲「You Asked Me」と「I Wonder Where You Are Tonight」をボーナス・トラックとして追加収録してCD化された。

◆JOHN HARTFORD / JOHN HARTFORD('69)       CD-35616 \1890(会員も同じ価格) 品切れ中

 All 14 tracks: 弦楽、金管と五弦バンジョーのためのダスティ・ミラー・ホーン・パイプとフーガ イ長調/ 涙に濡れたモノローグ/ ザ・コレクター/ 短くて感傷的な間奏曲/ 手持ち無沙汰なジャクソン氏/ オープン・ロード・オード/ Dの小品/ 哀れな性的関心のブルース/ ザ・ウォート/ レイルロード・ストリート/ 再び短い(しかしそれほど感傷的ではない)間奏曲/ 第二次世界大戦の孤児/ ちっぽけで古くて物悲しい小さな円の歌/ 世界がこんなに続くなんて/ ■ジョン・ハートフォードのRCA時代にリリースされたアルバムのうち、自らの名前をタイトルにした69年作のアルバムが、国内盤で発売。お早めにどうぞ。


●JOHN HARTFORD / LIVE FROM MOUNTAIN STAGE('00)      CD-401 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JOHN HARTFORD / MARK TWANG        CD-70020 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JOHN HARTFORD / NATURAL TO BE GONE: 1967-1970    CD-138 \2480(会員\2380) 品切れ中
 ジョン・ハートフォードのRCAレーベル時代、つまり67年〜70年の貴重な音源がCD化。全28曲収録。オーストラリア盤。

●JOHN HARTFORD / NOBODY KNOWS WHAT YOU DO    CD-70028 \2480(会員\2380) 

●JOHN HARTFORD / STEAM POWERED AEREO-TAKES('01)      CD-0480 \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Norman Blake(guitar/mandolin), Vassar Clements(fiddle), Tut Taylor(dobro), Randy Scruggs(bass); All 18 tracks: Where the Old Red River Flows/ Ruff and Ready/ Blame It On Joann/ The Vamp from Back in the Goodle Days/ Emanuel Cant/ Bad Music/ Dig A Hole/ Presbyterian Guitar/ Strange Old Man/ Lady Jane/ Oasis/ Bacuse of You/ Morning Bugle/ John Henry/ Doin' My Time/ Keep On Truckin'/ Don't Ever Take Your Eyes Off the Game, Babe/ Howard Hughes Blues; ■1971年にリリースされたジョン・ハートフォードの大名盤『AEREO-PLAIN』が録音された時のアウト・テイク集。こんな凄い音源が残されていたなんて本当に嬉しい驚きだ。同アルバムに収録されなかった未発表曲、収録された作品の別ヴァージョンや、同セッションで既にレコーディングされ後にジョンのアルバムで録音される事になった作品の初期ヴァージョン等が収録されている。もう「聴くしかない」だろう。

●JOHN HARTFORD / THE SPEED OF THE OLD LONG BOW('98)     CD-0438 \2480(会員\2380) 

●JOHN HARTFORD / THE WALLS WE BOUNCE OFF OF('94)     CD-SD-394 \2600(会員\2500)
 ジョン・ハートフォードが94年に自主レーベルからリリースしたアルバムの3作目。

●JOHN HARTFORD / WILD HOG IN THE RED BRUSH('96)       \2480(会員\2380) 品切れ中

●JOHN HARTFORD STRING BAND / MEMORIES OF JOHN('10)    \2480(会員\2380)
 All 15 tracks: Three Forks Of Sandy/ MISIP/ Love Grown Cold/ Madison Tennessee/ Delta Queen Waltz/ For John/ Homer The Roamer/ Bring Your Clothes Back Home/ Half Past Four/ Lorena/ You Don't Notice Me Ignoring You/ The Girl I Left Behind Me/ She's Gone (And Bob's Gone With Her)/ Royal Box Waltz/ Fade Out/ ■豪華ミュージシャンによるジョン・ハートフォードへのトリビュート・アルバム。

●JOHN HARTFORD & HARTFORD STRINGBAND / GOOD OLD BOYS('99)    CD-0462 \2480(会員\2380) 

ハートフォード、トニー、ヴァッサー等による未発表セッション!!
●JOHN HARTFORD, TONY RICE, & VASSAR CLEMENTS / HARTFORD, RICE & CLEMENTS    \2480(会員\2380)

 feat. John Hartford, Vassar Clements, Tony Rice, Roy Huskey Jr., Mark Howard; All 13 tracks: 1. Bound to Ride/ If I Should Wander Back Tonight/ I Know You Don't Love Me No More/ My Baby's Gone/ The Wings of a Song/ Sweet Sunny South/ We Can't Be Darlings/ Long Journey Home/ Love Grown Cold/ Love Please Come Home/ Heavenly Sunlight/ Poor Ellen Smith/ Where Is Your Heart Tonight/ ■1988年、ジョン・ハートフォード、トニー・ライス、ヴァッサー・クレメンツ、そしてロイ・ハスキーJr.とマーク・ハワードがハートフォードの自宅地下で行った貴重なセッション音源がリリース。勿論、全くの未発表の発掘音源である。この顔ぶれで繰り広げられたBGクラシック曲の数々、全13曲。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●JOHN HERALD / JUST ANOTHER BLUEGRASS BOY       CD-JH-2005 \2480(会員\2380)

 with Bill Keith, Eric Weissberg, Jay Ungar, Cindy Cashdollar, Caroline Dutton, George Quinn, John Sebastian, Happy Traum, and others; All 13 tracks: Bluegrass Boy/ Single Life/ Moneyland/ Hats Off To The Cajun Moon/ Working It Out By Walking It Off/ Still Got It Bad/ The Bond/ Don'cha Cadillac Me/ Martha (The Last Passenger Pigeon On Earth)/ Queen Of Spoons / Flock Of Flamingos/ Special Magic/ Jon The Generator/ ■グリーンブライア・ボーイズのフロントマンとして一世を風靡したジョン・ヘラルド(リード・ヴォーカル/ギター)が昨年の7月に亡くなった後にインディーズより発表された新譜が入荷した。ジョンの未発表音源9曲に加えて、ソロ作やジョン・ヘラルド・バンドの旧作から選曲された4曲(初CD化)を収録した全13曲を収録。ジョンは90年代半ばにスタジオで幾度もレコーディングをしていたとのことで、発表音源9曲中6曲はウッドストックのベアズヴィルで録音されたもの。残る3曲は、2005年6月に録音されたものだ。歌詞の一節がアルバム・タイトルになっている「Bluegrass Boy」は、アルバムのトップを飾る曲。その軽やかで飄々としたヴォーカルを聴いていると、彼がもうこの世にいないとはとても思えない。生気に満ちた力強さと明るさで一杯なのだ。彼の思いを吐露したともいえる「Single Life」、他のアーティストにもカヴァーされている「Martha (The Last Passenger Pigeon On Earth)」や「Jon The Generator」など、味わい深い彼のオリジナル作品が並んでいて、一気に聴き終えた。ジョン・ヘラルドは、間違いなく我々の時代における最高のシンガーの1人であり、優れたソングライターだった。亡きジョンの素晴らしい作品を収録した本作、是非とも多くの方に聴いて頂きたいと思う。


◆JOHN HERALD / ROLL ON JOHN('00)    SLCD-1008 \2625(会員\2525)

 All 11 tracks: Martha And Me/ Hitch Hike Fever/ I Heard The Bluebirds Sing/ Gone Home/ Carmelita/ Introduction/ Roll On John/ Walking The Floor Over You/ Dark As A Dungeon/ Hey Good Looking/ Saved/ ■そのジョン・ヘラルドが00年に発表した16年ぶりのニュー・アルバム。60年代のグリニッチ・ヴィレッジのミュージック・シーンを賑わしたグリーンブライア・ボーイズ、ボブ・ディランとの交友、ウッドストック・マウンテンズ・レヴュー等、音楽キャリア40年を越えた今も、彼の飄々としたハイトーン・ヴォーカルは健在。見事に復活を遂げた彼の力強く味わい深い歌声をお聴き下さい!! ジョン・ヘラルドへのインタビュー・その日本語訳・解説付。解説は、宇田和弘氏。


●JOHN HICKMAN / DON'T MEAN MAYBE      CD-0101 \2480(会員\2380) 

●JOHN McGANN / UPSLIDE('95)      CD-2118 \2480(会員\2380) 

●JOHN REISCHMAN / UP IN THE WOODS('99)   CD-006 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JOHN REISCHMAN & JAYBIRDS / VINTAGE & UNIQUE ('12)      \2480(会員\2380)
 feat. Jim Nunally(guitar), Nick Hornbuckle (banjo), Greg Spatz(fiddle), Trisha Gagnon(bass); All 14 tracks: Shady Grove/ The Girl I Left Behind/ The Cypress Hills/ Hurry Up and Harvest/ Last Chance/ Consider Me Gone/ Lancaster Sound/ Gold Mountain (Gam Saan)/ The Black Road/ Goin' Across the Sea/ The Old Grove/ The First Whippoorwill/ Gabriel's Call/ Bitterroot Waltz/ ■結成20年目に入ったジョン・ライシュマン率いるジェイバーズのニュー・アルバム。ジム・ヌーナリーをはじめ、不動のメンバーによる鉄壁のサウンドが魅力だ。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●JOHN REISCHMAN & JOHN MILLER / BUMPY ROAD('02)     CD-009 \2600(会員\2500)
 All 10 tracks: The Bumpy Road(4:04)/ Kenny's Gone(5:05)/ Pacoca(3:44)/ Danza(3:32)/ The Path Downhill(4:01)/ Wind Song(4:00)/ Snake Eyes(4:21)/ Three Lions(4:30)/ Pedro Padilla Medley(5:53)/ Don't Wake Me UP(2:39); ■前作『THE SINGING MOON』が大評判だったジョン・ライシュマン(mandolin)とジョン・ミラー(guitar)のWジョン・コンビが発表した2作目のデュエット・アルバム。女性ヴォーカリスト、コラリー・トナックをゲストに招いた「The Path Downhill」の1曲のみヴォーカルが入るが、それ以外は全てマンドリンとギターによるデュエット・インスト集。とにかく、2人が奏でる音の1粒1粒が、この上なく美しいのだ。特にライシュマンのギブスン・ロイドロアー・モデルのトーンの素晴らしさは、その良さを理解するプレイヤーを得て、楽器が最高のサウンドを自ら鳴らしている、といった感じ。有名ジャズ・トランペット奏者、ケニー・ドーハムに捧げられた「Kenny's Gone」をはじめ、収録された2人各々のオリジナル作品も文句なし。

●JOHN REISCHMAN & JOHN MILLER / THE SINGING MOON('99)     CD-004 \2600(会員\2500)
 with John Miller, Todd Phillips, Jim Nunally, Scott Nygaard, Rob Ikes, gabe Witcher, Kathy Kallick, Dennis Caplinger;

●JOHN ROSSBACH / NEVER WAS PLUGGED!('96)      CD-ALC126 \2480(会員\2380)
 with Charles Sawtelle, Bill Keith, Mac Benford, Pete Sutherand, ■マンドリン奏者ジョン・ロスバックが96年に発表したソロ作。ゲストにチャールズ・ソウテル、ビル・キース、ピート・サザーランド、マック・ベンフォード等を迎えたBG&オールドタイム集。全15曲中、5曲がインスト作品。

●JOHN STARLING / LONG TIME GONE    CD-SH-3714 \2480(会員\2380)
 
セルダム・シーンのヴォーカリストと言うよりも、亡きローウェル・ジョージ等のプロデュースでリリースされた本作のアクースティックな音作りでシンガー・ソングライター・ファンの間ではLP時代から既に有名なジョン・スターリング。2作目『WAITIN' ON A SOUTHERN TRAIN』や90年に発表したカール・ジャクスンとのデュエット作『SPRING TRAINING』もお忘れなく。

●JOHN STARLING / WAITIN' ON A SOUTHERN TRAIN('95)    CD-SH-3724 \2480(会員\2380)
 with Sam Bush, Mike Auldridge, Claire Lynch, Alan O'Bryant, John Cowan, Blaine Sprouse, Paul Craft, Barry "Byrd" Burton; ■そのジョン・スターリングのソロ2作目。豪華ゲストにサポートされた抜群のブルーグラス&カントリー集。

●JOHN STARLING & CARL JACKSON / SPRING TRAINING('90)  \2480(会員\2380)
 & The Nash Ramblers feat. Emmylou Harris, Al Perkins, Sam Bush, Roy Huskey Jr.,

●JOHN STARLING & THE CAROLINA STAR / SLIDIN' HOME('07)          CD-1820 \2480(会員\2380)
 with Emmylou Harris, Mike Auldridge, Tom Gray, Ricky Simpkins, Jon Randall, Larry Stephenson; All 10 tracks: Waiting For A Train/ Cold Hard Business/ South Riding Tango/ In My Hour of Darkness/ The Riverboat Song/ They'll Never Take Her Love From Me/ Those Two Blue Eyes/ Willin'/ Irish Song/ Prayer For My Friends/ ■元セルダム・シーンのジョン・スターリングのニュー・アルバム。かつてセルダム・シーンのメンバーだったマイク・オールドリッジとトム・グレイを擁したキャロライナ・スターを率いて発表した本作には、ジミー・ロジャーズの「Waiting For A Train」、グラム・パースンズの「In My Hour of Darkness」、リトル・フィートのロウェル・ジョージの「Willin'」、ハンクッ・ウィリアムズの「They'll Never Take Her Love From Me」、ギリアン・ウェルチの「The Riverboat Song」などを含む全10曲。エミルー・ハリスとのハーモニーも聴きものだ。

●JOHNNY GIMBLE / CELEBRATING WITH FRIENDS     CD-9095 \2480(会員\2380)

 producer Ray Benson; with Vince Gill, Merle Haggard, Jason Roberts, Willie Nelson, Garrison Keillor; All 14 tracks: Johnny Gimble Reflects/ Fiddlin' Around/ Somewhere South Of San Antone/ Sweet Georgia Brown/ Gardenia Waltz/ Lady Be Good/ I Needed You/ If I Had You/ Rural Riffin'/ Under The X In Texas/ Hey Mr. Cowboy/ Mandelopin'/ Do What You Did, When You Did/ Owed To Johnny Gimble/ ■ベテラン・フィドラー、ジョニー・ギンブルの新譜。ァスリープ・アット・ザ・ウィールのレイ・ベンスンのプロデュースのもと、ヴィンス・ギル、マール・ハガード、ウィリー・ネルスン等の豪華ゲストが参加。


●JOHNNY GIMBLE / HONKY-TONK HITS      \2480(会員\2380)

●JOHNNY STAATS / WIRES & WOOD('00)      \2480(会員\2380)
 with Sam Bush, Scott Vestal, Tim O'Brien, Jerry Douglas, John Cowan, Jim Hurst; ■「サム・ブッシュ命」のマンドリン奏者ジョニー・スターツが00年に発表したデビュー・アルバム。全11曲。4曲ヴォーカル、7曲インスト。

●JOHNNY STAATS & ROBERT SHAFER / HOMECOMING FAVORITES('07)    CD-07 \2480(会員\2380) 品切れ中

●JOHNNY STAATS & ROBERT SHAFER / PICKIN' UP STEAM('04)   CD-04 \2600(会員\2500) 品切れ中

JOHNNY STAATS & THE DELIVERY BOYS / TIME MOVES ON ('13)    \2480(会員\2380)
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●JOHNSON MOUNTAIN BOYS / LIVE AT THE BIRCHMERE      CD-0191 \2480(会員\2380) 品切れ中
 feat. Dudley Connell, David McLaughlin, Eddie Stubbs, Richard Underwood, Larry Robbins; ■83年4月に録音されたジョンスン・マウンテン・ボーイズの傑作ライヴ。しかも3曲の未発表ライヴを加えた18トラックを収録してのCD化。

●JON RANDALL / WALKING AMONG THE LIVING('05)    CD-92083 \2480(会員\2380) 品切れ中
 
produced by George Massenberg & Jon Randall; ■エミルー・ハリス・バンドやサム・ブッシュ・バンドで活躍したあのジョン・ランドールのソロ・アルバム新作。

●JON RANDALL / WHAT YOU DON'T KNOW('95)         CD-66407 \2400(\2300) 品切れ中

●JON RANDALL / WILLIN'('99)         CD-25020 \2400(\2300)

 produced by Brent Truitt & Jon Randall; with Emmylou Harris, Al Perkins, Sam Bush, John Cowan, Jerry Douglas, Lorrie Morgan, Scott Vestal, Roy Huskey Jr., Larry Atamanuik, Tim O'Brien, Randy Stewart, Harry Stinson, Kim Richey, Kenny Voughan(Patty Loveless Band), DavePomeroy(Suzy Bogguss Band); All 11 tracks: Baby Make the Sun Go Down/ Can't Find the Words/ Willin'/ Can't Hurt Anymore/ Mountain of Regret/ Afraid of the Dark/ Sweet Lorretta/ Blew Me Away/ Walk the Line/ Breaking the Rules/ Lonely Street/ ■20歳の頃からエミルー・ハリスのナッシュ・ランブラーズで活躍したダラス出身のジョン・ランドールが99年に発表したソロ4作目。エミルー・ハリス、サム・ブッシュ、ジェリー・ダグラス、アル・パーキンス、故ロイ・ハスキーJr.をはじめ、キャリア充分の豪華なミュージシャン達がバックアップ。アルバム・タイトルの「Willin'」は、勿論ロウェル・ジョージ作の永遠の名曲「Willin'」をカヴァーし、本作のアルバム・タイトルに選んでいるが、それ以外の10曲は全て彼のオリジナル作品(共作1曲含む)だ。ジョン(guitar)とジェリー・ダグラス(dobro)のみのバックアップ、エミルー・ハリスのハーモニー・ヴォーカルで歌われる4曲目「Can't Hurt Anymore」は、ファン必聴である。ここんとこアメリカで品切れが続いており、久々の再入荷なので再度お知らせする次第。


●JORDAN TICE / LONG STORY('08)     \2480(会員\2380)

 with Casey Driessen(fiddle), Noam Pikelny(banjo), Andy Hall(Dobro), Mark Schatz(bass) and Mark MacGloshan(mandolin);


●JOSH CROWE & DAVID McLAUGHLIN / GOING BACK('93)    \2480(会員\2380)
 男性2人のデュオ、ジョッシュ・クロウ(Crowe Brothers)&デヴィッド・マクラフリン(Johnson Mountain Boys)が92年に発表したアルバム。モンロー・ブラザーズ、ルーヴィン・ブラザーズからエヴァリー・ブラザーズ、ビートルズ(ジョンとポール)へと繋がる男性2パート・ハーモニーの美しさ・素晴しさを踏襲した傑作。2人のアクースティック・ギターのみをバックにしたシンプルなサウンド。短いギター・ソロの中に感じる事のできる奥深いサウンドの広がり。文句ナシである。

●JOSH GRAVES / JUST JOSHIN' ('63)     CD-121  \2480(会員\2380)
 with Chubby Wise, Curtis McPeake and Cousin Jake;

●JOSH SLONE & COALTOWN / JOSH SLONE & COALTOWN    CD-1074 \2480(会員\2380)

 feat. Josh Slone (guitar/vo.), Ollie Risner(banjo), Billy Berger(mandolin), Gary Wiley (bass) All 13 tracks: Virginia Bound/ Daddies Don't Cry/ Destination Heartache/ Mama's Midnight Altar Calls/ A Lovin' Man/ One Step Ahead/ Cold as Ice/ Where I Used to Lie/ Big Blue Raindrops/ Bluegrass and Me/ Hillbilly Girl/ For the Love of Ellen Moore/ Long Legged Woman/ ■ケンタッキー東部を拠点に活動するニュー・バンド、ジョッシュ・クロウ&コールタウンのデビュー・アルバム。


●JOSH WILLIAMS / DOWN HOME('10)    CD-1173 \2480(会員\2380)

 with Tony Rice, Rhonda Vincent, Dailey &Vincent, Randy Kohrs, Greg Cahill; All 12 tracks: Lonesome Feeling/ Kodak 1955/ Polka on the Banjo/ The Last Song/ Blue Railroad Train/ Cherokee Shuffle/ Down Home/ We'll Burn That Bridge/ Streets of Bakersfield/ Dream of Me/ Blue Water/ Stealin' Away/ ■若手ピカイチのピッカー&ヴォーカリスト、ジョッシュ・ウィリアムス待望のセカンド・ソロ・アルバム入荷。もう、凄いの一語。


●JOSH WILLIAMS & HIGH GEAR / COME TO THAT RIVER('97)      \2480(会員\2380)

JUNIOR SISK & RAMBLERS CHOICE / BLUE SIDE OF THE BLUE RIDGE('08)     \2480(会員\2380)

JUNIOR SISK & RAMBLERS CHOICE / HEARTACHES AND DREAMS ('10)     \2480(会員\2380)

●JUSTIN MOSES / DUSTY ROADS('06)          CD-DGR-001 \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Andy Leftwich, Byron House, Steve Gulley, Randy Jones, Keith Garrell, Tim Tipton, Chris West, Lou Wamp;

●KASEY CHAMBERS & SHANE NICHOLSON / RATTLIN' BONES('08)    \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Rattlin' Bones/ Once in a While/ Sweetest Waste of Time/ Monkey on a Wire/ One More Year/ The House that Never Was/ Wildflower/ No One Hurts Up Here/ The Devil's Inside My Head/ Sleeping Cold/ Adeline/ Jackson Hole/ Your Day Will Come/ Woe Is Mine/ ■オーストラリアのシンガー・ソングライター、ケイシー・チェンバースと彼女の夫であるシェーン・ニコルスンとのデュエット・アルバム。ブルーグラスからテキサス・オルタナ・カントリー、アイルランドルーツ、オルカンまで今まで以上に深みにとコクを感じさせる内容の濃い一枚に仕上げている。


●KATHY CHIAVOLA / THE HARVEST('95/'96)    CD-KCP-1002 \2480(会員\2380)

 with Emmylou Harris, Vince Gill, Chet Atkins, Bill Monroe, Tony Rice, Harley Allen, Bela Fleck, John Cowan, Mark Schatz; All 13 tracks: 1. It Won't Be Long/ Baby Blue Eyes/ Shenandoah Valley Waltz/ Will You Love Me Still/ Stay Away From Me/ Big Picture/ Thirty Years Of Tears/ No End Of Love/ Dance/ One Hundred Miles/ I Am A Pilgrim/ Pilgrims On The Way/ Harvest/ ■ナッシュヴィル在住の歌姫、キャシー・キアヴォラが95年に録音、96年初めにリリースしたソロ2作目。エミルー・ハリス、ヴィンス・ギル、チェット・アトキンス、ベラ・フレック、トニー・ライス等の豪華ゲストが参加。ジャケットの雰囲気そのままに、収穫時期を迎えた秋のような豊かな広がりを感じさせる好アルバムだ。12曲目「Pilgrims On The Way」は必聴。


●KATHY MATTEA / CALLING MNE HOME ('12)      \2480(会員\2380)

●KATHY MATTEA / COAL ('08)    \2480(会員\2380)
 produced by Marty Stuart; with Patty Loveless, Marty Stuart, Tim and Mollie O'Brien; All 11 tracks: L&N Don't Stop Here Anymore/ Blue Diamond Mines/ Red-Winged Blackbird/ Lawrence Jones/ Green Rolling Hills/ Coal Tattoo/ Sally in the Garden/ You'll Never Leave Harlan Alive/ Dark as a Dungeon/ Coming of the Roads/ Black Lung〜Coal/

●KAZUHIRI INABA [稲葉和裕] / DIXIE DREAM('99)   CD-0216 \2480(会員\2380)

●KEITH WHITLEY / SAD SONGS & WALTZES('00)     CD-0399 \2480(会員\2380)

●KEITH WHITLEY & RICKY SKAGGS / SECOND GENERATION BLUEGRASS('71)    \2480(会員\2380)
 キース・ウィットリーとリッキー・スキャッグスが10代後半にラルフ・スタンリー&クリンチ・マウンテン・ボーイズをバックに発表した珠玉の作品集。71年録音の全12曲。

●KELLER WILLIAMS with TRAVELIN' McCOURYS / PICK ('12)      \2480(会員\2380)

●KENNY BAKER / A BAKER'S DOZEN('71/'04) with Sam Bush,    CD-2732 \2480(会員\2380)

●KENNY BAKER / FROST ON THE PUMPKIN('77/'02)     CD-2731 \2480(会員\2380)
 with Sam Bush(mandolin/fiddle), Bob Black(banjo), Blaine Sprouse(fiddle), Joe Stuart(guitar), Randy Davis(bass); All 12 tracks: Lisa Ann Waltz/ Back Up And Push/ Music City Waltz/ Bluegrass In The Backwoods/ Cheyenne Breakkdown/ etc. ■ケニー・ベイカーが77年に発表したソロ・アルバム。25年前の若きサム・ブッシュ(77年だからニュー・グラス・リヴァイヴァルが『TOO LATE TO TURN BACK NOW』や『WHEN THE STORM IS OVER』を発表した年だ)がフィドルとマンドリンで参加しているのをはじめ、ボブ・ブラック(banjo)やランディ・デイヴィス(bass)等、当時のブルーグラス・ボーイズのメンバーやブレイン・スプラウス(fiddle)も参加。この名盤のCD化に狂喜しているファンも多い事だろう。

●KENNY BAKER / KENNY BAKER PLAYS BILL MONROE('94)     CD-2708 \2480(会員\2380)
 with Bill Monroe, Bob Black, Vic Jordan, Joe Stuart, Randy Davis, ■ケニー・ベイカーがBG・ボーイズ在籍時に発表したフィドル集の傑作アルバムが94年にファン待望のCD化。ビル・モンローや当時のBG・ボーイズのメンバーも参加した文句ナシの出来ばえ。必聴!!

●KENNY SMITH / RETURN ('11)       CD-0608  \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Adam Steffey, Aubrey Haynie, Barry Bales, Adam Hurt and Jim Denman; All 14 tracks: Half Step/ Warren Chapel/ Cumberland Gap/ Getaway/ Rising Fawn/ Acorn Hill Breakdown/ Leather Britches/ Arkansas Traveler/ Model A/ Sail Away Ladies / Forked Deer/ Billy in the Lowground/ Black Mountain Rag/ Jesus Loves Me/ ■前作の『STUDEBAKER!』が98年リリースだから何と13年ぶりで発表されたケニー・スミスのソロ・アルバム。アダム・ステッフィー、オウブリー・ヘイニー、バリー・ベイルズ等のサポート陣も素晴らしい全14曲。BGスタンダード曲を中心にした作品を奏でるギターは、35年製マーティンD-18と35年製ギブスンAdvanced Jumbo、それにノーマン・ブレイクが所持していた33年製マーティンD-28。これは聴き逃せない。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●KENNY SMITH / STUDEBAKER('97)  CD-3869 \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Adam Steffy(mandolin), Barry Bales(bass), Sammy Shelor(banjo), Daniel Carwile(fiddle), Ronnie Bowman, Don Rigsby, Amanda Smith; All12 songs: Bill Cheatham/ St. Anne's Reel/ Snow Shoes/ etc. ■ロンサム・リヴァー・バンドのケニー・スミス(guitar/lead vo.)が97年に発表した初ソロ。アダム・ステッフィ(mandolin)、サミー・シーラー(banjo)、バリー・ベイルズ(bass)と共に切れ味サイコーのプレイを聴かせる小気味良いアルバム・タイトル曲でいきなり始まる本作。4曲のオリジナル作品を含む粒揃いの全12曲を収録。うち3曲でギター1本によるフラットピッキングのインストがあるのだけれど、コレが鳥肌モノの素晴しさ。ヴォーカル曲では奥形のアマンダもヴォーカルで加わった「New Sunday School」はファン必聴。

●KENNY & AMANDA SMITH BAND / ALWAYS NEVER ENOUGH('05)     CD-1801 \2480(会員\2380)

●KENNY & AMANDA SMITH BAND / LIVE AND LEARN('08)     CD-1828 \2480(会員\2380)

●KENNY & AMANDA SMITH BAND / TELL SOMEONE('07)          CD-1821 \2480(会員\2380)

KENNY & AMANDA SMITH / CATCH ME IF I TRY ('13)    \2480(会員\2380)
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

newケンタッキー・カーネルズの40年前の発掘ライヴ音源が奇跡のリリース!!
New ●new KENTUCKY COLONELS / LIVE IN HOLLAND 1973 送料無料で販売中!!  \2480(会員\2380)
 
 feat. Clarence White(guitar/vo.), Roland White (mandolin/vo.), Herb Pedersen (banjo/vo.), Eric White (bass/vo.); ■コレは凄い。
newケンタッキー・カーネルズの40年前の発掘ライヴ音源、全16曲。エリック(bass/vo.)、ローランド(mandoli/vo.n)、クラレンス・ホワイト(acoustic guitar/vo.)の3兄弟に当時から親しかったハーブ・ピーダスン(Herb Pedersen、ペダースンではなく、ピーダスンが本当の発音に近いです)がバンジョーで参加。5年間メンバーとして活躍したクラレンスがザ・バーズを脱退し、ソロ・アルバムの制作と同時に、兄ローランド等と共に新生ケンタッキー・カーネルズを再編して再びブルーグラス・シーンに本格復帰すべく意欲に燃えて敢行したヨーロッパ・ツアーにおける1973年5月のオランダでのライヴ音源。とにかく素晴らしい!!
≪追記≫アルバム・ジャケットの中には、ローランド・ホワイト、ハーブ・ピーダスン、カリフォルニアで35年続いた人気ラジオ番組『Alive & Picking』のホストだったメリー・キャサリーン・アルディン3人それぞれが書き下ろしたライナーノーツも掲載されている。特にローランドによるものは、1973年1月にクラレンスから電話連絡があり、ケンタッキー・カーネルズ再編の話を受け、メンバーを決定してヨーロッパ・ツアー出かけてから後のオランダでの出来事にも触れられており、興味が尽きないです。コレは必聴です。
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●KENTUCKY COLONELS / APPALACHIAN SWING!('64/'05)           \2480(会員\2380)

 A11 15 tracks: Clinch Mountain Backstep/ Nine Pound Hammer/ Listen To The Mocking Bird/ Wild Bill Jones/ Billy In The Low Ground/ Lee Highway Blues/ I Am A Pilgrim/ The Prisoner's Song/ Sally Goodin/ Faded Love/ John Henry/ Flat Fork/ Pickin' Flat/ A Fool Such As I/ Black Ridge Ramble/ ■オリジナル・アルバムは1964年にリリースされたケンタッキー・カーネルズの歴史的名盤『APPALACHIAN SWING』の最新ヴァージョンCD。95年にアメリカで初CD化されたが、オリジナルLPの10曲入りに2曲が追加されイギリスでCD化された。本作は、その12曲に更に3曲のボーナストラックが追加された全15曲が収録されている。全BGファン必聴アルバム。


◆KENTUCKY COLONELS / LIVE IN STEREO('65/'99)    
国内盤  \2835(会員も同じ価格) 品切れ中

●KENTUCKY COLONELS / LIVIN' IN THE PAST      CD-1020 \2480(会員\2380)

●KENTUCKY COLONELS / LONG JOURNEY HOME('91)     \2480(会員\2380)

●KENTUCKY COLONELS / NEW SOUNDS OF BLUEGRASS AMERICA     \2480(会員\2380)
 Produced by Ralph and Carter Stanley; feat. Clarence White, Leroy Mack, Roger Bush, Billy Ray Lathum and guest fiddler Gordon Terry; All 14 tracks: Three Finger Blues/ I'll Be Coming Home Tomorrow/ If You're Ever Gonna Love Me/ Banjo Picking Fever/ I Might Take You Back Again/ Memphis Special/ Cabin in the Sky/ Leroy's Ramble/ Howdy Hoss/ Won't You Call Me Darling/ Rainbow Shining Somewhere/ 420 Special/ Just Joshing/ To Prove My Love for You/ ■1963年にBriar Internationalレーベルからリリースされたケンタッキー・カーネルズの初レコーディング・アルバム。ボーナス・トラック3曲を追加した全14曲でリイシュー。

3人のケッタッキー・カーネルズによる貴重レコーディングが再発売!!
●ROGER BUSH, BILLY RAY LATHUM & CLARENCE WHITE / BUSH, LATHUM & WHITE: LEGENDARY KENTUCKY COLONELS' TRIO    \2480(会員\2380)

 All 16 tracks: 1. Shucking the Corn/ Chug-a-Lug/ She's No Angel/ Salty Dog/ Just Stay Around/ Dixie Breakdown/ Mocking Banjo/ Once More/ Green Corn/ Ruebin's Train/ Don't Let Your Deal Go Down/ Flop Eared Mule/ Black Eyed Susie/ Sally Ann/ Cumberland Gap/ Shady Grove/ ■クラレンス・ホワイト、ロジャー・ブッシュ、ビリー・レイ・レイサムの3人、つまりローランド・ホワイト抜きのケンタッキー・カーネルズによる1964年の録音。ローランドのいない分、いつもならローランドがマンドリン・ソロを弾くパートでクラレンス(やビリー・レイ)がソロをやったりするのでクラレンス等が「いつもより多くソロやってます」という曲が幾つもある音源なのだ。03年に『RARE PERFORMANCE』というタイトルのもと、(ロジャー・)ブッシュ、(ビリー・レイ・)レイサム&(クラレンス・)ホワイト名義でリリースされたアルバムと本作の16曲は重複するのであるが、同アルバムが入手困難となっている今、ジャケットも新たにリイシューされたことに狂喜するファンは多いだろう。


●KESSINGER BROTHERS / KESSINGER BROTHERS VOL.2: 1929     \2480(会員\2380) 

●KESSINGER BROTHERS / KESSINGER BROTHERS VOL.3: 1929-1930     \2480(会員\2380) 

●KEVIN FORE / FROLIC IN ROUND PEAK('09)     CD-0901 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 21 tracks: John Henry/ Logan County Blues/ Fire on the Mountain/ Red Apple Rag/ Salt River/ Benton's Haystack Blues/ Grey Eagle/ Old Bunch of Keys/ Arkansas Traveler/ Cumberland Gap/ Red Bird/ Lost Indian/ Roscoe/ Pretty Lil' Gal/ Forked Deer/ Brown's Ferry Blues/ Sally Goodin/ Durham's Bull/ Wreck of the Old 97/ Susannah Gal/ Bile 'em Cabbage Down/


●KEVIN MAUL / TOOLSHED('97)     \2480(会員\2380)
 夫婦デュオ、ロビン&リンダ・ウィリアムスのメンバーとしても活躍するドブロ・プレイヤー、ケヴィン・モウルが97年に発表したソロ・アルバム。

●KICKIN GRASS BAND / THE KICKIN GRASS BAND('10)     \2480(会員\2380)

●KING WILKIE / BROKE('04)       CD-1802 \2480(会員\2380)

●KING WILKIE / LOW COUNTRY SUITE('07)    CD-1112 \2480(会員\2380)
 All 11 tracks: The Raising Of The Patriarchs/ Wrecking Ball/ Millie's Song/ Rockabye (Farewell Lonesome Dove)/ Angeline/ Savannah/ Crazy Daisy/ Stone & Steel/ Oh My Love/ Ms. Peabody/ Captivator/

●KIRK SUTPHIN / OLD ROOTS AND NEW BRANCHES    \2480(会員\2380) 

●KIRK SUTPHIN & RILEY BAUGUS / LONG-TIME PIEDMONT PALS('10)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●KNOXVILLE GRASS / PAINTED LADY('80/'99)     \2480(会員\2380)

●KRISTIN SCOTT BENSON / SECOND SEASON('08)  CD-6514 \2480(会員\2380)

 with David Grier, Cody Kilby, Josh Williams, Larry Stephenson, Larry Cordle, Wayne Benson, Sally Jones, Jim Van Cleve, Andy Todd, Shad Cobb; All 12 tracks: Don't Tread on Me/ Imagine That/ Sandy River Belle/ Trying Times/ No Steering, No Brakes/ No Southern Comfort/ Greencastle Hornpipe/ Bugle Call Rag/ Far Enough Away/ The Gospel Way/ Freedom Park/ Something 'Bout You/ ■IBMAベスト・バンジョー・プレイヤーを獲得したクリスティン・スコット・ベンソンが08年に発表したセカンド・ソロ・アルバム。彼女をサポートするミュージシャンの豪華な顔ぶれも魅力。


●KRUGER BROTHERS / BETWEEN THE NOTES('09)    CD-019 \2480(会員\2380)

 feat. Jens and Uwe Kruger; All 11 tracks: Deena/ Round and Round/ Like a Spark/ When I'm Dead My Dearest/ Beautiful Nothings/ Watches the Clouds Roll By/ Night Sky/ Winter Storms/ The Three Laughing Monks/ Jason/ Jack of the Wood/ ■スイス出身のクルーガー・ブラザーズのニュー・アルバム。スイス出身の彼等だが、本場アメリカのBGシーンでも確かな評判を得てもうかなりの年月が経つ。全11曲すべてがオリジナル作品で、うち6曲がインストゥルメンタルである。


●KRUGER BROTHERS / FOREVER AND A DAY('10)     \2480(会員\2380)


1. アーティスト名 A〜B
2. アーティスト名 
C〜D
3. アーティスト名 
E、F、G、H、I
4. アーティスト名 
J、K
5. アーティスト名 
L、M、N、O
6. アーティスト名 
P、Q、R
7. アーティスト名 
S、T
8. アーティスト名 
U、V、W、日本人アーティスト
9. アーティスト名 
Various Artists

   ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL. 


 

プー横丁のトップページへ