ブルーグラスCD在庫リスト C〜D
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。

BLUEGRASS ブルーグラスのメニュー画面へ戻る

ブルーグラスCD在庫リスト インデックス へ戻る

C 

●CACHE VALLEY DRIFTERS / WHITE ROOM  \2480(会員\2380)

●CADILLAC SKY / BLIND MAN WALKING('06)  \2480(会員\2380)

CADILLAC SKY / GRAVITY'S OUR ENEMY('08)     \2480(会員\2380)

●CADILLAC SKY / LETTERS IN THE DEEP ('10)    \2480(会員\2380)

●CAMP CREEK BOYS / CAMP CREEK BOYS('97)  \2480(会員\2380)

●CANTABILE / DUETS FOR MANDOLIN AND GUITAR  CD-1251 \2480(会員\2380)

●CARL JACKSON / SONGS OF THE SOUTH    \2480(会員\2380)
 with Jerry Douglas, Emmylou Harris, Keith Whitley, Jesse McReynolds, Vassar Clements, Marty Stuart; ■カールジャクスンが1980年代に発表した2枚のソロ作『SONGS OF THE SOUTH('82)』と『BANJOMAN('80)』から選曲された全16曲。上記の豪華ゲスト達も参加した傑作が遂にCD化!!

●CARL JACKSON & JOHN STARLING / SPRING TRAINING('90)  \2480(会員\2380)
 & The Nash Ramblers feat. Emmylou Harris, Al Perkins, Sam Bush, Roy Huskey Jr.,

●CAROLINA REBELS / UGLY GIRLS \2480(会員\2380)

●CAROLINA ROAD / BACK TO MY ROOTS ('11)     CD-1088 \2480(会員\2380)

CARRIE HASSLER & HARD RAIN / CARRIE HASSLER & HARD RAIN('06)     \2480(会員\2380)

CARRIE HASSLER & HARD RAIN / CHHR2('08)     CD-1037 \2480(会員\2380)
 with Jim Van Cleve, Josh Shillin(Mountain Hearts), Steve Gulley(Grasstowne), Andy Hall(Infamous Stringdusters); All 13 tracks: I Can Go Back Anytime/ Faith and Hope/ Country Strong/ Fickle Heart/ I Don't Want to Wake Up/ Second Chances/ Devil's Den/ One Way Track to Nowhere/ If These Walls Could Talk/ Turn the Page/ She's a Stranger in His Mind/ 1800 Miles/ "Where's Carrie?" Jam/

●CARTER FAMILY / CLINCH MOUNTAIN TREASURES  \2480(会員\2380)

●CARTER FAMILY / THE CARTER FAMILY: 1927-1934[5枚組CD]   5CD-7701 \4800(会員\4700)
 
カーター・ファミリーのレコーディングを年代順に収録したCD5枚組の廉価盤。全126曲。

●CARTER FAMILY / THE CARTER FAMILY VOL.2: 1935-1941[5枚組CD]   5CD-7708 \4800(会員\4700)

●CARY FRIDLEY / DOWN SOUTH('07)    \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Daniel Coolik, Rob Mangum, Scott Sharp; All 16 tracks: When the Levee Breaks/ Pretty Saro/ Lonesome Homesick Blues/ Shucking the Brush/ North Country/ Going Down South/ You Led Me to the Wrong/ Come All You Fair and Tender Ladies/ Cheatin'/ God Don't Like It/ I Have No Mother Now/ Making Believe/ Dolly/ Scotland Man/ Wild Bill Jones/ Barlow Knife/ ■ ケアリー・フリドゥリーのソロ・アルバム、2作目。


●CARY FRIDLEY / FARE YOU WELL('09)    \2480(会員\2380)

 with Stephen Trismen (violin/vocals), Matthew Smith (guitar/pedal steel guitar), Seth Kauffman (guitar/vocals/drums); All 6 tracks: Going Downtown/ Follow the Spark/ Baby I Can See Just What's On Your Mind/ You're Just Dreaming/ Been Untrue/ ■若手オールドタイム・バンド、フレイト・ホッパーズの元メンバー、 ケアリー・フリドゥリーが09年に発表した6曲入りミニ・アルバム。


●CARY FRIDLEY / NEIGHBOR GIRL('01)    \2480(会員\2380)

 produced by Bob Carlin; with Art Stamper, Larry Perkins, Chris Sharp, Jake Owen, Barry Benjamin, Mark Wingate; ■若手オールドタイム・バンド、フレイト・ホッパーズの元メンバー、 ケアリー・フリドゥリーのソロ・デビュー・アルバム。ボブ・カーリンのプロデュースによる全14曲は、フ ラット&スクラッグスやカーター・ファミリー、それにフィドル・チューンなどヴァラエティに富んだもの。NLCRのジョン・コーエンも太鼓判を押す、彼女の稀有なアパラチアン・マ ウンテン・シンギング。必聴アルバム。


●CASEY DRIESSEN / 3D('06)  \2480(会員\2380)

●CATWALK / CARWALK('94)       \2800(会員\2700)
 
feat. John Miller(guitar), Tom Moran(mandolin), Paul Elliott(violin);

●CEDAR POINT STRING BAND / THE CEDAR POINT STRING BAND('97) \2480(会員\2380)

●CHAPMANS / SIMPLE MAN('05)    \2480(会員\2380) 品切れ中

●CHAPMANS / GROWN UP('10)   CD-4532 \2480(会員\2380)

  feat. John, Jeremy, Jason and Bill; with Rhonda Vincent(vo.), Stuart Duncan(fiddle), Noam Pikelny(banjo), Rob Ickes(dobro); All 13 tracks: Why Did You Lie/ She's the One/ Love's Gonna Live Here/ Jenny Dear/ Bubble Gum Baby/ She's Never Coming Back/ El Cumbanchero/ Small Exception of Me/ Rolling Away on a Big Sternwheeler/ Mommy Please Stay Home With Me/ River of Sorrow/ Bring it on Home to Me/ I Wanna Be Loved Like That/ ■ミズーリ州スプリングフィールド出身のファミリー・バンド、チャップマンズが結成20周年を記念して発表したアルバム。彼等が93年から97年に録音した11曲にニュー・レコーディング2曲を追加した全13曲。ロンダ・ヴィンセントをゲスト・ヴォーカリストに招いた「Love's Gonna Live Here」をはじめ、ドブロのロブ・アイクスとフィドルのステュアート・ダンカンの手堅いサポートも魅力だ。


●CHARLES RIVER VALLEY BOYS / BEATLE COUNTRY('66/'95)   CD-SS-41 \2480(会員\2380)
?feat. Joe Val, Bob Siggins, Jim Field, Everret Alan Lilly; with Eric Thompson, Buddy Spicher; All 12 songs: Yellow Submarine/ Ticket To Ride/ Help!/ I Feel Fine/ I've Just Seen A Face/etc. ■オリジナル盤は66年にエレクトラからリリースされ、長らく廃盤の為に入手困難だった超レアな貴重盤がCD化された。今は亡きジョー・ヴァルのヴォーカルとマンドリンを軸に見事なブルーグラス・アレンジで聴かせるビートルズの名曲の数々。各楽器の考え抜かれたソロ・プレイも興味の尽きぬ面白さ。

●CHARLES SAWTELLE / MUSIC FROM RANCHO DEVILLE  \2480(会員\2380)

 1999年3月21日に帰らぬ人となったチャールズ・ソウテル(元ホット・ライズ)のソロ・アルバム。デヴィッド・グリスマン、サム・ブッシュ、リチャード・グリーン、ピーター・ローワン、ジェリー・ダグラス、ノーマン・ブレイクほか、豪華な顔ぶれが大勢参加している。全てチャールズと極めて親しいミュージシャンばかりである。このプロジェクトを完成させる為に多くの友情が結集した。アルバムのリリースを待たずに天国に召された彼だが、完成した本作は、精気に満ちた力強い仕上がりだ。彼が好きだったスタンリ−・ブラザーズやウッディ・ガスリー、カーター・ファミリー、ケイジャン、トラディショナル・チューン、そしてチャールズのオリジナル作品4曲等を含む全16曲。彼が望んでいた、その思い通りの曲目、内容である。


●CHARLIE CLINE / RETURN OF A LEGEND  \2480(会員\2380) 

●CHARLIE DANIELS / SONGS FROM THE LONGLEAF PINES('05)     CD-9823 \2480(会員\2380)
 with Earl Scruggs, Mac Wiseman, Ricky Skaggs, The Whites, The GrooveGrass Boyz;

●CHARLIE HADEN / FAMILY & FRIENDS: RAMBLIN' BOY('08)     \2480(会員\2380)
 with Sam Bush, Jerry Douglas, Bela Fleck, Stuart Duncan, Bryan Sutton; All 19 tracks: Single Girl, Married Girl/ Ramblin' Boy[feat. Vince Gill]/ 20/20 Vision[feat. Bruce Hornsby]/ Wildwood Flower[feat Rosanne Cash]/ Spiritual/Oh Take Me Back/ You Win Again[feat. Elvis Costello]/ The Fields of Athenry/ Ocean of Diamonds[feat Dan Tyminski]/ He's Gone Away/ A Voice from on High/ Down by the Salley Gardens/ Road of Broken Hearts[feat. Ricky Skaggs]/ Is This America?(feat. Pat Metheny)/ A Tramp on the Street/ Old Joe Clark[feat Jack Black]/ Seven Year Blues/ Old Haden Family Show[feat. 2-year old Cowboy Charlie]/ Shenandoah[feat. Charlie Haden on Vocal]/

●CHARLIE LOUVIN / LIVE IN HOLLAND   \2480(会員\2380)

●CHARLIE MOORE & BILL NAPIER / COUNTRY HYMNAL   \2480(会員\2380) 

●CHARLIE SIZEMORE / BACK HOME   \2480(会員\2380) 

●CHARLIE SIZEMORE BAND / GOOD NEWS('07)   CD-0591 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: I've Fallen And I Can't Get Up/ I Won't Be Far From Here/ Hard Rock Bottom Of Your Heart/ Devil On A Plow/ Alison's Band/ Whiskey Willie/ Blame It On Vern/ No Blues Is Good News/ Less That I Drink/ Mama Turn Aloosa My Soul/ Silver Bugle/ Hey Moon/ My Dying Day/ Good News When I Die/ ■ラルフ・スタンリーのクリンチ・マウンテン・ボー イズで今は亡きキース・ウィットリーの後釜としてリード・ボーカリストとして加入、その重責を9年の長きにわたって務めたチャーリー・サイズモアが、自らのバンドを率いてブルーグラス・シーンにカムバックした6年ぶりのアルバム。ラルフ・スタンリー曰く「Charlie Sizemore was one of my top lead singers that I have had through the years. Charlie knows music and knows how to make it right. I would highly recommend this CD」。


●CHARLIE SIZEMORE BAND / GRAVEL ROAD('88/'99)   \2480(会員\2380) 

●CHARLIE SIZEMORE BAND / IN MY VIEW   \2480(会員\2380) 

●CHERRYHOLMES / DON'T BELIEVE('08)     \2480(会員\2380)

●CHESAPEAKE / FULL SAIL('95)         CD-3841 \2480(会員\2380)
 feat. Moondi Klein, Jimmy Gaudreau, T.Michael Coleman, Mike Auldridge;

●CHESAPEAKE / PIER PRESSURE('97)      \2480(会員\2380)
 feat. Moondi Klein, Jimmy Gaudreau, T.Michael Coleman, Mike Auldridge;

●CHESAPEAKE / RISING TIDE('94)       CD-3827 \2480(会員\2380)
 feat. Moondi Klein, Jimmy Gaudreau, T.Michael Coleman, Mike Auldridge; with Tony Rice(Guitar); All 13 songs; ■セルダム・シーンの新ヴォーカリスト、ムーンディ・クラインにマイク・オールドリッジとT.マイケル・コールマン、それにビル・クリフトンとのデュエット盤が大好評のジミー・グッドロウの4人が結成したグループ、チェサピークが95年に発表した素晴しいデビュー盤。ヴァン・モリスン、イアン・タイスン、スティーヴ・ジレット等のオリジナル作品やトラディショナル作品をモダンなアレンジと爽やかなサウンドで見事に料理する。ムーンディのハリのあるヴォーカルも抜群!!

●CHET ATKINS / A TRIBUTE TO BLUEGRASS('02)      CD-46898 \2480(会員\2380) 品切れ中

●CHET ATKINS / REFLECTIONS - THE ATKINS-TRAVIS TRAVELING SHOW    \2480(会員\2380) 完売しました

 チェット・アトキンスとドック・ワトスンの共演アルバム『REFLECTIONS』とチェットとマール・トラヴィスの共演アルバム『THE ATKINS-TRAVIS TRAVELING SHOW』の2枚のアルバムを2 on 1の形でCD1枚にスッポリ収めたお買い得アルバム。オーストラリアでのみ再発売された貴重盤。全21曲収録。


CHRIS HILLMAN & HERB PEDERSEN / AT EDWARDS BARN ('10)   CD-0652 \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Going Up Home/ Love Reunited/ Turn Turn Turn (To Everything There Is A Season)/ If I Could Only Win Your Love/ Tu Cancion/ Our Savior's Hands/ Wheels/ Have You Seen Her Face/ Eight Miles High/ Together Again/ Desert Rose/ Sin City/ The Cowboy Way/ Wait A Minute/ Heaven's Lullaby/ ■クリス・ヒルマンとハーブ・ぺダースンのデュエット・アルバムで、09年カリフォルニアのライヴ・レコーディングされたものだ。「Turn Turn Turn」「Wheels」「Eight Miles High」「Sin City」「Desert Rose」「Turn Turn Turn」「Wait A Minute」などを含む全15曲を収録。彼等2人のアコースティック・セットによるお馴染みのナンバーの素晴らしさ。バック・オウエンズの大ヒット曲「Together Again」も聴きモノの1つだ。本作を聴いて2008年5月に来日した際の2人の最高のパフォーマンスを思い出す方も多いだろう。全面的にお薦めする。


●CHRIS JONES / BLINDED BY THE ROSE('95)         CD-SCR-40 \2480(会員\2380)
?with Mike Compton, Adam Steffey, Ron Block, Barry Bales, Rob Ikes, Keith Little, Brent Truitt, Pam Gadd, Aubrey Haynie, ■ナッシュヴィル在住のギタリスト&ヴォーカリスト、クリス・ジョーンズの初ソロ・アルバム。ウェアリー・ハーツやリン・モーリス・バンドなど、数々のバンド経験を持つ彼が、自信を持って発表した抜群のインスト&ヴォーカル集だ。アダム・スティフィーやロン・ブロック等(アリスン・クラウス&)ユニオン・ステイションのメンバーをはじめ、マイク・コムプトン、キース・リトゥル(ロンサム・スタンダード・タイム/元リッキー・スキャッグス・バンド等)、ブレント・トゥリット(クラスター・プラッカーズ)、それに大評判のインスト・アルバム『BLUEGRASS '95』でフィドルを弾いているオウブリー・ヘイニーも参加。彼の交友関係の広さを物語る豪華なメンバーが素晴しいサポートぶりを披露。

●CHRIS JONES & THE NIGHT DRIVERS / CLOUD OF DUST      \2480(会員\2380)

●CHRIS NEWMAN / FRETWORK('98)      \2480(会員\2380)

●CHRIS PANDOLFI / LOOKING GLASS('09)    \2480(会員\2380)

 with Chris Eldridge, Byron House, Stuart Duncan, Matt Flinner, Andy Hall, Andy Falco and others; All 11 tracks: Winnipeg/ Looking Glass/ Mr. Manys/ Machines/ Big Bend/ Rolling Blackout/ Wichita Stomp/ The Flashing Lantern/ Close Encounters/ Open C/ Melancholy/ ■インファマス・ストリングダスターズのバンジョー奏者クリス・パンドルフが09年に発表したソロ・アルバム。アンディ・ホール等ダスターズの全メンバーをはじめ、クリス・エスリッジ、バイロン・ハウス、ステュアート・ダンカン、マット・フリナーも参加。


●CHRIS PANDOLFI / THE HANDOFF('03)    \2480(会員\2380)

 with Chris Eldridge, Andy Hall, Jake Armerding, Lincoln Meyers, John McGann, Jeremy Robin and others; All 11 tracks: The Manhattan Handoff/ Jono's Farewell/ Whiskey Field/ Honeydew/ Outside Livingston/ Lady Joyce/ Critology/ Galax/ Costa Brava/ Sir Francis/ Ritter City/ ■インファマス・ストリングダスターズのバンジョー奏者クリス・パンドルフが03年に発表したファースト・アルバム。アンディ・ホール、クリス・エスリッジ、ジョン・ミゲーン等も参加。


●CHRIS SILVER / OVER TIME   CD-CHR-1 \2480(会員\2380) 

New ●CHRIS THILE & BRAD MEHLDAU / CHRIS THILE & BRAD MEHLDAU ('17)   \2480(会員\2380)

New ●CHRIS THILE - YO-YO MA - EDGAR MEYER / BACH TRIO ('17) ≪送料無料≫   \2480(会員\2380)

●CHRIS THILE / BACH: SONATAS AND PARTITAS: VOL.1 ('13) ≪送料無料≫   \2480(会員\2380)

クリス・シリーとマイケル・デイヴスの神技を堪能!!
●CHRIS THILE & MICHAEL DAVES / SLEEP WITH ONE EYE OPEN('11)      \2480(会員\2380)(会員\1900)

 All 16 tracks: 1. Rabbit in the Log/ Cry, Cry Darling/ Loneliness and Desperation/ Tennessee Blues/ 20/20 Vision/ You're Running Wild/ Ookpik Waltz/ My Little Girl in Tennessee/ Sleep with One Eye Open/ Rain and Snow/ Mississippi Waltz/ Bury Me Beneath the Willow/ Roll in My Sweet Baby's Arms/ Billy in the Lowground/ It Takes One to Know One/ If I Should Wander Back Tonight/
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●CHRIS THILE / DECEIVER('04)     CD-3976 \2480(会員\2380)

 All 10 tracks: The Wrong Idea/ On Ice/ Locking Doors/ Waltz For Dewayne Pomeroy/ Empire Falls/ I'm Nowhere And You're Everything/ Jessamyn's Reel/ The Believer/ This Is All Real/ Ready For Anything/ ■クリス・シリーにとって4作目にして初のヴォーカル・アルバム(2曲のインスト作品含む)となる本作は、マンドリンをはじめ全ての楽器(acoustic guitar/electric guitar/fiddle/banjo/piano/keyboards/drums)およびリード・ヴォーカルやバック・コーラスに至るまで、このアルバムで聴ける「音」の全てを彼1人で演奏し、歌っている。収録された全10曲も全て彼のオリジナル作品という、まさに「全部1人でやっちゃいました」ってアルバムなのだ。その音作りはヴォーカル・スタイルも含め、現代のロック/ポップの若さあふれるバンド・サウンドそのもので、それは今年リリースされたニックル・クリークとグレン・フィリップスとのコラボレーション作『MUTUAL ADMIRATION SOCIETY』を聴いた時にも予感したのだけれど、ここまで凄い事をやらかすとは誰も思わなかったのではないか。ソロ・デビュー作『LEADING OFF』を10年前の1994年、10代半ばで発表した小柄な野球好きの少年が、天才マンドリン・プレイヤーと騒がれながらのこの10年間で、ありとあらゆる音楽を吸収し、オリジナルな音楽を作った。それは、オーソドックスなブルーグラスの枠に入りきらないアルバム(本作)として完成したのだけれど、現代に生きる20代半ばの若者が才能のありったけを注ぎ込んだオリジナル作品群な訳で、とびきりのイキのよさ・パワー・切れ味が漲っていて、どの曲を聴いても「とても気持ち良い」のだ。本作からブルーグラス風味を感じ取るのは至難の技かも知れないけれど、クリスの成長ぶりを素直に喜んで頂けるブルーグラス・ファン、ニックル・クリークの音楽性におけるプログレッシヴさを味わってこられた方なら、楽しんで頂けるだろう。


●CHRIS THILE / HOW TO GROW A WOMAN FROM THE GROUND('06)     \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Chris Eldridge(guitar/vo.), Greg Garrison(bass/vo.), Noam Pikelny(banjo/vo.), and Gabe Witcher(fiddle/vo.); All 14 tracks: Watch 'at Breakdown/ Dead Leaves and the Dirty Ground/ Stay Away/ O Santo De Polvora/ Wayside (Back In Time)/ You're an Angel, and I'm Gonna Cry/ How To Grow a Woman From the Ground/ The Beekeeper/ If the Sea Was Whiskey/ Brakeman's Blues/ Cazadero/ Heart in a Cage/ I'm Yours If You Want Me/ The Eleventh Reel/ ■クリス・シリーが遂に創ってしまったブルーグラスの最高傑作。


●CHRIS THILE / LEADING OFF...('94)    CD-SH-3828 \2480(会員\2380) 

●CHRIS THILE / NOT ALL WHO WANDER ARE LOST('01)    \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Jerry Douglas, Bela Fleck, Stuart Duncan, Edgar Meyer, Jeff Coffin, Byron House; All 12 songs: Song For A Young Queen/ Big Sam Thompson/ Club G.R.O.S.S./ etc. ■アメリカでは音楽関係のTVや雑誌メディアにも数多く取りあげられ、大ブレイクしているニックル・クリーク。最新作『NICKEL CREEK(CD-3909)』は既に数10万枚のセールスを記録しているという。メンバーのシーン・ワトキンスに続いて、今度はクリス・シリー(mandolin/vo.)のニュー・アルバムとなる本作がリリースされた。通算3枚目だ。ブルーグラス・イディオムを踏襲しつつ、ケルティック、フォーク、ジャズ、クラシックにまで及ぶ作風のオリジナル・インスト作品を作曲。そのいずれもが音楽的に背伸びしている感が全く無く、完全消化&昇華である。見事に自らのオリジナルな音楽作品として生み出しているのだ。その背景にはジェリー・ダグラス、ベラ・フレック、ステュアート・ダンカン、エドガ−・メイヤー等「異種ジャンル何でもOK」のスゴ腕プレイヤーのサポートも大きい。聴きモノの1つは、ベラと互角に勝負(?)している4曲目。天才2人の楽器による対話が面白い。


●CHRIS THILE / STEALING SECOND('97)  \2480(会員\2380)

●CHRIS THILE & MIKE MARSHALL / INTO THE CAULDRON('03)     CD-3967 \2480(会員\2380)

●CHRIS THILE & MIKE MARSHALL / LIVE DUETS('06)       CD-4010 \2480(会員\2380)
 クリス・シリー&マイク・マーシャルの新譜。強力な、余りに強力なライヴ・アルバムである。その心地良い緊張感と共に2本のマンドリン(マンドラ、マンドチェロ)・プレイで「対話」する彼等2人の素晴らしさ。間違いなく天才肌の2人だからこそ成し得たライヴ演奏だろう。彼等が03年に発表したスタジオ盤『INTO THE CAULDRON』と作品がダブルのは僅かに1曲。これは聴くしかナイ。

●CHRIS VALLILLO / ABRAHAM LINCOLN IN SONG('07) \2480(会員\2380)

CHRIS WARNER / GOIN' TO DANCE('09)                 \2480(会員\2380)

 with Tom Adams, Mark Seitz, Mike Cleveland, Darren Beachley, Patrick McAvinue; All 14 tracks: Lickity Split/ Goin' to the Dance/ Heartbreak/ Brennie's Dream/ Banjo Blues/ Don't Let Her Get Away/ Bonaparte's Retreat/ Taxes, Troubles, and Heartaches/ Remembrance of Mother/ Humdinger/ Turn Your Heart to Jesus/ Turkey Buzzard/ These Blues are Chasing Me/ Leavin' Town/


New ●CLAIRE LYNCH / NORTH BY SOUTH ('16) ≪送料無料≫   \2480(会員\2380)

●CLAIRE LYNCH / CROWD FAVORITES('07)   CD-0600 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Train Long Gone/ The Day That Lester Died/ Fallin' In Love/ Hills Of Alabam/ If Wishes Were Horses/ Your Presence Is My Favorite Gift/ Jealousy/ Silver And Gold/ Sweetheart, Darlin' Of Mine/ Kennesaw Line/ Thibodaux/ Wabash Cannonball/ He Don't Like To Talk About It/ Friends For A Lifetime/ ■クレア・リンチの最新アルバムは自らのキャリアを総括する好ベスト・アルバム。レスター(・フラット)が亡くなった日の事を歌った「The Day That Lester Died」やギター、マンドリン、ベース各人のソロ・プレイもふくむ8分を超える圧巻の「Wabash Cannonball」をはじめ「Hills Of Alabam」「Kennesaw Line」など4曲のニュー・レコーディングを含む全14曲収録。彼女のクリスタル・ヴォーカルをご堪能下さい。


●CLAIRE LYNCH / FRIENDS FOR A LIFETIME('93/'98)   \2480(会員\2380)

●CLAIRE LYNCH / LOVE LIGHT('00)  \2480(会員\2380)

●CLAIRE LYNCH / MOONLIGHTER  \2480(会員\2380)

●CLAIRE LYNCH / NEW DAY('06)    CD-0563 \2480(会員\2380) 品切れ中
 
with Jim Hurst(guitar), David Harvey(mandolin), Missy Raines(bass) Alison Brown(banjo), Rob Ickes(dobro), Charlie Cushman(banjo), Stuart Duncan(fiddle);

●CLAIRE LYNCH / SILVER AND GOLD('97)  \2480(会員\2380)

●CLAIRE LYNCH / WHATCHA GONNA DO('09)     \2480(会員\2380)

 feat. Jim Hurst(guitar/banjo/mandolin/vo.), Jason Thomas(mandolin/fiddle/vo), Mark Schatz(bass/clawhammer banjo); with Jesse Winchester; All 12 tracks: Great Day in the Mornin'/ Highway/ The Mockingbird's Voice/ Face To Face/ That's What Makes You Strong/ Whatcha Gonna Do/ Crazy Train/ A Canary's Song/ My Florida Sunshine/ Widow's Weeds/ Barbed Wire Boys/ Woods of Sipsey/


3人のケッタッキー・カーネルズによる貴重レコーディングが再発売!!
●ROGER BUSH, BILLY RAY LATHUM & CLARENCE WHITE / BUSH, LATHUM & WHITE: LEGENDARY KENTUCKY COLONELS' TRIO    \2480(会員\2380)

 All 16 tracks: 1. Shucking the Corn/ Chug-a-Lug/ She's No Angel/ Salty Dog/ Just Stay Around/ Dixie Breakdown/ Mocking Banjo/ Once More/ Green Corn/ Ruebin's Train/ Don't Let Your Deal Go Down/ Flop Eared Mule/ Black Eyed Susie/ Sally Ann/ Cumberland Gap/ Shady Grove/ ■クラレンス・ホワイト、ロジャー・ブッシュ、ビリー・レイ・レイサムの3人、つまりローランド・ホワイト抜きのケンタッキー・カーネルズによる1964年の録音。ローランドのいない分、いつもならローランドがマンドリン・ソロを弾くパートでクラレンス(やビリー・レイ)がソロをやったりするのでクラレンス等が「いつもより多くソロやってます」という曲が幾つもある音源なのだ。03年に『RARE PERFORMANCE』というタイトルのもと、(ロジャー・)ブッシュ、(ビリー・レイ・)レイサム&(クラレンス・)ホワイト名義でリリースされたアルバムと本作の16曲は重複するのであるが、同アルバムが入手困難となっている今、ジャケットも新たにリイシューされたことに狂喜するファンは多いだろう。


クラレンス・ホワイトのお宝音源集入荷。
●CLARENCE WHITE / WHITE LIGHTNIN' [CD]  《DVDは付いておりません》  \2480(会員\2380)

 全18トラック収録。
●現在は映画サントラ盤としてリリースされている『DELIVERANCE』は、元々『NEW DIMESIONS IN BANJO AND BLUEGRASS』というエリック・ワイズバーグとジム・ブリック・マンのアルバムで、クラレンスがギターで参加している事でも知られているアルバムだが、その時の音源LPにもCDにも収録されていない「No Title Yet Blues(まだタイトルの付いていないブルース)」という曲でクラレンスの素晴らしいリード・ギターとリズム・ギターが聴けるという、この曲が初収録。
●ナッシュヴィル・ウェスト(a.k.a.REASONS)と同じ時期にクラレンスが在籍していたバンド、ザ・ラウスタバウツによる1967年のライヴ音源でカリフォルニア州エル・モンテにあったナッシュビル・ウエスト・クラブでライヴ録音された「Buckaroo」「Tango For A Sad Mood」「Tuff and Stringy」の3曲。それに同バンドによる未発表のスタジオ録音ヴァージョンの「Tuff and Stringy」。これらのトラックでクラレンスはエレクトリック・ギターを弾いている。
●クラレンスがザ・バーズ在籍していた頃の未発表スタジオ音源で、ストリング・ベンダー・ギターを使った極上イントス曲「Around the Barn」。アコースティック・ヴァージョンの「Yesterday's Train」。身内の間では「Sally (Goodin) meets the Byrds」と呼ばれていたインスト曲を「White's Lightning」として収録。


●CLARENCE WHITE / 33 ACOUSTIC GUITAR INSTRUMENTALS     CD-26023-2 \2480(会員\2380)
 All 33 tracks: Wildwood Flower/ Masters Bouquet/ Bury Me Beneath The Willow/ Black Mountain Rag/ Billy In The Low Ground/ I'm So Happy/ He Will Set Your Fields On Fire/ Sugar Foot Rag/ Nine Pound Hammer/ Cripple Creek/ Under The Double Eagle/ Farewell Blues/ I Am Pilgrim/ Country Boy Rock & Roll/ Forsaken Love/ Falsehearted Lover/ Black Jack Davy/ Banks of the Ohio/ Jimmy Brown The Newsboy/ Sally Goodin/ Buckin' Mule/ Shady Grove/ Pike County Breakdown/ Old Joe Clark/ Arkansas Traveller/ Footprints in the Snow/ In the Pines/ Journey's End/ Pretty Polly/ Cotton Eyed Joe/ Clinch Mountain Backstep/ Randy Lynn Rag/ Mandolin Medley/

●CLARENCE WHITE / FLATPICK: SPECIAL EDITION [2枚組CD] ('06)           CD-6026 \3600(会員\3500)
 with Roland White(mandolin), Sandy Rothman(rhythm guitar); All 34 tracks:

●CLARENCE WHITE / FLATPICK('06)           CD-1024 \2480(会員\2380)

with Roland White(mandolin), Sandy Rothman(rhythm guitar); All 19 tracks: John Henry Blues/ Reno Ride/ Salt Creek/ Kickin' Mule/ Big Sandy River/ Sheik of Araby/ Black Mountain Blues [Rag] & Soldier's Joy/ Durham Reel/ Barefoot Nellie/ Weeping Willow/ Ragtime Annie/ When You're Smiling/ Columbus Stockade Blues/ Texas Gales & Blackberry Rag/ Silver Bells/ San Antonio Rose/ Listen to the Mocking Bird/ Laughing Guitar/ Alabama Jubilee 1973/ ■クラレンス・ホワイトの未発表音源が、また発売された。主なトラックは1964年4月に録音された、ローランド・ホワイト(mandolin)とサンディ・ロスマン(rhythm guitar)との3人によるもの。いわゆる「アパラチアン・スウィング・セッション」と呼ばれるセッションの音源で、クラレンスのプレイは勿論、ローランドのコロコロと転がるような小気味良いマンドリン・ソロ・プレイも聴きものである。それに加え、67年5月録音の「Laughing Guitar」と1973年録音の「Alabama Jubilee 1973」の2曲を加えた全19曲。ジム・ディクスンのプロデュースによる「Alabama Jubilee 1973」でクラレンスをバックアップするのは、ハーブ・ペダースン(rhythm guitar)、ローランド・ホワイト(mandolin)、バイロン・バーライン(fiddle)、Alan Munde(banjo)、ロジャー・ブッシュ(slap bass)、リー・スクラー(bass)、エド・グリーン(drums)という面々。つまり、クラレンスの死により未完成のままに終わった米国ワーナーでのソロ・アルバムのトラックで、後年オムニバス・アルバム『SILVER METEOR』に収められ、アナログLPレコードとしてリリースされたトラックの1つが初CD化された訳である。


●CLARENCE WHITE / TUFF & STRINGY: SESSIONS 1966-68  イギリス盤  \2480(会員\2380)
 既に以前よりマニアの間では話題騒然となっているクラレンス・ホワイトのアルバムが遂にリリースされた。それは、クラレンス・ホワイトがスタジオ・ミュージシャンとして活躍した1966年〜1968年の未発表&超貴重レコーディング26曲を収録したファン垂涎の内容だ。アルバム・タイトルにもなっている「Tuff And Stringy」は「Tango For A Sad Mood」とのカップリングでクラレンス・ホワイト名義でシングル盤として1967年に発売された超レアな音源2曲。同じくクラレンス・ホワイトのソロ・シングル盤として1968年に発売された「Grandma Funderbunks Music Box」と「Riff Raff 」も収録。このクラレンスのソロ名義シングル4曲が含まれる事に、まず驚かされる。そして、今回「発掘」されたケンタッキー・カーネルズの未発表録音2曲。当時のクラレンスは、ジェームズ・バートンをアイドルとしており、それまでのアコースティック・ギターで得た彼独自のスタイルを65年に購入したテレキャスター・ギターによって更に進化&発展させようとしていた時期でもあった訳で、ザ・バーズに正式加入する前のこの短期間に行われたセッション・ワークでのレコーディングの数々が今こうして世に出たという事に、世界中のファンが歓喜の涙を流している。オーバーではなく「こんな嬉しい事が起きるのだから、やっぱり長生きするもんだ」とマジで感じている今日この頃だ。本作でのクラレンスが大半のトラックでエレクトリック・ギターを弾いている事や、前述のトラック以外は他のアーティストの録音セッションで残したカントリー風味の音源だったりする事に拒否反応を示す方もいらっしゃるだろう。無理にはお薦めしません。けれども、クラレンスのあのタイム感覚やシンコペイトするフレーズの組み立てなど、心踊るピッキングが随所に登場するのだ。ぶっちゃけて申し上げれば、エレキだアコースティックだなどと「言ってる場合ではない」と私は思う。本作によってクラレンスの空白の時代が、かなり明らかになった。『ミュールスキナー』が良いと思った方なら、これらの音源に残されたクラレンスの魂は感じられるハズ。このアルバム、聴くしかないのである。ジャケット写真と曲目は、CLARENCE WHITE にアップしています。

●TUT TAYLOR feat. Clarence White / DOBRO COUNTRY('64/'08)   \2480(会員\2380)

●TUT TAYLOR & CLARENCE WHITE / FLATPICKING('03)      CD-1003 \2480(会員\2380)

●CLARK KESSINGER / CLARK KESSINGER, FIDDLER('66)    \2480(会員\2380)
 All 18 tracks: Ragtime Annie/ Sally Ann Johnson/ Red Bird/ Salt River/ Over the Waves Waltz/ Poca River Blues/ Chinky Pin/ Flop-Eared Mule/ Cluck Old Hen/ Turkey Knob/ Leather Britches/ Billy in the Lowground/ Dance All Night with a Dram in Your Hand/ Wednesday Night Waltz/ Sandy River/ Hell Among the Yearlings/ Sally Goodin'/ Richmond Polka/ ■クラーク・キッシンジャーが1966年にレコーディングしたアルバム。「Billy in the Lowground」「Sally Goodin'」など全18曲収録。

●CLARK KESSINGER / LIVE AT UNION GROVE('76)    \2480(会員\2380)
 All 14 tracks: Trombone Rag/ Dill Pickle Rag/ Rose of My Heart Waltz/ Round Town Gal/ Whistlin' Rufus/ Sally Goodin'/ Durang's Hornpipe/ Arkansas Traveler/ Old Joe Clark/ Down Yonder/ Turkey in the Straw/ Golden Slippers/ Billy in the Lowground/ Poca River Blues/ ■クラーク・キッシンジャーの1968年ユニオン・グローヴ・フィドラーズ・コンテストでの演奏をライヴ・レコーディングしたアルバム。「Golden Slippers」「Durang's Hornpipe」など全14曲収録。

●CLAY JONES / MOUNTAIN TRADITION('05)  CD-1025 \2480(会員\2380) 品切れ中

 produced by Jim VanCleve & Clay Jones; with Adam Steffey(mandolin), Ron Stewart(banjo), Jason Moore(bass), Jim VanCleve(fiddle), Steve Gulley(vo.), Barry Abernathy(lead vo.), Tina Trianosky(clawhammer Banjo); All 13 tracks: Salt Creek/ Gonna Settle Down/ BF05/ Road To Columbus/ Ride The Wild Turkey/ Blackberry Blossom/ Mississippi Sawyer/ Under The Double Eagle/ Black Mountain Rag/ Clinch Mountain Backstep/ Lonesome Ruben/ Cold Sheets Of Rain/ Big Mon/ ■マウンテン・ハートのギタリスト、クレイ・ジョーンズが05年に発表したソロ・デビュー・アルバム。スタンダード曲を中心にした全13曲。アダム・ステッフィー、ロン・ステュアート等のサポートも文句ナシである。


●CODY KILBY / MANY ROADS TRAVELED('08)       \2480(会員\2380)

COMMON STRINGS / SOMEWHERE IN GLORY('10)    \2480(会員\2380)

●CONTINENTAL DIVIDE / FEEL GOOD DAY('98)  CD-PRC1073 \2480(会員\2380)

●COR MUSTERS & PATRICK VAN GERVEN / IF ONLY WE COULD SING('98)  CD-SCR-A7 \2480(会員\2380)

●COR MUSTERS - PATRICK VAN GERVEN / WE ARE NOT ALONE('96)  \2480(会員\2380)
 with Randy Howard(Fiddle); ■オランダ出身のトニー・ライス風アクースティック・ギター・デュオ、コー&パトリック。トニー・ライスの影響大で、「Devlin'」などトニーのオリジナル作品3曲やトニー・ライス・ユニットの『BACKWATERS』に収録のジャズ曲「My Favorite Things」も収録。

●CORY PIATT / DAYDREAMS('12)      \2480(会員\2380)

●COUNTRY COOKING / 26 BLUEGRASS INSTRUMENTALS   \2480(会員\2380) 品切れ中
 トニー・トリシュカ、ラス・バレンバーグ、アンディ・スタットマン、ケニー・コセック、ジョン・ミラー等を擁したカントリー・クッキングのLP2枚に未発表曲を追加してCD化。全26曲収録のお買い得アルバム。

●COUNTRY GAZETTE / COUNTRY GAZETTE LIVE-THE SUNNY SIDE OF THE MOUNTAIN-WHAT A WAY TO MAKE A LIVING [2枚組CD]  \2800(会員\2700)
 70年代にリリースされたカントリー・ガゼットの3枚のアルバムの全38曲を収録した2枚組CD。

●COUNTRY GAZETTE / TRAITOR IN OUR MIDST-DON'T GIVE UP YOUR DAY JOB  \2800(会員\2700)

●COUNTRY GAZETTE / HELLO, OPERATOR...THIS IS COUNTRY GAZETTE \2480(会員\2380)

●COUNTRY GENTLEMEN / BLUEGRASS AT CARNEGIE HALL CD-0696 \2480(会員\2380) 品切れ中
 feat. John Duffey, Charlie Waller, Eddie Adcock, Tom Gray; 全14トラック収録。

●COUNTRY GENTLEMEN / CAN'T YOU HEAR ME CALLIN': EARLY CLASSICS 1963-1969 \2480(会員\2380)
 feat. John Duffey, Charlie Waller, Eddie Adcock, Tom Gray, Ed Ferris; All 12 tracks: Can't You Hear Me Callin'/ Bringing Mary Home/ You Left Me Alone/ Knoxville Girl/ Brown Mountain Light/ Matterhorn/ Amelia Earhart's Last Flight/ Girl Behind The Bar/ The Convict And The Rose/ Many A Mile/ Katy Dear/ Blue Ridge Cabin Home/

●COUNTRY GENTLEMEN / COUNTRY SONGS, OLD & NEW \2480(会員\2380) 品切れ中

●COUNTRY GENTLEMEN / THE COMPLETE VANGUARD RECORDINGS[2枚組CD]  2CD-79711 \3400(会員\3300) 品切れ中

 feat. Ricky Skaggs, Jerry Douglas, Doyle Lawson, Charlie Waller, Bill Yates; All 24 tracks: Traveling Kind/ Don Quixote/ One Morning In May/ Casey's Last Ride/ Leaves That Are Green/ Paradise/ House Of The Rising Sun, The/ Catfish John/ Mother Of A Miner's Child/ Bringing Mary Home/ Souvenirs/ City Of New Orleans, The/ Willow Creek Dam, The/ Remembrance Of You/ Irish Spring/ Billy McGhee/ Home In Louisiana/ King Of Spades/ Little Grave, The/ Delta Queen/ Heartaches/ Welcome To New York/ Lord Protect My Soul/ Circuit Rider/ ■カントリー・ジェントルメンがヴァンガード・レーベルに残した2枚のアルバム『THE COUNTRY GENTLEMEN('73)』と『REMEMBRANCES & FORECASTS('74)』に収録された全24曲を2on1にしたお買い得CD。若きリッキー・スキャッグスとジェリー・ダグラスを擁した1970年代前半の貴重なアルバムのCD化。お聴き逃しなく。


●COUNTRY GENTLEMEN / FOLK SESSION INSIDE \2480(会員\2380)
品切れ中

●COUNTRY GENTLEMEN / FOLK SONGS AND BLUEGRASS('61/'91)    CD-40022 \2480(会員\2380) 品切れ中

●COUNTRY GENTLEMEN / GOIN' BACK TO THE BLUE RIDGE MOUNTAINS('07)    CD-40175 \2480(会員\2380)

●COUNTRY GENTLEMEN / HIGH LONESOME: COMPLETE STARDAY RECORDINGS [2CDs]  \3800(会員\3700)

●COUNTRY GENTLEMEN / LIVE IN JAPAN    \2480(会員\2380)
 feat. Charlie Waller, Bill Emerson, Doyle Lawson, Bill Yates; カントリー・ジェントルメンが初来日した時のコンサートのライヴ盤。若きビル・エマースンとドイル・ロウスンをフィーチャーしたアンサンブルが素晴しい。2枚組LPをCD1枚にしたお買い得盤。全20収録。良いッ!!

●COUNTRY GENTLEMEN / ON THE ROAD [AND MORE]    \2480(会員\2380) 品切れ中

●COUNTRY GENTLEMEN / SUGAR HILL COLLECTION    CD-2207 \2480(会員\2380) 品切れ中

●COUNTRY GENTLEMEN / THE AWARD WINNING COUNTRY GENTLEMEN   CD-1506 \2480(会員\2380) 品切れ中
 feat. Charlie Waller, Bill Emerson, Doyle Lawson, Bill Yates; ■カントリー・ジェントルメンが71年に発表した好盤。若きビル・エマースンとドイル・ロウスンを擁した時代。未発表作品2曲を追加収録してCD化。マイク・オールドリッジもゲスト参加。大推薦盤。

●ADCOCK, GAUREAU, WALLER & GRAY / THE COUNTRY GENTLEMEN REUNION BAND('09) \2480(会員\2380) 品切れ中
 feat. Eddie Adcock, Jimmy gaudreau, Tom Gray, Randy Waller;

●CREEK BEND / THAT HOME FAR AWAY     CD-0117 \2480(会員\2380)

●CRITTON HOLLOW STRING BAND / COWBOYS AND INDIANS \2480(会員\2380)

●CROOKED STILL / HOP HIGH('07)    \2480(会員\2380)
 feat. Aoife O'Donovan, Rushad Eggleston, Gregory Liszt and Corey Dimario; 

●CROOKED STILL / SHAKEN BY A LOW SOUND ('06)     CD-2000 \2480(会員\2380)

 feat. Aoife O'Donovan, Rushad Eggleston, Dr. Gregory Liszt, Corey Dimario; All 11 tracks: Can't You Hear Me Callin'/ Little Sadie/ New Railroad/ Oxford Town/ Lone Pilgrim/ Come On In My Kitchen/ Ain't No Grave/ Ecstasy/ Mountain Jumper/ Railroad Bill/ Wind & Rain/


●CROOKED STILL / SOME STRANGECOUNTRY('10)    \2480(会員\2380)
 with Ricky Skaggs, Tim O'Brien, Sarah Jarosz; All 12 tracks: Sometimes in This Country/ The Golden Vanity/ Distress/ Henry Lee/ Half of What We Know/ I'm Troubled/ Locust in the Willow/ Turning Away/ Calvary/ Cold Mountains/ You Were Gone/ You Got the Silver/ ■注目のクルックド・スティルが2010年に発表したアルバム。リッキー・スキャッグス、ティム・オブライエン、サラ・ジャロスもゲスト参加。

●CROOKED STILL / STILL CROOKED('08)    \2480(会員\2380) 品切れ中

 produced by Eric Merrill; feat. Aoife O'Donovan, Brittany Haas(fiddle), Tristan Clarridge(cello), Gregory Liszt(banjo) and Corey Dimario(bass); All 13 tracks: Undone in Sorrow/ The Absentee/ Captain, Captain/ Tell Her to Come Back Home/ Low Down and Dirty/ Oh, Agamemnon/ Pharaoh/ Florence/ Did You Sleep Well?/ Poor Ellen Smith/ Theme from "The Absentee"/ Wading Deep Waters/ Baby, What's Wrong With You?/


●CROWE BROTHERS / BRIDGING THE GAP ('11)     CD-1087 \2480(会員\2380)

●CROWE BROTHERS / BROTHERS-N-HARMONY('08)  CD-1014 \2480(会員\2380) 品切れ中
 All 12 tracks: Cindy Mae/ Holdin' on When You've Let Go/ Are You Teasin' Me?/ Million for a Broken Heart/ Better Luck Next Time/ I Know I'm Saved/ Which One Is to Blame/ Go Away With Me/ Why Not Confess/ God Must Be a Cowboy/ Take Me by the Hand/ Country Boy Rock & Roll/

●CROWE & McLAUGHLIN / GOING BACK('93)    \2480(会員\2380)
 男性2人のデュオ、ジョッシュ・クロウ(Crowe Brothers)&デヴィッド・マクラフリン(Johnson Mountain Boys)が92年に発表したアルバム。モンロー・ブラザーズ、ルーヴィン・ブラザーズからエヴァリー・ブラザーズ、ビートルズ(ジョンとポール)へと繋がる男性2パート・ハーモニーの美しさ・素晴しさを踏襲した傑作。2人のアクースティック・ギターのみをバックにしたシンプルなサウンド。短いギター・ソロの中に感じる事のできる奥深いサウンドの広がり。文句ナシである。

●CRUCIAL SMITH / MORNING LIGHT \2480(会員\2380)

●CURLY SECKLER / DOWN IN CAROLINE('05)     CD-0236 \2480(会員\2380)

●CURLY SECKLER / THAT OLD BOOK OF MINE('71/'05)     CD-2740 \2480(会員\2380)

 

DAILEY & VINCENT / BROTHERS FROM DIFFERENT MOTHERS('09)  \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 12 tracks: Head Hung Down/ You Oughta Be Here With Me/ Your Love Is Like A Flower/ When I've Traveled My Last Mile/ Years Ago/ There Is You/ Girl In The Valley/ Please Don't Let Our Sweet Love Die/ Oh Ye Must Be Born Again/ Winter's Come and Gone/ When I Reach That Home Up There/ On The Other Side/


●DAILEY & VINCENT / BROTHERS OF THE HIGHWAY ('13)  CD-9141 \2480(会員\2380)

●DAILEY & VINCENT / DAILEY & VINCENT('07)  CD-0604 \2480(会員\2380)

●DAILEY & VINCENT / SINGING FROM THE HEART ('10)  CD-0610 \2480(会員\2380)

●DAILEY & VINCENT / SING THE STATLER BROTHERS     CD-0640 \2480(会員\2380) 品切れ中
All 12 tracks: Flowers on the Wall/ Class of '57/ Hello Mary Lou Goodbye Heart/ Too Much on My Heart/ Susan When She Tried/ I'll Go to My Grave Lovin' You/ Elizabeth/ Bed of Roses/ Do You Know You Are My Sunshine/ The Brave Apostles Twelve/ My Only Love/ Thank You World/ ■2回の「IBMA The Entertainment of the Year」に輝くデイリーヴィンセントの最新アルバムは、スタトラー・ブラザーズの作品集。「Hello Mary Lou Goodbye Heart」や「Flowers on the Wall」など全12曲を収録。   ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●DAILEY & VINCENT / THE GOSPEL SIDE OF DAILEY & VINCENT('12)   \2480(会員\2380)

DALE ANN BRADLEY / CATCH TOMORROW('07)    \2480(会員\2380)

 with with Larry Sparks, Tim O'Brien, Marty Raybon, Jim Lauderdale, Lunasa, and others; All 12 tracks: Rita Mae/ Live Forever/ Holding On to Nothing/ I Can't Stand the Rain/ Run Rufus Run/ Memories, Miles and Tears/ Pass Me Not/ Julia Belle/ Grandma's Gift/ Mercy Railroad/ When the Mist Comes Again/ Me and Bobby McGee/ ■デイル・アン・ブラッドリーが07年に発表したアルバム。ラリー・スパークスとのデュエットも含む全12曲。 


DALE ANN BRADLEY / DON'T TURN YOUR BACK('09)    \2480(会員\2380)

 produced by Alison Brown; with Steve Gulley and Alison Brown; All 12 tracks: Don't Turn Your Back/ Rusty Old Halo/ Over My Head/ Heaven/ Anybody Else's Heart/ Ghost Bound Train/ Will I Be Good Enough/ I Won't Back Down/ He's the Last Thing on My Mind/ 50 Miles of Elbow Room/ Blue Eyed Boy/ Music City Queen/ ■リッキー・スキャッグスに「I think Dale Ann Bradley is an awesome singer. It's heart and soul with her」と言わしめたデイル・アン・ブラッドリーが09年に発表したアルバム。 


●DALE ANN BRADLEY / OLD SOUTHERN PORCHES('99)   CD-PRC-1087 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Reason Enough/ A Face On A Poster/ Steady As A Rock/ Heading Back To You/ What Am I Doing Loving You Again?/ I'll Stop Loving You With Style/ Rain On The Roof/ Meghan's Smile/ Letting Go Of You Is Surely Killing Me/ This Old Heart Of Mine/ Old Southern Porches/ Stuck In The Middle With You/ ■デイル・アン・ブラッドリーが99年に発表したソロ作。既に絶盤となっているアルバムなので、ご希望の方はお早めにどうぞ。


IBMAアウォード最優秀女性ブルーグラス・ヴォーカリスト、デイル・アン・ブラッドリー待望のニュー・アルバム!!
●DALE ANN BRADLEY / SOMEWHERE SOUTH OF CRAZY ('11)      CD-4564 \2480(会員\2380)
 produced by Alison Brown; with Stuart Duncan, Andy Hall, Sierra Hull, Alison Brown, Pam Tillis; All 12 tracks: Somewhere South of Crazy/ Round and Round/ Summer Breeze/ Come Home Good Boy/ In Despair/ Restoring the Love/ New Shoes/ Leaving Kentucky/ Next to Nothing/ Will You Visit Me on Sundays/ I Pressed Through the Crowd/ Old Southern Porches [BONUS TRACK]/ ■07年から09年、IBMAアウォードの年間最優秀女性ブルーグラス・ヴォーカリスト部門3年連続受賞に輝くデイル・アン・ブラッドリーのニュー・アルバム。アルバム・タイトル曲を含むオリジナル作品をはじめ、ビル・モンローの「In Despair」、シールズ&クロフツの大ヒット曲「サマー・ブリーズ」もカヴァーした全12曲。シエラ・ハル、アリスン・ブラウン、ステュアート・ダンカン、アンディ・ホール、それにアルバム・タイトル曲の共作者でもあるカントリー・シンガー、パム・ティリス等がゲスト参加している。  ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●DAN CRARY / PERFECT STORM('11)    CD-222 \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Steve Spurgin, John Reischman, Don Stiernberg, Keith Little, Luke Dewhirst, Martin Stevens; All 11 tracks: Sail Away Ladies〜Sally Ann/ Thunderation/ One More Dollar/ I'd Do It Again/ Muley was a Railroad Man/ Deep River Blues/ Girl from the North Country/ Highway 17/ Tumbleweed Town/ Suite 222 [Shenandoah〜Gold Rush〜Soldier's Joy]/ Long Journey Home/ Reuben's Train/ ■ダン・クリアリーのニュー・アルバム。
 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●DAN CRARY / BLUEGRASS GUITAR('70/'92)     CD-3806 \2480(会員\2380)
 ダン・クレアリーが70年に発表したファースト・ソロ・アルバムが92年にCD化。ブルーグラス・ギター・インスト・アルバムの傑作。

●DAN CRARY / GUITAR('91)         CD-3730 \2480(会員\2380)

●DAN CRARY / HOLIDAY GUITAR('97)     CD-3871 \2480(会員\2380)
 ダン・クレアリーの97年作は、初のクリスマス作品集。

●DAN CRARY / JAMMED IF I DO     CD-SH-3824 \2480(会員\2380)

●DAN CRARY / LADY'S FANCY        CD-0099 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DAN CRARY / RENAISSANCE OF THE STEEL STRING GUITAR('03/'04)   CD-039 \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Sam Bush(mandolin), Beppe Gambetta(guitar), John Cephas(guitar), Loretto Reid(pennywhistle), Carlo Aonzo(mandolin), Billy Oskay(violin/viola0 & others; All 13 tracks: Senso Unico/ In Flagrante/ An Druimfhionn Donn Dilis / Toss the Feathers [Trad.]/ Banderilla/ Lobelia Blue/ Hot Pursuit/ Cape Foulweather/ Reedie's Blues/ Rusticity [Crary & Oskay]/ The Fermoy Lasses / The Man of the House [Trad.]/ The Jig is Up [Bob Leon]/ E Lucevan Le Stella/ On the Fritz [Based on Liebesleid by Fritz Kreisler and a Hungarian Dance by Brahms]/ ■ダン・クレアリーの最新アルバム。タイトルや参加ミュージシャンからも窺い知れるように本作は、ヨーロッパの香りも漂うサウンドが新鮮だ。サム・ブッシュが2曲に参加。


●DAN CRARY / TAKE A STEP OVER     CD-SH-3770 \2480(会員\2380)
品切れ中

●DAN CRARY / THUNDERATION      CD-SH-1135 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DANIEL KOBIALKA / CELTIC QUILT('96)    DK-307-2 \2480(会員\2380) 品切れ中
 デヴィッド・グリスマンとの共演盤『COMMON CHORD』でBGファンにもお馴染みのクラシック・ヴァイオリン奏者のダニエル・コービアルカのケルティック・フィドル作品集。

●DAN SADOWSKY & THE OPHELIA SWING BAND / SPREADIN' RHYTHM AROUND!('78/'04) CD-152 \2415(会員も同価格)

●DAN TYMINSKI / WHEELS('08)    \2480(会員\2380) 品切れ中
 ダン・ティミンスキー、待望のセカンド・ソロ・アルバム。

●DAN TYMINSKI / CARRY ME ACROSS THE MOUNTAIN('03)  \2480(会員\2380)

●DANNY PAISLEY & THE SOUTHERN GRASS / ROAD INTO TOWN('12)

●DANNY PAISLEY & THE SOUTHERN GRASS / THE ROOM OVER MINE('08)    \2480(会員\2380)
 亡き父、ボブ・ペイズリーの魂を継ぐダンと彼を力強くサポートするサザン・グラスのメンバー。アリスン・クラウスも絶賛するトラディショナル・グラスの傑作。

●DAROL ANGER / DIARY OF A FIDDLER('99)      CD-4275 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DAROL ANGER-MIKE MARSHALL BAND / BRAND NEW CAN('00)   \2480(会員\2380)

●DAROL ANGER'S REPUBLIC OF STRINGS / GENERATION NATION('06)   CD-4427 \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Scott Nygaard(guitar), Brittany Haas(fiddle), Rushad Eggleston(cello0; with Tristan Clarridge, Aoife O'Donovan, Marsha Genensky, Samson Griaman;


●DAROL ANGER & MIKE MARSHALL / THE DUO('83/'05)     CD-0168 \2480(会員\2380)
 83年にリリースされたダロル・アンガーとマイク・マーシャルのデュエット作が遂にCD化。

●DAROL ANGER-MIKE MARSHALL BAND / JAM('99) \2480(会員\2380) 品切れ中

●DARRELL SCOTT / FAMILY TREE('99) \2480(会員\2380)

●DARRELL WEBB / BLOODLINE('10)         \2480(会員\2380)

●DARRELL WEBB BAND / BREAKING DOWN THE BARRIERS('12)      \2480(会員\2380)

●DARREN BEACHLEY & LEGENDS OF THE POTOMAC / TAKE OFF('10)    \2480(会員\2380) 品切れ中

●DAVE APOLLON / THE MAN WITH THE MANDOLIN[2枚組CD]   2CD-27 \2800(会員\2700) 品切れ中
 デイヴ・アポロンが56年に発表したアルバム『LOTS OF LOVE』を含む30年〜56年の全レコーディング。15曲の未発表トラックを含む全46曲収録。ファン必携のアルバム。

●DAVID BROMBERG BAND / LIVE: NEW YORK CITY 1982('08)   \2480(会員\2380)

 also feat. Gene Johnson(mandolin/fiddle/vo.), Robert "Butch" Amiot(bass/vo.), Jeff Wisor(fiddle/mandolin/vo.); All 13 tracks: Don't Let Your Deal Go Down [including fiddle tune medley](10:21)/ Wallflower?(3:25)/ Stay All Night?(3:15)/ Ookpik Waltz?(5:38)/ When I Was A Cowboy?(3:54)/ Dark Hollow?(5:47)/ Creeper's Blues?(5:49)/ Midnight Hour Blues?(4:44)/ Medley: Sally Gooden〜Old Joe Clark〜Wheel Hoss?(4:35)/ On Our Last Date?(5:05)/ airfax Country?(6:17)/ New Lee Highway Blues?(7:42)/ Workin' On A Building?(4:20)/ ■デヴィッド・ブロムバーグ・バンドの82年のライヴ・アルバムがリマスターされて再リリース。1曲目の「Don't Let Your Deal Go Down」に含まれたフィドル・チューン・メドレーで演奏される「Red Apple Rag」「Blackberry Blossom」「Turkey in the Straw」「Dixie Hoedown」「Bill Cheathem」「June Apple」の10分を超える熱演に今から25年以上も前の若きDBBの面々のホットなプレイに思わず引き込まれる。ボブ・ディラン、ファリー・ルイス、リロイ・カー、フロイド・クレマー、ラルフ・マクテル、デヴィッド・マッセンギルの作品も含み、フォーク、ブルース、ブルーグラス、カントリーなど、アメリカン・トラディショナル・ミュージックに根ざした「何でもアリ」のライヴ・パフォーマンスが楽しい。


●DAVID DAVIS & THE WARRIOR RIVER BOYS / TWO DIMES & NICKEL('09  \2480(会員\2380) 品切れ中

 feat. Davis (mandolin/lead vo.), Adam Duke (guitar), Marty Hays (upright bass), Owen Saunders(fiddle), Robert Montgomery (banjo); All 12 tracks: I've Been All Around This World/ The Brambles, Briars & Me/ Never Looking Back/ Two Dimes & a Nickel/ That's When I Cried/ Blue Ridge Mountain Skies/ I Can Hear Daddy Play the Fiddle/ Hard Times/ The Tennessee Line/ The Train That Carried My Girl From Town/ Broken Promise/ Where Were You/ ■デヴィッド・デイヴィス(mandolin/lead vo.)率いるウォーリアー・リヴァー・ボーイズの新作。アラバマ州のブルーグラス・シーンを中心に活躍するハード・ドライヴィング・ブルーグラスの老舗バンドである。


●DAVID GRIER / EVOCATIVE('09)  CD-901 \2480(会員\2380)

 All 10 tracks: Meditate/ As It Rolls to the Sea/ Road to Hope/ Two Turns Home/ As Easy as Falling Off a Log/ Four Dogs Jogging/ Teela/ What a Way to Go/ High Atop Princess Cove/ The End of a Good Day/ ■デヴィッド・グリアのニュー・アルバム。


●DAVID GRIER / LIVE AT THE LINDA('08)    \2480(会員\2380)

 All 25 tracks: Introduction/ Intro: Have You Ever Been to England/ Have You Ever Been to England/ Intro: High Atop Princess Cove/ High Atop Princess Cove/ Things People Say/ As It Rolls to the Sea/ Intro: Road to Hope/ Road to Hope/ The Old Spinning Wheel/ Glass Eye/ MEDLEY: America the Beautiful〜Yesterday/ Intro: Red Haired Boy/ Red Haired Boy/ Intro: The End of a Good Day/ The End of a Good Day/ Intro: Redwing/ Redwing/ Killing Me Softly/ Dolly Story/ Grammy Story/ MEDLEY: Crossing the Cumberlands〜Old Ebenezer Scrooge/ Thank You & Goodnight/ Bonaparte's Retreat/ Randy Lynn Rag/ ■デヴィッド・グリア、待望の新作は、06年9月にレコーディングされたソロ・コンサートでの演奏を収録したライヴ・アルバムだ。全13曲収録。


●DAVID GRIER / FREEWHEELING('92)       CD-0250 \2480(会員\2380) 品切れ中 

●DAVID GRIER / HOOTENANNY('98)       CD-9801 \2480(会員\2380)

●DAVID GRIER / I'VE GOT THE HOUSE TO MYSELF  CD-0201 \2480(会員\2380)

●DAVID GRIER / LONE SOLDIER('95)        CD-0309 \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Sam Bush, Stuart Duncan, Mike Compton, Adam Steffey, Bela Fleck, Gene Libbea, Ronnie McCoury & others; All 12 songs: The Meeting/ Eye of the Hurricane/ Tarnation/Porkchops & Applesauce/ etc.

●DAVID GRIER / PANORAMA('97)       CD-0417 \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Sam Bush, Stuart Duncan, Mike Compton, Craig Smith, Bob Carlin, Todd Phillips; All 10 songs:   Impulsive/ Forked Deer/ Jeff Davis/ Dead End/ etc. ■デヴィッド・グリアの97年作。サム・ブッシュ、ステュワート・ダンカン、マイク・コンプトン等の旧知の顔ぶれにクレイグ・スミスのBGバンジョー、ボブ・カーリンのオールドタイム・バンジョー、そして『TRUE LIFE BLUES: THE SONGS OF BILL MONROE』でグラミー賞とIBMAアウォードの最優秀アルバムを獲得してプロデューサーとしても注目を浴びるトッド・フィリップスがベースで全面参加し、本作をプロデュース。現在の彼の充実ぶり、魅力が爆発した素晴しい出来ばえの全10曲、50分余。シンプルな編成と緻密なアレンジが見事な、文句ナシの傑作ギター・インスト集だ。絶対のお薦め盤。尚、10曲目を聴き終えて3分位するとオマケのインスト曲が入っているので、ご注意を。

●DAVID GRIER & MIKE COMPTON / CLIMBING THE WALLS      \2480(会員\2380)

●TODD PHILLIPS, DAVID GRIER & MATT FLINNER / LOOKING BACK('02)   \2480(会員\2380)
 デヴィッド・グリアがバンド・メンバーとして参加したアルバム。

●TODD PHILLIPS, DAVID GRIER & MATT FLINNER / PHILLIPS, GRIER & FLINNER('99) \2480(会員\2380) 品切れ中
 デヴィッド・グリアがバンド・メンバーとして参加したアルバム。

New ●DAVID GRISMAN & DEL McCOURY / DEL & DAWG LIVE! [2枚組CD] ≪送料無料≫  \3480(会員\3380)
    2015年11月20日に行われたデヴィッド・グリスマンとデル・マッカリーの最新ライヴ2枚組。全27トラック収録。50年近い付き合いとなる彼等のピッタリと息の合ったコラボレーションから生まれる芳醇な音楽。共通の友人である亡きビル・キースの思い出を語った後で演奏されるビル・キースのBGボーイズ時代の曲「Salt Creek」「Devil's Dream」「Shenandoah Breakdown」のメドレーにもグッときました。全面的にお薦めします。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

デヴィッド・グリスマンがビル・モンロー生誕100年を祝って発表したビル・モンロー作品集!!
●DAVID GRISMAN / DAWG PLAYS BIG MON: HAPPY BIRTHDAY BILL MONROE ('11)  \2480(会員\2380)
with Doc Watson, Red Allen, Darol Anger, Warren Blair, Ray Brown, Jimmy Buchanan, Jethro Burns, Enrique Coria, Joe Craven, Vassar Clements, Jerry Douglas, Matt Eakle Jerry Garcia, Mike Garris, Matt Glaser, Jon Glik, Samson Grisman, John Hartford, John Kahn, Jim Kerwin, Keith Little, Shelley Manne, Chad Manning, Mike Marshall, Del McCoury, Rob McCoury, Ronnie McCoury, Tiny Moore, Jim Nunally, Herb Pedersen, Tony Rice, Ralph Rinzler, Artie & Harriet Rose, Peter Rowan, Mike Seeger, Eldon Shamblin, Rob Wasserman; All 21 tracks: New Muleskinner Blues (Jimmy Rodgers)/ Happy Birthday Bill Monroe (David Grisman)/ Uncle Pen (Bill Monroe)/ I'm Rollin' On* (traditional)/ Kentucky Waltz* (Bill Monroe)/ On & On* (Bill Monroe)/ Watson Blues (Bill Monroe)/ My Little Georgia Rose* (Bill Monroe)/ Wayfaring Stranger (traditional)/ In the Pines* (Bill Monroe)/ Roanoke (Bill Monroe)/ Wicked Path of Sin (Bill Monroe)/ Bluegrass Stomp* (Bill Monroe)/ Letter from My Darlin' (Bill Monroe)/ B Natural (Grisman-McCoury)/ Bury Me Beneath the Willow (traditional)/ Lonesome Moonlight Waltz (Bill Monroe)/ John Henry* (traditional)/ Rawhide* (Bill Monroe)/ My Last Days on Earth* (Bill Monroe)/ Ralph Rinzler Interviews Bill Monroe*/ *previously unissued ■1961年、16歳のデヴィッド・グリスマン少年はメリーランド州ライジング・サンの「New River Ranch」で行われたビル・モンローとブルー・グラス・ボーイズの演奏を初めて聴いた。その時の衝撃と感動は、その後の彼の人生を変えるほどであった。実際、彼の人生はビル・モンローの音楽によって変わった。そんなグリスマンがビル・モンロー生誕100年を祝って本作をリリースしたのは、ごく自然なことだったのだろう。自らが以前に吹き込んだビル・モンロー作品に10曲の未発表音源(ライヴとスタジオ録音)を追加。1965年にグリスマンが録音したラルフ・リンズラーによるビル・モンローへのインタビュー(11分)も含む全21トラック収録。大推薦盤。 ※買い物カゴでのオーダーは、コチラからどうぞ

●DAVID GRISMAN & STEPHEN GRAPPELLI / FIRST SESSION [CD-R限定盤] CD-50006 完売しました

 with Tony Rice(guitar), Mike Marshall(mandolin), Eddie Gomez(bass); All 16 tracks: Minor Swing [Take 1-Take 6]/ 16-16 [Take 1-Take 4]/ Dawg Patch [Take 1-Take 4] ■1978年に初顔合わせしたデヴィッド・グリスマンとステファン・グラッペリのファースト・セッションを収めた貴重な録音がリリースされた。これもグリスマンのレーベルのインターネット通販のみで限定リリースされたCD-Rによるもの。「Minor Swing」「16/16」「Dawg Patch」の3作品それぞれが4〜6トラック収められてあり、各トラックに残されたトニー・ライス、マイク・マーシャル、エディ・ゴメスも含めた彼等5人の怒涛のごとく繰り出すエネルギーとリックスの数々が圧巻である。彼等の出会いは、その後81年にリリースされたグリスマンとグラッペリの傑作ライヴ・アルバム『DAVID GRISMAN/STEPHEN GRAPPELLI LIVE』となって結実する訳だが、そのグリスマンとグラッペリの2人とトニー・ライス(曲によってはトニーがカウントして始まる曲もあったりするのが分かる)による当時の録音スタジオでの「共同作業」を30年以上も経った今、こうして聴けるとは思わなかった。驚きと感動の極みである。
<お知らせとお願い>
 この商品はハンドメイドによるCD-Rで簡素なパッケージングのため、それぞれのディスクにコンディションの差がある場合がございます。これは発売元のAcoustic Discレーベルの意向で制作されたもので、本商品はすべて同レーベルからの発送品で現状販売とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。


DAVID GRISMAN QUINTET / DGQ 25TH REUNION CONCERT ('11)         CDR-75 \2480(会員\2380)
 feat. Tony Rice (guitar), Darol Anger (fiddle/mandolin), Todd Phillips (bass/mandolin) and Mike Marshall (mandolin/fiddle); All 13 tracks: Introduction/ Emd/ Swing '51/ Opus 57/ Band Intros/ Blue Midnight/ Pneumonia/ Fish Scale/ Ricochet/ Dawg's Rag/ 14 Miles To Barstow/ Minor Swing/ Dawg's Bull/ ■2001年2月23日、デヴィッド・グリスマン・クィンテット(DGQ)の結成25周年記念のライヴがワシントン州タコマでのウィンターグラス・フェスで行われた。オリジナル・メンバーであるトニー・ライス (guitar)、ダロル・アンガー (fiddle/mandolin)、トッド・フィリップス (bass/mandolin) の3人にマイク・マーシャル (mandolin/fiddle)も加わり、1977年に発表したあのファースト・アルバム『DAVID GRISMAN QUINTET』の収録作品10曲をその曲順通りに演奏したという。そのスペシャルなライヴ演奏を収めたのが本作だ。それにDGQのお馴染みのレパートリーである「Minor Swing」「14 Miles to Barstow」「Dawg's Bull」の3曲も演奏され、それも含んだ全13曲収録。そんなライヴ・アルバムが結成35周年の今年になってリリースされるのだから、長生きはしておくものだ。そんな私と同様の感慨を持つ「御同輩」だけでなく、若いリスナーの方にも是非お聴き頂きたい素晴らしいライヴ・アルバムである。全13トラック、収録時間78分12秒。紙ジャケット仕様。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ
<お知らせとお願い>
 この商品はハンドメイドによるCD-Rで簡素なパッケージングのため、それぞれのディスクにコンディションの差がある場合がございます。これは発売元のAcoustic Discレーベルの意向で制作されたもので、本商品はすべて同レーベルからの発送品で現状販売とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

●DAVID GRISMAN & MARTIN TAYLOR / LIVE AT WIGMORE HALL-4/21/96 [2CD-R] ('11) CDR-74 完売しました

 All 27 tracks: [DISC 1] Mugavero/ It Had To Be You/ Wigmore Intro/ Swing '42/ Nuages/ Tone Poems Instruments/ Out Of Nowhere/ Lulu's Back In Town/ Tenor Guitar Talk/ Tears*/ Please/ Besame Mucho/ Dawgmatisma/ [DISC 2] Blue Moon*/ Czardas/ Stompin' At The Savoy/ Minor Swing/ Steppin' With Stephane/ Nick Lucas Intro/ Teasin' The Frets**/ Fiddle Tune Medley/ Martin On Wigmore/ Why Did I Choose You?/ Mood Indigo/ Closing Remarks/ El Cumbanchero/ Manoir De Mes Reves〜Daphne/ ■1996年4月21日、英国ロンドンで行われたデヴィッド・グリスマンとマーティン・テイラー、2人の巨匠が繰り広げた120分余にわたるライヴ・パフォーマンスである。80年代初め、ステファン・グラッペリとグリスマンは一緒にツアーしており、グラッペリのサポート・ギタリストであったマーティン・テイラーと親交を深め、意気投合したグリスマンは90年代マーティンと共に『TONE POEMS II』と『I'M BEGINNING TO SEE THE LIGHT』のデュエット・アルバム2作を残している。そんな彼等が90年代半ばにマーティンの母国イギリスで由緒あるウィグモア・ホールで披露したデュエット・ライヴが本作である。何とグリスマン(mandolin)は曲目に*印を付した2曲でテナー・ギターを、**印を付した2曲でギターを弾いている。勿論、すべて未発表の音源。聴くしかない。紙ジャケット仕様。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ
<お知らせとお願い>
 この商品はハンドメイドによるCD-Rで簡素なパッケージングのため、それぞれのディスクにコンディションの差がある場合がございます。これは発売元のAcoustic Discレーベルの意向で制作されたもので、本商品はすべて同レーベルからの発送品で現状販売とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。


●DAVID GRISMAN / DAVID GRISMAN'S FOLK JAZZ TRIO ('11)       CDR-76 \2480(会員\2380)

 feat. Jim Hurst & Sam Grisman; All 15 tracks: 01. East Tennessee Blues/ Cold Hard Business/ Vaya Con Dios/ I Wish We Had Our Times/ Swang Thang/ Lorena/ Noche Romantica/ Cypress Grove/ Windy and Warm/ Sails/ Sally Ann/ Mary of the Wild Moor/ The Bells Of St. Mary's/ Through The Country/ Beautiful Dreamer/ ■10年ほど前からの知り合いだったグリスマンとジム・ハースト(guitar/vo.)とは、2011年にカリフォルニア州ソノマ。カウンティ(Sonoma County)で見たジムのソロ・ライヴ・コンサートが余りに素晴らしく、グリスマンの息子サム(bass)と共にグループ結成に至ったとのこと。彼等のルーツであるフォーク、ジャズ、カントリーの作品をトリオ編成で演奏。グリスマンが文句ナシなのは当然のことながら、ああ全米フラットピッキング・チャンピオンに輝くジム・ハーストのギターとヴォーカルが素晴らしく、このグループの音楽性のユニークさを際立たせている。サムも「I Wish We Had Our Times」でヴォーカルを披露している。全15トラック、収録時間58分04秒。紙ジャケット仕様。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ
<お知らせとお願い>
 この商品はハンドメイドによるCD-Rで簡素なパッケージングのため、それぞれのディスクにコンディションの差がある場合がございます。これは発売元のAcoustic Discレーベルの意向で制作されたもので、本商品はすべて同レーベルからの発送品で現状販売とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。


●DAVID GRISMAN, JERRY GARCIA, TONY RICE / THE PIZZA TAPES: EXTRA LARGE EDITION [3枚組CD-R]   \3800(会員\3700)
 All 39 tracks: [DISC 1] Pizza Preamble/ Man of Constant Sorrow (run through)/ Man of Constant Sorrow (instrumental)/ Always Late/ Man of Constant Sorrow 1/ Constant Patter / Man of Constant Sorrow 2/ Louis Collins 1/ Louis Collins 2/ Shady Grove (run through)/ Shady Grove 1 (incomplete)/ Shady Jam1/ Shady Grove 2/
[DISC 2] Shady Grove 3/ Summertime (run through)/ Guitar Space/ Summertime/ Long Black Veil (run through)/ Long Black Veil 1 (incomplete)/ Rosa Lee McFall (run through)/ Rosa Lee McFall 1/ Rosa Lee McFall 2/ Drifting Too Far from the Shore (inc run through)/ Nestles Quick/ Drifting Too Far from the Shore 1/ Jerry plays Tony’s D-28 s/
[DISC 3] Long Black Veil reprise (run through)/ Long Black Veil intro/ Long Black Veil reprise 2/ Amazing Grace (run through)/ Amazing Grace/ Little Sadie (run through)/ Little Sadie/ Knockin' on Heaven's Door (run through)/ Knockin' on Heaven's Door/ Free Transition/ So What/ Interlude/ House of the Rising Sun/
全39トラック。収録時間は「ディスク1」が55分20秒、「ディスク2」が56分21秒、「ディスク3」が58分11秒の全トータル169分52秒。約2時間50分である。
1993年2月にたった1度、デヴィッド・グリスマンのスタジオで行われたトニー・ライスとジェリー・ガルシアとグリスマン3人のセッションを収めたテープは、その一部が2000年にアルバム『THE PIZZA TAPES』としてリリースされたが、遂に今回の特大エディション『THE PIZZA TAPES: EXTRA LARGE EDITION』としてその全容が世に出たのである。これは凄いことだ。今回初めて聴くことができるようになったトラックが幾つもあるのは当然だが、曲順もセッション時のままで収めたというから、彼らがプレイしたそのままが楽しめるという形で再リリースされたことも嬉しい。録音当時トニーは41歳、グリスマン46歳、ガルシア50歳。「気軽なセッション」だったはずであるが、彼等3人の顔合わせだからこそ1回きりの稀有なチャンスが生んだスタジオ・レコーディングは「Legendary Session[伝説的セッション]」と呼ばれるようになった。『ピザ・テープス・セッション完全版』、聴かずにいるのはモッタイない。紙ジャケット仕様。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ
<お知らせとお願い>
 この商品はハンドメイドによるCD-Rで簡素なパッケージングのため、それぞれのディスクにコンディションの差がある場合がございます。これは発売元のAcoustic Discレーベルの意向で制作されたもので、本商品はすべて同レーベルからの発送品で現状販売とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

●STEPHANE WREMBEL TRIO / GYPSY RUMBLE('05/'08)    CD-0003 \2480(会員\2380) 品切れ中

 with David Grisman; All 15 tracks: Jimmy's Bar/ Les Deux Guitares/ China Boy/ Swing Gitane/ Swing de Bellevue/ Buster Swing/ Swing 48/ Supplique/ Mabel/ Big Brother/ Blue Drag/ Milko/ David/ Belleville Rendezvous/ Wrap Your Troubles in Dreams/ ■デヴィッド・グリスマンがゲスト参加したことでも知られるステファン・レンベル・トリオのアルバム。ウッディ・アレン監督の映画『Vicky Cristina Barcelona(それでも恋するバルセロナ』で使われた「Big Brother」を含む全15曲収録。


デヴィッド・グリスマン待望のスタジオ・レコーディングによるニュー・アルバム入荷!!
New ●DAVIID GRISMAN SEXTET / THE DAVID GRISMAN SEXTET ≪送料無料≫  \2480(会員\2380)
    デヴィッド・グリスマン待望のスタジオ録音によるニュー・アルバムがリリースされました。只今、入荷中です。詳細と買い物カゴでのオーダーはコチラ

●DAVID GRISMAN / ACOUSTICITY('85)   《 限定入荷のカットアウト盤 》  CD-6153 \2480(会員\2380)

 with John Shole, Rob Wasserman, Jim Buchanan, Hal Blaine; All 9 tracks: Acousticity[4:11]/ Dancin'[4:22]/ Brazilian Breeze[4:29]/ Blue Sky Bop[4:49]/ Dawgalypso[3:45]/ Tango for Django[3:04]/ Ricochet[2:18]/ New Monia[6:24]/ Pamela[2:54]/ ■デヴィッド・グリスマンが85年に発表したアルバム。既に廃盤で入手困難となっている本作が限定入荷。ギターにジョン・ショール、フィドルにジム・ブキャナンが加入。「リコシェ」と「ニュー・モニア」の再演含む全9曲。アメリカ盤CDが縦長の紙ケースに入っていた頃のカット・アウト盤。外装にカットした後がありますが、中身は全く問題の無い新品です。


●DAVID GRISMAN / DAWG DUOS('99)        CD-ACD-38 \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN / THE DAVID GRISMAN ROUNDER COMPACT DISC  \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN / DAWG '90     \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN / DAWGWOOD     \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN / EARLY DAWG       CD-SH-3713 \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN / HOME IS WHERE THE HEART IS[2枚組CD] \3480(会員\3380) 品切れ中

●DAVID GRISMAN / HOT DAWG('79)       CD-3292 \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN / LIFE OF SORROW('03)              CD-53 \2480(会員\2380) 品切れ中

 produced by David Grisman; with Del McCoury, John Hartford, Ralph Stanley & The Clinch Mountain Boys, The Nashville Bluegrass Band, Herb Pedersen, Mac Wiseman, Ralph Rinzler, John Nagy, Bryan Bowers; All 15 tracks: A Life of Sorrow(3:18)/ Doin' My Time(4:51)/ We Can't Be Darling Anymore(2:58)/ When You and I Were Young Maggie(5:10)/ All The Good Times Are Past and Gone(3:23)/ Tragic Romance(3:32)/ Seven Year Blues(3:51)/ You're the Girl of My Dreams/ Unwanted Love(2:52)/ Man of Constant Sorrow(3:53)/ Tennessee Waltz(3:02)/ Bury Me Under the Weeping Willow(4:18)/ Pretty Saro(3:00)/ Cabin of Love(2:43)/ Farther Along(6:54)/ ■デヴィッド・グリスマンの『DAWGNATION』に続く新譜は、豪華ゲストとのコラボレイションによるブルーグラス・アルバム。グリスマンの(DGQ名義ではなく)ソロ名義で発表されたアルバムとしては99年の『DAWG DUOS』以来の新作ということになる。これが、メチャクチャに良いアルバムなのだ。アルバム・タイトルだけでなく、ブルーグラス音楽の永遠のテーマ「人生の悲しみ」や「人の世の悲しみ」を歌った作品15曲(収録時間70分余)が収められている。それは同時にブルーグラス・スタンダードを多く含む内容になっているのだ。録音は1987年〜1998年(1曲のみ1969年)に行われており、デル・マッカリーや故ジョン・ハートフォードをはじめ、上記のベテラン・ミュージシャン達とグリスマンとの「魂のコラボレイション」と呼びたくなるセッションによって実現した味わい深い作品群である。ブルーグラスの輸入盤には珍しく全曲とも歌詞付き。1曲ごとについては、こちらでご紹介。


●DAVID GRISMAN BLUEGRASS EXPERIENCE / DGBX('06)       CD-65 \2480(会員\2380)

 feat. David Grisman, Keith Little(banjo), Jim Nunally (guitar/vo.), Chad Manning(fiddle), Samson Grisman(bass); All 14 tracks: I'm Rollin' On/ Baby Blue Eyes/ Engine 143/ Baltimore Fire/ Rubens Train/ Dream of the Miners Child/ Dawggy Mountain Breakdown/ Rock Hearts/ Say Won't You Be Mine/ You'll Be A Lost Ball/ Down the Road/ Old & in the Way/ Are you Afraid to Die/ There Ain't Nobody Gonna Miss Me When I'm Gone/


●DAVID GRISMAN & ANDY STATMAN / NEW SHABBOS WALTS('06)    CD-64 \2480(会員\2380)
 
produced by David Grisman & Andy Statman; All 13 tracks: Avinu Malkeinu/ Anim Zemiros/ Pischu Li/ Shabbos Ha Yom LaShem/ Mim'komkha/ New Shabbos Waltz/ Ya'aleh/ Oifen Pripitchik/ Old Klezmer/ Yerushalayim Irkhah/ Yerushalayim Shel Zahav/ Lekha Dodi/ Ani Ma'amin/ ■デヴィッド・グリスマン(mandolin)とアンディ・スタットマン(clarinet/mandolin)の通算3作目となるデュエット・アルバム。本作のサブ・タイトル『A COLLECTION OF TIMELESS JEWISH MELODIES』が示す通り、95年に発表した前作『SONGS OF OUR FATHERS』と同様に、彼等のルーツであるジューイッシュ・ミュージックが取りあげられ、演奏されている。

●DAVID GRISMAN & ANDY STATMAN / SONGS OF OUR FATHERS('95)  \3080(会員\2980)
with Enrique Corea(guitar), Edgar Meyer(bass), Jim Kerwin(bass), Hal Blaine(drums/percussion), Irene Sazer(violin/viola), Larry Granger(cello) and others; All 12 songs: For the Sake of My Brothers and Friends/ Shomer Yisrael/ Toska/ Bashie's Bounce/ Shabbos Waltz/ etc. ■デヴィッド・グリスマン(mandolin/mandola/octave mandolin)&アンディ・スタットマン(mandolin/clarinet/mandocello)が95年に発表した共演盤。1980年にリリースされた『MANDOLIN ABSTRACTIONS(CD-11540/\2600)』以来、久々のデュエット盤。東欧のユダヤ人のトラディショナルな音楽、クレズマー・ミュージックは、多くのユダヤ人がアメリカに移ってからも独自の発展を遂げ今日に至っている訳ですけれど、ユダヤ系である彼等2人がクレズマー・ミュージックあるいはそれに根ざしたオリジナル作品12曲を収録したファン必聴アルバム。クレズマー音楽については本作のライナーにも説明されていますが、東欧の香り高く、美しいメロディを持った各作品は理屈抜きで貴方を魅了する事でしょう。尚、デヴィッド・グリスマン&トニ−・ライスのデュオ作『TONE POEMS』に添付されていた物と同じく、モノクロ&カラーの写真も掲載され、美しく装丁された36ページのブックレットが付いています。 

●DAVID GRISMAN, BEPPE GAMBETTA, CARLO AONZO / TRAVERSATA   CD-47 \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN & DANIEL KOBIALKA / COMMON CHORD('95/'96)   CD-CYK-803 \2480(会員\2380)


デヴィッド・グリスマンとデル・マッカリーが、グリスマンの自宅スタジオで繰り広げた貴重なレコーディングム!!
●DAVID GRISMAN & DEL McCOURY / DEL & DAWG: HARDCORE BLUEGRASS IN THE DAWG HOUSE('12)      \2480(会員\2380)
 All 16 tracks: John Henry/ Walkin' The Dawg/ Highway Of Regret/ Save It! Save It!/ A Good Woman's Love/ Thinking Tonight Of My Blue Eyes/ The Hit Parade Of Love/ The Tennessee Waltz/ Come Back To Me Little Darlin'/ I'm Waiting To Hear You Call Me Darling/ Unwanted Love/ We Can't Be Darlings Anymore/ Cabin Of Love/ Country Boy Rock & Roll/ 20/20 Vision/ I'm Sitting On Top Of The World/ ■1963年からの知り合い同士というデヴィッド・グリスマンとデル・マッカリーが、グリスマンの自宅スタジオで繰り広げた貴重なレコーディングが遂に世に出た。50年余りに及ぶ友情とプロ・ミュージシャンシップが成しえた珠玉の作品全16曲。コレは聴き逃せないッ!!。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●DAVID GRISMAN & DENNY ZEITLIN / NEW RIVER('01) \2480(会員\2380)

 produced by David Grisman & Denny Zeitlin; All 9 songs: Dawg Funk/ Blue Midnight/ Waltz For Gigi/ Fourteen Miles To Barstow/ New River/ etc. ■アメリカの権威あるジャズ専門誌 『DOWN BEAT』誌でジャズ音楽評論家が選んだ「International Jazz Critics Poll」賞で1位を2度も獲得したピアニスト、デニー・ジートゥリンとデヴィッド・グリスマンの初デュエット盤。お馴染みのグリスマンの作品「Dawg Funk」や「Blue Midnight」を聴くと、マンドリンとピアノによるコラボレーションって、とても面白いなァと思う。収録作品はいずれも2人のオリジナル作品(各4曲で、共作が1曲)で4分を超えるもの。2人の頭文字、DG(ディー・ジー)とDZ(ディー・ズィ−)を取った2人の共作「DG/DZ Blues」や10分余の大曲「On the March」もグリスマン・ファンなら違和感なく楽しんで頂ける事だろう。


デヴィッド・グリスマンと亡きドック・ワトスンの未発表ライヴ2枚組が入荷!!
New DAVID GRISMAN & DOC WATSON / LIVE IN WATSONVILLE 1998 [2枚組CD] ≪送料無料≫  2CD-82 特価 \3480(会員\3380)
 
1998年にカリフォルニアのワトスンヴィルで行われたドック・ワトスンとデヴィッド・グリスマンの共演ライヴの模様を1部と2部の全て収録したファン必聴のライヴ盤。現在69歳のグリスマンが17歳の時、ニューヨークのコーヒーハウスで演奏していたドックにステージで招きあげられ「In The Pines」を共演して以来、50年を超える親交の中で育まれた芳醇な音楽を是非お聴き下さい。  ※詳細および買い物カゴでのオーダーはコチラ

●DAVID GRISMAN & DOC WATSON / DOC & DAWG('97) \2480(会員\2380) 品切れ中
 produced by David Grisman; with Jack Lawrence(guitar), Stuart Duncan(fiddle), Alan O'Bryant(banjo), James Kerwin(bass); All 14 tracks: Kentucky Waltz/ Bluegrass Stomp/ Summertime/ Sweet Georgia Brown/ Frankie And Johnny/ What is Home Without Love/ Watson Blues/ etc. ■97年にリリースされたドック・ワトスン&デヴィッド・グリスマンの共演盤。ファンにとって2人の巨匠の顔合わせは、それだけでも豪華この上ない音楽のプレゼントだが、何とカーリー・セクラーがテナー・ヴォーカルで「What is Home Without Love」にゲスト参加。ビル・モンロー作品「Watson Blues」ではスチュアート・ダンカン(fiddle)、アラン・オブライアント(banjo)、ジョン・カーウィン(bass)がバックアップ。ソロ・アルバム『ABOUT TIME』も大評判のジャック・ロウレンス(guitar)は7曲に参加。互いのキャリアに裏打ちされたドックとグリスマンの「音の対話」は見事としか言いようがナイ。すべての音楽ファンに聴いて頂きたい大推薦盤だ。尚、2人の共演ライヴDVD『DOC WATSON & DAVID GRISMAN IN CONCERT』も大好評発売中である。

●DAVID GRISMAN & FRANK VIGNOLA / FRANK'N' DAWG: MELODY MONSTERS    完売しました
 All 14 tracks: Till There Was You(2:55) Hello Young Lovers(4:13)/ Wouldn't It Be Lovely?(3:04)/ Stardust(4:01)/ April Showers(3:44)/ Margie(3:52)/ Where Or When(3:24)/ Flamingo(4:09)/ As Time Goes By(3:07)/ We Kiss In A Shadow(2:54)/ For All We Know(3:14)/ Georgia(3:57)/ These Foolish Things(3:12)/ Someday My Prince Will Come(2:19)/ ■フランク・ヴィニョーラとデヴィッド・グリスマンの初デュエットアルバム。フランクはDGQのライヴ・アルバム『AT JAZZ ALLEY』でも聴けるようにDGQのメンバー(guitar)として活躍するほか、自らのグループを率いてソロ活動もしているギタリストだ。現在46歳。20代からジャズ・レーベルCONCORDからソロ・アルバムを発表しており、その才能に惚れ込んだグリスマンは自身のレーベル、アコースティック・ディスクから2001年にフランクのソロ・アルバム『BLUES FOR A GYSPY』をリリースしている。また2010年にはトミー・エマニュエルとのデュエット作『JUST BETWEEN FRETS』を発表。同アルバムではトミーと共にフランクによる「ジャンゴ・ラインハルトへの深い想い」を感じさせるプレイが印象的だった。
 さて、本作だが、収録曲はいずれもお馴染みのスタンダード作品。1曲目からビートルズがカヴァーしたことでも知られるミュージカル主題歌「Till There Was You」の軽やかなデュエットが流れてきて思わず嬉しくなってしまう。「Stardust」と「Georgia [on My Mind]」のホーギー・カーマイケル作品をはじめ、映画『カサブランカ』の挿入曲「As Time Goes By」、ディズニーのアニメ映画『白雪姫』の挿入歌、というより既にジャズ・スタンダード曲として有名な「Someday My Prince Will Come [邦題: いつか王子様が]」、コメディ映画『LOVERS AND OTHER STRANGERS』の挿入歌でカーペンターズのカヴァーでも有名な「For All We Know」、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の挿入歌「Wouldn't It be Lovely?」、ミュージカル『王様と私』の挿入歌「Hello Young Lovers」と「We Kiss In A Shadow」、ミュージカル『BABES IN ARMS』の挿入歌でディオン&ザ・ベルモンツやレターメンのカヴァーでも知られる「Where Or When」など全14曲。2人のコラボによるプレイ、そのアレンジの妙を堪能できる素晴らしいアルバムである。 
※買い物カゴでのオーダーは、コチラからどうぞ

●DAVID GRISMAN & JERRY GARCIA / BEEN ALL AROUND THIS WORLD('04)   CD-57 \2480(会員\2380)

 with Jim Kerwin, Joe Craven, Matt Eakle, John Kahn, George Marsh and Sally Van Meter; All 12 tracks: Been All Around this World/ I'll Go Crazy/ Take Me/ Handsome Cabin Boy/ The Ballad of Frankie Lee/ I'm Troubled / Blue Yodel #9 / Nine Pound Hammer / I Ain't Never / Sittin Here in Limbo / Dark as a Dungeon/ Drink Up and Go Home/ ■グリスマンとジェリー・ガルシアの共演盤の新作。これで7作目(トニー・ライスも加わったカ『THE PIZZA TAPES』も入れると8作目)になるのだろうか。ガルシアとの音源がこれだけ残っているという事は、生前にガルシアとグリスマンが頻繁にセッションを行なっていた(その数は40回以上にもなるそうだ)という事でもあるのだが、本作ではボブ・ディランの「The Ballad Of Frankie Lee And Judas Priest」、ジェイムズ・ブラウンの「I'll Go Crazy」など、ガルシアが既発レコーディングでは歌った事のない作品が収録されている。又、ジョージ・ジョーンズの「Take Me」、ウェッブ・ピアースの「I Ain't Never」、マール・トラヴィスの「Dark As A Dungeon」と「Nine Pound Hammer」、ジミー・マーティンの「Drink Up And Go Home」などカントリーやブルーグラスの曲も収録。アルバム・タイトル曲はグレイトフル・デッドが81年に発表した2枚組ライヴ盤『RECKONING』に収められているトラディショナル曲だ。全12曲中8曲でグリスマン・クィンテットのジョー・クレイヴン(percussion/fiddle)とジム・カーウィン(bass)が、2曲でマット・イークル(flute)がサポート(フルートが絡んだインスト・ヴァージョンのトラディショナル曲「Handsome Cabin Boy」はナカナカ良いぞ)。ガルシアとの最後のセッションから選ばれたジミー・ロジャースの「Blue Yodel #9」にはサリー・ヴァン・ミーター(dobro)、ジョン・カーン(bass)、ジョージ・マーシュ(drums)が参加している。2人の巨匠の様々なルーツ・ミュージックへの深い理解と愛情がビンビンと伝わってくるアルバムだ。


●DAVID GRISMAN & JERRY GARCIA / DAVID GRISMAN & JERRY GARCIA  \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN & JERRY GARCIA / GRATEFUL DAWG('01)       \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Grateful Dawg/ Sweet Sunny South/ Sitting Here in Limbo/ Arabia/ Friend of the Devil/ Jenny Jenkins/ The Thrill is Gone/ etc. ■2001年10月5日からアメリカで劇場公開されるという映画のサントラ盤として制作されたデヴィッド・グリスマン(mandolin/mandola/banjo/vo.)とジェリー・ガルシア(guitar/banjo/vo.)の新譜。2人の揺るぎない友情とミュージシャンシップを示す多くのプライベート・ビデオ映像をもとにD・グリスマンの依頼を受けた実娘、ギリアン・グリスマンによって完成されたプロジェクトとの事。71年に彼等の地元サン・フランシスコでのガルシア/グリスマン・バンドのライヴ5曲を初め、未発表音源も含む全15トラック、収録時間75分40秒。13曲目の「Thrill is Gone」は未発表のミュージック・ビデオからの音源だという。


●DAVID GRISMAN & JERRY GARCIA / NOT FOR KIDS ONLY('93)     CD-ACD-9 \2480(会員\2380)
 All 12 tracks: Jenny Jenkins/ Freight Train/ A Horse Named Bill/ Three Men Went A-Hunting/ When First Unto This Country/ Arkansas Traveller/ Hopalong Peter/ Teddy Bears' Picnic/ There Ain't No Bugs On Me/ The Miller's Will/ Hot Corn, Cold Corn/ A Shenandoah Lullaby/ ■デヴィッド・グリスマンとジェリー・ガルシアとのデュエット盤の第2弾として93年にリリース。この2人のベテラン・ミュージシャンが、いわゆるチルドレン・ソングのアルバムを作ったという事で、凄く話題となったアルバムである。タイトルが物語っているように、彼等はトラディショナル・ソングを中心にした《子供たちの為だけでなく(Not For Kids Only)》大人も聴いて充分楽しめるアルバムを作りたかったようで、それは見事に選曲やアレンジに表れている。お薦め盤。

●DAVID GRISMAN & JERRY GARCIA / SHADY GROVE('96)      \3080(会員\2980)
 with Bryan Bowers(autoharp), Joe Craven(fiddle/percussion), Jim Kerwin(bass), Matt Eakle(flute), Will Scarlett(harmonica); All 13 songs: Shady Grove/ Stealin'/ Thew Sweet Sunny South/ Louis Collins/ Down in the Valley/ Casey Jones/ Jackaroo/ etc. ■96年夏にDGQの20年のキャリアを集大成したとも言える3枚組未発表集『DGQ20』をリリースしたばかりのデヴィッド・グリスマン(mandolin/mandola/mandolin-banjo/guitar/banjo)が同年に発表したジェリー・ガルシア(guitar/banjo/vo.)とのデュエット・アルバム。全13曲中5曲は2人のみのデュエットで、うち2曲でガルシアはバンジョー、グリスマンはギター又はバンジョーをプレイしている。別の5曲では2人とDGQのメンバーが参加。残る3曲でブライアン・バワーズやマット・イークル等のゲストを招いたトリオの演奏となっている。種々の編成によりレコーディングされた素晴しいトラディショナル・フォーク・ソングの数々。その曲目解説を添付された44ページのフル・カラー・ブックレットのライナーをニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのジョン・コーエンが書き下ろしている。又、同ブックレットには全曲の歌詞や60年代の彼等を取り巻く貴重な写真や、2人が影響を受けたフォーク・アルバムが紹介されていて興味が尽きない。

●DAVID GRISMAN & JERRY GARCIA / SO WHAT('98) \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN-JERRY GARCIA-TONY RICE / THE PIZZA TAPES   ACD-41 \2480(会員\2380) 

●DAVID GRISMAN & JOHN SEBASTIAN / SATISFIED('07)   CD-67 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: I'm Satisfied/ Strings of Your Heart/ EMD/ Deep Purple/ John Henry/ Walk Right Back/ Passing Fantasy/ Coffee Blues/ Dawg's Waltz/ Lonely One in This Town/ It's Not Time Now/ Harmandola Blues/ Coconut Grove/ Jug Band Waltz/ ■デヴィッド・グリスマンの新譜はジョン・セバスチャンとの共演アルバム。ジョン・セバスチャンとグリスマン60年代からの親交がある長年の友人同士。彼等2人にマリア・マルダー、ステファン・グロスマン等も加わった伝説のジャグ・バンド、イーヴン・ダズン・ジャグ・バンドと、彼等が64年に発表した唯一のアルバム『EVEN DOZEN JUG BAND』に若き2人のレコーディングが残されている。そんな彼等がマンドリンとギター(セバスチャンはハーモニカも)で奏でるデュオ集で、DGQのファースト・アルバムに収録されていた「EMD」や「Dawg's Waltz」なんかも演奏してしまうのだ。その肩ひじはらないリラックスした演奏の中に彼等のキャリアと余裕が窺い知れて「やっぱり凄いなぁ」と思ってしまう。大推薦盤。


●DAVID GRISMAN & MARTIN TAYLOR / TONE POEMS 2('95)  \3080(会員\2980)
 デヴィッド・グリスマンが95年秋にリリースしたマーティン・テイラーとのデュエット・アルバム。グリスマンがトニー・ライスと共演した同シリーズの前作『TONE POEMS I』と同様に、本作のレコーディングでも年代物のヴィンテージ楽器を多数使用しており、その楽器の美しいカラー写真及び解説を掲載した豪華ブックレット付き。アクースティック音楽ファン必携だ。

●DAVID GRISMAN-MIKE AULDRIDGE-BOB BROZMAN / TONE POEMS 3('00)   CD-ACD-42 \3080(会員\2980)

●DAVID GRISMAN & SAM BUSH / HOLD ON, WE'RE STRUMMIN'('03) \2480(会員\2380)

 with Jack Lawrence, Enrique Coria, Jim Nunally, Jim Kerwin, Sam Grisman, Hal Blaine; All 16 tracks: Hartford's Real/ Swamp Thing/ Intimo/ Jamgrass 741/ Sea Breeze/ Old Time Medley/ Weeping Mandolin Waltz/ Arachnid Stomp/ Crusher and Hoss/ The Old South / Mando Space/ Ralph's Banjo Special/ 'Cept Old Bill/ Rhythm Twins/ Dan'l Boone/ Hold on, I'm Comin'/ ■プルーグラス・ファンが夢にまで見たサム・ブッシュとデヴッド・グリスマンの初デュエット・アルバムが遂にリリース。亡きジョン・ハートフォードに捧げられた「Hartford's Real」から始まる全16曲(収録時間70分余り)は、2人の美しいトーンとシビアなプレイを満喫できる究極のマンドリン・デュオ(1曲でサムのフィドルとグリスマンのバンジョーのデュオ・プレイも)。アルバム最後の曲「ホールド・オン、アイム・カミン」は、黒人R&Bデュオ、サム&デイヴの大ヒット曲。彼等もサム(ブッシュ)&デイヴ(グリスマン)な訳で、アルバム・タイトル『HOLD ON, WE'RE STRUMMIN'』も、その曲をパロッて付けられているのである。ジェスロ・バーンズが作った「'Cept Old Bill(ビル・モンロー以外はね)」でのコミック・ソングにも挑戦(?)しているけれど、やっぱり2人はカッコ良い。全面的にお薦めする。


●DAVID GRISMAN & STEPHANE GRAPPELLI / LIVE('81)     \2480(会員\2380) 品切れ中
 
with Mark O'Connor, Mike Marshall, Rob Wasserman;

●DAVID GRISMAN & TONY RICE / TONE POEMS  CD-10 \3080(会員\2980)

●TAYLOR-GRISMAN JAZZ QUARTET / I'M BEBINNING TO SEE THE LIGHT('99) \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN, JOHN HARTFORD & MIKE SEEGER / RETROGRASS('99)   CD-ACD-37 \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN, RED ALLEN, H.PEDERSEN &OTHERS / BLUEGRASS REUNION('92)  CD-ACD-4 \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN, VINCE GILL, HERB PEDERSEN,..... / HERE TODAY  \2480(会員\2380)

●DAVID GRISMAN QUINTET / AT JAZZ ALLEY [2枚組CD-R限定盤] 2CD-50007 \3080(会員\2980)

 feat. David Grisman, Frank Vignola(guitar), Matt Eakle(flute), George Marsh(drums), Jim Kerwin(bass); SET ONE: 'Lil Samba (7:21)/ Cinderella's Fella (6:24)/ Janice (5:43)/ Acousticity (9:16)/ Band Intros (3:09)/ Nuages (7:19)/ Dawg's Groove (8:58)/ Tracy's Tune (6:14)/ Swing '42 (6:32)/ Newmonia (10:08)/  SET TWO: EMD (4:30)/ Fiddler Medley Intro (0:52)/ Blues For Vassar (5:36)/ Steppin' with Stephane (5:43)/ Swingin' with Svend (6:28)/ Band Intros (3:38)/ Bag's Groove (9:37)/ Waltz For Lucy (5:44)/ Mad Max (5:29)/ In A Sentimental Mood (4:43)/ Dawg's Waltz (6:56)/ April's Wedding Bossa (6:52)/ Gypsy Swing (8:10)/ ■デヴィッド・グリスマン・クィンテットが2007年11月2日と3日にシアトルのジャズ・クラブ「ジャズ・アリー[Jazz Alley]」で行った白熱のコンサートの模様を収録したファン垂涎のライヴ音源。グリスマンのレーベルのインターネット通販のみで限定リリースされたCD-Rによるもの。ギターがエンリケ・コリアから「ジャンゴ命」のフランク・ヴィグノーラ(「Nuages」でのギター・プレイをお聴き下さい!!)に代わった事、パーカッションとマンドリンとフィドルを曲によって持ち替えていたジョー・クレイヴンからドラムス担当のジョージ・マーシャルが加わった事でバンド全体が更に大きなグルーヴを生み出している。上記のメンバーによるジャズ・スタンダード作品も素晴らしいが、本作に収録された新旧のグリスマン作品も格別の味わいだ。「音」に表れたグリスマンの長い音楽キャリア、その道のりの中で生まれた幾つもの名曲が今も新鮮な感動をもたらしている、その事に驚くのである。大推薦盤。
<お知らせとお願い>
 この商品はハンドメイドによるCD-Rで簡素なパッケージングのため、それぞれのディスクにコンディションの差がある場合がございます。これは発売元のAcoustic Discレーベルの意向で制作されたもので、本商品はすべて同レーベルからの発送品で現状販売とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。


●DAVID GRISMAN QUINTET / DAVID GRISMAN QUINTET('77/'86)  \2480(会員\2380)
品切れ中
 
feat. David Grisman, Tony Rice, Darol Anger, Todd Phillips; ■全ては本作から始まった。トニー・ライスを擁してDGQを結成したデビュー・アルバム。本作がアコースティック音楽シーンに与えた影響は計り知れない。今や、歴史的名盤である。

●DAVID GRISMAN / ACOUSTIC CHRISTMAS     \2480(会員\2380) 品切れ中

with Darol Anger, Mike Marshall, Bela Fleck, Rob Wasserman ;All 11 tracks: Santa Claus Is Coming To Town/ White Christmas/ Silent Night/ Auld Land Syne/ We Wish You A Merry Christmas/ The Christmas Song etc. ;■D・グリスマンが86年に発表したクリスマス・アルバムの傑作。当時のDGQのメンバーを中心にベラ・フレックや、マーティン・テイラー(各3曲)も加わって完璧なアコースティック・アンサンブルで聴く者を楽しませる。


●DAVID GRISMAN QUINTET / DAWGANOVA('95) \2480(会員\2380)
 feat. David Grisman, Matt Eakle, Joe Craven, Enrique Coria, Jim Kerwin; All 9 songs: Dawgnova(6:50)/ Nature Boy(7:49)/ Tico Tico(4:30)/ Barkley's Bug(5:37)/ Caliente(6:11)/ Brazilian Breeze(5:55)/ El Cumbanchero(4:38)/ Manha de Carnaval(7:06)/ April's Wedding Bossa(6:43)/ ■デヴィッド・グリスマン・クィンテットの95年作。メンバーは1999年に20年ぶりで来日した時と同じです。グリスマンのプロデュースでソロ・アルバム『THE GUITAR ARTISTRY OF ENRIQUE CORIA』を発表しているギタリスト、エンリケ・コリアが94年DGQに加入した事もあり、DGQの音楽性は本作で更に拡がりを見せ、ある時はメロウに、ある時は底抜けに明るいサウンドで、一段と味わい深くなった「ドーグ・ミュージック」の世界へ聴く者を誘ってくれます。グリスマンの息子、モンローの結婚を祝して作られた「April's Wedding Bossa」など、新しいオリジナル作品を初め、ワーナー時代の旧譜アルバム3種から「Barkley's Bug」「Caliente」「Brazilian Breeze」の3曲が新メンバーで再録音されて収録。その他、ジム&ジェシーのインスト・ナンバーとしても知られるラテン音楽のスタンダード曲「El Cumbanchero」や「Tico Tico」も含む全9曲。大満足の55分余り。

●DAVID GRISMAN QUINTET / DAWGNATION         \2480(会員\2380)

 feat. David Grisman, Jim Kerwin, Joe Craven, Matt Eakle, Enrique Coria; All 13 tracks: Slade(6:49)/ Mellow Mang(6:27)/ Cha Cha Chihauhua(6:18)/ Desert Dawg(3:33)/ Twin Town(4:08)/ Vivace(5:05)/ Mr. Coolberg(4:28)/ Dawgnation(5:39)/ Bluegrass At Beach(6:05)/ Argentine Trio(5:07)/ Dawg After Dark(7:49); ■2000年12月に来日し、日本のファンを狂喜させたデヴィッド・グリスマン・クィンテット。その来日メンバー5人によるアルバムは、95年に発表された『DAWGANOVA』1枚のみ、というのは意外な感じがする方も多い事だろう。そのメンバーによる2作目が、この新譜『DAWGNATION』である。1トラック目「Citizens Of Dawgnation」の初めに犬が吠える声でスタートし、それが見事に最終曲「Dawg After Dark」のオチに使われているのが、面白い(聴いてのお楽しみですので、具体的に言うのは控えます)。本作ではメンバー全員によるアンサンブルは勿論、他の4人のメンバー各人とグリスマンとのデュエットも含まれており、各メンバーとグリスマンとのコラボレーションも話題となっている。個人的な「お薦めデュエット・トラック」は、グリスマンとエンリケ・コリア(ギター)との共演、12曲目の「Argentine Trio」である。DGQ全員の演奏としては亡きチャールズ・ソウテルに捧げられた「Slade」が特に印象的。これだけのキャリアがありながら、枯渇する事のないオリジナル作品とアルバムにおけるグリスマンの制作意欲には頭が下がるし、ファンとして嬉しい限りだ。願わくば、このメンバーで再び来日して欲しい。そう思わずにはいられない傑作アルバムなのだ、この新作は。良い、とても良い!!!


●DAVID GRISMAN QUINTET / DAWG'S GROOVE('06)       CD-66 \2480(会員\2380)

 also feat. Jim Kerwin, Matt Eakle, Enrique Coria, George Marsh; All 10 tracks: Limestones/ La Grande Guignole/ Ella McDonnell/ Waltz For Lucy/ Zambola/ Tracy's Tune/ Dawg's Groove/ Cinderella's Fella/ My Friend Dawg/ Blues For Vassar/


●DAVID GRISMAN QUINTET / DGQ-20 [3枚組CD]          ACD-20 \4800(会員\4700) 品切れ中
 デヴィッド・グリスマンが自らのグループ、DGQの結成20周年を記念して93年に発表した3枚組CD。結成当時から90年代初めまでのメンバーや多くの有名ミュージシャン達との未発表レコーディングを数多く収録したファン垂涎のアルバムだ。全39曲。

●DAVID HOLT / DAVID HOLT & THE LIGHTNING BOLTS('06/'07)   CD-1260 \2480(会員\2380)
 feat. Laura Boosinger, David Cohen, Josh Goforth, Zeb Holt;

●DAVID HOLT / I GOT A BULLFROG: FOLKSONGS FOR THE FUN OF IT('94)   CD-HW-1255 \2480(会員\2380)

●DAVID HOLT / LET IT SLIDE('05)      CD-1259 \2480(会員\2380)
 
with Sam Bush, Doc Watson, Kenny Malone, Byron House, Gina Wammock; All 13 tracks: Louise/ John Hartford's Farewell/ Sara Jane's Tune/ etc.

●DAVID HOLT / REEL AND ROCK         CD-HW-1253 \2480(会員\2380)

DAVID HOLT & JOSH GOFORTH / CUTTING LOOSE('09)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●DAVID JOHNSON / PRAISES, PROMISES & PRAYERS('97)         CD-MH-6102 \2480(会員\2380)

●DAVID PARMLEY, SCOTT VESTAL &CONTINENTAL DIVIDE / DAVID PARMLEY-SCOTT VESTAL & CONTINENTAL DIVIDE('95)  CD-PRC-1042 \2480(会員\2380)

●DAVID PARMLEY, SCOTT VESTAL &CONTINENTAL DIVIDE / ON THE DIVIDE('96)   CD-1054 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DAVID PARMLEY & CONTINENTAL DIVIDE / THREE SILVER DOLLARS('09)     \2480(会員\2380)

 with Rhonda Vincent(vo.), Dale Perry (banjo), Ron Spears (mandolin), Ron Stewart (fiddle), Kyle Perkins (bass); All 12 tracks: Three Silver Dollars/ What You Can See From Your Knees/ Refill Your Love/ Meadow On the Mountain/ Winsborough Cotton Mill Blues/ She's Lying in the Cold Cold Ground/ Ain't Gonna Let You Drag Me Down/ Lilly Still Blooms in the Dell/ Carolina Rain/ Anniversary of the Blues/ That's Just Me/ God Reached Down/ ■デヴィッド・パームリー率いるコンティネンタル・ディヴァイドのニュー・アルバム。ゲスト・ヴォーカリスト、ロンダ・ヴィンセント参加の「Medow on the Mountain」を含む全12曲。


●DAVID SCHNAUFER / TENNESSEE MUSIC BOX   \2480(会員\2380)

●DAVIS-MILLER-MAY / DOVES, CROWS & BUZZARDS ('11)    CD-129 \2480(会員\2380)
 feat. Brad Davis [guitar], Dan Miller [bass/ Flatpicking Guitar Magazine publisher] and Tim May [guitar/banjo/mandolin/Dobro]; All 12 tracks: Ramblin' Rollin' Stone/ Farewell Blues/ The Way I Am/ Your Love is Like a Flower/ Death/ Dinah/ Doves, Crows & Buzzards/ Angeline the Baker/ Why You Been Gone So Long/ Hangman's Daughter/ Nine Pound Hammer/ Spinning & Twirling/ ■ブラッド・テイヴィス[guitar]とティム・メイ[guitar/banjo/mandolin/Dobro]という2人のスゴ腕ピッカーを擁したニュー・バンドテイヴィス・ミラー・メイのデビュー・アルバム。ペースで2人をサポートするのは「Flatpicking Guitar Magazine」誌の現エディター、ダン・ミラーである。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●DEDE WYLAND / KEEP THE LIGHT ON('09)     CD-189 \2480(会員\2380)

 with Ronnie Simpkins, Rickie Simpkins, Wyatt Rice, Darol Anger, Ira Gitlin, Dudley Connell, Mike Mumford; All 11 tracks: Lord Keep the Light On/ Everything That Glitters (Is Not Gold)/ Long White Cadillac/ Fearless Love/ Something 'Bout Traveling/ The Memory of Your Smile/ Devoted to You/ He Makes You Strong/ Going Away/ Chime Bells/ John's Waltz to the Miller/ ■元トニー・トリシュカ&スカイラインの紅一点、デデ・ワイランドが09年に発表したソロ・アルバム。


New ●DEL McCOURY & DAVID GRISMAN / DEL & DAWG LIVE! [2枚組CD] ≪送料無料≫  \3480(会員\3380)
    2015年11月20日に行われたデヴィッド・グリスマンとデル・マッカリーの最新ライヴ2枚組。全27トラック収録。50年近い付き合いとなる彼等のピッタリと息の合ったコラボレーションから生まれる芳醇な音楽。共通の友人である亡きビル・キースの思い出を語った後で演奏されるビル・キースのBGボーイズ時代の曲「Salt Creek」「Devil's Dream」「Shenandoah Breakdown」のメドレーにもグッときました。全面的にお薦めします。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●DEL McCOURY / BY REQUEST('09)    CD-0012 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: I Feel the Blues Moving In/ The Bluest Man in Town/ High on the Mountain/ Nashville Cats/ A Good Man Like Me/ The White House Blues/ Dreams/ The Cold Hard Facts/ Black Jack County Chains/ Loggin' Man/ Queen Anne's Lace/ 1952 Vincent Black Lightning/ Rain and Snow/ All Aboard/


●DEL McCOURY / A DEEPER SHADE OF BLUE       CD-0303 \2480(会員\2380) 品切れ中

◆DEL McCOURY / BLUE SIDE OF TOWN      CD-28C-8128 \2940(会員\2840)

●DEL McCOURY / CLASSIC BLUEGRASS       CD-REB1111 \2480(会員\2380)

●DEL McCOURY / DON'T STOP THE MUSIC       \2480(会員\2380)

◆DEL McCOURY / DON'T STOP THE MUSIC       \2884(会員\2400)
 
輸入盤に日本語解説が付いた国内盤仕様のもので、アメリカーナ・レコードから発売されていたものです。

●DEL McCOURY / HIGH LONESOME AND BLUE('04)         CD-11613 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 16 tracks: Road of Love/ Lonesome Wind/ I Feel the Blues Moving In/ You'll Find Her Name Written There/ High on a Mountain/ I'll Pretend It's Raining/ Don't Our Love Look Natural?/ Cheek To Cheek With The Blues/ Old Memories Mean Nothing to Me/ If You've Got The Money Honey/ Queen Anne's Lace/ If You Need a Fool/ The Bluest Man In Town/ The Cold Hard Facts/ Blackjack County Chains/ Don't Stop The Music/ ■ビル・モンロー亡き後のブルーグラス・シーンにおいて「最もソウルフルなBG・ヴォーカリスト」として名実ともに頂点に立つデル・マッカリー。彼がラウンダー・レーベルに残したレコーディングから選曲された最新ベスト盤がコレ。全16曲収録。


●DEL McCOURY / I WONDER WHERE YOU ARE TONIGHT  ARHCD-5006 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DEL McCOURY / LIVIN' ON THE MOUNTAIN       CD-REB1709 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DEL McCOURY / MY DIXIE HOME \2480(会員\2380) 品切れ中

●DEL McCOURY / THE BEST OF DEL McCOURY: THE GROOVEGRASS YEARS('08)  \2480(会員\2380)

●DEL McCOURY BAND / FAMILY CIRCLE('09)    CD-0014 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Sweet Appalachia/ Barbaric Splendor/ Revenuer's Blues/ Hello Lonely/ Delma Blue/ I'm Justified/ Bad Day for Love/ I Remember You/ Does My Ring Burn Your Finger?/ White Pass Railroad/ Prairie Wedding/ Honey Hurry Home/ Mexico's Daughter/ Break Up/ ■デル・マッカリー・バンドのニュー・アルバム。


●DEL McCOURY BAND & FRIENDS / MONEYLAND('08)    CD-0005 \2480(会員\2380)

●DEL McCOURY / OLD MEMORIES: THE SONGS OF BILL MONROE ('12)      \2480(会員\2380) 品切れ中
 All 14 tracks: Watermelon on the Vine/ Live and Let Live/ Lonesome Truck Driver's Blues/ Brakeman's Blues/ Close By/ In Despair/ Girl in the Blue Velvet Band/ John Henry/ I'm Blue I'm Lonesome/ Used to Be/ Alabama Waltz/ Lonesome Road Blues/ Heavy Traffic Ahead/ Train 45 (Heading South)/ My Rose of Old Kentucky/ Y'all Come/ ■デル・マッカリーのニュー・アルバムはビル・モンロー作品集。※買い物カゴでのオーダーは、コチラからどうぞ

●DEL McCOURY BAND / AMERICAN LEGACIES ('11)    CD-0015 \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Preservation Hall Jazz Band; All 11 tracks: The Band's in Town/ One Has My Name/ Shoeshine Blues/ Banjo Frisco/ A Good Gal/ Jambalaya/ I'll Fly Away/ You Don't Have to Be a Baby to Cry/ Mullensburg Joys/ 50/50 Chance/ One More 'Fore I Die/ ■デル・マッカリー・バンドのニュー・アルバム。


●DEL McCOURY BAND / IT'S JUST THE NIGHT('03)     CD-0001 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 14 tracks: Dry My Tears/ Asheville Turnaround/ Let An Ole Racehorse Run/ Hillcrest Drive/ It's Just The Night/ My Love Will Not Change / Fire And The Flame / Zero To Love / Afraid I Forgot The Feeling / Man Can't Live On Bread Alone / I Can Hear The Angels Singing / Same Kind Of Crazy / Mill Towns / Two Faced Love/ ■IBMAの「最優秀エンターテイナー・オブ・ジ・イヤー」を8度も獲得しているデル・マッカリー・バンドの最新作。キャリア40年余り、今年64歳となったデル・マッカリーは、2人の孝行息子ロニー(mandolin)とロブ(banjo)にジェイスン・カーター(fiddle)とマイク・バブ(bass)という1987年デル・マッカリー・バンドを結成して以来16年間、不動のメンバーを率いて鉄壁のブルーグラス・アンサンブルを堅持&発展させてきた。ロニーとデルの共同プロデュースで完成した本作も、いつも通り「最高峰のブルーグラス」が味わえる。大推薦盤。


●DEL McCOURY BAND & FRIENDS / MONEYLAND('08)    CD-0005 \2480(会員\2380)

●DEL McCOURY BAND / THE COMPANY WE KEEP('05)     CD-0002 \2480(会員\2380) 品切れ中
 
feat. Del, Ronnie & Rob McCoury, Jason Carter, Mike Bub;

●DEL McCOURY BAND / THE FAMILY('99)      \2480(会員\2380) 品切れ中

●DEL McCOURY BAND / THE PROMISED LAND('06)     CD-0003 \2480(会員\2380)
 All 14 tracks: Canaan's Happy Land/ I'm Poor as a Beggar/ It's Surprising What the Lord Can Do/ Jesus Carried Me a Cross/ Five Flat Rocks/ I'll Put on a Crown and Walk Around/ Don't Put off Until Tomorrow/ Led by the Master's Hand/ It's an Unfriendly World/ Gold Under My Feet/ Ain't Nothing Going to Come Up Today [Me and the Good Lord Can't Handle]/ We Know Where He Is/ Sit Down with Jesus/ The Lord Is Writing Down Names/ ■デル・マッカリー・バンドの新作は、抜群のブルーグラス・ゴスペル集。

●DEL McCOURY BAND / THE STREETS OF BAKTIMORE ('13)     CD-0017 \2480(会員\2380)

●DEL McCOURY BAND & STEVE EARLE / THE MOUNTAIN('99)      \2480(会員\2380) 品切れ中

●DEL McCOURY, DOC WATSON & MAC MISEMAN / DEL, DOC & MAC('98)     CD-SH-3888 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DEL McCOURY & THE DIXIE PALS / HIGH ON A MOUNTAIN      CD-0019 \2480(会員\2380)

●DEL McCOURY & THE DIXIE PALS / LIVE IN JAPAN('92)      \2480(会員\2380) 品切れ中

◆DEL McCOURY & THE DIXIE PALS / STRICTLY BLUEGRASS LIVE IN JAPAN('00)    \2376(会員も同じ価格)

●DE STROATKLINKERS / WINDKRACHT DATTIEN('95) 《オランダ盤》  \2480(会員\2380)

●DeWAYNE WEAR / FIRE ON THE MOUNTAIN: 24 FIDDLE CLASSICS-VINTAGE 60'S \2480(会員\2380)

●DICK KIMMEL & CO. / DREAMIN'('11)    CD-2011 \2480(会員\2380)
  feat. Dick Kimmel (vo./guitar), Bruce Bernhart(mandolin), Jerilyn Kjellberg (guitar/vo.), bassist Lee Folta (bass), Tim O'Connor (banjo); with guests Becky Buller (fiddle) and Ian Kimmel (guitar); All 12 tracks: Dreamin'/ Homeless and Heartbroken/ I'll Never Forget You/ All I Have to Do is Dream / Charmaine/ Sweetie Honey Baby/ Love of the Mountain/ I Just Got Wise/ I'll Love Nobody but You/ Farther Along/ Don't Call My Name/ Goodbye Old Pal/ ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●DICK SMITH-MIKE O'REILLY BAND / LIFE'S ROAD('05)  \2480(会員\2380) 

●DICK WEISSMAN / NEW TRADITIONS \2480(会員\2380) 

●DIERKS BENTLEY / UP ON THE RIDGE('10)     \2480(会員\2380)

●DILLARDS / EARLY RECORDINGS: 1959    \2480(会員\2380)

●DILLARDS / BACK PORCH BLUEGRASS-!!!LIVE!!!ALMOST!!!-PICKIN' AND FIDDLIN' [2枚組CD]   \3400(会員\3300)

●DILLARDS / ROOTS & BRANCHES-TRIBUTE TO THE AMERICAN....   BGOCD-306 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DILLARDS / THE BEST OF THE DARLIN' BOYS  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DIRK POWELL / A FRET-FREE CHRISTMAS('10)    CD-4413 \2480(会員\2380)

●DIRK POWELL / HAND ME DOWN('99)   CD-0444 \2480(会員\2380)

●DIRK POWELL / TIME AGAIN('04)    \2480(会員\2380)

 with guests Tim O'Brien, Darrell Scott, Riley Baugus, Jim Miller[Dona the Buffalo] and others; All 20 tracks: Lord, I Used To Know 150 Songs By Heart.../ Waterbound/ Goin' Where I've Never Been Before/ Mother's Little Children/ Prettiest Little Girl In The County/ An Old Love Song, Folk Song.../ Texas Bells/ My Love Lies In The Ground/ Honey Babe/ Police/ You Used To Play That Cindy... / Sally Ann/ Wish I Had A Dollar/ Zollie's Retreat/ Handsome Molly/ That's A Good Little Lick Right There.../ Sow 'Em On The Mountain/ Three Forks Of Cumberland/ When Sorrows Encompass Me Round/ Bonus Track 1/ ■現代のオールドタイム音楽を代表するマルチ・プレイヤー、ダーク・パウェルが04年に発表したソロ・アルバム、通算3作目。


●DIRTY RIVER / GRAYARD TRAIN('09)    CD-0199 \2480(会員\2380)
品切れ中

 feat. Billy Park(guitar/vo.), Evan Sands(banjo/vo.), Gary Cole(bass), John Relph(mandolin), and Michael Barton(dobro); All 14 tracks: Ragged Mile/ Hundred Dollar Bill/ California Cottonfields/ Graveyard Train/ Deep Elem Blues/ Fiona and Me/ Cool Water/ Old Crossroads/ Shotgun and Knife/ Cherokee Shuffle/ Mr. Spaceman/ Addicted to Love/ Dog Tired/ Backroads/ ■ワシントンD.C.エリアを中心に活動する新人BGバンド、ダーティ・リヴァーが発表した初のフル・アルバム。メンバーによるオリジナル作品のほか、アルバム・タイトル曲に選んだジョン・フォガティ(CCR)の作品やザ・バーズ時代のロジャー・マッギンの「Mr. Spaceman」なども収録。


●DIX BRUCE & JIM NUNALLY / BROTHERS AT HEART('03) \2480(会員\2380)

●DIX BRUCE & JIM NUNALLY / FROM FATHERS TO SONS \2480(会員\2380)

●DIXIE BEE-LINERS / RIPE('07)      CD-1163 \2480(会員\2380)
 All 12 tracks: Down on the Crooked Road/ Lord, Lay Down My Ball & Chain/ Yellow-Haired Girl/ The Bugs in the Basement/ Dixie Grey to Black/ Why Do I Make You Cry/ She's My Angel/ Old Charlie Cross/ Lost in the Silence/ Grumble Jones/ Jefferson Railroad Line/ Ripe/

●DIXIE BEE-LINERS / SUSANVILLE('09)      CD-1171 \2480(会員\2380)

●DOC WATSON / LIVE AT THE 2009 NEW ORLEANS JAZZ & HERITAGE FESTIVAL('10)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON / AT GERDES FOLK CITY  CD-3934 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 15 tracks: Little SAdie / St. Louis Blues / Liberty / Milk Cow Blues / Cannonball Rag / The Lone Pilgrim etc. ドック・ワトスンの60年代初期の未発表ライブ盤がリリース。1962年12月に行なわれたドックの初めてのソロ・ステージを含む全15曲。うち3曲で、ジョン・ヘラルド(ギター、ヴォーカル)、ボブ・イエリン(バンジョー)、グリーンブライア・ボーイズがバックアップしている。ファン垂涎の1枚だ。


●DOC WATSON / DOCABILLY  \2480(会員\2380)

●DOC WATSON / DOC WATSON ('64) CD-79152 \2480(会員\2380)

●DOC WATSON / ELEMENTARY('73)  \2480(会員\2380) 品切れ中
 ドック・ワトスンが73年に発表したUA時代のアルバムのCD化。しかも、オリジナル盤に収録の10曲に加え、ボーナス・トラックとしてUA時代の他のアルバムから各2曲も収録した全14曲。コレは良い。

●DOC WATSON / FOUNDATION: DOC WATSON GUITAR INSTRUMENTAL COLLECTION 1964-1998  \2480(会員\2380) 品切れ中
 All 16 songs: Black Mountain Rag/ Billy In The Lowground/ Dill Pickle Rag/ Salt River〜Bill Cheatham/ Cannonball Rag/ Windy & Warm/ June Apple/ Doc's Guitar/ Stone's Rag/ Victory Rag/ ■ドック・ワトスンの既発アルバムから選曲されたギター・インストゥルメンタル集。1964年のヴァンガードからの初ソロ・アルバムを含むヴァンガード時代の8作とシュガー・ヒル・レーベルでの3作からジム・ミルズによって選曲&編集された全16曲。いずれもドックのソロ作およびドック&マール名義でリリースされたアルバムからで、未発表音源はないものの、こうしてドックの代表曲&有名曲のギター・インストにおけるプレイをまとめて聴くと、一番古いものと新しいものとで実に35年もの時間的な隔たりが厳然とあるのだけれど、それが殆ど全く感じられないのだ。テクニック的な事よりもドックの暖かいトーン、彼の人間性そのものと思える「ギターの音」が不変である事に驚かされる。ダン・クレアリーの長文のライナーで、ドックのギター・スタイルおよびドックの偉大さを記している。本CDは紙ジャケットのデジパック仕様で、しかも表面はギターのサウンド・ホールのアップになった写真のサウンド・ホール部分がくり抜かれた特殊ジャケットになっていて、それも話題だ。

●DOC WATSON / IN NASHVILLE, GOOD DEAL!('68)  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON / LIVE AT THE 2009 NEW ORLEANS JAZZ & HERITAGE FESTIVAL('10)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON / MEMORIES  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON / MY DEAR OLD SOUTHERN HOME  \2480(会員\2380)

●DOC WATSON / ON PRAYING GROUND  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON / PORTRAIT  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON / RIDING THE MIDNIGHT TRAIN  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON / SOUTHBOUND  CD-79213 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON / TROUBLE IN MIND: THE DOC WATSON COUNTRY BLUES COLLECTION('03) \2480(会員\2380)

●DOC WATSON / VANGUARD VISIONARIES('07)    CD-73154 \2480(会員\2380) 品切れ中
 ヴァンガード時代の音源を使ったニュー・ベスト・アルバム。

●DOC WATSON / THE BEST OF DOC WATSON: 1964-1968   CD-79535 \2480(会員\2380) 品切れ中
 
All 23 tracks: Muskrat/ Country Blues/ Rising Sun Blues/ Tennesse Stud/ Down In The Valley To Pray/ Dill Pickle Rag/ Otto Wood The Bandit/ Windy And Warm/ Little Sadie/ Blue Railroad Train/ Omie Wise/ Intoxicated Rat/ Tom Dooley/ Alberta/ Beaumont Rag/ Shady Grove/ My Rough And Rowdy Ways/ The Train That Carried My Girl From Town/ Black Mountain Rag/ Grandfather's Clock*/ The Cyclone Of Ryecov*/ Doc's Guitar*/ Crawdad Hole*/ ■60年代のヴァンガード時代の音源を使用したベスト盤。未発表音源4曲(*印)も含む全23曲収録。

●DOC WATSON / THE DEFINITIVE DOC WATSON: 1962-1995 [2枚組CD] ('13) ≪34曲収録≫  CD-4097 \2480(会員\2380)

●DOC WATSON / THE ESSENTIAL DOC WATSON  《66分/26曲収録》 CD-45 \2480(会員\2380) 品切れ中
 All 26 tracks: Tom Dooley/ Alberta/ Froggie Went A-Courtin'/ Beaumont Rag/ St. James Hospital/ Muskrat/ Down In The Valley To Pray/ Blue Railroad Train/ Rising Sun Blues/ Shady Grove/ My Rough And Rowdy Ways/ The Train That Carried My Girl From Town/ Black Mountain Rag/ I Was A Stanger/ Blueridge Mountain Blues/ Country Blues/ Groundhog/ Little Orphan Girl/ Blackberry Blossom/ Going Down This Road Feeling Bad/ Rambling Hobo/ Little Omie Wise/ Handsome Molly/ Whitehouse Blues/ I Want To Love Him More/ Way Downtown/

●DOC & MERLE WATSON / BLACK MOUNTAIN RAG('06)    CD-11620 \2480(会員\2380) 品切れ中
 
All 20 tracks: Black Mountain Rag/ Smoke, Smoke, Smoke/ Black Pine Waltz/ Red Rocking Chair/ Twinkle, Twinkle/ Below Freezing/ Mole in the Ground/ Liza〜Lady Be Good/ Down Yonder/ Cotton Row/ Sadie/ Leaving London/ Guitar Polka/ Fisher's Hornpipe〜Devil's Dream/ Along the Road/ Bye Bye Bluebelle〜Smiles/ Sheeps in the Meadow〜Stony Fork/ Take Me Out to the Ballgame/ Blackberry Blossom/ Gonna Lay Down My Old Guitar/ ■ドック&マール・ワトスンの旧録音を新たにリマスタリングした全20曲収録。

●DOC & MERLE WATSON / DOC & SON('65)  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC & MERLE WATSON / DOC & MERLE WATSON'S GUITAR ALBUM  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC & MERLE WATSON / DOWN SOUTH \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC & MERLE WATSON / HOME SWEET HOME('98)  \2480(会員\2380)

●DOC & MERLE WATSON / PICKIN' THE BLUES  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC & MERLE WATSON / RED ROCKING CHAIR  \2480(会員\2380) 

●DOC & MERLE WATSON / REMEMBERING MERLE('92)  \2480(会員\2380)

●DOC & MERLE WATSON / THEN AND NOW - TWO DAYS IN NOVEMBER  CD-SH-2205 \2480(会員\2380)

●DOC & MERLE WATSON / WATSON COUNTRY  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC & MERLE WATSON / SITTIN' HERE PICKIN' THE BLUES('85/'04)   CD-11617 \2480(会員\2380) 品切れ中

 with T. Michael Coleman, Mark O'Connor, Sam Bush and others; All 20 tracks: Freight Train Blues/ Hobo Bill's Last Ride/ Mississippi Heavy Water Blues/ John Hurt/ John Henry〜Worried Blues/ I'm A Stranger Here/ Talking to Casey/ Blue Ridge Mountain Blues/ Any Old Time/ Sittin' Here Pickin' the Blues/ Stormy Weather/ How Long Blues/ Honey Babe Blues/ St. Louis Blues/ Carroll County Blues/ California Blues/ Going to Chicago Blues/ Jailhouse Blues/ Windy and Warm/ Deep River Blues/ ■ドック&マール・ワトスンがフライング・フィッシュ・レーベルより85年に発表したアルバム『PICKIN' THE BLUES』に同レーベルに残したレコーディング8曲を追加し、アルバム・タイトルを『SITTIN' HERE PICKIN' THE BLUES』と改めて、新装発売したアルバム。


●DOC & RICHARD WATSON / THIRD GENERATION BLUES('99)  CD-SH-3893 \2480(会員\2380)
 All 14 tracks: Turn The Lamps Down Low / If I Were A Carpenter/ House Of The Rising Sun/ Gypsy Davey/ St. James Infirmary/ Uncloudy Day/ South Coast/ Milk Cow Blues/ Train Whistle Blues/ Moody River/ Columbus Stockade Blues/ Walk On Boy/ Summertime/ Precious Lord Take My Hand/ ■ドックと孫のリチャードが99年に発表したデュエット・アルバム。

●DOC WATSON & CLARENCE ASHLEY / THE ORIGINAL FOLKWAYS RECORDINGS[2枚組CD] \3400(会員\3300) 品切れ中
 あの歴史的名盤『OLDTIME MUSIC AT CLARENCE ASHLEY'S』の第1集と第2集のLP2枚分に当時録音の未発表レコーディング20曲を追加した全48曲の2枚組CD。全36ページ英文ブックレット付。必携盤。別売りタブ譜も発売中。

●DOC WATSON & CLINT HOWARD / FAVORITES OF CLINT HOWARD & DOC WATSON   CD-OHCD-310 \2480(会員\2380) 品切れ中

デヴィッド・グリスマンと亡きドック・ワトスンの未発表ライヴ2枚組が入荷!!
New ●DOC WATSON & DAVID GRISMAN / LIVE IN WATSONVILLE 1998 [2枚組CD] ≪送料無料≫  2CD-82 特価 \3400(会員\3300)
 
1998年にカリフォルニアのワトスンヴィルで行われたドック・ワトスンとデヴィッド・グリスマンの共演ライヴの模様を1部と2部の全て収録したファン必聴のライヴ盤。現在69歳のグリスマンが17歳の時、ニューヨークのコーヒーハウスで演奏していたドックにステージで招きあげられ「In The Pines」を共演して以来、50年を超える親交の中で育まれた芳醇な音楽を是非お聴き下さい。  ※詳細および買い物カゴでのオーダーはコチラ

●DOC WATSON & DAVID GRISMAN / DOC & DAWG('97)     \2480(会員\2380)
produced by David Grisman; with Jack Lawrence(guitar), Stuart Duncan(fiddle), Alan O'Bryant(banjo), James Kerwin(bass); SONGS: Kentucky Waltz/ Bluegrass Stomp/ Summertime/ Sweet Georgia Brown/ Frankie And Johnny/ What is Home Without Love/ Watson Blues/ etc. ■97年にリリースされたドック・ワトスン&デヴィッド・グリスマンの共演盤。2人の巨匠の顔合わせ、それだけでも豪華この上ない音楽のプレゼントだが、カーリー・セクラーがテナー・ヴォーカルで「What is Home Without Love」にゲスト参加。ビル・モンロー作品「Watson Blues」ではS・ダンカン(fiddle)、A・オブライアント(banjo)、J・カーウィン(bass)がバックアップ。ソロ・アルバム「ABOUT TIME(CD-1001)」も大評判のジャック・ロウレンスは7曲に参加。互いのキャリアに裏打ちされた「音の対話」は見事としか言いようがナイ。すべての音楽ファンに聴いて頂きたい大推薦盤だ。

●DOC WATSON & JEAN RITCHIE / AT FOLK CITY('63/'90)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON, DEL McCOURY & MAC MISEMAN / DEL, DOC & MAC('98)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOC WATSON FAMILY / SONGS FROM THE SOUTHERN MOUNTAINS   CD-3829 \2480(会員\2380)

●DOC WATSON FAMILY / THE DOC WATSON FAMILY  \2480(会員\2380)

●DOC WATSON FAMILY / TRADITION('77/'05)     CD-0564 \2480(会員\2380)
 
77年にリリースされた本作がリマスターされて再リリース。

●DOC WATSON & FROSTY MORN / 'ROUND THE TABLE AGAIN('02)   CD-3935 \2480(会員\2380) 品切れ中
 feat. Doc Watson(guitar/banjo/vo.), Richard Watson(guitar), T.Michael Coleman(bass/vo.), Bob Lamar(guitar/piano/vo.), Joe Smothers(guitar/vo.); All 16 tracks: Coo Coo Bird/ Walking In Jereusalem/ C.C.Rider/ You Ain't Going Nowhere/ Sugar Babe/ Nights In White Satin/ Working Man Blues/ On A Monday/ etc. ■25年以上前の事、今は亡きマール・ワトスンが父親であるドック・ワトスンとのデュオ、ドック&マールでの活動とは別にフロスティ・モーンという自らのグループを組んでいた。ユナイティッド・アーティスト・レーベルに残したアルバムにも彼等は参加している。1年前のマール・ワトスン・フェスで、T・マイケル・コールマン等の残るメンバー4人がマールを偲びつつステージで演奏し、それがきっかけとなってドック自身が5人目のメンバーとして加わる事となった。本作は彼等の地元ノース・キャロライナで行なわれたコンサートのライヴである。トラディショナル作品のほか、マールハガードの「Working Man Blues」、ボブ・ディラン(というかザ・バーズでお馴染み)の「You Ain't Going Nowhere」、ムーディ・ブルースの「サテンの夜」やメンバーのボブ・ラマー・ヒルのオリジナル作品も含む全16曲(プラス17曲目に隠しトラック有り)を収録。全66分。

●CHET ATKINS / REFLECTIONS - THE ATKINS-TRAVIS TRAVELING SHOW \2480(会員\2380) 品切れ中

 チェット・アトキンスとドック・ワトスンの共演アルバム『REFLECTIONS』とチェットとマール・トラヴィスの共演アルバム『THE ATKINS-TRAVIS TRAVELING SHOW』の2枚のアルバムを2 on 1の形でCD1枚にスッポリ収めたお買い得アルバム。オーストラリアでのみ再発売された貴重盤。


●DOLLY PARTON / BETTER DAY('11)     CD-528216 \2480(会員\2380)

●DOLLY PARTON / HALOS & HORNS('02)     CD-3946 \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Stairway to Heaven/ Sugar Hill/ Not For Me/ Hello God/ If/ Shattered Image/ These Old Bones/ What A Heartache/ I'm Gone/ Raven Dove/ Dahher Through The Heart/ If Only/ John Dabiel/ Halos and Horns; ■ドリー・パートンの新譜。メジャー・レーベルを離れ、インディーズから極上アルバムをリリースしている99年以来、3作目のブルーグラス・アルバムである。そのクリスタルなヴォーカルは相変わらず素晴らしく、彼女のペンによるオリジナル新曲も文句ナシに良い。カヴァー曲を選ぶセンスも抜群で、本作ではレッド・ツェッペリンのオリジナル作品として知られる「天国への階段/ Stairway to Heaven」をアルバムの幕を閉じるラスト14曲目に収録されており、それも大きな話題となっている。同曲は、元々アイリッシュ・バラード調の曲であり、私も以前にハマーダルシマーによるインスト曲としてアレンジされたのを聴いた事があり(学生時代ツェッペリンは聴いてましたし、彼等の大阪フェスティヴァル・ホールでの来日公演も観ましたが)、その曲の良さを再認識した事がありましたが、こうしてドリーのヴォーカルでのカヴァーを聴くと、その味わいも格別。彼女をサポートするミュージシャン達がスゴ腕揃いなのも、いつも通り。全面的にお薦めします。


●DOLLY PARTON / LITTLE SPARROW  \2480(会員\2380)

●DOLLY PARTON / LIVE AND WELL [2枚組CD]('04)  特価 \2800(会員\2700)

 All 23 tracks: Orange Blossom Special/ Grass Is Blue/ Little Sparrow/ Rocky Top/ My Tennessee Mountain Home/ Coat of Many Colors/ If/After the Gold Rush/ 9 to 5/ Jolene/ Stairway to Heaven/ I Will Always Love You / etc. ■別売で同時リリースされたライヴDVDと同内容で発売された2枚組CD、全1時間42分。聴く者を捉えて離さない彼女の長いキャリアに裏打ちされたパフォーマンスに酔いしれて頂きたい。


●DOLLY PARTON / THE ACOUSTIC COLLECTION 1999-2002 [3枚組CD+1DVD]   3CD+DVD-4008 特価\2800(会員\2700)

【Disc 1】13 tracks: Travelin' Prayer/ Cash on the Barrelhead/ A Few Old Memories/ I'm Gonna Sleep with One Eye Open/ Steady as the Rain/ I Still Miss Someone/ Endless Stream of Tears/ Silver Dagger/ Train, Train/ I Wonder Where You Are Tonight/ Will He Be Waiting for Me/ The Grass Is Blue/ I Am Ready/【Disc 2】14 tracks: Little Sparrow/ Shine/ I Don't Believe You've Met My Baby/ My Blue Tears/ Seven Bridges Read/ Bluer Pastures/ A Tender Lie/ I Get a Kick out of You/ Mountain Anger/ Marry Me/ Down from Dover/ The Beautiful Life/ In the Sweet By and By/ Reprise: Little Sparrow/【Disc 3】14 tracks: Halos and Horns/ Sugar Hill/ Not for Me/ Hello God/ If/ Shattered Image/ .These Old Bones/ What a Heartache/ I'm Gone/ Raven Dove/ Dagger Through the Heart/ If Only/ John Daniel/ Stairway to Heaven/【Disc 4-DVD】Seven Bridges Road [DVD]/ Travelin' Prayer [DVD]/ Train, Train [DVD]/ Shine [DVD]/ I'm Gone [DVD]/ Little Sparrow/ Dagger Through the Heart/ Shine [DVD]/ I'm Gone [DVD]/ Dagger Through the Heart [DVD]/ The Grass Is Blue [DVD]/ ■ドリー・パートンが99年から02年に発表した3枚のアルバム『THE GRASS IS BLUE』『LITTLE SPARROW』『HALOS & HORNS』にボーナスDVDを加えて発売されたボックス物。DVDには、ボーナスと して「Shine」「I'm Gone」「Dagger Through the Heart」の3曲のプロモ・ビデオ・クリップと、2003年のCMAアウォード・ショウでのノーラ・ジョーンズとの共演による「Grass Is Blue」のライヴなどが収録されている。CD3枚とDVD1枚という内容で、このお買い得な価格。


●DOLLY PARTON / THE GRASS IS BLUE('99)  \2480(会員\2380)

●DOLLY PARTON / THOSE WERE THE DAYS('05)         CD-4007 \2480(会員\2380)

 produced by Dolly Parton; with Alison Krauss, Dan Tyminski, Rhonda Vincent, Nickel Creek, Norah Jones, Roger McGuinn [of The Byrds], Kris Kristofferson, Judy Collins, Mary Hopkin, Cat Stevens, and many others; All 12 tracks: The Cruel War (harmony vocals by Alison Krauss, Dan Tyminski and Mindy Smith)/ Those Were The Days (harmony vocal by Mary Hopkin, Porter Wagoner and with a Grand Ole Opry gang)/ Blowin In The Wind (harmony vocals by Nickel Creek)/ Where Have All The Flowers Gone (harmony vocals by Norah Jones and Lee Ann Womack)/ Where Do The Children Play (acoustic guitar by Cat Stevens a.k.a. Yusuf Islam)/ Me And Bobby McGee (harmony vocal by Kris Kristofferson)/ Turn, Turn, Turn (harmony vocal and guitar by Roger McGuinn)/ Both Sides Now (harmony vocals by Judy Collins and Rhonda Vincent)/ etc. ■最新ライヴ映像を収めたDVD『LIVE AND WELL』やそのライヴCDも好評のドリー・パートンが早くもスタジオ盤ニュー・アルバムを発表。豪華ゲストを招き、60年代や70年代の有名曲&ヒット曲を収録されているのだけれど、これが良いんだなぁ。タイトル曲「Those Were The Days」は「悲しき天使」の邦題でも有名な英国のシンガーで、当時ビートルズのアップル・レーベルからポール・マッカートニーの全面サポートでデビューしたメアリー・ホプキンの世界的大ヒット曲。それに何とメアリー本人が参加。それだけで驚いてはいけません。「Me And Bobby McGee」にはクリス・クリストファースン、「Turn, Turn, Turn」にはロジャー・マッギン、「Both Sides Now(青春の光と影)」にはジュディ・コリンズ、「Where Do The Children Play」にはキャット・スティーヴンス(ユセフ・イスラム)という、そのヒット曲を放った本人が参加しているのだ。又、ノラ・ジョーンズを「Where Have All The Flowers Gone(花はどこへ行った)」に、アリスン・クラウスを「The Cruel War(悲惨な戦争)」に、最新作でディラン作品を取り上げているニックル・クリークを「Blowin' In The Wind(風に吹かれて)」に参加させるなど、プロデューサーとしてのドリーのセンスの良さも感じるゲスト起用に感心も得心もした次第。デヴィッド・タルポット、テリー・スミス、ジミー・マッティングリー等いつものグラスカルズのメンバーと、曲によりクリス・シリー(mandolin)やブライアン・サットン(guitar)等ゲスト・ミュージシャンも加わったブルーグラス・サウンドをバックに、伸びやかに歌いあげるドリー。もう文句ナシである。お薦め盤。


●DONNA HUGHES / GAINING WISDOM('07)    CD-0554 \2480(会員\2380) 品切れ中

 produced by Tony Rice; with Alison Krauss, Sam Bush, Rhonda Vincent, Alecia Nugent, Carl Jackson, Tim Stafford, Sonya Isaacs, Mary Chapin Carpenter, Rob Ikes, Mike Bub, Ron Stewart, Wayne Benson, Rickie Simpkins, Scott Vestal, and others; All 14 tracks: One More Time/ What I'm Looking For/ Father Time/ Time After Time/ Scattered to the Wind/ Not Anymore/ Sad Old Train/ Find Me out on a Mountain Top/ Bottom of a Glass/ Letters/ Too Many/ Hold On/ Where Are You Darlin'?/ Talking to the Wind/ ■トニー・ライスが電話し、自らアルバム・プロデュースを申し出たという話題のドナ・ヒューズのアルバム。グラミー賞を獲得したアリスン・クラウスの04年作『LONELY RUNS BOTH WAYS』に収められた印象的なナンバー「My Poor Old Heart」の作者として一躍注目を浴びたドナ・ヒューズは、既に250曲を越えるオリジナル作品を持つシンガー・ソングライターだ。才能溢れる新たな女性のソングライターの登場にブルーグラス界の豪華なアーティスト達が顔を揃えた本作は、ドナのリード・ヴォーカルに絡むハーモニー・ヴォーカル陣にアリスン・クラウス、メアリー・チェイピン・カーペンター、カール・ジャクスン、ロンダ・ヴィンセント、アリシア・ニュージェント、ソニア・アイザークス等が参加し、彼女の素直なヴォーカルをしっかりとをサポートしているのである。彼女のオリジナル作品を中心にシンディ・ローパーの大ヒット曲「Time After Time」やティム・スタッフォードの作品「Find Me out on a Mountain Top」を含む全14曲。上記の豪華プレイヤー達の(個人的にはデル・マッカリー・バンドを抜けてから「どうしてるのかなぁ」と思っていたマイク・バブの参加も嬉しい)歌心あるバッキングやソロも聴き逃せない。勿論、トニー・ライスも要所でソロ・ギターを弾いている。


●DONNA THE BUFFALO / SILVERLINED ('08)    CD-4047 \2480(会員\2380)

 with Bela Fleck, Claire Lynch, David Hildalgo, Amy Helm; All 13 tracks: Temporary Misery/ Tomorrow Still Knows/ Locket and Key/ Garden of Eden/ Broken Record/ Meant to Be/ Biggie K/ Silverlined/ The Call/ I Don't Need a Riddle/ Blue Eyes/ Beauty Within/ Forty Days and Forty Nights/ ■結成20周年を誇るドナ・ザ・バッファローが08年に発表したアルバム。ベラ・フレック、クレア・リンチ、レヴォン・ヘルムの娘アミー・ヘルムも参加。


●DONNA ULISSE / AN EASY CLIMB ('11)   CD-1007 \2480(会員\2380)
 All 13 tracks: Let It Rain/ Hand Me Down Home/ I've Got Nothin'/ Crawlin' Back/ An Easy Climb/ Black Snake/ Her Heart is a Stone Hard Ground/ Lonesome Without You/ Where the Cold Wind Blows/ Flat Broke in Arkansas/ Banks of Roane River/ Faith is a Journey/ Shady Glen/ ■女性ブルーグラス・シンガーで優れたソングライターでもあるドナ・ユリシーが2011年に発表したソロ・アルバム。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

DONNA ULISSE / WHEN I LOOK BACK('07)    CD-143185 \2480(会員\2380)
 produced by Keith Sewell & Donna Ulisse; with Andy Leftwich, Randy Kohrs, Scott Vestal, Byron House, Keith Sewell, Jesse Cobb, Curtis Wright, Larry Cordle, Carl Jackson;

●DON RENO & RED SMILEY / EARLY YEARS 1951-1959 [4枚組CD+32PageBooklet]  \4000(会員\3900)

●DON RENO & RED SMILEY / EARLY YEARS 1959-1963 [4枚組CD+24PageBooklet]  \4000(会員\3900) 品切れ中

●DON RENO & RED SMILEY / 1963-1972 COMPLETE STARDAY KING RECORDINGS: VOL.3 [4枚組CD+32PageBooklet]  \4000(会員\3900) 品切れ中

●DON RENO & BILL HARRELL / 20 BLUEGRASS FAVORITES     CD-171 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 20 tracks: Under the Double Eagle/ Man of Constant Sorrow/ Long Journey Home/ Red Rocking Chair/ Hot Corn, Cold Corn/ Footprints in the Snow/ Gotta Travel On/ Little Pal/ Nine Pound Hammer/ I Don't Love Nobody/ Poor Ellen Smith/ Great Speckled Bird/ Limehouse Blues/ Molly and Tenbrooks/ White House Blues/ When the Roses Bloom Again/ Nobody's Business/ Dill Pickle Rag/ Keep on the Sunny Side/ Worried Man Blues/


●RED SMILEY & THE BLUEGRASS CUTUPS / 20 OLD-TIME FAVORITES   CD-211 \2480(会員\2380)

 All 20 tracks: Dirty Dishes/ I Only Want a Buddy/ Dear Old Dixie/ Let the Rest of the World Go By/ Rock About My Sarah Jane/ Old Pal of Yesterday/ When Our Lord Shall Come Again/ Dying Solder/ Garden in the Sky/ Little Red School House/ I Never See Maggie Alone/ Red Wing/ Philadelphia Lawyer/ Prayer Bells of Heaven/ Take Your Blues and Go/ Coney Isle/ Just Tell Them That You Saw Me/ Old Gospel Ship/ My Farm in Louisiana/ Bring It on Down to My House/


●DON RENO & RED SMILEY / BLUEGRASS HITS: CLASSIC 1957 DOT RECORDINGS('04)    CD-7009 \2480(会員\2380)
品切れ中
 All 12 tracks: Howdy Neighbor Howdy/ Sweethearts in Heaven/ Cotton-Eyed Joe/ Your Love Is Dying/ Sawing on the Straings/ Dark Waters/ etc. ■リーノウ&スマイリーが1957年にレコーディングした歴史的名盤がCD化。

●DON RENO & RED SMILEY / FIDDLE BREAKDOWN: 20 INSTRUMENTAL FAVORITES   CD-244 \2480(会員\2380) 品切れ中

 feat. Don Reno(banjo/lead guitar), Red Smiley(guitar), Bill Harrell(guitar), Buck Ryan(fiddle), Jerry McCoury(Bass), and others; All 20 tracks: Goodbye Liza Jane(2:18)/ Chicks Waltz(1:45)/ Natural Bridge Blues(2:02)/ I Saw Your Face in the Moon(2:21)/ Kansas City Railroad Blues(2:07) / Kingdom Coming(1:27)/ Stomping With Reno(2:03)/ Whispering(1:56)/ Fiddling Around(2:10)/ Red's Virginia Waltz(1:55)/ South Sea Sweetheart(1:38)/ Blackberry Blossom(1:50)/ Love Somebody(2:56)/ Lee Highway Blues(1:21)/ Mary's Melody(2:28)/ Ryan's Stomp(2:09)/ Indian Creek(1:59)/ In the Pines(2:23)/ Ryan's Polka(1:21)/ Hog Through Reel(1:58)/


●DON RENO & RED SMILEY / STRICTLY INSTRUMENTAL: 16 RURAL RHYTHM CLASSICS('04)   CD-292 \2480(会員\2380)
品切れ中

●DON RENO & RED SMILEY / TOGETHER AGAIN ('71/'06)    CD-1789 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DON RENO & RED SMILEY / WANTED    CD-0541 \2480(会員\2380) 品切れ中

●DON RIGSBY / THE VOICE OF GOD ('10)    CD-1831 \2480(会員\2380)

 & MIDNIGHT CALL; All 14 tracks: One Prayer Away/ He Done What He Said/ Then Y'Ain't/ The Voice of God/ Mary Magdalene/ The Gospel According To Luke/ I Am an Orphan Child/ Forgiveness/ Send Me Wings So I Can Fly/ This World is Not My Home/ The Lord Will Provide/ Charged With Being Christian/ He Put a Breeze in Me/ Leaning on the Son/ ■自らのバンド、ミッドナイト・コールを率いてドン・リグスビーが発表した初のBGゴスペル・アルバム。


●DON RIGSBY / A VISION('98)  \2480(会員\2380)

●DON RIGSBY / EMPTY OLD MAILBOX('00)  \2480(会員\2380)

●DON RIGSBY / HILLBILLY HEARTACHE('06)     CD-1818 \2480(会員\2380)
 
& Midnight Call [feat. Shane Bartley, Dale Vanderpool, Jesse Wells, Robert Maynard]; All Hillbilly Heartache/ Daddy Was a Moonshine Man/ These Golden Fields/ Big Jim/ He Loves to Hear You Shout/ Kentucky Waltz/ Make God Laugh/ Forked Deer/ Old Green Chevrolet/ Any Bar in Birmingham/ Redbird/ Prisoner of the Highway/ I Am the Man, Thomas/

●DON RIGSBY / THE MIDNIGHT CALL('03)      CD-3958 \2480(会員\2380)

 with Carl Jackson, Ronnie Bowman, Glen Duncan, Jeff White, Jim Hurst, Vassar Clements, Stuart Duncan, Rob McCoury, Randy Kohrs; All 13 tracks: Those Gambler's Blues/ The Midnight Call/ Carved Our Names In Stone/ Blood On My Hands/ Dying To Hold Her Again/ Muddy Water/ What Lays Down The Road/ Green Briar River/ Green Ivy Vine/ Look Out Below/ Come In Out Of The Rain/ Little White Cross Out On The Highway/ I've Already Turned That Page/ ■類い稀なブルーグラス・ヴォーカリストとして定評のあるドン・リグスビー、3年ぶりのソロ作。通算3作目。前作『Empty Old Mail Box』と同様、パワーにあふれ、しかもニュアンスに富んだ多彩なブルーグラスを聴かせてくれる。カール・ジャクスン、ロニー・バウマン、ジェフ・ホワイト等、豪華なサポート陣にバックアップされ、極上のブルーグラス・サウンドに仕上がっている。


●DON STIERNBERG / HOME COOKIN'       CD-219 \2480(会員\2380)

●DON STIERNBERG / SWING 220 ('10)    \2480(会員\2380)

●DON STOVER / THINGS IN LIFE       CD-0014 \2480(会員\2380)

●DON WAYNE RENO / HEROES('98)  \2480(会員\2380)

●DOUG CLOUD & COUNTRY LINE / APPALACHIAN RAIN('93)    \2480(会員\2380)

●DOUGLAS DILLARD / THE BANJO ALBUM      CD-OXCD-6008 \2480(会員\2380)

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / LONELY STREET('09)    \2480(会員\2380)

 with Darren Beachley (guitar), Joey Cox (banjo/guitar), Brandon Godman (fiddle), Josh Swift (guitar), Carl White (bass); All 12 tracks: Monroe's Mandolin/ Lonely Street/ Ain't a Woman Somebody When She's Gone/ Big Wind/ Oh Heart, Look What You've Done/ The Human Race/ Call Me Up and I'll Come Callin' On You/ Yesterday's Songs/ Down Around Bear Cove/ Johnny and Sally/ My Real World of Make Believe/ When the Last of Our Days Shall Come/ ■通算34作目となる(らしい)ドイル・ローソン&クイックシルヴァーのニュー・アルバム。クイックシルヴァーのメンバーは79年のデビュー・アルバム以来「アルバム毎に」と言ってよいほど目まぐるしく入れ替わっていったけれど、クイックシルヴァー・サウンドの軸は全く揺るぐことなく、「新たな人材」を得て極上のアルバムを発表し続けている。また、グループを離れたメンバーの多くは、新たなバンドのリーダーやメンバーとなって次世代のブルーグラスを担う活躍を続けているのだから、ドイルのバンド・リーダーとしての資質・実力といったものは、まるで「50年代から60年代を通してのビル・モンロー」と比較してもおかしくない存在およびBGシーンにおける貢献度だと思う。本作でも、飛びきりのスゴ腕ピッカーとヴォーカリストを率いて、確かな手応えの「クイックシルヴァー・サウンド」を聴かせてくれる。


●DOYLE LAWSON / BEST OF THE SUGAR HILL YEARS('07) 《全18曲収録》   CD-4027 \2480(会員\2380)

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / GOSPEL RADIO GEMS('98)      CD-3879 \2480(会員\2380)

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / HALLELUJAH IN MY HEART('94)    CD-5398J \2480(会員\2380)

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / HEAVEN'S JOY AWAITS       \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / I'LL WANDER BACK SOMEDAY       \2480(会員\2380)

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / KEPT & PROTECTED('97)       \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / MERRY CHRISTMAS FROM OUR HOUSE TO YOUR HOME  \2480(会員\2380)

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / MORE BEHIND THE PICTURE THAN THE WALL('07)   \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / NEVER WALK AWAY      CD-3842  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / PRESSING ON REGARDLESS      CD-5303J \2480(会員\2380)

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / THE HARD GAME OF LOVE('02)      \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / THERE'S A LIGHT GUIDING ME    CD-3845  \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / TREASURES MONEY CAN'T BUY     CD-5303J \2480(会員\2380)

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / WINDING THROUGH LIFE       \2480(会員\2380) 品切れ中

●DOYLE LAWSON & QUICKSILVER / YOU GOTTA DIG A LITTLE DEEPER('05)  CD-0557 \2480(会員\2380)

●DREADFUL SNAKES / SNAKES ALIVE!      \2480(会員\2380) 品切れ中

●DREW EMMITT / ACROSS THE BRIDGE('05)      \2480(会員\2380)
 
also feat. Matt Flinner(banjo/mandolin/bouzouki), Grey Garrison(bass/vo.), Ross Martin(guitar); with Sam Bush, John Cowan, Del McCoury, Ronnie McCoury, Stuart Duncan, Paul Barrere, Jim Lauderdale,

●DREW EMMITT / LONG ROAD('08)     CD-4487 \2480(会員\2380)
 with Tim O'Brien, Darrell Scott, Alison Brown, Andy Hall[Infamous Stringdusters], Ronny McCoury, Billy Nershi[String Cheese Incident]; All 11 tracks: Into the Distance/ Take the Long Way Home/ Gold Hill Line/ Beat of the World/ Take the Highway/ Cloud City/ Get'er Rollin'/ Long Road/ I'm Alive/ Gypsy in My Soul/ River's Risin'/

●DRUHA TRAVA-PETER ROWAN / NEW FREEDOM BELL('99)  \2480(会員\2380)

●DRY BRANCH FIRE SQUAD / 30TH ANNIVERSARY SPECIAL('07)    CD-0585 \2480(会員\2380)

●DRY BRANCH FIRE SQUAD / HAND HEWN       \2480(会員\2380)

●DRY BRANCH FIRE SQUAD / JUST FOR THE RECORD      CD-0306 \2480(会員\2380)

●DRY BRANCH FIRE SQUAD / LIVE AT THE NEW BURY PORT FIREHOUSE[2枚組CD] ('05)   2CD-0527 \2480(会員\2380)
 ドライ・ブランチの2枚組ライヴ・アルバム。2枚組でこの特価。マジです。

●DRY BRANCH FIRE SQUAD / LONG JOURNEY      \2480(会員\2380)

●DRY BRANCH FIRE SQUAD / MEMORIES THAT BLESS & BURN('99)      \2480(会員\2380)

●DRY BRANCH FIRE SQUAD / TRIED & TRUE      \2480(会員\2380)

●DUDLEY CONNELL & DON RIGSBY / ANOTHER SATURDAY NIGHT('01)      \2480(会員\2380)

 IBMAやSPBGMAといった米国のブルーグラス音楽関係の組織から「最優秀ヴォーカリスト」として選ばれているダドリ−・コーネル(ロングヴュ−/セルダム・シーン/元ジョンスン・マウンテン・ボーイズ)とドン・リグスビ−(ロングヴュ−/ロンサム・リヴァ−・バンド)とのデュエット第2弾。ブラザー・デュオ・スタイルによる2人の完璧なヴォーカル・ハーモニー、それが本作のカントリー風味のサウンドにもピッタリで心地よく、ブルーグラス・ファンも大満足。


●DUDLEY CONNELL & DON RIGSBY / MEET ME BY THE MOONLIGHT      \2480(会員\2380)

●DELIVERANCE: DUELING BANJOS ('73) feat. Eric Weissberg % Steve Mandell;  \2480(会員\2380)

●DUE WEST / DUE WEST      \2480(会員\2380)

●DUHKS / DUHKS('05)               CD-3977 \2480(会員\2380)

 produced by Bela Fleck & Gary Paczosa; All 14 tracks: Death Came A Kinckin'/ Mists Of Down Below/ Gene's Machine/ Four Blue Walls/ The Wagoner's Lad/ True Religion/ The Magnolia Set/ You And I/ Everybody Knows/ Dance Hall Girls/ The Dregs Of Birch/ Du Temps Que J'etais Jeune/ Dover, Delware/ Love Is The Seventh Wave/ ■オールドタイムとコンテンポラリー・ミュージックの新しい出会い。ベラ・フレックとゲイリー・パチョーザ(アリスン・クラウスのアルバム・エンジニアとしても有名)の共同プロデュースでデビューした若手男女5人組グループ、ダックス。2人の女性ヴォーカリストがソウルフルに歌い、それに絡むフレイリング・バンジョーとフィドル。時にポップに時にトラディショナルに、若い感性が輝く今一押しのバンドだ。


●DUHKS / FAST PACED WORLD('08)               CD-3977 \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Mighty Storm/ Fast Paced World/ This Fall/ Adam's 3-Step/ Toujours Vouloir/ You Don't See It/ Ship High in Transit/ Magalenha/ Sleepin' is All I Wanna Do/ 95 South/ New Rigged Ship/ I See You/ ■ダックスが08年に発表した4作目。


●DUHKS / MIGRATIONS('06)          CD-4014 \2480(会員\2380)

 produced by Tim O'Brien & Gary Paczosa; All 11 tracks: Ol' Cook Pot/ Mountains Oユ Things/ Heaven's My Home/ The Fox And The Bee/ Down To The River/ Who Will Take My Place/ Moses Donユt Get Lost/ Three Fishers/ Domino Party!/ Out Of The Rain/ Turtle Dove/ ■更に進化を続けるダックスの通算3作目。


●DUHKS / YOUR DAUGHTERS & YOUR SONS('07)          CD-3991 \2480(会員\2380)

●DUST BUSTERS with JOHN COHEN / OLD MAN BELOW('12)      \2480(会員\2380)

●DWIGHT McCALL / NEVER SAY NEVER AGAIN('07)      CD-1031 \2480(会員\2380)
 with Ron Stewart, Harold Nixon, Brian Stephens, Randy Kohrs, Steve Gulley, Alan Bibey, Rickey Wasson, and Missy Werner;


1. アーティスト名 A〜B
2. アーティスト名 
C〜D
3. アーティスト名 
E、F、G、H、I
4. アーティスト名 
J、K
5. アーティスト名 
L、M、N、O
6. アーティスト名 
P、Q、R
7. アーティスト名 
S、T
8. アーティスト名 
U、V、W、日本人アーティスト
9. アーティスト名 
Various Artists

   ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL. 


 

プー横丁のトップページへ