ブルーグラスCD在庫リスト A〜B
ご希望の商品がありましたらメールでご注文下さい。

BLUEGRASS ブルーグラスのメニュー画面へ戻る

ブルーグラスCD在庫リスト インデックス へ戻る

A 

●ABIGAIL WASHBURN / CITY OF REFUGE ('11)     CD-3289 \2480(会員\2380)

●ABIGAIL WASHBURN / ABIGAIL WASHBURN & THE SPARROW QUARTET('08) \2480(会員\2380)

 produced by Bela Fleck; with Bela Fleck, Casey Driessen, Ben Sollee; All 13 tracks: Overture/ A Fuller Wine/ Strange Things/ Great Big Wall in China/ Taiyang Chulai/ Oh Me, Oh My/ Captain/ A Kazakh Melody/ Banjo Pickin' Girl/ Kangding Qingge (Old Timey Dance Party)/ Sugar and Pie/ It Ain't Easy/ Journey Home/ ■全員女性のオールド・タイム・ストリングス・バンド、アンクル・アールのメンバーでバンジョー奏者&ヴォーカリストのアビゲイル・ウォッシュバーンが08年に発表したソロ・アルバム。


●ACOUSTIC HYMNS: SMOKY MOUNTAIN MEMORIES ('97)   CD-06412 \2480(会員\2380)

●ACOUSTIC SYNDICATE / TERRA FIRMA('03)      \2480(会員\2380)

●ACOUSTIC SYNDICATE / TRIBUTARIES('99)      \2480(会員\2380)

●ADAM STEFFEY / HERE TO STAY ('16)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●ADAM STEFFEY / NEW PRIMITIVE ('13)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●ADAM STEFFEY / ONE MORE FOR THE ROAD('09)     \2480(会員\2380)

 produced by Barry Bales; with Alison Krauss, Dan Tyminski, Ronnie Bowman, Chris Stapleton; All 12 tracks: Deep Rough/ One More for the Road/ Don't Lie to Me/ Let Me Fall/ Durang's Hornpipe/ Warm Kentucky Sunshine/ A Broken Heart Keeps Beatin'/ Trusting in Jesu/ Half Past Four/ Please Don't Tell Me How the Story Ends/ What Gives You the Right/ Barnyard Playboy/ 
■元アリスン・クラウス&ユニオン・ステイションのアダム・ステッフィーのセカンド・ソロ・アルバム。


●ADRIENNE YOUNG & LITTLE SADIE / THE ART OF VIRTUE('05)        \2480(会員\2380)

●ALAN BIBEY / IN THE BLUE ROOM ('00)       \2480(会員\2380) 

●ALAN JACKSON / THE BLUEGRASS ALBUM ('13)       \2480(会員\2380) 

●ALAN BIBEY & WAYNE BENSON / THE MANDOLIN CHRONICLES ('02)    \2480(会員\2380) 

●ALAN MUNDE / ALAN MUNDE GAZETTE('04)        \2480(会員\2380) 品切れ中

●ALAN MUNDE / BANJO SANDWICH('73/'05)        \2480(会員\2380) 品切れ中
 
with Roland White, Dave Ferguson, Roger Bush, Doc Hamilton; 13 tracks: Whisperin' George/ Blackberry Blossom/ Sleepy Eyed John/ Sally Johnson/ Beat the Heat/ etc. ■アラン・マンディが73年に発表したバンジョー・アルバムの傑作が遂に初CD化。

●ALAN MUNDE GAZETTE / MADE TO LAST('08)     \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 12 tracks: Wave Goodbye/ Fool's Gold/ Traditional Family Breakdown/ Made to Last/ Little Teardrops/ Brown County Breakdown/ Above the Waterline/ John Hardy/ Penthouse to the Poorhouse/ The Run of '89/ Haul Away/ What's So Good About Goodbye?/


●ALAN MUNDE & ADAM GRANGER / DAPPLE PATTI ('12)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●ALAN MUNDE & BILLY BRIGHT / BRIGHT MUNDE ('14)     \2480(会員\2380) 品切れ中

●ALAN SENAUKE / WOODEN MAN: OLD SONGS FROM THE SOUTHERN TRADITION('02)     CD-9065 \2480(会員\2380)
 with Bill Evans, Matt Glaser, Jon Sholle, Kate Brislin, Marty Cutler, Jody Stecher, Evan Stover, Eric & Suzy Thompson and others; All 18 tracks: Diamonds In The Rough/ All Night Long/ Meeting Is Over/ The Honky Tonk Song/ What Was I Supposed To Do/ etc. ■フラットピッキング・ギターの名手であり、大の親日家でもあるアラン・セナウキーが02年に発表したアルバムは、オールドタイム&アーリー・ブルーグラス集。彼の人脈が窺える参加ミュージシャンの顔ぶれにもご注目。

●ALECIA NUGENT / A LITTLE GIRL... A BIG FOUR-LANE('06)    CD-0566 \2480(会員\2380)

 produced by Carl Jackson; with Alison Krauss, Doyle Lawson, Rebecca Lynn Howard, Cia Cherryholmes, Bradley Walker; All13 tracks: Too Good to Be True/ Muddy River/ God Knows What/ Dozen White Roses/ Where His Wheels Left the Road/ I Cried All the Way to Kentucky/ When It Comes Down to Us [It's All Up to You]/ You've Still Got It/ Breaking New Ground/ It Won't Be Me/ Letter from Home/ Somewhere Else to Fall/ Meet Me in Heaven Someday/ 
■アレシア・ヌージェントの2作目。プロデューサー、カール・ジャクスンが牽引するブルーグラス界の潮流の1つ、アコースティック・カントリー風味のブルーグラスを見事に体現するアレシアのヴォーカルの妙味を堪能できるアルバム。


●ALICE GERRARD / BITTERSWEET ('13) produced by Laurie Lewis;    CD-1008 \2480(会員\2380)

●ALICE GERRARD & MIKE SEEGER
/ BOWLING GREEN     \2480(会員\2380)

 All 26 tracks: Bowling Green/ St. Louis Blues/ Fugitive's Lament/ Oh Blue/ Old Bunch of Keys/ Sugar Baby/ Dear Companion/ Doggin' in the U.S. Mail/ Quiero Decir Gracias/ Love Was the Price/ Needmore/ Pretty Polly/ Gone to View That Land/ New Freedom March/ In My Dear Old Southern Home/ Coal Miner's Blues/ Victory Rag/ Black Water/ Private John Q/ Buck Dancers Choice/ Sunny Side of Life/ You Done Me Wrong/ Queen Jane/ Sometimes I Feel Like a Motherless Child/ Sweet Sunny South/ 
■1980年にグリーンへイズ・レコードから発売されたアリス・ジェラードとマイク・シーガーのアルバム収録曲に1971年にリリースされたライヴ・アルバムの音源とマイク・シーガー所有のレア音源を加えた全26トラック収録。


●ALISA JONES / HAMMERED DULCIMER     \2480(会員\2380)
 with Mark Howard, Roy Huskey Jr.; ■クラスター・プラッカーズのメンバーとしても知られるマーク・ハワードのプロデュースと参加で見事に仕上がったアリサ・ジョーンズ(グランパ・ジョーンズの娘)のハマー・ダルシマー作品集。

●ALISON BROWN / ALISON BROWN QUARTET('96)      特価 \2480(会員\2380)

●ALISON BROWN / THE COMPANY YOU KEEP('09) ≪送料無料≫  CD-4482 特価 \2480(会員\2380)

 with John H. Burr(piano), Garry West( bass), John Doyle(guitar), Joe Craven(fiddle/mandolin), Stuart Duncan(fiddle); All 10 tracks: Crazy Ivan/ Rocket Summer/ The Road West/ Drawing Down the Moon/ Under the (Five) Wire/ Rain or Shine/ Over Nine Waves/ Forky on the Water/ The Clean Plate Club/ Waltz for Mr. B/ 
■アリスン・ブラウンが09年に発表したソロ・アルバム。BG、ジャズ、ケルティックなど様々な作風のオリジナル作品は、いずれも明るく爽やかな作風でサッパリとした「あと味」が気持ちよい。まさにアリスンの魅力全開の傑作である。
買い物カゴでのオーダーはコチラ


●ALISON BROWN / EVERGREEN('08) ≪送料無料≫   CD-4470 特価 \2480(会員\2380)

 All 8 tracks: Carol and the Kings/ Sleigh Ride/ Two Santas/ O'Carolan's〜Welcome Christmas/ Skating〜Feliz Navidad/ Let It Snow/ Christmas Time is Here/ The Little Drummer/ 
■アリスン・ブラウン初のクリスマス・アルバム。
買い物カゴでのオーダーはコチラ


●ALISON BROWN / FAIR WEATHER('00) ≪送料無料≫ CD-4292 特価 \2480(会員\2380)

 with Tony Rice, Claire Lynch, Tim O'Brien, Sam Bush, David Grier, Vince Gill, Stuart Duncan; All 12 tracks: Late on Arrival/ Fair Weather (feat. Vince Gill)/ Poe's Pickin' Party/ Everyday I Write The Book/ The Devil Went Down to Berkeley/ Hummingbird (feat. Claire Lynch)/ Girl's Breakdown/ Everybody's Talkin' (feat. Tim O'Brien)/ Deep Gap/ Shake and Howdy/ Leaving Cottondale/ Sweet Thing/ 
■アリスン・ブラウンの2000年に発表したアルバム。本作でグラミー賞を獲得した傑作。
買い物カゴでのオーダーはコチラ


●ALISON BROWN / LOOK LEFT('94)            \2680(会員\2580)

 All 10 tracks: touffe Brutus?/ View From Above/ Look Left/ Rain Again/ Red Earth/ Deep North/ Dalai Camel/ Inspector/ Cara's Way(The Little People)/ Traveler's Rest/


●ALISON BROWN / REPLY('02) ≪送料無料≫         CD-4321 特価 \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Red Balloon/ Lorelei/ Late On Arrival/ Daytime TV/ My Favorite Marsha/ Spiderman Theme/ The Wonderful Sea Voyage/ Without Anastasia/ The Inspector/ Chicken Road/ G Bop/ Etoufee Brutus?/ Shoot The Dog/ Mambo Banjo/ The Promise Of Spring/ 
■それまでにリリースした6枚のソロ・アルバムの中から人気曲を新たに録音した13曲に未発表曲2曲を加えた全15曲収録。
買い物カゴでのオーダーはコチラ


●ALISON BROWN / STOLEN MOMENTS('05)
≪送料無料≫    CD-4400 特価 \2480(会員\2380)

All 11 tracks: The Sound Of Summer Running/ The Magnificent Seven/ Homeward Bound/ The Pirate Queen/ Carrowkeel/ Angel/ McIntyre Heads South/ One Morning In May/ (I'm Naked And I'm) Going To Glasgow/ Prayer Wheel/ Musette For A Palindrome/
買い物カゴでのオーダーはコチラ


●ALISON BROWN / TWILIGHT MOTEL('92)          \2680(会員\2580)

 All 10 tracks: First Light/ Lorelei/ Twilight Motel/ Blue Marlin/ Saint Genevive/ Gods of Brazil/ Shoot the Dog/ Pelican Bay/ Chicken Road/ Sweet Times Flow Softly/


●ALISON BROWN QUARTET / OUT OF THE BLUE('98) ≪送料無料≫ CD-4248 特価 \2480(会員\2380)

 All 10 tracks: Out of the Blue/ Dantes' Paradise/ Coast Walk/ Four for Launch/ Road to Corossol/ Mood Ring/ Samba del Sol/ Sands of Sound/ Return to Pelican Bay/ Rebel's Bolero/ ■2度の来日でスッカリお馴染みのアリスン・ブラウン(banjo)の98年作。90年から発表し始めたソロ・アルバムも、本作が通算5作目だ。人気・実力ともトップの仲間入りを果たした彼女に、もう「元アリスン・クラウス&ユニオン・ステイション」の肩書きは不要だろう。本作は、ジャズ/クラシック/ラテン/ポップなどの要素を持ちつつ、決して難解にならず聴き易くリスナーの心を捕える彼女の素晴しいオリジナル作品10曲が収録されている。自信にあふれた見事なインスト・アルバムだ。買い物カゴでのオーダーはコチラ


アリスン・クラウス&ユニオン・ステイションのニュー・アルバム『PAPER AIRPLANE』 入荷!!
●ALISON KRAUSS & UNION STATION / PAPER AIRPLANE [通常盤] CD-0665 \2480(会員\2380)

 also feat. Dan Tyminski (guitar/mandolin/vo.), Barry Bales (bass/harmony vo.), Ron Block (banjo/guitar/vo.), Jerry Douglas (dobro/harmony vo.); All 11 tracks: Paper Airplane/ Dust Bowl Children/ Lie Awake/ Lay My Burden Down/ My Love Follows You Where You Go/ Dimming of the Day/ On the Outside Looking In/ Miles to Go/ Sinking Stone/ Bonita and Bill Butler/ My Opening Farewell/ ■アリスン・クラウス&ユニオン・ステイションのニュー・アルバム。ユニオン・ステイション名義のアルバムとしては04年にリリースされた『LONELY RUNS BOTH WAYS』以来だ。98年にジェリー・ダグラスが加入して以降はメンバー・チェンジもなく、鉄壁のバンド・アンサンブルに磨きをかけた10年余だった。ロバート・リー・キャッスルマンによるアルバム・タイトル曲「Paper Airplane [紙飛行機]、ピーター・ローワンのオリジナル曲「Dust Bowl Children」にアルバムの最後を飾るジャクスン・ブラウンの「My Opening Farewell」など全11曲。 ※買い物カゴでのオーダーは、コチラからどうぞ


●ALISON KRAUSS & ROBERT PLANT / RAISING SAND('07)    \2480(会員\2380)

 produced by T-Bone Burnett; with Norman Blake(guitar), Mike Seeger(autoharp), Dennis Crouch(bass), Marc Ribot(guitar), T-Bone Burnett(guitar), Riley Baugus, and others; All 13 tracks: Rich Woman/ Killing the Blues/ Sister Rosetta Goes Before Us/ Polly Come Home/Gone Gone Gone (Done Moved On)/ Through the Morning, Through the Night/ Please Read the Letter/ Trampled Rose/ Fortune Teller/ Stick with Me Baby/ Nothin'/ Let Your Loss Be Your Lesson/ Your Long Journey/ ■「オー・ブラザー効果」と言われるほどの社会的現象にもなり、ブルーグラスを含めたトラディショナル・ミュージックへの関心を市井の人々に集めさせるきっかけとなった映画『オー・ブラザー』。同映画のサントラ盤のプロデューサー、Tボーン・バーネットは、その後も映画『コールド・マウンテン』のサントラ盤(主題歌はアリスン・クラウスが歌っていた)などを手がけ、多くのブルーグラス・ファンにも支持される良質の音楽を世に出してきた。そのバーネットが「再び凄い事をやらかした」と話題になっているのが本作、アリスン・クラウスとロバート・プラントの初デュエット・アルバムだ。エヴァリー・ブラザーズ、ジーン・クラーク、トム・ウェイツ、タウンズ・ヴァン・ザント、サム・フィリップスの作品、あのロリー・サリーが『MORE MUSIC FROM MUD ACRES: WOODSTOCK MOUNTAINS』で歌っている名曲「Killing the Blues」をカヴァーするなど、その確かな美意識に裏付けられた趣味の良い選曲に先ず脱帽。ブルース、テキサス・カントリー、フォーク・ロックと様々な音楽を内包しつつ、マイク・シーガーとノーマン・ブレイクを招いたアルバムのクロージング・ナンバーにトラディショナル作品「Your Long Journey」を配して、トラディショナルな余韻を残して締めくくられる全13曲。勿論、もろブルーグラスなアルバムではないが、アリスン・クラウスの新たな魅力をより多くのファンにアピールする事に成功しているといえるだろう。お薦めしたい。


●ALISON KRAUSS / ESSENTIAL ALISON KRAUSS('09)     \2480(会員\2380)

 All 14 tracks: Simple Love/ Sister Rosetta Goes Before Us/ Let Me Touch You For Awhile/ The Lucky One/ So Long, So Wrong/ Empty Hearts/ Every Time You Say Goodbye/ Wish I Still Had You/ Broadway/ Baby Now That I've Found You/ Sawing On The Strings/ Restless/ When You Say Nothing At All/ A Living Prayer/ ■新たな選曲でリリースされたアリスン・クラウスのニュー・ベスト・アルバム。全14曲収録。


●ALISON KRAUSS / A HUNDRED MILES OR MORE: A COLLECTION('07)  \2480(会員\2380)

 All 16 tracks: You're Just A Country Boy/ Simple Love/ Jacob's Dream/ Away Down The River/ Sawing On The Strings/ Down To The River To Pray/ Baby Mine/ Molly Ban/ How's The World Treating You/ Scarlet Tide/ Whiskey Lullaby/ You Will Be My Ain True Love/ I Give You To His Heart/ Get Me Through December/ Missing You/ Lay Down Beside Me/ ■待望のアリスン・クラウスのニュー・アルバム。未発表の新曲5曲を含む全16曲が収録されており、新曲以外の11曲も他のアーティストのアルバム(チーフテンズ、ナタリー・マクマスター、ブラッド・ペイズリー、ジョン・ウェイト)や他の企画アルバム(『THE BEST OF COUNTRY SING THE BEST OF DISNEY』『LIVIN', LOVIN', LOSIN': SONGS OF THE LOUVIN BROTHERS』)や(『THE PRINCE OF EGYPT』『O BROTHER, WHERE ART THOU?』『COLD MOUNTAIN』)など、いずれの曲もアリスン自身の既発アルバムには収録されていないものばかりだ。中には、ナッシュヴィルのCMT(カントリーのミュージック・ビデオを24時間放映しているTV局)での「MTV's 2004 Flame Worthy Video Music Awards Show」で演奏された「Sawing On The String」も含まれており、この曲ではユニオン・ステイションのメンバーに加えてトニー・ライス、サム・ブッシュ、スチュアート・ダンカン等も参加していて、トニーのギター・ソロやサム・ブッシュとダン・ティミンスキのツイン・マンドリンが含まれ、ファン興奮の1曲である。全16曲、67分を超える収録時間。様々な作風の曲が並ぶ本作で、何よりも深く印象に残るのはアリスンの唯一無二のクリスタル・ヴォーカルだ。当然と言えば当然だが、その事に改めて気付かされるこの新作は、彼女のヴォーカルの素晴らしさに心ゆくまで浸れるアルバムに違いない。


●ALISON KRAUSS / FORGET ABOUT IT('99)      CD-0465 \2480(会員\2380)

●ALISON KRAUSS / NOW THAT I'VE FOUND YOU      \2480(会員\2380)
 アリスン・クラウスのメジャーな音楽シーンでの人気を決定づけた95年作。3曲の未発表作品を含むベスト盤だが、200万枚を超えるセールスを獲得し、アメリカのカントリー・アルバム・チャートに112週間もランクされるなど、記録づくしのアルバムだった。それまでの彼女の作品を一望するのに最適のアルバムだろう。

●ALISON KRAUSS / TOO LATE TO CRY      CD-0235 \2480(会員\2380)

●ALISON KRAUSS / I'VE GOT THAT OLD FEELING('90)     CD-0275 \2480(会員\2380) 

●ALISON KRAUSS & UNION STATION / EVERY TIME YOU SAY GOODBYE('92)    \2480(会員\2380)
 アリスン・クラウスの通算4作目。アリスン・ブラウンに替わって加入したロン・ブロックは元ウェアリー・ハーツのメンバーだった男。作曲もできるキレ者で、早くも本作に3曲のオリジナル作品を提供。人気実力ともトップ・アーティストとして伸びざかりだった頃のアルバムだ。92年リリース。

●ALISON KRAUSS & UNION STATION / LIVE[2枚組CD]   2CD-0515 \3000(会員\2900)

  All 25 tracks: When You Say Nothing At All/ Baby, Now That I've Found You/ The Lucky One/ Let Me Touch You For Awhile/ I Am a Man of Constant Sorrow/ Down to the River to Pray/ Forget About It/ Oh, Atlanta/ Stay/ Maybe/ Broadway/ Everytime You Say Goodbye/ Ghost in this House/ But You Know I Love You/ New Favorite/ We Hide and Seek/ Choctaw Hayride/ Cluck Old Hen/ There is a Reason/ Faraway Land/ Tiny Broken Heart/ Bright Sunny South/ A Tribute to Peador O'Donnell〜Monkey Let the Hogs Out/ The Boy Who Wouldn't Hoe Corn/ Take Me for Longing; ■ アリスン・クラウス&ユニオン・ステイション、ファン待望の新譜が発売。しかも、初ライヴ・アルバムである。ジェリー・ダグラス、ダン・ティミンスキー、ロン・ブロック、バリー・ベイルズ、という最高のメンバーを擁した現在のユニオン・ステイションを率いて2002年春に行なわれたツアーから選曲されたベスト・ライヴ・トラックの数々。
収録作品の中には、200万枚以上のセールスを記録したアルバム『NOW THAT I'VE FOUND YOU』からの「When You Say Nothing At All」と「Baby, Now That I've Found You」、昨年リリースした大ヒット・アルバム『NEW FAVORITE』からの「The Lucky One」と「Let Me Touch You For Awhile」、メガ・ヒットしたサントラ盤『O BROTHER, WHERE ART THOU?』に収録された彼等の「I Am a Man of Constant Sorrow」と「Down to the River to Pray」も含まれている。


●ALISON KRAUSS & UNION STATION / LONELY RUNS BOTH WAYS('04)   \2480(会員\2380)

 All 15 tracks: Gravity/ Restless/ Rain Please Go Away/ Goodbye Is All We Have/ Unionhouse Branch/ Wouldn't Be So Bad/ Pastures Of Plenty/ Crazy As Me/ Borderline/ My Poor Old Heart/ This Sad Song/ Doesn't Have To Be This Way/ I Don't Have To Live This Way/ If I Didn't Know Any Better/ A Living Prayer/ ■アリソン・クラウス&ユニオン・ステーションのニュー・アルバム。スタジオ録音作としては『NEW FAVORITE』以来3年ぶりの新譜だ。ジェリー・ダグラスが正式メンバーになって(いつ辞めるんだろうという心配も徒労に終わった)から更にパワー・アップし、唯一無二のアンサンブルを形成する事に成功したアリソン・クラウス。「天使のような歌声」と賞される彼女のクリスタルなヴォーカルとダン・ティミンスキーのBGソウルに溢れたヴォーカルを二枚看板に快進撃を今も続けている。ギリアン・ウェルチや注目の女性シンガー・ソングライター、ドナ・ヒューズ等の優れたオリジナル作品を取り上げ、アルバムに収めるその選曲センスも抜群だ。全面的にお薦めしたい。


●ALISON KRAUSS & UNION STATION / NEW FAVORITE('01)      \2480(会員\2380)

 アリスン・クラウス&ユニオン・ステイションが01年に発表したアルバム。前作よりジェリー・ダグラスが正式に加入し、更にパワーアップしたバンドサウンド。全て新録音による全13曲。


●ALISON KRAUSS & UNION STATION / SO LONG SO WRONG('97)     \2480(会員\2380)
 アリスン・クラウス&ユニオン・ステイションの、オリジナル・アルバムとしては「EVERY TIME YOU SAY GOODBYE(CD-0285)」以来となる5年振りの新作。未発表3曲を含むベスト盤、95年の前作「NOW THAT I'VE FOUND YOU(CD-0325)」は200万枚を超えるセールスを獲得し、アメリカのカントリー・アルバム・チャートに112週間もランクするなど、記録づくしのアルバムだった。その後だけに、どーなるのかと思ってたら、この新作はカントリー・チャートで初登場5位という「モノ凄さ」だ。とはいえ、モノ凄いのは、そんな数字上の事ではない。メジャー・シーンの最先端に立っているアリスンが、アルバム・セールスを伸ばすために音楽的に妥協したりとか、メジャーの音作りに迎合したりする事を「全くしていない」のが凄いのだ。ゲストなし。メンバー5人だけの究極のブルーグラス・アンサンブルで作り上げた全14曲。楽器演奏、リード・ヴォーカルとも全員をフィーチャーしたアレンジに加え、メジャー・ヒットも狙える選曲(70年代NGRが好んで歌ったボブ・ルーカスの作品を初め、ハーリー・アレン、ジェフ・ホワイトマーク・シモズ、アリスンの弟ヴィクターとM・マクドナルドの共作など)は、まさに脱帽ものだ。そして、オリジナル作品2曲が収録されているロン・ブロック(banjo/guitar/vo.)の作曲センスは、本作でも特筆したい。文句ナシに素晴しい出来ばえだ。歌詞付き。 

●ALISON KRAUSS & UNION STATION / TWO HIGHWAY('89)      CD-0265 \2480(会員\2380)

●ALISON KRAUSS & THE COX FAMILY / I KNOW WHO HOLDS TOMORROW('94)    \2480(会員\2380) 

●ALY BAIN, ALE MOLLER, BRUCE MOLSKY / MEETING POINT ('14)   \2680(会員\2580)

●ANDREA ZONN / LOVE GOES ON ('03)      \2480(会員\2380) 

●ANDREA ZONN / RISE ('15)      \2480(会員\2380) 

●ANDY FALCO / SENTENCED TO LIFE WITH THE BLUES   CD-125 \2480(会員\2380)

 produced by Cody Kilby; with Cody Kilby(mandolin/banjo/dobro), Ronnie McCoury(mandolin), Adam Steffey(mandolin), Noam Pikelny(banjo), Josh Wiliams(mandolin), Jim Van Cleve(fiddle), Andy Leftwich(fiddle), Rob Ikes(dobro), Alecia Nugent(vo.), Luke Bulla(vo.), Andy Hall(dobro) All 13 tracks: Back Home Again/ A Baby's Dream/ Love For The Land/ Willow's Waltz/ Sentence to Life With the Blues/ Missing You/ Porcupine Cove/ Rattlesnake Creek/ And When I Die/ Ain't My Baby Anymore/ Mollie's Horses/ Poor Man Rich/ Amazing Grace/ ■噂のフラットピッカー、アンディ・ファルコのソロ・アルバム。インスト作品も含め彼自身のオリジナル作品を中心にローラ・ニーロの「And When I Die」も含み、クロージング・ナンバーに選ばれたお馴染みのゴスペル曲「Amazing Grace」をフラットピッキング・ギターのソロ演奏でプレイし、静かに幕を閉じる。


●ANDY LEFTWICH / RIDE('03)      \2480(会員\2380)

●ANDY STATMAN / ANDY'S RAMBLE('94)      CD-0244 \2480(会員\2380)
 アンディ・スタットマンのストレイトなBGインスト集。サポートするのはトニー・トリシュカ、ジョン・ショール、ヴァッサー・クレメンツ、ケニー・コセック等。お薦め盤。

●ANY OLD TIME STRING BAND / I BID YOU GOODNIGHT ('78/'96) [Cut-Out CD]    CD-2321 \1980(会員\1880)

●AOIFE O'DONOVAN / FOSSILS ('13)    CD-2321 \2480(会員\2380)

●AOIFE O'DONOVAN / IN THE MAGIC HOUR ('16) ≪6曲入りボーナスCD付き2枚組≫   \2880(会員\2780)

●APRIL VERCH / TAKE ME BACK('06)    CD-7062 \1980(会員\1880)
 
with Claire Lynch, Buddy Miller, Julie Miller; All14 tracks: Take Me Back/ Gland Slaque/ All in a Night/ Monarch/ I Still Cry/ Eclipse/ Bride of Jesus/ Loggers in the Short Grass/ Tennessee Wagoner/ Cruel Moon/ Seven Years/ Tom, Brad & Alice/ Wings to Fly/ This Ottawa Valley/  

●ASHBY FRANK / FIRST CROSSING('00)    \2480(会員\2380)
 produced By Lou Reid; with Alan O'Bryant, Stuart Duncan, Lou Reid, Kenny Smith, Rob Ikes, Barry Bales, Gena Britt, All 14 songs: Soldier's Joy/ Tombstone Junction/ Philladelphia Lawyer/ Sure-Fire/ Goin' Across The Sea/ etc. ■若きマンドリン奏者、アシュビー・フランクのデビュー盤。ルー・リードのプロデュースのもと、上記のような豪華な顔ぶれにサポートされた好盤だ。全14曲中、インスト作品が5曲。他は(1曲のみ本人のリード・ヴォーカル)ゲスト・リード・ヴォーカリストを招いてのヴォーカル物。

●ASHLEE BLANKENSHIP / ASHLEE BLANKENSHIP & BLADES OF BLUE   \2480(会員\2380)

●AUBREY HAYNIE / A MAN MUST CARRY ON      CD-SH-3908 \1980(会員\1880)
 with Jerry Douglas, Carl Jackson, Rob Ickes, Bryan Sutton, Ronnie Bowman, and Dan Tyminski; ■数々のアルバムでの素晴しいフィドル・プレイで既にファンにはお馴染みのオウブリー・ヘイニー(fiddle/mandolin)。97年のソロ・デビュー作『DOIN' MY TIME』に続く、ソロ第2作目がコレ。本作は発表時(2000年)まだ26歳(74年3月生まれ)とは思えぬセンスと超絶テクで、聴く者を圧倒する。収録曲の大半がオリジナル作品というのも自信の表われだろう。お見事。

●AUBREY HAYNIE / DOIN' MY TIME('97)     \2480(会員\2380)
 with Bela Fleck(banjo), Jerry Douglas(dobro), Ricky Skaggs(vo.), Alan O'Bryant(banjo/vo.), Mike Compton(mandolin), Don Rigsby(vo.), Dan Tyminski(vo.), Scott Vestal(banjo) & others; All 14 songs: Dark Hollow/ Doin' My Time/ Turkey in the Straw/ Trouble in Mind/ etc. ■数々のアルバムでの素晴しいフィドル・プレイで既にファンには有名なオウブリー・ヘイニー(fiddle/mandolin)のソロ作。ゲスト・リード・ヴォーカリストにアラン・オブライエント、ダン・ティミンスキー、ドン・リグスビーを招いた3曲以外はインスト曲。まだ23歳(74年3月生まれ)とは思えぬセンスと超絶テクで、聴く者を圧倒する。収録曲の半数がオリジナル作品というのも自信の表われだろう。お見事。

AUDIE BLAYLOCK / AUDIE BLAYLOCK & REDLINE('09)     \2480(会員\2380)

 All 12 tracks: Whispering Waters/ Two Lonely Hearts/ My Darling's Last Goodbye/ Lonesome Weary Heart/ You'll Never Be The Same/ Send Me Your Address From Heaven/ My Blue Eyed Darling/ Lonely River/ Goodbye/ Roll On Blues/ Who'll Sing For Me?/ Mountain Laurel in Bloom/ ■50年代〜60年代のブルーグラスが内包していた息吹きを感じさせるオウディ・ブレイロックの09年作。ハードにドライヴするブルーグラスの醍醐味を堪能できる1枚。


●AUDIE BLAYLOCK / CRYIN' HEART BLUES('10)     \2480(会員\2380)

●AUDIE BLAYLOCK / HARD COUNTRY ('12)         \2480(会員\2380)
 with Jesse Brock, Patrick McAvinue, Russ Carson, Jason Moore, Josh Shilling, Robbie Turner, and Chris Brown; All 10 tracks: A Real Good Way to Lose/ The Chair/ Home is Where the Heart Is/ A Natural Thing/ Philadelphia Lawyer/ 14 Days/ Stormy Horizons/ On the Road/ A Grandmother's Love/ Newton's Grove/ ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●AUDIE BLAYLOCK & REDLINE / I'M GOING BACK TO OLD KENTUCKY: A BILL MONROE CELEBRATION   \2480(会員\2380)

 with Del McCoury, Glen Duncan, Ronnie McCoury, Bobby Osborne, Carl Jackson, Lou Reid, Jason Carter; All 12 tracks: I'm Going Back to Old Kentucky/ You'll Find Her Name Written There/ In Despair/ On the Old Kentucky Shore/ Out in the Cold World/ When the Golden Leaves Begin to Fall/ My Little Georgia Rose/ Mighty Dark to Travel/ Cry Cry Darlin'/ I Was Left on the Street/ Lord Lead Me On/ Tall Timber/ ■リン・モリス、ロンダ・ヴィンセント、マイケル・クリープランド等のバンドでキャリアを磨き、自らのバンド、レッドラインズを率いてトラッド・グラス一筋に活躍するオウディ・ブレイロックのニュー・アルバム。ビル・モンロー生誕100年記念として発表されたモンロー作品集。デルとロ二ーのマッカリー親子、ボビー・オズボーン、カール・ジャクスン、ルー・リード、グレン・ダンカン、ジェイスン・カーター等の豪華ゲストを適材適所に配し、彼のハイ・ロンサムなヴォーカルが冴えわたる。
  
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●AULDRIDGE, REID & COLEMAN / HIGH TIME('90) [送料無料]   \2480(会員\2380)
 with Alison Krauss, John Starling, John Jennings; ■3人とも当時のセルダム・シーンのメンバーだったマイク・オールドリッジ、テリー・リード、マイケル・T・コールマンが90年に発表したアルバム。アリスン・クラウス、ジョン・スターリング(ex-Seldom Scene)もゲスト参加した傑作。全面的にお薦めする。

●AULDRIDGE-HEFFERNAN-RUGG / RESOCASTERS('02)       \2480(会員\2380)
 feat. Mike Auldridge, Jim Heffernan, Hal Rugg; with Brad Paisley, Joe Diffie, Jim Hurst, Sonya Isaacs, Dennis Crouch, Kenny Malone;

●BAD LIVERS / HORSES IN THE MINES    \2480(会員\2380)
 テキサス州オースティンを拠点に活躍するバッド・リヴァースは、リーダーでバンジョー奏者のダニー・バーンズ率いる前衛パンク・オールド・タイム&ブルーグラス・バンド。94年にQuaterstickレーベルからリリースされた貴重盤。

●BAILEY BROTHERS & THE HAPPY VALLEY BOYS / TAKE ME BACK TO HAPPY VALLEY('02)    CD-0030 \2480(会員\2380)
 あのベイリー・ブラザーズ&ザ・ハッピー・ヴァリー・ボーイズの名盤がファン待望のCD化。1930年代後半から活躍し、チャールズとダニーのベイリー兄弟によるタイトなブラザー・デュオ・ヴォーカルで人気を博した彼等のオーセンティックなブルーグラス・サウンドが今蘇る。

●BAKER BOYS / LONESOME WEARY HEART('08)       \2480(会員\2380)

●BALSAM RANGE / TRAINS I MISSED('10)               CD-1295 \2480(会員\2380)

BARRY SCOTT & SECOND WIND / IN GOD'S TIME('09)  \2480(会員\2380)

 with Vince Gill; All 14 tracks: Take a Moment and Live/ The Only Thing That Matters/ Is That the Lights of Home?/ Oh What a Day/ In God's Time/ A Glorified Body/ When the Eagle Flies/ On the Wings of Angels/ Plan of Salvation/ When He Comes Down/ In That Land/ Forever Contented/ Have You Met My Friend?/ Living Daddy's Dream/ ■元ドイル・ロウスン&クィックシルヴァーのバリー・スコットが発表したソロ・アルバム。2曲にヴィンス・ギルもゲスト・ヴォーカリストとして参加した抜群のBGゴスペル・アルバム。


●BARRY & HOLLY TASHIAN / READY FOR LOVE  \2480(会員\2380)
 produced by Jim Rooney; with Emmylou Harris, Jim Rooney, Al Perkins, Kieran Kane, Richard Bennett, Stuart Duncan, Kenny Malone, Roy Huskey; ■夫婦デュオ、バリー&ホリー・タシアンが93年に発表した抜群のアルバム。デエット・ヴォーカルの美しさを堪能できる傑作。良い!!

●BARRY & HOLLY TASHIAN / STRAW INTO GOLD('94)  \2480(会員\2380)
 ピーター・ローワンも絶賛する美しいクロース・ハーモニーが魅力の夫婦デュエット、バリー&ホリー・タシアンの94年作。

BARTLEY BROTHERS / HIT THE ROAD('10)    \2480(会員\2380)

◆BASCOM LAMAR LUNSFORD / MINSTREL OF THE APPALACHIANS    \2625

●BASCOM LAMAR LUNSFORD / BALLADS, BANJO TUNES, AND SACRED SONGS OF WESTERN NORTH CAROLINA         \2480(会員\2380)

●BASHFUL BROTHER OSWALD / DON'T SAY ALOHA        CD-0080 \2480(会員\2380)
 with Sam Bush(fiddle), Charlie Collins(guitar/mandolin/vo.), Buck White(mandolin/piano) & others; ■(98年)現在も毎週末に永年の相棒、C・コリンズと共にグランド・オール・オープリーのステージで演奏しているというブラザー・オズワルド(本名ピート・カービー)は、99年1月にはオープリーでの芸能生活(ナント!)60年になるという、今なお現役のプロ・ミュージシャンだ。ロイ・エイカフのスモーキー・マウンテン・ボーイズの花形メンバーとして1930年代からドブロを弾き、そのスタイルはショット・ジャクスンをはじめ多くのスティール奏者にも多大な影響を与えた。 歴史的大名盤『WILL THE CIRCLE BE UNBROKEN: 永遠の絆 VOL.1』に収録の「Wabash Cannonball」等での彼のプレイに和んだ方も多いだろう。その彼が72年に発表した『BROTHER OSWALD』に続いてリリースした本作が、遂にCD化。95年エイカフが亡くなるまで、50年の長きにわたってロイ・エイカフをサポートしてきた彼の、いぶし銀のドブロ・プレイが冴える。

●BAUCOM, BIBEY, GRAHAM & HALEY / BAUCOM, BIBEY, GRAHAM & HALEY('98)   CD-REB1743  \2480(会員\2380)

●BAUCOM, BIBEY & BLUE RIDGE / COME ALONG WITH ME('02)      \2480(会員\2380) 品切れ中

●BEACON HILL BILLIES / DUFFIELD STATION     \2480(会員\2380)
ボストン・アクースティック・バンドのメンバーとして2度来日しているJ・ライアン、J・ミゲーン等、ビーコン・ヒルビリーズの1作目。

●BEARFOOT / AMERICAN STORY ('11)    \2480(会員\2380)

●BEARFOOT / FOLLOW ME ('10)    \2480(会員\2380)

●BEARFOOT / DOORS & WINDOWS ('09)    \2480(会員\2380)

 feat. Kate Hamre (bass/vo.), Mike Mickelson (guitar/vo.), Jason Norris (mandolin/vo.), Angela Oudean (fiddle/vo.), Odessa Jorgensen (lead vo./fiddle/guitar); with Alison Brown(banjo), Andy Hall(dobro), Todd Phillips(bass), Andrea Zonn(strings); All 11 tracks: Oh My Love/ In the Golden Zone/ Heaven/ Doors and Windows/ Before I Go/ Caroline/ Don't Let Me Down/ My One True Love/ Free Circus/ Northward Bound/ Good in the Kitchen/ ■アラスカ州から飛び出した男女混合の新人バンド、ベアフットのデビュー・アルバム。ビートルズの「Don't Let Me Down」も含む全11曲。ビルボード誌のブルーグラス・アルバム・チャートで1位を獲得し、エライことになっている。リード・ヴォーカル&フィドル担当で本作で4曲のオリジナル作品を提供しているオデッサの少しけだるそうな歌いぶりが凄く良い。


●BECKY BULLER / REST MY WEARY FEET('00)  \2480(会員\2380)

●BELA FLECK, ZAKIR HUSSAIN & EDGAR MEYER / THE MELODY OF RHYTHM: TRIPLE CONCERTO & MUSIC FOR TRIO('09)     \2800(会員\2700) 品切れ中

 All 9 tracks: Bahar/ Out of the Blue/ Bubbles/ The Melody of Rhythm, Movement 1/ The Melody of Rhythm, Movement 2/ The Melody of Rhythm, Movement 3/ Cadence/ In Conclusion/ Then Again/ ■ベラ・フレックが早くもリリースしたニュー・プロジェクトはエドガー・メイヤー等とのトリオ名義でデトロイト交響楽団との共演によるライヴ・レコーディング。


●BELA FLECK / THROW DOWN YOUR HEART: TALES FROM THE ACOUSTIC PLANET VOL.3('09)   \2480(会員\2380) 品切れ中

 produced by Bela Fleck; All 18 tracks: Tulinesangala/ Kinetsa/ Ah Ndiya/ Kabibi/ Angelina/ D'Gary Jam/ Throw Down Your Heart/ Thula Mama/ Wairenziante/ Buribalal/ Zawose/ Ajula/Mbamba/ Pakugyenda Balebauo/ Jesus Is the Only Answer/ Matitu/ Mariam/ Djorolen/ Dunia Haina Wema〜Thumb Fun/ ■ベラ・フレックの最新ソロ・アルバム。1995年から始まった『TALES FROM THE ACOPUSTIC PLANET』シリーズの第3弾としてリリースされた本作は、バンジョーの原型となった楽器が生まれた土地であるアフリカを訪ねたベラが現地のミュージシャンと行ったセッションの数々が収められている。


●BELA FLECK / ACROSS THE IMAGINARY DIVIDE ('12)     \2480(会員\2380)

 and The Marcus Roberts Trio; All 12tracks: Some Roads Lead Home/ I'm Gonna Tell You This Story One More Time/ Across the Imaginary Divide/ Let Me Show You What to Do/ Petunia/ Topaika/ One Blue Truth/ Let'sGo/ Kalimba/ The Sunshine and the Moonlight/ That Old Thing/ That Ragtime Feeling/ ■ベラ・フレックのニュー・アルバムはマーカス・ロバーツ・トリオとの共演盤。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


●BELA FLECK / CROSSING THE TRACKS('79/'05)   CD-0121 \2480(会員\2380)
 with Sam Bush, Jerry Douglas, Russ Barenberg, Pat Enright, Mark Schatz, Bob Applebaum; ■79年にリリースされた名盤が遂にCD化。7分を超える「Spain」での素晴らしいアレンジと参加ミュージシャンの熱いソロ・プレイはファン必聴。

●BELA FLECK / DAYBREAK   \2480(会員\2380)
 All 18 tracks: Texas Barbeque/ Spain/ Twilight/ Reading In The Dark/ Growling Old Man And The Grumbling Old Woman/ How Can You Face Me Now/ Bill Cheatham/ Christina's Jig〜Plain Brown Jig/ Silverbell/ Fiddler's Dream/ Daybreak/ Dawg's Due/ Flexibility/ Old Hickory Waltz/ Crossfire/ Applebutter/ The Natural Bridge Suite/ Punchdrunk/ ■ベラ・フレックが80年代にラウンダーに録音した作品のベスト盤。全18曲、収録時間60分以上。

●BELA FLECK / DOUBLE TIME    CD-0181 \2480(会員\2380)
 with Tony Rice, David Grisman, Ricky Skaggs, Sam Bush, Jerry Douglas, Darol Anger, Pat Flynn, John Hartford, Mike Marshall, Edgar Meyer, Mark Schatz; ■ベラ・フレックがニュー・グラス・リヴァイヴァルへの参加以前に発表した傑作ソロ作。錚々たる顔ぶれがベラと各作品で素晴しいデュエットを繰り広げる全13曲。必聴だ。

●BELA FLECK / DRIVE    CD-0255 \2480(会員\2380)
 All 11 tracks: Whitewater/ Slipstream/ Up And Around The Bend/ Natchez Trace/ See Rock City/ The Legend/ The Lights Of Home/ Down In The Swamp/ Sanctuary/ The Open Road/ Crucial County Breakdown/ ■本作『DRIVE』のバンジョー・タブ譜もお取扱い中。

●BELA FLECK / INROADS      CD-0219 \2480(会員\2380)

◆BELA FLECK / INROADS      28C-815 \2884(会員\2400)
 
輸入盤に日本語解説が付いた国内盤仕様のもので、アメリカーナ・レコードから発売されていたものです。

●BELA FLECK / NATURAL BRIDGE('82/'99)     CD-0146 \2480(会員\2380)

 with Sam Bush, David Grisman, Mark O'Connor, Mike Marshall, Ricky Skaggs, Buck White; All 11 tracks: Punchdrunk/ Flexibility/ Dawg's Due/ Daybreak/ Bitter Gap/ October Winds/ Crossfire/ Applebutter/ Old Hickory Waltz/ Rocky Road/ The Natural Bridge Suite/ ■ベラ・フレックが82年に発表した名盤。サポート・メンバーの1人、デヴィッド・グリスマンが書き下ろしたライナーノーツに曰く「ベラはJ.D.クロウ、ビル・キース、トニー・トリシュカといったバンジョー・イノヴェイターたちのスタイルを全て自分の物にしているのである」。


●BELA FLECK / PERPETUAL MOTION('01)      \2480(会員\2380) 品切れ中

 with Edgar Meyer(piano/bass), John Williams(guitar), Joshua Bell(violin), Gary Hoffman(cello), Bryan Sutton(steelguitar); ■ベラ・フレックの新譜は、バッハ、ショパン、ベートーベンといったクラシック名曲集。 エドガ−・メイヤー、ジョシュア・ベル、ブライアン・サットン等をサポート・メンバーに起用し、格調高く、遊び心も垣間見せながら、プレイしている。


●BELA FLECK / PLACES    CD-11522 \2480(会員\2380) 品切れ中
 All 18 tracks: Deviation/ Reverie/ Nuns For Nixon/ Malone/ Moontides/ Another Morning/ Lowdown/ The Bullfrog Shuffle/ Places/ Snakes Alive/ Ladies and Gentleman/ Light Speed/ Ireland/ Four Wheel Drive/ Perplexed/ The Old Country/ Hudson's Bay/ Close To Home/ ■ベラ・フレックがラウンダーに録音した作品のベスト盤。全18曲、収録時間60分以上。

●BELA FLECK / THE BLEGRASS SESSIONS-Tales From The Acoustic Planet, Vol.2('99)      \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Earl Scruggs, John Hartford, Vassar Clements, Sam Bush, Jerry Douglas, Tony Rice, Stuart Duncan, Mark Schatz; ■ 本作『THE BLEGRASS SESSIONS-Tales From The Acoustic Planet, Vol.2』のバンジョー・タブ譜もお取扱い中。
※この商品はDVDオーディオ盤です。CDプレイヤーでは再生できません。DVD-ビデオ・プレイヤーまたはDVD-Audio用のプレイヤーをご使用下さい。

●BELA FLECK / TALES FROM THE ACOUSTIC PLANET('95)   \2480(会員\2380)
 with Tony Rice, Sam Bush, Jerry Douglas, Stuart Duncan, Edgar Meyer, Chick Corea, Branford Marsalis, Paul McCandless, Bruce Hornsby, Matt Munde, Victor Lemonte Wooten and Future Man; ■ベラ・フレックが94年にレコーディングし、95年に発表した大傑作。トニー・ライス、ジェリー・ダグラス、サム・ブッシュ、スチュワート・ダンカン、エドガー・メイヤー、チック・コリア、ブルース・ホーンズビー、ブランフォード・マルサリス等、豪華ゲストと共にアクースティックなサウンドで聴く者に静かな興奮と緊張を与えるインスト作品集。

●BELA FLECK & THE FLECKTONES / FLIGHT OF THE COSMIC HIPPO('91)   \2480(会員\2380) 品切れ中

●BELA FLECK & THE FLECKTONES / GREATEST HITS OF THE 20TH CENTURY    \2480(会員\2380)

●BELA FLECK & THE FLECKTONES / JINGLE ALL THE WAY('08)  \2480(会員\2380)

 with Andy Statman, ■ベラ・フレック初のクリスマス・アルバム。


●BELA FLECK & THE FLECKTONES / LEFT OF COOL('98)   \2480(会員\2380) 品切れ中
 ベラ・フレック&ザ・フレクトーンズの98年作。新メンバー、ジェフ・コフィン(sax)を迎えて放つ、グループとしては5年ぶりのスタジオ・レコーディング。デイヴ・マシューズとエイミー・グラントをゲストに招いた4曲のヴォーカル・ナンバーも収録。

●BELA FLECK & THE FLECKTONES / LIVE ART[2枚組CD]    \3200(会員\3100) 品切れ中
 
95年にリリースされたベラ・フレック&フレクトーンズの2枚組ライヴ盤。チック・コリア、ブルース・ホーンズビー、オリジナル・メンバーのハワード・リーヴィー等がゲスト参加した話題盤。話題といえば、元NGRのジョン・コーワンも参加し、ビートルズの名曲「Oh Darling」で絶唱。本作は96年のグラミー賞を獲得。これもファン必聴モノだ。

●BELA FLECK & THE FLECKTONES / LIVE AT THE QUICK('02)     CD-CK-86355 \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 12 tracks: That Old Thing/ Earth Jam/ Zona Mona/ Ovombo Summit/ Hall Of Mirrors/ Scratch & Sniff/ Umprov - Amazing Grace/ Big Country/ Lover's Leap/ Alash Khem (Alash River Song)/ A Moment So Close/ Improv - Prelude from Bch violin partita #3; 


●BELA FLECK & THE FLECKTONES / OUTBOUND('00)      \2480(会員\2380)

●BELA FLECK & THE FLECKTONES / ROCKET SCIENCE('11)    \2480(会員\2380) 品切れ中

 also feat. Howard Levy (pianist/harmonica player), Victor Wooten(bass), and Roy "Futureman" Wooten (percussion/drums); All 12 tracks: Gravity Lane/ Prickly Pear/ Joyful Spring/ Life in Eleven/ Falling Forward/ Storm Warning/ Like Water/ Earthling Parade/ The Secret Drawer/ Sweet Pomegranates/ Falani/ Bottle Rocket/ ■約20年ぶりにハワード・リーヴィーを含む結成当時のオリジナル・メンバーによってレコーディングされたベラ・フレック&ザ・フレクトーンズのニュー・アルバム。


●BELA FLECK & THE FLECKTONES / THE HIDDEN LAND('06)    \2480(会員\2380) 品切れ中
 
All 13 tracks: Fugue From Prelude & Fuge No. 20 In A Minor, BWV 889(1:51)/ P'lod In The House (3:46)/ Rococo(3:46)/ Labyrinth(6:21)/ Kaleiloscope(5:08)/ Who's Got Three(5:22)/ Weed Whacker(7:44)/ Couch Potato(3:03)/ Chennai(5:48)/ Subterfuge(4:04)/ Interlude(0:39)/ Misunderstood(7:27)/ The Whistle Tune(4:54)/

●BELA FLECK & THE FLECKTONES / THREE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST('93)    \2480(会員\2380)

●BELA FLECK & THE NEW GRASS REVIVAL / DEVIATION('84)  CD-0196 \2480(会員\2380) 品切れ中
 feat. Sam Bush, John Cowan, Pat Flynn; with Jerry Douglas, Mark O'Connor; ■ベラ・フレックがニュー・グラス・リヴァイヴァル加入直後の83年にNGRの残りメンバー3人をはじめ、ジェリー・ダグラスやマーク・オコナーのサポートを受けて弾きまくったバンジョー・インスト集。当時のベラが志向していたアクースティック・サウンドを満喫して頂きたい。

●BELA FLECK, TONY TRISCHKA, BILL KEITH / FIDDLE TUNES FOR BANJO  \2480(会員\2380)

●BELA FLECK & TONY TRISCHKA/ THE SOLO BANJO WORKS  \2480(会員\2380) 品切れ中
 このアルバムに即したバンジョー・タブ譜も発売中です。

●BELA FLECK- JIE-BING CHEN - V.M.BHATT / TABULA RASA('96)    \2480(会員\2380)
 All 11 songs: John Hardy/ Earl In Shanghai/ The Way Of Love/ Water Gardens/ Geocentricity/ etc. ■ベラ・フレック(banjo)と、インドのスライド・ギター(ドブロ同様にギターを横にしてプレイ)奏者、V・M・バットと、女性アーフ(胡弓のような楽器)奏者、ジー・ビー・シェン3人の共演盤。 アール・スクラッグスとシタールの巨匠ラヴィ・シャンカールに本作は捧げられている。

●BEN DEMERATH / JACK OF FOOLS('00)   \2480(会員\2380)

●BEN FREED / BANJOPOLIS('07)    CD-9167 \2480(会員\2380) 品切れ中

●BEN WINSHIP / EARLY TIMES('91)     \2480(会員\2380)
 ルース・タイズのマンドリン奏者、ベン・ウィンシップの初ソロ作。BG/フォーク風味のオリジナル作品8曲含む全12曲。

●BENNY MARTIN / THE FIDDLE COLLECTION: Special Edition('07) 28曲収録 CD-9452 \2480(会員\2380) 品切れ中

●BENNY MARTIN / TENNESSE JUBILEE('75/'93)        CD-FF70012 \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Lester Flatt, John Hartford, Curly Sechler, Buddy Spicher; ■黄金期のフラット&スクラッグス・サウンドを支えたベニー・マーティン(fiddle)が75年に発表した傑作が93年に待望のCD化。豪華ゲスト陣も嬉しいファン必聴盤。

●BENNY MARTIN / THE "BIG TIGER" ROARS AGAIN: PART 2('01)    \2480(会員\2380)

●BENTON FLIPPEN / OLD TIME NEW TIMES     \2480(会員\2380) 品切れ中
 グリーン・ヴァリー・ボーイズ時代からスモーキー・ヴァリー・ボーイズ時代まで新録から未発表のラジオ・トランスクリプションまで全27曲を収録。録音データ及びバイオグラフィー含むブックレット付。

●BEPPE GAMBETTA / GOOD NEWS FROM HOME('95)      \2480(会員\2380)
 produced by Mike Marshall & Rob Griffin; with Mike Marshall, Todd Philliops, Gene Parsons, Grey Larson; ■イタリア出身のフラットピッキング・ギタリスト、ベッピ・ガムベッタが95年2月に発表した抜群のソロ作。マイク・マーシャルがプロデュース。良い!!

●BEPPE GAMBETTA / DIALOGS('89/'91)     \2480(会員\2380)
 with David Grier, Norman Blake, Dan Crary, Alan Munde, Mike Marshall, Charles, Sawtelle, John Jorgenson, Raul Reynoso, Danny Weiss, Rob Griffin, Joe Carr, Phil Rosenthal;

●BERLINE-CRARY-HICKMAN / CHAMBERGRASS('02)      CD-3945 \2480(会員\2380) 品切れ中
 All 15 tracks: Forked Deer/ Big Dog/ Fall Creek/ Bonaparte's Retreat/ Pistol Pete/ Fisher's Hornpipe/ Night Run/ Turkey in the Straw/ Under the Double Eagle/ Henry's Hornpipe/ Early Times/ Storm Over Oklahoma/ The Dusty Miller/ Old Time Medley/ Cricket: feat. Byron Berline, Dan Crary & John Hickman; ■バイロン・バーライン(fiddle)、ダン・クレアリー(guitar)、ジョン・ヒックマン(banjo)の3人がシュガー・ヒル・レーベルから発表した4枚のアルバムから選曲された15曲を収録したコンピレーション・アルバム。トラディショナル作品とメンバーのオリジナル作品(8曲中6曲がB・バーライン作)とが半分ずつおさめられた選曲もナカナカに良い。サブ・タイトルは『A DECADE OF TUNES FROM THE EDGE OF BLUEGRASS』。

●BETH STEVENS & EDGE / STRONG ENOUGH('08)       \2480(会員\2380)

BEV KING with Johnny Bellar / RESOPHONIC ROOTS ('10)      CD-BK01 \2480(会員\2380)

●BEVERLY COTTEN with THE GREEN GRASS CLOGGERS / CLOG-IN: A CLASSIC OF AMERICAN FOLK DANCE   \2480(会員\2380)

●BIG COUNTRY BLUEGRASS / OPEN FOR BUSINESS('08/'09)     \2480(会員\2380) 品切れ中

 feat. Tommy & Theresa Sells, Jeff Michael, Alan Mastin, Lynwood Lunsford, Johnny Williams; All 15tracks: High Alleghenies/ All That's Left (For You to Do is Leave)/ Ghost of a Love/ I've Lost You/ Nashville Jail/ This Time I've Learned/ Weary Traveler/ Back Stop [instrumental]/ I'll Never Dream No More/ Old Time Preacher Man/ I Guess I'll Go On Dreaming/ Just Another Broken Heart/ Old Kentucky Shore/ Banjo Riff [instrumental]/ The Bible's True (The Monkey Song)/ ■オーセンティックなトラディショナルBGがお好きな方にお薦めのバンド、ビッグ・カントリー・ブルーグラスの新譜。ヴァージニアやノース・キャロライナで人気の老舗ローカル・バンドだ。彼等の「Hard-Driving Bluegrass」を是非ご賞味頂きたい。


●BILL CLIFTON / WHERE THE RAINBOW FINDS ITS END     CD-ELF-102 \2480(会員\2380)
 with Jimmy Gaudreau, Don Stover, Art Stamper, Tom Gray, Benny Sims:サポート陣も文句ナシのビル・クリフトンの1991年作。 

●BILL CLIFTON & JIMMY GAUDREAU / RIVER OF MEMORIES CD-ELF-103 \2480(会員\2380) 品切れ中
 ビル・クリフトンとジミー・グッドローのデュエット盤。2人のデュエット・ハーモニーは、ギターとマンドリン(2曲でビルがオートハープをプレイ)にベースだけをバックにしたシンプルなもの。それだけに彼等のピュアなハーモニーの研ぎ澄まされた美しさが際立つ。

●BILL EMERSON / ECLIPSE('11)         \2480(会員\2380)

 with Marshall Wilborn & Lynn Morris, Jenny Obert, Tom Adams, Michael Cleveland, Jimmy Gaudreau, and Janet Davis; All 14 tracks: New San Juan/ Jesse James/ Coast to Coast/ Chilly Winds/ Espanol/ Bed and Breakfast/ Don't Come Around/ Ride It Out/ Tex Mex Shindig/ No Steering - No Brakes/ Dickenson County Breakdown/ Poor Rebel Soldier/ The Grey Ghost/ Old Cane Pole/ ■元カントリー・ジェントルメンのバンジョー奏者、ビル・エマースンが自ら率いるバンド、スウィート・ディキシー名義で10年に発表した前作『SOUTHERN』に続いて、早くも11年に今度はソロ名義でリリースした本作。スウィート・ディキシーでもあるトム・アダムスやリン・モリスとマーシャル・ウィルバーン、ジミー・グッドロー、マイケル・クリーヴランド等をゲストに招き、華麗なサウンドを披露している。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●BILL EMERSON / THE TOUCH OF TIME ('12)      \2480(会員\2380)
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●BILL EMERSON / DANCIN' ANNIE ('14)      CD-1117 \2480(会員\2380)

●BILL EMERSON and Sweet Dixie / SOUTHERN('10)   CD-1053 \2480(会員\2380)

 also feat. Tom Adams(guitar/lead vo.), Teri Chism(bass/vo.), Wayne Lanham(mandolin/vo.); with Rickie Simpkins(fiddle), Janet davis(banjo), Frank Solivan(fiddle); All 12 tracks: I Don't Care Anymore/ Love Reunited/ Life In The Old Farm Town/ The Midnight Train/ Old Coal Town/ The Black Fox/ I Can't Find Your Love Anymore/ Little Stone Lambs/ Sometimes The Pleasure's Worth The Pain/ Grandpa Emory's Banjo/ Grandma's Tattoos; The Lord Will Light The Way/ ■既に50年のキャリアとなるビル・エマースンが10年に発表したアルバム。自ら率いるバンド、スウィート・ディキシーのメンバーには難病フォーカル・ジストニアのためにバンジョー奏者からギタリストに転身したトム・アダムスが端正なリード・ヴォーカルを披露。紅一点のテリーのリード・ヴォーカル(3曲)も含め、ビル・エマースンの華麗なバンジョーと相性もぴったり。それに寄り添うかのようなリッキー・シンプキンのフィドルとウェイン・ランサムのマンドリンも見事である。70年代にカントリー・ジェントルメンのメンバーとして来日し、我々を魅了したビル・エマースンは70歳を超えても益々元気で、腕に歳はとらせていない。ファンの1人として嬉しい限りである。全面的にお薦めする。


●BILL EMERSON & MARK NEWTON / A FOOT IN THE PAST, A FOOT IN THE FUTURE('98)  \2480(会員\2380)

●BILL EMERSON & WAYNE TAYLOR / APPALOOSA('94)  WEB-CD0146 \2480(会員\2380) 品切れ中

●BILL EMERSON AND THE SWEET DIXIE BAND / BILL EMERSON AND THE SWEET DIXIE BAND('07)  CD-1823 \2480(会員\2380)

●BILL EVANS & MEGAN LYNCH / LET'S DO SOMETHING('09)   \2480(会員\2380)

●BILL HARRELL / ...AND FRIENDS  \2480(会員\2380)
 with Del McCoury, Jim McReynolds, Mac Wiseman, Josh Graves, Jim Buchanan, Reno Brothers, Buddy Spicher, Mitch Harrell; All 12 songs: Sweetheart You Done Me Wrong(Lester Flatt-Bill Monroe)/ We'll Meet Again Sweetheart(Flatt & Scruggs)/ I Could Cry(Don Reno)/ Are You Coming Back To Me(Mac Wiseman)/ Fireball(J.Graves, Flatt & Scruggs)/ etc. ■ビル・ハーレルの95年作。デル・マッカリーやジム・マクレイノルズ(JIM & JESSE)をはじめ、マック・ワイズマン、ジョッシュ・グレイヴス、ジム・ブキャナン、バディ・スパイカー、リーノウ・ブラザーズ等、豪華ゲスト達が参加。

●BILL HARRELL / THE CAT CAME BACK('98)  \2480(会員\2380)

●BILL HARRELL / WEBCO CLASSICS VOL.4('78/'98)  \2480(会員\2380)
 & THE VIRGINIANS; ■オリジナル盤は78年にアデルフィ(Adelphi)レーベルからリリースした好盤。

●BILL HARRELL & THE VIRGINIANS / AFTER THE SUNRISE  CD-REB1685 \2480(会員\2380)

●BILL KEITH / SOMETHING BLUEGRASS  \2480(会員\2380) 品切れ中

●BILL MONROE / 16 GEMS         \2480(会員\2380)
 All 16 songs: Blue Grass Breakdown/ Blue Grass Special/ Can't You Hear Me Calling/ Goodbye Old Pal/ Heavy Traffic Ahead/ I'm Going Back To Old Kentucky/ It's Mighty Dark To Travel/ Kentucky Waltz/ Nobody Loves Me/ Old Crossroad Is Waitin'/ Remember The Cross/ Shine Hallelujah Shine/ Summertime Is Past And Gone/ Sweetheart You Done Me Wrong/ Travelin' This Lonesome Road/ True Life Blues; ■このアルバムに即したマンドリン・タブ譜も別売中。\2600(会員\2500)です。

●BILL MONROE / AMERICAN TRAVELER  \2480(会員\2380)

●BILL MONROE / ANTHOLOGY [2CDs] 50 songs \2980(会員\2880)

●BILL MONROE / ALL THE CLASSIC RELEASES 1937-1949 [4枚組CD]  4CD-7712 \4800(会員\4700) 品切れ中

 モンロー・ブラザーズからブルーグラス・ボーイズのコロムビア録音まで、1937年〜1949年の初期のビル・モンローの録音を全112曲収録した4枚組CD廉価盤。


●BILL MONROE / BILL MONROE & FRIENDS - STARS OF THE BLUEGRASS HALL OF FAME  \2480(会員\2380)

 with Jim & Jesse, Del McCoury, Mac Wiseman, The Country Gentlemen, Osborne Brothers, John Hartford, Bobby Hicks, Ralph Stanley, Johnny Cash, Mel Tillis, John Hartford, Ricky Skaggs, Emmylou Harris; All 23 tracks: BLUE MOON OF KENTUCKY (with the Oak Ridge Boys)/ THE SUNSET TRAIL (with Willie Nelson)/ MY SWEET DARLIN' (with Ricky Skaggs)/ I STILL MISS SOMEONE (with Johnny Cash)/ KENTUCKY WALTZ (with Emmylou Harris)/ MY ROSE OF OLD KENTUCKY (with Barbara Mandrell)/ IS THE BLUE MOON STILL SHINING (with Larry, Rudy & Steve Gatlin)/ WITH BODY AND SOUL (with Waylon Jennings)/ OLD RIVERMAN (with John Hartford)/ MY LOUISIANA LOVE (with Mel Tillis)/ I'M ON MY WAY BACK TO THE OLD HOME (with Jim & Jesse)/ CAN'T YOU HEAR ME CALLIN' (with Ralph Stanley)/ LORD, PROTECT MY SOUL (with The Country Gentlemen)/ THE GOLDEN WEST (with Bobby Hicks)/ TRAVELIN' THIS LONESOME ROAD (with Mac Wiseman)/ I'M GOING BACK TO OLD KENTUCKY (with Del McCoury)/ I HEAR A SWEET VOICE CALLING (with The Osborne Bros.)/ REMEMBER THE CROSS (with The Seldom Scene)/ TRUE LIFE BLUES (with Carl Story)/ LET THE GATES SWING WIDE (with The Bluegrass Boys)/ [Bonus tracks] MIGHTY DARK TO TRAVEL (with Jim & Jesse)/ BLUEST MAN IN TOWN (with Del McCoury)/ THE OLD BROWN COUNTY BARN (with Bobby Hicks)/ ■ビル・モンローの83年のアルバム『BILL MONROE & FRIENDS』と85年のアルバム『STARS OF THE BLUEGRASS HALL OF FAME』に収録された全20曲にボーナス・トラック3曲を追加したオーストラリアのみで再発売されたお買い得盤。


●BILL MONROE / BILL MONROE & HIS BLUE GRASS BOYS: 1950-1958 [4枚組CD]   \4800(会員\4700)

 [Disc1] All 24 tracks: Blue Grass Ramble/ New Mule Skinner Blues/ My Little Georgia Rose/ Memories of You/ I'm on My Way to the Old Home/ Alabama Waltz/ I'm Blue, I'm Lonesome/ I'll Meet You in Church Sunday Morning/ Boat of Love/ Old Fiddler/ Uncle Pen/ When the Golden Leaves Begin to Fall/ Lord Protect My Soul/ River of Death/ Letter From My Darling/ On the Old Kentucky Shore/ Raw Hide/ Poison Love/ Kentucky Waltz/ Prisoner's Song/ Swing Low Sweet Chariot/ Angels Rock Me to Sleep/ Brakeman's Blues/ Travelin' Blues/ [Disc2] All 25 tracks: When the Cactus Is in Bloom/ Sailor's Plea/ Highway of Sorrow/ Rotation Blues/ Lonesome Truck Driver's Blues/ Sugar Coated Love/ You're Drifting Away/ Cabin of Love/ Get Down on Your Knees and Pray/ Christmas Time's A-Coming/ First Whippoorwill/ In the Pines/ Footprints in the Snow/ Walking in Jerusalem/ Memories of Mother and Dad/ The Little Girl and the Dreadful Snake/ Country Waltz/ A Mighty Pretty Waltz/ Pike County Breakdown/ Wishing Waltz/ I Hope You Have Learned/ Get Up John/ Sitting Alone in the Moonlight/ Changing Partners/ [Disc3] All 24 tracks: Y'all Come/ On and On/ I Believed in You Darling/ New John Henry Blues/ White House Blues/ Happy On My Way/ I'm Working on a Building/ Voice from On High/ He Will Set Your Fields on Fire/ Close By/ My Little Georgia Rose/ Put My Little Shoes Away/ Blue Moon of Kentucky/ Wheel Hoss/ Cheyenne/ You'll Find Her Name Written There/ Roanoke/ Wait a Little Longer Please Jesus/ Let the Light Shine Down on Me/ A Fallen Star/ Four Walls/ A Good Woman's Love/ Cry Cry Darlin'/ I'm Sittin' on Top of the World/ [Disc4] All 25 tracks: Out in the Cold World/ Roane County Prison/ Goodbye Old Pal/ In Despair/ Molly and Tenbrooks/ Come Back to Me in My Dreams/ Sally J/ Brand New Shoes/ A Lonesome Road to Travel/ I Saw the Light/ Lord Build Me a Cabin in Glory/ Lord Lead Me On/ Precious Memories/ I'll Meet You in the Morning/ Life's Railway to Heaven/ I've Found a Hiding Place/ Jesus Hold My Hand/ I Am a Pilgrim/ Wayfaring Stranger/ A Beautiful Life/ House of Gold/ Scotland/ Gotta Travel On/ Panhandle Country/ No One But My Darlin'/ 
■1950年〜1958年までのビル・モンロー全集。4枚組CDに全97曲を収録した本作は、収録作品の1つ1つが、ブルー・グラス・スタンダードとなったものばかりである。


●BILL MONROE / BLUE MOON OF KENTUCKY: 1936-49 [6枚組CD + BOOK] 6CD-16399 \18000(会員\17900)
品切れ中
 ドイツのベア・ファミリー・レーベルから、またまた凄いボックス・セットが発売された。同レーベルより発売中のビル・モンロー全集3種の第1集『Blue Grass1950-1958』より更に以前の1936年〜1949年のレコーディングである、6枚組CDだ。すなわち、1936年〜1938年のモンロー・プラザーズの全録音60トラック、1940〜1941のビル・モンロー名義での初レコーディング16トラック、そして「クラシック・コロンビア・セッション」と称されるレスター・フラット、アール・スクラッグス、チャビー・ワイズを擁したブルー・グラス・ボーイズ1945年〜1949年の全レコーディングである。いつも通り詳細レコーディング・データおよびライナー(英文)が掲載されたブックレット付き。

●BILL MONROE / CRYIN' HOLY UNTO THE LORD  \2480(会員\2380)

●BILL MONROE / THE DEFINITIVE COLLECTION ('05)  \2480(会員\2380) 品切れ中
 
全22曲収録。

●BILL MONROE / EARLY YEARS: 1945-1949('98)  \2480(会員\2380)

●BILL MONROE / FAR ACROSS THE BLUE WATER: IN GERMANY[4枚組CD+1DVD] 2004年  \19000(会員\18500)
 ものすごいアルバムだ。ドイツ、ベア・ファミリーよりビル・モンローが1975年と1989年にドイツ公演を行った際のライブ盤である。70年代のケニー・ベイカー在籍時のライブ録音が聴けるとは夢のようだ。ディスク1と2は75年のライブ、ディスク3と4は89年のライブ。89年のライブはDVDでその映像も観る事が出来る。1カメラで撮ったものであるが、とにかく貴重な映像である事は間違いない。

●BILL MONROE / THE FATHER OF BLUEGRASS ('12)    CD-7 \2480(会員\2380)
 
All 26 tracks: What Would You Give In Exchange?/ Mule Skinner Blues/ Blue Yodel No 7/ Rocky Road Blues/ Blue Yodel No 4/ My Rose Of Old Kentucky/ Little Cabin Home On The Hill/ Wicked Path Of Sin/ Blue Grass Breakdown/ Molly And Tenbrooks/ Travelin' This Lonesome Road/ Uncle Pen/ My Little Georgia Rose/ Kentucky Waltz/ I'Ll Meet You In Church Sunday Morning/ Rawhide/ Footprints In The Snow/ In The Pines/ Memories Of Mother And Dad/ Get Up John/ Blue Moon Of Kentucky/ Roanoke/ On And On/ A Fallen Star/ Panhandle Country/ Lonesome Wind Blues/

●BILL MONROE / LIVE AT MECHANICS HALL('63/'04)     CD-59 \2480(会員\2380)

 All 19 tracks: Watermelon Hanging On A Vine/ Band Intros/ Panhandle Country/ Dark Hollow/ On And On/ Devil's Dream/ Love's Gonna Live Here/ Dreaming Of A Little Cabin/ Muleskinner Blues/ Footprints In The Snow/ Blue Moon Of Kentucky/ Rawhide/ John Henry/ I Saw The Light/ Waiting For Bea/ What Would You Give In Exchange/ Uncle Pen/ Blue Ridge Mountain Blues/ Y'all Come/ ■1963年のビル・モンロー&ブルー・グラス・ボーイズの未発表ライヴ。ビルが53歳の録音だ。当時、24歳のデル・マッカリー(guitar/vo.)と同じく24歳のビル・キース(banjo)を擁していたブルーグラス・ボーイズの鳥肌モノのライヴ・パフォーマンス(特に「On and On」「John Henry」「Blue Ridge Mt. Blues」や問答無用の「Rawhide」)を満喫下さい。又、ビルの娘、メリッサ・モンローをフィーチャーした2曲やリリーブラザーズのベア・リリーとビルのデュエット曲など、貴重この上ないトラックも収録。24ページのブックレットにはレアな写真のほか、ブルーグラス研究家ニール・ローゼンバーグの詳細ライナー(英文)も掲載。聴くしかない。


●BILL MONROE / LIVE FROM MOUNTAIN STAGE  \2480(会員\2380)

●BILL MONROE / LIVE: VOL.1[2枚組CD] All 27 tracks  \3400(会員\3300)

●BILL MONROE / LIVE RECORDINGS: 1956-1969      SFCD-40063 \2480(会員\2380)

●BILL MONROE / LOOKIN' BACK   \2480(会員\2380)

●BILL MONROE / VOL.1: 1950-1958 [4枚組CD + BOOK]     \10500(会員\10400) 品切れ中
 
デッカと契約後58年までの全レコーディングを年代別順に完全収録。LPサイズの66ページの解説書付。

●BILL MONROE / VOL.2: BLUEGRASS 1959-1968 [4枚組CD + BOOK]   \10500(会員\10400) 品切れ中

●BILL MONROE / VOL.3: BLUEGRASS 1970-1979 [4枚組CD + BOOK]   \13000(会員\12900) 品切れ中

●BILL MONROE & JIMMY MARTIN / THE KING & THE FATHER   CD-70048.2  \2480(会員\2380)

●Various artists / THE BILL MONROE CENTENNIAL CELEBRATION: A CLASSIC BLUEGRASS TRIBUTE [2枚組CD] \2800[会員\2700]

●BILLY JOE FOSTER & SPECIAL EDITION / BEFORE THE PRAIRIE MET THE PLOW  \2480(会員\2380)  

●BILLY & TERRY SMITH / BILL MONROE TRIBUTE('96)     CD-3642 \2480(会員\2380)
 with Bill Monroe(mandolin/vo.), Mike Compton(mandolin), Robert Bowlin(fiddle/guitar), Charlie Cushman(banjo/guitar), All10 songs: Muleskinner Blues/ Uncle Pen/ Walk Softly On This Heart Of Mine/ Scotland/ Blue Moon Of Kentucky/etc. ■ 「ホーボー・ブルース」を初めとする数々のBGヒット曲の作者として有名なビリー&テリー・スミスによるビル・モンローへの熱い想いを込めたトリビュート盤。モンローがマンドリンとヴォーカルでゲスト出演するほか、M・コムプトン、R・ボウリン、C・クッシュマン等の素晴しいバックによる全10曲。アルバムはモンロー自身のリード・ヴォーカルで歌われる「Blue Moon of Kentucky」で幕を閉じる。感無量だ。

●BILLY & TERRY SMITH / LONG LIVE THE DEAD: A TRIBUTE TO THE GRATEFUL DEAD    \2480(会員\2380) 

●BILLY & TERRY SMITH / THE GRASS SECTION    \2480(会員\2380) 

●BILLY & TERRY SMITH / VOICES OF THE MOUNTAIN    \2480(会員\2380) 

●BILLY STRINGS & DON JULIN / ROCK OF AGES  CD-013 \2680(会員\2580)

●BILLY STRINGS & DON JULIN / FIDDLE TUNES X ('14)  CD-914 \2680(会員\2580)

●BISCUIT BURNERS / A MOUNTAIN APART('07)   CD-5077 \2480(会員\2380)

●BLUEGRASS 45 / ONCE AGAIN FROM KOBE, JAPAN   CD-017196 \2480(会員\2380)

●BLUEGRASS ALBUM BAND / THE BLUEGRASS ALBUM: VOL.1    \2480(会員\2380)

●BLUEGRASS ALBUM BAND / THE BLUEGRASS ALBUM: VOL.2    \2480(会員\2380)

●BLUEGRASS ALBUM BAND / THE BLUEGRASS ALBUM: VOL.3: CALIFORNIA CONNECTION   \2480(会員\2380)

●BLUEGRASS ALBUM BAND / THE BLUEGRASS ALBUM: VOL.4  \2480(会員\2380) 品切れ中

●BLUEGRASS ALBUM BAND / THE BLUEGRASS ALBUM: VOL.5: SWEET SUNNY SOUTH    \2480(会員\2380)

●BLUEGRASS ALBUM BAND / THE BLUEGRASS ALBUM: VOL.6: BLUEGRASS INSTRUMENTALS    \2480(会員\2380)

●BLUEGRASS BAND / SHINE HALLELUJAH SHINE: VOL.1   HHH-CD-201 \2480(会員\2380)
 feat. Butch Robins, Dudley Connell, Larry Stephenson, Ronnie Simpkins, David McLaughlin, Blaine Sprouse, Rob McCoury; All 21 songs: Get In Line Brother/ Lord Protect My Soul/ A Voice From On High/ Drifting Too Far From The Shore/ A Beautiful Life/ Stormy Waters/ Going Home/ Tree Of Life/ House Of Gold/ Little Community Church/ Precious Memories/ Shake My Mother's Hand For Me/ So Happy I'll Be/ Lord Build Me A Cabin In Glory/ I'll Meet You In Church Sunday Morning/ On The Jerico Road/ Angels Rock Me To Sleep/ Way Down Deep In My Soul/ What Would You Give In Exchange For Your Soul/ You Can Feel It In Your Soul/ Let The Light Shine Down On Me/ ■ブッチ・ロビンスを軸にダドゥリー・コーネル等、実力派を集めて発表されたBGゴスペル・スタンダード集の傑作。その第1集。

●BLUEGRASS BAND / SHINE HALLELUJAH SHINE: VOL.2   HHH-CD-202 \2480(会員\2380)
 
 feat. Butch Robins, Dudley Connell, Larry Stephenson, Ronnie Simpkins, David McLaughlin, Blaine Sprouse, Rob McCoury; All 22 songs: Crying Holy Unto My Lord/ River Of Death/ Lord Lead Me On/ Hide Me Rock Of Ages/ I'm Working On A Road To Gloryland/ You're Drifting Away/ I'm Traveling On And On/ Just A Little Talk With Jesus/ Get Down On Your Knees And Pray/ God Loves His Children/ Jesus Hold My Hand/ Wicked Path Of Sin/ He Took Your Place/ This World Is Not My Home/ Shine Hallelujah Shine/ Old Country Baptizing/ I Am A Pilgrim/ Gone Home/ I'll Meet You On The Morning/ He Will Set Your Fields On Fire/ House Of Gold/ Wayfaring Stranger/ ■ブッチ・ロビンスを軸にダドゥリー・コーネル等、実力派を集めて発表されたBGゴスペル・スタンダード集の傑作。その第2集。

●BLUEGRASS ETC. / BLUEGRASS ETC.      CD-SXCD-6014 \2480(会員\2380) 品切れ中
 feat. John Moore(Mandolin/Guitar/Vocals), Dennis Caplinger(Banjo/Fiddle), Jim Green(Bass/Vocals); ■クリス・シリーの先生としても有名なジョン・ムーアがリーダーとなって作った男性3人組のバンド、ブルーグラス・エトセトラのデビュー盤。ジョンのマンドリンとギター、デニース・キャプリンガーのフィドルとメロディック・バンジョーが繰り広げる超絶テクニック。インスト作品とウエスト・コーストらしい爽やかな大人のハーモニーが魅力。

New ●BLUE HIGHWAY / ORIGINAL TRADITIONAL ('16)    \2480(会員\2380)

●BLUE HIGHWAY / THE GAME ('14)     \2480(会員\2380)
 feat. Tim Stafford, James Burleson, Rob Ickes, Shawn Lane, and Wayne Taylor;

●BLUE HIGHWAY / MARBLETOWN('05)     CD-0558 \2480(会員\2380) 品切れ中

 feat. Tim Stafford(guitar/vo.), Shawn Lane(mandolin/guitar/fiddle/vo.), Wayne Taylor(bass/vo.), Rob Ickes(dobro), Jason Burleson(banjo/guitar/mandolin); with Cyndi Wheeler, Sonya Isaacs, Scott Rouse; ■ブルーハイウェイの新譜。彼等のオリジナル作品10曲にアルバム・タイトル曲となっているマーク・ノップラーの「Marbletown」やゲイリー・スクラッグスの作品も含む全12曲。そのマーク・ノップラーがライナーに「自分の作品が正しく(理解され)演奏されているのを聴くのは、いつだって私をワクワクさせてくれる」とコメントしている。良い。


●BLUE HIGHWAY / MIDNIGHT STORM('98)    \2480(会員\2380) 品切れ中

●BLUE HIGHWAY / SOME DAY: THE FIFTEENTH ANNIVERSARY COLLECTION ('10)   \2480(会員\2380)

 All 13 stracks: Cold and Lowdown Lonesome Blues/ Through the Window of a Train/ Bleeding for a Little Piece of Mind/ Monrobro/ Some Day/ Still Climbing Mountains/ The Seventh Angel/ Elzik's Farewel/ Sycamore Hollow/ Seven Sundays in a Row/ Wild Urge to Ramble/ Marbletown/ Wondrous Love/ ■結成15周年を記念して発表されたブルー・ハイウェイのアルバム。「Through the Window of a Train」「Still Climbing Mountains」「Marbletown」「Wondrous Love」など、彼等の既発アルバムから選曲された人気曲&有名曲(1曲はメンバーのロブ・アイクスのソロ作からのもの)に「Bleeding for a Little Peace of Mind」などニュー・トラック2曲を追加した全13曲を収録。


BLUE HIGHWAY / SOUNDS OF HOME ('11)     CD-9107 \2480(会員\2380)
 feat. Tim Stafford (guitar/vocals) Wayne Taylor (bass/vocals), Shawn Camp (vocals/guitar/mandolin/fiddle), Rob Ickes (dobro), Jason Burleson (banjo/guitar/mandolin/bass/vocals); All 12 tracks: I Ain't Gonna Lay My Hammer Down/ Sounds of Home/ Bluebird Days/ Restless Working Man/ Heather and Billy/ Storm/ Roaring Creek/ Only Seventeen/ If You've Got Something to Say/ My Heart Was Made to Love You/ Nobody's Fault But Mine/ Drinking From a Deeper Well/ ■結成して17年、不動のメンバーで活動を続けるブルー・ハイウェイのニュー・アルバム。素晴らしいの一語。 ※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ

●BLUE HIGHWAY / STILL CLIMBING MOUNTAINS('01)     CD-0489 \2480(会員\2380)

 produced by Jerry Douglas; with Alison Krauss(harmony vocal); feat. feat. Tim Stafford,Shawn Lane, Rob Ickes, Wayne Taylor, Jason Burleson; All 14 songs: ■元アリスン・クラウス&ユニオン・ステイションのティム・スタッフォード(guitar/vo.)、元ドイル・ロウスン&クィックシルヴァーのショーン・レイン(mandolin/fiddle/guitar/vo.)、IBMA最優秀ドブロ・プレイヤー受賞者ロブ・アイクス(dobro/vo.)等を中心とする5人組、ブルー・ハイウェイの01年作、通算5作目。本作は、メンバー全員が作曲できる強みを活かし、インスト2曲含む全15曲全てが彼等のオリジナル作品となっている。ロブが奏でる唄心あふれるドブロを軸にティム、ショーン、ウェイン3人が各々の持ち味を生かしたリード・ヴォーカルを披露。練り上げたアレンジと各楽器のソロ・プレイは、聴いていて本当に気持ちが良い。アリスン・クラウスもゲスト参加。歌詞付き。ジックリご賞味下さい。


●BLUE HIGHWAY / THROUGH THE WINDOW OF A TRAIN('08)   CD-0594 \2480(会員\2380)

 feat. Tim Stafford(ex-Alison Krauss & Union Station),Shawn Lane(ex-Doyle Lawson & Quicksilver), Rob Ickes, Wayne Taylor, Jason Burleson; All 12 tracks: Life of a Travelin' Man/ Through the Window of a Train/ Sycamore Hollow/ Homeless Man/ Where Did the Morning Go?/ Two Soldiers/ North Cove/ Week from Today/ My Ropin' Days Are Done/ Blues on Blues/ V-Bottom Boat/ Just Another Gravel in the Road / ■ブルー・ハイウェイの3年ぶりの新譜、通算8作目だ。95年のアルバム・デビュー以来、不動のメンバー5人はトラディッショナル・ファンも唸らせるテクニックとセンスを各人が持ちつつ、洗練されたコンテンポラリーなバンド・サウンドで世界中のBGファンを狂喜させ続けている。5人のメンバーそれぞれが優れたソングライターであるだけでなく、うち3人は複数の楽器をプレイでき、ティム・ショーン、ウェインの3人が持ち味の異なるリード・ヴォーカルをとれるのも大きな魅力だ。そんな「利点」を最大限に活かした鉄壁のバンド・アンサンブルで独自の境地を開いてきた彼等は、自分たちのオリジナル作品12曲のみで本作を完成させた。グループとして一丸となって到達した新たな境地、新たな自信を感じさせる傑作である。歌詞付き。


●BLUE HIGHWAY / WIND TO THE WEST('96)     CD-REB1731 \2480(会員\2380)
 96年10月に熊本の「カントリーゴールド」で初来日したブルー・ハイウェイ。元アリスン・クラウス&ユニオン・ステイションのティム・スタッフォードと95年ジェリー・ダグラスを押さえて「IBMA最優秀ドブロ・プレイヤー」に輝いたロブ・アイクス等5人。本作は2作目だが、デビュー盤『IT'S A LONG, LONG ROAD』同様、ロブが奏でる唄心あふれるドブロを軸にティム、ショーン、ウェイン3人が各々の持ち味を生かしたリード・ヴォーカルを披露。練り上げたアレンジと選曲センスでジックリ勝負する彼等。各楽器のソロ・プレイも本当に気持ちが良い。大推薦盤。

●BLUE HIGHWAY / WONDROUS LOVE('03)    CD-0524 \2480(会員\2380)

 produced by Alan O'Bryant; feat. Tim Stafford(ex-A. Krauss & Union Station), Shawn Lane(ex-Doyle Lawson & Quicksilver), Rob Ickes, Wayne Taylor, Jason Burleson; All 13 songs: Wondrous Love/ Traveling Preacher/ Wicked Path of Sin/ I'm Asking You/ Live on Down the Line/ Chasing After the Wind/ Seven Sundays in a Row/ This World Is Not My Home/ Ahead of the Storm/ Old Brush Arbors/ The Ground is Level at the Foot of the Cross/ It Won't Be Long/ The Rugged Old Cross/ ■「あなたが手にしているアルバム『WONDROUS LOVE』は、最高のゴスペル・アルバム(The album Wondrous Love that you hold in your hands is one of the best expressions of the gospel that I've heard in a long time.)」というドック・ワトスンの本作への賛辞を読むまでもなくブルー・ハイウェイは凄いアルバムを作ってくれたものだ。95年のデビュー以来、1人のメンバー・チェンジもなく5人が一丸となって突き進み、求めてきた「ブルーグラス音楽」の1つの到達点が本作である、といって良いだろう。ティム、ショーン、ウェインという3人の優れたリード・ヴォーカリストと、ロブ・アイクスというジェリー・ダグラスの次世代を担う素晴しいドブロ奏者を擁する希有のバンド、ブルー・ハイウェイの強みが最大限に生かされた傑作である。本作をプロデュースしたアラン・オブライエント(ナッシュヴィル・ブルーグラス・バンド)の存在も忘れてはならない。全面的にお薦めする。


●BLUE MOON RISING / STRANGE NEW WORLD('10)         \2480(会員\2380)

●BLUE MOON RISING / ONE LONELY SHADOW('08)     \2480(会員\2380) 品切れ中
 feat. Keith Garrett, Chris West and Justin Jenkins; with Cody Kilby, Ron Stewart, Mike Bub, Randy Kohrs, Harold Nixon, Steve Gulley and Dale Ann Bradley; All 13 tracks: Angeline/ The Hanging Tree/ Grew Up Today/ Blue Moon Rising/ Freight Train/ Stone Cold Lonliness/ Youngstown/ Marie/ Five More Days of Rain/ Revival/ Where There's a Road/ Good Time for Going Home/ I Will Come Back Again/ ■6曲のオリジナル作品のほか、ブルース・スプリングスティーンの曲もカヴァー。コーディ・キルビー、ランディ・コアーズ、スティーヴ・ガリーら若手ピカイチ・ミュージシャンのサポートも受けた快心作。

●BLUE MOON RISING / ON THE RISE ('05)     \2480(会員\2380)

●BLUERIDGE / COMMON GROUND('99)  \2480(会員\2380)

●BLUERIDGE / GETTIN' READY('06)    CD-1150 \2480(会員\2380)

●BLUERIDGE / SIDE BY SIDE('04)     CD-3981 \2480(会員\2380) 

●BLUE ROSE / BLUE ROSE  CD-3768 \2480(会員\2380)
 feat. Laurie Lewis, Cathy Fink, Marcy Marxer, Molly Mason, Sally Van Meter; ■才能溢れる5人の女性ミュージシャン達がグループとして発表したアルバム「ブルー・ローズ」のCD。大推薦盤。

●BLUE SKY BOYS / ON RADIO: VOL.2  \2480(会員\2380) 

●BLUE SKY BOYS / ON RADIO: VOL.3  \2480(会員\2380)
 ギターとマンドリンの弾き語りによる、いわゆるブラザー・デュオのスタイルで30年代〜40年代にかけて一世を風靡したブルー・スカイ・ボーイズ(ビル&アール・ボリック)。彼等の46年、ジョージア州アトランタのラジオ局WGSTで15分の音楽番組に毎日出演していた。ビル・ボリックによって保管されていた当時のラジオ・トランスクリプション・ディスクから貴重なスタジオ・ライヴ音源が2枚のCDとして蘇ったのだ。それぞれ約50分の内容。

●BLUE SKY BOYS / ON RADIO: VOL.4  \2480(会員\2380) 

●BOB APPLEBAUM / ALL THE WAY HOME('99)   CD-GH-1002 \2480(会員\2380)

 with Byron Berline, Tony Furtado, Herb Pedersen, Stuart Duncan, David Grier, Bill Bryson, Laurie Lewis & others; ■ベテラン・マンドリン奏者、ボブ・アップルバウムが 99年に発表した抜群のソロ・アルバム。バイロン・バーライン、ハーブ・ペダースン等、彼の交友関係が窺える豪華ゲスト・プレイヤー&ヴォーカリスト達と繰り広げられた和気あいあいのセッション。お薦めアルバム。


●BOB HARRIS / AMPERSAND('93/'96)        CD-60001-2 \2480(会員\2380)
 with David Grisman, Vassar Clements, Tony Trischka, Jimmy Buchanan; ■ヴァッサー・クレメンツ・バンドとして95年に来日したボブ・ハリスのソロ作。デヴィッド・グリスマン、ヴァッサー・クレメンツ、トニー・トリシュカ、ジム・ブキャナン等が参加。彼のセンス溢れるプレイが光るギター・インスト集。良い!!

●BOB HOLT / GOT A LITTLE HOME TO GO TO('98)        CD-0432 \2480(会員\2380)

●BOB PAISLEY & THE SOUTHERN GRASS / BACK TO THE BLUE RIDGE('94)     CD-BRA-1003CD \2480(会員\2380) 

●BOB PAISLEY & THE SOUTHERN GRASS / LIVE IN HOLLAND     CD-SCR-25 \2480(会員\2380)
 feat. Bob Paisley(guitar/vocals), Dan Paisley(guitar/vocals), Mike Paisley(bass), Paul Silvius(banjo/vocals), Leroy Mumma(fiddle), Randy Stewart(mandolin), Dick Staber(mandolin), Jack Leiderman(fiddle/mandolin), Steve Huber(banjo/vocals); All 15 tracks: My Home's Across the Blue Ridge Mountains/ Have You Lost All the Love/ Think of What You've Done/ Old Hickory Cane/ Margie/ Lonesome Valley/ This and That/ Dark Hollow/ Behind These Prison Walls of Love/ Slippin' Away/ Train 45/ Old Love Affair/ Darlin' Nellie Across the Sea/ Old Old House/ Don't Say Goodbye If You Love Me/ ■ボブ・ペイズリー&サザン・グラスの2度にわたるオランダ・ツアーからベスト・トラックを収めたライヴ・アルバム。アルバム発売時には米国のBG専門誌ブルーグラス・アンリミティッド誌でも絶賛された好ライヴ盤。

●BOB PAISLEY & THE SOUTHERN GRASS / STEEPED IN TRADITION('99)      \2480(会員\2380)
 with Richard Underwood(banjo); ■来日経験もあり、日本で今なお熱心なファンの多いボブ・ペイズリー&サザン・グラスの自主制作による99年作。前作同様、バンド・メンバーに元ジョンスン・マウンテン・ボーイズのリチャード・アンダーウッド(banjo)を擁した抜群のトラディショナル・グラスだ。

●BOBBY HICKS / FIDDLE PATCH('97)     \2480(会員\2380) 

●BOBBY HICKS / TEXAS CRAPSHOOTER    CD-2706 \2480(会員\2380)
 with Sam Bush, Roland White, Alan Munde, Vassar Clements,: ■ボビー・ヒックスのソロ作がCD化。文句ナシのブルーグラス&ウェスタン・スウィング傑作インスト集。

●BOBBY OSBORNE / BLUEGRASS & BEYOND('09)    \2480(会員\2380)

 with Mary Stuart, Rhonda and Darrin Vincent, Connie Smith; All 12 tracks: Let's Sing Our Song/ What Would You Give in Exchange for Your Soul/ A Wise Man's Mind Will Change/ You Can/ Different Definition of Love/ Drivin' My Life Away/ Girl from Yesterday/ Keystone Coal/ After the Fire is Gone/ Hyden/ Shenandoah Wind/ Way Up on the Mountain/ ■ソニーが引退してオズボーン・ブラザーズを解散してからも自らのニュー・バンド、ロッキー・トップ・エクスプレスを率いて積極的に活動を続けるボビー・オズボーン。早くも3作目となる本作もストレート・アヘッドなブルーグラスからBG・ゴスペル、トラッド・カントリーまでを披露。イーグルスの「Girl from Yesterday」やエディ・ラビットの「Drivin' my Life」もカヴァーした全12曲収録。


●BOBBY OSBORNE & THE ROCKY TOP X-PRESS / BLUEGRASS MELODIES('07)    CD-0582 \2480(会員\2380)
 All 12 tracks: What Kind of Fool/ Bluegrass Melodies/ Music Makin' Man/ Color Me Lonely/ I Would Like To See You Again/ Under a Lonesome Moon/ I'll Take a Chance/ Lonesome River/ Thank God I'm A Country Boy/ Lucky Lane Shuffle/ Are You Afraid To Speak Our Savior's Name/ Go Rest High On That Mountain (with Rhonda Vincent)/

●BOBBY OSBORNE & THE ROCKY TOP X-PRESS / TRY A LITTLE KINDNESS('06)    CD-0552 \2480(会員\2380)
 
Also feat. Glen Duncan,(fiddle/co.), Tim Graves(dobro), Dana Cup(banjo), Bobby Osborne Jr.(rhythm guitar), Daryl Mosley(bass/vo.); All 12 tracks: Hard Times/ Fields Have Turned Brown/ It's Gonna Be Rainin' Til I Die/ West Virginia My Home/ Sunday Morning Coming Down/ Mansions for Me/ Try a Little Kindness/ Rocky Top X-Press/ Long Black Train/ Certain/ We're Living in the Last Days Now/ Father and Daughter/ ■オズボーン・ブラザーズのボビーが、グレン・ダンカン、ティム・グレイヴス、ダナ・カップ等、凄腕ミュージシャンを擁したニュー・バンド、ロッキー・トップ・エクスプレスと共に発表した新譜。

●BOILED BUZZARDS / EARLY BIRD SPECIAL \2480(会員\2380) 

●BOILED BUZZARDS / FINE DINING \2480(会員\2380)

●BONNIE RUSSELL & THE RUSSELL FAMILY / MOUNTAIN DULCIMER GALAX STYLE('94)  \2480(会員\2380) 

●BOONE CREEK / ONE WAY TRACK  \2480(会員\2380)
 feat. Ricky Skaggs, Jerry Douglas, Terry Baucom, Wes Golding, Steve Bryant; ■若きリッキー・スキャッグス、ジェリー・ダグラス、ウェス・ゴールディング、テリー・バウカム等が、その才能と情熱を結集して作ったブーン・クリーク。短命に終わったが、そのサウンドは今聴いても新鮮。TV出演時のライヴ3曲を追加した嬉しいCD化。

●BOULDER ACOUSTIC SOCIETY / 8TH FLOOR('05/'06)    \2480(会員\2380) 品切れ中
 
produced by Sally Van Meter; feat. Brad Jones(guitar/ukelele/vo.), Kailin Yong(violin/vo.), Aaron Keim(double bass/ukelele/vo./cornet), Scott Higgins(marimba/snare drum/shaker/funky triangle); with Darol Anger; Thingy/ Waltz In Ragtime/ Mango Juice/ Surfology/ Chou Chou/ I'm Satisfied With My Gal/ Soft Shoe/ Tabernash Breakdown/ If Colorado Could Rain/ 12 Stone Farm/ Kazoo Serenade/ Morning By The River/ ■米国コロラドを拠点に活躍するボールダー・アコースティック・ソサエティは、ヴァイオリン、ギター、ウクレレ、マリンバ、ベースを演奏し、ジャズやクラシックにフォーキーな香りも漂わせるサウンドで人気のユニークなカルテット。勿論、彼等はブルーグラス・バンドではないけれど、アコースティック・アンサンブルは、コアなブルーグラス・ファンも唸らせるものだ。本作は05年に録音し、06年に発表された2作目。サリー・ヴァン・ミーターをプロデューサーに迎え、ダロル・アンガーもゲスト参加している。

●BOULDER ACOUSTIC SOCIETY / SO MANY STARS IN THE SKY('04)    \2480(会員\2380)
 
feat. Brad Jones(Guitar/ukelele/vo.), Kailin Yong(violin/vo.), Aaron Keim(double bass/ukelele/vo.), Scott Higgins(marimba/snare drum/shaker/percussion); All 10 tracks: Nola/ Dinah/ Black Mountain Rag/ Dirty Fiddle Blues/ Chinese Grass Invasion/ Wandering Uke/ I have to Kiss You Tonight/ etc. ■米国コロラドを拠点に活躍するボールダー・アコースティック・ソサエティは、ヴァイオリン、ギター、ウクレレ、マリンバ、ベースを演奏し、ジャズやクラシックにフォーキーな香りも漂わせるサウンドで人気のユニークなカルテット。勿論、彼等はブルーグラス・バンドではないけれど、アコースティック・アンサンブルは、コアなブルーグラス・ファンも唸らせるものだ。ビル・キースもカヴァーした「ノラ」やドック・ワトソンの「ブラック・マウンテン・ラグ」などもカヴァーしている(ヴォーカル作品も2曲収録)。尚、本作は紙ジャケット仕様となっている。

New ●BOXCARS / IT'S JUST A ROAD ('13)  \2480(会員\2380)
 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●BOXCARS / THE BOXCARS('10)     \2480(会員\2380)

●BOXCARS / ALL IN ('12)         \2480(会員\2380)

feat. Adam Steffey, Keith Garrett, Ron Stewart, Harold Nixon and John Bowman; All 12 tracks: Jeffrey's Hell/ Alone and Wondering Why/ Ol' Lonesome Won't Leave Me Alone/ Born and Raised in Covington/ I've Lost You/ I'm Over You/ Crawford County/ That's What She Said/ Still Good at Crying Over You/ Old Hollow Tree/ Don't Fall in Love with a Girl Like That/ Prison/ ■前作のデビュー盤『THE BOXCARS』より2年ぶり。アダム・ステッフィー、ジョン・バウマン等を擁するボクスカーズのニュー・アルバム。 ※買い物カゴでのオーダーはコチラ


●BRAD DAVIS / CLIMBIN' COLE HILL('97)      CD-RCCS-1902 \2480(会員\2380)
 ブラッド・デイヴィスの自主制作によるソロ・アルバム。マーティ・ステュアート・バンドのメンバーでもある彼が、アクースティック・ギター用ストリング・ベンダーを装備(?)したコリングス・ギターをプレイした全12曲。アクースティック用の特注ストリング・ベンダーによる曲はスウェーデン出身のギタリスト&シンガー、トッテ・バーグストゥロム(TOOTE BERGSTROM)が96年に発表したソロ作『TOOTE BERGSTROM(CD-1433)』でも聴けるので、興味のある方は是非ご一聴を。

●BRAD DAVIS / I'M NOT GONNA LET MY BLUES BRING ME DOWN('03)   \2480(会員\2380)
 with Earl Scruggs(banjo), Sam Bush(mandolin), David Grier(guitar), Rob Ickes(dobro), Greg Davis(banjo), Tommy Shaw(vo.), John Jorgenson(mandolin/vo.), Jon Randall Stewart(guitar/vo.), Glen Duncan(fiddle), Billy Bob Thornton(vo.) and Kelly Knolf(vo.); All 14 tracks: Not Gonna Let My Blues Bring Me Down/ Old Number Nine/ Dawg Diddy/ Big Timber/ Tell Me Son/ Cypress Walls/ Rank Stranger/ Black Snake/ Where You Belong/ California/ I Love My Guitar/ Sight of Truth/ Journey Through Misery/ The Clock Strikes Twice; ■幾つものギター教則本や教則ビデオでもお馴染みのナッシュヴィル在住のスゴ腕ギタリスト、ブラッド・デイヴィスが久々のソロ作を発表。アール・スクラッグスやサム・ブッシュをはじめ、上記の豪華ゲストを各曲に1人ずつ招いてレコーディングされているが、マルチ・プレイヤーの彼は、ギターだけでなくマンドリンやベース(やパーカッションやドラムスまで)を多重録音で演奏しているので、デュオではなく、バンド・アンサンブルの「音」に仕上がっている。ギターの腕前は、モチロン文句ナシ。で、彼の張りがあって、それでいて少し甘く切ない感じのヴォーカルも良いんだなぁ、これが。1人3役で録音されたオリジナル・インスト曲「California」以外は全てヴォーカル曲。「Rank Stranger」以外の作品は、彼のオリジナル作品(共作含む)である。輸入盤だけれど、英文歌詞のみプリントされている。

●BRAD DAVIS / THIS WORLD AIN'T NO CHILD('05)   CD-2714 \2480(会員\2380)
 
with Sam Bush, Rob Ickes, Bela Fleck, John Cowan, John Jorgenson, Tommy Shaw, Billy Bob Thornton; All 12 tracks: All I Need To Know/ Ain't That Just Like Love/ Love You Don't Know/ I'm Not Through Loving You/ Shadows/ This World Ain't No Child/ LaCrosse/ You And I/ Feet Of Clay/ True Love/ Holy River/ Falling/

●WHITE WATER / NO GOLD ON THE HIGHWAY('97)   CD-RCCS-1901 \2480(会員\2380)
 feat. Brad Davis; with Sam Bush, Marty Stuart, Stuart Duncan, Roy Huskey Jr.; ■兄弟であるグレッグとブラッド・デイヴィスを中心にしたニューグラス・バンド、ホワイト・ウォーターが97年に発表した「モロNEW GRASS REVIVAL」しているデビュー盤。解散後もこうしてフォロワーが次々と登場するのを見るにつけ、NGRがいかに多くのミュージシャン達に影響を与えたか判ろうというもの。2人とも教則ビデオも出している実力派で、ベラっぽいバンジョーとパンチのあるリード・ギターの絡むタイトル曲ほかでの、サム・ブッシュの凄いソロ・プレイも聴きものだ。

●BRAD LEFTWICH / SAY, OLD MAN('96)   \2480(会員\2380)
 with Linda Higginbotham; All 16 songs: Man Of Constant Sorrow/ Moonlight And Skies/ Rye Straw/ The Eighteenth Of September/ Lazy John/ Flannery's Dream/ etc. ■若手オールドタイム・フィドラー、ブラッド・レフトウィッチの新譜。全16曲。 

●BRAD LEFTWICH & THE HOGWIRE STRINGBAND / RASCAL FAIR('11)    CD-001 \2480(会員\2380)

 feat. Brad Leftwich(fiddler), Linda Higginbotham (banjo/ banjo uke/ vo.), Joel Lensch (guitar/ vo.), and Marielle Abell (upright bass/ vo.); All 16 tracks: Rabbit in the Lowland/ Rascal Fair/ Sally Johnson/ Shout Lula/ Lost Indian/ Let Me Fall/ Who's on the Way?/ The Last of Callahan/ I've Got a Bulldog/ Big-Eyed Rabbit/ Hell Up Cole Holler/ Fall On My Knees/ Susan's Gone/ Say, Darling, Say/ Sun's Gonna Shine/ Death's Dark Train/ ■オールドタイム・フィドラー、ブラッド・レフトウィッチが自ら率いるグループ、ホグワイアー・ストリングバンド名義で発表したニュー・アルバム。
※この商品を買い物カゴでのオーダーご希望の方は、コチラからどうぞ


●BRADLEY WALKER / HIGHWAY OF DREAMS('06)       CD-0581 \2480(会員\2380)
 
produced by Carl Jackson; with Vince Gill(vo.), Rhonda Vincent(vo.), Alecia Nugent(vo.), Sonya Isaacs(vo.), Cia Cherryholmes(vo.), Russell Moore(vo.), Larry Cordle(vo.), Carl Jackson(vo.), Brandon Rickman(vo.), Adam Steffey(mandolin), Rob Ikes(dobro), Aubrey Haynie, Jim Van Cleve(fiddle), Randy Kohrs(dobro), Ron Block(banjo) and others; All 12 tracks: Life Or Love/ When I'm Hurtin/ Love's Tombstone/ Payin' Your Dues/ If I Hadn't Reached For The Stars/ Price Of Admission/ He Carried Her Memory/ A Little Change/ Lost At Sea/ Should've Took That Train/ I Never Go Around Mirrors/ We Know Where He Is/ ■カール・ジャクスンが心血を注いで制作したブラッドリー・ウォーカーのデビュー・アルバム。1978年生まれの現在28歳。幼少より車椅子での生活をしているブラッドリーだが、10歳にも満たない頃からシンガーとしての才能を発揮し、ローカルなコンテストに参加したりしていた。10歳の時にオークリッジ・ボーイズのファン・クラブ・パーティでオークリッジ・ボーイズをバックに「Elvia」を歌い、ナッシュヴィルのTV番組「Nsshville Now」に出演。ハイスクールを卒業した1990年代後半、彼は「その頃のカントリー・ミュージックはトラディショナルなサウンドからは程遠いものになってしまっていた。だから、僕はブルーグラスに夢中になったんだ」と説明している通り、多くのブルーグラス曲を自らのレパートリーにし、同時にブルーグラス界の名だたるミュージシャンとも親交をもつようになった。アレシア・ニュージェントの本作に参加したミュージシャンは、サポート&ハーモニー・ヴォーカリストだけでも、ヴィンス・ギル、ロンダ・ヴィンセント、サード・タイム・アウトのラッセル・ムーア、ロンサム・リヴァー・バンドのブランドン・リックマンなど、豪華この上ない顔ぶれ。それにアダム・ステッフィー、ロブ・アイクス、ランディ・コアーズ、オウブリー・ヘイニー等、スゴ腕ピッカー達のサポートを得て、最高のブルーグラス&アコースティック・カントリーのヴォーカル作品となっている。トラディッショナルな香りを体現した新世代のシンガーの登場を大いに喜びたいと思う。

●BRAND NEW STRINGS / NO STRINGS ATTACHED('10)   CD-1057 \2480(会員\2380)

 feat. Randall Massengill(guitar/lead voc.), Mike Ramsey(mandolin/lead vo.), Tim Tipton(bass), Stuart Wyrick (banjo), Matt Leadbetter(dobro); with Ron Stewart(fiddle), Dale Perry(bass), Don Gulley(guitar), Steve Gulley(harmony vo. for "Prayer from Home")


●BRANDON RICKMAN / YOUNG MAN, OLD SOUL   \2200 品切れ中

 with Larry Cordle, Randy Kohrs, Jamie Johnson (The Grascals), Andy Ball; All 12 tracks: Always Have, Always Will/ Rain & Snow/ Here Comes That Feeling Again/ I Bought Her a Dog/ What I Know Now/ Wide Spot in the Road/ Let Me Walk Lord/ So Long 20s/ Rest for His Workers/ I Take the Backroads/ Dime Store Rings/ Wearin' Her Knees Out Over Me/ ■新生ロンサム・リヴァー・バンドのリード・ヴォーカル&ギタリストとして活躍するブランドン・リックマンの初ソロ・アルバム。ラリー・コードゥル、ランディ・コアーズ、グラスカルズのジェイミー・ジョンスン等が参加。スティールドライヴァーズのタミー・ロジャースやクリス・ステイプルトンとの共作など、全12曲収録。


●BREAKAWAY / UNPAVED ROAD...('95)      CD-B101CD \2480(会員\2380)
feat. Gordon Stone(Banjo/Dobro), Gene White, Jr.(Fiddles), Andy Sacher(Mandolin/Vo.), Andy Greene(Guitar/Vo.), Peter Riley(Bass/Vo.); All 14 songs: Wheel Hoss/ Shoutin' on the Hills of Glory/ Money Down/ Rosie Strike Back/ etc. ■ヴァーモント州を拠点に活動するバンド、ブレイカウェイのデビュー盤。メンバーのオリジナル作品をはじめ、B・モンローやスタンリーの作品も収録された全14曲。男性5人全員のバランスのとれたテクニックとセンスが光る素晴しいアルバム。

●BREAKFAST SPECIAL / BREAKFAST SPECIAL('77/'05)     CD-3012 \2480(会員\2380)
 feat. Tony Trischka, Kenny Kosek, Andy Statman, Stacy Phillips, Roger Mason, Richard Crooks, Jim Tolles; ■77年にリリースされた名盤が遂にCD化。※「Rounder Archive Series」の1枚としてCD-R盤で限定発売されたもので、ライナーや写真はPDFデータで収められているのでPCでご覧下さい。

●BRIAN WICKLUND / ARRIVAL('98)  \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Alison Brown(banjo), Rob Ikes(dobro); ■父親が関西外国語大学に赴任していた事もあり、日本には馴染みの深い若手フィドラー、ブライアン・ウィックランド(fiddle/mandolin)の自主制作による初ソロ・アルバム。美しいメロディの「Wise Old Friend」をはじめ、センスの良さが窺えるオリジナル作品と「Pan Handle Rag」などカヴァー作品が半々に収められた本作は、ヴァラエティに富んだサウンドで聴く者を飽きさせない。アリスン・ブラウンとロブ・アイクスもゲスト参加。

●BROTHER BOYS / PLOW      CD-3805 \2480(会員\2380) 品切れ中
 ジェリー・ダグラスの『スライド・ルール』の中の「パーリー・メイ」を歌っているのが、このブラザー・ボーイズ。彼等の魅力は何といっても息の合ったダイナミックでパワフルなハーモニー・ヴォーカル。サム・ブッシュがエルモ・オットーの名でフィドルを弾く曲も収録。

●BROTHER BOYS / PRESLEY'S GROCERY  \2480(会員\2380)
 エヴァリー・ブラザーズにも通じる爽やかで伸びのある2部コーラス。本作ではビル・モンローの「Can't You Hear Me Calling」も取り上げている。アダム・ステッフィがマンドリンでゲスト参加。

●BROTHER OSWALD / BROTHER OSWALD('72/'95)     CD-0013 \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Norman Blake(Guitar/Mandolin/Dobro), Tut Taylor(Mandolin/Dobro), Charlie Collins (Guitar); All 15songs : Farewell Blues/ Dobro Chimes/ Wabash Cannonball/ Tennessee Waltz/ etc. ■歴史的超大名盤『WILL THE CIRCLE BE UNBROKEN永遠の絆VOL.1』にも参加したブラザー・オズワルドことピート・カービーが72年に発表したソロ作が待望のCD化。50年の永きにわたってロイ・エイカフをサポートしてきた彼の、いぶし銀のドブロ・プレイが冴える。

●(BASHFUL) BROTHER OSWALD / DON'T SAY ALOHA('98)     CD-0080 \2480(会員\2380)
 with Sam Bush(fiddle), Charlie Collins(guitar/mandolin/vo.), Buck White(mandolin/piano) & others; ■(98年)現在も毎週末に永年の相棒、C・コリンズと共にグランド・オール・オープリーのステージで演奏しているというブラザー・オズワルド(本名ピート・カービー)は、99年1月にはオープリーでの芸能生活(ナント!)60年になるという、今なお現役のプロ・ミュージシャンだ。ロイ・エイカフのスモーキー・マウンテン・ボーイズの花形メンバーとして1930年代からドブロを弾き、そのスタイルはショット・ジャクスンをはじめ多くのスティール奏者にも多大な影響を与えた。 歴史的大名盤『WILL THE CIRCLE BE UNBROKEN: 永遠の絆 VOL.1』に収録の「Wabash Cannonball」等での彼のプレイに和んだ方も多いだろう。その彼が72年に発表した『BROTHER OSWALD』に続いてリリースした本作が、遂にCD化。95年エイカフが亡くなるまで、50年の長きにわたってロイ・エイカフをサポートしてきた彼の、いぶし銀のドブロ・プレイが冴える。

●BROWN, SULLIVAN & CO. / SEQUEL TO MAGNUM BANJOS('10)     \2480(会員\2380)

●BRUCE MOLSKY / POOR MAN'S TROUBLES('00) \2480(会員\2380) 品切れ中

●BRUCE MOLSKY / SOON BE TIME('06)     CD-4432 \2480(会員\2380)

●BRYAN BOWERS / HOME, HOME ON THE ROAD  \2480(会員\2380) 

●BRYAN DUCKWORTH / DUCKWORTH'S MOOD SWING  \2480(会員\2380) 

●BRYAN McDOWELL / THE CONTESTANT      \2480(会員\2380)

New ●BRYAN SUTTON / THE MORE I LEARN ('16) ≪送料無料≫   \2480(会員\2380)

●BRYAN SUTTON & FRIENDS / ALMOST LIVE('09)     \2480(会員\2380)

 with Bela Fleck, Tim O'Brien, Chris Thile, Russ Barenberg, Aubrey Haynie; All 10 tracks: Morning Top/ Big Island Hornpipe/ Rye Straw Suite/ Church Street Blues/ Le Pont De La Moustache/ Dark Island/ Wonder Valley Gals/ Kitchen Girl/ Loretta's Waltz/ Gonna Lay Down My Old Guitar/
 ■待望のブライアン・サットンのニュー・アルバムは気心の知れたスゴ腕の友人ピッカー達と共にレコーディングした全10曲で、殆どがライヴ(Almost Live)録音。


●BRYAN SUTTON / BLUEGRASS GUITAR('03)    CD-3975 \2480(会員\2380)
 with Tim O'Brien(mandolin), David Talbot(banjo), Tim Crouch(fiddle), Dennis Crouch(bass); All 13 tracks: Hangman's Reel/ Daley's Reel/High Road/Big Sandy River/ Back Up and Push /Margaret's Waltz /Spoken Interview/High Heel Shoe /Nelia's Dance/Whippersnapper /Roanoke/Beaumont Rag/Storms Are on the Ocean/  ■バックのメンバーをティム・オブライエン等、上記の4人に固定して作り上げたブライアン・サットンの2作目。究極のBG・ギター集だ。

●BRYAN SUTTON / NOT TOO FAR FROM THE TREE('06)  CD-4001 \2480(会員\2380)
 
with Tony Rice, Doc Watson, Ricky Skaggs, Norman Blake, Earl Scruggs, Dan Crary, Jerry Douglas, David Grier, Jack Lawrence, George Shuffler, Russ Barenberg; All 14 tracks: Forked Deer/ Bully of the Town/ The Nine Pound Hammer/ Lonesome Fiddle Blues/ Billy in the Lowground/ Stoney Creek/ The Old Spinning Wheel/ Big Sciota/ Whiskey Before Breakfast/ Bonaparte's Retreat/ Give Me the Roses / Carroll County Blues/ Dusty Miller / Ragtime Annie/ ■豪華ゲストが多数参加している事も話題のブライアン・サットンの通算3作目。

●BRYAN SUTTON / READY TO GO('00)     CD-3906 \2480(会員\2380)
 with Ricky Skaggs, Jerry Douglas, Jeff White, Aubrey Haynie, Rob Ikes, Pat Enright, Dolly Parton, Dennis Crouch, Sonya Isaacs, and others;

●BUDDY SPICHER & CALVIN WOLLRATH / AIRMAIL SPECIAL('05)      CD-105 \2480(会員\2380)

●BUDDY GREENE / RUFUS('02)   \2480(会員\2380)
 with Sam Bush, Jerry Douglas, Ron Block, Byron House, Kenny Malone, Dave Dillard, Kenny malone; All 12 tracks: Sally Good'n/ Working On a Building/ Deep River Blues/ Cluck Ol' Hen/ Kinfolk in Carolina / All My Loving/ Cryin' Holy/ The Little Beggar Man/ Walkin' Blues/ One Way Avenue/ Rock in a Weary Land/ Highway Heading South/ ■ジェリー・リードのバンドにも在籍していたハーモニカ奏者、バディ・グリーンが02年に発表したソロ・アルバム。サム・ブッシュ、ジェリー・ダグラス、ロン・ブロック等も参加。

●BUDDY MERRIAM / BACK ROADS MANDOLIN('09)     \2480(会員\2380) 品切れ中

 All 14 tracks: Extra Special/ Batchin' It/ Devine Time/ Harmony's Waltz/ Circle of Chiefs/ Riverhead Polka/ Gypsy Tears of Joy/ Glenshane Pass/ Putnam Valley Flash/ Spirit of Rosine/ Grassy Bud/ Friar Tuch/ My Dear Mother's Waltz/ Baldassari/ ■ベテラン・マンドリン奏者バディ・メリアムのニュー・アルバム。亡きブッチ・バルダッサリに捧げた「Baldassari」も含む全14曲。


●BUDDY MERRIAM / IT'S BLUE GRASS TIME('00)     \2480(会員\2380)

●BULL HARMAN / BULL'S EYE  \2480(会員\2380)

●BUTCH BALDASSARI / EVERGREEN: MANDOLIN MUSIC FOR CHRISTMAS('90)  \2480(会員\2380) 品切れ中
 ブッチ・バルダサリが90年に発表した抜群のクリスマス作品集。元ナッシュヴィル・グラスのジーン・ウートゥン、元ビッグ・ドッグスのアンドリア・ゾン等が参加。

●BUTCH BALDASSARI / NEW CLASSIC FOR BLUEGRASS MANDOLIN('98)  \2480(会員\2380)

●BUTCH BALDASSARI & JOHN CARLINI / REFLECTIONS('99) \2480(会員\2380)

●BUTCH BALDASSARI TRIO / AMERICAN PORTRAITS('98)  \2480(会員\2380)

●CANTABILE [BUTCH BALDASSARI & JOHN MOCK] / DUETS FOR MANDOLIN AND GUITAR  CD-1251 \2480(会員\2380)

●BUTCH ROBINS / FORTY YEARS LATE('77/'05)   CD-0086 \2480(会員\2380) 完売
 77年にリリースされたブッチ・ロビンス(banjo)の名盤が遂にCD化。※「Rounder Archive Series」の1枚としてCD-R盤で限定発売されたもので、ライナーや写真はPDFデータで収められているのでPCでご覧下さい。完売しました

●BYRON BERLINE / FIDDLE & A SONG  \2480(会員\2380)

●BYRON BERLINE / FLAT BROKE FIDDLER  \2480(会員\2380) 品切れ中
 with Earl Scruggs, Alan Munde, Jay Dee Maness, Dennis Caplinger, Beppe Gambetta, Benny Garcia, Jens Kruger, Barry Patton, Jim Garling;

●BYRON BERLINE / JAMMIN' WITH BYRON('12)      \2480(会員\2380)

●BYRON BERLINE / JUMPIN' THE STRINGS  \2480(会員\2380) 品切れ中

●BYRON BERLINE / OUTRAGEOUS  \2480(会員\2380)

●BYRON BERLINE BAND / ONE-EYED JACK('00)  \2480(会員\2380)

●BYRON BERLINE BAND / CLARK/PARSONS TRIBUTE ALBUM  \2480(会員\2380) 品切れ中

●BYRON BERLINE-DAN CRARY-JOHN HICKMAN / NOW THEY ARE FOUR('89)  \2480(会員\2380) 品切れ中

●BYRON BERLINE-DAN CRARY-JOHN HICKMAN / CHAMBERGRASS('02)      CD-3945 \2480(会員\2380) 品切れ中
 All 15 tracks: Forked Deer/ Big Dog/ Fall Creek/ Bonaparte's Retreat/ Pistol Pete/ Fisher's Hornpipe/ Night Run/ Turkey in the Straw/ Under the Double Eagle/ Henry's Hornpipe/ Early Times/ Storm Over Oklahoma/ The Dusty Miller/ Old Time Medley/ Cricket: feat. Byron Berline, Dan Crary & John Hickman; ■バイロン・バーライン(fiddle)、ダン・クレアリー(guitar)、ジョン・ヒックマン(banjo)の3人がシュガー・ヒル・レーベルから発表した4枚のアルバムから選曲された15曲を収録したコンピレーション・アルバム。トラディショナル作品とメンバーのオリジナル作品(8曲中6曲がB・バーライン作)とが半分ずつおさめられた選曲もナカナカに良い。サブ・タイトルは『A DECADE OF TUNES FROM THE EDGE OF BLUEGRASS』。

 


1. アーティスト名 A、B
2. アーティスト名 
C、D
3. アーティスト名 
E、F、G、H、I
4. アーティスト名 
J、K
5. アーティスト名 
L、M、N、O
6. アーティスト名 
P、Q、R
7. アーティスト名 
S、T
8. アーティスト名 
U、V、W、日本人アーティスト
9. アーティスト名 
Various Artists

   ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。
IF YOU WANT TO ORDER US FOR ANY ITEM ON THIS WEBSITE, PLEASE E-MAIL US ABOUT THE ITEM(S), YOUR NAME, SHIPPING ADDRESS. UPON RECEIPT OF THEM, WE WOULD BE PLEASED TO INFORM YOU THE DETAILS (SHIPPING, METHOD OF REMITTANCE, ETC.) BY E-MAIL. 


 

プー横丁のトップページへ